>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

1)

目  次

ページ

序文  

1

1  適用範囲  

1

2  適合性及び性能仕様  

1

3  引用規格  

1

4  用語及び定義  

4

5  概念 

4

5.1  階層の概要  

4

5.2  リターナブル包装器材  

6

5.3  一意の物品識別  

6

5.4  その他の識別要件  

9

6  製品タグ付けの使用例  

9

6.1  業務工程  

9

6.2  製品 ID だけを使用した場合と,製品 ID 及びロット番号又はバッチ番号を含むシリアル番号を使用

した場合との違い  

10

6.3  消費材と産業材又は政府向け製品との違い  

11

7  データ内容  

11

7.1  始めに  

11

7.2  システムデータ要素  

11

7.3  RF タグの構造  

12

7.4  プロトコル制御(PC)ビット  

14

7.5  データ要素  

15

7.6  トレーサビリティ  

16

7.7  一意の個品識別  

16

8  データセキュリティ  

16

8.1  機密性  

16

8.2  データの完全性  

17

8.3  リーダライタの認証  

17

8.4  否認防止及び監査証跡  

17

8.5  製品認証及び偽造防止  

17

9  ラベル形 RF タグを付けた物品の識別  

17

10  RF タグの障害に備えたバックアップ  

17

10.1  可読文字情報  

17

10.2  可読文字の変換  

18

10.3  データの項目名称  

18

10.4  バックアップ  

18


Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)  目次

2)

ページ

11  RF タグの仕様  

19

11.1  データプロトコル  

19

11.2  最低性能要件(交信範囲及び交信速度)  

19

11.3  環境パラメタ  

20

11.4  RF タグの方向  

20

11.5  包装資材  

21

11.6  衝撃負荷及び摩耗  

21

11.7  RF タグの寿命  

21

11.8  システムの最低限の信頼性  

21

11.9  エアインタフェース  

21

11.10  アプリケーションのメモリ要件  

21

11.11  センサインタフェース(該当する場合)  

21

11.12  リアルタイムクロックのオプション  

21

11.13  安全性及び規制事項  

22

11.14  読取り制限付きデータ  

22

11.15  RF タグのリサイクル性  

22

11.16  RF タグの再利用性  

22

12  RF タグの取付け場所及び表示  

22

12.1  RF タグを取付け又は挿入する材料  

22

12.2  包装の形状及び RF タグの環境 

23

13  リーダライタの要件  

23

13.1  安全性及び規制上考慮する事項  

23

13.2  データのプライバシー  

23

14  相互運用性,互換性及び他の RF システムヘの不干渉  

23

附属書 A(参考)タイヤ用 RF タグ(IC チップ及びトランスポンダ)の設計及び製造の適合性検証ガイド

ライン  

24

附属書 B(参考)製品のライフサイクル管理に役立つデータ要素の表  

42

附属書 C(規定)符号化  

43


Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

3)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本

工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 Z

0667

2017

(ISO 17367

2013

)

RFID のサプライチェーンへの適用-製品タグ付け

Supply chain applications of RFID-Product tagging

序文 

この規格は,

2013 年に第 2 版として発行された ISO 17367 を基に,技術的内容及び構成を変更すること

なく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,製品タグ付けに適用する場合のサプライチェーン用途の電子タグ技術(

RFID)の基本的仕

様について規定する。

この規格は,次の事項を規定する。

  製品の識別のための仕様

 RF タグの追加情報についての推奨

  使用する意味及びデータ構文の指定

  業務アプリケーションと RFID システムとのインタフェースに使用するデータプロトコルの指定

  リーダライタと RF タグとの間のエアインタフェース規格の指定

 RF タグの再利用及びリサイクル性についての指定

1)

この規格は,製品タグ付けだけを対象とし,製品包装は対象としない。

1)

  対応国際規格には記載がないが,他の JIS Z 066X 規格群との統一性を図るために追加した。

注記

  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 17367:2013,Supply chain applications of RFID-Product tagging(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“

IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,“一致している”こ

とを示す。

適合性及び性能仕様 

この規格に従う全てのデバイス及び装置は,性能に関しては ISO/IEC 18046 規格群に,適合性に関して

は ISO/IEC 18047-6ISO/IEC 18000-63(タイプ C)]及び ISO/IEC 18047-3ISO/IEC 18000-3 モード 3 の

ASK インタフェース)に規定される適切なセクション及びパラメタにも適合しなければならない。

注記

  業界固有の適合性及び/又は品質文書の説明に役立つ実例を,附属書 に示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。


2

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

JIS X 0301  情報交換のためのデータ要素及び交換形式-日付及び時刻の表記

注記

  対応国際規格:ISO 8601,Data elements and interchange formats-Information interchange-

Representation of dates and times(MOD)

JIS X 0500-1  自動認識及びデータ取得技術-用語-第 1 部:一般

注記

  対応国際規格:ISO/IEC 19762-1:2005,Information technology-Automatic identification and data

capture (AIDC) techniques-Harmonized vocabulary-Part 1: General terms relating to AIDC(IDT)

JIS X 0500-2  自動認識及びデータ取得技術-用語-第 2 部:光学的読取媒体

注記

  対応国際規格:ISO/IEC 19762-2:2005,Information technology-Automatic identification and data

capture (AIDC) techniques-Harmonized vocabulary-Part 2: Optically readable media (ORM)

IDT)

JIS X 0500-3  自動認識及びデータ取得技術-用語-第 3 部:RFID

注記

  対応国際規格:ISO/IEC 19762-3:2005,Information technology-Automatic identification and data

capture (AIDC) techniques-Harmonized vocabulary-Part 3: Radio frequency identification (RFID)

IDT)

JIS X 0504  自動認識及びデータ取得技術-バーコードシンボル体系仕様-コード 128

注記

  対応国際規格:ISO/IEC 15417,Information technology-Automatic identification and data capture

techniques-Code 128 bar code symbology specification(IDT)

JIS X 0507  バーコードシンボル-EAN/UPC-基本仕様

注記

  対応国際規格:ISO/IEC 15420,Information technology-Automatic identification and data capture

techniques-EAN/UPC bar code symbology specification(IDT)

JIS X 0510  二次元コードシンボル-QR コード-基本仕様

注記

  対応国際規格:ISO/IEC 18004,Information technology-Automatic identification and data capture

techniques-QR Code 2005 bar code symbology specification(IDT)

JIS X 0512  情報技術-自動認識及びデータ取得技術-バーコードシンボル体系仕様-データマトリ

ックス

注記

  対応国際規格:ISO/IEC 16022,Information technology-Automatic identification and data capture

techniques-Data Matrix bar code symbology specification(MOD)

JIS X 0531  情報技術-EAN/UCC アプリケーション識別子と FACT データ識別子,及びその管理

注記

  対応国際規格:ISO/IEC 15418:1999,Information technology-EAN/UCC Application Identifiers

and Fact Data Identifiers and Maintenance(IDT)

JIS X 0533  情報技術-大容量自動認識情報媒体のための転送構文

注記

  対応国際規格:ISO/IEC 15434:1999,Information technology-Transfer syntax for high capacity

ADC media(IDT)

JIS Z 0106  パレット用語

注記

  対応国際規格:ISO 445,Pallets for materials handling-Vocabulary(MOD)

JIS Z 0108  包装-用語

注記

  対応国際規格:ISO 21067,Packaging-Vocabulary(MOD)

JIS Z 0663  RFID のサプライチェーンへの適用-貨物コンテナ

注記

  対応国際規格:ISO 17363,Supply chain applications of RFID-Freight containers(IDT)

JIS Z 0664  RFID のサプライチェーンへの適用-リターナブル輸送器材(RTI)及びリターナブル包


3

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

装器材(

RPI)

注記

  対応国際規格:ISO 17364,Supply chain applications of RFID-Returnable transport items (RTIs)

and Returnable packaging items (RPIs)(IDT)

JIS Z 0665  RFID のサプライチェーンへの適用-輸送単位

注記

  対応国際規格:ISO 17365,Supply chain applications of RFID-Transport units(IDT)

JIS Z 0666  RFID のサプライチェーンへの適用-製品包装

注記

  対応国際規格:ISO 17366,Supply chain applications of RFID-Product packaging(IDT)

ISO 830,Freight containers-Vocabulary

ISO/IEC/IEEE 8802-15-4,Information technology-Telecommunications and information exchange between

systems-Local and metropolitan area networks-Specific requirements Part 15.4: Wireless Medium

Access Control (MAC) and Physical Layer (PHY) Specifications for Low-Rate Wireless Personal Area

Networks (WPANs)

ISO/IEC 15459 (all parts),Information technology-Automatic identification and data capture techniques-

Unique identification

ISO/IEC 15961 (all parts) , Information technology - Radio frequency identification (RFID) for item

management-Data protocol: application interface

ISO/IEC 15962,Information technology-Radio frequency identification (RFID) for item management-Data

protocol: data encoding rules and logical memory functions

ISO/IEC 15963,Information technology-Radio frequency identification for item management-Unique

identification for RF tags

ISO/IEC 18000-3,Information technology-Radio frequency identification for item management-Part 3:

Parameters for air interface communications at 13,56 MHz

ISO/IEC 18000-63,Information technology-Radio frequency identification for item management-Part 63:

Parameters for air interface communications at 860 MHz to 960 MHz Type C

ISO/IEC 18046 (all parts),Information technology-Radio frequency identification device performance test

methods

ISO/IEC 18047 (all parts),Information technology-Radio frequency identification device conformance test

methods

ISO/IEC/IEEE 21451-7,Information technology-Smart transducer interface for sensors and actuators-Part

7: Transducer to radio frequency identification (RFID) systems communication protocols and Transducer

Electronic Data Sheet (TEDS) formats

ISO/IEC/TR 24729-1,Information technology-Radio frequency identification for item management-

Implementation guidelines-Part 1: RFID-enabled labels and packaging supporting ISO/IEC 18000-6C

ISO/IEC/TR 24729-2,Information technology-Radio frequency identification for item management-

Implementation guidelines-Part 2: Recycling and RFID tags

ISO/IEC 29160,Information technology-Radio frequency identification for item management-RFID

Emblem

ANS MH10.8.2,Data Identifiers and Application Identifiers

GS1 EPC  Tag Data Standard Version 1.6

GS1 総合仕様書(GS1 General Specifications)


4

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

ICNIRP Guidelines,Guidelines for limiting exposure to time-varying electric,magnetic,and electromagnetic

fields (up to 300 GHz)

IEEE C95-1,IEEE Standard for Safety Levels with Respect to Human Exposure to Radio Frequency

