>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 8125

:2004

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本印刷産業連合会(JFPI)から,

工業標準化原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,

経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

 
 


Z 8125

:2004

(2) 

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  表記法

1

a)

  番号の表記 

1

b)

  用語の表記

1

c)

  定義の表記 

2

4.

  分類

2

5.

  用語及び定義 

3

00.

  基本(一般) 

3

01.

  フォント情報管理

4

02.

  フォントメトリク

6

03.

  フォント形状表現

8

04.

  レンダリングに用いるフォント情報処理 

10

05.

  フォント生成系

11

06.

  フォントデザイン

12

07.

  組版要素 

14

08.

  製版,面付 

23

09.

  製本

30

10.

  記述言語,符号化方式 

39

11.

  文字種

41

12.

  文書構成要素 

43

13.

  原稿

45

14.

  校正

48

 


日本工業規格

JIS

 Z

8125

:2004

印刷用語  ―  デジタル印刷

Graphic arts -- Glossary -- Digital printing terms

1. 

適用範囲  この規格は,デジタル印刷技術に関連して用いる主な用語及びその定義について規定する。

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS P 0001

  紙・板紙及びパルプ用語

JIS X 4051

  日本語文書の行組版方法

JIS X 4153

  文書スタイル意味指定言語(DSSSL)

備考  ISO/IEC 10179 がこの規格に一致している。

JIS X 4154

  標準ページ記述言語 SPDL

備考  ISO/IEC 10180 がこの規格に一致している。

JIS X 4161

  フォント情報交換  第 1 部  体系

備考  ISO/IEC 9541-1 がこの規格に一致している。

JIS X 4162

  フォント情報交換  第 2 部  交換様式

備考  ISO/IEC 9541-2 がこの規格に一致している。

JIS X 4163

  フォント情報交換  第 3 部  グリフ形状表現

備考  ISO/IEC 9541-3 がこの規格に一致している。

JIS Z 8105

  色に関する用語

JIS Z 8123

  印刷用語  ―  基本用語

JIS Z 8124

  印刷用語  ―  取引関連

JIS Z 8305

  活字の基準寸法

ISO TR 9544:1988

  Information processing -- Computer-assisted publishing -- Vocabulary

3. 

表記法  この規格の番号の表記,用語の表記及び定義の表記は,次による。

a)

番号の表記

1)

番号は,

“.”で分離した 2 けた 10 進数の列によって示す。最も左の 2 けた 10 進数が,最上位分類

項目を示し,右に進むに従って下位の分類項目となる。最も右の 2 けた 10 進数は,同一分類内の一

連番号とする。

2)  2

けた 10 進数の上位の 0 は,空白にしない。


2

Z 8125

:2004

b)

用語の表記

1)

同一の意味を表す用語が二つ以上ある場合は,

“,

”で区切って併記する。それらの用語は,記載し

てある順位に従って優先使用する。

2)

漢字が常用漢字表にない場合には,そこを仮名で記述し,それに引き続く“

(  )

”内に該当する漢

字を示す。

備考  煩雑さを避けるために,“けい(罫)”は“罫”,“と(綴)じ”は“綴じ”,“は(貼)り……”

は“貼り……”

“……ば(貼)り”は“……貼り”と表記する。

3)

用語の一部が“

(  )

”で囲まれている場合は,その部分を省略してもよい。

4)

短縮形などを,用語に引き続く“

(  )

”内に示す。

c)

定義の表記  用語がいくつもの定義をもつ場合は,それらを個々に規定し,定義の前に“a)”,“b)”,

……を付けて併記する。

4. 

分類  この規格において,用語を次のとおりに分類する。

00.  基本(一般)

01.  フォント情報管理

02.  フォントメトリク

03.  フォント形状表現

04.  レンダリングに用いるフォント情報処理

05.  フォント生成系

06.  フォントデザイン

07.  組版要素

08.  製版,面付

09.  製本

10.  記述言語,符号化方式

11.  文字種

12.  文書構成要素

13.  原稿

14.  校正


3

Z 8125

:2004

5. 

用語及び定義  用語及び定義は,次による。

備考1.  用語の配列は,分類項目ごとに区分して,関連する概念の用語をまとめる。主となる概念が

あれば,それに対応する用語を先に,従となる概念に対応する用語を後にして,順次系統的

に並べる。

2.

対応英語,参考及び読みは,参考とする。

00. 

基本(一般)

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

00.01 

文字

可視化表現(形状,大きさ,意匠な

ど),筆順,音,意味,起源,機能

などを属性としてもつ情報表現要

素。

備考  この規格における文字は,そ

の属性として可視化表現だけを対

象とする。

character

文書情報処理においては,限定され

た属性だけが対象となることが多

く,その限定された属性に対して符

号化表現などの識別子を割り当て

る。

もじ

00.01.01 

字体

一つの漢字として認識される点画

の抽象的な構成の在り方で,視覚的

認識のために他の文字と明確に区

別できる特徴を備えている。

abstract letter 
shape

漢字符号の幾つかの規格では字体

を抽象的な概念と位置付け,その具

体的な形として実現されたものを

字形と定義している。JIS X 0208 

び JIS X 0213 では包摂規準を設け,

その規準の範囲内においては複数

の字体を区別せずに,それらに同一

の区点位置を与えている。“常用漢字

表”及び“表外漢字字体表”では,各々

においてデザインの違いであって

字体の違いではないと考えられる

字形差が例示されている。また,義

及び音が同じ漢字でありながら,標

準的な字体と異なる字体のものを

異体字という。

じたい

00.01.02 

グリフ

個々のデザインの違いを除去した

認 知可 能な抽 象的図 記号 (JIS X 

4161

参照)

glyph ISO/IEC の国際登録機関である日本

の 国 際 大 学 GLOCOM (Global

Communication Center)が,組織又は

個 人か らの要 求に応 じて ,JIS X 

4165

に従って割り当てる識別子の

識別対象。 

00.01.02.01 

合字,リガチャ  二つ以上のグリフの一部を融合し,

一体化して一つのグリフとしたも

の。

composite 
glyph,ligature

f,i  及び l を合わせて一体化した
fi,fl などがよく用いられる。

ごうじ

00.01.03 

字形

文字について,手書き,印字,画面

表示などによって実際に図形とし

て表現したもの。

letter form

字体の項を参照。

じけい

00.01.04 

書体

印字,画面表示などに使用するた

め,統一的な意図に基づいて作成さ

れた一組の文字又は記号の意匠。

typeface

しょたい

00.01.04.01 

フォント

ある書体によって作成された字形

の集合。

font

金属活字では,同一書体,同一の文

字サイズの一そろいを意味してい

る。


4

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

00.01.04.02 

システムフォ

ント

システムソフトウェアに組み込ま

れたフォント。

system font

00.01.05 

作字

複数の文字の部分を組み合わせる

などの方法により,新たな字形を作

ること。

さくじ

00.02 

地紋

印刷領域の地の一部又は全部に付

ける模様。

通常は,ある単位模様を繰り返し,

敷きつめることによって実現する。

じもん

00.03 

タイポグラフ

a

)文字印刷の方法。

b

)文字,又は文字及び画像を用い

た印刷物の意匠及び設計。

typography

狭義には,金属活字を用いる活版印

刷術を指すが,概念が拡大され,文

字印刷全般,更に,印刷物の意匠,

設計などを意味するようになって

いる。書体の意匠も関連する。 

00.03.01 

組版

原稿及びレイアウトの指定に従っ

て,文字・図版・写真などを配置す

る作業の総称。

composition  面付は組版に含まれない。

くみはん

00.03.01.01 

ページ物

形式のほぼ一定した組体裁に基づ

き,面付の処理を経て作成される,

ある程度のページ数のある印刷物。

ぺーじもの

00.03.01.02 

端物

単一ページ,又は少数ページからな

る印刷物の総称。

主に広告,伝票,名刺などの商業印

刷物に関して用いる。

はもの

00.04 

オンデマンド

印刷

出版物,カタログなどをデジタルデ

ータで保存しておき,必要なときに

必要な部数だけ必要な人に必要な

情報を印刷する方法(JIS Z 8124 

照)

on-demand 
printing, 
demand 
printing

お ん で ま ん

どいんさつ

00.05 

バリアブル印

可変データの印刷をすること。 variable

printing

ば り あ ぶ る

いんさつ

00.06 

CIP3

International Cooperation for 
Integration of Prepress , Press and 
Postpress の短縮形。製版,印刷及び

印刷後工程という印刷の全工程を

統合し,その各工程間で処理及び管

理のデータをやりとりすることを

目指した国際的な広がりをもった

業界活動及びそれが定めたデータ

形式。 

製版,印刷及び印刷後工程の間で処

理及び管理のデータをやりとりす

るためのフォーマットは,PPF(Print 
Production Format)である。

し っ ぷ す り

00.07 

CIP4

International Cooperation for 
Integration of Processes in Prepress,
Press and Postpress の短縮形。CIP3

に工程管理を加えたもの。

 CIP4 のためのデータフォーマット

として JDF(Job Definition Format)

がある。

し っ ぷ ふ ぉ

01. 

フォント情報管理

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

01.01 

欧文フォント  ラテン文字を表示するフォント。

お う ぶ ん ふ

ぉんと


5

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

01.02 

和文フォント  日本語を表示するフォント。 Japanese

font 日本語を表示するために必要な漢

字,仮名,約物などの他に,一般に,

漢字,仮名などに合わせて設計した

アラビア数字,ラテン文字などを含

む。

わ ぶ ん ふ ぉ

んと

01.02.01 

仮名フォント  平仮名及び/又は片仮名文字から構

成される和文フォント。

kana font

約物(やくもの)を含むこともある。

 か な ふ ぉ ん

01.03 

数字フォント  アラビア数字から構成されるフォ

ント。

numeric font

記号類を含むこともある。

す う じ ふ ぉ

んと

01.04 

中文フォント  中国語を表示するフォント。 Chinese

font

ち ゅ う ぶ ん

ふぉんと

01.05 

ハングルフォ

ント

朝鮮語(チョソノ)のハングルを表

示するフォント。

Hangul font

01.06 

記号フォント  約物及びその他の記号で構成され

るフォント。

sign font

き ご う ふ ぉ

んと

01.07 

外字フォント  外字で構成されるフォント。 gaiji

font

が い じ ふ ぉ

んと

01.08 

パイフォント  通常の欧文フォントに含まれてい

ない文字又は記号専用のフォント。

pi font

01.09 

ファミリー,フ

ォントファミ

リー

書体の設計において共通の起源を

もつ,又は一定の様式をもたせてウ

ェイト,字幅などに変化をつけたフ

ォントの集合。

family, 
font family

和文フォントについてもいう。ファ

ミリー内の変化を与えるパラメタ

は,和文フォントでは,主にウェイ

トによる。欧文フォントにおけるフ

ァミリー内の変化を与えるパラメ

タは多様で,立体又はイタリック,

ウェイト,平均的な字幅,ディセン

ダの長さ,アセンダの長さなどがあ

る。

01.09.01 

ウェイト

書体における字形の画線の太さの

指標。

weight

ウェイトの表記には一定の基準は

なく,同一表記であっても書体によ

ってその画線の太さが異なること

が多い。

01.09.02 

立体,ローマン 直立した形に設計した欧文フォン

ト。

りったい

01.09.03 

イタリック

右斜めに傾けて設計した欧文フォ

ント。

italic

01.10 

正体

直立の原形字形。

平体・長体・斜体に対していう。

せいたい

01.11 

変形

正体に対して縦又は横の一方向の

拡大・縮小,傾けなどを施すこと,

又は施したもの。

deforming

へんけい

01.11.01 

斜体

変形の一つで,文字の横枠・縦枠の

いずれか又は両者を斜めにしたも

の。

slant

しゃたい

01.11.02 

長体

変形の一つで,文字の横幅を縮小し

たもの。

narrow

ちょうたい

01.11.03 

平体

変形の一つで,文字の天地方向を縮

小したもの。

wide

へいたい

01.12 

(フォント情

報管理の)送り

フォントの設計の際に定められる

隣接して並ぶ文字の対応する基準

点間の変位。

escapement

おくり


6

Z 8125

:2004

02. 

フォントメトリク

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

02.01 

フォントメト

リク,フォント

配置量

フォントに含まれるグリフ表現に

共通する寸法情報を含む各種計量

情報の総称(JIS X 4161 及び JIS X 

4162

参照)

font metric

ふ ぉ ん と は

いちりょう

02.01.01 

グリフメトリ

ク,グリフ配置

一つの字形に固有の寸法情報を含

む各種計量情報の総称(JIS X 4161

及び JIS X 4162 参照)

glyph metric

ぐ り ふ は い

ちりょう

02.02 

字幅,セット  配列する方向の文字の外枠の大き

さ。一般に幅の絶対値を文字サイズ

で除した値で示す。単位には,エム,

倍,分などが用いられる。

character 
width, 
set

欧文フォントでは,グリフに外接す

るく(矩)形に両サイドベアリング

を加えた幅。

じはば

02.02.01 

a–z レングス

a から z までの全文字の字幅の合計。a–z length

え い ぜ っ と

れんぐす

02.02.02 

プロポーショ

ナル

一つのフォント中で文字の字幅が

一定でなく,文字ごとに独立した字

幅の値をもっていること。

proportional

欧文フォントは,通常プロポーショ

ナルに作られている。

02.02.03 

モノスペース  一つのフォントの文字の字幅がす

べて等しい値をもっていること。

mono-space

和文フォントの各文字は,通常,モ

ノスペースであり,正方形の仮想ボ

ディにデザインされる。

02.03 

サイドベアリ

ング

欧文のグリフに外接するく(矩)形

の左端から文字の外枠の左辺又は

右端から文字の外枠の右辺までの

長さ。

side bearing

左 側 の サ イ ド ベ ア リ ン グ を LSB

(Left Side Bearing)

,右側のサイド

ベ ア リ ン グ を RSB ( Right Side 
Bearing)と表記することがある。 

02.04 

ベースライン,

並び線

欧文フォントなどにおいて,フォン

ト中の多くのグリフがその上でそ

ろう,基本的な仮想の線(図 2.1 

照)

baseline

(ISO/IEC

9541-1 では,
alignment 
line)

欧文の主要な文字は,ベースライン

と呼ぶ仮想の線を基準としてデザ

インし,また,組版の際に文字を配

置する。

ならびせん

02.05 

x ハイト

欧文フォントのベースラインから

の小文字 x の高さ(図 2.1 参照)

ISO TR 9544 参照)

x-height

小文字の x は,文字の下端をベース

ライン上にそろえてデザインされ

ている。オーバシュートがないた

め,小文字の高さの基準として用い

る。

え っ く す は

いと

02.05.01 

ミーンライン  欧文の小文字の高さを示すベース

ラインに平行な仮想の線(図 2.1 

照)

mean line

エックスライン(x-line)と呼ばれる

ことが多い。

02.06 

キャップハイ

欧文フォントのベースラインから

の大文字の高さ(図 2.1 参照)

cap height

02.06.01 

キャップライ

欧文の大文字の高さを示す仮想の

線(図 2.1 参照)

cap line

02.07 

アセンダ

欧文小文字の b,d,f,h,k,l,t

などの文字の,x ハイトよりも上に

伸びている部分(ISO TR 9544 

照)

ascender

02.07.01 

アセンダライ

アセンダの最上部を示す,ベースラ

インに平行な仮想の線(図 2.1 

照)

ascender line


7

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

02.08 

ディセンダ

欧文小文字の g,j,p,q,y などの

文字の,ベースラインより下に伸び

ている部分(ISO TR 9544 参照)

descender

02.08.01 

ディセンダラ

イン

ディセンダの最下端を示す,ベース

ラインに平行な仮想の線(図 2.1 

照)

descender line

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

02.09 

オーバシュー

ト,オーバハン

欧文の大文字 O,A,V,小文字 o,
c,v などの,上部又は底部の円弧状

又は鋭角的な部分を,ベースライン

又はキャップライン若しくはミー

ンラインよりも少しはみ出して設

計すること(JIS X 4163 参照)

overshoot, 
overhang

これらの文字を他の文字と同じ高

さにそろえてデザインすると,視覚

的に小さく見える傾向がある。オー

バシュートはそれを補正する。

02.10 

文字サイズ

文字の大きさ。通常,文字の行送り

方向の外枠又は仮想ボディの長さ。

character size 文字の大きさを表す単位としては,

JIS Z 8305

で規定しているポイント

(1 ポイント=0.3514mm)

のほかに,

Q(1Q=0.25mm)が主に用いられて

いる。新聞用フォントは,1U(0.011

inch)を文字サイズの単位とする。 

もじさいず

02.10.01 

ポイント

文字サイズの単位。1ポイントは
0.3514mm に等しい(JIS Z 8305 

照)

point

ポイント制は,いくつかある(フル

ニエ式,ディドー式など)が,日本

では,アメリカ式ポイント制を常用

している。校正・編集作業では,“ポ”

と表記する。字間若しくは字送り,

又は行間若しくは行送りの大きさ

を指示する単位としても用いる。

システムによっては 1/72×25.4mm

を 1 ポイントとするものもある。

 

図 2.1  欧文の基準フォントメトリク


8

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

02.10.02 

Q

文字サイズの単位。1Q は 0.25mm に

等しい。

 1mm の 4 分の 1 の大きさで,quarter

の頭文字をとって Q で表す。字間若

しくは字送り,又は行間若しくは行

送りの大きさを指示する単位とし

ても用いる。この場合は H(1H=1Q

=0.25mm)の単位も用いる。

きゅう

02.10.03 

全角

a

)変形をかけない正方形の文字の

サイズ。

b

a)に等しい長さの相対単位。

エムに相当する。

ぜんかく

02.10.04 

エム

文字サイズと等しい長さの相対単

位(ISO TR 9544 参照)

em

欧文文字の M が高さと幅との比が

およそ 1 であることから,エムを全

角として扱ってきた。主として欧文

の場合に用いる。 

02.10.05 

二分,半角

全角の 2 分の 1 の長さ。

に ぶ ( に ぶ

ん),はんか

02.10.06 

エン

文 字 サ イ ズ の 半 分 の 幅 ( ISO TR 

9544

参照)

en

欧文文字の n の高さと幅との比がお

よそ 2 分の 1 であることから,エン

を二分として扱ってきた。主として

欧文の場合に用いる。 

02.10.07 

三分

全角の 3 分の 1 の長さ。

さんぶ(さん

ぶん)

02.10.08 

四分

全角の 4 分の 1 の長さ。

し ぶ ( し ぶ

ん)

02.11 

仮想ボディ

一つの文字が占有する仮想的なく

(矩)形領域。

imaginary 
body

金属活字には,ボディと呼ばれる角

柱部分があり,それの断面が文字の

占有するく(矩)形部分である。写

真植字及びデジタルフォントの文

字には物理的ボディがないため,仮

想的にそれに相当するものを考え,

字形デザイン又は文字を配置する

際の基準としている。 

か そ う ぼ で

02.12 

字面

字形の,実際に表示される領域。 face

字面の大きさは,仮想ボディの大き

さを基準とする。実際の漢字の標準

的な字面は,仮想ボディよりも一回

り小さく,仮名の字面は漢字よりも

さらに一回り小さいことが多い。 

じづら

03. 

