>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

2

4

  機械的なエネルギー変換機器

2

4.1

  基本的性質の記号

2

4.2

  4.1 の記号の適用方法

4

4.3

  補助記号

4

4.4

  4.3 の補助記号の適用方法

5

4.5

  適用例

5

5

  特殊エネルギー変換機器

9

5.1

  基本的性質の記号

9

5.2

  5.1 の記号の適用方法

9

5.3

  補助記号

9

5.4

  5.3 の補助記号の適用方法

9

5.5

  適用例

9

6

  直動形流体モータ,油圧・空気圧シリンダ

9

6.1

  基本的性質の記号

10

6.2

  6.1 の記号の適用方法

10

6.3

  補助記号

10

6.4

  6.3 の補助記号の適用方法

11

6.5

  適用例

11

参考文献

12


Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準

原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大

臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS Z 8617

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS Z 8617-1

  第 1 部:一般事項及び索引

JIS Z 8617-2

  第 2 部:一般用途

JIS Z 8617-3

  第 3 部:接続及び関連装置

JIS Z 8617-4

  第 4 部:アクチュエータ及び関連装置

JIS Z 8617-5

  第 5 部:計測及び制御装置

JIS Z 8617-6

  第 6 部:計測及び制御機能

JIS Z 8617-7

  第 7 部:基本的機械部品

JIS Z 8617-8

  第 8 部:バルブ及びダンパ

JIS Z 8617-9

  第 9 部:ポンプ,コンプレッサ及びファン

JIS Z 8617-10

  第 10 部:フルードパワー変換器

JIS Z 8617-11

  第 11 部:熱輸送及び熱機関用の装置

JIS Z 8617-12

  第 12 部:分離,清浄及び混合用の装置

JIS Z 8617-13

  第 13 部:材料加工用装置

JIS Z 8617-14

  第 14 部:材料の輸送及び取扱い用の装置

JIS Z 8617-15

  第 15 部:据付け線図及びネットワークマップ


日本工業規格

JIS

 Z

8617-10

:2008

(ISO 14617-10

:2002

)

ダイヤグラム用図記号−

第 10 部:フルードパワー変換器

Graphical symbols for diagrams

−Part 10 : Fluid power converters

序文

この規格は,2002 年に第 1 版として発行された ISO 14617-10 を基に,技術的内容及び対応国際規格の

構成を変更することなく作成した日本工業規格である。

1

適用範囲

この規格は,フルードパワー変換器などで用いるエネルギー変換用ポンプ及びモータのダイヤグラム用

図記号(以下,図記号という。

)について規定する(主として輸送に用いるポンプについては,JIS Z 8617-9

を参照。

図記号を作成及び適用するときの基本規則については,JIS Z 8222-1 を参照。

JIS Z 8617

規格群の概要,図記号を特定するための登録番号の構成方法及び使用方法に関する情報,そ

れらの図記号の表示方法及び適用方法,適用例などについては,JIS Z 8617-1 を参照。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 14617-10:2002

,Graphical symbols for diagrams−Part 10 : Fluid power converters (IDT)

なお,対応の程度を表す記号 (IDT) は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,一致していることを示

す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS Z 8222-1

  製品技術文書に用いる図記号のデザイン−第 1 部:基本通則

注記  対 応 国 際 規 格 : ISO 81714-1:1999, Design of graphical symbols for use in the technical

documentation of products

−Part 1 : Basic rules (IDT)

JIS Z 8617-1

  ダイヤグラム用図記号−第 1 部:一般事項及び索引

注記  対応国際規格:ISO 14617-1:2005, Graphical symbols for diagrams−Part 1 : General information

and indexes (IDT)

JIS Z 8617-2

  ダイヤグラム用図記号−第 2 部:一般用途

注記  対応国際規格:ISO 14617-2:2002,  Graphical symbols for diagrams−Part 2 : Symbols having

general application (IDT)

ISO 5598:1985

,Fluid power systems and components−Vocabulary


2

Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

注記  次の用語を定義するに当たっては,JISISO 及び IEC の規格に定義するものを用いた。括弧

内の規格を参照。

3.1

容積形ポンプ[(positive) displacement pump

体積が増減する作動室によって流体のエネルギーを増加するポンプ。

ISO 5598

3.2

回転式ポンプ  (rotodynamic pump)

回転翼によって流体のエネルギーを増加させて,移送するポンプ。

ISO 5598

注記  “渦巻きポンプ”と呼ばれることもあるが,渦巻きポンプは半径方向の流れを伴う回転式ポン

プをいう。

3.3

容量  (capacity)

