>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 8617-12

:2008 (ISO 14617-12:2002)

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

2

4

  分離用装置

2

4.1

  基本的性質の記号

2

4.2

  4.1 の記号の適用方法

2

4.3

  補助記号

3

4.4

  4.3 の補助記号の適用方法

3

4.5

  適用例

4

5

  転換式清浄用装置

8

5.1

  基本的性質の記号

8

5.2

  5.1 の記号の適用方法

8

5.3

  補助記号

8

5.4

  5.3 の補助記号の適用方法

8

5.5

  適用例

8

6

  混合用装置

8

6.1

  基本的性質の記号

8

6.2

  6.1 の記号の適用方法

8

6.3

  補助記号

8

6.4

  6.3 の補助記号の適用方法

9

6.5

  適用例

9

7

  空気圧式エアコン

9

7.1

  基本的性質の記号

9

7.2

  7.1 の記号の適用方法

9

7.3

  補助記号

9

7.4

  7.3 の補助記号の適用方法

9

7.5

  適用例

9


Z 8617-12

:2008 (ISO 14617-12:2002)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準

原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大

臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS Z 8617

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS Z 8617-1

  第 1 部:一般事項及び索引

JIS Z 8617-2

  第 2 部:一般用途

JIS Z 8617-3

  第 3 部:接続及び関連装置

JIS Z 8617-4

  第 4 部:アクチュエータ及び関連装置

JIS Z 8617-5

  第 5 部:計測及び制御装置

JIS Z 8617-6

  第 6 部:計測及び制御機能

JIS Z 8617-7

  第 7 部:基本的機械部品

JIS Z 8617-8

  第 8 部:バルブ及びダンパ

JIS Z 8617-9

  第 9 部:ポンプ,コンプレッサ及びファン

JIS Z 8617-10

  第 10 部:フルードパワー変換器

JIS Z 8617-11

  第 11 部:熱輸送及び熱機関用の装置

JIS Z 8617-12

  第 12 部:分離,清浄及び混合用の装置

JIS Z 8617-13

  第 13 部:材料加工用装置

JIS Z 8617-14

  第 14 部:材料の輸送及び取扱い用の装置

JIS Z 8617-15

  第 15 部:据付け線図及びネットワークマップ


日本工業規格

JIS

 Z

8617-12

:2008

(ISO 14617-12

:2002

)

ダイヤグラム用図記号−

第 12 部:分離,清浄及び混合用の装置

Graphical symbols for diagrams

Part 12 : Devices for separating, purification and mixing

序文

この規格は,2002 年に第 1 版として発行された ISO 14617-12 を基に,技術的内容及び対応国際規格の

構成を変更することなく作成した日本工業規格である。

1

適用範囲

この規格は,分離,清浄及び混合用の装置のダイヤグラム用図記号(以下,図記号という。

)について規

定する。

図記号を作成及び適用するときの基本規則については,JIS Z 8222-1 を参照。

JIS Z 8617

規格群の概要,図記号を特定するための登録番号の構成方法及び使用方法に関する情報,そ

れらの図記号の表示方法及び適用方法,適用例などについては,JIS Z 8617-1 を参照。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 14617-12:2002

,Graphical symbols for diagrams−Part 12 : Devices for separating, purification and

mixing (IDT)

なお,対応の程度を表す記号 (IDT) は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,一致していることを示

す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS Z 8222-1

  製品技術文書に用いる図記号のデザイン−第 1 部:基本規則

注記  対 応 国 際 規 格 : ISO 81714-1:1999 , Design of graphical symbols for use in the technical

documentation of products

−Part 1 : Basic rules (IDT)

JIS Z 8617-1

  ダイヤグラム用図記号−第 1 部:一般事項及び索引

注記  対応国際規格:ISO 14617-1:2005,Graphical symbols for diagrams−Part 1 : General information

and indexes (IDT)

JIS Z 8617-2

  ダイヤグラム用図記号−第 2 部:一般用途

注記  対応国際規格:ISO 14617-2:2002,Graphical symbols for diagrams−Part 2 : Symbols having

general application (IDT)


2

Z 8617-12

:2008 (ISO 14617-12:2002)

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS Z 8617-1 及び JIS Z 8617-2 による。