フォント形状表現

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

03.01 

ビットマップ

フォント

字面を碁盤の目状に分割し,その格

子の各枡目の白黒を指定すること

によってグリフの形状を表現する

フォント。 

bitmap font


9

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

03.02 

グレースケー

ルフォント

白・黒の 2 値以外に中間調も用いて

文字形状を表現する方式のフォン

ト。

grayscale font 特に解像度の低い表示システムに

おいて,文字の表示に有効である。

03.03 

ストロークフ

ォント

グリフ形状を,その画線の骨格線の

ベクトルによって表現するフォン

ト。

stroke font

03.04 

アウトライン

フォント

文字の輪郭を数式で表示したフォ

ント(JIS Z 8124 参照)

outline font

03.04.01 

ベジェ曲線

アウトラインフォントの輪郭表現

に用いられる曲線の一つ。設計者が

イメージした曲線をコンピュータ

上に近似させるには“内挿法”及び
“近似法”があり,ベジェ曲線は近似

法に属する。図で表せば次のように

なる。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Q

0

,Q

3

を端点(又は開始点,終了点)

と呼び,Q

1

,Q

2

を制御点と呼ぶ。

Bézier curve  フランスの Bézier が提案したことに

より,この名がある。

ベジェ曲線は次のような特徴をも

っている。

−  回転などの操作が簡単。

−  曲線の表示が容易。

−  折線近似に比較してデータ量を

少なくできる。

このような特徴から,フォント形状

表現に汎用的に利用される。

ベジェ曲線の式にふくらみを制御

する係数を導入した近似曲線に“拡

張ベジェ曲線”がある。拡張ベジェ曲

線は,複数のベジェ曲線の表現が一

つの拡張ベジェ曲線で可能になる。

べ じ ぇ き ょ

くせん

03.04.02 

円すい(錐)曲

アウトラインフォントの輪郭表現

に用いられる曲線の一つ。円すい

(錐)の頂点を含まない平面で切断

して得られる切断面図形。

conic curve

切断の位置によって,円,だ(楕)

円,放物線,及び双曲線になる(次

図参照)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

え ん す い き

ょくせん


10

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

03.04.03 

スプライン曲

アウトラインフォントの輪郭表現

に用いられる曲線の一つ。内挿法の

代表的な近似曲線。点列を通過する

曲線として定義される。一般に点列

が多くなると式の次数が高くなり,

デザインの意図とかけ離れてしま

うこともあるため,範囲をいくつか

に分割して,そのそれぞれに多項式

を当てはめる。こうして得られる曲

線をスプライン曲線という。スプラ

イン曲線の例を次図に示す。 
 
 
 
 
 
 
 
 

spline curve

スプラインとは,本来は自在定規の

ことで,点列を与えたときにこの点

列を通るスムーズな曲線を自在定

規によってつくるように曲線を生

成することから命名されている。

す ぷ ら い ん

きょくせん

03.04.04 

B スプライン

曲線

アウトラインフォントの輪郭表現

に用いられる曲線の一つ。B スプラ

イン基底関数を用いて生成した曲

線。B スプライン曲線の例を次図に

示す。 
 
 
 
 
 
 

B-spline curve ベジェ曲線と同様に,多角形の頂点

を制御点として曲線を表現する。特

定区間だけで 0 でない値をとる正規

化された B スプライン基底関数を用

いるので,制御点の効果が局所化さ

れる利点がある。ベジェ曲線と比較

して,曲率まで連続で滑らかに接続

する曲線を表現しやすい。

び ー す ぷ ら

い ん き ょ く

せん

03.05 

グリフ座標系  グリフの形状及びグリフ配置量を

定義するのに用いる 2 次元デカルト

座標系(JIS X 4161 参照)

glyph 
coordinate 
system

ぐ り ふ ざ ひ

ょうけい

03.06 

ステム

グリフの形状を構成する主要な画

線(JIS X 4163 参照)

stem

主として欧文フォントについて用

いる。JIS X 4163 では漢字にも適用

している。

03.07 

ヒンティング  グリフの均整及び特徴を保存する

ための,グリフの幾何形状に付加す

る手続き指定情報又は宣言的な指

定情報(JIS X 4163 参照)

hinting

04. 

レンダリングに用いるフォント情報処理

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

04.01 

レンダリング  文字の形を表す情報を,表示用メモ

リにどのように描画すればよいか

準備すること。

rendering


11

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

04.02 

ラスタ化

レンダリングにより変換されたデ

ータを実際の表示用メモリに描画

すること。

rasterization

ラスタライズともいう。JIS X 4163

においては,ヒンティング及び塗り

つぶしを含む処理をいう。ラスタ化

を行うソフトウェア又は装置をラ

スタライザという。

らすたか

04.02.01 

スケーリング  フォントデータを表示するために,

指示された表示サイズになるよう

にする処理。

scaling

特にアウトラインフォントは,表示

サイズに依存しない方法で記述さ

れているので,この処理が必要とな

る。

04.02.02 

塗りつぶし

輪郭線の内側すべてを指定した色

にする処理。

filling

ぬりつぶし

04.02.03 

ジャギー

ラスタデータの構造に基づく表示

輪郭の凹凸。

jaggy

04.02.03.01 

スムージング  ジャギー又はそれ以外の不要な凹

凸を除去し軽減する処理。

smoothing

平滑化ともいう。特にビットマップ

フォントを拡大した際のジャギー

を滑らかにすることを,ドットの平

滑化という。

04.02.03.02 

アンチエイリ

アス

ジャギーを見かけ上滑らかにする

技法の一つ。ジャギーが発生してい

る輪郭部分の画素を中間色で補間

することにより,ジャギーを目立た

なくする処理。

anti-aliasing

スムージングの一技法。

04.02.04 

キャッシング  フォントデータの処理時間短縮の

ために,ラスタ化済みのデータを再

利用する処理。

caching

キャッシングの際に,ラスタ化済み

のデータを格納しておく場所をキ

ャッシュ又はフォントキャッシュ

という。

04.03 

グレースケー

単色の中間値を含めた階調表現の

ための多値データ。

grayscale

04.04 

黒み,組上り濃

表示されたフォントの相対的な太

さによる視覚的な濃度。

typographic 
color

欧文フォントの場合は,主要ステム

の相対的幅などに基づく。

くろみ,くみ

あ が り の う

05. 

フォント生成系

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

05.01 

(フォントデ

ザインの)グリ

ッド

字形を構成する輪郭線上のデータ

点を置くために定義する格子。 
 

grid

05.01.01 

グリッドサイ

字形を構成する輪郭線上のデータ

点の間の最小間隔。

grid size

05.02 

原字

書体設計者が作成した文字図形。 artwork

特にアナログであることを強調す

る場合は,アナログ原字という。

げんじ

05.03 

デジタイジン

アナログ原字から文字のデジタル

データを作ること。

digitizing

05.04 

フィッティン

アウトラインフォントの作成にお

いて,原字又はそのラスタ化された

データに忠実に直線又は曲線を当

てはめること。 

fitting


12

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

05.05 

(フォントの)

補間

複数の形状情報から,その中間的形

状を生成すること。

interpolation  例えば,ファミリーとしてのフォン

トの作成において,ライト及びボー

ルドからミディアムを生成するこ

と。

ほかん

06. 

フォントデザイン

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

06.01 

印刷書体

(分類名)

い ん さ つ し

ょたい

06.01.01 

和文書体

日本語を表示するための書体。

書体を構成する文字は,漢字,仮名,

欧文文字,約物,記号などを含む。

仮名又は欧文については,他の書体

と組み合わせて使用することも多

い。

主な書体サンプルを示す。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

わ ぶ ん し ょ

たい

06.01.02 

欧文書体

ラテン文字で綴られる言語を表示

するための書体。

roman 
typeface

主な書体サンプルを示す。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

お う ぶ ん し

ょたい

06.01.03 

本文書体

書籍,雑誌などの本文に使うことを

目的とした書体。

text typeface,
book typeface

和文では明朝体,欧文ではローマン

が多く,可読性を重要視した書体で

ある。8∼12 ポイントの大きさで使

うことが多い。

ほ ん ぶ ん し

ょたい


13

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

06.01.04 

見出し書体

見出しに使うことを目的とした書

体。

display 
typeface

可読性よりも訴求力を重要視した

書体である。見出し以外にちらし,

看板などにも使う。

み だ し し ょ

たい

06.01.05 

新聞書体

新聞の本文,見出しなどで使うこと

を目的とした書体。

newspaper 
typeface

日本では本文用新聞書体は偏平な

明朝体で,ふところを大きくとり可

読性を高めている。

し ん ぶ ん し

ょたい

06.02 

モジュール

欧文書体をデザインするときの基

準となる寸法の集合。

module

ベースライン,キャップライン,ミ

ーンライン,アセンダライン,ディ

センダラインなどとして示す。

06.03 

ストローク

一筆で書ける文字の部分。 stroke

06.04 

エレメント

字形を構成する要素。 element

06.04.01 

漢字のエレメ

ント

漢字の字形を構成する要素。

名称及び分類は一定していないが,

ここでは代表的なエレメント及び

その部分の名前を図 6.1 に示す。 

か ん じ の え

れめんと

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

06.04.02 

仮名のエレメ

ント

仮名の字形を構成する要素。

平仮名の形状は,筆使いによって多

様であるが,デザイン的統一をとる

ためのエレメントに分類できる。代

表的な平仮名のエレメント及びそ

の名称を図 6.2 に示す。

か な の え れ

めんと

図 6.1 代表的な漢字のエレメント


14

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

06.04.03 

欧文のエレメ

ント

欧文の字形を構成する要素。

代表的な欧文のエレメント及びそ

の名称を図 6.3 に示す。

お う ぶ ん の

えれめんと

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

07. 

組版要素

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

07.01 

組方向

横組又は縦組。

く み ほ う こ

図 6.2 代表的な平仮名のエレメン

図 6.3  代表的な欧文のエレメント


15

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

07.01.01 

横組

行においては文字を水平方向に左

から右へ,ページにおいて行を上か

ら下へ,段を左から右へ配列するこ

と。また,そのように文字が配置さ

れた状態。

horizontal 
composition

よこぐみ

07.01.02 

縦組

行においては文字を垂直方向に上

から下へ,ページにおいて行を右か

ら左へ,段を上から下へ配列するこ

と。また,そのように文字が配置さ

れた状態。

vertical 
composition

たてぐみ

07.02 

アキ

隣接する文字又は隣接する行の間

隔。

space

使用する文字に対する相対値(全角

アキ・二分アキなど)又は絶対値(ポ

イント単位・Q 単位など)でアキの

量を指定する。

07.03 

スペーシング  欧文のワードスペース及び/又は行

間をあけること。

spacing

字配りともいう。字間調整の意味に

使用することもある。

07.04 

字間

同一行の隣接する二つの文字の仮

想ボディの間隔。

letter space

じかん

07.04.01 

字間調整

字間を変化させること。 letter

spacing 欧文ではレタースペーシングとい

う。

じ か ん ち ょ

うせい

07.04.02 

字送り

同一行の隣接する文字同士の基準

点から基準点までの距離。

じおくり

07.04.03 

ベタ組

字間を空けずに仮想ボディを接し

て文字を配置すること。

solid, 
solid matter

字間ベタともいう。行間を空けずに

文字を配置する場合は,行間ベタと

いう。

べたぐみ

07.04.04 

アキ組

字間に一定のアキを入れて文字を

配置する方法。

アキ組にする例としては,俳句の字

間を四分アキ又は二分アキにする

場合,漢詩の字間を二分アキにする

場合などがある。

あきぐみ

07.04.04.01 

均等割り

字間を均等に空け,文字列の両端を

行頭及び行末にそろえること。

equal space

き ん と う わ

07.04.05 

字取り

使用文字サイズの倍数で指定した

長さの両端に文字列の先頭と最後

尾をそろえて文字を配置する方法。

倍取りともいう。例えば,名簿の組

版において名前を 6 字取りとし,6

文字に満たない場合は字間を割り,

7 文字以上は変形をかけ 6 文字分の

長さにそろえる。

じどり

07.04.06 

トラッキング  ベタ組の字送りより,字送りを全体

的に変更する機能。欧文では,個々

の文字がもつ固有の字送りより,全

体的に字送りを変更すること。

tracking

同一書体でも文字サイズを大きく

すると字間が開いて見える場合が

ある。これを補正するためにトラッ

キングを使って全体の字間を詰め

る。反対に文字サイズを小さくした

場合には,字間が詰まって見えるた

めに広げて組版することがある。

07.04.07 

カーニング

固有の字幅と異なる字幅(通常は,

固有の字幅より狭い。)を用いて文

字の送りをし,字間を調整するこ

と。

kerning “A”と“V”,“T”と“o”,“r”と“e”など

のように前後の文字の組合せごと

に増減量を設定して字間を調整す

ることをペアカーニングという。

07.04.08 

詰め組

ベタ組より字送りを詰めて文字を

配置する方法。

 

均等詰,字面詰,食込み詰などがあ

る。印刷媒体の宣伝・広告関係でよ

く使う。ツメともいう。

つめぐみ


16

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

07.04.08.01 

仮名詰

仮名と隣接する文字との字間をベ

タ組より詰めて文字を配置する方

法。

kana-tracking,
kana-kerning

代表的なものに,均等詰及び字面詰

がある。

かなつめ

07.04.08.02 

均等詰

ベタ組より字間を一定量詰めて文

字を配置する方法。

き ん と う つ

07.04.08.03 

食込み詰

文字のふところ,字面領域内まで詰

めて文字を配置する方法。

隣接する文字の詰める量をテーブ

ルでもつ方法,隣接する文字の輪郭

情報から詰め量を算出する方法な

どがある。

く い こ み つ

07.04.08.04 

字面詰

仮名や約物などの字面が重ならな

い程度まで詰めて文字を配置する

方法。

じづらつめ

07.04.09 

和欧間スペー

和欧混植における,隣接する和文部

分と欧文部分とのアキ。 

わ お う か ん

すぺーす

07.04.10 

ワードスペー

ス,

(欧文の)

語間

欧文における単語と単語とのアキ。 word space

標準的なワードスペースとしては,

使用文字の四分から三分とするこ

とが望ましいが,使用書体,行長な

どの条件で異なる。

ごかん

07.04.11 

分ち組

文を構成する語やその上位の構成

要素を単位として,それぞれの間に

アキを入れて文字を配置する方法。

わかちぐみ

07.05 

(分類名) line

ぎょう

07.05.01 

行幅

同一行の最も大きな文字サイズの

文字における仮想ボディの行送り

方向の長さ。

ぎょうはば

07.05.02 

行間

隣接する行の最も大きな文字サイ

ズの文字の仮想ボディ間の距離。

通常,行間は,行幅の 1/2 倍から 1

倍となる。

ぎょうかん

07.05.03 

行送り

隣接する行同士の基準点から基準

点までの距離。

line feed

ぎ ょ う お く

07.05.04 

行長

行そろえをして組まれた文字行の

長さ(JIS Z 8124 参照)

 

line length

ぎ ょ う ち ょ

07.05.04.01 

字詰

行長を文字サイズの倍数で指定す

る場合の文字数。

じづめ

07.05.05 

改行

行を改めること。 line

feed,

line break

かいぎょう

07.05.06 

行頭

一つの行の始まる位置。 line

head

ぎょうとう

07.05.06.01 

天付き

a

)行頭に位置した括弧類に二分の

字幅のものなどを使用して,隣接す

る行の行頭とそろえること。

b

)段落最初の行において行頭の字

下げを行わないで,隣接する行の行

頭とそろえること。

てんつき

07.05.06.02 

字下げ

行頭の位置を行末方向に移すこと。 indent

じさげ

07.05.07 

行末

一つの行の終わる位置。 line

end

ぎょうまつ

07.05.07.01 

字上げ

行末の位置を行頭方向に移すこと。 indent

じあげ

07.05.08 

行取り

見出しなどを配置する領域の行送

り方向の大きさを行単位で確保す

ること。

ぎょうどり


17

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

07.06 

字詰方向

1 行の中で,一つの文字から次の文

字へと続く方向。

じ づ め ほ う

こう

07.07 

行送り方向

一つの行が次の行へと続く方向。

ぎ ょ う お く

りほうこう

07.08 

そろえ

(分類名)

