>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 Z

8717

-1989

蛍光物体色の測定方法

Methods of Measurement for Colour

of Fluorescent Objects

1.

適用範囲  この規格は,2 度視野に基づく XYZ 表色系(

1

)

(以下 XYZ 表色系という。

)及び 10 度視野に

基づく X

10

Y

10

Z

10

表色系(

2

)

(以下,X

10

Y

10

Z

10

表色系という。

)によって,蛍光性の反射物体の色(以

下,色という。

)を測定する方法について規定する。

(

1

) CIE

(Commission Internationale de 1’Eclairage,  国際照明委員会)が1931年に推奨した表色系。

(

2

) CIE

が 1964 年に推奨した表色系。

なお,XYZ 表色系及び X

10

Y

10

Z

10

表色系は,観測者の目に対して張る角が,それぞれ 1∼4°の視野及

び 4°を超える視野における視感等色に対して良い相関を得ようとするときに適用する。

2.

用語の意味  この規格で用いる主な用語の意味は,JIS Z 8105(色に関する用語),JIS Z 8113(照明

用語)及び JIS Z 8120(光学用語)によるほか,次による。

(1)

分光放射輝度率[記号

β

  (

λ

)

]  同一条件で照明及び観測した,物体の波長

λ

における分光放射輝度と

完全拡散反射面の波長

λ

における分光放射輝度との比(

3

)

,又は同一条件で照明し同一方向の同一立体

角内に,物体から反射する分光放射束と完全拡散反射面から反射する分光放射束との比(

4

)

(

3

)  JIS Z 8105

による分光放射輝度率。

(

4

)  JIS Z 8105

による分光立体角反射率。

(2)

反射分光放射輝度率[記号

β

0

 (

λ

)

]  波長

λにおける,蛍光性物体の反射光成分による分光放射輝度率。

(3)

蛍光分光放射輝度率[記号

β

f

,

 I

 (

λ

)

]  白色光照明を行って分光観測した,波長

λにおける,蛍光性物体

の蛍光成分による分光放射輝度率。蛍光分光放射輝度率は,反射分光放射輝度率と異なって,照明光

の分光分布に依存する。記号の添字 I には,X(試料面照明光)

,D(測色用の光)など照明光の種類

を区別する記号を用いる。

(4)

全分光放射輝度率[記号

β

t

,

 I

 (

λ

)

]  白色光照明を行って分光観測した,波長

λ

における,蛍光性物体の

反射光成分及び蛍光成分による分光放射輝度率。全分光放射輝度率は蛍光性物体からの反射光成分と

蛍光による発光成分とを一括して,形式的に表したものであり,非蛍光性物体の場合と異なって,照

明光の分光分布に依存する。記号の添字 I には,X(試料面照明光)

,D(測色用の光)など照明光の

種類を区別する記号を用いる。全分光放射輝度率

β

t

,

 I

 (

λ

)

は反射分光放射輝度率

β

0

 (

λ

)

と蛍光分光放射

輝度率

β

f, I

 (

λ

)

との和である。

(5)

見掛けの分光放射輝度率[記号

β

c (

λ

)

]  波長

λ

で単色光照明を行って非分光観測したときの,蛍光性

                                                        

引用規格及び関連規格:26 ページに示す。


2

Z 8717-1989

物体の反射光成分及び蛍光成分による分光放射輝度率。

(6)

外部蛍光放射効率[記号 Q (

λ

)

]  蛍光性物体に入射する波長

λ

の単色放射束に対する,蛍光によって

全波長範囲について,全方向に出る放射束の比。

備考  この規格では,外部蛍光放射効率として任意の定数を含む相対値を用い,記号 Q

a

 (

λ

)

で表す。

(7)

常用標準白色面  試料の分光放射輝度率の測定において,比較の標準に常用する,分光放射輝度率が

分かった蛍光を発しない白色反射面。

(8)

試料面照明光  試料の分光放射輝度率の測定において,白色光照明に用いる照明光。試料面における

相対分光分布が分かっていて,それが色の計算に用いる測色用の光の相対分光分布に近似していると

する。

(9)

白色光照明  試料面及び常用標準白色面に,光源からの光を直接に,又は波長選択性が少ない光学系

を介して照射する照明条件。

(10)

単色光照明  試料面又は常用標準白色面に,モノクロメーターから取り出した単色光を照射する照明

条件。

(11)

分光観測  試料面又は常用標準白色面からの光をモノクロメーターに導き,波長ごとに比較測定する

観測条件。

(12)

非分光観測  試料面及び常用標準白色面からの光を直接に,又は波長選択性が少ない光学系を介して

受光器に導き,反射光及び蛍光の全波長成分を一括して比較測定する観測条件。

(13)

蛍光測色誤差指数  色を白色光照明及び分光観測によって測定する場合に,実際の装置に用いる試料

面照明光と色の計算に用いる測色用の光との相対分光分布の相違によって生じる平均的な測色誤差を

表す指数(

附属書参照)。

3.

色の測定方法の種類  色の測定方法の種類は,表 のとおりとする。表 において,括弧内の番号は,

各測定方法の手順などに関する箇条番号を示す。

表 1  色の測定方法の種類

補正の有効性による区分

方法の区分

測定に用いる試料面照明光の
分光分布が,色の計算に用い
る測色用の光の分光分布に近

似する場合に有効。

測定に用いる試料面照明光の
分光分布が,色の計算に用い
る測色用の光の分光分布に近

似しない場合にも有効。

特徴及び用い方




モノクロメータ
ーと光源部・受

光部とを組み合
わせて用いる方
法。

1

光源蛍光分離方法

  1 種類の試料面照明光を用

い,全分光放射輝度率と見掛
けの分光放射輝度率の測定に
よって,反射成分と蛍光成分

とを分離・評価して色を求め
る。

(6.2)

2

光源蛍光分離方法

  2 種類の試料面照明光を用

い,全分光放射輝度率と見掛
けの分光放射輝度率の測定に
よって,反射成分と蛍光成分

とを分離・評価して色を求め
る。

(6.3)

反射分光放射輝度率と蛍光分
光放射輝度率とを分離して評

価する。 
特に,正確さを要する場合に
用いる。


3

Z 8717-1989

補正の有効性による区分

方法の区分

測定に用いる試料面照明光の
分光分布が,色の計算に用い
る測色用の光の分光分布に近

似する場合に有効。

測定に用いる試料面照明光の
分光分布が,色の計算に用い
る測色用の光の分光分布に近

似しない場合にも有効。

特徴及び用い方

物体色用の分光
測色機器を用い

る方法。

分光分布直接補正方法 
  試料面照明光による全分光

放射輝度率と測色用の光の分
光分布とから色を求める。

(6.4)

全分光放射輝度率合成方法 
  2 種類以上の試料面照明光

を計算上で合成した結果とし
て,試料面照明光の分光分布
を測色用の光の分光分布に合

わせ込むことによって,各々
の全分光放射輝度率を合成し
て色を求める。        (6.5)

試料面照明光に対する全分光
放射輝度率だけを測定する。

一般に用いる。





光源色用の光電
色彩計(

5

)

と試料

面照明光とを組
み合わせて用い
る方法。

光源色直接補正方法 
  試料面照明光による三刺激

値を,光源色が異なる分だけ
比例的に 補正し て色 を求め
る。

(7.2)

三刺激値合成方法 
  2 種類以上の試料面照明光

を計算上で合成した結果とし
て,試料面照明光の分光分布
を測色用の光の分光分布に合

わせ込むことによって,各々
の三刺激値を合成して色を求
める。                (7.3)

試料面照明光に対する三刺激
値を測定する。

類似の試料を大量に測定する
場合に用いる。

(

5

)

受光部側だけでルータの条件を満たす光電色彩計。

備考  測色用の光は,原則として JIS Z 8720(測色用の標準の光及び標準光源)に定める標準の光 D

65

とする。

4.

色の測定に必要な全般的条件

4.1

照明及び受光の幾何学的条件  照明及び受光の幾何学的条件は,原則として,JIS Z 8722(物体色の

測定方法)の 4.3.1 に規定する

条件 a(45°照明及び 0 ゚受光)又は条件 b(0 ゚照明及び 45°受光)による。

ただし,次の 4.2 に規定する積分球の条件を満たす場合には,JIS Z 8722 の 4.3.1 に規定する

条件 c(拡散

照明及び 0°受光)又は

条件 d(0°照明及び拡散受光)の照明及び受光の幾何学的条件で測定してもよい。

4.2

積分球の条件  白色光照明及び分光観測による測定において,照明及び受光の幾何学的条件が JIS Z 

8722

の 4.3.1 に規定する

条件 又は条件 の場合には,測定に用いる積分球の試料面開口比

γ

は十分小さく,

式(1)の条件を満たすことが必要である。

003

.