Electromagnetic Fields, 3 kHz to 300 GHz

IEEE 1451.5,Information technology-Smart Transducer Interface for Sensors and Actuators-Wireless

Communication Protocols and Transducer Electronic Data Sheet (TEDS) Formats

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS X 0500-1JIS X 0500-3JIS Z 0106JIS Z 0108JIS Z 0664

及び ISO 830 による。

なお,この規格では,

16 進法文字は 0xnn と表す(“nn”は 16 進数)。

注記 1  2 進数は nnb と表す(“nn”は 0 又は 1 の 2 進数)。

注記 2 RS,EOT,GS などの制御文字は<RS>,<EOT>,<GS>などと表す。

概念 

5.1 

階層の概要 

製品をはじめとする“包装”のレベルを図 に,

“サプライチェーン階層”を図 に示す。これらの図は,

物理的対象を一対一に表現したものではなく,想定されるサプライチェーンでの概念モデルである。図 2

の幾つかの階層は,明確に物理的な対象と対応しているが,サプライチェーンにおける一部の物品は,使

用例によっては複数の階層に当てはまる。例えば,所有者が変わらずに繰り返し使用するパレットは,リ

ターナブル輸送器材(

RTI)として JIS Z 0664 の対象となる。ユニットロードの一部であるパレットは,

輸送単位として JIS Z 0665 の対象となる

2)

。単一の物品と一体をなすパレットは,製品包装として JIS Z 

0666 の対象となる。

2)

  対応国際規格では,パレットは,輸送単位として“この規格の対象となる”とあるが,“JIS Z 0665

の対象となる。”の誤りである。

“サプライチェーン階層”は,最終販売地点までの輸送,使用及び保守並びに場合によっては処分及び

返却された商品までを含み,原料から製品までの全ての側面を対象とする階層的な概念である。これらの

各階層は,製品を取り扱う多くの側面を対象とし,各レベルの業務工程は固有であるとともに,その他の

階層と重複している。

“物品レベル”から“貨物コンテナレベル”までの階層は,JIS Z 0663JIS Z 0667 の一連の規格で扱わ

れており,サプライチェーンの可視性を高めることを目的としている。最上位の階層

5 の“輸送モードレ

ベル”でトラックを使用する場合は,ISO/TC204/WG7 の作業範囲内に入る。

図 の階層 0 の物品レベル,特に製品[JIS Z 0664 の 4.1(製品)を参照]を,この規格の対象とする。

物品レベルの

RF タグは,リーダライタに含まれる“選択読取り”方式の適用によって,他の階層の RF

タグと区別することができる。この選択読取り機能によって,リーダライタ及びサポートする自動情報シ

ステム(

AIS)は,物品階層用の RF タグを迅速に識別することができる。


5

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

1  一次包装  -  消費者包装                -  (製品) 
2  二次包装  -  外装                      -  (製品包装) 
3  三次包装  -  輸送包装                  -  (輸送単位) 
4  三次包装  -  ユニット化された輸送包装  -  (輸送単位) 
5  パレット  -  (リターナブル輸送器材    -  RTI)

図 1-包装 

1

2

3

4

5

1

2

3

4

5


6

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

階層 5
輸送モードレベル
輸送モードによる定義
(輸送モード)

製品
包装

製品
包装

製品
包装

製品
包装

製品
包装

輸送
単位

輸送
単位

輸送
単位

リターナブル

輸送器材(

RTI

リターナブル

輸送器材(

RTI

コンテナ

20/40 フィート海上コンテナ及び マルチモーダルコンテナ

輸送モード

(トラック、船舶、鉄道、航空機)

RPI

RPI

構成要素,部品,資材,サブアセンブリ等

リターナブル包装器材(RPI

RPI

RPI

物品

物品

物品

物品

物品

物品

物品

製品
包装

物品

物品

製品
包装

物品

物品

物品

物品

輸送
単位

製品
包装

物品

物品

階層4
貨物コンテナレベル
JIS Z 0663
433MHz又は2.45GHz

(8802-15-4又は18000-7 TPA)

(貨物コンテナ)

階層3
RTIレベル
JIS Z 0664
860MHz~960MHz
(様々な18000 TPA)
(三次包装)

階層2
輸送単位レベル
JIS Z 0665
(様々な18000 TPA)
(三次包装)

階層1
製品包装レベル
JIS Z 0666
( 860MHz~960MHz TPA)
(13.56MHz TPA)
(二次包装)

階層0
物品レベル
JIS Z 0667
( 860MHz~960MHz TPA)
(13.56MHz TPA)
(一次包装)

物品

注記

 TPA:受渡当事者間の合意がある場合(Trading Partner Agreement)。

図 2-サプライチェーンの階層 

5.2 

リターナブル包装器材 

サプライチェーン内の全ての階層には,その資材が供給者に確実に返却されることを期待して顧客に発

送されるものがある。これらのリターナブル包装器材(

RPI)は,潜在的に物理的な輸送単位と同様に価

値のある資産である。

RPI 及びその識別については,JIS Z 0664 の附属書 A(リターナブル包装器材)に

よる。

5.3 

一意の物品識別 

5.3.1 

概要 

一意の物品識別とは,個々の物品,この規格の場合には物品に関連付けられる

RF タグに,一意のデー

タ文字列を割り当てるプロセスのことである。この一意のデータ文字列は,一意の物品識別子という。一

意の物品識別によって,個体単位にデータを収集し,管理することができる。個体単位のデータ活用の利

点は,製品の保守及び保証並びに記録の電子的な取り交わしの実現に,顕著に現れる。この個別化は,各

RF タグ付けした物品に,一意の物品識別子がある場合にだけ可能となる。一意に識別されない物品には,

通常は物品レベルで

RF タグが取り付けられることはない。一意の物品識別子を割り当てた物品は,個体

管理物品と呼ぶ。原価の低い消耗品には,標準的な分類の方法として,包装レベル又はそれ以上のレベル

RF タグを付ける。


7

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

製品階層の

RF タグは,同一品種の物品と別の品種の物品とを区別する手段として,物品を一意に識別

することができる。製品階層の

RF タグは,同一品種の物品間では区別する必要がない場合に,別の品種

の物品と同種の物品とを区別する使い方にも利用できる。これは,個体単位の区別が実用的でない,又は

必要のない物品に適用する。

一意の物品識別子は,ISO/IEC 15459-4 に規定された一意の識別子でなければならない。RF タグによっ

て識別する一意の物品識別子(

UII)は,同様な物品を個々に区別する。一意のタグ ID(ISO/IEC 15963

によって定義される)は,

RF タグを一意に識別するための仕組みであり,この規格に定義する一意の製品

識別子ではない。

一意の識別に最低限必要なデータ要素は,企業を識別する番号及びその企業内でのシリアル番号である。

通常,一意の識別を実現するためには,部品又はモデル番号も必要となる。

この規格は,一意の製品識別のために次の識別方式を適用する。

  サプライチェーン物品の一意の識別子(ISO/IEC 15459-4 参照)

 SGTIN

注記

 SGTIN:Seriallized Global Trade Item Number

5.3.2 

国際的な物品の一意の識別 

ISO/IEC 15459 規格群で定義している一意の識別子は,階層 0(物品レベル)

3)

~階層

4(貨物コンテナ

レベル)

3)

 のサプライチェーンの様々な階層に対する識別スキームを提供する。物品の一意の識別は,ア

プリケーションファミリ識別子(

AFI)及びデータ識別子(DI)に続く次のコンポーネントによって可能

になる。

a)

発番機関コード(

IAC)

b)  企業コード(CIN)

c)

シリアル番号(

SN)

3)

  対応国際規格では,物品レベルは階層 1 としているが,階層 0 の誤りである。また,階層 4 は

RTI レベルとしているが,貨物コンテナレベルの誤りである。

サプライチェーン階層は,表 の AFI コード割当て表にある AFI によって識別する。

すなわち,製品は

0xA1,輸送容器は 0xA2,リターナブル輸送器材は 0xA3,製品包装は 0xA5 となる。

データ識別子は“

25S”とする。発番機関コードは ISO/IEC 15459 規格群の登録機関によって割り当て

られる。企業コードは発行機関によって割り当てられる。発行機関に登録された企業がシリアル番号を割

り当てる。シリアル番号は英数字で

20 文字以下とする。


8

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

表 1JIS Z 066X アプリケーションファミリ識別子(AFI)の割当て 

AFI

割当て

0xA1

JIS Z 0667  製品タグ付け

0xA2

JIS Z 0665  輸送単位

0xA3

JIS Z 0664  リターナブル輸送器材(RTI)及びリターナブル包装器材(RPI)

0xA4

JIS Z 0667  製品タグ付け(有害物質を含む場合)

0xA5

JIS Z 0666  製品包装

0xA6

JIS Z 0666  製品包装(有害物質を含む場合)

0xA7

JIS Z 0665  RFID のサプライチェーン適用-輸送単位(有害物質を含む場合)

0xA8

JIS Z 0664  リターナブル輸送器材(RTI)及びリターナブル包装器材(RPI)

(有害物質を含む場合)

0xA9

JIS Z 0663  貨物コンテナ

0xAA

JIS Z 0663  貨物コンテナ(有害物質を含む場合)

AFI を適用する技術によって RF タグに記憶される場合,一意の識別子は AFI に対応している。EPC は

AFI を使用しない。この結果,EPC の製品タグ付けでは AFI を使用しない。EPC 以外の製品タグ付けでは,

AFI に 0xA1 を使用する。符号化は,附属書 による。

ISO/IEC 15459 規格群によって製品を識別するには,一意の識別子として,データ識別子“25S”を使用

する。この規格では,製品の一意の識別子の長さは,データ識別子を含めずに,英数字で

35 文字以下とす

る(

an3+an..35)(表 参照)。受渡当事者間での合意がある場合には,この長さを 50 文字(an3+an..50)ま

で拡張することができる。

表 2ISO UII 要素文字列 

ライセンスプレートのフォーマット

データ識別子(

DI)

発番機関コード(

IAC),企業コード(CIN),シリアル番号(SN)

25S N

1

 N

2

 N

3

 N

4

 N

5

 N

6

 N

7

 N

8

 N

9

 N

10

 N

11

 N

12

 N

13

 N

14

 N

15

 N

16

 N

17

 . . . N

35

注記

  “25S”が an3 を,“N

1

N

35

”が

an..35 を示す。

5.3.3 SGTIN 

GS1 EPC の SGTIN(SGTIN-96)は,製品の一意の個体識別を提供できる一意の個体識別番号(UII)で

ある。

SGTIN-96 要素文字列を表 に示す。

表 3SGTIN-96 要素文字列 

ヘッダ

フィルタ値

パーティ

ション

GS1 事業者コード

商品アイテムコード

シリアル番号

ビット数

 8

3

3

20~40 24~4 38

参考

 0011

0000b

a)

b)

b)