07.08.01 

上そろえ

a

)横組の場合に文字の上辺をそろ

えて配置する方法。

b

)縦組の場合の行頭そろえ。

うえそろえ

07.08.02 

下そろえ

a

)横組の場合に文字の下辺をそろ

えて配置する方法。

b

)縦組の場合の行末そろえ。

したそろえ

07.08.03 

左そろえ

a

)縦組の場合に文字の左辺をそろ

えて配置する方法。

b

)横組の場合の行頭そろえ。

b) flush left

ひ だ り そ ろ

07.08.04 

右そろえ

a

)縦組の場合に文字の右辺をそろ

えて配置する方法。

b

)横組の場合の行末そろえ。

b) flush right

みぎそろえ

07.08.05 

ベースライン

そろえ

欧文における,ベースラインをそろ

えて配置する方法。

07.08.06 

行頭行末そろ

各行の最初の文字を行頭にそろえ,

かつ各行の最後の文字を行末にそ

ろえて配置する方法。

justification

行そろえ又は頭末そろえともいう。

欧文ではジャスティフィケーショ

ンともいう。

ぎ ょ う と う

ぎ ょ う ま つ

そろえ

07.08.07 

行頭そろえ

文字列の最初の文字を行頭の位置

に合わせること。

ぎ ょ う と う

そろえ

07.08.08 

行末そろえ

文字列の最後の文字を行末の位置

に合わせること。

ぎ ょ う ま つ

そろえ

07.08.09 

中央そろえ

文字列の中央を,行頭と行末との中

央の位置に合わせること。

centering

ち ゅ う お う

そろえ

07.08.10 

ラグ組

ベタ組で行頭はそろえるが,行末は

そろえないで文字を配置する方法。

らぐぐみ

07.09 

禁則処理

行頭禁則,行末禁則,分離(分割)

禁止などの禁則を避けるために行

われる処理。

き ん そ く し

ょり

07.09.01 

行頭禁則

行頭に特定の文字を置くことを禁

止する規則。

line head wrap 行 頭 禁 則 と さ れ る 文 字 の

例  。

・?!’”)

】など。

ぎ ょ う と う

きんそく

07.09.02 

行末禁則

行末に特定の文字を置くことを禁

止する規則。

line end wrap 行 末 禁 則 と さ れ る 文 字 の 例

‘“(〔[{〈《「『【など。

ぎ ょ う ま つ

きんそく

07.09.03 

分離分割禁

止,分離禁止

a

)特定の文字の組の文字間にアキ

を入れることを禁止すること。

b

)特定の文字の組の文字間で改行

にすることを禁止すること。 

分離分割禁止とされる文字の例連

数字,――,……など。

ぶ ん り ぶ ん

かつきんし,

ぶ ん り き ん

07.09.04 

追込み処理

禁則処理の一つの方法であって,約

物の前後などを詰めて行頭行末そ

ろえをすること。

約物の前後だけではなく,ワードス

ペース,仮名などの字間を詰める方

法も行われる場合がある。詰め処理

ともいう。

お い こ み し

ょり

07.09.05 

追出し処理

禁則処理の一つの方法であって,字

間を広げて行頭行末そろえをする

こと。

延ばし処理ともいう。

お い だ し し

ょり


18

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

07.09.06 

ぶら下げ組

行頭に位置した和文の句読点を 1 文

字だけ前行の行末文字の次に指定

された行長を越えて配置する方法。

hanging 
punctuation

行頭禁則文字である句読点の例外

的処理方法。ぶら下がり,ぶら下げ

ともいう。

ぶ ら さ げ ぐ

07.09.07 

ハイフネーシ

ョン

欧文組版において,2 行に分かれた

単語の前半部の最後にハイフンを

挿入すること。

hyphenation

07.09.08 

ワードラップ  欧文の単語が 2 行に分割されないよ

うにする機能。 

word wrap

07.10 

イニシャル組  強調したり,飾るために,文章の最

初の文字に花文字,大きな文字など

を使用して処理する方法。

initial

い に し ゃ る

ぐみ

07.11 

ウィドウ

欧文組版において,2 単語程度であ

る段落の最終行が,新しいページ又

は段の第 1 行目にくること。

widow

欧文組版では,ウィドウを避ける。

新しい行がページ又は段の末尾か

ら始まることをオーファンという。

07.12 

添え字

文字のそばに付ける上付き文字又

は下付き文字。

superscript, 
subscript, 
superior, 
inferior

そえじ

07.12.01 

上付き文字

小さい字面の文字で,通常の大きさ

の文字の右肩又は左肩に付けて配

置する文字。

superior 
character 
(letter, figure),
superscript

う わ つ き も

07.12.02 

下付き文字

小さい字面の文字で,通常の大きさ

の文字の右下又は左下に付けて配

置する文字。

inferior 
character 
(letter, figure),
subscript

し た つ き も

07.13 

下線

横組において,文字又は文字列の下

に引いた線。

under line

かせん

07.14 

傍線

縦組において,文字又は文字列の右

又は左に引いた線。

ぼうせん

07.15 

取り消し線

文字又は文字列の取り消し,削除な

どを示すために,文字又は文字列の

中心付近の字詰め方向に引いた線。

と り け し せ

07.16 

圏点

文字のそばに付けて注意を促した

り,その部分を強調したりするしる

し。

ken dot

傍点ともいう。縦組では親文字の右

側,横組では親文字の上側に付ける

ことが多い。

けんてん

07.17 

親文字

ルビ,添え字又は圏点が付けられた

とき,その対象となる文字。

おやもじ

07.18 

ルビ

文字及び語のそばに付けてその読

み,意味などを示す小さな文字。

ruby

原則として縦組の場合は親文字の

右側,横組の場合は親文字の上側に

添える。ルビ文字の大きさで分類す

ると二分ルビ,三分ルビなどがあ

る。

07.18.01 

肩付きルビ

縦組において,ルビを親文字の右肩

に付けて配置する方法。

親文字の左側にルビを付けた場合

は,左肩となる。

か た つ き る

07.18.02 

中付きルビ

縦組の場合は親文字の天地中央に,

横組の場合は親文字の左右中央に

ルビを付けて配置する方法。

な か つ き る


19

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

07.18.03 

グループルビ  語全体にかかるように均等間隔に

ルビを付けて配置する方法。

親文字及びルビの一部を 2 行に分割

することは避ける。対語ルビ又は均

等ルビともいう。

07.18.04 

モノルビ

親文字の 1 字ごとに対応してルビを

付けて配置する方法。

対字ルビともいう。

07.18.05 

総ルビ

文中のすべての漢字にルビを付け

ること。

そうるび

07.18.06 

パラルビ

文中の一部の漢字だけにルビを付

けること。

07.19 

インライング

ラフィック

本文の一部として文字と文字との

間に挿入された画像。

inline graphic 本文の追加や削除にともなって,本

文と同じように移動する。

07.20 

縦中横

縦組の行中で,文字を縦向きのまま

横組にする(文字を縦向きのまま水

平方向に左から右へ配置する)こ

と。

た て ち ゅ う

よこ

07.21 

タブ

a

)文字をそろえる位置を設定する

機能。

b

)行中の指定された位置に,文字

列を合わせて配置すること。 

tab

07.22 

混植

a

)和文と欧文とを併用して組版す

ること(和欧混植)

b

)異なる大きさの文字を併用して

組版すること(異サイズ混植)

c

)異なる書体を使用して組版するこ

と(異書体混植)

こんしょく

07.23 

組体裁

書籍・雑誌などの基本的なページの

体裁。

page format

く み て い さ

07.23.01 

棒組

文字サイズ・書体・1 行の文字数・

行間だけを決めて,図版,表,柱,

ノンブルの配置などのページの体

裁についての処理は行わないで組

版をすること。

in slip

通常,初校又は再校後にページの体

裁に仕上げる。

ぼうぐみ

07.23.02 

大組

棒組,見出し,図版などを新聞 1 ペ

ージにまとめ上げること。

makeup

表示画面上で行われることが多い。 おおぐみ

07.23.03 

(レイアウ

ト・組版の)グ

リッド

文字,写真,図版などを整然と配置

するレイアウト又は組版を行うた

め,一定の設計に基づいてページ上

に配置された仮想の線で構成され

た格子。

grid

グリッドを画面に表示する場合は,

通常,この線は実際には印字しな

い。また,レイアウト用紙を用いて

レイアウトを行う場合は,グリッド

はこのレイアウト用紙に印刷され

る。

07.23.04 

グリーキング  a)カンプの組体裁見本作成,又は

欧文書体の見本組作成のときに使

用する,特に意味をもたせていない

文章。

b

)DTP では,画面の書き換え時間

を短縮するため,必要としない文字

又は画像部分をグレーに置き換え

ること。 

greeking

ギリシャ語が難解なところから,意

味をもたない言葉を綴ることをグ

リーキングというようになった。


20

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

07.24 

ページ

本などを構成する 1 枚の紙の片面。 page

07.24.01 

見開き

本などを開いたときの両方のペー

ジ。

spread, double 
spread, 
double-page 
spread, 
two-page 
spread, 
double truck

左ページに対する右ページ,又は右

ページに対する左ページを対向ペ

ージという。

みひらき

07.24.02 

ページネーシ

ョン

a

)ページごとに組版をまとめ上げ,

出力すること。

b

)ノンブルを付けること

c

)書籍の前付,本文及び後付の構成

順序。

pagination

a

)において,図,表なども含めて

完全な形で出力することをフルペ

ージネーションという。

b

)はノンブル付け又は丁付けとも

いう。

07.24.03 

本文組

本文ページの基本となる組版。

マスタページに設定された組方に

よって組版される。

ほ ん ぶ ん ぐ

み(ほんもん

ぐみ)

07.24.04 

版面

本の 1 ページ内の,周囲の余白を除

いた部分の印刷面。

type page

柱及びノンブルは版面に含めない。 はんめん(は

んづら)

07.24.05 

余白

本の 1 ページ内の印刷された版面を

除く天地左右,周辺の白い空白部

分。

margin

よはく

07.24.06 

マスタページ  使用する文字サイズ・行長・行数・

段数・段間などの版面情報,版面位

置,ノンブル・柱など複数ページの

レイアウトに共通の情報など本の

基本的なページの体裁を設定した

ページ。 

master page

07.24.07 

テンプレート  文書の基本的な構成要素,書式情報

などを設定したもので,新規文書を

作成する際にベースとして使用す

るひな型。

template

07.24.08 

ガイドライン  レイアウトの位置合せや,ページ内

に配置するものを移動しやすくす

るために画面に表示される線。

guide line

レイアウト画面に表示されたガイ

ドラインは,通常印刷されない。

07.24.09 

本の中身を構成している紙葉を数

える単位。表裏の 2 ページ 1 枚を 1

丁と数える。

leaf

和綴じにおける二つ折りの刷本も

いう。

ちょう

07.24.10 

ノンブル

印刷物の各ページの順序を示すた

めに付けてある番号。

page number

右開きの本では右ぺージの番号が

偶数,左ページの番号が奇数にな

り,左開きの本では右ページの番号

が奇数,左ページの番号が偶数にな

る。

07.24.10.01 

通しノンブル  a)書籍の前付・本文・後付を通し

て一連のノンブルを付けること。

b

)追い丁と同じ。

と お し の ん

ぶる

07.24.10.02 

別ノンブル

前付ページ又は後付けページと本

文ページとに別の順序付けを行う

ノンブルを付けること。

通常,別ノンブルにした場合は,ノ

ンブルの書体又は形式を変える。

べ つ の ん ぶ


21

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

07.24.10.03 

隠しノンブル  a)ページ数には数えるが,特定の

ページに対して意図的にノンブル

を印刷しないこと。

b

)のどの側に寄せるなどして,目

立たない位置に付けるノンブル。

blind folio

a

)の特定のページの例としては,

中扉,裁切りの写真が配置されるペ

ージ,何も印刷されない白ページな

どがある。

か く し の ん

ぶる

07.24.10.04 

逆ノンブル

巻末の方からページの番号を開始

するノンブル。

ぎ ゃ く の ん

ぶる

07.24.10.05 

追い丁

分冊して刊行されるそう(叢)書な

どで,それら全体を通して一連のノ

ンブルを付けること。また,定期刊

行物での各号ごとのノンブルとは

別に 1 年分を通したノンブルを併記

すること。

serial 
pagination

おいちょう

07.24.10.06 

仮ノンブル

既に組版が行われている部分の散

逸又はページの入り乱れを防ぐた

め,章・節単位などのある程度まと

まったページごとに仮に付けるノ

ンブル。 

原稿がすべてそろっていない場合,

そろっていても全ページの割付,組

版などができていない場合などに

用いる。

か り の ん ぶ

07.24.11 

各ページの版面外に記載された書

名・章名・節名など。

running head,
header

1 冊の中では同じ位置に入れる。

はしら

07.24.11.01 

片柱

柱を奇数ページだけに掲げること。

かたばしら

07.24.11.02 

両柱

柱を奇数・偶数両ページに掲げるこ

と。

通常,偶数ページには書名又は大見

出しを掲げ,奇数ページには偶数ペ

ージに掲げたものよりは下位の見

出しを掲げる。

り ょ う ば し

07.24.12 

改丁

奇数ページから新規に見出しなど

を始めること。

new recto

場合によっては,改丁前の最後のペ

ージが裏白となる。別丁起こしとも

いう。

かいちょう

07.24.13 

改ページ

奇数ページ・偶数ページに関わら

ず,ページの途中であっても次の文

章・見出しなどを次のページから新

しく始めること。

page break

かいぺーじ

07.24.14 

改段

段を改めること。

かいだん

07.24.15 

段組

連続する 1 系列の文章を 1 ページの

中で,字詰め方向において,二つ以

上の部分(段)に分割し,各部分の

間には空白(段間)を設けて文字を

配置する方法。

column 
composition

1 ページを 2 段に分けるものを 2 段

組,3 段に分けるものを 3 段組とい

う。図版・表・写真などの大きさは,

この段の単位で考えることが多い。

だんぐみ

07.24.15.01 

段組において,分割された 1 区分。 column

だん

07.24.15.02 

段数

1 ページ内に配置される段の数。

だんすう

07.24.15.03 

段間

段組の段と段との間の空き。

段間に入れる罫線を段罫という。

だんかん

07.24.15.04 

段抜き

段組のページにおいて,見出し,図

版などを複数段にまたがって配置

すること。

full measure

だんぬき

07.25 

同行見出し

見出しの次に改行を入れることな

く,文章を続けるもの。

吊り見出しともいう。

ど う ぎ ょ う

みだし

07.26 

別行見出し

本文とは別の行に配置した見出し。

べ つ ぎ ょ う

みだし


22

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

07.27 

注の組版

(分類名)

ち ゅ う の く

みはん

07.27.01 

後注

本文の編・章・節・段落などの区分

の終わり又は巻末にまとめて入れ

る注釈。

endnote

注 に 対 応 し た 本 文 中 の 語 句 に 記

号・番号などの合印(あいじるし)

を付けて参照させる。

こうちゅう

07.27.02 

脚注

ページの下部に,本文よりも小さな

文字で組まれた注釈(JIS Z 8124 

照)

 

footnote

注 に 対 応 し た 本 文 中 の 語 句 に 記

号・番号などの合印(あいじるし)

を付けて参照させる。

き ゃ く ち ゅ

07.27.03 

割注

本文中で,複数行に割書きした注

釈。割注には,割書きを囲む括弧類

を含む。

cutting note, 
inline note

わりちゅう

07.27.04 

頭注

版面の上部に組み入れた注釈。 headnote

とうちゅう

07.27.05 

傍注

版面の小口(前小口)寄りに配置す

る注釈。

side note, 
marginal note

縦組の場合は奇数ページの小口寄

り,横組の場合は左右両ページの小

口寄りに入れる。横組では,傍注と

ほぼ同じ役割をする注釈を,ページ

ののど寄りに入れている本もある。

ぼうちゅう

07.28 

振分け

1 行の中に,複数の行からなる文章

を配置する方法。

ふりわけ

07.29 

箇条書き

順序付き,又は順序を明示すること

なく項目を列挙すること。

itemization

か じ ょ う が

07.30 

表組

数字,文字などから成るデータ項目

を一覧しやすい形式に配列する(JIS 

Z 8124

参照)

 

table work

要素を区別するために罫線を使う

場合が多い。 

ひょうぐみ

07.30.01 

こま(小間)  表組の隣り合う 2 本の横罫と隣り合

う 2 本の縦罫に囲まれた領域。

cell

通常,こまの中に配置する文章と罫

線との間には余白をとる。また,隣

接する複数のこまを合成して一つ

のこまとして用いることもある。

07.31 

キャプション  写真,図版,表などにそえる標題や

簡潔な説明文。

caption

本文の文字より小さい文字にする

ことが多い。ネームともいう。

07.32 

罫線

(分類名) rule

けいせん

07.32.01 

表罫 0.1mm 程度の太さの実線。

おもてけい

07.32.02 

裏罫 0.4mm 程度の太さの実線。

うらけい

07.32.03 

中細罫

表罫と裏罫との中間で 0.25mm 程度

の太さの実線。

ち ゅ う ぼ そ

けい

07.32.04 

囲み罫

文字列などを囲んだ罫線。 border,

border line

かこみけい

07.33 

箱組

コラムなどを,本文とは別の四角な

領域内などに配置すること。

box

囲み罫で囲むことが多い。

はこぐみ

07.34 

固定ブロック  特定の場所に,図版,表組などを入

れるために指定された大きさで確

保した領域。

こ て い ぶ ろ

っく

07.35 

浮動ブロック  文章の移動に伴って自動的に移動

する図版,表組などを入れるために

確保した領域。

フローブロック,フローティングブ

ロックともいう。

ふ ど う ぶ ろ

っく

07.36 

流し込み

図版,表組,箱組などのブロックを

配置した後,それらのブロック以外

の領域に文字,画像などを配置する

こと。

flow

ながしこみ


23

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

07.36.01 

かべ

段組において,版面の中に入れた段

抜きの図版・表組などを壁にたと

え,その手前で文章の行の流れを折

り返すこと。

“飛越し”に対する用語。

07.36.02 

飛越し

段組において,版面の中に入れた段

抜きの図版・表組などの手前で文章

の行の流れを折り返えすことなく,

そのまま先へ文章の行の流れを続

けること。

“かべ”に対する用語。

とびこし

07.36.03 

泣き別れ

1 つにまとまっていなければならな

いブロック又は文章が別々のペー

ジ又は段に配置されること。

例えば,浮動ブロックに関連する文

章と浮動ブロックとが別々のペー

ジに配置される,大見出しの直後に

中見出しがくるなど見出しが連続

した場合に,大見出しと中見出しが

別々のページ又は段に配置される

こと。

なきわかれ

07.36.04 

回り込み

図版,表組などを配置するために確

保した領域の字詰め方向の余白に

本文を組み込むこと。

まわりこみ

07.36.05 

アンカー

本文とともに動くことができるよ

うに,浮動ブロックなどを本文の中

に貼り込むための関係付け。

anchor

08. 

