>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 8313-10 : 1998

(1) 

まえがき

JIS Z 8313

のこの部は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が

制定した日本工業規格である。これによって,JIS Z 8313 : 1984 は廃止され,この JIS Z 8313 群に置き換

えられる。

JIS Z 8313

群は,規格の名称の前付け及び主題を“製図−文字”とし,次の各部からなる。

第 0 部:通則

第 1 部:ローマ字,数字及び記号

第 2 部:ギリシャ文字

第 3 部:ダイヤクリティカルマーク及び特殊記号(予定)

第 4 部:ロシア文字(予定)

第 5 部:CAD 用のラテン文字,数字及び記号(予定)

第 10 部:平仮名,片仮名及び漢字

備考  第 10 部は,平仮名,片仮名及び漢字に関する規定であり,原国際規格にはない。


日本工業規格

JIS

 Z

8313-10

: 1998

製図−文字−

第 10 部:平仮名,片仮名及び漢字

Technical drawings

−Lettering−

Part 10 : Japanese characters (Kana and kanji)

1.

適用範囲  JIS Z 8313 群のこの部は,製図及びそれに関連した文書で用いる平仮名,片仮名及び漢字

(以下,文字という。

)について規定する。

備考  ローマ字,数字及び記号は,JIS Z 8313-1 による。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この部に引用されることによって,この部の規定の一部を構成する。

これらの引用規格は,その最新版を適用する。

JIS Z 8114

  製図用語

JIS Z 8313-0

  製図−文字−第 0 部:通則

JIS Z 8313-1

  製図−文字−第 1 部:ローマ字,数字及び記号

JIS Z 8601

  標準数

3.

定義  この部で用いる主な用語の定義は,JIS Z 8114 による。

4.

一般事項  製図に用いる文字に関する一般事項は,次による。

a)

読みやすい  文字は一字一字が正確に読めるように明りょうにはっきり書く。鉛筆書きの文字は,図

形を表した線の濃度をそろえて書く。

b)

均一である  同じ大きさの文字は,その線の幅をなるべくそろえる。

c)

図面のマイクロフィルム撮影や他の写真複写に適している  図面をマイクロフィルムに撮影したり

他の写真複写をして利用する場合に,はっきりと読めるように文字と文字とのすき間をあける。

5.

文字

5.1

漢字  漢字は,次による。

a)

用いる漢字は,常用漢字表(昭和 56 年 10 月 1 日内閣告示第 1 号)によるのがよい。ただし,16 画以

上の漢字はできる限り仮名書きとする。

b)

漢字の例を

付図 に示す。

5.2

仮名  仮名は,次による。

a)

仮名は平仮名又は片仮名のいずれかを用い,一連の図面においては混用はしない。ただし,外来語の

表記に片仮名を用いることは混用とはみなさない。


2

Z 8313-10 : 1998

b)

平仮名の例を

付図 に,片仮名の例を付図 に示す。

6.

文字の大きさ

6.1

文字の大きさの表し方  文字の大きさは,一般に文字の外側輪郭が収まる基準枠の高さ の呼びに

よって表す(

図 参照)。漢字も仮名も基準枠の考え方は,同じである。

参考  ローマ字,数字及び記号の大きさは,JIS Z 8313-1 に規定する基準の高さ で表す。

6.2

文字の大きさの呼びの種類  文字の大きさの呼びの種類は次による。

漢字  3.5

1

), 5, 7, 10, 14, 20mm

仮名  2.5

1

), 3.5, 5, 7, 10, 14, 20mm

なお,活字で既に大きさが決まっているものを用いる場合には,これに近い大きさで選ぶことが望まし

い。

1

)

ある種の複写方法では,この大きさは適さない。特に鉛筆書きの場合には注意する。

備考  これらの文字の大きさの呼びは,JIS Z 8601 の R20/3 (…10…)  による。

6.3

文字の大きさの組合せ  図面中の一連の記述に用いる文字の大きさの比率は,次のようにすること

が望ましい。

ただし,他の仮名に小さく添える“ゃ”

“ゅ”及び“ょ”

[よう(拗)音]

,つまる音を表す“っ”

(促音)

など小書きにする仮名の大きさは,この比率において 0.7 とする。

(漢字)

(仮名)

(ローマ字,数字及び記号)=1.4 : 1.0 : 1.0

7.

文字の線の太さ  文字の線の太さ は,文字の大きさの呼び に対して,次の値にすることが望まし

い。

a)

漢字

14

1

b)

仮名

10

1

参考  ローマ字,数字及び記号の線の太さは,JIS Z 8313-1 に規定する文字の大きさの呼び に対し

て,A 形書体では

14

1

,B 形書体では

10

1

である。

8.

文字間のすき間とベースラインの最小ピッチ  文字間のすき間 は,文字の線の太さの 2 倍以上とす

る。ただし,隣り合う文字の線の太さが異なる場合は,広い方の文字の線の太さの 2 倍以上とする(

図 1

参照)

ベースラインの最小ピッチ は,用いている文字の最大の呼び 

10

14

とする(

図 参照)。

参考  ベースラインの最小ピッチは,行の最小ピッチと同じ意味である。


3

Z 8313-10 : 1998

備考  この図は,書体及び字形を表す例ではない。

図 1

備考  この図は,書体及び字形を表す例ではない。

付図 1  漢字の大きさ,線の太さ及び文字間のすき間(h=14mm の例)

備考  この図は,書体及び字形を表す例ではない。

付図 2  平仮名の大きさ,線の太さ及び文字間のすき間(h=10mm の例)

備考  この図は,書体及び字形を表す例ではない。

付図 3  片仮名の大きさ,線の太さ及び文字間のすき間(h=10mm の例)