 999

999~

999 999 999 999

c)

9 999 999~9

c)

 274

877

906 943

d)

注記

 GS1 事業者コード及び商品アイテムコードの 10 進数表記の切り分けの桁数に基づいて,パーティションの値

が変わる。

a)

  2 進数値

b)

  値については,GS1 EPC TDS 1.6(Tag Data Standard Version 1.6)を参照

c)

 10 進数表記での範囲

d)

 10 進数表記での最大値


9

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

SGTIN は,次の情報要素で構成する。

a)

GS1 EPC TDS 1.6 で定義している“ヘッダ”

。ヘッダは

8 ビットで,SGTIN-96 では 0x30 である。こ

の規格では

SGTIN-96 について規定しているが,GS1 EPC TDS 1.6 には,より長いシリアル番号の規

定がある。

b)  GS1 EPC TDS 1.6 で定義している“フィルタ値”

。フィルタ値は

3 ビットで,EPC の対象が小売商品

POS trade item),標準商品グループ(Full Case for Transport),単一発送(single shipping)及び/又は

消費者商品(

consumer trade item)のいずれであるかを識別する。

c)

GS1 EPC TDS 1.6 で定義している“パーティション”

。パーティションは

3 ビットで,七つの値のいず

れかを保持し,後続の事業者コードと商品アイテムコードとの分割位置を指定する。

d) GS1 が団体に割り当てる“GS1 事業者コード”

GS1 事業者コードは,GS1 GTIN の企業プレフィクス

10 進数)の数値と同じである。GS1 事業者コードと商品アイテムコードとの組合せは,44 ビット

である(

10 進数で 13 桁)。

e)

“企業”が特定の製品に割り当てる“商品アイテムコード”。企業プレフィクスと商品アイテムコード

との組合せは,

44 ビットである(10 進数で 13 桁)。

f)

管理者が任意に割り当てる“シリアル番号”。

EPC では,GS1 総合仕様書で許可するシリアル番号の

サブセットだけを使用できる。特に,先頭に

0 がなく,1 ビット以上の数値で構成するシリアル番号

だけが使用できる。シリアル番号の長さは

38 ビットである。

5.4 

その他の識別要件 

この規格は,適用する安全上又は規制上の表示又はラベル要件を無効にしたり,それらに取って代わる

ものではない。

この規格は,多数の用途及び産業界の最低限の製品識別要件を満たすことを意図している。このため,

その適用範囲は幅広い業界にわたり,各業界は,この規格に対する特定の実施ガイドラインを定めること

ができる。この規格は,その他の義務付けられたラベル要件に加えて,適用する。

製品タグ付けの使用例 

6.1 

業務工程 

次の業務工程は,この規格で想定している運用を表している。

  調達  発注仕様及び/又は購買の要件を含んだ注文プロセスは,RF タグの一意の ID をキーとして元

の購買情報をデータベースから参照することで,作業が容易になる。

注記

  一意の ID とは,表 に示すコードをいう。

  出荷  物品が,例えば,コンピュータ・ソフトウェアなどに関し,構成又は能力は異なっているが,

その他の点では同一の形状,適合度及び機能を備えた物品を区別した積荷は,

RF タグを読み取ること

で,出荷確定番号を発番し,出荷することができ,適切な物品を出荷したことの保証ができる。この

(個品)レベルのスムーズな貨物追跡機能は,この規格群の他の規格の上位階層で実現する貨物の可

視化システムの基礎となるものである。

  荷受け  在庫管理システムをもっていれば,スムーズな受入データの収集は,受入時間を大幅に短縮

できるとともに,このプロセスの電子取引データを早い時期に提供できる。手持ち(フリー)在庫が

早い段階で把握できるため,在庫切れを減らし,緊急輸送による物流費を削減することが可能である。

  クロスドッキング  入荷受付,出荷の荷出しを記録する以外に,タグ付けした製品はクロスドッキン

グに使用することができる。多くの物品は,個々の製品タグを読む代わりに,(こん包上の)外装マー


10

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

ク(タギング)をもっている。

  工程管理  個々の構成部品及び最終組立品(部品構成表)のトラッキング又は製作・製造プロセスの

モニタリング(進捗管理)に使うことができる。

  非定常業務  工程中の作業と関連するが,実際の作業の前後を補助するような別業務であり,不良要

因の分析・確認,製品包装,こん包の準備作業などが相当する。

  在庫調整  個品レベルのシリアル化によって,製品個々の管理を可能にするための(在庫の)詳細な

可視化ができる。これによって,個品のデータ収集,トラッキング,トレーシング及び伝票に従った

選択が行える。

  廃棄  リサイクル又はその他の廃棄要件に適合した物品の識別

  格納作業  適した保管設備若しくは物品の条件にあった保管設備が設置してある特定の倉庫,又は他

の保管場所の棚へ物品を移動するために,こん包単位又は輸送単位の中から選択する。

  庫内移動  製造又は組立工程のために,適した保管設備若しくは物品の条件にあった保管設備が設置

してある特定の倉庫,又は他の保管場所の棚から適した設備へ物品を移動するために選択する。

  仕分け  特定の個品を何らかの基準に基づきグループ分けするプロセス。高速で行われることが多い。

  識別  識別とは,“調達”から“仕分け”までの業務工程における各機能の実現に必要な本質的位置付

けのプロセス。これによって,業務工程において物品が明確に区別できる。識別は,シリアル化され

た製品では個別の物品レベルで,シリアル化されない製品では品種物品ごとに行うことができる。識

別は,

RF タグのその他の使用を可能にする基本プロセスとなることが多い。

  ネットワーク・トポロジ  ネットワーク上の個別のノード又は場所を識別するために使用できる。

  構成部品管理  より大きな組立品を構成する個々の部品を個別に識別し,この部品データは,複数レ

ベルの各構成に対応した階層にすることができる(例えば,航空機の一連の通信機器に搭載した無線

内の集積回路)。

サプライチェーンに含まれる各種の業務工程は“調達”から“構成部品管理”において概要を示した明

確に異なる機能及びプロセスのグループを利用する。

RF タグのデータの読取り,書込み,又は消去は,関

係する製品及び手続きに関する識別及びデータ取得のために行い,業務責任者の必要に応じて,業務工程

に整合するように組み込まなくてはならない。

6.2 

製品 ID だけを使用した場合と,製品 ID 及びロット番号又はバッチ番号を含むシリアル番号を使用

した場合との違い 

業務工程によってデータ要求事項が異なるように,物品によって識別要求事項は異なる。構造化又は高

機能なシリアル番号のふり方スキームを用いると,パーツ番号,ロット番号などの追加のデータがシリア

ル番号に含まれることになる。これはシリアル化が企業内で固有であることを意味する。

最低レベルの識別は,製品

ID だけである。ロット及びバッチタイプの物品には,物品の製品 ID 及びそ

の物品が属するロット又はバッチを表示しなければならない。シリアル化する物品には,一意の識別を実

現する様々なシリアル化の方法について規定している ISO/IEC 15459 規格群の適切な項目に従って,固有

のシリアル番号を表示しなければならない。

各階層に物品は含まれるが,必ずしも,各階層で物品を識別する必要性はない。多くの物品は,階層

0

(物品レベル)で製造,販売及び使用される。階層

0(物品レベル)には,砂,石炭,大量の液体なども

あるが,このような物品をそのまま扱う場合にはこの規格の対象外とする。容器単位で小分けされた場合

には,シリアル番号で管理することができる。

医薬品は,ロットレベルで生産し,管理するが,物品レベルで販売し,使用する物品タイプの典型であ


11

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

る。このため,特定の投薬量の医薬品では,その投薬量の一意の識別及び元の生産ロットに遡って確認す

る機能が要求されることがある。この確認は,情報システム上で関連情報を調べることで行うことができ

る。

6.3 

消費材と産業材又は政府向け製品との違い 

産業用又は政府管轄下だけで使用される製品とは対照的に,消費材では個人のプライバシーの問題にか

かわる固有の検討事項がある。消費者のプライバシーに関する規制は,全ての消費材レベルの製品シナリ

オの設計及び運営において考慮しなければならない。暗号化及びデータセキュリティについては,箇条 8

による。

データ内容 

7.1 

始めに 

7.27.7 で,製品階層での RF タグのデータ内容について説明する。これらは,特に次の事項を明確にす

る。

 RF タグの必須又は任意のデータ要素

  データ要素を識別する方法(データの意味)

 RF タグのメモリ内データ要素の表現

 RF タグのメモリ内データ要素の配置

7.2 

システムデータ要素 

7.2.1 

一意の製品識別 

適合する

RF タグの最初のデータ要素は,ISO/IEC 15459-4 で規定される一意の識別でなければならない。

ここで使用する一意の識別のデータ長及び性質は,この規格のデータ要素で定義する。ISO/IEC 18000-63

(タイプ

C)及び ISO/IEC 18000-3 モード 3 に適合する RF タグでは,一意の識別データ要素はメモリア

ーキテクチャによって追加の要素(ユーザデータ)から区別される。一意の識別データ要素は,

UII メモ

リ(

MB01)に格納し,追加のデータは USER メモリ(MB11)に格納する。この規格では,製品包装の一

意の識別子は,データ識別子を含めずに,英数字で最大

35 文字の長さにすることができる(an3+an..35)。

受渡当事者間の相互合意がある場合には,この長さは

50 文字(an3+an..50)まで拡張することができる。

符号化は,附属書 による。

7.2.2 

データの意味 

単に製品識別をコード化する場合の

RF タグは,ISO/IEC 15961 規格群に適合することが望ましい。この

データ構造は,附属書 による。複雑なデータ構造又は比較的大きいデータセットを含む RF タグは,JIS 

X 0531 及び附属書 に適合するデータの意味を含むものとする。

7.2.3 

データ構文 

製品タグ付けだけを識別するコードをもつ

RF タグは,構文をもたないとみなす。複雑なデータ構造又

は大きなデータセットを含む

RF タグは,附属書 に従わなければならない。

注記 1  複雑なデータ構造又は大きなデータセットを含む場合(構文をもつ場合)は,JIS X 0533 

よる。タイヤなど,ある種の製品に関しては,この規格は ISO/IEC 15962 に規定される相対

OID の使用を認めている。この場合,DSFID には ISO/IEC 15961-2(Data Constructs Register)