製版,面付

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

08.01 

製版

印刷版を作成するための工程。文字

組版,集版,面付,校正及び刷版ま

で含める。

prepress

せいはん

08.02 

ポジ,陽画

被写体と同じ明暗をもつ画像。 positive  ポジティブともいう。

ようが

08.03 

ネガ,陰画

被写体と明暗及び色相が逆転した

画像。

negative

白黒画像では明暗が逆転するが,カ

ラー画像では色相が補色の関係に

なる。ネガティブともいう。

いんが

08.04 

反転

a

)ネガをポジに,又はポジをネガ

にすること。

b

)左右で画像を逆転すること。

reversing, 
mirroring

はんてん

08.05 

解像度

画像の細部をどの程度まで表現で

きるかを示す尺度。例えば,1 mm

当 た りの 表 現本 数で 表 す(JIS Z 

8124

参照)

resolution

かいぞうど

08.06 

線画

階調のない図柄。 line

drawing,

line art

製版においては,文字も線画の一種

として扱う。

せんが

08.07 

ビットマップ

画像

画像を碁盤の目状に分割し,その格

子の各升目に階調をもたせて表現

した画像。

bitmap image TIFF などの画像データは,ビットマ

ップ画像に分類される。

び っ と ま っ

ぷがぞう

08.08 

ベクトルデー

文字又は図形の始点と終点を決め

て,その間をベクトルで結んで表現

されたデータ。

vector data

一般的にデータ量はラスタデータ

よりも小さい。

08.09 

ラスタデータ  ベクトルデータを変換してできる

出力用のビットマップデータ。

raster data

一般的にデータ量はベクトルデー

タよりも大きい。


24

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

08.09.01 

リップ,RIP

文字及び画像データが記述された

データを受け取り,プリンタなどの

出力機,表示装置などに描画するた

めに出力機器の解像度に合った出

力用データにラスタ化する装置。
Raster Image Processor の短縮形。

RIP

08.09.02 

プリフライト  リップ処理するのに必要な文字,画

像などがデータとしてそろってい

るか,又は解像度,特色などの指定

が出力条件とあっているかを,リッ

プ処理前にチェックする工程。

preflighting

08.10 

スキャン

原稿濃度を電気信号に変換するた

め,表面を光の点又は線でなぞるこ

と。

scan

一般的には,スキャナを使用して入

力処理することをさす。

08.11 

トーン,調子  画像のもっている濃淡。 tone

08.11.01 

トーンカーブ  原稿濃度を横軸,複製物の網点面積

率又は再現濃度を縦軸にとったト

ーンの再現曲線のこと。

tone curve

08.11.02 

トーンリプロ

ダクション

原稿のもつ各トーンが,複製印刷物

に再現されている程度又は性質。

tone 
reproduction

調子再現ともいう。

08.11.03 

トーンコント

ロール

スキャンニング及びハーフトーニ

ングにおいて,原稿のハイライト,

中間調,シャドウなどのトーンを

個々に変化させることにより,トー

ンを調整すること。

tone control

08.11.04 

トーンジャン

プ,デンシティ

ジャンプ

画像の連続階調をハーフトーン画

像に変換したときに,又はグラデー

ションにおいて連続性に不自然な

変化があること。

tone jump

08.11.05 

ガンマ補正

画像の階調の応答特性を表すガン

マ値(γ)を利用し,入力値をガンマ

値(又は1/ガンマ)乗したものを

出力値とするような変換を用いて,

入出力装置の特性に応じた最適の

トーンカーブが得られるように補

正すること。

gamma 
correction

が ん ま ほ せ

08.11.06 

硬調

a

)写真のコントラストが強く,濃

淡の差が大きい状態。

b

)コントラストが強い写真。

high contrast

こうちょう

08.11.07 

軟調

a

)写真のコントラストが弱く,濃

淡の差が少ない状態。

b

)コントラストが弱い写真。

low contrast

なんちょう

08.11.08 

シャドウ

画像のトーンのある部分で,暗い部

分をいう。

shadow

08.11.09 

ハイライト

画像のトーンのある部分で,明るい

部分をいう。

highlight

08.11.10 

中間調

画像のトーンがある部分で,ハイラ

イトとシャドウの中間部をいう。 

midtone

ち ゅ う か ん

ちょう

08.11 

階調

画像の濃淡の変化。 gradation

かいちょう


25

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

08.12.01 

グラデーショ

a

)階調のこと。

b

)図形の中で,特定の方向に向か

って色が連続的に変化する画像。

a) gradation

b) vignette

b

)はビネットともいう。

08.12.02 

連続階調

写真,絵画などのように,網点を用

いないで表現した階調(JIS Z 8124

参照)

continuous 
tone

れ ん ぞ く か

いちょう

08.12.03 

ハーフトーン  網点などによる擬似階調表現。 halftone  この表現をすることをハーフトー

ニングという。

08.12.04 

網点

階調のある文字,図版,写真などを

表現する場合において,主に規則的

に配列された点群(形状は円,四角,

だ円などがある)の面積変化に置き

換えて擬似階調表現をするときの

小さな点。 

halftone dot, 
dot

一定の大きさの点を利用して,その

集積度により擬似階調表現する方

法もある。最近は,サイズ変化と集

積度変化を併せもった階調表現も

登場してきた。

あみてん

08.12.04.01 

網点面積率

ハーフトーンにおいて,網点面積が

単位面積に占める割合。

tone values

網点ですべて覆っている部分の網

点面積率は 100%(ベタともいう)

白紙の部分は 0%,網点部分と白紙

部分の面積が同じ時は 50%となる。

あ み て ん め

んせきりつ

08.12.04.02 

網線数,スクリ

ーン線数

ハーフトーニングの細かさを表す

単位で,

1cm 又は 2.54cm 当たりに配

列されている網点の列の数。

screen ruling

スクリーン線数という用語は,従来

の網かけがガラス又はフィルムの

スクリーンを用いていたことによ

る。

あ み せ ん す

う,すくりー

んせんすう

08.12.04.03 

網角度,スクリ

ーン角度

垂直線に対する網点の並びの角度。 screen angle

カラー印刷では,各色の網点の重な

りを防ぎ,モアレの発生を防ぐため

に各色版の網角度を変える。変える

網角度としては,一般に各色版を
30゜ずつ異なるようにする。ただ

し,プロセスインキを用いたカラー

印刷では,0゜,15゜,45゜,75゜

の 4 角度を振り分けて使用する。 

あみかくど,

す く り ー ん

かくど

08.13 

有彩色成分と無彩色成分との組合

せからなる視知覚の属性。この属性

は,黄,オレンジ,赤,ピンク,緑,

青,紫などの有彩色名,若しくは白,

灰,黒などの無彩色名を,明るい,

暗いなどで修飾したもの,又はこれ

らの色名の組合せで記述される。三

刺激値のように,算出手法が規定さ

れた 3 個の数値による色刺激の表

示。JIS Z 8105 参照。 

color

いろ

08.13.01 

色濃度

写真,印刷物などの色の濃淡を数量

的に表したもの。

color density

いろのうど

08.13.02 

カラーマネー

ジメントシス

テム

入出力機器ごとの色空間の変換用

テーブルを用意し,これに従って色

空間を変換することで,入出力機器

間での色の整合性を図ること。

color 
management 
system


26

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

08.13.03 

カラープロフ

ァイルフォー

マット

入力機器又は出力機器が備える色

変換プロセスの特性を表現するた

めのデータ記述様式。

備考  出力機器については,紙など

の出力媒体も含む。

color profile 
format

08.13.04 

色分解

多色印刷などで,元の色画像又は被

写体から二つ以上の原色の明暗を

表す画像を作ること。

color 
separation

印刷用途では一般的に YMCK の 4

色に色分解されるが,最近のデジタ

ルカメラやスキャナでは加法混色

の原色であるブルー(B),グリー

ン(G)

,レッド(R)で色分解され,

用途により YMCK 変換して使用す

る。

い ろ ぶ ん か

08.13.04.01 

UCR

Under Color Removal の短縮形。画像

のシャドウ部で,イエロー,マゼン

タ及びシアンの 3 色インキが刷り重

なるグレー成分の一部を,ブラック

インキに代用させる手法のこと。

UCR

一般的に印刷適正の向上や,グレー

バランスをとるために使われる。

ゆ ー し ー あ

ーる

08.13.04.02 

GCR

Gray Component Replacement の短縮

形。ハイライトからシャドウまでの

グレー成分を,すべてブラックイン

キに置きかえることで表現する手

法。

GCR

じ ー し ー あ

ーる

08.13.05 

グレーバラン

イエロー,マゼンタ,シアンを刷り

重ねたときに,無彩色が得られる 3

色インキのつり合い(JIS Z 8124 

照)

gray balance

08.13.06 

カラーマッチ

ング

基準画像と処理画像を比較したと

き,両画像の階調又は色再現が,測

色値又は見え方で同じになるよう

にする処理。

color 
matching

色合せともいう。

08.13.07 

色修正

画像を希望の色再現になるように

修正すること。

color 
correction

色補正ともいう。

い ろ し ゅ う

せい

08.13.08 

モアレ

点又は線が幾何的に規則正しく分

布されたものを重ね合わせるとき

生じる干渉模様(JIS Z 8123 参照)

moiré

カラー印刷などで刷り重ねること

により網点が干渉して起こること

が多い。細かい規則模様のある濃淡

画像を網点化したときに起こるこ

ともある。

08.13.08.01 

ロゼットパタ

ーン

多色印刷で網角度の違う網点が刷

り重なった時に発生する最小モア

レパターン。

rosette pattern

08.13.09 

プロセスイン

カラー印刷に用いるシアン(C)

,マ

ゼンタ(M)

,イエロー(Y)及びブ

ラック(K)のインキの一組(JIS Z 

8123

参照)

process ink

08.13.10 

特色

プロセスインキ以外のインキ。 spot

color,

special color

とくしょく

08.13.11 

ダブルトーン  1 枚の写真原稿から違った階調の版

を取りだし,網角度を変えて 2 色又

は濃淡の異なるインキで刷り重ね

る技法。

duotone, 
duograph, 
duplex 
halftone


27

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

08.13.12 

色(インキ)見

印刷時の刷り色指定用の色の見本

を,指定のインキで刷ったもの。

color swatch  アート紙などに製品としてのイン

キを塗布し,色番号をつけてバイン

ダ式に綴じたものが多い。その一部

をちぎって使用する。プロセスイン

キの掛合せによる色見本は,カラー

チャートといって区別する。

いろみほん

08.13.13 

分版出力

印刷用に色分解されたデータを,各

色ごとに出力すること。

separation 
output

編集用のソフトウェアで分版する

場合と,リップで分版する場合があ

る。

ぶ ん ぱ ん し

ゅつりょく

08.14 

レタッチ

印刷複製物の色・階調・キズなどを

修正する目的で行う製版工程中の

作業(JIS Z 8123 参照)

retouching

画像を修正するソフトウェアをレ

タッチソフトという。

08.14.01 

シャープネス

効果

画像のトーンを変えないで,輪郭部

の濃淡を増減することで輪郭を強

調し,見かけ上シャープに見えるよ

うにする効果。

sharpness 
effect

し ゃ ー ぷ ね

すこうか

08.14.02 

平網

網点などを利用した視覚的に均一

な濃度に見えるパターン。

halftone tint

ひらあみ

08.14.03 

網伏せ

線画領域を平網,グラデーションな

どで埋めること。

tint laying

あみふせ

08.15 

集版

文字・図形・画像などの版面構成要

素を指定に従って位置決めし,ペー

ジ又は単位面積にとりまとめるこ

と(JIS Z 8123 参照)

page make up,
assembly

しゅうはん

08.15.01 

アタリ罫,アタ

a

)レイアウト指定,版下などで,

本文,見出し,図版,写真などの位

置及び大きさを指定するための線。

b

)当該罫線が指示用であり,印刷

されない罫であることを示す指定

用語。

guide line, 
key line

a

)は,通常,線幅は 0.1mm 程度に

する。また,アタリ罫を印刷する場

合はケイイキ,イキケイなどと指定

する。

あたりけい

08.15.02 

毛抜き合せ

隣り合う画像,文字,網伏せした図

形などを,すき間なしに配置するこ

と。

butting

け ぬ き あ わ

08.15.02.01 

トラッピング  印刷条件などによる見当ずれに起

因して,写真,平網,図版,文字な

どの隣接する部分に白色部又は違

う色が出るのを防ぐ目的で,隣接部

分にわずかに重複部分を作ること。

trapping

隣接部分の重複は,濃い色をそのま

まに淡い色を食い込ます場合をス

プレッドという。逆に弱い色を控え

る場合をチョークという。なお,印

刷では一般的に,先刷りされたイン

キが後刷りのインキを受付ける状

態をさす。

08.15.03 

ノセ

文字又は罫線を他の色版に刷り重

ねる処理。

overprint

カラー印刷の場合,一般的に墨文字

はノセ処理される。色文字などは反

対に下地を抜くヌキ処理がされる。

08.15.04 

白抜き

墨又は他の色で印刷された画像領

域の中に,文字又は図柄を白又は紙

の生地色にする処理。

transposition,
reverse

しろぬき

08.15.05 

見当

表裏,多色印刷の各色,折り,断裁

などを合わせる位置。

register

けんとう


28

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

08.15.05.01 

見当合せ

見当を合わせること。 registering

け ん と う あ

わせ

08.15.05.02 

見当ずれ

適正位置に印刷又は加工されない

こと。

out of register,
misregister

け ん と う ず

08.16 

a

)一度に印刷機で印刷できるペー

ジ数の単位,又は印刷物の総量を表

現する単位。

b

)折丁を数える単位。

c

)製版において,折丁の片面のペー

ジを数える単位。

form

一度に印刷機で刷れるページ数は

印刷機や用紙幅,面付などの条件に

より 16 ページ,32 ページなどいろ

いろある。印刷では一度に折丁 2 台

分を印刷する場合もあり,この場合

は印刷と製本では台の数え方が異

なる。製版では折丁の片面単位で作

業することが多く,8 ページ台紙 1

台というように使用される。

だい

08.16.01 

台割

1 度に印刷するページ数を 1 単位(1

台)とし,総ページを折丁の単位で

分割し整理すること。

table of form

台割の 1 単位は印刷機の種類又は判

型によって異なるが,4 の倍数(8,
16,32 ページなど)を 1 単位とする。 

だいわり

08.17 

面付

印刷用の版を作成するため,ページ

を付け合せすること。

imposition, 
image 
assembly

従来の印刷ではフィルム原版上又

は刷版上でページの付け合せを行

っていたが,デジタル印刷ではデー

タ上で行う。この際,背標,背丁,

品質管理用の各種ゲージなども配

置される。 

めんつけ

08.17.01 

多面付け

ひとつの印刷用の版に複数の同じ

図柄又はページを付けること。

step and 
repeat 
imposition

1 度に 4 枚分印刷する場合は 4 面付

け,8 枚分では 8 面付けにする。

ためんつけ

08.17.02 

版面の刷り位

印刷物の仕上り寸法と版面との位

置関係。

は ん め ん の

すりいち

08.17.03 

天合せ,頭合せ ページの天側(上部)を向い合せに

する面付の方法。

head-to-head

横組の本に用いる。この逆はけ(罫)