0

s

w

s

A

A

A

+

=

γ

 (1)

ここに,

A

s

:  試料面開口面積

A

w

:  積分球内壁の面積

4.3

試料面照明光の分光分布の要件

  測定に用いる試料面照明光は,試料面を照明する光の相対分光分

布 S

x

 (

λ)  が分かることが必要である。

また,試料面照明光の分光分布は,色の計算に用いる測色用の光の分光分布に近似していることが常に

望ましい。方法の分類ごとに近似の程度には一定の制約がある。この近似度の評価方法及び判定基準は,

この規格の

附属書

による。

4.4

照明及び観測の分光的条件

  分光測色方法における単色光照明又は分光観測において,有効波長幅

及び測定波長間隔は,原則として 5nm 又は 10nm とする。


4

Z 8717-1989

5.

測定装置及び材料

  測定装置及び材料は,次による。

また,各測定方法において必要な測定装置及び材料を,

表 2

に示す。

(1)

測定用光源

  試料面照明光に用いる測定用光源は,300∼780nm の波長全域に放射があり,その相対

分光分布が測色用の光の相対分光分布とある程度近似した光源とする。

備考

 300nm

未満の波長域には,放射がないことが望ましい。

(2)

常用標準白色面

  常用標準白色面は,

JIS Z 8722

4.3.4

の規定を満たすほか,試料面照明光で照明し

たときに蛍光を発しないこと。

(3)

分光測光器

  分光測光器は,原則として

JIS Z 8722

4.2

の規定による。

なお,蛍光性物体では全分光放射輝度率の値が 1 を超えることが多いので,測光目盛の範囲が十分

に広いものでなければならない。

1

光源蛍光分離方法又は 2 光源蛍光分離方法に用いる分光測光器は,

更に測定できる波長域が 300∼780nm であることが必要であり,白色光で照明した試料面又は常用標

準白色面からの光をモノクロメーターに導き,出射した単色光を受光器に導くような配置で用いる。

備考

(3)

の条件を満足していない分光測光器を用いる場合は,それによる測定値が,

(3)

の条件を満足

している分光測光器を用いた場合の測定値と実用上差のないことが確かめられていなければな

らない。

(4)

単色光照射装置

  単色光照射装置は,安定な連続スペクトル光源とモノクロメーターとを組み合わせ

たものとする。単色光の波長範囲は 300∼780nm とし,有効波長幅及び波長目盛については

JIS Z 8722

4.2(2)

及び

4.2(4)

による。

(5)

非分光観測用受光器

  非分光観測によって反射光及び蛍光の全波長成分を一括して測定する受光器は,

波長 300∼780nm の全域で応答があり,およその相対分光応答度が分かっていて,直線性がよい受光

器とする。

(6)

フィルター

  2 光源蛍光分離方法による測定に用いるフィルターには,色温度変換フィルターを用い

る。

また,全分光放射輝度率合成方法及び三刺激値合成方法による測定に用いるフィルターは,

6.5.1

よる合成分光分布が測色用の光の相対分光分布に近似するように選ぶ。

(7)

光電色彩計

  光電色彩計は,原則として

JIS Z 8724

(光源色の測定方法)の

5.2

の規定による。

備考

(7)

の条件を満足していない光電色彩計を用いる場合は,それによる測定値が,

(7)

の条件を満足

している光電色彩計を用いた場合の測定値と実用上差がないことが確かめられていなければな

らない。

(8)

参考試料

  参考試料は,その反射分光放射輝度率及び蛍光分光放射輝度率が分かっていて,それぞれ

が各波長において被測定試料とある程度近似した試料とする。

表 2  各測定方法において必要な測定装置及び材料

分光測色方法

刺激値直読方法

測定方法

測定装置

    及び材料

1

光 源 蛍 光 分

離方法

2

光 源 蛍 光 分

離方法

分 光 分 布 直 接
補正方法

全 分 光 放 射 輝
度率合成方法

光 源 色 直 接 補
正方法

三 刺 激 値 合 成
方法

測定用光源

常用標準白色面

分光測光器

単色光照射装置

非分光観測用受光器

フィルター


5

Z 8717-1989

分光測色方法

刺激値直読方法

測定方法

測定装置

    及び材料

1

光 源 蛍 光 分

離方法

2

光 源 蛍 光 分

離方法

分 光 分 布 直 接
補正方法

全 分 光 放 射 輝
度率合成方法

光 源 色 直 接 補
正方法

三 刺 激 値 合 成
方法

光電色彩計

参考試料

6.

分光測色方法

6.1

一般

  分光測色方法は,分光測光器を用いて,試料面照明光の下での全分光放射輝度率を測定し,

測色用の光の下での三刺激値 XY又は X

10

Y

10

Z

10

及び色度座標 x又は x

10

y

10

を求める。

なお,

6.5

の全分光放射輝度率合成方法では,複数の種類の試料面照明光を用いる。

また,

6.2

の 1 光源蛍光分離方法及び

6.3

の 2 光源蛍光分離方法では,単色光照明及び非分光観測によっ

て見掛けの分光放射輝度率を測定し,全分光放射輝度率の測定結果を補正する。

6.2

1

光源蛍光分離方法

6.2.1

試料面照明光

  試料面照明光は,色の計算に用いる任意の測色用の光に近似した照明光とする。測

色用の光は原則として,標準の光 D

65

とし,そのときは

JIS Z 8902

(キセノン標準白色光源)に規定する

キセノン標準白色光源,又は

JIS Z 8720

に規定する常用光源 D

65

を用いる。試料面照明光の蛍光測色誤差

指数の許容値は,

附属書

による。

6.2.2

試料面照明光の下での全分光放射輝度率の測定

  試料面照明光の下での全分光放射輝度率の測定

は,次による[

図 1(a)

参照]

(1)

4.

に規定する色の測定に必要な全般的条件によって常用標準白色面を観測し,分光測光器の設定波長

λ

における測光目盛の読み

γw (λ)  を読み取る。

(2)

常用標準白色面を取り除いてその位置に試料を置き,測光目盛の読み

γ (λ)  を読み取る。

(3)

以上の測定を波長 300∼780nm において行い,試料の全分光放射輝度率

β

t, x

 (

λ)  を式(2)によって求める。

( )

( ) ( )

( )

λ

λ

λ

β

λ

β

W

W

X

t

r

r

=

,

 (2)

ここに,

β

w

 (

λ): 測定に用いる照明及び受光の幾何学的条件に等しい条

件で目盛定めした常用標準白色面の分光放射輝度率

6.2.3

単色光照明の下での見掛けの分光放射輝度率の測定

  単色光照明の下での見掛けの分光放射輝度

率の測定は,次による[

図 1(b)

参照]

(1)

単色光照明及び非分光観測の条件で常用標準白色面を観測し,単色光照射装置の設定波長

λにおける

非分光観測用受光器の出力

γ

w

 (

λ)  を読み取る。

(2)

常用標準白色面を取り除いてその位置に試料を置き,非分光観測用受光器の出力

γ' (

λ)  を読み取る。

(3)

以上の測定を波長 300∼780nm において行い,試料の見掛けの分光放射輝度率

β

c

  (

λ)  を式(3)によって

求める。

( )

( ) ( )

( )

λ

λ

λ

β

λ

β

W

W

c

r

r

=

 (3)

ここに,

β'

w

 (

λ): 測定に用いる照明及び受光の幾何学的条件に等しい条

件で目盛定めした常用標準白色面の分光放射輝度率


6

Z 8717-1989

図 1  光源蛍光分離方法における光学系配置(

6

)

(

6

) 45

°照明及び0゚受光の場合を示す。

6.2.4

測色用の光の下での全分光放射輝度率の計算

  測色用の光の下での全分光放射輝度率の計算は,次

による。

(1)

反射分光放射輝度率の推定

6.2.2

で求めた試料面照明光の下での全分光放射輝度率

βt,x (λ)  と,

6.2.3

で求めた単色光照明及び非分光観測における見掛けの分光放射輝度率

β

c

 (

λ)  とを比較し,次のように,

そのうちの小さい方を反射分光放射輝度率

β

0

 (

λ)  とする。

(a)

β

c

 (

λ

β

t, x

 (

λ

の波長域

β

0

 (

λ)  =

β

t, x

λ (λ) (4)

(b)

β

c

 (

λ

β

t, x

 (

λ

の波長域

β

0

 (

λ)  =β

c

 (

λ)  (5)

参考

β

c

 (

λ)  =β

t, m

 (

λ)  となる波長のところでβ

0

 (

λ)  の曲線形にかどが付くが,最終結果にはほとんど

影響しない。

(2)

相対外部蛍光放射効率の推定

  外部蛍光放射効率の相対値 Q

a

 (

λ)  を,式(6)によって求める。

Q

a

 (

λ)  =R [β

c

 (

λ)  −β

0

 (

λ)] s

r

 (

λ)  (6)

ここに,

R

任意の定数であって,簡単にするため 1 としてよい。

β

c

 (

λ):

6.2.3

で求めた見掛けの分光放射輝度率

β

0

 (

λ):

(1)

で定めた反射分光放射輝度率の推定値

s

r

 (

λ):

6.2.3

で用いた非分光観測用受光器の相対分光応答度

(3)