で規定されているフォーマット

13(0x0D)を用いる。このフォーマットは,データ識別子

ASC MH10.8.2 及び相対 OID を用いた間接アクセス法である。

注記 2  対応国際規格では,参照ウェブサイトが記載されていたが,アクセスできないため削除した。


12

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

7.2.4 RF タグの文字セット 

データ識別子を用いる

RF タグは,表 C.1 によって,次の文字セットの文字とスペースとを用いなけれ

ばならない。

0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, A, B,C, D, E, F, G, H, I, J, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, U, V, W, X, Y, Z, [, \,], :, ;, <, =,

>, ?, @, (,), *, +, -, ., /, <GS>, <RS>, <FS>, <US>, <EOT>

7.3 RF タグの構造 

7.3.1 RF タグヘッダ

4)

製品タグ付け用途の場合,

UII メモリ(MB01)には ISO/IEC で定義された AFI 又は GS1 EPC TDS 1.6

で定義されたアトリビュート・ビットを含まなければならない。製品タグ付け用途の場合,ISO/IEC 15961

規格群による

AFI は,表 及び表 で規定するように,ビット 0x18~0x1F が 0xA1

5)

 となる。ビット 0x17

1b に設定している場合は,(AFI を含む)国際規格に対応していることを示し,ビット 0x17 を 0b に設

定している場合には,GS1 EPC TDS 1.6 の規定に従って GS1 EPC 標準に対応していることを示している。

注記

 96 ビットの SGTIN を表す RF タグには,EPC ヘッダ値として 0x30 を書き込んでいる。

4)

  対応国際規格では,一意の製品包装識別子となっているが,JIS Z 0664 では,RF タグヘッダと

なっているため,表現を統一した。

5)

  対応国際規格では,0xA2 となっているが,誤りのため修正した。

7.3.2 RF タグメモリ 

RF タグのメモリマップを図 に示す。


13

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

注記

  JIS X 0533 フォーマットヘッダのフォーマット識別番号“06”(“06”はデータ識別子を用いたデータを示す。)

との互換性を保つため,この図の

USER メモリ構造(データバイト数インジケータ)は,JIS Z 066X 規格群固

有の使用方法を想定している。

図 3RF タグのメモリマップ 

7.3.3 RF タグメモリバンク 

RF タグメモリは,四つの個別のバンクに論理的に分かれている。各バンクは,一つ以上のメモリワード

によって構成する。論理メモリマップは,図 に示すとおりとする。各メモリバンクは,次による。

a) RESERVED メモリ(MB00) RF タグ無効化パスワード及びアクセスパスワードを格納する。RF タ

グ無効化パスワードは,メモリアドレス

0x00~0x1F に格納する。アクセスパスワードは,メモリア

ドレス

0x20~0x3F に格納する。RF タグが無効化パスワード及び/又はアクセスパスワード機能を実

装していない場合,値

0 のパスワードで永久的に固定された形となり,RESERVED メモリ(MB00)

が存在する意味がなくなる。

b) UII メモリ(MB01)  メモリアドレス 0x00~0x0F に CRC-16,メモリアドレス 0x10~0x1F にプロト


14

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

コル制御(

PC)ビット,メモリアドレス 0x20 以降に,RF タグを添付している又は RF タグを今後添

付する物品を識別するコード(

UII)を格納する。プロトコル制御(PC)ビットは,細分化されてい

る(表 及び図 C.2 参照)。CRC-16,PC,及び UII では,MSB(最上位ビット)を初めに格納する(CRC-16

MSB はメモリアドレス 0x00,PC の MSB はメモリアドレス 0x10,UII の MSB はメモリアドレス

0x20 となる)。

c) TID メモリ(MB10)  メモリアドレス 0x00~0x07 に,8 ビットの ISO/IEC 15963 による割当てクラス

識別子を格納する。

TID メモリは,リーダライタが RF タグで対応しているカスタムコマンド及び/

又はオプション機能を一意に識別するために,

0x07 より上位に十分な識別情報を格納する。

ISO/IEC 15963 による割当てクラス識別子が 11100010b である EPC タグでは,この識別情報は,メ

モリアドレス

0x08~0x13 の 12 ビットのタグマスクデザイナ識別子(MDID)及びメモリアドレス 0x14

0x1F の 12 ビットのタグモデル番号で構成する。RF タグは,0x1F より上位の TID メモリに(タグ

シリアル番号などの)タグ固有データ及び

IC 製造業者固有データを含むことがある。

ISO/IEC 18000-63(タイプ C)に適合して動作し,ISO/IEC 15963 による割当てクラス識別子が

11100000b(0xE0)である ISO/IEC 15459-4 に適合した RF タグでは,この識別情報は,メモリアドレ

0x08~0x0F の 8 ビットの IC 製造業者登録番号と IC 製造業者がメモリアドレス 0x10~0x3F に割り

当てる

48 ビットのシリアル番号とで構成する。

ISO/IEC 18000-3 モード 3 に適合して動作し,

ISO/IEC 15963 による割当てクラス識別子が 11100000b

0xE0)である ISO/IEC 15459-4 に適合した RF タグでは,この識別情報は,メモリアドレス 0x08~

0x0F の 8 ビットの IC 製造業者登録番号と IC 製造業者がメモリアドレス 0x10〜0x3F に割り当てる 48

ビットのシリアル番号とで構成する。

ISO/IEC 18000-63(タイプ C)又は ISO/IEC 18000-3 モード 3 に適合して動作し,ISO/IEC 15963

による割当てクラス識別子が

11100011b(0xE3)である ISO/IEC 15459-4 に適合した RF タグでは,こ

の識別情報は,メモリアドレス

0x08〜0x0F の 8 ビットの IC 製造業者登録番号とメモリアドレス 0x10

0x1F の ISO/IEC 15963 に従った 16 ビットの USER メモリ及びサイズの定義と IC 製造業者がメモリ

アドレス

0x20~0x4F に割り当てる 48 ビットのシリアル番号とで構成する。

d) USER メモリ(MB11) USER メモリ(MB11)には,ユーザ固有のデータを格納できる。ISO/IEC 15961

及び ISO/IEC 15962 で規定される格納フォーマットに,メモリ構成を定義している。MB11 の USER

メモリにデータが存在する場合,

PC ビット 0x15 を 1b とする。PC ビット 0x15 が 0b の場合は,MB11

USER メモリがない又は MB11 内にデータがないことを示す。USER メモリ(MB11)の詳細情報は,

附属書 による。

注記

  ユーザ固有のデータとは,JIS X 0531 で規定されている識別子及びそのデータを意味する。

ユーザが全く自由にデータ構造を決められるものではない。ユーザが固有に決定できるのは,

DI の選択だけである。

7.4 

プロトコル制御(PC)ビット 

PC ビットの情報はインベントリコマンドの応答として UII とともに返信される。PC ビットは,UII メモ

リ(

MB01)のアドレス 0x10~0x1F に格納する 16 ビットである。ビットの値は,次のとおり定義する。

  ビット 0x10~0x14:RF タグ返信(PC+UII)のワード単位のデータ長

 00000b:1 ワード[UII メモリ(MB01)のアドレス 0x10~0x1F]

 00001b:2 ワード[UII メモリ(MB01)のアドレス 0x10~0x2F]

 00010b:3 ワード[UII メモリ(MB01)のアドレス 0x10~0x3F]


15

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

 11111b:32 ワード[UII メモリ(MB01)のアドレス 0x10~0x20F]

  ビット 0x15(UMI):USER メモリ(MB11)にデータのない RF タグ又は USER メモリのない RF

タグは

0b に設定し,USER メモリにデータのある RF タグは 1b に設定する。

  ビット 0x16(XI:XPC indicator):拡張 PC(XPC)ビットのない場合又は XI の値が 0 の場合は 0b に

設定し,

PC ビットが追加の 16 ビットで拡張されている場合は,XI を 1b に設定する。

注記 1 RF タグが XPC ビットを実装する場合,PC ビット 0x16(XI)は XPC ビット内容の論理

OR とならなければならない。RF タグはこの論理 OR を計算し,その結果を起動時に PC

ビット

0x16(XI)内にマップする。リーダライタはこのビットを選択することができ,RF

タグはそれを返信する。

注記 2 XPC ビットは,UII メモリ(MB01)の 32 ワード目(0x210)及び 33 ワード目(0x220)に

位置する。リーダライタが

XPC ビットを選択したい場合,リーダライタは,このメモリア

ドレスをターゲットとするセレクトコマンドを発行する。

注記 3  インベントリコマンドでは,XPC オプション情報は返信しない。

  ビット 0x17:ビット 0x18~0x1F を EPC アトリビュート・ビットとして使用する場合は 0b に設定し,

ISO/IEC 15961 による AFI として使用する場合は,1b に設定する。

  ビット 0x18~0x1F:デフォルト値が 00000000b の EPC アトリビュート・ビット。国際規格に従って

タグを符号化する場合は,ISO/IEC 15961 で定義される AFI となる。NSI の MSB は,メモリアドレス

0x18 に格納される。ビット 0x1F は,GS1 EPC で,製品が有害物を含んでいることの指標として用い

るように指定している。

注記 4  GS1 EPC TDS 1.6 において,ビット 0x1F の有害物品を示す部分も EPC アトリビュート・

ビットの一部と規定している。

デフォルトの(プログラムされない)

PC 値は,0x0000 である。

データ内容の概要を表 に示す。

表 4PC ビットのメモリマップ 

プロトコル制御(

PC)ビット(0x10~0x1F)

10 11 12 13 14  0/1  0/1

0/1  18

19

1A

1B

1C 1D 1E 1F

15 16  17

データ長インジケータ

 UMI

XI

ISO/EPC

ISO アプリケーションファミリ識別子(AFI)

データ長インジケータ

 UMI

XI

ISO/EPC

EPC アトリビュート・ビット

有害
物品

7.5 

データ要素 

7.5.1 

一意の製品識別子 

全ての製品タグ付けに適合する

RF タグには UII-製品タグ付け(一意の製品識別子)が存在しなければ

ならない。小売用以外の

RF タグの一意の製品識別子は,ISO/IEC 15459-4 に適合させ,5.3.2 に従って適

用しなければならない。小売用の

RF タグの一意の製品識別子は,GS1 EPC TDS 1.6 の SGTIN-96 に適合

させ,5.3.3 に従って適用しなければならない。

7.5.2 

有害物品 

保管,輸送又は使用に関して有害であるとして分類する物品の

RF タグには,その物品が有害であるこ


16

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

とを示すビットを含まなければならない。これに加えて

RF タグ自体が規制又は法律によって,有害の詳

細な分類を要求されることがある。このビットを

1b に設定することによって,取扱者に,添付する化学物

質安全性データシート(

SDS)に注意を向けさせる。規制権限者によって別途認可されたデータの提供を

要求される場合を除き,この追加の分類は必須要件としてはならない。

特定の有害物コードには,適切なデータ識別子及び修飾子を含み,

USER メモリ(MB11)に反映させな

ければならない。有害物の存在を表す場合には,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 

ード

3 に定めるとおり,UII メモリ(MB01)の 0x1F によって示すことができる。有害物の存在を ISO 

式で表す場合には,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 モード 3 に定めるとおり,UII メ