下合せ。

てんあわせ,

あ た ま あ わ

08.17.04 

け(罫)下合せ ページのけ(罫)下側(下部)を向

い合せにする面付の方法。 

tumble head

縦組の本に用いる。地合せともい

う。

け し た あ わ

08.17.05 

本掛け

表版と裏版を別々に組み付けて印

刷し,折った場合に正しいページ順

となる面付の方法。 

heetwise, 
sheet work, 
sheetwise 
imposition

ほんがけ

08.17.06 

打ち返し,略掛

表版と裏版を同時に用紙の表面に

半数印刷し,裏返して印刷し,半分

に断裁することで総数が得られる

ように面付する方法。

half sheet 
work

どんでん(ドンデン)

,どんでん(ド

ンデン)返しともいう。

うちかえし,

りゃくがけ

08.17.07 

表版

用紙の表面に刷る版。 outer

form

16 ページの折丁では 1, 4, 5, 8, 9, 12, 
13, 16 ページが表版にくる。

おもてはん

08.17.08 

裏版

用紙の裏面に刷る版。 inner

form

16 ページの折丁では 2, 3, 6, 7, 10, 
11, 14, 15 ページが裏版にくる。

うらはん

08.17.09 

掛合せ

2 種類以上の異なった折丁の版を同

一の印刷面に付けること。

付け合せともいう。印刷では,2 色

以上の色を刷り重ねて別の色を表

現することをいう。

かけあわせ


29

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

08.18 

トンボ

多色印刷の見当合せ,表裏の見当合

せ,ページ位置,折り,断裁,後加

工などの位置きめの指標として,原

稿や印刷版に付ける目印。

register mark その形からは,垂直に交わる十字状

の 2 本線からなる十字トンボ,直角

に曲がった線を組み合わせたコー

ナートンボなどがある。十字トンボ

の形がトンボに似ているので,この

名がある。

08.18.01 

センタートン

仕上り寸法の中心を示すトンボ。 center

register

mark

08.18.02 

折りトンボ

印刷された紙の折り位置を示すト

ンボ。

おりとんぼ

08.18.03 

見当合せトン

多色印刷又は両面刷り時に各版の

間の見当を合わせるために使用す

るトンボ。

オフセット輪転印刷機で自動見当

合せ装置を装着している場合に使

用されるトンボは,従来の見当合せ

トンボと形状が異なるものもある。 

け ん と う あ

わせとんぼ

08.18.04 

断裁トンボ

断裁の位置を示すトンボ。 

trim mark, 
cut mark

だ ん さ い と

んぼ

08.18.05 

引出しトンボ  刷本のくわえじり又は針じり(針の

反対側の端)一杯に印刷したトン

ボ。

積み重ねた刷本の垂直面に現れた

線により,くわえじり又は針じりが

ぶれていないかが検査できる。

ひ き だ し と

んぼ

08.19 

裁切り

写真,平網などを断裁位置いっぱい

まで印刷すること。

bleed

裁落としともいう。断裁のずれで縁

に白線を出さないために,仕上り寸

法より 3mm 程度大きく製版する必

要がある。広告ページではブリード

という。 

たちきり

08.20 

刷版

実際に印刷機で使用するために作

成した版。

plate,forme

さっぱん

08.20.01 

CTP

Computer To Plate の短縮形。文字,

図版,写真などのデジタル情報を,

直接刷版に焼き付けること。

CTP

し ー て ぃ ー

ぴー

08.21 

色校正,色校  カラーの校正刷に対して,主に色表

現を点検し校正すること。又はその

ために作成する校正刷。

color proof, 
color proofing

い ろ こ う せ

い,いろこう

08.21.01 

簡易校正

校正機や印刷本機を使用せずに校

正刷を作成することの総称。

色分解されたフィルム版を使用し

て作成する方式と,デジタル情報か

ら直接作成する方法がある。 

か ん い こ う

せい

08.21.02 

デジタルプル

ーフ

デジタル情報から直接校正刷を作

成するものの総称。

digital proof

代表的なものに電子写真方式,イン

クジェット方式,銀塩写真方式など

がある。

08.22 

カラーパッチ  印刷管理用に余白に添えておくイ

エロー,マゼンタ,シアン,ブラッ

クなどの色票。

color patch

08.22.01 

色玉

印 刷 の 濃 度 管 理 用 の 網 点 面 積 率
100%のカラーパッチ。

いろだま


30

Z 8125

:2004

09. 

製本

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

09.01 

製本

印刷された枚葉紙又はこれを折っ

た折丁を順序に従って取りまとめ

て綴じ合わせ,一冊に仕上げること

JIS Z 8123 参照)

 

bookbinding

せいほん

09.01.01 

上製本

綴じた中身を本の形に作ってから,

厚い表紙でくるんで,のりづけした

本(JIS Z 8123 参照)

 

casebound 
book, 
hardbound 
book

本製本又は上製ともいう。

じ ょ う せ い

ほん

09.01.02 

並製本

綴じた中身に簡単な紙表紙を付け

た本(JIS Z 8123 参照)

 

paper-bound 
book, 
paper-covered 
book

仮製本又は並製ともいう。糸綴じし

た中身を仕上げ裁ちしないまま紙

表紙を付けたものを仮製本ともい

う。

な み せ い ほ

09.01.03 

右開き

右側に開いていく本の作り方で,見

開きの右ページのページ数が左ペ

ージのページ数より少ない数とな

る。

右綴じとなる。通常は,縦組の本。 みぎびらき

09.01.04 

左開き

左側に開いていく本の作り方で,見

開きの左ページのページ数が右ペ

ージのページ数より少ない数とな

る。

左綴じとなる。通常は,横組の本。 ひ だ り び ら

09.01.05 

二丁製本

2 冊分を縦に並べ,同時に製本した

後で断裁して 2 冊に分ける製本。

two-up 
binding

に ち ょ う せ

いほん

09.02 

刷本

印刷が完了し,製本工程又は仕上げ

断裁に入る前の印刷物。

printing sheet 刷紙(すりがみ)ともいう。

すりほん

09.02.01 

くわえ

枚葉紙を印刷機のくわえ爪でくわ

え込む方の一端,それに相当する版

又はブランケットの一端,並びにく

わえるために必要とする用紙部分

及びその寸法。

gripper end, 
front margin,
gripper 
margin, 
gripper edge,
gripper bite 

刷本のくわえる紙端の側をくわえ

側ともいう。

09.02.01.01 

くわえじり

(尻)

くわえの反対側の端。

09.02.01.02 

くわえしろ

枚葉紙をくわえ爪でくわえ込むた

めに必要とする用紙部分又はその

寸法。

front margin,
gripper 
margin, 
gripper edge,
gripper bite

09.02.02 

a

)枚葉印刷機の給紙部分で用紙の

横方向の位置を規制する金具。

b

)加工のための基準として,刷本

のくわえ側及び針側の端面。 

side gauge, 
side guide, 
side lay, 
side mark

断裁した場合は,その断裁面も基準

になるという意味で,その面も針と

いう。

はり

09.02.03 

一部抜き

製本作業の前に一冊の本を構成す

る本文,付き物,表紙などすべてを

一単位ずつそろえること,又はそろ

えたもの。

folder set 
dummy

一般に,一部抜きは,発注元による

点検が行われる。

いちぶぬき

09.02.04 

突きそろえ

枚葉紙又は刷本の長辺と短辺の 2 辺

を基準にそろえること。

jogging

突きそろえは,印刷したときのくわ

え側と針側を基準とする。

つきそろえ


31

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

09.02.05 

裁割り

刷本を次工程で必要とする寸法に

断裁し分割すること。

cutting paper 
in size

16 ページ単位で折る場合で,A 列本

判及び B 列本判(JIS P 0202 参照)

で A5 又は B5(JIS P 0138 参照)の

本にするときは刷本を半裁,A6 又

は B6(JIS P 0138 参照)の本にする

ときは刷本を 4 裁にする。

たちわり

09.02.06 

予備紙

製本作業時の予備のための刷本。 spare

paper

stock

付加する刷本の数を率で表示する

場合は,予備率という。

よびし

09.02.07 

ヤレ

規定の品質になっていない刷本,製

品,部材又は作業中に発生するそれ

らのもの。

waste, 
spoilage

作業中に発生する不良品の用紙,廃

棄される用紙などは,損紙ともい

う。

09.03 

折り

製本の際,正しいページ順で印刷物

を折り畳む作業(JIS Z 8123 参照)

folding

おり

09.03.01 

回し折り

2 回目の折りを最初の折り目に対し

て直角にし,順次右回りに折り目を

前の折り目に対して直角に折り進

む折り方。 

right-angle 
fold, 
cross fold

まわしおり

09.03.02 

巻折り

前の折りに対して次の折りを平行

に折る折り方。最後は直角折りにな

る。

parallel fold

平行折りともいう。

まきおり

09.03.03 

観音折り

左右 4 ページ分の紙を両側から半分

ずつ内側に折り畳む折り方。

gatefold

仏壇の扉に似ていることからこの

名がある。開くと 4 ページ分の幅と

なる。主に雑誌の目次,大判の口絵

などに用いる。なお,片側だけから

半分に折り畳む折り方を片観音折

りという。

か ん の ん お

09.03.04 

経本折り

アコーディオンの蛇腹のように,平

行,かつ,交互に繰り返して折る方

法(JIS Z 8124 参照)

 

accordion 
fold, 
zigzag fold, 
fanfold

経典などに見られる。ジグザグ折

り,アコーディオンフォールドとも

いう。

き ょ う ぼ ん

おり

09.04 

折丁

製本のために折り畳まれた印刷物。

本を構成する一単位(JIS Z 8123 

照)

 

signature, 
section

折本ともいう。

おりちょう

09.04.01 

天袋

横組の本において,折丁の天が袋に

なっている部分。

closed foot 
(head)

てんぶくろ

09.04.02 

地袋

縦組の本において,折丁の地が袋に

なっている部分。

closed foot 
(bottom)

ちぶくろ

09.04.03 

ラップ

中綴じ,逆中綴じにおいて,丁合い

の際に折丁をつまむためにあらか

じめ長くしてある部分。

lap, lip

見返しでも,重ねた場合に 1 冊ごと

の区別がつくように,あらかじめ天

地を長くする場合がある。

09.04.04 

折込み

判型より大きい別の印刷物を折り

畳んで,製本された本の中に挿入す

ること,又はそのもの。

folded leaf

おりこみ

09.05 

入紙

折丁の間に,別丁を貼り込む又は差

し込む作業。

insert, inset

糸綴じ,あじろ(網代)綴じ,中綴

じ又は逆中綴じの場合は,貼り込む

必要がある。

にゅうし

09.06 

貼込み

別丁を所定の折丁に貼り付けるこ

と。

tipping

扉,口絵などのペラ又は 4 ページの

折丁を折丁の前後に挿入する際に

行われる。

はりこみ


32

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

09.07 

ペラ

a

)本の台割において,2 ページとな

るもの。

b

)折られていない1枚の紙。

leaf

a

)はペラ丁ともいう。

09.08 

別丁

本文の前後又は中間に綴じ込まれ

た本文とは別に印刷した印刷物。紙

質又は印刷方式が違う。

inset

べっちょう

09.09 

共紙

書籍・雑誌などの付き物,中扉,扉,

表紙などを本文と同じ用紙にする

こと。

ともがみ

09.10 

余り丁

製本作業完了時に余った折丁又は

刷本。

overrun

あ ま り ち ょ

09.11 

綴じ

丁合いされた印刷物を綴じる作業。

糸綴じ,平綴じ,中綴じ,無線綴じ

などがある(JIS Z 8124 参照)

 

binding, 
sewing and 
stitching

とじ

09.11.01 

糸綴じ

折丁を一折りずつ糸で綴じる綴じ

方。

thread 
stitching, 
thread sewing

糸綴じ機を用いて,折丁の背を糸で

かがり,連続し,糸の末端は接着剤

で固めて綴じる。かがり又はかがり

綴じともいう。

いととじ

09.11.02 

針金綴じ

針金を用いる綴じ方。並製本の一方

式。

wire stitching

は り が ね と

09.11.02.01 

中綴じ

折った印刷物を,開いた状態で中心

の折り線にそって針金で綴じるこ

と(JIS Z 8123 参照)

 

saddle 
stitching, 
saddle stitch

なかとじ

09.11.02.02 

逆中綴じ

中綴じと逆の内側から綴じる綴じ

方。表紙はのり(糊)付けになる。

針金の先端が露出しない製本方式

のため,児童向けの本などで使用さ

れる。

ぎ ゃ く な か

とじ

09.11.02.03 

平綴じ

本の中身をそろえ,背に近い部分を

針金で綴じ,表紙をつけること(JIS 

Z 8123

参照)

 

side stitching,
side stitch

教科書など製本強度を求める作業,

事務用印刷物などの簡便性を求め

る作業で利用される。

ひらとじ

09.11.03 

無線綴じ

a

)糸又は針金を用いず,背の部分

を接着剤だけで固める綴じ方。

b

)糸又は針金を用いず,背の部分

を切り落として接着剤だけで固め

る綴じ方。

adhesive 
binding, 
perfect 
binding

無線綴じは,広義には,あじろ(網

代)綴じを含めるが,b)の接着効

果を上げるために背を切り落とす

方式をいうことが多い。あじろ(網

代)綴じでは折り段階で背に開口を

設ける。

むせんとじ

09.11.03.01 

あじろ(網代)

綴じ

折丁の背に切り込みを入れ,その切

り込みから接着剤を浸み込ませて

固める綴じ方。

ajiro binding,
notch binding

日本で発明され,欧米に輸出された

製本技術。

あじろとじ

09.11.04 

和綴じ

片面に印刷した刷本の印刷面を外

にして二つ折りにしたものを折丁

とし,小口を袋として,厚手の表紙

を付け,麻糸で綴じる,和装本の製

本方式。

japanese 
binding

わとじ

09.11.05 

袋綴じ

小口側が袋になっている綴じ方。 double-leaved 袋の内側が白紙となる事務用印刷

物や,秘匿性を高めるために袋の内

側に印刷した場合の綴じ方。

ふくろとじ

09.11.06 

右綴じ

表 1 を正面に見た場合に,のどが右

側になっている綴じ方。

縦組の場合に用い,右開きとなる。 みぎとじ

09.11.07 

左綴じ

表 1 を正面に見た場合に,のどが左

側になっている綴じ方。

横組の場合に用い,左開きとなる。 ひだりとじ


33

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

09.11.08 

天のり(糊)  用紙の天側の断裁面を接着剤で固

め,表紙を巻込むか,又は共紙を表

紙とする製本の方式。

pad

主に便せん(箋),伝票などに用い

る。簡単に切り離すことができる。

てんのり

09.12 

丁合い

製本の一工程で,ペラ丁,折丁など

を集めてページを正しい順序にそ

ろえる作業(JIS Z 8124 参照)

gathering, 
collecting, 
assembling

ちょうあい

09.12.01 

背丁

刷本及び折丁の管理用に折丁の背

に印刷する書名及び折り番号。

signature 
name

せちょう

09.12.02 

背標

折丁の背に印刷された識別記号。丁

合 い の正 し い順 序を 示 す(JIS Z 

8124

参照)

 

signature 
mark, 
collating 
mark, 
nigger head

黒い四角の記号などを折丁の順に

少しずつずらして印刷し,乱丁,落

丁及び取込みを検出しやすくする。

段印ともいう。

せひょう

09.12.03 

袋標

乱丁,落丁及び取込みを防止する目

的で折丁の天(横組)又は地(縦組)

の袋の部分に印刷する記号。 

製本後,断裁すると取り除かれる。 ふ く ろ ひ ょ

09.12.04 

落丁

一部の折丁が足りないまま,丁合

い,製本すること。

incorrect 
collating, 
imperfect 
collating, 
erratic 
pagination, 
paging 
disorder

らくちょう

09.12.05 

乱丁

折丁の順序を誤って,丁合い,製本

すること。

incorrect 
collating, 
paging 
disorder, 
misbound

らんちょう

09.12.06 

取込み

同じ折丁を複数取って,丁合い,製

本すること。

double-feedin
g

とりこみ

09.13 

仕上り寸法

仕上げ裁ちした印刷物の寸法(JIS Z 

8124

参照)

 

trim size, 
final size

し あ が り す

んぽう

09.13.01 

仕上げ裁ち

印刷された紙,本,その中身などを

仕上り寸法に合わせて断裁するこ

と。 

trimming

化粧裁ちともいう。多面付けのカバ

ー,帯などを 1 度の断裁で仕上り寸

法に仕上げていくことを断ち分け,

裁切りなどともいう。 

しあげだち

09.13.02 

仕上げ代,裁ち

仕上り寸法に合わせて断裁される

天・地・小口などの部分,又はその

寸法。

trimming 
margin, 
trim off

しあげしろ,

たちしろ

09.13.03 

ドブ,どぶ

多面付けにより生じた印刷間の有

効面積以外の余白部分。

09.13.04 

綴じ代

平綴じ,穴あけなどのために必要と

される本ののどの部分の余白。

binding 
margin

とじしろ

09.14 

つか(束)

a

)表紙を除いた本の中身の厚さ。

b

)紙の重さと比べた紙の厚さ。

bulk

つか(束)が出る紙とは,重さと比

較して厚い紙のこと。つか(束)が

出ない紙は,その反対。


34

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

09.14.01 

つか(束)見本 書籍の仕上がり厚さを確かめるた

めに,使用する用紙で製本した見本

JIS Z 8124 参照)