排出量  (displacement)

行程容積  (swept volume)

一行程又は一サイクル中に吸い込む,又は排除する体積。

ISO 5598

3.4

オーバーセンタポンプ  (over-centre pump)

駆動軸の回転方向を変えることなく流れ方向が反対になるポンプ。

ISO 5598

3.5

ユニフローポンプ  (uni-flow pump)

流れ方向が駆動軸の回転方向に依存しないポンプ。

ISO 5598

4

機械的なエネルギー変換機器

4.1

基本的性質の記号

4.1.1  

2401

油圧ポンプ

4.1.2  

2402

空気圧ポンプ,コンプレッサ


3

Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

4.1.3  

2403

両方向吐出形油圧ポンプ

4.1.4  

2404

両方向吐出形空気圧ポンプ,又は空気圧縮機

4.1.5  

2405

油圧モータ

4.1.6  

2406

空気圧モータ

4.1.7  

2407

両方向回転形油圧モータ

4.1.8  

2408

両方向回転形空気圧モータ

4.1.9  

2409

油圧ポンプ/モータ

ポンプ又はモータとして作動できる機器

4.1.10  

2410

空気圧ポンプ/モータ 
同じ流れ方向でポンプ又はモータとして作動できる機器

4.1.11  

2411

一方向流れでポンプとして,又は反対方向流れでモータとし
て作動する油圧ポンプ又はモータ


4

Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

4.1.12  

2412

一方向流れでポンプとして,又は反対方向流れでモータとし
て作動する空気圧ポンプ又はモータ

4.1.13  

2413

両方向流れのポンプとして,又は両方向流れのモータとして
作動する油圧ポンプ又はモータ

4.1.14  

2414

両方向流れのポンプとして,又は両方向流れのモータとして
作動する空気圧ポンプ又はモータ

4.1.15  

2415

油圧揺動形アクチュエータ

4.1.16  

2416

空気圧揺動形アクチュエータ

4.2

4.1

の記号の適用方法

なし。

4.3

補助記号

4.3.1  

201

可変機能 
  R201 (4.4.1)  及び R2311 (4.4.3)  参照。

4.3.2  

203

プリセット機能

  R201 (4.4.1)  及び R2311 (4.4.3)  参照。

4.3.3  

221

様式 1

4.3.4  

222

様式 2

一定した力,動作又は流れ

  R221 (4.4.2)  参照。

4.3.5  

224

正弦波状の力,動作又は流れ

4.3.6  

225

く(矩)形波(パルス)状の力,動作又は流れ


5

Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

4.3.7  

233

ステッピング機能

4.3.8  

2321

容積式

4.3.9  

2322

回転式 
注記  渦巻き式又はターボ式ともいう。

4.4

4.3

の補助記号の適用方法

4.4.1  

R201

この記号は,これを加えた記号の中心と交差するのがよい。例えば,X201 (2-5.5.1)∼X206

(2-5.5.6)

並びに X2401 (4.5.1)  及び X2402 (4.5.2)。

この記号が四角形,長方形又は円の外形にある場合及び要素を示す内部記号にある場合に
は,他の位置に付けることもできる。例えば,X207 (2-5.5.7)  参照。