4

分離用装置

4.1

基本的性質の記号

注記  分離用装置に対する記号の構造の一般規則については,R2601 (4.2.1)  を参照。

4.1.1 2601 

分離用装置 
  R2601 (4.2.1)  参照。

4.1.2 301 

容器(タンク) 
  R301 (4.2.2)  参照。

4.1.3 2602 

スクリーン又はフィルタエレメント 
  R2602 (4.2.3)  参照。

4.1.4 2603 

固定床式フィルタエレメント

4.1.5 2604 

流動床式フィルタエレメント

4.1.6 2605 

スクレーパ

4.1.7 2606 

ナイフ付きディスク

4.1.8 2607 

分離用プレート 
例  衝突板

4.1.9 2608 

遠心式ロータ 
  R2602 (4.2.3)  参照。

4.1.10 2037 

噴霧ノズル

4.2

4.1

の記号の適用方法

4.2.1 R2601 

分離用装置の図記号は,記号  2601 (4.1.1)  を用いるが,必要に応じて,容器として 301 (4.1.2
の記号を使用し,容器内側の要素の補足説明のために,アスタリスク(*)又は適切な記号を組
み合わせて記入してもよい。

4.2.2   

R301  

別の形状,例えば,長方形,円形などを用いてもよい。さらに,容器の形状に関連する特定
の機能又は性質を表すことが必要であれば,特殊な形状を用いる。一つの例は,X2617 (4.5.17)

を参照。 
この記号は,容器が主要な機能にとって重要である場合にだけ用いる。例えば,ほこりの侵
入防止のため,若しくは可動部又は充電部との接触防止のためのエンクロージャを表すため

に用いてはならない。必要ならば,容器の性質は,例えば,導電材料などと記述する。

4.2.3   

R2602 

記号は,構成要素の形状が機能に影響する場合には,別の形状の図記号を記述してもよい。


3

Z 8617-12

:2008 (ISO 14617-12:2002)

4.3

補助記号

4.3.1 254 

回転の方向を指定しない円運動 
  R248 (4.4.1)  参照。

4.3.2 255 

円運動 
  R248 (4.4.1)  及び R249 (4.4.2)  参照。

4.3.3 2621 

サイクロン式

4.3.4 IEC 

静電式

4.3.5 IEC 

電磁式

4.3.6 326 

永久磁石式

4.3.7 2501 

熱交換式

4.3.8 IEC 

電熱式

4.3.9 2541 

火炎式

4.3.10 2622 

化学タイプ

4.3.11 2623 

バイオ式

4.3.12 2624 

イオン交換式

4.4

4.3

の補助記号の適用方法

4.4.1 R248  

この記号は,二つの表示は互いに隣り合うように配置させ,2 回繰り返してもよい。繰返し

によって,一つの記号よりも高速であることを表すことができる。一つの例は,X249 (2-7.5.4
を参照。

4.4.2 R249  

この記号は,機械リンクを表す記号に交差させ,あたかも機械リンクの前方に配置されてい
るように表示する。例は,X249 (2-7.5.4)  及び X250 (2-7.5.5)  参照。

その代わりに,この記号を,リンクが接続されているコンポーネントを表す記号の近傍に表
示してもよい。例えば,X251 (2-7.5.6)  参照。 
これら 2 種類の代わりの記号間の混乱を避けるため,第 1 の方法として,この記号を接続さ

れているコンポーネントを表す二つの記号から十分な距離を離して置く。第 2 の方法として,
この記号は機械リンクを表す記号に交差しないような位置に置く。


4

Z 8617-12

:2008 (ISO 14617-12:2002)

4.5

適用例

4.5.1 X2601 

301, 2602 

ろ過器[スクリーン,シーブ(こし器),ストレーナ,
フィルタ]

 
 

4.5.2 X2602 

301, 2602

4.5.3 X2603 

254, 301, 2602

回転ドラム式スクリーン,フィルタ

4.5.4 X2604 

254, 301, 2602, 2605

回転ドラム及びスクレーパ付きスクリーンフィルタ

4.5.5 X2605 

241, 301, 2602

振動式スクリーン,シーブ

4.5.6 X2606 

301, 2602

バッグ式フィルタ(メディアタイプフィルタ),キャン

ドル状フィルタ,リーフ状フィルタ,カートリッジ式フ
ィルタ

4.5.7 X2607 

301, 2602, 2037

噴射ノズル付きフィルタ

4.5.8 X2608 

301, 2013, 2602

ベッド式フィルタ,ロール式フィルタ


5

Z 8617-12

:2008 (ISO 14617-12:2002)