 

dummy, 
bulking 
dummy, 
thickness 
dummy

つかみほん

09.15 

紙の目

用紙中の繊維の方向。 direction

目又は紙目ともいう。巻取紙は,巻

いてある方向が紙の目になる。 

かみのめ

09.15.01 

順目

紙の目が本の背に平行になってい

ること。

with the grain 本の開きがよいので,通常は順目に

する。

じゅんめ

09.15.02 

逆目

紙の目が本の背に直角になってい

ること。

against the 
grain

ぎゃくめ

09.15.03 

縦目

枚葉紙の場合,紙の目が長辺に平行

しているもの。

long grain, 
machine 
direction 
(MD)

T 又は T 目とも表記する。巻取紙で

印刷した場合,刷本を枚葉紙状態に

加工したときには紙の目が長辺に

平行しているものを縦目という。

たてめ

09.15.04 

横目

枚葉紙の場合,紙の目が短辺に平行

しているもの。

short grain, 
cross direction 
(CD)

Y 又は Y 目とも表記する。巻取紙で

印刷した場合,刷本を枚葉紙状態に

加工したときには紙の目が短辺に

平行しているものを横目という。

よこめ

09.16 

遊び

本の見返しで表紙にのり(糊)付け

されていない方の丁。

free endpaper 表紙にのり(糊)付けされている方

の丁をきき紙(paste down)という。

あそび

09.16.01 

遊び紙

本の中身の前後に入れる何も印刷

されていない紙。

flyleaf

本文用紙と共紙が多いが,高級な本

では薄い模様のある和紙又は種々

な風合・色調などをもったファンシ

ーペーパとよばれる用紙を用いる

こともある。

あそびがみ

09.17 

裏白

表側だけ印刷して,裏が白紙のまま

のページ。

back 
no-printing

ページ物においては,中扉の裏面,

改丁とした対向ページなどが裏白

になる。表面が印刷されていないペ

ージは,表白という。

うらじろ

09.18 

間紙

a

)裏移り防止用に,印刷された紙

と紙との間に挟む紙。

b

)扉,口絵などの別丁類を保護す

るために貼り込む紙。

c

)検印,奥付などの貼り込み用接着

剤による汚れを防止するために挟

み込む紙。 

slip sheet

間紙には,グラシンなどの薄い紙を

用いる。

あいし(あい

がみ)

09.19 

小口

a

)本のページの綴じていない三方

の切り口。

b

)のどの反対側。

edge, 
fore-edge, 
thumb edge

上辺を天小口,下辺を地小口とい

い,のどと反対側の辺を前小口又は

単に小口という。

こぐち

09.20 

a

)本又はページの上部。

b

)ページの上部の仕上り線と版面

までの余白部分。

head, top edge あたま(頭)ともいう。

てん

09.21 

地,け(罫)下 a)本又はページの下部。

b

)ページの下部の仕上り線と版面

までの余白部分。

foot, tail

ち,けした


35

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

09.22 

のど

a

)本を広げたとき,中央の綴じ目

がある方向。

b

)中央の綴じ目と版面の余白部分。

c

)本の中身と背が接する部分。

gutter, 
back margin

09.23 

本の綴じてある側の表紙又は中身

の部分。

back, spine

表紙の部分は,背表紙ともいう。

09.23.01 

背固め

本の中身の背に寒冷紗・紙などを貼

り,補強する作業。

back lining

せがため

09.23.02 

丸背

本の背に丸みをもたせて仕立てる

上製本の背の方式。

round back

まるせ

09.23.02.01 

丸み出し

本の中身の背に丸みを付ける作業。 back rounding 耳を出す作業(バッキング)と一連

して行われることが多い。

まるみだし

09.23.03 

角背

本の背に丸みをもたせず,平らのま

ま仕立てる上製本の背の方式。

square back, 
flat back

かくせ

09.23.03.01 

角山

角背のうち,耳を出して仕立てる方

式。

square back, 
flat back

かくやま

09.23.04 

タイトバック  背に厚紙などを貼って,本の中身の

背と表紙を貼り合わせて仕立てる

製本の背の方式。

tight back

背は堅牢であるが,本の開きは他の

方式に比べて最も劣る。また,背文

字が損なわれることがある。

09.23.05 

フレキシブル

バック

背に薄紙などを貼って柔軟に仕立

てる上製本の背の方式。

flexible back

本の開きは良いが,背文字の箔が脱

落することもあり,形もくずれやす

い。

09.23.06 

ホローバック  表紙と中身は,見返しの耳の部分で

接着し,本を開いたときに中身の背

と表紙の間に空洞ができるように

仕立てる上製本の背の方式。

hollow back

本の開きは良いが,やや耐久性にか

ける。今日の多くの上製本がこの方

式である。

09.24 

a

)上製本において,背と表紙との

接合及び開閉を良くするため,本の

中身の背の部分を両側に隆起させ

た部分。

b

)紙の断裁していない縁。

joint, 
back edge, 
hinge

みみ

09.25 

溝,みぞ

上製本において,本の開閉を良くす

るために平と背の境目に,背と平行

してつけたくぼみ。

groove

みぞ

09.26 

花ぎれ(布)  上製本において,中身の背の天地両

端に貼り付けた飾りの小さな布。

headband

ヘッドバンド,ヘドバンともいう。 はなぎれ

09.27 

しおり

ページに挟み目印とするために本

の中身の背に貼り込んだひも。

bookmark, 
tassel

通常,本のページの対角線より 2∼

3cm 長くする。スピン,リボンとも

いう。本の間に挟み込む目印も一般

にしおりという。

09.28 

表紙

本の中身の保護,装飾,内容の表示

などの目的で中身に取り付けた外

装部分。

cover, case

別に仕立てた表紙を仕上げ裁ちし

た中身にくるむ場合と,紙などの表

紙で中身をくるみ,そのうえで三方

を共に仕上げ裁ちして仕上げる場

合とがある。

ひょうし

09.28.01 

表紙貼り

上製本の表紙を作成する作業。 

case-making

ひ ょ う し ば

09.28.02 

表紙くるみ

中身に表紙を取り付ける作業。 casing-in

ひ ょ う し く

るみ


36

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

09.28.02.01 

グル

表紙と中身が上下逆に製本される

こと。

good bye

09.28.03 

表(おもて)表

本の表側の表紙。 front

cover

お も て び ょ

うし

09.28.04 

裏表紙

本の裏側の表紙。

back cover

う ら び ょ う

09.28.05 

厚表紙

板紙(JIS P 0001 参照)など厚い紙

を心(しん)にして仕立てる上製本

の表紙の方式。

stiff cover

ハードカバーともいう。

あ つ び ょ う

09.28.06 

薄表紙

心(しん)に薄い紙などを用いて柔

軟に仕立てる上製本の表紙の方式。

また,ビニールなどの心(しん)紙

を用いない 1 枚の表装材料で仕立て

る表紙。 

flexible cover 辞典に多い。心(しん)に用いる紙

は,100∼300g/m

2

くらいである。

う す び ょ う

09.28.07 

無双表紙

1 枚の心(しん)紙の上に表装材料

を貼って仕立てる薄表紙。

薄表紙の心(しん)紙は,平と背の

中間で切り離すが,無双表紙は切り

離さない。

む そ う び ょ

うし

09.28.08 

フランス表紙  印刷した厚紙の四囲を折り畳んだ

表紙。

本来は,紙表紙でくるんでから四囲

を折り畳むが,あらかじめ折り畳ん

だ表紙でくるむ簡易な方法も行わ

れている。

ふ ら ん す び

ょうし

09.28.09 

クロス

布,紙などをベースに加工した,上

製本の表紙用外装材料。

cloth, 
book cloth

紙をベースにしたものは紙クロス,

布をベースにしたものは布クロス

という。ビニールのシートを外装材

料として使用する場合は,ビニール

クロスともいう。

09.28.10 

本の小口(前小口)側の天地の直角

になっている部分。

corner

かど

09.28.10.01 

角丸

中身及び表紙の角を丸くして仕立

てる製本方式。

edge-rounded,
round corner

薄い紙を用いた辞典などで採用さ

れている方式である。 

かどまる

09.28.11 

くるみ表紙

中身を綴じた後で,表紙でくるんで

仕立てる並製本の一方式。

glued-on 
cover

くるみ表紙には,おかしわやがんだ

(雁垂)れが含まれるが,おかしわ

とくるみ表紙を同義として使用し

ている例もある。

く る み び ょ

うし

09.28.11.01 

おかしわ

綴じた中身を表紙でくるんだ後で,

のど以外の三方を断裁して仕立て

る並製本の一方式。

カシワの葉でくるむ柏餅に似てい

ることに由来する。見返しを付ける

場合と付けない場合がある。付ける

場合は,通常口のり(糊)にし,こ

れをくるみ口のり(糊)という。

09.28.11.02 

口のり(糊)  並製本で見返しを付けた場合,小口

(前小口)側の一部だけにのり(糊)

を付けて仕立てる方式。 

edge gluing, 
edge pasting,
paste of fore 
edge

全面にのり(糊)を付ける方式は,

ベタのり(糊)という。

くちのり

09.28.11.03 

がんだ(雁垂)

くるみ表紙の小口(前小口)を中身

より大きくしておき,その部分を折

り返して仕立てる並製本の一方式。

gate folded 
cover

見返しを付けるが,のどの部分のみ

にのり(糊)を付ける。


37

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

09.28.12 

切り付け表紙  a)中身と表紙を一度に仕上げ裁ち

して,ちりのない本に仕立てる並製

本の一方式。

b

)中身と表紙を同時に綴じたうえ

で,仕上げ裁ちして仕立てる並製本

の一方式。

cut flush

b

)の綴じの種類としては,中綴じ,

中ミシン綴じなどがある。また,表

紙と中身を同時に丁合いし平綴じ

して背にクロス巻きを行う方式も

ある。

き り つ け び

ょうし

09.28.13 

表 1,表紙 1

表(おもて)表紙の表面。 obverse

cover 表紙の 1 ともいう。この用語は,雑

誌で使用されることが多い。

ひょういち,

ひ ょ う し い

09.28.14 

表 2,表紙 2

表(おもて)表紙の裏面。 inside

front

cover

表紙の 2 ともいう。この用語は,雑

誌で使用されることが多い。

ひょうに,ひ

ょうしに

09.28.15 

表 3,表紙 3

裏表紙の裏面。 inside

back

cover

表紙の 3 ともいう。この用語は,雑

誌で使用されることが多い。

ひょうさん,

ひ ょ う し さ

09.28.16 

表 4,表紙 4

裏表紙の表面。

表紙の 4 ともいう。この用語は,雑

誌で使用されることが多い。

ひょうよん,

ひ ょ う し よ

09.28.17 

平,ひら

表紙の背ではない,平らになってい

る部分。

side

平に掲げられる標題などの文字は,

平の文字という。

ひら

09.28.18 

はく(箔)押し 加熱した型と,紙などの被印刷物と

の間に金属はく(箔)又は転写はく

(箔)を密着加圧して,文字・模様

を転写すること(JIS Z 8123 参照)

hot stamping,
stamping

はくおし

09.28.18.01 

金版

はく(箔)押しに使用する型押し用

の金属製の凸版。

die, brass die,
stamping die

かなばん

09.28.18.02 

はく(箔)

はく(箔)押し用に,熱転写する金

属やその他の材料。

foil, leaf

金,銀,アルミニウムなどの金属を

薄く延ばした金属はく(箔),ベー

スフィルムの上に金属膜を付けた

転写はく(箔),顔料・染料などを

粘着剤で固めた色はく(箔)などが

ある。

09.28.19 

空押し

本の表紙などの表面に,はく(箔)

を用いないで,文字又は模様のある

金版を用いて型押しすること。

blind 
blocking, 
blind 
stamping, 
blind 
embossing

からおし

09.28.20 

背文字

本の背にはく(箔)押し又は印刷し

た文字。

back title

せもじ

09.28.21 

ちり

上製本の場合,表紙の中身より出張

っている部分。

square

中身の保護と体裁上の配慮とから

付ける。ちりの寸法は表紙の厚薄に

よって異なるが,三方の寸法は同じ

でなければならない。

09.29 

見返し

本の中身と表紙を結合するための

丈夫な紙(JIS Z 8124 参照)

 

endpaper, 
end leaf, 
end sheet

見開きになっていることが多い。表

(おもて)表紙の方にある見返しを

表(おもて)見返し,裏表紙の方に

ある見返しを裏見返しという。

みかえし

09.29.01 

貼見返し

二つ折りした見返しを巻頭及び巻

末の折丁に貼り付ける見返し。

pasting 
endpaper

見返しは,通常この方式である。貼

見返し以外に,継見返し,綴見返し,

巻見返しなどがある。

は り み か え


38

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

09.30 

(本の)箱,

(本

の)はこ(函)

本の中身の保護,装飾,宣伝などの

ために厚紙で作成した箱。

slip case

ケースともいう。

はこ

09.30.01 

貼箱,貼ばこ

(函)

板紙を用いて組み立てた中身に,別

に印刷した紙・布などを貼って仕立

てる箱。

はりばこ

09.30.02 

機械箱,機械ば

こ(函)

機械を用いて針金又は接着剤を用

いて仕立てる箱。

きかいばこ

09.30.03 

型抜き箱,型抜

きばこ(函)

印刷した紙と板紙を貼り合わせて,

接着剤を用いて仕立てる箱。箱の小

口側は,内側に折り返される。

貼箱に似せて,機械で作成するため

に工夫された方式である。

か た ぬ き ば

09.31 

付き物

a

)本文以外の前付及び後付。

b

)本の本文用紙で印刷したもの以

外の付属物。

annexed 
matter

b

)には,別紙の扉,口絵,見返し,

表紙,カバー,箱,売上カード,帯

紙などがある。

つきもの

09.31.01 

売上カード

書籍に挿入する販売管理用の短冊

状の紙片。

slip

上部に丸い切り込みを入れ,書籍に

挿入した場合に,突き出すようにな

っている。短冊,スリップともいう。

う り あ げ か

ーど

09.31.02 

帯紙

本の表紙,カバー又は箱の外側の下

側に掛ける帯状の印刷物。

book band, 
girdle

内容紹介,目次,推薦のことばなど

を掲げる。帯,腰帯ともいう。

おびがみ

09.31.03 

カバー

本の表紙の上に掛ける印刷物。 book

jacket,

jacket

ブックジャケット,ジャケットとも

いう。ビニールシートを掛けること

もある。

09.31.03.01 

a

)カバー又は帯紙の見返し側に折

り込んだ部分。

b

)観音折りの内側に折り込んだ部

分。

そで

09.31.04 

正誤表

印刷後に発見された誤植・訂正をま

とめて印刷した紙片。

errata, 
errata slip, 
corrigenda

本に挟み込むか,巻頭・巻末に貼り

込む。

せ い ご ひ ょ

09.31.05 

読者カード

本に挟み込まれる読者のアンケー

ト用ハガキ。

reader service 
card

愛読者カードともいう。

ど く し ゃ か

ーど

09.31.06 

綴込み

付録など別に印刷したものを本に

一緒に綴じこんだもの。

とじこみ

09.31.07 

投込み

別に印刷したものを完成した本に

挟み込むものの総称。

売上カード,読書カード,正誤表,

出版案内など。

なげこみ

09.32 

コーティング  紙,フィルム,印刷物などの表面に,

つや出し,表面保護などの目的で,

塗工剤を塗り,硬化させて皮膜をつ

くること(JIS Z 8123 参照)

coating

表紙,カバーなどに行う。

09.32.01 

ニス引き

印刷物の表面を保護し,光沢を与え

るために,透明な樹脂液を塗布する

こと。

varnishing

表紙,カバーなどに行う。

にすびき

09.33 

PP 貼り

印刷物の表面を保護し,光沢を与え

るために,ポリプロピレン・フィル

ムを接着剤で圧着加工すること。

P.P. film 
laminating

表紙,カバーなどに行う。

ぴ ー ぴ ー ば

09.34 

仕上げ

製本の最終工程である検品,カバー

掛け,売上カード・読者カード・正

誤表・出版案内の挿入及び包装作

業。

finishing

しあげ


39

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

09.35 

製本仕様書

出版社など発注者が,製本所に対し

て製本の方式,製本する材料,本文

などの印刷所,納期などについて指

示した文書。

specification  製本指定書ともいう。

せ い ほ ん し

ようしょ

09.35.01 

総ページ数

前付,後付及び白ページを含めた本

文と同じ用紙で印刷されるページ

数。

本文用紙の必要量の計算及び製本

作業の指示の必要から総ページ数

を計算する。図書館における総ペー

ジ数とは異なる。

そ う ぺ ー じ

すう

10. 