モリ(

MB01)のバンク 0x18~0x1F ビットによる AFI を 0xA4 とすることで示すことができる。

この規格は,該当する安全,規制上の表示又はラベル要件を無効にしたり,それらに代わるものではな

い。この規格は,多くの用途及び業界の最低限の製品識別要件を満たすことを意図している。このため,

この規格は幅広い業界にわたり適用可能であり,各業界はこの規格に対する特定の実施ガイドラインを定

めることができる。この規格は,その他の必須ラベル要件に加えて,適用する。

7.5.3 

オプションデータ 

RF タグの種類及び容量によっては,オプションデータを必要に応じて RF タグの USER メモリ(MB11)

に書き込むことができる。受渡当事者間の合意は必要ない。オプションデータは,

RF タグ使用者の指示で,

暗号化,又はその他の方法によってセキュリティ保護することができる。暗号化された又はセキュリティ

で保護されたデータは,他のアプリケーション又はユーザには読み取ることができない場合がある。リー

ドオンリー形式で書き込むか,又は書換え禁止としない限り,任意のデータはアプリケーションによって

削除又は変更される場合がある。オプションデータは,附属書 による。

7.6 

トレーサビリティ 

一意性のある識別によって追跡が可能となる。トレーサビリティは,特定の物品を類似物品から区別す

ることができ,また,類似物品グループに関連付けすることができる。

シリアル化方式は,ISO/IEC 15459-4 に従わなければならない。

個品のトレーサビリティは,製造業者を表すデータ項目,部品番号又はモデル番号及び製造業者によっ

て割り当てられたロット番号又はバッチ番号にシリアル番号を連結することによって実現できる。

7.7 

一意の個品識別 

一意の個品識別は,三つのデータ要素の連結によって確保することができる。これらのデータ要素は,

発番機関コード(

IAC),(発番機関が規定した)企業コード及び ISO/IEC 15459-3 の規定に基づく ISO/IEC 

15459-4 に規定されている一意のシリアル番号とする。

製品

RF タグのデータ形式は,ビット 0x18~0x1F 内の AFI を用い,ビット 0x17 は 1b とする。有効な

AFI のリストを表 に示す。

データセキュリティ 

8.1 

機密性 

権限をもつユーザだけが

RF タグの読取りを可能としたい場合,RF タグに書き込むデータをセキュリテ

ィで保護できるようにしなければならない。

RF タグは設計上又は構造上において,セキュリティで保護さ

れたデータの書込み及び読取りを妨げてはならない。この機能を使うことは,ユーザの自己判断による。

利用するセキュリティ及び保護の種類は,

RF タグのデータに関連するリスク及びぜい(脆)弱性の程度に

見合ったものにし,

RF タグに書き込む企業と,データの読取り及び利用を許可される全ての関係者との間


17

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

で合意しなければならない。

8.2 

データの完全性 

RF タグは,データの変更又は消去を防止することができなければならない。これは,一般的にデータの

書換え禁止と呼ばれる。データの書換え禁止は,ユーザの自己判断によらなければならない。ただし,

TID

メモリ(

MB10)は例外で,これについては,製造業者が書換え禁止としなければならない。CRC-16 は,

データの完全性を強化するために要求する。保管する

CRC-16 の場所は,図 のメモリマップによる。

8.3 

リーダライタの認証 

RF タグのデータ格納及び転送プロトコルでは,RF タグのデータを読み取る場合にリーダライタの認証

を要求するため,ユーザが有効にするオプションを規定する。

8.4 

否認防止及び監査証跡 

RF タグを用いたシステムでは,特定の操作が発生したという偽造できない証拠を提供するようにプログ

ラムしたときは,必ずその証拠となる情報を提供できなければならない。

8.5 

製品認証及び偽造防止 

RFID 装置自体は,偽造を防止できない。製品のシリアル化,及び真正な所有権移転履歴は,偽造防止

の助けとなる。

TID メモリ(MB10)については,RF タグ製造業者がシリアル化し,書換え禁止としなけ

ればならない。書換えができないようにシリアル化した

TID は,偽造防止に役立つ。

ラベル形 RF タグを付けた物品の識別 

RF タグ及びラベル形の RF タグのインレイには,一つ以上の国際的に受け入れられた RFID エンブレム

を含まなければならない。図 に示す承認済みエンブレムは,ISO/IEC 29160 に規定された RFID エンブ

レム及び

EPC マークの例である。

注記 1  これらのエンブレムは,このアプリケーション規格では 860 MHz~960 MHz エアインタフェースを表す。そ

の他のエアインタフェースの表示は,ISO/IEC 29160 に規定されている。

注記 2  これらの図形は,適切なサイズに拡大又は縮小することができ,白地に黒又は黒地に白のいずれも利用する

ことができる。

図 4ISO 及び EPC RFID 適合エンブレム 

10 RF タグの障害に備えたバックアップ 

一意の個品識別子の可読文字表示又は可読文字表示の変換のいずれかとする。

注記

  この規定は,対応国際規格の誤りのため,10.1 から箇条 10 に移動した。

10.1 

可読文字情報 

ISO/IEC/TR 24729-1 に RF タグ内の全ての情報を二次元シンボル内に符号化する方法を示す。しかし,

最も必要なことは,同じデータを二次元シンボル及び

RF タグ内に符号化して,媒体に関係なく,ホスト

コンピュータが同じ情報を受け取れるようにすることである。これは,附属書 に示す手段によって達成


18

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

する。

ISO 規格の二次元シンボル,すなわち,JIS X 0531 及び JIS X 0533 によって符号化するデータマトリッ

クス

EC200,QR コード又は受渡当事者間協定書 PDF417 は,製品に関して RF タグの一次バックアップと

みなすのがよい。可読文字情報で追加のバックアップとしてもよい。

ISO タグ又は EPC タグの可読文字は,附属書 に規定する符号化したデータの大文字の英字及び数字

による表現とする。

注記

  上記の最後の段落は,対応国際規格では 10.2 に記載されているが,誤りのため 10.1 へ移動した。

10.2 

可読文字の変換 

RF タグ上のデータの可読文字は,全てのデータではなく,選択したデータであり,データの記号論を含

むかどうかは任意である。可読文字表示の変換は,印字領域の制約又はプライバシー上の配慮から,可読

文字表示の使用が許されない場合に用いることが望ましい。

10.3 

データの項目名称 

データの項目名称の適用は,ANS MH10.8.2 又は GS1 総合仕様書の規定による。

注記

  例えば,AI が“00”の項目名称は SSCC である。

10.4 

バックアップ 

人間に解読可能な情報の適用は,物品の使用のために不可欠なデータに対して強く推奨し,

RF タグが何

らかの理由のために読み取ることができなくなるか,又は誤解を生じるおそれがある場合には,最初のバ

ックアップとしての役割を果たさなければならない。製品マーキングレベルにおいて,受渡当事者間で,

JIS X 0504 に規定されたコード 128 又は JIS X 0507 に規定された EAN/UPC などの一次元シンボルの適用

に合意しなければならない。さらに,JIS X 0512 に規定されたデータマトリックス又は JIS X 0510 に規定

された

QR コードなどの二次元シンボルの適用に合意しなければならない。

光学的読取媒体を用いる場合には,図 の左端に示すそれぞれの JIS 及び ISO 規格を用いる。


19

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

階層 5
輸送モードレベル
(輸送モード)

製品
包装

製品
包装

製品
包装

製品
包装

製品
包装

輸送
単位

輸送
単位

輸送
単位

リターナブル

輸送器材(

RTI

リターナブル

輸送器材(

RTI

コンテナ

20/40 フィート海上コンテナ及び マルチモーダルコンテナ

輸送モード

(トラック、船舶、鉄道、航空機)

RPI

RPI

構成要素,部品,資材,サブアセンブリ等

リターナブル包装器材(RPI

RPI

RPI

物品

物品

物品

物品

物品

物品

物品

製品
包装

物品

物品

製品
包装

物品

物品

物品

物品

輸送
単位

製品
包装

物品

物品

階層4
貨物コンテナレベル
ISO 6346 (OCR)
(貨物コンテナ)

階層3
RTIレベル
JIS X 0515
GS1 総合仕様書 (GRAI)
(三次包装)

階層1
製品包装レベル
JIS X 0516
GS1 総合仕様書 (GTIN)
(二次包装)

階層0
物品レベル
ISO 28219
GS1 総合仕様書 (GTIN)
(一次包装)

階層2
輸送単位レベル
JIS X 0515
GS1 総合仕様書 (SSCC)
(三次包装)

物品

図 5-バーコード及び 次元シンボルについてのサプライチェーン規格 

11 RF タグの仕様 

11.1 

データプロトコル 

データプロトコルは,附属書 の要件に適合しなければならない。

11.2 

最低性能要件(交信範囲及び交信速度) 

RF タグの性能は,ISO/IEC 18046-3 によって測定しなければならない。最低性能要件は,RFID の機能

用途によって異なる。表 に,256 ビットまでの RF タグのデータ読取りのためのパッシブ(受動形)RF

タグの一般的な性能要件を示す。これらの仕様は,

RF タグの書込みにも関係する。RF タグへの書込みに

比べて,

RF タグの読取りの方が,長い距離を達成できる

6)

。リーダライタの性能は,ISO/IEC 18046-2 

よって測定するものとする。システムの性能は,ISO/IEC 18046-1 によって測定しなければならない。

6)

  規制による制限で,使用環境中に存在するリーダライタの数よりも少ないチャネルしか使えな

い場合,この性能は他のリーダライタに対する適切なシールドを施さなければ達成できない。


20

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

表 5-パッシブ(受動形)RF タグの一般的な性能 

パラメタ

 860

MHz~960 MHz

ISO/IEC 18000-63(タイプ C)

13.56 MHz

ISO/IEC 18000-3 モード 3

最小読取り距離

 m

3 0.7

読取り可能な物品移動速度

 km/h

16 16

最小同時有効読取り数

/秒

200

a)

