>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 8123-4

:2013

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  表記法 

1

2.1

  番号の表記  

1

2.2

  用語の表記  

1

2.3

  ISO 番号の表記  

1

2.4

  対応英語の表記  

1

3

  用語及び定義  

2

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

5


Z 8123-4

:2013

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本印刷産業連合会(JFPI)及び一

般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,

日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

印刷産業への情報技術の導入によって従来から印刷で使用している用語の概念も変化しつつあり,印刷

産業内部と他業界とのコミュニケーションにおいて混乱を招くようになった。このような状況に対応する

ため,1995 年に JIS Z 8123(印刷用語−基本用語)が制定されていたが,その後,国際規格(ISO 規格)

の制定が進み,

“terminology”

(印刷用語)として ISO 12637-1ISO 12637-4 が 2009 年までに順次制定さ

れた。これによって印刷用語に関して,基本用語,プリプレス用語,プリンティング用語及びポストプレ

ス用語の 4 分野がそろ(揃)って制定されたこととなり,これらを JIS に反映させるために,新たに国際

規格(ISO 規格)に対応した JIS を 4 部構成で制定した。

これによって,JIS Z 8123:1995 は廃止され,その一部を分割して制定したこの規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS Z 8123

(印刷技術用語)の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS Z 8123-1

第 1 部:基本用語

JIS Z 8123-2

第 2 部:プリプレス用語

JIS Z 8123-3

第 3 部:プリンティング用語

JIS Z 8123-4

第 4 部:ポストプレス用語


日本工業規格

JIS

 Z

8123-4

:2013

印刷技術用語−第 4 部:ポストプレス用語

Graphic technology-Vocabulary-Part 4: Postpress terms

序文 

この規格は,2008 年に第 1 版として発行された ISO 12637-4 を基に,対応する用語については対応国際

規格を翻訳し,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格であるが,対応国際規格には規定さ

れていない用語を日本工業規格として追加している。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更した事項である。変更の一覧表

にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,印刷におけるポストプレスに関する用語及び定義について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 12637-4:2008

,Graphic technology−Vocabulary−Part 4: Postpress terms(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

表記法 

2.1 

番号の表記 

用語の番号は,4 桁の数字で表す。千の位の桁は,この規格の部番号“4”を付け,続けて 3 桁の連続番

号で表す。この 3 桁の連続番号は,この規格で規定する用語の五十音順の番号である。

2.2 

用語の表記 

定義が同一の用語が複数ある場合には,それらの用語を“,

”で区切って表す。ただし,複数の用語が示

される場合には,

最も使用されると思われる用語を最初に表す。

用語の読みが紛らわしいものについては,

その用語の直後に両括弧で囲んだ平仮名読みを表す。

2.3 ISO

番号の表記 

ISO

番号欄は,対応国際規格に規定されている用語には,対応国際規格の部番号である 4 を最初の 1 桁

とし,続いて“-”とし,さらに,続いて対応国際規格で規定されている用語の番号の“2.

”に続く番号と

する。対応国際規格に規定されていない用語は,

“−”とする。

2.4 

対応英語の表記 

対応英語欄には用語に対応する対応英語を参考として表す。同じ用語に対して複数の対応英語が参考と

して示される場合には,それらの対応英語を“,

”で区切って表す。対応英語に該当分野の特定が必要な場

合には,その後に両括弧で囲まれた英単語で表す。


2

Z 8123-4

:2013

用語及び定義 

この規格で規定する用語及び定義は,次による。

番号

用語

定義

参考

ISO 

番号

対応英語

4001 

網代と(綴)じ(あ

じろとじ) 