記述言語,符号化方式

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

10.01 

編集可能形式

文書

適切な機能をもつシステムによっ

て,編集及び改訂を行うことに適し

た形式の電子化文書。

revisable form 
document

編集可能形式文書は,その明示的な

内容に加えて,論理構造を識別する

ための情報を含むことが多い。

へ ん し ゅ う

か の う け い

し き ぶ ん し

10.01.01 

文書スタイル

意味指定言語

(DSSSL)

DSSSL

SGML(標準一般化マーク付け言語)

で表現されたデータ構造の変換を

指定し,そのデータ部分にフォーマ

ット処理機能の集合を適用するこ

とを指定する言語(JIS X 4153 

照)

document 
style 
semantics and 
specification 
language 
(DSSSL), 
DSSSL

ぶ ん し ょ す

た い る い み

し て い げ ん

ご(でそる)

10.01.01.01 

行外領域

直接には行の一部とはならない領

域。

display area

ぎ ょ う が い

りょういき

10.01.01.02 

行内領域

行の一部をなす領域。 inline

area

ぎ ょ う な い

りょういき

10.01.01.03 

グリフ代替

文字をフォーマット処理する際に,

選択したグリフ又はグリフ列を異

なるグリフ又はグリフ列によって

置き換える処理。

glyph 
substitution

ぐ り ふ だ い

たい

10.01.01.04 

流し込みオブ

ジェクト

SGML 木フォーマット処理(STFP)

における入力文書とフォーマット

指定との組合せの表現である木の

ノード。

flow object

な が し こ み

お ぶ じ ぇ く

10.01.01.05 

DSSSL ライブ

ラリ

DSSSL 指定を容易に生成するため

のデータ及びプログラムの集合。

DSSSL library ISO/IEC TR 19758 などの例がある。 で そ る ら い

ぶらり

10.01.02 

拡張可能なス

タイルシート

言語(XSL)

XSL

XML 文書のスタイルシートを表現

するためのフォーマット化セマン

テ ィ ク ス を 指 定 す る XML 語 い

(彙)

extensible 
stylesheet 
language 
(XSL), XSL

World Wide Web Consortium の勧告

として規定されている。

か く ち ょ う

か の う な す

た い る し ー

とげんご(え

っ く す え す

える) 

10.01.02.01 

フォーマット

化オブジェク

流し込みオブジェクト,レイアウト

オブジェクト又は補助オブジェク

ト。

formatting 
object

ふ ぉ ー ま っ

と か お ぶ じ

ぇくと


40

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

10.01.03 

XSL 変換

(XSLT)

XSLT

XML 文書を他の XML 文書に変換す

るための言語。

XSL 
transformation
s (XSLT), 
XSLT

World Wide Web Consortium の勧告

として規定されている。

え っ く す え

す え る へ ん

かん(えっく

す え す え る

てぃ)

10.01.03.01 

XML パス言語

(XPath)

XPath

XSLT での利用のために,XML 文書

の番地付けパートを記述する言語。

XML path 
language 
(XPath), 
XPath 

World Wide Web Consortium の勧告

として規定されている。

え っ く す え

む え る ぱ す

げんご(えっ

くすぱす)

10.01.04 

段階スタイル

シート(CSS)

CSS

HTML 文書などの要素に対して,フ

ォーマット処理属性を規定する言

語。

cascading 
style sheet 
(CSS), CSS

World Wide Web Consortium の勧告

として規定されている。

だ ん か い す

た い る し ー

と(しーえす

えす)

10.02 

最終形式文書  可視化処理によって表示出力する

のに適したフォーマット済み電子

化文書。

final form 
document

最終形式とは,その文書がもはや容

易に編集できる形態にはないこと

を示す。しかし,編集可能形式と最

終形式とは相互に排他的な概念で

はない。いくつかのデータ様式で

は,編集可能形式及び最終形式が単

一の文書内に同時に存在すること

を許す。

さ い し ゅ う

け い し き ぶ

んしょ

10.02.01 

ページ記述言

語(PDL)

,PDL

最終形式文書をプログラム言語の

概念を用いて記述する文書交換用

データ様式。

page 
description 
language 
(PDL), PDL

ぺ ー じ き じ

ゅ つ げ ん ご

( ぴ ー で ぃ

ーえる)

10.02.01.01 

標準ページ記

述言語

(SPDL)

SPDL

JIS X 4154

ISO/IEC 10180)によっ

て規定されたページ記述言語。 

standard page 
description 
language 
(SPDL), 
SPDL

SPDL は次の特徴をもつ。階層化さ

れた文書構造の概念をもつ,文書作

製命令を備える,高水準の作画モデ

ルによって文字列・幾何図形・ラス

タ図形を統一的に扱う,フォントを

分離している,及び二つの交換様式

をもつ。

ひ ょ う じ ゅ

ん ぺ ー じ き

じ ゅ つ げ ん

ご(えすぴー

でぃーえる)

10.02.01.01.01  SPDL

文書 SPDL を用いて表現した最終形式文

書。

SPDL 
document

え す ぴ ー で

ぃ ー え る ぶ

んしょ

10.02.01.01.02 

仕上げ命令

文書ページ画像の可視化処理の後

に行われる文書の提示(presentation)

に 影 響 を 与 え る 文 書 作 製 命 令

(Document Production Instruction)

finishing 
instruction

し あ げ め い

れい

10.02.01.01.03 

基底フォント  実際のグリフ表現を含むフォント。 base font

複合フォント内では,その木構造上

における葉節となる。

き て い ふ ぉ

んと

10.02.01.01.04 

複合フォント  階層的に木構造状に構成されたフ

ォントの集まり。

composite font

ふ く ご う ふ

ぉんと

10.02.01.01.05 

フォント指標

対応表

複合フォント内において,フォント

指標をフォント選択子と関連付け

るために用いるベクタ。

fontindex map グリフ対応付けの際に使用する。  ふ ぉ ん と し

ひ ょ う た い

おうひょう


41

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

10.02.01.02 

ポータブル文

書フォーマッ

ト(PDF)

,PDF

最終形式文書を,装置非依存に,し

かも容易にかつ信頼性をもって交

換し閲覧することを目的として開

発されたページ記述言語。 

portable 
document 
format (PDF), 
PDF

ぽ ー た ぶ る

ぶ ん し ょ ふ

ぉ ー ま っ と

( ぴ ー で ぃ

ーえふ)

10.02.01.03 

OPI Open

Prepress

Interface の短縮形。

低解像度の画像によるページ作成

を可能にする,PostScript の拡張。こ

れによって,ページ割付けファイル

の容量を削減して処理時間の短縮

が図れる。

OPI

お ー ぴ ー あ

10.02.02 

インタネット

印刷プロトコ

ル(IPP)

,IPP

インタネットのツール及び技術を

用いて,分散型印刷に利用できるア

プリケーションレベルのプロトコ

ル。

Internet 
printing 
protocol 
(IPP),IPP

い ん た ね っ

と い ん さ つ

ぷ ろ と こ る

( あ い ぴ ー

ぴー)

11. 

文字種

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

11.01 

大文字

文頭,固有名詞語頭などに用いるラ

テン文字,ギリシャ文字又はキリー

ル文字の,通常,大きな字形のもの

で,ベースライン及びキャップライ

ンを基準に設計されている文字。

capital, 
capital letter,
uppercase

キャピタル,キャップともいう。cap

と略す。活字組版では,大文字を入

れていた活字ケースをアッパーケ

ースと呼んでいたので,大文字その

ものをアッパーケースという場合

もある。

おおもじ

11.02 

小文字

文頭及び固有名詞語頭以外に用い

るラテン文字,ギリシャ文字又はキ

リール文字の,通常,小さな字形の

もので,ベースライン,並びにミー

ンライン,アセンダライン及び/又は

ディセンダラインを基準に設計さ

れている文字。

small letter, 
lowercase

スモールレターともいう。l.c.と略

す。活字組版では,小文字を入れて

いた活字ケースをロアーケースと

呼んでいたので,小文字そのものを

ロアーケースという場合もある。

こもじ

11.03 

スモールキャ

ピタル

参考文献の人名表記,年代表記など

に用いるラテン文字などで,x ハイ

トと近似的に等しい高さをもつ大

文字字形の文字。

small capital  スモールキャップともいう。s.c.と略

す。章の始めの語句,年号を示す

A.D

.,

B.C

.,時刻を示す

A.M

.,

P.M

.など

にも用いる。

11.04 

ダイアクリテ

ィカルマーク

主に欧文の文字に付加して,発音の

区別などを示す補助記号。

diacritical 
mark

ダイアクリティックともいう。

11.04.01 

アクセント記

主に欧文の母音文字に付加して,単

語内の発音の抑揚や曲折を指示す

る補助記号。 

accent mark

あ く せ ん と

きごう

11.05 

数字

(分類名) figure,

numerical 
character

すうじ

11.05.01 

アラビア数字  インドに始まり,アラビアからヨー

ロッパに伝わった数字。

arabic figure,
arabic numeral

算用数字,洋数字ともいう。 
1,2,3 など。

あ ら び あ す

うじ


42

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

11.05.02 

連数字

アラビア数字が一つ以上連続する

もの。位取りのコンマ及び空白並び

に小数点のピリオドを含む。

備考  和字として扱われる全角数

字及び欧文用文字として扱われる

固有の字幅をもつアラビア数字は

除く(JIS X 4051 参照)

れんすうじ

11.05.03 

ローマ数字

ラテン文字の大文字又は小文字を

用いて表記する数字。

roman figure,
roman 
numeral

I=1,V=5,X=10 など

ろ ー ま す う

11.05.04 

時計数字

ローマ数字を全角のサイズの合字

にした数字。

時計の文字盤用の数字として利用

されたもので,Iから XII までしか

ない。

と け い す う

11.06 

小書きの仮名  拗音,促音,外来語などを書き表す

場合に用いる,字面を小さくした仮

名。

捨て仮名,半音ともいう。

こ が き の か

11.07 

繰返し符号

直前の文字又は句を反復する場合

に用いる符号。

ditto mark

漢 字 に 用 い る 々 , 平 仮 名 に 用 い

るゝゞ,片仮名に用いるヽヾ,句に

用いる“くの字点”(JIS X 0213 の面

区点番号 1-2-19,1-2-20 及び 1-2-21)

などがある。

く り か え し

ふごう

11.08 

(漢文の)返り

漢文を日本語の語法と語順に従っ

て読む訓読の場合に,語順を示すた

めに付ける符号。

レ,一,二,上,下など。

かえりてん

11.09 

約物

文字組版に使用する記述記号類の

総称(JIS Z 8123 参照)

 

punctuation 
mark

記号文字の総称の意味でも使用さ

れている。

やくもの

11.09.01 

記述記号

文章の区切り,語句のつながり,文

章の意味を表現するためなどに付

ける記号。

punctuation 
mark

区切り符,括弧類,つなぎ符,参照

符などがある。

き じ ゅ つ き

ごう

11.09.01.01 

区切り符

語句及び文章の区切りを明らかに

するために付ける記号。

句読点,中点(・)

,疑問符(?)

感嘆符(!)

,コロン(:)

,セミコ

ロン(;)

,斜線(/)などがある。

くぎりふ

11.09.01.02 

句読点

文章の区切りを示す句点及び読点。 punctuation

mark

通常,縦組では“。”及び“、”を

用い,横組では句点に“.”又は

“。”,読点に“,”又は“、”を

用いる。

くとうてん

11.09.01.03 

括弧類

一部の語句,文章などを囲んで,他

との区別を明らかにするために,前

後に挟むくくり記号。

parenthesis

( )〔 〕[ ]{ }〈 〉《 》「 」『 』【 】

‘’“”など。JIS X 4051 では,括

弧類を始め括弧類(文章の中で,あ

る部分を囲んで他との区別を明ら

かにするための記号のうち,区切り

の始まりを示すもの。)及び終わり

括弧類(文章の中で,ある部分を囲

んで他との区別を明らかにするた

めの記号のうち,区切りの終わりを

表すもの。)に区分し,更に,終わ

り括弧類には,文章の中の切れ目を

表すコンマ“,”及び読点“、”を

含めている。

かっこるい


43

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

11.09.02 

引用符

語句を引用する際に,その語句の前

後をくくる括弧類。

quotation 
mark

通常,次のような引用符が用いられ

ている,

−縦組  「」

−横組  ‘’,“”又は「」

いんようふ

11.09.03 

つなぎ符

語と語又は欧文の音節をつないで,

その関係を示す記号。

ダッシュ(―)

,ハイフン(‐),リー

ダ(…)などがある。

つなぎふ

11.09.04 

しるし物

参照符,学術記号,商用記号及びそ

の他の記号文字の総称。

symbol

その他の記号文字には,*※★●□

などの記号がある。

しるしもの

11.09.05 

参照符

文章中で注記する場合,その参照箇

所に付ける記号。

reference 
mark

欧文においては,*,†,‡,¶,

§,‖,#などを用いる。数字の番

号を付けて参照する例も多い。

さ ん し ょ う

11.09.06 

学術記号

数学記号,生物学記号など学術の分

野で使用する記号。

が く じ ゅ つ

きごう

11.09.06.01 

数学記号

数式に使用する記号。 mathematical

symbol

+,−,±,×,÷,=,≠,<,

>,≦,≧など。

す う が く き

ごう

11.09.07 

商用記号

通貨を示す記号,単位及び比率を示

す記号の総称。

commercial 
symbol

$ , ¢ , £ , ¥ な ど の 通 貨 記

号,℃,°,′,″,%などの単位

記号がある。これらの記号は,JIS X 

4051

では,省略記号といい,前置省

略記号及び後置省略記号に分けて

いる。

し ょ う よ う

きごう

11.10 

禁則文字

行頭若しくは行末に位置してはな

らない文字,又は分割してはならな

い文字の組を構成する文字。

き ん そ く も

11.10.01 

行頭禁則文字  行頭禁則の条件に該当する文字。

長音記号,小書きの仮名,繰り返し

記号,リーダなどを行頭禁則文字に

含める場合と含めない場合がある。 

ぎ ょ う と う

き ん そ く も

11.10.02 

行末禁則文字  行末禁則の条件に該当する文字。

ぎ ょ う ま つ

き ん そ く も

11.10.03 

分離分割禁止

文字,分離禁止

文字

連続した同じ文字間では分割して

はならず,追出し処理によって行を

調整する場合でも,連続した同じ文

字間を広げてはならない文字。 

ぶ ん り ぶ ん

か つ き ん し

もじ,ぶんり

きんしもじ

11.11 

外字

a

)システム又は利用者が独自に採

用若しくは規定した文字及び記号。

b

)ある特定の符号化文字集合に含

まれていない文字及び記号。

c

)システムの登録可能なエリアに登

録した文字及び記号。

gaiji, 
pi character, 
rarely used 
character

がいじ

12. 

文書構成要素

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

12.01 

タイトル

書籍の題名,雑誌の誌名又は論文の

標題。

title

見出しをタイトルと呼ぶこともあ

る。

12.01.01 

サブタイトル  書籍の題名,論文の標題又は見出し

に付ける副次的な題名。

subtitle

副題ともいう。


44

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

12.02 

前付

書籍の本文に先立つページで,扉,

口絵,序文,目次など。 

front matter, 
preliminary 
matter

まえづけ

12.02.01 

前扉

扉の前に書籍の題名だけを掲げた

ページ。

bastard title, 
half title

まえとびら

12.02.02 

書籍などの巻頭に配置する,書名,

著者名,出版社名などを記した丁又

はページ。

title page, 
inside title

本扉,大扉,題扉,タイトルページ

ともいう。別紙とすることが多い

が,本文と同じ共紙とする場合もあ

る。

とびら

12.02.03 

口絵

前付の部分に掲げる絵又は写真。 frontispiece  通常,別丁とし,扉の次に配置する

が,扉の対向ページに配置する場合

もある。

くちえ

12.02.04 

献辞

著者が敬愛する人,恩師などに捧げ

る言葉。

dedication

通常は扉の次に特別のページを設

けるが,扉の裏面に掲げる方法もあ

る。

けんじ

12.02.05 

序文,はしが

き,まえがき

著者が刊行の目的,動機などをまと

めた巻頭の文。

preface, 
preliminary 
remark

序,緒言ともいう。

じょぶん

12.02.06 

凡例

本文に使用される用語,記号,略語,

編述の目的・方針,記述の約束事な

どを箇条書きにして解説したもの。

explanatory 
note

はんれい

12.02.07 

目次

本の内容の見出しを,書かれている

順又は分野別に並べて,それぞれの

該当ページ番号を示したもの。

table of 
content

もくじ

12.02.08 

図版目次

図版を,掲載順又は分野別に並べ

て,それぞれの該当ページ番号を示

したもの。

list of 
illustration

ず は ん も く

12.03 

本文

a

)書籍を構成する主要部分。通常,

その前に前付,後には後付が付く。

b

)図版,表,見出し,注,リード

などを除いた記事の中の主要部分。

c

)ページ内の柱及びノンブルを除い

た部分。

d

)表紙,見返し,投げ込みなどの

付属物を除いた本の中身。 

body of book,
text

ほんぶん(ほ

んもん)