測色用の光の下での全分光放射輝度率の推定

  照明光の分光分布が試料面照明光  [S

x

 (

λ)]  から測色用

の光  [S

0

 (

λ)]  に変わると,全分光放射輝度率β

t, x

 (

λ)  のうち蛍光による部分だけが変化する。その影響

を,相対外部蛍光放射効率を用いて式(7)及び式(8)によって補正し,測色用の光の下での全分光放射輝

度率

β

t, D

 (

λ)  を波長 380∼780nm について求める。

( )

( )

( )

( )

[

]

( )

( )

λ

λ

λ

β

λ

β

λ

β

λ

β

D

X

X

D

X

t

D

t

S

K

S

K

0

,

0

,

+

=

 (7)


7

Z 8717-1989

( ) ( )

( ) ( )

λ

λ

λ

λ

λ

λ

λ

λ

å

=

å

=

=

=

X

a

X

D

a

D

S

Q

K

S

Q

K

780

300

780

300

 (8)

ここに,

β

0

 (

λ): 反射分光放射輝度率の推定値

K

D

測色用の光の下での実効的な励起放射束の相対値

K

x

試料面照明光の下での実効的な励起放射束の相対値

λ': 励起波長の値 (nm)

λ': 積算  (

Σ

)

の波長間隔 (nm)

参考1

式(7)右辺第2項の[  ]内は,試料面照明光の下での蛍光分光放射輝度率

β

f, x

 (

λ)  を表し,第2

項の全体は,補正を施して推定した測色用の光の下での蛍光分光放射輝度率

β

f, D

 (

λ)  を表す。

参考2

試料面照明光の分光分布

S

x

 (

λ)  が測色用の光の分光分布

S

D

 (

λ)  に等しいとき,β

t, D

 (

λ)  はβ

t, x

(

λ)  に一致する。

6.2.5

色の求め方

  色の求め方は,次による。

(1)

相対色刺激関数

φ (λ)  を,式(9)から求める。

φ (λ)  =

S

D

 (

λ) β

t, D

 (

λ)  (9)

ここに,

S

D

 (

λ

)

測色用の光の相対分光分布

(2)

6.6

によって,三刺激値及び色度座標を求める。

6.3

2

光源蛍光分離方法

6.3.1

試料面照明光

  試料面照明光は,次の 2 種類の照明光とする。

(1)

色の計算に用いる任意の測色用の光に近似した照明光。測色用の光は原則として,標準の光 D

65

とし,

そのときは

JIS Z 8902

に規定するキセノン標準白色光源,又は

JIS Z 8720

に規定する常用光源 D

65

用いる。試料面照明光の蛍光測色誤差指数の許容値は,

附属書

による。

(2)

(1)

の試料面照明光に用いる測定用光源と試料面との間に色温度変換フィルターを挿入した照明光[

2(b)

参照]

。例えば,

JIS B 7125

(写真撮影用色温度変換ガラスフィルタ)に規定する色温度変換能力

が 200MK

1

(20 デカミレッド)程度の色温度変換フィルターを用いる。

備考

色温度変換フィルターを併用した照明光の代わりに,ハロゲン電球などの光を用いてもよい。


8

Z 8717-1989

図 2  光源蛍光分離方法における光学系配置(

6

)

(

6

) 45

°照明及び0°受光の場合を示す。

6.3.2

試料面照明光の下での全分光放射輝度率の測定

  試料面照明光の下での全分光放射輝度率の測定

は,次による。

(1)

6.2.2

の手続によって,

6.3.1(1)

に規定する試料面照明光の下での全分光放射輝度率

β

t, x

  (

λ)  を測定する

図 2(a)

参照]

(2)

6.2.2

の手続によって,

6.3.1(2)

に規定する試料面照明光の下での全分光放射輝度率

β

t, L

  (

λ)  を測定する

図 2(b)

参照]

6.3.3

単色光照明の下での見掛けの分光放射輝度率の測定

6.2.3

の手続によって,見掛けの分光放射輝

度率

β

c

 (

λ)  を測定する[

図 2(c)

参照]

6.3.4

測色用の光の下での全分光放射輝度率の計算

  測色用の光の下での全分光放射輝度率の計算は,次

による。

(1)

相対外部蛍光放射効率の推定

6.2.4(1)

及び

(2)

によって,相対外部蛍光放射効率

Q

a

 (

λ)  を求める。

(2)

蛍光の相対分光分布の推定

6.3.2

で求めた

β

t, x

 (

λ)  及びβ

t, L

 (

λ)  を用い,蛍光の相対分光分布

F

 (

λ)  を

式(10)によって求める。ただし,

F

 (

λ)  <0 となる場合は,

F

 (

λ)  =0 とする。


9

Z 8717-1989

( )

( )

( )

[

]

( ) ( )

( ) ( )

( )

[

]

( )

λ

λ

λ

τ

λ

τ

λ

λ

τ

λ

λ

β

λ

β

λ

λ

å

=

=

a

T

T

X

T

X

L

t

X

t

Q

S

S

F

780

300

,

,

 (10)

ここに,

τ

T

 (

λ): 色温度変換フィルターの分光透過率

λ': 励起波長の値 (nm)

λ: 積算  (

Σ

)

の波長間隔 (nm)

備考

6.3.2(2)

の全分光放射輝度率の測定において,試料面照明光用の光源としてハロゲン電球を用い

る場合には,式(10)の分子の

S

x

 (

λ)

τ

T

 (

λ)  の代わりにハロゲン電球の相対分光分布

S

L

 (

λ)  を,分

母の

τ

T

 (

λ)  の代わりに

S

L

 (

λ) /

S

x

 (

λ)  を用いる。

(3)

反射分光放射輝度率の推定

  反射分光放射輝度率

β

0

  (

λ)  を式(11)によって求める。ただし,β

0

  (

λ)  <0

となる場合は,その波長のところだけ

β

0

  (

λ)  =0 とし,式(10)による代わりに式(12)によって

F

  (

λ)  を

求め直す。

( )

( )

( )

( )

( ) ( )

λ

λ

λ

λ

λ

λ

β

λ

β

λ

å

=

=

a

X

X

X

t

Q

S

S

F

780

300

,

0

 (11)

( )

( ) ( )

( ) ( )

λ

λ

λ

λ

λ

β

λ

λ

å

=

=

a

X

X

X

t

Q

S

S

F

780

300

,

 (12)

(4)

測色用の光の下での全分光放射輝度率の推定

  測色用の光に対する全分光放射輝度率

β

t, D

  (

λ)  を式

(13)

によって求める。

( )

( )

( )

( )

( ) ( )

λ

λ

λ

λ

λ

λ

β

λ

β

λ

å

+

=

=

a

D

D

D

t

Q

S

S

F

780

300

0

,

 (13)

6.3.5

色の求め方

  色の求め方は,次による。

(1)

相対色刺激関数

φ (λ)  を式(9)から求める。

(2)

6.6

によって,三刺激値及び色度座標を求める。

6.4

分光分布直接補正方法

6.4.1

試料面照明光

  試料面照明光は,色の計算に用いる任意の測色用の光に近似した照明光とする。測

色用の光は,原則として標準の光 D

65

とし,そのときは

JIS Z 8902

に規定するキセノン標準白色光源,又

JIS Z 8720

に規定する常用光源 D

65

を用いる。試料面照明光の蛍光測色誤差指数の許容値は,

附属書

よる。

6.4.2

試料面照明光の下での全分光放射輝度率の測定

  試料面照明光の下での全分光放射輝度率の測定

は,

6.2.2

による(

図 3

参照)

。ただし,測定する波長範囲は,380∼780nm とする。

図 3  分光分布直接補正方法における光学系配置(

6

)

(

6

) 45

゚照明及び0゚受光の場合を示す。

6.4.3

色の求め方

  色の求め方は,次による。


10

Z 8717-1989

(1)

6.4.2

で測定した試料面照明光の下での全分光放射輝度率

β

t, x

  (

λ)  から,相対色刺激関数φ (λ)  を式(14)

によって求める。

φ (λ)  =

S

D

 (

λ) β

t, x

 (

λ) (14)

ここに,

S

D

 (

λ): 測色用の光の相対分光分布

(2)

6.6

によって,三刺激値及び色度座標を求める。

6.5

全分光放射輝度率合成方法

6.5.1

試料面照明光

  測定用光源と試料面との間

(45°照明及び 0°受光,

0

゚照明及び 45°受光の場合)

又は測定用光源と積分球との間(積分球を用いる場合)に,

n

種類

(

7

)

のフィルターを 1 種類ずつ挿入する

図 4(b)

参照]

試料面照明光は,式(15)で表される合成分光分布

S

a

 (

λ)  が測色用の光の相対分光分布

S

D

 (

λ)  になるべく

近くなるように,フィルターの種類を選んだときの各フィルターの分光透過率

τ

i

 (

λ)  に対応する照明光  [

τ

i

(

λ)

S

x

 (

λ)]  とする。

(

7

)

フィルターは,通常2,3種類でよい。

( )

( ) ( )

λ

λ

τ

λ

X

i

i

n

i

a

S

a

S

0

=

å

=

 (15)

ここに,

τ

(

λ): フィルターの分光透過率

i

=0∼

n

。ただし,

i

=0 はフィルターなし  [

τ

0

 (

λ)  =1.0]

