>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

Z 8201-1981 

 

 

数学記号 

Mathematical Symbols 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,鉱工業において用いる数学記号について規定する。 

対応国際規格: 

ISO 31/XI Mathematical signs and symbols for use in the physical sciences and technology 

 

2. 記号,用法及び意味 記号,用法及び意味は,次のとおりとする。 

なお,参考のために対応国際規格ISO 31/XI (Mathematical signs and symbols for use in the physical sciences 

and technology) による記号・用法を示す。 

(1) 算術及び代数 

番号 

記号・用法 

意味 

備考 

参考 

ISO 31/XIによる記号・用法 

1.1 

+ 

加える,正 

 

a+b 

1.2 

− 

引く,負 

 

a−b 

1.3 

± 

+又は− 

 

 

1.4 

a・b, a×b, ab 

a掛けるb 

数の掛算の場合は×を
用いるのが望ましい。 

a・b, a×b, ab 

1.5 

b

a

, a/b, a÷b 

a割るb 

 

b

a, a/b, ab-1 

1.6 

= 

等しい 

 

= 

1.7 

≠ 

等しくない 

,を用いてもよい。 

≠ 

1.8 

≒ 

ほとんど等しい 

≈を用いてもよい。 

≈ 

1.9 

a>b 

aはbより大きい 

 

1.10 

a<b 

aはbより小さい 

 

1.11 

a≧b 

aはbより大きいか又は等しい 

を用いてもよい。 

 

1.12 

a≦b 

aはbより小さいか又は等しい 

を用いてもよい。 

 

1.13 

a≫b 

aはbより非常に大きい 

 

≫ 

1.14 

a≪b 

aはbより非常に小さい 

 

≪ 

1.15 

≡ 

常に等しい 

 

≡ 

1.16 

 

常に等しいとは限らない 

,を用いてもよい。 

 

1.17 

a : b 

aとbとの比 

 

 

1.18 

a ∝ b 

aはbに比例する 

 

〜,∝ 

1.19 

∞ 

無限大 

 

∞ 

1.20 

ap 

aのp乗 

 

ap 

1.21 

aの平方根 

2

1

aを用いてもよい。 

a1/2, 

2

1

a, √ a,  a 

1.22 

na 

aのn乗根 

n

a

1

を用いてもよい。 

a1/n, 

n

a

1

, na 

1.23 

n! 

nの階乗 

 

n! 

1.24 

|a| 

aの絶対値 

 

|a| 


Z 8201-1981  

番号 

記号・用法 

意味 

備考 

参考 

ISO 31/XIによる記号・用法 

1.25 

nPr 

n個からr個を取る順列の個数  

 

1.26 

nCr,

rn  

n個からr個を取る組合せの個

数 

 

pn, 

p

n

1.27 

P (E) , Pr (E) 

事象Eが起こる確率 

 

 

1.28 

mn

m

n

a

a

a

a

1

1

11

mn

m

n

a

a

a

a

1

1

11

 

行列 

 

mn

m

n

A

A

A

A

1

1

11

mn

m

n

A

A

A

A

1

1

11

 

1.29 

mn

m

n

a

a

a

a

1

1

11

, detA 

行列式 

 

detA, 

mn

m

n

A

A

A

A

1

1

11

 

1.30 

n

i

ia

a1+a2+…+an 

 

n

i

ia

1.31 

n

i

i

a

a1・a2・…・an 

 

n

i

i

a

1.32 

自然対数の底 

鉵 いてもよい。 

1.33 

i, j 

虚数単位 

 

i, j 

1.34 

瀀

円周率 

 

瀀

1.35 

. 

小数点 

下の点,紛らわしくない
ときは中の点でもよい。
0.05を.05と略さない。 

 

1.36 

( ) 

丸括弧 

 

 

1.37 

[ ] 

角括弧 

 

 

1.38 

{ } 

波括弧 

 

 

1.39 

z,z* 

zの共役複素数 

 

z* 

1.40 

百分率 

 

 

 

(2) 幾何(1) 

番号 

記号・用法 

意味 

備考 

2.1 

AB 

線分AB 

ABを用いてもよい。 

2.2 

∠AOB, 

 

角AOB 

 

2.3 

⊥ 

垂直 

 

2.4 

∠R 

直角 

 

2.5 

// 

平行 

||を用いてもよい。 

2.6 

△ABC 

三角形ABC 

 

2.7 

 

弧AB 

 

2.8 

≡ 

合同 

 

2.9 

∽ 

相似 

 

注(1) ISO 31/XIには,“幾何”の記号・用法の規定はない。 

 

(3) 関数 

番号 

記号・用法 

意味 

備考 

参考 

ISO 31/XIによる記号・用法 

3.1 

f (x) 

関数fのxにおける値 

 

f (x) , f (x, y, …) 