又は

500

b)

 200

a)

  帯域幅 200 kHz の場合

b)

  帯域幅 500 kHz の場合

11.3 

環境パラメタ 

動作環境は,場所によって大きく変動する。

RFID に関連する各種環境要因の詳細は,ISO/IEC/TR 18001

に示されている。次の一般的なパラメタ一式は,製品の利用者団体から得られる意見を考慮する。

  製品の RF タグは,-40  ℃~+70  ℃の温度範囲で正常に機能しなければならない。また,-50  ℃~

85  ℃の,より過酷な条件にも規定時間の耐性をもたなければならない。

  相対湿度 95 %

  棚を含む倉庫構造

  輸送モード

  リーダライタ(アンテナ)に対する RF タグの移動速度及び方向

  リーダライタ(アンテナ)に対する RF タグの方向(すなわち,一定方向に制御するか,ランダムか)

  読取り距離

  書込み距離(該当する場合)

  モータ,蛍光灯及びその他の周波数帯を用いる機器からの電磁障害

 RF タグを付ける物品の包装及び内容物の電磁特性

  アンテナの形状及びサイズの制約並びに RF タグ付き物品のアンテナを無効化する要件

  サイズ,形状,耐圧性,温度,湿度,洗浄及び汚染物質[ほこり,油(自然食品,石油及び合成),酸

並びにアルカリ]の面での形態要因の制約

  耐性改善方法

  熱,湿気及び衝撃に対するリーダライタ(アンテナ)の耐性

  健康及び安全に関する規制

RFID に関連する各種環境要因の詳細は,ISO/IEC/TR 18001 にも記載されている。

パッシブ(受動形)

RFID の性能(交信範囲及び交信速度)は,コンテナ,輸送単位又は(包装)製品

内に金属及び/又は液体があると低下することがある。干渉を低減するための適切なシールドを用いるこ

とが望ましい。

工程で連続して

200 タグ/秒を超える読取り速度が要求される場合,並列読取りを検討することが望ま

しい。

11.4 RF タグの方向 

取扱い作業では,製品タグ付け内のより上位階層における包装及び輸送における個々の(包装)製品の

方向を予測することはできないと考えるのがよい。このため,施設内の及び/又は配送中のリーダライタ


21

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

の効果的な使用が妨げられることがある。

11.5 

包装資材 

一次包装,小形の製品包装及び大形の製品包装では,様々な資材(木材,金属,プラスチック,ガラス,

紙,繊維など)が利用される。さらに,ブランド表示及び法律で要求される情報を表示するために,符号

化及び識別のためのプレートなどの資材も追加で用いる。これらの資材は,

RFID 装置と干渉するおそれ

がある。

11.6 

衝撃負荷及び摩耗 

一般に,各種の製品は,物理的な取扱い中に様々な衝撃力を受ける。これによって,故意又は過失によ

って

RF タグを損傷することがある。RF タグの配置及び挿入は,衝撃及び/又は清掃による損傷を最小限

にとどめる方法で行うことが望ましい。

11.7 RF タグの寿命 

製品に添付する

RF タグは,製品の寿命を通じて継続的に使用する。製品 RF タグは,製品の寿命を通じ

て支障なく継続して使用することができる。

11.8 

システムの最低限の信頼性 

11.3 及び ISO/IEC 18046 規格群の規定によって RF タグを配置し,プログラムし,リーダライタに提示

するシステムは,

99.99 %以上の読取り信頼性(10 000 回の読取り当たり,不読回数が 1 回以下)及び 99.998 %

の読取り精度

100 000 回の読取り当たり,検出されない不正確な読取りが 2 回)を備えなければならない。

11.9 

エアインタフェース 

製品用

RF タグは,二つの周波数範囲のいずれかで動作し,ISO/IEC 18000 規格群の適切な項目に従わな

ければならない。受渡当事者間の合意によって,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)又は ISO/IEC 18000-3 

ード

3 の ASK インタフェースを使用することができる。ISO/IEC 18000-63(タイプ C)に対応する RF タ

グは,ISO/IEC 18000-3 モード 3 にも対応できることが望ましい。

11.10 

アプリケーションのメモリ要件 

製品タグ付け

RF タグのメモリ要件は,96 ビット,256 ビット及び 256 ビット超えの三つの基本区分に

分類する。産業分野の調査結果から,

RF タグ IC 製造業者に対し,2 キロビット及び 4 キロビットのメモ

リ容量製品が望ましい。この規格に別途指定がない限り,アプリケーションからのメモリ要件によって,

それぞれの形式又は

RF タグデータ構造の最低及び必須データ要素を変更してはならない。製品ライフサ

イクル管理に役立つ合計

152 バイト(1 216 ビット)のデータフィールド・リストを附属書 に示す。

11.11 

センサインタフェース(該当する場合) 

センサ及びバッテリ一体型

RF タグに対する操作又は管理の手段が,この規格で要求している RF タグの

動作を妨げることがあってはならない。

センサを取り付けた製品タグ付け

RF タグは,有線又は無線インタフェースに対する ISO/IEC/IEEE 

21451-7 に適合しなければならない。

RF タグ又はアクセスポイントとセンサとの間の無線インタフェースには,ISO/IEC/IEEE 8802-15-4 

び IEEE 1451.5 の 2.45 GHz O-QPSK オプションを適用しなければならない。

11.12 

リアルタイムクロックのオプション 

センサを取り付け,アプリケーションによってタイムスタンプを要求する場合は,製品タグ付け

RF タ

グにリアルタイムクロックを搭載するものとする。協定世界時(

UTC:Coordinated Universal Time)に対す

る時間の精度は,

1 日当たり±5 秒間の許容差を超えないものとする。時間表示は UTC("Z" - Zulu)とし,

JIS X 0301 の規定によった形式,すなわち,yyyy-mm-ddThh:ssZ,例えば,2012-01-01T14:55Z とする。時


22

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

間表示の際には,文字“

T”が“dd”と“hh”との間の区切り文字の役割を果たす。

11.13 

安全性及び規制事項 

この規格に対応する全ての

RF タグ,リーダライタ及びアンテナは,使用する国の安全性及び規制の要

件を満たさなければならない。パッシブ形又はセミパッシブ形(バッテリ補助)の

RF タグの使用も,爆

発物又は可燃性ガスの近く又は周辺が危険な環境においては制限される。ただし,これらの装置が,適切

な機関によって安全であることが証明されている場合は,この限りではない。

この規格に対応する全ての

RF タグは,電力,デューティサイクル及び電磁放射を含め,国内の安全及

び規制要件を満たさなければならない。

11.14 

読取り制限付きデータ 

読取り制限付きデータの本質は,

RF タグ内の個々のデータフィールドがリーダライタのコマンドによっ

て保護されている場合,そのコマンドは選択した全ての保護手段を実行できるというものである。ただし,

その保護手段が,サプライチェーン内のその他の

RF タグの動作に影響を与えたり,干渉したり又は悪化

を招いたりしないことを条件とする。

11.15 RF タグのリサイクル性 

製品に貼付された全ての

RF タグは,製品及び RF タグ自体のリサイクルを促進するために利用すること

ができる。この点に関して,サプライチェーンのデータ構造を損なわないことを条件として,再プログラ

ミング後に

RF タグを再利用することも可能である。実行は,RF タグのコスト並びに再利用及び/又はリ

サイクルによる環境への影響に左右される。

RF タグを“無効化(kill)”する場合には,RF タグを再利用

することはできない。

製品用タグのリサイクル性は,個々の

RF タグに使用する部品の原材料に依存する。RF タグの製造業者

は,

RF タグの適切な処分を支援するために,リサイクル指示又は適切なロゴを製品の RF タグに明確に表

示する。

RF タグのリサイクル性に関するガイドラインは,ISO/IEC/TR 24729-2 による。

注記

  消費者向けに販売される製品では,リサイクルが義務化されているものがある。回収する製品

RF タグが混入し製品のリサイクル性を損なう場合は,製品と分別廃棄できるようにし,分

別の指示を明確に表示することが望ましい。

11.16 RF タグの再利用性 

全ての

RF タグは,理論的にも技術的にも再利用可能である。製品の一意の識別特性,RF タグの恒久的

な取付けの性質,

RF タグ自体が低コストなことを理由に,小売商品及び日用品に関する製品レベルの RF

タグは一般に再利用されていない。

高価値で重要な役割を担う物品には,より高機能な

RF タグ(読み書き機能,大容量のメモリ及び場合

によってはセンサ付き)を使用することができ,そのコストによって再利用するのがよい。再利用する

RF

タグには,識別,再生及び返却を行うことができるように,適切な可読文字又はロゴを明確に表示しなけ

ればならない。再利用に先立って,再利用可能な

RF タグは,データの完全性に関してヘッダを確認し,

USER メモリを消去するものとする。

注記

  ここでいうヘッダとは UII 及び TID を指す。

12 RF タグの取付け場所及び表示 

RF タグの取付け場所及び表示に関するガイドラインは,ISO/IEC/TR 24729-1 による。

12.1 RF タグを取付け又は挿入する材料 

製品上の金属又はその他の反射性材料,液体及びその他の吸収性材料が,無線信号に対する妨害を最小


23

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

限にするような設計をしなければならない。

12.2 

包装の形状及び RF タグの環境 

RF タグは,無線信号に対する妨害をできる限り抑えられる方法で製品に貼付しなければならない。

これは製品包装及びその中に含まれる製品の両方に関わるものである(ISO/IEC/TR 24729-1 参照)。

13 

リーダライタの要件 

13.1 

安全性及び規制上考慮する事項 

全ての

RF タグ及びリーダライタは,IEEE C95-1 及び ICNIRP Guidelines に従わなければならない。

全てのリーダライタは,使用する場所の全ての現地の無線周波数規制に加えて,特定の電力,帯域幅及

びデューティサイクルの要求事項に従わなければならない。また,危険な環境で用いられる予定の全ての

リーダライタは,適切な特定の情報を備えていなければならない。

13.2 

データのプライバシー 

13.2.1 

集積データ 

集積データのセキュリティは,集積者の責任とする。データ集積者及びデータ格納オペレータは,個人

情報の収集,格納,及び配布に関する全ての個人プライバシーの規制及び規則に従わなければならない。

RF タグの読取りによって,又はそれに付随して収集した個人情報には,他の手段によって収集する個人情

報と同じ保護及びセキュリティを付与しなければならない。

13.2.2 

特定企業専有データ 

製品用

RF タグの読取りによって,又はそれに付随して収集する製品データのセキュリティは,データ

を収集する企業の責任である。製品用

RF タグから企業専用データの収集の制限を希望する企業は,適切

な形式のデータセキュリティを使用する。

RF タグデータのセキュリティ及び保護は侵害されるおそれがあ

るため,秘密,機密又は専用データを格納するための製品用

RF タグの使用は制限するのがよい。

14 

相互運用性,互換性及び他の RF システムヘの不干渉 

RF タグ,リーダライタを含む全ての RFID システムは,同じ周波数帯で動作しているその他の全ての無

線システムに干渉しないという厳格な基準に基づいて動作しなければならない。この規格に対応する

RF

タグ及びリーダライタを含む全ての

RFID システムは,特定の周波数で相互運用性及び互換性を確保しな

ければならない。

注記

 RFID システムは,使用する国の電波法への適合を優先する。


24

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

附属書 A

(参考)

