>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

Z 884

3 : 1

998

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS Z 8843 : 1998

  工業用板ふるい

国際規格 ISO 2194 : 1991  工業用ふるい−織網,打抜き板,電成シート−名称とあな(孔)の呼び寸法

ISO 7805-1 : 1984

  工業用板ふるい−第 1 部:3mm 以上の板厚

ISO 7805-2 : 1987

  工業用板ふるい−第 2 部:3mm 未満の板厚

ISO 10630 : 1994

  工業用板ふるい−仕様と試験方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格との整

合が困難な理由及び今

後の対策

(1)

適用範囲

○  粉粒体状物質のふるい分け用板ふるい。

板厚 12.5mm 以下で,あな寸法は

1.

板厚 3mm 以上:丸あな,角あなとも

3.15

∼125mm

2.

板厚 3mm 未満:丸あなで 0.5∼125mm

角あなで 2∼125mm

ISO 7805-1 

ISO 7805-2 

ISO 10630 

あな寸法は,丸あな,角あなとも

3.15

∼125mm

あな寸法は丸あなで 0.5mm まで

          角あなで 2mm まで

あな寸法は丸あなで 1mm から 
          角あなで 4mm から

= JIS は,ISO 7805-1

及び-2 と整合。

ISO 10630

に含ま

れ な い あ な も あ
る。

ISO

規格が,規格間に不

整合部分がある。ISO 

格を相互に整合するよう
改正を求める。

(2)

定義

○ 13 語について定義

ISO 10630 

○ 13 語について定義

≡ なし

なし

(3)

記号

○ 21 記号を表にして提示

ISO 10630 

○ 21 記号を表にして提示

≡ なし

なし

(4)

あなの寸法系列
の種類及び呼び
寸法

○ R10,R20,R40 の系列で 125mm から 0.5mm

まで規定

ISO 2194 

○ R10,R20,R40 の系列で 125mm

から 0.5mm まで規定

≡ なし

なし

(5)

打 抜 き 板 の 構
造,寸法及び許

容差

○ 1.  あなの形状と配列

2.

あなの寸法及びその許容差

3.

ピッチ及びその許容差

ISO 7805-1 

ISO 7805-2 

ISO 7805-1 

ISO 7805-2 

ISO 7805-1 

ISO 7805-2 

ISO 10630 





あなの形状と配列

あなの寸法及びその許容差

ピッチ及びその許容差

ピッチ及びその許容差 
ピッチ及びその許容差





なし

なし

なし

なし

なし

4.

板厚

ISO 7805-1 

ISO 7805-2 

ISO 10630 


板厚

板厚 
板厚


なし


 

2

Z 884

3 : 1

9

98
 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格との整

合が困難な理由及び今
後の対策

5.

板幅及び板長さ

6.

直角度

ISO 10630 

ISO 10630 


板幅及び板長さ 
直角度


なし 
なし

7.

マージン

8.

平面度

ISO 10630 

ISO 10630 


マージン 
平面度


なし 
なし

(7)

材料

○  低炭素鋼,その他は協議

ISO 7805-1

ISO 7805-2 

低炭素鋼

協議

なし

なし

なし

(8)

寸法試験

○ 1.  板厚 3mm 以上の場合のあなの寸法とピ

ッチ

2.

板厚 3mm 未満の場合のあなの寸法とピ
ッチ

3.

板幅と板長さ

4.

直角度

5.

平面度

ISO 7805-1 

ISO 7805-2 

ISO 10630 

ISO 10630 

ISO 10630 


板厚 3mm 以上の場合のあなの寸
法とピッチ

板厚 3mm 未満の場合のあなの寸
法とピッチ 
板幅と板長さ

直角度 
平面度


なし

なし

なし

なし 
なし

なし

(9)

品質試験

○  打抜き工程における加工欠陥について 5 項

目。 
表面特性について 2 項目。

コイル状の打抜き板について 3 項目。

ISO 10630 

○ 打抜き工程における加工欠陥に

ついて 5 項目。 
表面特性について 2 項目。コイル

状の打抜き板について 3 項目。

≡ JIS では打抜き板

の断面図の板厚を

ISO

よ り 薄 く し

た。

ISO

反り幅の図が

丸 あ な で あ っ た

が,角あなとした。

板厚は,あなの寸法より
薄くなければならないの
で ISO の図の修正を求め

る。 
反り幅の図は,並列配列
であり,並列は角あなだ

け で 有 効 。 し た が っ て

ISO

の修正を求める。

(10)

表示

○  あなの形状,呼び寸法,配列と角度,ピッ

ISO 7805-1

ISO 7805-2 

あなの形状,呼び寸法,配列と角

度,ピッチ 
あなの形状,呼び寸法,配列と角
度,ピッチ

なし

なし

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次のとおりである。 
“≡”

JIS と国際規格との技術的内容が同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容が同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。