無線と(綴)じにおいて用紙の接着性を高めるため接着剤を充
塡する本の背表紙に切込みを入れる加工工程。

4-48 notch binding

4002 

厚表紙 

2

枚の厚紙,背表紙,背貼り補強材で構成され,本の中身を保

護・一体化する本の一部分。

4-12 book

case

4003 

アルブミン 

本の小口に金ぱく(箔)を貼る際の,金めっき下地に用いられ
る複合たんぱく質。

4-4 albumin

4004 

色付け小口 

変色防止又は装飾のために色付けされた本の小口。 4-18

coloured

book

edge

4005 

ウェットラミネ

ート 

液状接着剤を用いて,印刷済の用紙とプラスチックフィルムと
を貼り合わせる印刷物加工方法。

4-64 wet

laminating

4006 

裏打ち 

くるみ作業の前の表紙の内側又は本の中身のと(綴)じ込みさ
れた背の上に紙又は薄い布を貼り付けることによって本の心

紙を補強する作業。

4-46 lining

4007 

エアテーブル 

切断又は断裁の仕上げ作業の工程で,被印刷物の質量を支える

エアークッション装置。

4-3 air

table

4008 

エンボス 

印刷していない,又は印刷した被印刷物に型を押し付けて,浮
き出た画像又は模様を付ける方法。

4-30 embossing

4009 

オーバプリント

ワニス 

印刷された被印刷物の表面全体にワニスを塗付する仕上げ工
程。

4-49 overprint

varnishing

4010 

押しけい(罫) 

折加工作業のガイドとするために,厚紙,紙などの被印刷物に
付ける折り目。

4-22 creasing

4011 

折り 

印刷した紙又は白紙に折り目を付けて曲げる作業。 4-35

folding

4012 

折り機 

被印刷物又は白紙に折り目を付けて曲げる機械。 4-34

folder

4013 

折り丁 

印刷済みの用紙を,予定された最終版の順序になるように,4
の倍数単位でページを取りまとめて折られたもの。

4-58 signature

4014 

型押し 

被印刷物に冷却又は加熱した金型を押し付け,インキ,金属は
く(箔)

,色付きはく(箔)などで画像又は模様を付ける工程。

4-26 die

stamping

4015 

型抜き 

鋭利な鋼鉄製の刃,レーザ光,ジェット水流などを使って被印
刷物を所定の形状に切断する工程。

4-25 die

cutting

4016 

カバー, 
ブックカバー, 
ダストジャケット 

断裁した上製本の周りに取り付ける表紙。 4-43

jacket

4017 

切違え 

表と背側との厚さの不均一を補正するために,折り丁又は本を
互い違いに積み重ねること。

4-19 compensation

stacking

4018 

金付け 

仕上げ断裁した小口に金などの金属粉又ははく(箔)を塗付し
て装飾するコーティング方法。

4-38 gilding

4019 

くるみ 

本の中身に厚表紙を,又は並製本の中身に表紙を取り付けるこ
と。

4-15 casing

in

4020 

けい(罫)線, 
けい(罫) 

輪郭線又は囲み物を作るために使われる押し金型。 4-55

rule

4021 

化粧断ち 

所要の形式にするため,白紙又は被印刷物の縁を切り落とすこ
と。

4-63 trimming

4022 

小口 

製本された本の三方の切り口(天,地,前小口)

注記  と(綴)じ側及び反対側の切り口(前小口)だけを小口

ということがある。

4-29 edge


3

Z 8123-4

:2013

番号

用語

定義

参考

ISO 

番号

対応英語

4023 

コーティング 

ラッカー,ワニスなどで被印刷物の白色度,不透明度,光沢な
どを改善し,印刷物の見栄えをよくし,保護する処理。

4-16 coating

4024 

三方断裁 

上製本の中身,並製本,又は雑誌の三方(天,地,前小口)を
断裁すること。

4-62 three-sided

trimming

4025 

下塗り 

印刷コーティングなどの作業の下準備として,紙などの被印刷
物の表面特性を向上させるために行うコーティング。

4-6 base

coat

primer

4026 

しみ通し 

被印刷物の多孔質な材料を通して,のり(糊)