各フィルターごとの係数

a

i

  (

i

=0∼

n

)

は,合成分光分布

S

a

  (

λ)  が測色用の光の相対分光分布

S

D

  (

λ)  に最も近くなるように定める。この係数

a

i

は原則として,

附属書

に規定する蛍光測色誤

差指数が最小になるように求める。簡便に求めるときは,式(16)で表される

σ

の値が最小になる

ように係数

a

i

を求めてもよい。

図 4  全分光放射輝度率合成方法における光学系配置(

6

)

(

6

) 45

°照明及び0°受光の場合を示す。

( ) ( )

( )

2

0

650

300

ú

û

ù

ê

ë

é

å

å

=

=

=

λ

λ

λ

τ

σ

D

X

i

i

n

i

i

S

S

a

 (16)


11

Z 8717-1989

参考

式(17)で表される偏微分∂

σ

/

a

i

が 0 になるとき,式(16)で表される

σ

の値が最小になる。

( ) ( )

( ) ( )

( )

ú

û

ù

ê

ë

é

å

å

=

=

=

λ

λ

λ

τ

λ

λ

τ

σ

D

X

j

j

n

i

X

i

i

i

S

S

a

S

a

0

650

300

2

 (17)

6.5.2

試料面照明光の下での全分光放射輝度率の測定

6.2.2

の手続によって,

6.5.1

に規定する各試料面

照明光

  [

τ

i

 (

λ

S

x

 (

λ

)]

の下での全分光放射輝度率

β

t, i

 (

λ

)

を測定する(

図 4

参照)

。ただし,測定する波長範

囲は

380

780nm

とする。

なお,

6.5.1

におけるフィルターとしてシャープカットフィルター又は干渉フィルターを用いる場合,

6.2.2

(1)

γ

w

 (

λ

)

0

となる波長

λの範囲については,

6.2.2

(2)

及び

(3)

の手続を省略し,その波長範囲に

ついては全分光放射輝度率を

β

t, i

 (

λ

)

0

とする。

6.5.3

測色用の光の下での全分光放射輝度率の計算

  測色用の光の下での全分光放射輝度率の推定値

β

t, D

(

λ

)

は,

6.5.1

による係数

a

i

及び

6.5.2

による全分光放射輝度率の測定値

β

t, i

 (

λ

)

を用いて,式

(18)

によって求

める。

( )

( ) ( )

( )

λ

τ

λ

β

λ

τ

λ

β

i

i

n

i

i

t

i

i

n

i

D

t

a

a

0

,

0

,

=

=

å

å

=

 (18)

6.5.4

色の求め方

  色の求め方は,次による。

(1)

相対色刺激関数

φ

 (

λ

)

を式

(9)

から求める。

(2)

  6.6

によって,三刺激値及び色度座標を求める。

6.6

三刺激値及び色度座標の計算方法

6.6.1

三刺激値の計算方法

  XYZ 表色系の三刺激値 XYの計算は,原則として次による。

( ) ( )

λ

λ

λ

φ

κ

λ

å

=

=

x

X

780

380

( ) ( )

λ

λ

λ

φ

κ

λ

å

=

=

y

Y

780

380

 (19)

( ) ( )

λ

λ

λ

φ

κ

λ

å

=

=

y

Z

780

380

( ) ( )

λ

λ

λ

κ

λ

å

=

=

y

S

D

780

380

100

 (20)

ここに,

φ

 (

λ

)

相対刺激関数の値

  (

λ

)

  (

λ

)

XYZ

表色系における等色関数の値

z

  (

λ

)

S

D

 (

λ

)

測色用の光の相対分光分布の値

ただし,三刺激値の計算は,原則として積算

  (

Σ)

の波長間隔

  (

λ

)

5nm

で行うこととし,測定の波

長間隔が

5nm

以外のときは,途中の

5nm

おきの値を補間して用いるか,又は

JIS Z 8719

(物体色の条件等

色度の評価方法)の

5.(1)

の方法を準用する。

備考

三刺激値の は,輝度率又は視感反射率に相当する。

X

10

Y

10

Z

10

表色系の三刺激値 X

10

Y

10

Z

10

の計算は,式

(19)

における x

  (

λ

)

  (

λ

)

, z

  (

λ

)

の代わりに X

10

Y

10

Z

10

表色系における等色関数の値

10

x

  (

λ

)

10

y

  (

λ

)

10

z

  (

λ

)

を用いて計算


12

Z 8717-1989

する。

6.6.2

色度座標の計算方法

  XYZ 表色系の色度座標 xyの計算は次による。

Z

Y

X

X

x

+

+

=

Z

Y

X

Y

y

+

+

=

 (21)

Z

Y

X

Z

z

+

+

=

ここに,

x

yz

XYZ

表色系における色度座標

X

YZ

XYZ

表色系における三刺激値

X

10

Y

10

Z

10

表色系の色度座標 x

10

y

10

z

10

は,式

(21)

における XYの代わりに X

10

Y

10

Z

10

を用い

て計算する。

7.

刺激値直読方法

7.1

一般

  刺激値直読方法は,

5.(7)

に規定する光電色彩計を用い,計器の指示によって,試料面照明光

の下での色刺激値を測定し,これから測色用の光の下での三刺激値 XY及び色度座標 x又は三刺

激値 X

10

Y

10

Z

10

及び色度座標 X

10

Y

10

を求める。

なお,

7.3

の三刺激値合成方法では,複数の種類の試料面照明光を用いる。

7.2

光源色直接補正方法

7.2.1

試料面照明光

  試料面照明光は,色の計算に用いる任意の測色用の光に近似した照明光とする。測

色用の光は原則として,標準の光

D

65

とし,そのときは

JIS Z 8902

に規定するキセノン標準白色光源,又

JIS Z 8720

に規定する常用光源

D

65

を用いる。試料面照明光の蛍光測色誤差指数の許容値は

附属書

によ

る。

7.2.2

試料面照明光の下での三刺激値の測定

  試料面照明光の下での三刺激値の測定は,次による(

図 5

参照)

(1)

目盛調整

  原則として

5.(2)

に規定する常用標準白色面の測定値を,測色用の光による計算値と一致さ

せる。測定誤差を小さくするには,反射分光放射輝度率と蛍光分光放射輝度率が分かっていて,それ

ぞれが各波長において試料に近似した参考試料を用いて,光電色彩計の目盛を調整することが望まし

い。この場合,参考試料の計算値は,分光測色方法によって,この刺激値直読方法に用いる照明及び

受光の幾何学的条件と同じ条件で測定した値に基づくものであることが必要である。

(2)

  7.2.1

に規定する試料面照明光の下での試料面の三刺激値 X

m, x

Y

m, x

Z

m, x

及び常用標準白色面又は参

考試料面の三刺激値 X

w, x

Y

w, x

Z

w, x

を測定する。


13

Z 8717-1989

図 5  光源色直接補正方法における光学系配置(

6

)

(注)(

6

)  45

°照明及び0°受光の場合を示す

7.2.3

色の求め方

  色の求め方は,次による。

(1)

三刺激値の計算

7.2.2(2)

で測定した試料面照明光の下での目盛調整前の三刺激値を用いて,測色用の

光の下での三刺激値 XYを,式

(22)

によって求める。

X

m

X

W

D

W

X

X

X

X

,

,

,

=

X

m

X

W

D

W

Y

Y

Y

Y

,

,

,

=

 (22)

X

m

X

W

D

W

Z

Z

Z

Z

,

,

,

=

ここに,

  X

w, D

Y

w, D

Z

w, D

: 測色用の光の下での常用標準白色面又は参考試

料面に対する三刺激値の計算値

X

w, x

Y

w, x

Z

w, x

試料面照明光の下での常用標準白色面又は参考
試料面に対する三刺激値の測定値

X

w, x

Y

w, x

Z

w, x

試料面照明光の下での試料面に対する三刺激値
の測定値

測定に用いる光電色彩計が

X

10

Y

10

Z

10

表色系の等色関数に関するルータの条件を満足している場合

は,式

(22)

における

X

Y

Z

X

10

Y

10

Z

10

とする。

(2)

色度座標の計算方法

  色度座標

x

y

又は

x

10

y

10

の計算は,

6.6.2

による。

7.3

三刺激値合成方法

7.3.1

試料面照明光

  試料面照明光は,

6.5.1

による。

7.3.2

試料面照明光の下での三刺激値の測定

  試料面照明光の下での三刺激値の測定は,次による(

図 6

参照)

(1)

目盛調整

6.5.1

に規定する試料面照明光の合成分光分布

S

a

 (

λ

)

に対して,常用標準白色面又は参考試

料面[

7.2.2(1)

参照]の測定値を,測色用の光による計算値と一致させるように光電色彩計の目盛調整

を行う。

(2)

  6.5.1

に規定する各試料面照明光

  [

τ

i

  (

λ

)  S

x

  (

λ

) : (i

0

n

)]

の下での試料面の三刺激値

X

m, i

Y

m, i

Z

m, i

及び常用標準白色面又は参考試料面の三刺激値

X

, i

Y

, i

Z

, i

を測定する。


14

Z 8717-1989

図 6  三刺激値合成方法における光学系配置(

6

)