12.03.01 

中扉

書籍の内容が大きく区分される場

合に,その内容の区切りを明確にす

るために本文中に挿入する,標題な

どを掲げた丁又はページ。

divisional 
title, 
part title

編,部,章などの冒頭又は付録の直

前に挿入する。本文の冒頭に書名を

掲げる場合もある。

なかとびら

12.03.02 

半扉

中扉を簡略にしたもので,裏面から

本文を始める,見出しなどの標題を

掲げたページ。

はんとびら

12.03.03 

見出し

a

)論文,記事などの標題。

b

)本,論文,記事などの内容を区

分して付けた標題。

heading, 
headline

みだし

12.03.03.01 

大見出し

本・新聞などで,区分の最大のまと

まりに付ける標題。

headline, 
chapter head

本文に使用する文字よりかなり大

きい文字を用い,目立ちやすくす

る。段組の場合は,通常段抜きにす

るが,これを段抜き見出しという。

おおみだし


45

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

12.03.03.02 

中見出し

大見出しと小見出しとの中間の区

分に付ける標題。

なかみだし

12.03.03.03 

小見出し

本などで,区分の最小のまとまりに

付ける標題。

subhead, 
subheading

本文と同じか,又は少し大きめの文

字を用い,本文より少し太い書体を

用いる場合が多い。

こみだし

12.03.04 

リード

記事の前に掲げる,記事の内容を要

約したもの。

lead

主として雑誌や新聞記事で用いる。

12.03.05 

段落

行組版処理の処理単位となる一つ

以上の文の集まり。段落は,1 行又

は連続した複数の行からなる。

paragraph

文章の区切りを意味することもあ

る。

だんらく

12.03.06 

引用文

公表された他の著作物から,その一

部を引用して利用するもの。

quotation

引用したことを明白にするために

「」,‘’,“”でくくるか,又は

別行に字下げして組版を行う。

い ん よ う ぶ

12.03.07 

語句,図版,表などに加える補助的

な説明・解釈。

note

注釈ともいう。頭注,割注,脚注,

傍注,後注などがある。

ちゅう

12.03.08 

囲み記事

ページの一部に罫線などを使って

囲んだ記事。

column, 
box column

かこみきじ

12.03.09 

文字又は数字を一覧できるように,

罫などで区切ったこま(小間)に配

列したもの。

table

ひょう

12.03.10 

図版

印刷物の中に掲げる図,グラフ,カ

ット,イラストレーション,写真な

どの総称。

illustration

図版とは別に写真を区別すること

もある。

ずはん

12.04 

後付

書籍の本文の後ろに付けられるペ

ージで,付録,参考文献,索引,あ

とがき,奥付など。 

back matter, 
end matter, 
reference 
matter

あとづけ

12.04.01 

付録

本において,本文に関係するが,本

文中で扱うことが適当でないもの

をまとめたもの。

appendix, 
annex

巻末又は別製本として提供する。規

格文書では附属書(annex)と呼ぶこ

とが多い。

ふろく

12.04.02 

参考文献

本文の内容に関係の深い他の著書,

論文を記したもの。

references, 
bibliography

巻末に一覧にして掲げることが多

い。

さ ん こ う ぶ

んけん

12.04.03 

索引

1 冊又は複数冊からなる本の中の語

句,事項などを抜き出して配列し,

それぞれの該当ページ番号を示し

たもの。

index

配列順はアイウエオ順,ABC 順など

がある。和文と英文を分けて付ける

こともある。

さくいん

12.04.04 

あとがき,後書

本の終わりに添える文。 afterword

あとがき

12.04.05 

奥付

書名・著者名・発行者名・印刷者名・

刊行年月日などを記載したもの。本

の初め又は終わりに付ける(JIS Z 

8124

参照)

 

colophon, 
imprint

欧米の本においては,扉の裏面に記

載することが多い。奥付に著者略歴

を掲げる例が多い。 

おくづけ

13. 

原稿

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

13.01 

原稿

印刷によって複製しようとする,文

字・画像などの総称(JIS Z 8123 

照)

 

original copy,
copy

電子データによるものも原稿とい

う。

げんこう


46

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

13.01.01 

文字原稿

文字だけで構成されている原稿。 manuscript

copy

手書きによる原稿,タイプライタに

よる原稿,印刷物を原稿としたも

の,電子データとして記録したもの

などがある。文字原稿は,通常,印

刷文字に変換して複製される。テキ

ストともいう。

も じ げ ん こ

13.01.02 

画像原稿

(分類名) image

が ぞ う げ ん

こう

13.01.02.01 

図版原稿

ある表現の意図を持って描いた図

解,絵画,地図,グラフ,イラスト

などの原稿。

original

図版原稿は,手書きして作成する方

法以外に,直接に電子データとして

作成する方法がある。絵画は,その

まま反射原稿として利用する場合

とカメラで撮影して利用する場合

がある。

ず は ん げ ん

こう

13.01.02.02 

写真原稿

物体の像又は電磁波・粒子線のパタ

ーンを視覚的再現のために,物理・

化学的手法により記録した原稿。

photograph

原稿の状態としては,写真印画,リ

バーサル(ポジ)カラーフィルムな

どのほかに,デジタルカメラで撮影

して電子データとして記録したも

のがある。

し ゃ し ん げ

んこう

13.01.02.03 

カラー原稿

複製するための原稿として用いる

絵画・カラーフィルム・カラープリ

ント・着色線画など(JIS Z 8123 

照)

 

color copy

か ら ー げ ん

こう

13.01.02.04 

反射原稿

反射光で見る原稿(JIS Z 8123 

照)

 

reflection 
copy

写真印画,絵画,書き文字(描き文

字)

,イラストなどがある。

は ん し ゃ げ

んこう

13.01.02.05 

透過原稿

透過光で見る原稿(JIS Z 8123 

照)

 

transparency  代表的なものにリバーサル(ポジ)

カラーフィルムがある。

と う か げ ん

こう

13.01.02.06 

線画原稿

線・図形などで濃淡の階調がない白

黒画像原稿(JIS Z 8123 参照)

 

line drawing,
black and 
white

この原稿に製版段階で加工して平

網,グラデーションなどを付ける場

合もある。

せ ん が げ ん

こう

13.01.02.07 

階調原稿

写真原稿,絵画など,原稿の全部又

は一部に連続階調をもっている画

像原稿。

か い ち ょ う

げんこう

13.01.03 

版下

レタリング(製版用に清書された文

字),写真植字文字,図,表などを

台紙に貼ったもの(JIS Z 8123 

照)

 

artwork, 
camera-ready 
copy

従来の製版カメラを用いる場合は,

その被写体とするものの総称とし

て用いた。また,従来の写真製版で

は,レイアウトに従って,台紙に文

字・図版などを貼り込み,写真の入

る位置にアタリを書き入れたもの

を版下台紙とよんでいる。 

はんした

13.02 

組版指定

原稿上に文字の書体,サイズ,体裁,

スペースなどを直接記入した指定

JIS Z 8124 参照)

 

markup

原稿に直接手書きする方法以外に,

組版用のデータにタグ・特殊記号な

どを付加する方法がある。原稿指定

ともいう。

く み は ん し

てい

13.02.01 

組版指定書

文字の組版方法についての全般的

な事項を記載し,文字原稿に添付す

る文書。

組方指定書・組方要項などともい

う。

く み は ん し

ていしょ


47

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

13.02.02 

レイアウト,割

印刷物を作成する際に,文字・画像

などのページ内における配置構成

を設計し,更に必要な組版及び製版

の指示を施すこと。

layout

わりつけ

13.02.03 

トリミング

絵柄の必要部分を指定する行為(JIS 

Z 8124

参照)

 

trimming, 
cropping

原稿のコピー又は原稿に被せたト

レーシングペーパーに指示する方

法,カンプで仕上り見本を示す方法

などがある。絵柄などに従って不定

形にトリミングする場合は,切り抜

きという。

13.02.04 

見本組

ページの体裁を確認・決定するため

に,原稿の一部だけの組版を行い,

校正刷としたもの。

specimen page 組見本ともいう。

みほんぐみ

13.02.05 

カンプ

制作スタッフ又は発注者に提示し

理解を得るための,刷り上がりイメ

ージに近い状態の見本。

comprehensiv
e, comp(.)

13.02.06 

完全原稿

印刷工程にまわす原稿の内容及び

組版指定に誤りがなく,すぐに組版

又は製版の作業ができる状態にあ

る原稿。

受注側から発注側に対して要望さ

れている事項である。完成したペー

ジごとにまとまった版下として入

稿する場合に,ほぼ該当する。

か ん ぜ ん げ

んこう

13.02.07 

トメじるし

原稿に通し番号をふった場合,原稿

の末尾に書き添えるマーク。

片仮名で“トメ”などと赤字で記す。

原稿最終部であることを示し,主に

組版発注側と受注側の確認のため

に用いる。

13.03 

訂正原本

書籍の増刷,改訂版などの発行に備

えて,誤記・誤植,その他の訂正な

どを書き入れた本。

master copy

原本ともいう。出版社で保管してい

るが,印刷所で備えておくべき訂正

原本は,印刷所原本という。

て い せ い げ

んぽん

13.04 

入稿

組版指定が行われている原稿,組版

処理済みの電子データ,その他の形

態の原稿を印刷工程に回すために

印刷所などに渡すこと。

material in

著者が出版社に原稿を渡すことも

入稿という。原稿の受渡しを入稿確

認書として記録に残しておく方法

もとられている。

にゅうこう

13.04.01 

電子原稿

原稿を電子媒体上で作成した原稿

で,内容が電子データとして保存さ

れている原稿。

electronic 
manuscript

で ん し げ ん

こう

13.04.01.01 

電子データ入

稿

電子データによる入稿。

文字原稿だけでなく,画像原稿につ

いてもいう。DTP などにより組版さ

れたデータの場合もある。電子デー

タの内容,出力の形式などを指示す

る出力依頼書を添付することが多

い。

で ん し で ー

た に ゅ う こ

13.04.01.02 

(原稿の)出力

見本

電子データの原稿の内容を示すた

め,及び組版指定を施すために添付

するハードコピー。

プリントアウトともいう。

し ゅ つ り ょ

くみほん

13.04.02 

完全データ入

稿

面付を除き,入稿された電子データ

の修正を行わず,そのままの状態で

フィルム,刷版又は印刷物として出

力できる状態で渡される組版・製版

処理済み電子データの入稿。

ある程度の組版・製版処理が電子デ

ータとして行われているが,文字の

修正,画像データの差替え・修正な

どを行う必要がある状態での入稿

は,準完全データ入稿,未完成デー

タ入稿などとよばれる場合がある。 

か ん ぜ ん で

ー た に ゅ う

こう


48

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

13.04.03 

後送(原稿)  原稿の一部を後から送付すること,

及び原稿又は校正刷へその旨を指

示するサイン。

こうそう(げ

んこう)

14. 

校正

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

14.01 

校正

校正刷をチェックして,修正指示す

ること(JIS Z 8123 参照)

 

proofreading

校正刷に記入された指示に従って,

組版データを修正する作業(赤字修

正)も,校正と呼ばれている。 

こうせい

14.02 

校閲

a

)著者の依頼・承認を受けた第三

者が,原稿内容の誤り,不備などを

調べて正すこと。

b

)一通り校正の済んだ校正刷に目

を通し,誤りの有無を吟味するこ

と。

c

)新聞制作において,専門の部署に

よって行われる原稿内容の修正・訂

正。

revision

こうえつ

14.03 

校正刷

校正用の印刷物を作成すること,又

はその印刷物(JIS Z 8123 参照)

proof

ゲラ刷又は単にゲラともいう。ゲラ

とは galley の発音が変化したもの

で,本来は活字組版を収める浅い盆

のことである。ゲラに活字組版を入

れたまま校正刷を作成したことか

ら,転じてゲラ刷は校正刷を意味す

るようになった。

こ う せ い ず

14.03.01 

出校

印刷所などの受注者が校正刷を出

版社などの発注者に渡すこと。

しゅっこう

14.03.01.01 

見開き出校

校正刷を見開きの状態で作成して

出校すること。

み ひ ら き し

ゅっこう

14.04 

内校,内校正  印刷所などが初校などを出校する

前に校正を行って訂正すること。

printer's proof

うちこう,う

ちこうせい

14.05 

初校

最初の校正又は校正刷。 

first revise, 
first proof

しょこう

14.05.01 

要再校

初校(校正刷)を戻す際に,再校(校

正刷)を出すように指示する校正の

用語。

show revise

再校を戻す際に,三校を出すように

指示する場合は,要三校と記入す

る。

よ う さ い こ

14.06 

再校

2 度目の校正又は校正刷。 revise,

revised proof

さいこう

14.07 

三校

3 度目の校正又は校正刷。 second

revised

proof

さんこう

14.08 

念校

校了の直前に,念のために行う校

正。

ねんこう

14.08.01 

抜念校,抜念  特に赤字の多いページ,修正が難し

いページなどのみを抜き出して行

う念校。

ぬ き ね ん こ

う,ぬきねん

14.09 

校了

校正の結果,修正・訂正のなくなっ

た状態,又は校正が完了したことを

指示する校正のサイン。

OK

こうりょう


49

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

14.09.01 

校了紙

校正を完了して,そのとおり印刷す

ればよいという合意を得た校正刷

JIS Z 8123 参照)

 

OK sheet

こ う り ょ う

14.09.02 

責了,責任校了 印刷所などが責任をもって必要な

訂正又は変更を行うことを前提と

した校了,又はそのことを指示する

校正のサイン。

OK with 
change, 
OK with 
correction

直しの箇所が少ない場合,又は作業

の進行が切迫している場合に行わ

れる。

せきりょう,

せ き に ん こ

うりょう

14.09.02.01 

責了紙

責了の承認を得た校正刷。

OK proof

せ き り ょ う

14.10 

下版

校了になった組版データを,次の作

業に回すこと。

げはん

14.11 

誤植

原稿及び組版指定に対する組版の

誤り。

misprint, 
typo 
(typographical 
error), 
literal (literal 
error)

原稿の不完全さ,文字入力の不注

意,組版担当者の不注意などによ

る。文字の誤植では,書体,サイズ,

位置の間違いのほか,誤字,脱字,

えん(衍)字,前後が入れ替わる逆

植などがある。

ごしょく

14.11.01 

ゲタ

特殊な文字などで準備された文字

がない場合に仮に入れておく記号。

turned letter

活字組版では,活字の字面を下に,

足の部分を上にして組版作業を行

った。この場合にげた(下駄)の歯

(〓)のように印刷されたことから

ゲタと呼ばれるようになった。伏せ

字ともいう。

14.12 

赤字

校正刷に対して主として赤い色で

修正・訂正を指示する書き込み。

correction 
mark

赤字の指示には校正記号を用いる。 あかじ

14.12.01 

赤字修正,赤字

訂正

校正刷の指示に従って,組版データ

を修正する作業。

correction

活字組版では,差替えという。

あ か じ し ゅ

うせい,あか

じていせい

14.13 

引合せ校正

原稿と校正刷を,1 字 1 字照合しな

がら校正する方法。

ひ き あ わ せ

こうせい

14.14 

読合せ校正

一人が原稿を音読し,他の一人がそ

の校正刷を黙読して校正する方法。

hold copy

音読者は,記号の種類,同音異字の

区別,改行などを読み上げる。対校

ともいう。一人で行う校正は単独校

正(単校)という。

よ み あ わ せ

こうせい

14.15 

赤字引合せ

初校と再校とを[一般的には第(n

−1)校と第 n 校とを]対比して,

赤字が修正されているかどうかを

確認し,未訂正及び修正誤りがあれ

ば,再校(校正刷)に訂正の指示の

赤字を入れる作業。

初校の赤字に点検済みのチェック

印を付けて点検する方法が多く行

われている。

 

あ か じ ひ き

あわせ

14.16 

素読み

原稿を離れて校正刷を読むことに

集中して行う校正方法。

silent reading 記述内容の矛盾,用語又は用字の不

統一などを発見しやすい。通常は引

合せ校正の後に行う。

すよみ

14.17 

出張校正

著者,編集者,校正者などが,印刷

所に出向いて行う校正。

雑誌などで,作業を急ぐ場合に行わ

れる例がある。

し ゅ っ ち ょ

うこうせい

14.18 

待ち校

印刷所などの校正刷を届けにきた

人を待たせて行う校正。

広告などの校正で行われる例があ

る。

まちこう

14.19 

著者校正

著者又は編著者が行う校正。 author's

proofreading

略して,著者校ともいう。この際の

原稿と相違する訂正加除のことを

著者直しという。

ち ょ し ゃ こ

うせい


50

Z 8125

:2004

番号

用語

定義

対応英語

参考

読み

14.20 

校正記号

校正の指示を簡略に表記する共通

の記号として認められたもの(JIS Z 

8123

参照)

 

proofreader's 
mark, proof 
correction 
mark

校正記号は,JIS Z 8208 に規定され

ている。

こ う せ い き

ごう

14.20.01 

パスラインシ

ステム

校正で赤字を記入する際に,訂正箇

所から引出し線を引いて行間や欄

外の余白に訂正する文字又は記号

を記入する方法。

pathline 
system

引出し線は,一般に右上に引き出す

が,横組では行間にそって左右に引

き出す方法も行われている。ガイド

ラインシステムともいう。

14.20.02 

ブックシステ

校正で赤字を記入する際に,訂正箇

所に斜線又は丸印を付け,同じ行の

行頭又は行末の空白部に訂正する

文字又は記号を記入する方法。

book system  欧米では,一般にこの方法が行われ

ている。 

14.20.03 

イキ

訂正を取り消して元を生かす校正

記号。

stet

イキは赤字の近くではなく,元の生

かす文字又は記号の近くに記入す

る。

14.20.04 

トル

校正刷にある不要な文字・記号を削

除し,その後を詰めるよう指示する

校正記号。

delete

不要な文字及び記号を削除し,その

後を詰めることをより明確に指示

する場合は,トルツメと記入する。

また,不要な文字及び記号を削除

し,そのまま空けておく場合は,ト

ルアキ又はトルママと指示する。

14.20.05 

追込み

a

)改段,改ページ及び改丁とせず

に,次の見出しなどを前段又は前ペ

ージの空白部に続けること,又はそ

の指示。

b

)改行とせずに,次の文章を前行

の末尾に続けて配置すること,又は

その指示。

run in, run on

おいこみ

14.20.06 

(校正の)送り 文字若しくは行を前後に移動させ

ること,又はその指示。

文字の移動は字送り,行の移動は行

送りという。

おくり