>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 8313-2 : 1998 (ISO 3098-2 : 1984)

(1) 

まえがき

JIS Z 8313

のこの部は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が

制定した日本工業規格である。これによって JIS Z 8313 : 1984 は廃止され,JIS Z 8313 群に置き換えられ

る。

今回の制定によって,JIS Z 8313 群のこの部は,ISO 3098-2, Technical drawings−Lettering−Part 2 : Greek

characters

に一致した規格となった。

JIS Z 8313

群は,規格の名称の前付け及び主題を“製図−文字”とし,次の各部からなる。

第 0 部:通則

第 1 部:ローマ字,数字及び記号

第 2 部:ギリシャ文字

第 3 部:ダイヤクリティカルマーク及び特殊記号(予定)

第 4 部:ロシア文字(予定)

第 5 部:CAD 用のラテン文字,数字及び記号(予定)

第 10 部:平仮名,片仮名及び漢字

備考  第 10 部は,平仮名,片仮名及び漢字に関する規定であり,原国際規格にはない。


日本工業規格

JIS

Z 8313-2 :

 1998

 (I

3098-2

: 1984

)

製図−文字−

第 2 部:ギリシャ文字

Technical drawings

−Lettering−

Part 2

:Greek characters

序文  この部は,1984 年に発行された ISO 3098-2 を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更するこ

となく作成した日本工業規格である。

なお,この部の中で点線の下線を施してある部分は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  JIS Z 8313 群のこの部は,製図やそれに関連した文書で用いるギリシャ文字の書体及び大

きさについて規定する。基本的には型板を用いた文字に関する規定であるが,手書きなど他の方法にも適

用する。

備考  この部の対応国際規格を次に示す。

ISO 3098-2 : 1984, Technical drawings

−Lettering−Part 2:Greek characters

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この部に引用されることによって,この部の規定の一部を構成する。

この引用規格は,その最新版を適用する。

JIS Z 8313-1

  製図−文字−第 1 部:ローマ字,数字及び記号

備考  ISO 3098-1  Technical drawings−Lettering−Part 1:Currently used characters からの引用事項が,

この規格に一致している。

3.

一般事項  JIS Z 8313-1 による。

4.

文字の大きさ  JIS Z 8313-1 の 3.による。

5.

書体  次に示す書体は,2.及び 3.で規定した原則に沿って表現する指針として示す。

備考  線の密度を一定にし,線が交差する付近のインキのにじ(滲)みを防止し,書きやすくするた

めに,線が直角に近い角度で交わるように文字の形をつくる。


2

Z 8313-2 : 1998 (ISO 3098-2 : 1984)

A

形斜体文字の書体 

                                                        

1

小文字のシータ及びファイの字形は,上記のどちらを用いてもよいが,一つの文書の中では統

一するのがよい。

2

小文字のシグマは,他の字形を記号として用いないほうがよい。


3

Z 8313-2 : 1998 (ISO 3098-2 : 1984)

A

形直立体文字の書体 

                                                        

1

小文字のシータ及びファイの字形は,上記のどちらを用いてもよいが,一つの文書の中では統

一するのがよい。

2

小文字のシグマは,他の字形を記号として用いないほうがよい。


4

Z 8313-2 : 1998 (ISO 3098-2 : 1984)

B

形斜体文字の書体 

                                                        

1

小文字のシータ及びファイの字形は,上記のどちらを用いてもよいが,一つの文書の中では統

一するのがよい。

2

小文字のシグマは,他の字形を記号として用いないほうがよい。


5

Z 8313-2 : 1998 (ISO 3098-2 : 1984)

B

形直立体文字の書体 

                                                        

1

小文字のシータ及びファイの字形は,上記のどちらを用いてもよいが,一つの文書の中では統

一するのがよい。

2

小文字のシグマは,他の字形を記号として用いないほうがよい。