4.4.2  

R221

混乱のおそれがなければ,様式 2 を用いてもよい。

4.4.3  

R2311

ポンプ及びコンプレッサにこの記号を用いるとき,特記以外は ISO 5598 に規定した可変容
量形を示す。

4.5

適用例

4.5.1  

X2401

201, 402, 2321, 2401

可変容量形容積式油圧ポンプ

4.5.2  

X2402

201, 402, 403, 721, 2321, 2401

可変操作機能付き可変容量形容積式油圧ポンプ

可変機能機構表示

4.5.3  

X2403

402, 2061, 2401

油圧ターボポンプ

外部ドレン配管表示


6

Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

4.5.4  

X2404

201, 402, 2401

可変回転速度機能付き軸による駆動の油圧ポンプ

4.5.5  

X2405

255, 402, 2401

4.5.6  

X2406

255, 402, 2401

軸端から見て時計方向回転の油圧ポンプ 
  矢印の説明は,R249 (2-7.2.8)  参照。

4.5.7  

X2407

201, 255, 402, 2403

可変容量形両方向油圧ポンプ

  時計方向回転を表示。

4.5.8  

X2408

256, 263, 402, 2403

両方向回転油圧ポンプ 
  回転方向及び流れ方向は黒点で符合することを表示。

4.5.9  

X2409

256, 402, 2401

回転方向に無関係に一方向流れの油圧ポンプ,単一方向

流れポンプ

4.5.10  

X2410

225, 402, 2321, 2401

く(矩)パルス流れ形容積式油圧ポンプ


7

Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

4.5.11  

X2411

224, 402, 2321, 2401

正弦波流れ形容積式油圧ポンプ

4.5.12  

X2412

256, 261, 402, 2405

油圧揺動形アクチュエータ

  幾つかの記号で構成される 2415  (4.1.15)  とどちらか
を選択。

4.5.13  

X2413

201, 402, 2321, 2405

可変容量形容積式油圧モータ

4.5.14  

X2414 

402, 2322, 2405

流体ターボモータ 
例  水タービン 

4.5.15  

X2415

201, 402, 2405

流量定格の調整によって回転速度が決まる油圧モータ

4.5.16  

X2416

255, 402, 2405

4.5.17  

X2417

255, 402, 2405

軸端から見て,反時計方向回転の油圧モータ 
  矢印の説明については,R249 (2-7.2.8)  参照。


8

Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

4.5.18  

X2418

256, 402, 2405

組込み装置によって正逆回転する油圧モータ

4.5.19  

X2419

255, 402, 2407

流れの方向と無関係に反時計方向回転の油圧モータ

4.5.20  

X2420

256, 263, 402, 2407

流れの方向を変えることによって正逆回転する油圧モ
ータ 
  回転方向及び流れ方向は,黒点で符合することを表

示。

4.5.21  

X2421

233, 402, 2405

ステッピング油圧モータ

4.5.22  

X2422

255, 402, 2409

4.5.23  

X2423

255, 402, 2409

軸端から見て反時計方向回転の油圧ポンプ又はモータ 
  矢印の説明については,R249 (2-7.2.8)  参照。

4.5.24  

X2424

402, 2322, 2406

空気圧ターボモータ 
例  風力タービン 


9

Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

4.5.25  

X2425

2401, IEC

ビルトインモータ(油浸ロータ)式油圧ポンプ

5

特殊エネルギー変換機器

5.1

基本的性質の記号  

5.1.1  

2431

単動形空油圧変換器

5.1.2 2435 

連続形空油圧変換器

5.1.3  

2432

単動形空油圧増圧器

5.1.4  

2436

連続形空油圧増圧器

5.1.5  

2434

油圧回転トルク変換器

5.2

5.1

の記号の適用方法

なし。

5.3

補助記号

5.3.1

201

可変又は可調整機能

5.4

5.3

の補助記号の適用方法

なし。

5.5

適用例

5.5.1

X2431

201, 243, 402, 2434

可変油圧回転トルク変換器

6

直動形流体モータ,油圧・空気圧シリンダ  


10

Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

6.1

基本的性質の記号

6.1.1  

2441

単動片ロッド押出し形油圧シリンダ

6.1.2  

2445

単動片ロッド押出し形空気圧シリンダ

6.1.3  

2446

単動片ロッド引込み形油圧シリンダ

6.1.4  

2447

単動片ロッド引込み形空気圧シリンダ

6.1.5  

2442

複動片ロッド形油圧シリンダ

6.1.6  

2448

複動片ロッド形空気圧シリンダ

6.1.7  

2443

単動テレスコープ形油圧シリンダ

6.1.8  

2449

単動テレスコープ形空気圧シリンダ

6.1.9  

2450

複動テレスコープ形油圧シリンダ

6.1.10  

2451

複動テレスコープ形空気圧シリンダ

6.1.11  

2444

クッション

6.2

6.1

の記号の適用方法

なし。

6.3

補助記号

なし。


11

Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

6.4

6.3

の補助記号の適用方法

なし。

6.5

適用例  

6.5.1  

X2441

2441

単動片ロッドドレン付き押出し形油圧シリンダ

6.5.2  

X2442

2002, 2446

単動片ロッド引込み形スプリングリターン式油圧シリ

ンダ

6.5.3  

X2443

402, 2448

複動両ロッド形空気圧シリンダ

6.5.4  

X2444

201, 2442, 2444

複動片ロッド両クッション調整式油圧シリンダ,ピス
トン

  面積比 2:1


12

Z 8617-10

:2008 (ISO 14617-10:2002)

参考文献

[1]

  JIS Z 8617-9  ダイヤグラム用図記号−第 9 部:ポンプ,コンプレッサ及びファン

注記  対応国際規格:ISO 14617-9:2002,Graphical symbols for diagrams−Part 9 : Pumps, compressors

and fans (IDT)