,インキなどの

物質が浸透して,そのページの裏側から見えること。

4-61 strike-through

4027 

締め取り 

と(綴)じ込み作業の前に印刷された折り丁及びページを平ら

にする作業。

4-53 pressing

4028 

しゃ(紗)張り 

しゃ(紗)を本の中身の背に貼って強度を強化すること。 4-37

gauzing

4029 

シュリンク包装 

収縮性プラスチックフィルムを使用して,製品の形状に密着さ
せ製品の保護を確実にする方法。

4-57 shrink

wrapping

4030 

上製本 

と(綴)じた中身を本の形に作ってから,厚い表紙でくるんで,
のり(糊)付けした本。

− casebound

book

hard cover book

4031 

心紙(しんがみ)  上製本の表紙を作るための一対の厚紙。 4-21

cover

board

4032 

ステッチング, 
と(綴)じ 

針金,糸,又は金属若しくはプラスチックのリングを用いてペ

ージを一体化する加工方法。

4-60 stitching

4033 

スポットワニス 

選択した画像部分を強調するために,印刷済の用紙の特定部分

にワニスを塗布すること。

4-59 spot

varnish

4034 

製かん(函) 

はこ(函)になる形に打ち抜き,折り目をつけた厚紙を折り畳
み,のり(糊)付けして,はこ(函)を作ること。

gluing and folding

4035 

製本 

単一ページ又は折り丁を合わせて一冊の本に仕上げる処理。 4-13 bookbinding

4036 

背固め 

紙又は布によって本の中身の背を補強すること。 4-5

backlining

4037 

接着剤塗布装置 

雑誌,並製本,包装材などの製品を作るためにコールドグルー

(低温接着)法又はホットメルト(熱溶融)法を用いて接着剤
を塗付する装置。

4-1 adhesive

applicator

4038 

総繰り(そうぐ

り) 

製本作業の前に行われるページ又は折り丁を正しい順序に並

べ替える処理。

4-17 collating

4039 

断裁 

刃物で被印刷物を切断する処理。 4-23

cutting

4040 

丁合い 

折り丁を正しい順番にそろ(揃)えて未断裁の中身を作ること。

 4-36  gathering

4041 

束見本(つかみほ

ん) 

実際の本に使用する被印刷物及び表紙材料で構成される実物
大模型。

4-9 blank dummy

4042 

突そろ(揃)え 

用紙,厚紙,折り丁ブロックの小口をそろ(揃)えること。 4-44 jogging

4043 

デボッシング 

型を使って印刷していない,又は印刷した被印刷物にへこ(凹)
んだ画像又はへこ(凹)んだ模様を付ける手法。

4-24 debossing

4044 

と(綴)じ 

印刷物のページをと(綴)じ合わせる方法。 4-7

binding

4045 

と(綴)じ代 

折り丁又はページの端部分。これに沿って未断裁の本文をと
(綴)じたり接着したりする。

4-8 binding

margin

4046 

ドライラミネー

 

箱,紙器,ディスプレイ材料,本の表紙などの製品を保護する

ために,印刷した紙に前もって乾燥させた粘着性プラスチック
フィルムを貼る加工作業。

4-28 dry

laminating

4047 

ドリリング, 
穴あけ 

と(綴)じ作業において,1 束の紙又は折り丁にドリルで穴を
あける工程。

4-27 drilling

4048 

中と(綴)じ 

折った印刷物を,開いた状態で中心の折り線にそって針金でと
(綴)じること。

− saddle stitch

4049 

流れ込み 

本の中身の小口の間にインキ又はのり(糊)が浸透すること。 4-56  running in


4

Z 8123-4

:2013

番号

用語

定義

参考

ISO 

番号

対応英語

4050 

投げ入れ 

内容は本体に属さないが,無線と(綴)じ,糸と(綴)じ,又
は中と(綴)じで本体にと(綴)じ込まれる 2 ページ以上の印
刷物。

4-14 bound-in insert

4051 

並製本, 
紙表紙の本 

柔軟性のある紙表紙と本の中身とで構成される本 4-50

paperbound

book

4052 

ならし 

本の中身又は並製本に圧力をかけて,背から前小口までの厚さ
を均一にすること。

4-41 hold-down

4053 

入紙(にゅうし)  複数の折り丁を交互に合わせたり(投げ入れ),印刷製品に印

刷物を挿入する(投げ込み)こと。

4-42 inserting

4054 

のり(糊)付け 

のり(糊)又はにかわ(膠)のような接着剤を使って 2 枚以上
の被印刷物を接着する方法。

4-40 gluing

4055 

のり(糊)付け入

 