(

6

) 45

°照明及び0°受光の場合を示す。

7.3.3

色の求め方

  色の求め方は,次による。

(1)

三刺激値の計算

7.3.2(2)

で測定した試料面照明光の下での目盛調整前の三刺激値を用いて,測色用の

光の下での三刺激値

X

Y

Z

を式

(23)

によって求める

i

m

i

n

i

i

W

i

n

i

D

W

X

a

X

a

X

X

,

0

,

0

,

=

=

å

å

=

i

m

i

n

i

i

W

i

n

i

D

W

Y

a

Y

a

Y

Y

,

0

,

0

,

=

=

å

å

=

 (23)

i

m

i

n

i

i

W

i

n

i

D

W

Z

a

Z

a

Z

Z

,

0

,

0

,

=

=

å

å

=

ここに,

  X

w, D

Y

w, D

Z

w, D

測色用の光の下での常用標準白色面又は参考試
料面に対する三刺激値の計算値

X

W, i

Y

wi

Z

w i

各試料面照明光の下での常用標準白色面又は参
考試料面に対する三刺激値の測定値

X

W, i

Y

wi

Z

w, i

各試料面照明光の下での試料面に対する三刺激
値の測定値

a

i

6.5.1

による係数

測定に用いる光電色彩計が

X

10

Y

10

Z

10

表色系の等色関数に関するルータの条件を満足している場

合は,式

(23)

における

X

Y

Z

X

10

Y

10

Z

10

とする。

(2)

色度座標の計算方法

  色度座標

x

y

又は

x

10

y

10

の計算は,

6.6.2

による。

8.

測定結果の表示

8.1

測定値の表示

  測定値を表示するには,原則として,

JIS Z 8701

XY 

Z

表色系及び

X

10

Y

10

Z

10

色系による色の表示方法)による三刺激値の

Y

及び色度座標

x

y

又は

Y

10

x

10

y

10

による。

1

  XYZ

表色系を用いたとき

Y

40.2

x

0.303

y

0.324

2

  X

10

Y

10

Z

10

表色系を用いたとき

Y

10

35.3

x

10

0.404

y

10

0.278

8.2

測定値の付記事項の表示

  測定値には,次の事項を付記する。


15

Z 8717-1989

(1)

測定方法の種類

  測定方法は,

3.

に規定する色の測定方法の種類のいずれによるかを次の例によって

表示する。

例: JIS Z 8717  光源蛍光分離方法

(2)

測色用の光の種類

  計算に用いた測色用の光の種類を表示する。

(3)

照明及び受光の幾何学的条件

  白色光照明における測定が,

4.1

に規定する条件のいずれによるかを次

の例によって表示する。

1

条件 a

によるとき

45

0

又は

45/0

2

条件 b

によるとき

0

45

又は

0/45

3

条件 c

によるとき

d

0

又は

d/0

(4)

測定及び計算の条件

  分光測色方法において,白色光照明及び分光観測による測定に用いた有効波長

(B)

,波長間隔

(S)

,並びに三刺激値の計算に用いた波長間隔

(W)

を,この順序で次の例によって表示

する。

例: 測定に用いた有効波長幅 5nm,波長間隔 5nm,及び三刺激値の計算に用いた波長間隔 5nm によ

るとき B5S5W5

(5)

試料面照明光の種類

  白色光照明及び分光観測による測定に用いた試料面照明光の種類,並びにその

相対分光分布又は

附属書

に規定する蛍光測色誤差指数を付記することが望ましい。

(6)

積分球の試料面開口比

  白色光照明において積分球を用いた場合は,積分球の試料面開口比の値を付

記することが望ましい。


16

Z 8717-1989

附属書  試料面照明光の評価方法

1.

適用範囲

  この附属書は,蛍光物体色の測定において,試料物体を照明する測色用の光に近似した試

料面照明光の相対分光分布

(

1

)

を,蛍光測色誤差指数によって評価する方法を規定する。

(

1

)

光源に加えて照明光学系,積分球などの特性を含む。

2.

用語の意味

  この

附属書

で用いる主な用語の意味は,

JIS Z 8105

JIS Z 8113

JIS Z 8120

及びこの規

格の本体によるほか,次による。

(1)

紫外蛍光測色誤差指数

  紫外放射を吸収して可視放射の短波長域の青蛍光を発する蛍光増白物体色の

測定に主として適用する蛍光測色誤差指数。

3

種類の代表的な紫外蛍光試験色について計算した測色誤差の平均によって定義する。

(2)

可視蛍光測色誤差指数

  主に可視放射の一部を吸収して,より長波長の可視放射を発する蛍光物体色

の測定に主として適用する蛍光測色誤差指数。

6

種類の代表的な可視蛍光試験色について計算した測色誤差の平均によって定義する。

(3)

蛍光試験色

  蛍光測色誤差指数を計算するために規定する代表的な

9

種類の蛍光物体色。

3.

試料面照明光の相対分光分布の求め方

3.1

45

°照明及び 0°照明の場合

  本体

4.1

に規定する照明及び受光の幾何学的条件が

45

°照明

条件 a

及び

0

°照明(

条件 b

及び

条件 d

)の場合は,試料面照明光の相対分光分布を次によって求める。

フィルター,

反射鏡などの光学素子を含めた測定用光源の相対分光分布を

JIS Z 8724

によって測定する。

ただし,波長範囲は

300

780nm

とし,波長間隔は

5nm

で測定する。

3.2

拡散照明の場合

  本体

4.1

に規定する照明及び受光の幾何学的条件が拡散照明

(条件 c

の場合は,

試料面照明光の相対分光分布を次の

(1)

(2)

のいずれかによって求める。

(1)

測定用光源の相対分光分布

S

s

  (

λ

)

と,積分球の相対分光効率

η

  (

λ

)

を次のように分離して測定し,そ

の積

S

s

 (

λ

)

η

 (

λ

)

を試料面照明光の相対分光分布

S

 (

λ

)

とする。

(a)

測定用光源の相対分光分布の測定は,

3.1

による。

(b)

積分球を用い,その試料面開口に偏光特性が少ない常用標準白色面を置いて,測定用光源又はそれ

に準じた特性をもつ安定な光源で拡散照明し,

0

°方向の反射光を分光測光器に導いた場合と,同じ

常用標準白色面を同じ光源によって

45

°照明し

0

°方向の,又は

0

°照明し

45

°方向の反射光を同

じ分光測光器に導いた場合との測光目盛の比を積分球の相対分光効率

η

  (

λ

)

とする

(

2

)

附属書図 1

参照)

測定の波長範囲は

300

780nm

,波長間隔は原則として

5nm

とする。ただし,波長間隔は

20nm

以内で測定して

5nm

間隔の値を補間して求めてもよい。

(

2

)

積分球の相対分光効率

η

 (

λ

)

には,式

(1)

の関係がある。

( )

( )

( )

λ

ρ

λ

ρ

λ

η

1

 (1)

ここに,

ρ

 (

λ

)

積分球内壁の平均分光反射率

したがって,分光反射率

ρ

 (

λ

)

1

に近い場合はわずかな汚れによる反射率変化が大きな効率

変化になることに注意しなければならない。


17

Z 8717-1989

附属書  図 1  積分球の相対分光効率

η

 (

λ

の測定光学系配置

附属書  図 2  試料面照明光(拡散照明の場合)の相対分光分布の測定光学系配置

(2)

積分球を用い,その試料面開口に偏光特性が少ない常用標準白色面を置いて,測定用光源で拡散照明

し,

0

°方向の反射光を分光測光器に導いた場合と,同じ常用標準白色面を相対分光分布の標準電球に

よって

45

°照明し

0

°方向,又は

0

°照明し

45

°方向の反射光を同じ分光測光器に導いた場合との比

較から試料面照明光の相対分光分布を求める

(

2

)

附属書図 2

参照)

測定の波長範囲は

300

780nm

,波長間隔は

5nm

とする。

4.

相対分光分布の値の規準化

  測色用の光及び試料面照明光の相対分光分布の値は,式

(2)

によって規準

化する。

( )

( )

( ) ( )

λ

λ

λ

λ

λ

λ

å

=

=

y

S

S

S

n

780

380

100

 (2)

ここに,

S

n

 (

λ

)

規準化した相対分光分布

S

 (

λ

)

規準化する前の相対分光分布

  (

λ

)

XYZ

表色系における三刺激値の

Y

に対する等色関数


18

Z 8717-1989

積算

  (

Σ)

の波長間隔⊿

λ

5nm

とする。

X

10

Y

10

Z

10

表色系による場合には,式

(2)

において,

  (

λ

)

の代わりに,

X

10

Y

10

Z

10

表色系における

三刺激値の

Y

10

に対する等色関数

10

y

  (

λ

)

を用いて計算する。

5.

