>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 8313-1 : 1998 (ISO 3098-1 : 1974)

まえがき

JIS Z 8313

のこの部は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が

制定した日本工業規格である。これによって JIS Z 8313 : 1984 は廃止され,この JIS Z 8313 群に置き換え

られる。

今回の制定によって,JIS Z 8313 群のこの部は,対応国際規格である ISO 3098-1, Technical drawings−

Lettering

−Part 1 : Curremly used characters に一致したものとなった。

JIS Z 8313

群は,規格の名称の前付け及び主題を“製図−文字”とし,次の各部からなる。

第 0 部:通則

第 1 部:ローマ字,数字及び記号

第 2 部:ギリシャ文字

第 3 部:ダイヤクリティカルマーク及び特殊記号(予定)

第 4 部:ロシア文字(予定)

第 5 部:CAD 用のラテン文字,数字及び記号(予定)

第 10 部:平仮名,片仮名及び漢字

備考  第 10 部は,平仮名,片仮名及び漢字に関する規定であり,原国際規格にはない。


日本工業規格

JIS

 Z

8313-1

 : 1998

 (I

3098-1

: 1974

)

製図−文字−

第 1 部:ローマ字,数字及び記号

Technical drawings

−Lettering−

Part 1 : Currently used characters

序文  この部は,1974 年に発行された ISO 3098-1 を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更するこ

となく作成した日本工業規格である。

なお,この部の中で点線の下線を施してある部分は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  JIS Z 8313 群のこの部は,製図及びそれに関連する文書で用いるローマ字,数字及び記号

(以下,文字という。

)について規定する。基本的には型板を用いた文字に関する規定であるが,手書きな

ど他の方法にも適用する。

備考  この部の対応国際規格を次に示す。

ISO 3098-1 : 1974, Technical drawings

−Lettering−Part 1 : Currently used characters

2.

一般事項

2.1

製図に用いる文字の基本事項は,次による。

−  読みやすい。

−  均一である。

−  マイクロフィルム撮影及び他の写真複写に適している。

2.2

上記項目を満たすために,次の規定に従う。

2.2.1

文字は,たとえ少々き(毀)損していても,文字間の混同がなく,明りょうに見分けられるように

する。

2.2.2

マイクロフィルム撮影及び他の写真複写では,隣り合う 2 本の線の間隔,又は文字及び数字の間の

すき間は,少なくとも線の太さの 2 倍とする(

図,表 及び表 参照)。隣り合う 2 本の線の太さが異なる

ときには,すき間は広い方の線の太さの 2 倍にする。

2.2.3

小文字及び大文字の線の太さは,レタリングに便利なように同じにする。

3.

文字の大きさ  文字及び数字の大きさは,次による。

3.1

大文字の高さ を大きさの基準とする(

表 及び表 参照)。

3.2

高さ の標準値は,次による。

2.5, 3.5, 5, 7, 10, 14, 20mm

文字の高さで採用している 2 の比率は,用紙サイズの標準数列からとっている[A シリーズは,JIS P 


2

Z 8313-1 : 1998 (ISO 3098-1 : 1974)

0138

(紙加工仕上寸法)による]

参考  JIS P 0138 の A シリーズは,ISO 216 Writing paper and certain classes of printed matter−Trimmed

sizes

−A and B series の A シリーズと同等である。

3.3

高さ 及び は,2.5mm 未満であってはならない。

備考  大文字と小文字の組合せで が 2.5mm の場合には,は 3.5mm になることを意味している。

3.4

比率 d/の 2 種類の標準値 1/14 及び 1/10 は,

表 及び表 に示すように線の太さの種類が最も少な

くなり経済的である。

小文字の高さ(柄部又は尾部を除く)

,文字間のすき間,行間の最小すき間,単語間の最小すき間の推奨

比率は,

表 及び表 による。

3.5

文字は,直立体でも,右へ 15°傾けた斜体でもよい。

表 1  形書体  (dh/14)  