3.2 

logax 

aを底とするxの対数 

 

logax 

3.3 

logex, lnx 

自然対数 

紛らわしくないときは
logxを用いてもよい。 

lnx, logex 

3.4 

log10x 

常用対数 

紛らわしくないときは
logxを用いてもよい。 

lgx, log10x 

3.5 

Rez 

実部 

 

Rez 


Z 8201-1981  

番号 

記号・用法 

意味 

備考 

参考 

ISO 31/XIによる記号・用法 

3.6 

Imz 

虚部 

 

Imz 

3.7 

argz 

偏角 

 

argz 

3.8 

ex, expx 

指数関数 

 

ex, expx 

3.9 

sinx 

正弦 

 

sinx 

3.10 

cosx 

余弦 

 

cosx 

3.11 

tanx 

正接 

 

tanx 

3.12 

cotx 

x

tan

1

 

 

cotx 

3.13 

secx 

x

cos

1

 

 

secx 

3.14 

cosecx 

x

sin

1

 

 

cosecx 

3.15 

arcsinx 

逆正弦 

(1) 紛らわしくないと

きはsin-1xを用いて
もよい。 

(2) 他の逆三角関数も

同じようにする。 

arcsinx 

3.16 

Arcsinx 

逆正弦の主値 

(1) 紛らわしくないと

きはSin-1xを用いて
もよい。 

(2) 他の逆三角関数の

主値も同じように
する。 

Arcsinx 

3.17 

sinhx 

双曲正弦 

他の双曲線関数も同じ
ようにする。 

sinhx 

3.18 

arsinhx 

逆双曲正弦 

(1) 紛らわしくないと

きはsinh-1xを用いて
もよい。 

(2) 他の逆双曲線関数

も同じようにする。 

arsinhx 

 

(4) 微分及び積分 

番号 

記号・用法 

意味 

備考 

参考 

ISO 31/XIによる記号・用法 

4.1 

x→a 

xがaに近づく 

 

x→a 

4.2 

)

(

lim

x

f

a

x

 

極限 

右からの極限はx→a+,
左からの極限はx→a− 

limx→af (x) , 

)

(

lim

x

f

a

x

 

4.3 

df 

微分 

 

df 

4.4 

変分 

 

4.5 

△f 

差分 

 

△x 

4.6 

dx

dy

, y', f' (x) , Df 

導関数 

 

dz

df

, df/dx, f', Df, f' (x) 

4.7 

f (a) 

微分係数 

 

a

x

dx

df

, (df/dx) x=a, f' (a) , Df 

(a) 

4.8 

n

n

x

y

d

d

, y(n) , f(n) (x) , Dnf 

n階導関数 

n=2のときはf'', n=3の

ときはf'''を用いてもよ
い。 

n

n

x

f

d

d

, dnf/dxn, f (n), Dnf 

4.9 

f (n) (a) 

n階微分係数 

n=2のときはf'', n=3の

ときはf'''を用いてもよ
い。 

 


Z 8201-1981  

番号 

記号・用法 

意味 

備考 

参考 

ISO 31/XIによる記号・用法 

4.10 

x

y

, fx (x, y) , Dxf 

xに関する偏導関数 

 

x

f

, ∂f/∂x, ∂xf, Dxf 

4.11 

fx (a, b) 

xに関する偏微分係数 

 

 

4.12 

y

x

z2

, fyx, 

x, yに関するそれぞれ1階1

階の偏導関数 

zxyを用いてもよい。 

 

4.13 

dx

x

f

)

(

 

不定積分 

 

dx

x

f

)

(

 

4.14 

b

a

dx

x

f )

(

 

定積分 

 

b

a

dx

x

f )

(

b

a

dx

x

f )

(

 

4.15 

x

dy

dx

y

x

f

)

,

(

 

2重積分 

 

 

 

(5) 空間ベクトル及び演算子 

番号 

記号・用法 

意味 

備考 

参考 

ISO 31/XIによる記号・用法 

5.1 

i, j, k 

x, y, z軸についての単位ベク

トル 

 

ex, ey, ez,  

i, j, k,  

ei 

5.2 

ベクトルa 

a

爰鉵

いてもよい。 

a, a 爀

5.3 

|a| 

ベクトルaの大きさ 

 

a, |a| 

5.4 

a・b, (a, b) 

ベクトルa, bの内積 

(a, a) はa2を用いてもよ
い。 

a・b 

5.5 

a×b, [a, b] 

ベクトルa, bの外積 

 

a×b 

5.6 

▽ 

z

y

x

k

j

i

 

 

▽ 

5.7 

▽2 ,△ 

2

2

2

 

 

▽2,△ 

5.8 

▽ 樀

grad 樀傾き 

 

▽ 樀  grad 樀

5.9 

▽・a, diva 

発散 

 