4.5.9 X2609 

301, 2603

定床式フィルタ

4.5.10 X2610 

301, 2604

流動床式フィルタ

4.5.11 X2611 

301, 2602, 2607

圧搾式フィルタ

4.5.12 X2612 

301, 2602

ピストン,ねじ,プレートによる圧縮式フィルタ

4.5.13 X2613 

301, 2302, 2602

真空洗浄器

4.5.14 X2614 

301, 402, 2602

遠心式フィルタ

4.5.15 X2615 

301, 2606

プレート(ナイフ)付きディスクセパレータ

4.5.16 X2616 

301, 2607

沈殿物用セパレータ

4.5.17 X2617 

301, 2101, 2607

排出空間及び排出出口付き沈殿物用セパレータ


6

Z 8617-12

:2008 (ISO 14617-12:2002)

4.5.18 X2618 

301, 2621

サイクロン式セパレータ

4.5.19 X2619 

301, 402, 2608

高速遠心分離機

4.5.20

X2620 

301, 402, 2608

デキャンタ (decanter) 式遠心分離機

4.5.21 X2621 

301, 2037

噴霧式集じん(塵)器

4.5.22 X2622 

301, 405

浴槽式集じん(塵)器

4.5.23 X2623 

254, 301, 2602

スピニング付き洗浄器

4.5.24 X2624 

301, 405, 2037

噴霧式洗浄器

4.5.25 X2625 

2062, 2602

トレイコラム,分留塔


7

Z 8617-12

:2008 (ISO 14617-12:2002)

4.5.26 X2626 

2062, 2602

ガス通路付きトレイコラム,分留塔

4.5.27 X2627 

2601, IEC

静電式分離器

4.5.28 X2628 

2601, IEC

電磁式分離器

4.5.29 X2629 

326, 2601

永久磁石式分離器

4.5.30 X2630 

2501, 2601

加熱又は冷却コイルを用いた熱式分離器

4.5.31 X2631 

2601, IEC

電熱式分離器

4.5.32 X2632 

2541, 2601

直火式分離器

4.5.33 X2633 

2601, 2624

イオン交換式分離器

4.5.34 X2634 

2601, 2623

生物利用フィルタ 
例  活性質量フィルタ 


8

Z 8617-12

:2008 (ISO 14617-12:2002)

4.5.35 X2635 

2037, 2062, 2603

固定床断面をもつ反応容器及び噴霧ノズルをもつ反応
容器

5

転換式清浄用装置

5.1

基本的性質の記号

5.1.1 2651 

転換を用いる清浄器 
  R2651 (5.2.1)  参照。

5.2

5.1

の記号の適用方法

5.2.1 R2651 

アスタリスク(*)は,方法を指示する記号で置き換えるか,削除する。

5.3

補助記号

5.3.1 2661 

触媒式

5.4

5.3

の補助記号の適用方法

なし。

5.5

適用例

5.5.1 X2651 

2651, 2661 

触媒式清浄器

6

混合用装置

6.1

基本的性質の記号

注記  混合用装置の図記号の構造の適用方法は,R2671 (6.2.1)  を参照。

6.1.1 2671 

混合装置

6.1.2 2672 

回転ミキサエレメント

6.1.3 2673 

静止混合エレメント

6.2

6.1

の記号の適用方法

6.2.1 R2671 

混合用装置に用いる記号は,記号 2671  (6.1.1)  を用いるが,必要に応じてアスタリスク(*)で
置き換えて補助情報を適切な記号に付けるか,筒,容器の内側の要素に対して適切な記号を

付けて,筒(タンク)に対しては記号 301 (4.1.2)  を付けて組み立ててもよい。

6.3

補助記号

なし。


9

Z 8617-12

:2008 (ISO 14617-12:2002)

6.4

6.3

の補助記号の適用方法

なし。

6.5

適用例

6.5.1 X2671 

301, 402, 2672

ミキサ,かくはん(攪拌)器

6.5.2 X2672 

301, 402, 2672

インラインの回転式ミキサ

6.5.3 X2673 

301, 2673

インラインの静止形ミキサ

6.5.4 X2674 

301, 2037

空気圧縮潤滑装置

7

空気圧式エアコン

7.1

基本的性質の記号

7.1.1 2691 

空気圧式エアコン

例  圧力及び潤滑指示用のフィルタ,圧力調整器,

測定装置からなる装置。

7.2

7.1

の記号の適用方法

なし。

7.3

補助記号

なし。

7.4

7.3

の補助記号の適用方法

なし。

7.5

適用例

なし。