タイヤ用 RF タグ(IC チップ及びトランスポンダ)の設計及び製造の

適合性検証ガイドライン

A.1 

概要 

この附属書の目的は,“タイヤ用

RF タグ(IC チップ及びトランスポンダ)”を設計,製造し,品質を検

証するときの背景,参考情報及び実用的な知識を示すことにある。

RFID 装置,特に UHF 帯周波数(860 MHz~960 MHz)で動作する装置の性能は,使用する RF タグの構

造,及び基礎となる対象の特性に大きな影響を受ける。この点で,MIL-STD-129 又は JIS X 0515 に規定

されるような従来のバーコードと比較して,タイヤ上又はタイヤ内の

RFID 対応装置の選定及び設置には

はるかに大きな注意を払う必要がある。そのためには,この附属書に示すタイヤ用

RF タグ(IC チップ及

びトランスポンダ)の設計及び製造の性能検証のための補足的知識及び実用ガイドラインが必要となる。

ここでは,タイヤの内面又は外面に永続的に取り付けるパッチに内蔵する,又はタイヤの一部として製造

時にタイヤ構造に内蔵するラベルを含め,可能性のある様々な形式の物品レベルへの

RF タグ付けを対象

とする。

この附属書には,タイヤ用

RF タグ(IC チップ及びトランスポンダ)(以下,RF タグという。)の設計及

び製造のガイドラインが含まれる。

A.2 

初期設計の参考となる一般的用語及び定義 

A.2.1A.2.4 では,RF タグの現在の設計概要を示しており,総じてこの使用条件のための第一世代の

RF タグの物理的設計について記載している。

A.2.1 

タイヤ寿命にわたる使われ方 

タイヤに取り付けた

RF タグが,タイヤ寿命とほぼ同期間,機能することを意図したカテゴリ。

これらの

RF タグは,タイヤ製造時にタイヤの構造に組み込まれるか,又は製造後にタイヤの内面若し

くは外面上に“パッチ”として取り付けられる。この規格では両方の方法を扱っており,特にダイポール

アンテナ付き

RF タグがゴム内に埋め込まれ,加硫時に一体化される場合を対象としている。

適度な試験及び適合性確認を目的とした場合にだけ,一時的なラベル形

RF タグも使用する。

A.2.2 

タイヤのサイズ仕様 

タイヤには様々なサイズがあり,寸法,重量及び耐荷重は大きく異なる。次に示す要求事項のほとんど

は,全てのタイヤに共通であるが,最適な性能を確保できるように個々の使われ方の検討を慎重に行わな

ければならない。

A.2.3 

“ゴム” 

この附属書では,“ゴム”という用語は,タイヤに一般的に用いられている天然又は合成の化合物を意味

する。

A.2.4 

パッシブ形 RF タグ 

“パッシブ形

RF タグ”とは,RF タグ用集積回路(IC チップ)がアンテナに接合された構造で,アンテ

ナは双方向無線通信,及び

IC チップを動作させる電力をリーダライタの無線信号から取り出すために使用

する。


25

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

A.3 

管理システム 

JIS Q 9000 シリーズ及び JIS Q 14000 シリーズは,組織としての品質及び環境についての方針の効果的

実施の監視及び検証を管理するツールとしての監査の重要性を強調している。リーダライタ,

RF タグなど

を含む

RFID ハードウェアの製造業者は,JIS Q 9000 シリーズ及び JIS Q 14000 シリーズへの適合プログラ

ムを確立し,実行することによって,高い評価を受けることになる。JIS Q 9000 認証プロセスは,個々の

企業が外部の適合監査を受け,これに合格することを要求しており,また内部評価を含めることができる。

JIS Q 9000 シリーズに適合するには,顧客要求事項を満たす製品をもたらす再現可能な文書化プロセス

の使用が要求される。完全に適合したプロセスの製造物は,プロセス制御及び総合的品質管理技術の使用

によって,顧客要求事項を満たす,又は上回るものである。適合のために,特定の技術又は手順の使用が

要求されることはない。

JIS Q 9000 は,品質管理システムの基礎となる基本的原則を明示している。JIS Q 9001 は,組織の各レ

ベルにおける品質システムの詳細を示している。JIS Q 19011 には,実際の監査のガイドラインが含まれて

いる。JIS Q 9004 には,継続的プロセス改善についてのガイドラインが含まれている。

JIS Q 14000 シリーズは,JIS Q 9000 シリーズと同じ形式を用いており,相互補完するように考えられて

いる。JIS Q 14001 への適合は,その企業の製造工程及び方針が環境に配慮したものであることを意味する

のではなく,むしろその企業が規制基準を満たしており,継続的プロセス改善のための確立された方針及

び責務をもつことを意味する。

ハードウェアの製造業者は,JIS Q 9000 シリーズに対する適合と JIS Q 14000 シリーズに対する適合と

の認証を個別に受けなければならない。

A.4 RF タグの技術及び品質 

トランスポンダを配置する

2 種類の方法を図 A.1 及び図 A.2 に示す。これらの例は,許容可能な RF タ

グが何らかの形でこれらのコンセプトに限定されるということを意味するのではなく,むしろ,この文書

の時点で使用可能な作業コンセプトの例を示すものである。

図 A.1 は,様々な部品を用いたラベル形 RF タグである。これはタイヤ用の一時的なラベル形 RF タグを

示している。

1  IC チップ 
2  基材(例  プラスチックフィルム) 
3  アンテナ(印刷,エッチング又は打抜き)

図 A.1-ラベル形 RF タグ 


26

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

図 A.2 は,加硫時に直接タイヤ内部又はタイヤ表面に組み込むことのできる RF タグを示している。こ

RF タグは,TSOP-8 内にパッケージした UHF/SHF RFID 用 IC チップからなる。TSOP-8 は,薄い FR4

回路基板にはんだ付けしており,さらにダイポールアンテナを形成する二つのヘリカルコイルもはんだ付

けしている。アンテナのリード線は,加硫時にタイヤ内に組み込まれた後,

860 MHz~960 MHz で共振す

るように調整している。

注記

 TSOP とは,IC のパッケージ形状の名称(Thin Small Outline Package)。FR4 とは,ガラスエポ

キシ製のプリント基板の材料の名称(

Flame Retardant Type 4)。

単位

mm

1  はんだ 
2  プリント基板:IC 付 
3  ヘリカルコイル,12 ターン/cm,外径 1 mm

注記 1  全長は注文時に指定する。 
注記 2  示した図面の公差(RF タグは±6 mm で配置する。)。

図 A.2-初期設計の参考:直接タイヤ内部又は表面へ組み込む RF タグ 

A.4.1 RF タグ用 IC チップの品質 

いかなる部品の品質も,統合した製品が単一装置又はシステムのいずれかにかかわらず,その製品の品

質を左右する。品質を実用面から検討すると,あらゆる物品(又は部品)の品質も,物品の使用目的(す

なわち,ユーザの要求事項)を満たす特性によって表されるという定義が導かれる。

IC チップのような電

子部品の場合,重要な特性は次のものである。

  物理的特性

  電気的特性

  機能的特性

物理的特性は,機能する

RF タグを作り出すために IC チップをアンテナ及び/又は基板に取り付ける製

造工程に関与する様々な機械的品質及びインタフェースによって定める。全ての

RF タグ組立工程に,高

品質

RF タグ製造用の IC チップの物理的特性と同じ要求事項が課せられるわけではない。また,特定の

RF タグ製造工程に特有(又は固有)ではない RFID 性能要求事項を明記するべきである。これは,固有の

製造工程である場合に特に重要である。

IC チップ及び RF タグ技術のタイヤへの適用は,機械的耐久性か

ら見て恐らく最も困難なものであろう。これに加えて,埋込み形の場合には,

RF タグは,成形及び加硫工

程に耐えるものでなければならない。

IC チップの電気的特性は,一般的に,様々な IC チップの製品仕様書において明確に定義されている。

パッシブ形

IC チップのための主要な電気的インタフェースは,アンテナ用の接点を介したものであるため,

電気的インタフェースの最重要課題となるのは,通常は

IC チップとアンテナ間におけるインピーダンス整

合である。タイヤへの適用という過酷な条件においては,

IC チップの二次的パッケージが必要となる場合

がある。

IC チップは,アンテナに取り付ける前に,まず標準のスモールアウトラインパッケージ(SOP)


27

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

内にパッケージすることもある。この

SOP パッケージは,IC チップの機械的及び熱的な分離という潜在

的利点を付加する。システムのインピーダンス整合プロセスにおいては,この二次的パッケージも考慮し

なければならない。

IC チップの機能的特性は,IC チップが適合するエアインタフェースプロトコルによって完全に定義され

ている。

RFID の適合性試験(例えば,ISO/IEC 18047)を用いて,IC チップの機能的品質を検証する必要

がある。これは,設計の堅ろう(牢)性を確保するため,また,不適切な設計を避けるための鍵となる。

物理的,電気的及び機能的要求事項の適正な順守によって,共通の

IC チップから多様なパッシブ形 RF

タグを製造することが可能になる。これによって,相互運用性が高まり,コストが削減される。例えば,

共通

IC チップを用いて多様なパッシブ形 RF タグが入手できるが,タイヤ用の一体型 RF タグとなり得る

設計方法はごく僅かである。

A.4.2 IC チップパッケージ-物理的インタフェース 

A.4.2.1  ラベル形 RF タグ 

ラベル形

RF タグ用 IC チップは,一般的に直接の電気的接触によってアンテナに接合するが,低コスト

組立の可能性のある他の接合方法も開発中である。注意しなければならないのは,例えば,ロジスティク

ス用に一時的なアタッチメントとして設計されるタイヤ用のラベル形

RF タグでも,堅ろうな機械的特性

をもつ必要があるということである(A.7.3 参照)。現在の大半の RF タグ組立方法は,IC チップとアンテ

ナ間の直接接合を用いている。

A.4.2.2 IC チップのピックアンドプレース 

現在では,大半のインレット製造業者は,ピックアンドプレース式機械(ロボット)を用いて,集積回

路(

IC)をシリコンウェーハから取り出し,裏返しにして注意深くアンテナ上に設置している。電気接続

を行うには,

IC チップ上の二つの金属製極小パッドが,アンテナの両端部に接触しなければならない(ア

ンテナをこれらのパッドに接合する方法は様々である。)。しかし,

IC チップのピックアンドプレースはコ

ストが高く,また

IC チップのサイズが小さくなるにつれてより難しくなっている。

A.4.2.3  中間キャリア 

IC チップのサイズが小さくなるにつれて,位置合わせ(IC チップをアンテナパッドに合わせる)に関す

る要求事項がより厳しくなり,従来の中間キャリア工程はより困難になっている。その結果,中間アタッ

チメントメカニズムを用いた“標準化された”