相対分光分布の評価

  試料面照明光の相対分光分布は,蛍光測色誤差指数によって評価する。蛍光測

色誤差指数は,紫外蛍光測色誤差指数及び可視蛍光測色誤差指数とする。

蛍光測色誤差指数の計算に用いる蛍光試験色

1

9

は,その反射分光放射輝度率を

附属書付表 1

に,相対

外部蛍光放射効率を

附属書付表 2

に,蛍光成分の相対分光分布を

附属書付表 3

にそれぞれ示す。各波長に

おいて,空欄は値が

0

であることを示す。

6.

蛍光測色誤差指数の求め方

  蛍光測色誤差指数は,次の手順によって,蛍光試験色を測色用の光で照

明したときと試料面照明光で照明したときとの分光放射輝度率から求める。

(1)

測色用の光の下での全分光放射輝度率

  各蛍光試験色ごとの測色用の光の下での全分光放射輝度率を

(3)

によって求める。

( )

( )

( )

( )

λ

λ

λ

β

λ

β

n

D

i

i

i

D

t

S

F

N

,

,

0

,

,

+

=

 (3)

ここに,

β

t, D, i

, (

λ

)

蛍光試験色

i

の測色用の光の下での全分光放射輝度率

β

o, i

 (

λ

)

蛍光試験色

i

の反射分光放射輝度率

F

i

 (

λ

)

蛍光試験色

i

の蛍光成分の相対分光分布

S

D, n

 (

λ

)

測色用の光の規準化した相対分光分布の値

λ: 反射と蛍光に関する可視部の波長の値

 (nm)

また,

N

は式

(4)

によって求める。

( )

( )

λ

λ

λ

λ

å

=

=

i

a

n

D

Q

S

N

,

,

650

300

 (4)

ここに,

S

D, n

 (

λ

’)

測色用の光の規準化した相対分光分布の値

Q

a, i

 (

λ

’)

蛍光試験色

i

の相対外部蛍光放射効率

λ

蛍光の励起に関する波長

 (nm)

λ

積算

  (

Σ)

の波長間隔で,

5nm

とする。

備考  附属書付表 13

にそれぞれに示してある

β

to, i

 (

λ

), Q

a, i

 (

λ

')

λ

'

及び

F

i

 (

λ

)

の波長間隔

5nm

の値

は,電算機入力を簡単にするために,

10nm

の倍数の波長の値だけを読み取って,間の数値は式

(5)

及び式

(6)

によって補間してもよい。

波長

305nm

及び

775nm

については,

( ) (

) (

)

2

5

5

+

+

=

λ

λ

λ

A

A

A

 (5)

その他の波長については,

( )

(

) (

)

[

]

(

) (

)

16

15

15

5

5

9

+

+

+

=

λ

λ

λ

λ

λ

A

A

A

A

A

 (6)

(2)

試料面照明光の下での全分光放射輝度率

  各蛍光試験色ごと,の試料面照明光の下での全分光放射輝

度率

β

t, x, i

, (

λ)  は,式(3)及び式(4)の

S

D, n

 (

λ),

S

d, n

 (

λ')  を試料面照明光の規準化した相対分光分布

S

x, n

 (

λ),

S

x, n

 (

λ')  に置き換えて求める。

(3)

蛍光試験色の計算値

  各蛍光試験色ごとの測色用の光の下及び試料面照明光の下での

L

*

a

*

b

*

表色系に

おける色の値を,次によって計算する。


19

Z 8717-1989

(a)

(1)

及び

(2)

によって求めた

β

t, D, i

, (

λ)  及びβ

t, x, i

 (

λ)  に測色用の光の相対分光分布

S

Dn

 (

λ)  を掛けたもの

を相対色刺激関数として,それぞれ三刺激値を計算する(本体の

6.6

参照)

(b)

上記の三刺激値を,それぞれ

L

*

a

*

b

*

表色系

L

*

,

a

*

,

b

*

に変換し,測色用の光の下での値と試料面照明

光の下での値との間の色差

E

i

を求め,これを測色誤差とする[

JIS Z 8729

L

*

a

*

b

*

表色系及び

L

*

,

a

*

,

b

*

表色系による物体色の表示方法)及び

JIS Z 8730

(色差表示方法)参照]

(4)

紫外蛍光測色誤差指数

  紫外蛍光測色誤差指数を式(7)によって求める。

3

3

1

i

i

uv

E

F

å

=

=

 (7)

ここに,

F

uv

紫外蛍光測色誤差指数

E

i

(3)(b)

から計算した個々の蛍光試験色

i

ごとの測色誤差

(CIELAB)

の値

i

蛍光試験色の番号

1

3

参考  JIS Z 8902

に規定するキセノン標準白色光源では,

F

uv

1.4

となる。

(5)

可視蛍光測色誤差指数

  可視蛍光測色誤差指数を式

(8)

によって求める。

6

9

4

i

i

vis

E

F

å

=

=

 (8)

ここに,

F

vis

可視蛍光測色誤差指数

E

i

(3)(b)

から計算した個々の蛍光試験色

i

ごとの測色誤差

(CIELAB)

の値

i

蛍光試験色の番号

4

9 

参考  JIS Z 8902

に規定するキセノン標準白色光源では,

F

vis

2.3

となる。

7.

蛍光測色誤差指数の許容値

  蛍光測色誤差指数の許容値は,色の測定方法の種類によって異なるが,

紫外蛍光測色誤差指数,可視蛍光測色誤差指数ともに

附属書表

のとおりとする。

備考

蛍光増白物体色だけを測定する場合は,紫外蛍光測色誤差指数の条件だけを満足すればよく,

主として可視光によって励起される蛍光物体色だけを測定する場合は,可視蛍光測色誤差指数

の条件だけを満足すればよい。

附属書表  紫外蛍光測色誤差指数及び可視蛍光測色誤差指数の許容値

蛍光測色誤差指数の許容値

色の測定方法

紫外蛍光測色誤差指数

可視蛍光測色誤差指数

1

光源蛍光分離方法 2.0

3.0

2

光源蛍光分離方法

一方の光源(

3

)  3.0

一方の光源(

3

)  5.0

分光分布直接補正方法 1.5

2.5

全分光放射輝度率合成方法

近似の結果(

4

)  1.5

近似の結果(

4

)  2.5

光源色直接補正方法 1.5

2.5

三刺激値合成方法

近似の結果(

4

)  1.5

近似の結果(

4

)  2.5

(

3

)

他方の光源の蛍光測色誤差指数は,この許容値の範囲外でもよい。

(

4

)

この規格の本体 6.5.1 の式(15)で表される合成分光分布 S

a

  (

λ

)