▽・a, diva 

5.10 

▽×a, rota, curla 

回転 

 

▽×a, rota, curla 

 

3. 記数法 区切りを付けるときは間をあけて記数し,通常の場合コンマ (, ) は付けない。 

例: 87 654 321 

 

4. 循環小数 循環小数を示すときは,循環する箇所の初めと終わりの数字の上に点 (・) を付ける。 

例: 

5

3.0

2

8

3

12

.3

 

 

5. 印刷上の注意 印刷する場合の字体は,次のようにする。 

(1) 数値が一般的に定められている定数の記号は,原則として立体とする。 

例:

円周率) 

(2) 演算の記号は,原則として立体とする。 

例:log(対数) 

dx(xの微分) 

(3) 変数の記号は,斜体とする。 

例:x, y, z 


Z 8201-1981  

JIS Z 8201数学記号改正原案作成委員会 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

森 口 繁 一 

電気通信大学工学部 

 

 

伊 理 正 夫 

オペレーションズリサーチ学会(東京大学工学部) 

 

 

川 原 睦 人 

社団法人土木学会(中央大学理工学部) 

 

 

朽 津 耕 三 

社団法人日本化学会(東京大学理学部) 

 

 

駒 宮 安 男 

社団法人電気学会(工業技術院電子技術総合研究所) 

 

 

島 内 剛 一 

社団法人情報処理学会(立教大学理学部) 

 

 

関 口   修 

文部省初等中等教育局 

 

 

田 島 一 郎 

社団法人日本数学教育学会(洗足学園大学) 

 

 

田 村 忠 男 

工業技術院標準部 

 

 

土 屋 喜 一 

社団法人日本機械学会(早稲田大学理工学部) 

 

 

仲   威 雄 

社団法人日本建築学会(東京大学名誉教授) 

 

 

西 村 伸 二 

財団法人日本規格協会 

 

 

東   秀 彦 

社団法人日本規格協会 

 

 

一 松   信 

社団法人日本数学会(京都大学数理解析研究所) 

 

 

山 本   弘 

工業技術院計量研究所 

(事務局) 

 

赤 崎 文比古 

財団法人日本規格協会業務部標準課 

 


Z 8201-1981  

基本部会 量記号及び単位記号専門委員会 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(委員会長) 

 

森 口 繁 一 

電気通信大学工学部 

 

 

石 毛 龍之介 

工業技術院電子技術総合研究所 

 

 

猪 野 淳之助 

社団法人日本電機工業会 

 

 

射 場 祥 夫 

トヨタ自動車工業株式会社 

 

 

大 場 信 英 

工業技術院電子技術総合研究所 

 

 

加 藤 宗 雄 

株式会社荏原製作所 

 

 

川 崎 章 雄 

日本国有鉄道技術開発室 

 

 

日下部 和 也 

日本鋼管株式会社 

 

 

小 泉 袈裟勝 

社団法人日本計量機器工業連合会 

 

 

国 分 正 胤 

武蔵工業大学 

 

 

小 橋   豊 

財団法人小林理学研究所 

 

 

坂 田 種 男 

千葉大学工学部 

 

 

鹿 野   到 

気象庁観測部 

 

 

芝 山 安 久 

財団法人日本船舶標準協会 

 

 

関 口   修 

文部省初等中等教育局 

 

 

瀬 倉 久 男 

防衛庁装備局 

 

 

高 津 義 典 

通商産業省機械情報産業局 

 

 

竹 中 俊 夫 

東京工業大学工学部 

 

 

田 幸 敏 治 

東京工業大学精密工学研究所 

 

 

朝 永 良 夫 

社団法人日本計量協会 

 

 

中 原 勝 儼 

立教大学理学部 

 

 

西 村 伸 二 

財団法人日本規格協会 

 

 

濱 島 求 女 

宇都宮大学工学部 

 

 

林   俊 太 

工業技術院標準部 

 

 

原     宏 

東京大学工学部 

 

 

東   秀 彦 

財団法人日本規格協会 

 

 

堀   忠 良 

社団法人日本計量協会 

 

 

増 井 敏 郎 

静岡大学工学部 

 

 

松 浦 四 郎 

法政大学名誉教授 

 

 

山 本   弘 

工業技術院計量研究所 

 

 

由 良   治 

工業技術院電子技術総合研究所 

 

 

渡 辺 昭 俊 

渡辺技術士事務所 

(専門委員) 

 

栗 林 久 芳 

日本電信電話公社技術局 

 

 

新 鍋 秀 文 

プラスチック標準試験方法研究会 

(関係者) 

 

一 松   信 

京都大学数理解析研究所 

(事務局) 

 

藤 田 富 男 

工業技術院標準部材料規格課 

 

 

津 金 秀 幸 

工業技術院標準部材料規格課