単位 mm

区分

比率

寸法

文字の高さ

大文字の高さ

h

(14/14) h 2.5

3.5

5  7 10 14

20

小文字の高さ

c

(10/14) h

2.5

3.5

5 7 10

14

(柄部又は尾部を除く)

文字間のすき間

a

(2/14) h 0.35 0.5

0.7

1 1.4

2

2.8

ベースラインの最小ピッチ

b

(20/14) h 3.5

5  7 10 14 20

28

単語間の最小すき間

e

(6/14) h 1.05 1.5

2.1

3 4.2

6

8.4

文字の線の太さ

d

(1/14) h 0.18 0.25 0.35

0.5

0.7

1

1.4

備考  例えば,LA 及び TV のような 2 文字間のすき間 は,見栄えがよくなるな

らば,半分に縮小してもよい。この場合,線の太さ に等しくする。

表 2  形書体  (dh/10)

単位 mm

区分

比率

寸法

文字の高さ

大文字の高さ

h (10/10)

h

2.5

3.5

5 7 10

14

20

小文字の高さ

c (7/10)

h

2.5

3.5

5 7

10

14

(柄部又は尾部を除く)

文字間のすき間

a (2/10)

h 0.5

0.7

1  1.4

2

2.8 4

ベースラインの最小ピッチ

b (14/10)

h

3.5

5  7 10 14

20 28

単語間の最小すき間

e (6/10)

h 1.5

2.1

3  4.2

6

8.4

12

文字の線の太さ

d (1/10)

h 0.25 0.35 0.5

0.7

1

1.4 2

備考  例えば,LA 及び TV のような 2 文字間のすき間 は,見栄えがよくなるな

らば,半分に縮小してもよい。この場合には,は線の太さ に等しくする。

4.

書体  次に示す書体は,2.及び 3.で規定した原則に沿って表現する指針として示す。様々な言語に対

応する特殊文字及び独特な記号(アクセント記号及びダイヤクリティカルマーク)は例に含まれないが,

この規格の規定と同じ原則によってデザインする。

参考  平仮名,片仮名及び漢字に対応した規格は,JIS Z 8313-10 : 1998 に規定している。


3

Z 8313-1 : 1998 (ISO 3098-1 : 1974)

A

形斜体文字の書体 

1

)

a

及び7の字形は,上記のどちらもレタリングの規定に一致している。

参考  原国際規格では,“どちらを選択するかは国家機構に任されている”としている。この規格では,

いずれの書体を用いてもよいことにする。

備考  線の密度を一定にし,線が交差する付近でのインキのにじ(滲)みを防止し,書きやすくする

ために,線が直角に近い角度で交わるように文字の形をつくる。


4

Z 8313-1 : 1998 (ISO 3098-1 : 1974)

A

形直立体文字の書体 

1

)

a

及び7の字形は,いずれもレタリングの規定に一致している。

参考  原国際規格では,“どちらを選択するかは国家機構に任されている”としている。この規格では,

いずれの書体を用いてもよいことにする。

備考  線の密度を一定にし,線が交差する付近でのインキのにじ(滲)みを防止し,書きやすくする

ために,線が直角に近い角度で交わるように文字の形をつくる。


5

Z 8313-1 : 1998 (ISO 3098-1 : 1974)

B

形斜体文字の書体 

1

)

a

及び7の字形は,いずれもレタりングの規定に一致している。

参考  原国際規格では,“どちらを選択するかは国家機構に任されている”としている。この規格では,

いずれの書体を用いてもよいことにする。

備考  線の密度を一定にし,線が交差する付近でのインキのにじ(滲)みを防止し,書きやすくする

ために,線が直角に近い角度で交わるように文字の形をつくる。


6

Z 8313-1 : 1998 (ISO 3098-1 : 1974)

B

形直立体文字の書体 

1

)

a

及び7の字形は,いずれもレタリングの規定に一致している。

参考  原国際規格では,“どちらを選択するかは国家機構に任されている”としている。この規格では,

いずれの書体を用いてもよいことにする。

備考  線の密度を一定にし,線が交差する付近でのインキのにじ(滲)みを防止し,書きやすくする

ために,線が直角に近い角度で交わるように文字の形をつくる。