に対する

値。


20

Z 8717-1989

附属書  付表 1  蛍光試験色の反射分光放射輝度率

β

o, i

 (

λ

の値

波長

nm

試験色 1

試験色 2

試験色 3

試験色 4

試験色 5

試験色 6

試験色 7

試験色 8

試験色 9

380  0.300 0.150 0.050 0.041 0.040 0.039 0.168 0.080 0.079

385  0.400 0.225 0.075 0.043 0.040 0.039 0.200 0.119 0.121

390  0.500 0.300 0.100 0.045 0.039 0.039 0.231 0.158 0.163

395  0.579 0.395 0.140 0.048 0.039 0.039 0.241 0.237 0.257

400  0.638 0.490 0.194 0.051 0.039 0.038 0.242 0.315 0.367

405  0.667 0.573 0.271 0.054 0.038 0.038 0.237 0.365 0.484

410  0.683 0.640 0.357 0.055 0.037 0.037 0.228 0.393 0.584

415  0.704 0.678 0.437 0.054 0.036 0.036 0.216 0.391 0.633

420  0.722 0.701 0.517 0.052 0.036 0.036 0.205 0.377 0.656

425  0.734 0.718 0.603 0.050 0.036 0.036 0.198 0.367 0.664

430  0.742 0.730 0.676 0.048 0.036 0.036 0.195 0.354 0.664

435  0.750 0.744 0.712 0.046 0.036 0.035 0.196 0.337 0.667

440  0.756 0.755 0.731 0.045 0.036 0.035 0.199 0.321 0.669

445  0.761 0.762 0.744 0.045 0.036 0.036 0.202 0.316 0.670

450  0.766 0.766 0.753 0.043 0.036 0.036 0.206 0.312 0.667

455  0.770 0.770 0.764 0.036 0.037 0.035 0.212 0.302 0.655

460  0.774 0.774 0.773 0.031 0.037 0.034 0.221 0.292 0.638

465  0.778 0.778 0.778 0.035 0.036 0.034 0.235 0.283 0.622

470  0.782 0.782 0.782 0.040 0.034 0.033 0.250 0.281 0.603

475  0.788 0.788 0.788 0.040 0.032 0.032 0.261 0.289 0.579

480  0.794 0.794 0.794 0.039 0.031 0.030 0.267 0.313 0.551

485  0.799 0.799 0.799 0.039 0.027 0.024 0.263 0.364 0.516

490  0.804 0.804 0.804 0.038 0.032 0.026 0.257 0.434 0.480

495  0.808 0.808 0.808 0.037 0.050 0.047 0.258 0.522 0.448

500  0.812 0.812 0.812 0.036 0.098 0.095 0.258 0.616 0.422

505  0.817 0.817 0.817 0.035 0.210 0.198 0.253 0.709 0.409

510  0.822 0.822 0.822 0.035 0.342 0.310 0.244 0.786 0.400

515  0.827 0.827 0.827 0.034 0.469 0.397 0.225 0.823 0.387

520  0.830 0.830 0.830 0.034 0.576 0.457 0.206 0.846 0.372

525  0.831 0.831 0.831 0.034 0.631 0.469 0.198 0.876 0.351

530  0.831 0.831 0.831 0.034 0.660 0.458 0.192 0.901 0.329

535  0.832 0.832 0.832 0.033 0.679 0.444 0.181 0.915 0.310

540  0.832 0.832 0.832 0.033 0.689 0.423 0.164 0.923 0.301

545  0.833 0.833 0.833 0.033 0.697 0.395 0.132 0.927 0.307

550  0.833 0.833 0.833 0.034 0.702 0.362 0.100 0.928 0.331

555  0.834 0.834 0.834 0.035 0.704 0.323 0.079 0.931 0.380

560  0.834 0.834 0.834 0.038 0.706 0.282 0.068 0.934 0.443

565  0.835 0.835 0.835 0.043 0.709 0.246 0.068 0.936 0.511

570  0.835 0.835 0.835 0.051 0.713 0.211 0.077 0.938 0.588


21

Z 8717-1989

波長

nm

試験色 1

試験色 2

試験色 3

試験色 4

試験色 5

試験色 6

試験色 7

試験色 8

試験色 9

575  0.836 0.836 0.836 0.064 0.718 0.178 0.097 0.941 0.684

580  0.836 0.836 0.836 0.078 0.722 0.147 0.120 0.943 0.776

585  0.837 0.837 0.837 0.083 0.725 0.120 0.137 0.945 0.843

590  0.837 0.837 0.837 0.098 0.728 0.097 0.148 0.946 0.891

595  0.837 0.837 0.837 0.133 0.730 0.077 0.148 0.947 0.915

600  0.838 0.838 0.838 0.198 0.731 0.062 0.143 0.948 0.929

605  0.839 0.839 0.839 0.323 0.732 0.054 0.136 0.948 0.946

610  0.840 0.840 0.840 0.462 0.733 0.049 0.129 0.949 0.958

615  0.842 0.842 0.842 0.579 0.734 0.047 0.127 0.951 0.958

620  0.844 0.844 0.844 0.670 0.735 0.046 0.126 0.953 0.954

625  0.846 0.846 0.846 0.709 0.736 0.046 0.125 0.954 0.955

630  0.848 0.848 0.848 0.723 0.738 0.046 0.125 0.955 0.957

635  0.850 0.850 0.850 0.733 0.740 0.046 0.125 0.956 0.958

640  0.852 0.852 0.852 0.738 0.743 0.046 0.126 0.956 0.958

645  0.854 0.854 0.854 0.744 0.747 0.046 0.128 0.957 0.958

650  0.856 0.856 0.856 0.750 0.751 0.046 0.132 0.957 0.959

655  0.857 0.857 0.857 0.758 0.756 0.047 0.138 0.958 0.960

660  0.857 0.857 0.857 0.767 0.761 0.048 0.144 0.958 0.961

665  0.857 0.857 0.857 0.774 0.767 0.051 0.148 0.958 0.961

670  0.858 0.858 0.858 0.780 0.774 0.054 0.149 0.957 0.960

675  0.859 0.859 0.859 0.788 0.783 0.059 0.147 0.957 0.960

680  0.860 0.860 0.860 0.797 0.793 0.064 0.144 0.957 0.960

685  0.861 0.861 0.861 0.805 0.801 0.070 0.141 0.957 0.960

690  0.862 0.862 0.862 0.814 0.810 0.076 0.136 0.958 0.961

695  0.863 0.863 0.863 0.825 0.821 0.082 0.129 0.959 0.962

700  0.864 0.864 0.864 0.836 0.832 0.087 0.122 0.959 0.962

705  0.864 0.864 0.864 0.846 0.842 0.090 0.115 0.955 0.958

710  0.864 0.864 0.864 0.855 0.851 0.092 0.111 0.951 0.954

715  0.864 0.864 0.864 0.865 0.861 0.091 0.112 0.951 0.953

720  0.864 0.864 0.864 0.874 0.871 0.089 0.118 0.952 0.954

725  0.864 0.864 0.864 0.882 0.879 0.089 0.127 0.956 0.958

730  0.864 0.864 0.864 0.888 0.885 0.092 0.142 0.960 0.962

735  0.864 0.864 0.864 0.893 0.891 0.099 0.163 0.961 0.963

740  0.864 0.864 0.864 0.898 0.896 0.110 0.194 0.960 0.962

745  0.864 0.864 0.864 0.902 0.900 0.123 0.235 0.960 0.962

750  0.864 0.864 0.864 0.905 0.904 0.138 0.296 0.959 0.961

755  0.864 0.864 0.864 0.908 0.906 0.153 0.399 0.957 0.960

760  0.864 0.864 0.864 0.910 0.908 0.168 0.502 0.955 0.958

765  0.864 0.864 0.864 0.912 0.910 0.177 0.598 0.958 0.960

770  0.864 0.864 0.864 0.913 0.911 0.184 0.680 0.960 0.962

775  0.864 0.864 0.864 0.913 0.912 0.188 0.728 0.960 0.961

780  0.864 0.864 0.864 0.912 0.913 0.192 0.775 0.959 0.959


22

Z 8717-1989

附属書  付表 2  蛍光試験色の相対外部蛍光放射効率 Q

a, i

 (

λ

') 

の値(

5

)

波長

nm

試験色 1

試験色 2

試験色 3

試験色 4

試験色 5

試験色 6

試験色 7

試験色 8

試験色 9

300  0.182

0.130 0.161 0.084 0.001 0.005 0.011

305 0.194 0.001    0.117 0.133 0.067 0.003 0.005 0.012

310 0.205 0.001    0.103 0.105 0.050 0.005 0.004 0.013

315 0.213 0.001    0.088 0.086 0.041 0.004 0.004 0.013

320 0.220 0.006    0.074 0.072 0.035 0.003 0.004 0.012

325 0.226 0.025    0.064 0.061 0.029 0.002 0.004 0.011

330  0.230 0.050 0.001 0.058 0.051 0.024 0.002 0.003 0.011

335  0.232 0.074 0.001 0.058 0.041 0.019 0.002 0.003 0.011

340  0.232 0.102 0.002 0.063 0.034 0.015 0.003 0.003 0.011

345  0.229 0.139 0.025 0.072 0.032 0.014 0.004 0.003 0.011

350  0.224 0.174 0.055 0.081 0.035 0.015 0.004 0.003 0.010

355  0.217 0.200 0.081 0.082 0.044 0.019 0.004 0.002 0.010

360 0.204 0.218 0.111 0.079 0.058 0.025 0.004 0.002 0.009

365  0.177 0.227 0.152 0.069 0.078 0.033 0.003 0.003 0.008

370  0.145 0.229 0.191 0.060 0.107 0.045 0.002 0.004 0.007

375 0.117 0.229 0.217 0.060 0.149

0.064  0.006

0.004

380  0.088 0.220 0.235 0.069 0.200 0.087

0.011 0.002

385  0.056 0.195 0.243 0.090 0.259 0.115 0.003 0.018

390  0.028 0.164 0.245 0.122 0.318 0.144 0.007 0.040 0.001

395  0.016 0.135 0.245 0.168 0.369 0.174 0.008 0.093 0.007

400  0.011 0.104 0.237 0.218 0.411 0.200 0.007 0.165 0.018

405  0.008 0.069 0.213 0.261 0.436 0.219 0.006 0.257 0.038

410  0.006 0.038 0.182 0.297 0.453 0.233 0.005 0.343 0.058

415  0.003 0.023 0.152 0.324 0.467 0.245 0.005 0.388 0.066

420

0.016 0.120 0.343 0.477 0.255 0.005 0.415 0.069

425  0.011

0.081

0.354

0.484 0.262 0.004 0.434 0.070

430

0.007 0.046 0.362 0.490 0.268 0.002 0.449 0.068

435

0.004 0.029 0.371 0.497 0.275 0.001 0.472 0.064

440

0.001 0.019 0.379 0.504 0.281 0.001 0.493 0.059

445

 0.013

0.385

0.510

0.286  0.504

0.050

450

 0.009

0.389

0.515

0.290  0.514

0.045

455

 0.004

0.393

0.519

0.295  0.532

0.051

460

 0.001

0.398

0.523

0.300  0.550

0.061

465

 0.403

0.531

0.305  0.564

0.071

470

 0.409

0.540

0.310  0.571

0.083

475

0.416 0.550 0.317 0.004 0.571 0.100

480

0.423 0.559 0.323 0.009 0.553 0.123

485

0.430 0.568 0.330 0.012 0.504 0.157


23

Z 8717-1989

波長

nm

試験色 1

試験色 2

試験色 3

試験色 4

試験色 5

試験色 6

試験色 7

試験色 8

試験色 9

490

0.437 0.566 0.328 0.015 0.435 0.194

495

0.445 0.550 0.308 0.021 0.352 0.231

500

0.453 0.505 0.269 0.030 0.265 0.263

505

0.459 0.403 0.197 0.045 0.182 0.281

510

0.465 0.287 0.122 0.062 0.114 0.294

515

0.474 0.188 0.075 0.080 0.085 0.310

520

0.482 0.107 0.045 0.095 0.068 0.326

525

0.488 0.065 0.035 0.100 0.040 0.343

530

0.493 0.041 0.031 0.101 0.015 0.358

535

0.498 0.023 0.020 0.103 0.004 0.372

540

0.503 0.012 0.010 0.110

0.381

545

0.507 0.004 0.004 0.132

0.380

550

 0.510

 0.155  0.368

555

 0.513

 0.168  0.337

560

 0.515

 0.172  0.297

565

 0.514

 0.164  0.260

570

 0.509

 0.143  0.216

675

 0.495

 0.105  0.155

580

 0.479

 0.063  0.096

585

 0.469

 0.032  0.056

590

 0.451

 0.009  0.029

595

 0.415

 0.001  0.018

600

0.358

  

0.014

605

0.267

  

0.006

610

0.170

  

615

0.091

  

620.