2

ページ以上の印刷物中に差し込んでのり(糊)付けされた入

紙(挿入物)

4-39 glued-in

insert

4056 

はく(箔)押し 

加熱した型を使って,被印刷物上に色付きのはく(箔)又は金
ぱく(箔)の画像を転写させる方法。 
注記  ホットスタンピングともいう。

4-33 foil

stamping

4057 

パンチング 

ルーズリーフ式製本又は機械式製本ができるように型を使っ
て被印刷物に穴をあけたり,溝を付ける工程。 
注記  穴あけともいう。

4-54 punching

4058 

表紙 

本の中身の保護又は補強のために,取り付ける柔軟な,又は硬
い保護物。

4-20 cover

4059 

平と(綴)じ 

本の中身をそろえ,背に近い部分を針金でと(綴)じ,表紙を
付けること。

− side stitch

4060 

 

一連の白紙,手書き,又は印刷済みのページを表紙でと(綴)
じたもの。

4-10 book

4061 

本の中身 

断裁され,と(綴)じ付けられたもの又は無線と(綴)じされ
た未断裁の一連の用紙からなる,表紙を付ける前の本の一部。

4-11 book

block

4062 

ミーリング 

個々の用紙を接着材に触れさせるため,折り重ねられた折り丁
の背を擦り減らす作業。

4-47 milling

4063 

見返し 

上製本において,本の中身と表紙とを接合するために最初と最
後のページとに用いられる紙。

4-31 end

paper

4064 

見返しの遊び 

上製本の最初と最後とに付ける見返しのうち,のり(糊)付け
されていないほうの紙。

4-32 fly-leaf

4065 

ミシン入れ 

白紙又は印刷製品の部分の折り曲げ又は分離をしやすくする

ために,被印刷物に連続してあけられた小さな穴。

4-52 perforating

4066 

無線と(綴)じ 

個々のページ又は折り丁を本の表紙に接着剤で直接貼り合わ

せると(綴)じの方法。

4-2

4-51

adhesive binding

perfect binding

4067 

ラミネート 

印刷物の厚さ又は硬さを増したり,又は印刷物に特別な特性を

付加するために,2 枚以上の被印刷物を接着剤で貼り合わせる
作業。

4-45 laminating


5

Z 8123-4

:2013

附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS Z 8123-4:2013

  印刷技術用語−第 4 部:ポストプレス用語

ISO 12637-4:2008

  Graphic technology−Vocabulary−Part 4: Postpress terms 

(I)JIS の規定

(II) 
国際
規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

3

用語及び

定義

4030

  上製本

追加

我が国における汎用語

国際規格の関連の用語とは内容的

に整合がとれている。

4034

  製かん(函)

追加

我が国における汎用語

国際規格の関連の用語とは内容的
に整合がとれている。

4048

  中と(綴)じ

追加

我が国における汎用語

国際規格の関連の用語とは内容的
に整合がとれている。

4059

  平と(綴)じ

追加

我が国における汎用語

国際規格の関連の用語とは内容的
に整合がとれている。

4066

  無線と(綴)じ

2.2

2.51

adhesive binding

perfect binding

一致

定義の内容に差がないため,用語欄
を統一した。

国際規格の関連の用語とは内容的
に整合がとれている。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 12637-4:2008,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

−  一致  技術的差異がない。

−  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

−  MOD  国際規格を修正している。

5

Z 8

123

-4


20
13