0.033

  

625

0.011

  

630

0.006

  

635

      

640

      

645

      

650

      

(

5

)

波長間隔  (⊿

λ

')

が5nm のときの Q

a, i

 (

λ

')

λ

'

の値を示す。


24

Z 8717-1989

附属書  付表 3  蛍光試験色の蛍光成分の相対分光分布 F

i

 (

λ

の値

波長

nm

試験色 1

試験色 2

試験色 3

試験色 4

試験色 5

試験色 6

試験色 7

試験色 8

試験色 9

380

0.001

0.001

0.001

   

385

0.002

0.002

0.002

   

390

0.003

0.003

0.003

   

395

0.005

0.005

0.005

   

400

0.008

0.008

0.008

   

405

0.014

0.014

0.014

   

410

0.022

0.022

0.022

   

415

0.035

0.035

0.035

   

420

0.051

0.051

0.051

   

425

0.070

0.070

0.070

   

430

0.085

0.085

0.085

   

435

0.091

0.091

0.091

   

440

0.090

0.090

0.090

   

445

0.082

0.082

0.082

0.001

450

0.071

0.071

0.071

0.003

455

0.063

0.063

0.063

0.005

460

0.056

0.056

0.056

0.008

465

0.047

0.047

0.047

0.009

470

0.039

0.039

0.039  0.001

0.001  0.012

475

0.033

0.033

0.033  0.002

0.002  0.019

480

0.028

0.028

0.028  0.003

0.005  0.027

485

0.023

0.023

0.023  0.005

0.009  0.032

490

0.018

0.018

0.018  0.008

0.015  0.036

495

0.014

0.014

0.014  0.014

0.023  0.041

500

0.011

0.011

0.011  0.022

0035   0.048

505

0.009

0.009

0.009  0.033

0.052  0.058

510

0.008

0.008

0.008  0.045

0.070  0.067

515

0.006

0.006

0.006  0.058

0.086  0.070

520

0.005

0.005

0.005  0.068

0.096  0.068

525

0.004

0.004

0.004  0.071

0.097  0.061

530

0.004

0.004

0.004  0.069

0.091  0.052

535

0.004

0.004

0.004  0.065

0.081  0.047

540

0.003

0.003

0.003  0.060

0.069  0.043

0.001

545 0.002 0.002 0.002    0.055 0.058 0.004 0.040 0.003

550 0.001 0.001 0.001    0.049 0.048 0.009 0.036 0.006

555 0.001 0.001 0.001    0.043 0.038 0.014 0.031 0.011

560  0.001 0.001 0.001 0.001 0.038 0.030 0.022 0.026 0.017

565  0.001 0.001 0.001 0.002 0.034 0.024 0.035 0.022 0.027


25

Z 8717-1989

波長

nm

試験色 1

試験色 2

試験色 3

試験色 4

試験色 5

試験色 6

試験色 7

試験色 8

試験色 9

570  0.001 0.001 0.001 0.003 0.031 0.019 0.050 0.019 0.037

575  0.001 0.001 0.001 0.005 0.028 0.015 0.069 0.016 0.047

580

0.008 0.025 0.011 0.084 0.014 0.056

585

0.012 0.022 0.008 0.088 0.012 0.060

590

0.019 0.020 0.006 0.085 0.011 0.062

595

0.030 0.017 0.005 0.073 0.009 0.062

600

0.044 0.015 0.004 0.059 0.008 0.060

605

0.060 0.013 0.003 0.048 0.007 0.056

610

0.072 0.012 0.002 0.040 0.006 0.051

615

0.075 0.010 0.001 0.035 0.005 0.048

620

0.073 0.009 0.001 0.031 0.004 0.045

625

0.068 0.008 0.001 0.029 0.003 0.042

630

0.062 0.007 0.001 0.028 0.003 0.038

635

0.057 0.006 0.001 0.026 0.003 0.035

640

0.053 0.005 0.001 0.023 0.003 0.031

645

0.049 0.004 0.001  0021  0.003 0.027

650

 0.044

0.004  0.018

0.003

0.024

655

 0.039

0.004  0.015

0.002

0.021

660

 0.034

0.003  0.012

0.001

0.018

665

 0.029

0.003  0.010

0.001

0.016

670

 0.025

0.002  0.009

0.001

0.014

675

 0.021

0.001  0.007

0.001

0.012

680

 0.018

0.001  0.006

0.001

0.011

685

 0.015

0.001  0.005

0.001

0.009

690

 0.012

0.001  0.005

0.001

0.008

695

 0.010

0.001  0.005

0.001

0.007

700

 0.009

0.001  0.004  0.006

705

 0.008

0.001  0.003  0.005

710

 0.007

 0.003  0.005

715

 0.006

 0.003  0.005

720

 0.005

 0.003  0.005

725

 0.004

 0.003  0.004

730

 0.004

 0.003  0.002

735

 0.004

 0.003  0.002

740

 0.003

 0.003  0.002

745

 0.002

 0.003  0.002

750

 0.002

 0.003  0.001

755

 0.002

 0.003  0.001

760

 0.002

 0.003  0.001

765

 0.002

 0.002

770

 0.001

 0.001


26

Z 8717-1989

波長

nm

試験色 1

試験色 2

試験色 3

試験色 4

試験色 5

試験色 6

試験色 7

試験色 8

試験色 9

775

0.001

  

780

0.001

  

引用規格: 

JIS B 7125

  写真撮影用色温度変換ガラスフィルタ

JIS Z 8105

  色に関する用語

JIS Z 8113

  照明用語

JIS Z 8120

  光学用語

JIS Z 8701

XYZ

表色系及び

X

10

Y

10

Z

10

表色系による色の表示方法

JIS Z 8719

  物体色の条件等色度の評価方法

JIS Z 8720

  測色用の標準の光及び標準光源

JIS Z 8722

  物体色の測定方法

JIS Z 8724

  光源色の測定方法

JIS Z 8729

L*a*b

*

表色系及び

L*u*v*

表色系による物体色の表示方法

JIS Z 8730

  色差表示方法

JIS Z 8902

  キセノン標準白色光源

関連規格

JIS B 7113

  写真撮影用シャープカットガラスフィルタ

JIS L 0806

  けい光増白堅ろう度スケール

JIS L 0807

  けい光増白度スケール

JIS Z 9106

  けい光安全色彩使用通則

JIS Z 9108

  けい光安全標識板


27

Z 8717-1989

解説付表  原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

森      礼  於

財団法人スガウェザリング技術振興財団

(小委員長)

渡  会  吉  昭

松下電子工業株式会社電子総合研究所

池  田  順  一

財団法人日本規格協会

大  田      登

富士写真フィルム株式会社足柄研究所

岡  崎  信  夫

株式会社島津製作所応用技術部

1987

9

月まで)

加  藤  康  宏

工業技術院標準部

木  滑  寛  治

株式会社日立製作所中央研究所

須  賀  長  市

スガ試験機株式会社

菅  泉      実

株式会社日本紙パルプ研究所技術センター

杉  山  正  実

ミノルタカメラ株式会社計測機器事業部

1987

12

月から)

鈴  鹿  正  和

株式会社住化分析センター

網  沢  義  夫

株式会社島津製作所第一科学計測事業部

1987

10

月から)

中  川  靖  夫

埼玉大学工学部

納  谷  嘉  信

大阪電気通信大学工学部

南  條      基

工業技術院電子技術総合研究所大阪支所

西      師  毅

工業技術院電子技術総合研究所

西  山  英  夫

松下電器産業株式会社照明研究所

馬  場  護  郎

日立那珂精器株式会社

平  井  敏  夫

財団法人日本色彩研究所

福  田      保

大妻女子大学家政学部

宮  原  貞  泰

シンロイヒ株式会社技術生産部

村  田  幸  男

株式会社村上色彩技術研究所

(幹事)

一  條      隆

株式会社東芝総合研究所

(幹事)

小松原      仁

財団法人日本色彩研究所色彩工学研究室

(○印は小委員会委員)