IC チップの提供に焦点を合わせた様々な開発が行われてき

た。この方法は,半導体製造業者に対して,標準化された引渡し構造(キャリア,タブ,

IC 用基材など)

に取り付けた形で

IC チップを引渡しするよう要求するものである。これによって,RF タグ製造業者及び

/又はラベル加工業者は,

チップの取付け対象となる接合構造が

IC チップのサイズに関係なく一定である

ため,

IC チップ(サブアセンブリ)を標準化された方法で扱うことができる。これに加えて,これらの業

者がアンテナを取り付けるキャリアは,物理的により大きな構造であるため,柔軟性が高まり,精度に関

する要求事項が減少する。

このような引渡し方法には,次のような多くの利点がある。

 IC チップのサイズにかかわらず簡素で柔軟な RFID 製造工程

 4.75 mm のピッチにつき,4 個の 35 mm テープリールという標準

  引渡し方式によって,ひとまとめの包装が実現できる

  歩留まりが高く,1 時間当たり 10 000 個という高い組立スループットをもたらす,強固で,高度に工

業化された大量製造技術

 RF タグ製造業者及び/又はラベル加工業者がクリーンルーム環境で RF タグ用 IC チップの接合を行


28

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

う必要がなくなる。

  フリップチップパッケージ上の接合区域が IC チップの接合パッドよりも大きいため,RF タグアンテ

ナの設計が柔軟になる。

 IC チップとアンテナとの間の多くの異なる接合方法(はんだ付け,接着又は圧着など)が可能になる。

 IC チップの保護性が向上する。

欠点としては,次のものが含まれる。

  キャリア組立に一工程の作業が加わる。

  失敗する可能性のある接合数が増える。

A.4.2.4 参照。

A.4.2.4 SOP パッケージ及びはんだ付け-基本的タイヤ用 RF タグ設計で使用する方法 

二つの異なる

RF タグ形式が使用可能である。それぞれのタイプは,アンテナにはんだ付けしたミニス

モールアウトラインパッケージ(

MSOP-JEDEC MO-187E/AA 参照)内にパッケージした IC チップを使用

する必要がある。

MSOP は,ゴム内への装置の加硫時組込みを含め,IC チップの周囲環境から IC チップ

を保護するために使用する従来型の電子部品用パッケージである。フリップチップ,又は直接接合のよう

な他の取付技術は,タイヤ用としては十分な堅ろう性が実証されていない。一方の形式の

MSOP タグは,

柔軟な基板上に製造することができる。他方の形式の

MSOP RF タグは,小形の薄い基板上の MSOP に直

接はんだ付けしたスプリングワイヤアンテナをもっている。環境指令(例えば,

RoHS)に適合するために

は,材料特性に基づくプロセス変更が必要となる場合がある。無鉛リフローはんだ付けの場合,より高い

温度が必要となり,結果として部品の最高温度がより高くなる可能性がある。また,吸収された水分がも

たらす内圧増加によるパッケージ損傷に対する保護に注意を払う必要がある。

A.5 

組立-RF タグ 

IC チップをアンテナに取り付けるための信頼性の高い手段を求めて,様々な組立工程の方法が模索され

てきた。その意図は,組立コストを最小限に抑えつつ,工程を可能な限り独立したものにすることである。

一つの例として,図 A.3 は,ラベル形 RF タグ用の一般的な生産工程を示すものである。この図の中心,

すなわち,

IC チップ製造業者から RF タグ製造業者及び/又はラベル加工業者への移行は,費用対効果の

高い

RF タグの製造において極めて重要である。

図 A.3-ラベル形 RF タグ生産工程 


29

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

A.6 IC チップ及び RF タグインタフェース 

A.6.1 

物理的インタフェース 

A.6.1.1  物理的インタフェースの要求事項 

A.4.2 に示すとおり,IC チップとアンテナとの間の機械的インタフェースを確立するために使用可能な

組立方法は数多い。組立工程に対する

IC チップの物理的特性の適切なマッチングが極めて重要である。こ

のような重要な物理的特性に関する要求事項は次のとおりとする。

  アンテナの接点は,相互干渉を最低限に抑えるために,大きく離さなければならない。

  アンテナの接触面積は,物理的な隔離及び分離を保ちつつ,最大化しなければならない。

  フリップチップ組立では,指定された動作環境の全体にわたって機械的耐久性が得られるような適切

なアンダフィルを用いなければならない。

 IC チップの設計には,エッジ境界に沿った緩衝層を含めなければならない。

IC チップ引渡し構造(ストラップ,タブ,IC 用基材など)は,熱膨張及び RF タグ基板を通して伝達さ

れる機械的応力による屈曲に耐えなければならない。

接合材は,

RoHS 及び WEEE の要求事項及びガイドラインを遵守しなければならない。

A.6.1.2  取付方法-IC チップ及びアンテナ 

IC チップ及びアンテナの取付けの様々なメカニズムの例は,次による。

  直接接合  導電性エポキシ,スタッドバンプ,ワイヤボンディング,湿式導電性インクなどを用いて,

IC チップを直接アンテナに接合する。

  静電接合  タグ基板上のアンテナが IC チップと静電容量によって結合する。

  電磁接合  IC チップ上の集積コイルが外部の受動的共振回路に導電的に接合する。

A.6.2 

電磁気インタフェース 

パッシブ形

IC チップの電磁気インタフェースは,主としてエアインタフェース及び製品の設計特性によ

って定義する。

RF タグについての性能特性は,アプリケーションの要求事項によって定める。これらの性

能特性には次のものが含まれる。

  レンジ(識別,読取り及び書込み)  リーダアンテナから RF タグまでの距離(メートル)

  レート(識別,読取り及び書込み)  データトランザクションの速度(1 秒間当たりに処理できる RF

タグ数)

システムレベルの性能特性に加えて,

RF タグには,適合するエアインタフェース仕様によって定められ

る直接測定可能な性能特性もある。重要なパラメタは,次のとおりとする。

  デルタレーダ反射断面積(RCS:radar cross-section)  このパラメタは,デジタル変調の定義(すなわ

ち,

0/1)に基づいた RF タグの差動電波反射率を示すものである。差動電波反射率は,返信リンクか

ら入手できる信号対雑音比(

SNR:Signal-to-Noise-Ratio)へ直接影響を及ぼす重要な要素である。

  起動電力密度及び電界強度  このパラメタは,パッシブ形 RF タグを起動させるために必要な起動電

力密度及び電界強度を定めるものである。通常,

RFID システムの最大通信レンジ(すなわち,距離)

を定める場合に最も重要なパラメタである。

  変調度  このパラメタは,負荷又はインピーダンス変調を通して IC チップから得られる信号を表すも

のであり,デルタレーダ反射断面積(

RCS)パラメタに直接影響する要素である。アンテナ特性(例

えば,利得,偏波など)とは別物である。

  帯域幅  このパラメタは,特定の動作帯域全体における RF タグの信号性能を定めるものである。ア

ンテナ特性は,周波数によって大きく異なる場合があるため,このパラメタは,定められた

RF 帯域


30

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

全体を通じた

RF タグのレンジ性能の強力な指標となるものである。これは,定められた RF 帯域がか

なり広い場合(例えば,

860 MHz~960 MHz)には特に重要である。

このような定められた要求事項の多くは,

RF タグに関して,IC チップとアンテナとの間の特性のマッ

チングを前提としていることに留意する。したがって,

IC チップの多くの電磁気インタフェース特性(例

えば,インピーダンス,帯域幅など)は,アンテナ及び

RF タグの設計及び製造工程に適合していなけれ

ばならない。起動電力密度によって測定した結果,感度の低い

IC チップは,より大きく効率の高いアンテ

ナ構造と組み合わせることで,より小さく効率の低いアンテナと組み合わせた,より感度の高い

IC チップ

と同じユーザ要求事項(すなわち,レンジ)を満たすことができる。いずれの

IC チップも,アプリケーシ

ョン性能の観点から見ると,ユーザにとって完全に許容可能なものとなり得る。

IC チップの電磁気インタフェースの適合は,ISO/IEC 18047 を用いた適切な適合性試験によって証明し

なければならない。同様に,性能に関する電磁気インタフェースの適合は,ISO/IEC 18046 を用いた適合

性試験によって検証しなければならない。

A.6.3 

機能的インタフェース 

機能的インタフェースは,エアインタフェースプロトコルを実行するよう設計した

IC チップによるプロ

トコルの適合性に直接関係している。機能とは,

IC チップが指定したエアインタフェースプロトコルで実

行する様々な動作によって定義する。これらの機能には,次の項目を含む。

  ウェイクアップ

  選択

  衝突防止

  読取り

  書込み

  エラー処理

  読取り(書込み)防止及びセキュリティ

IC チップによる適合性は,対象となる適切なエアインタフェースに関して,ISO/IEC 18047 を用いた適

合性試験によって証明しなければならない。

A.7 RF タグ 

A.7.1 

概要 

現行のタイヤ用パッシブ形

RF タグ IC チップに関する AIAG B-11 タイヤ・ホイール規格は,ISO/IEC 

18000-63(タイプ C)の仕様を満たしている。今後,定義された場合には,追加された型の RF タグが使用

できるようになる。メモリ容量は

1 024 ビットであり,UII メモリ(MB01)及び USER メモリ(MB11)

の容量は,

AIAG B-11 の仕様において定められている。

A.7.2 

パッシブ形 UHF 帯 RF タグの周波数に関する検討事項 

RFID リーダライタには,周波数及び許容リーダ出力についての地域規制が課せられる。例えば,北米

においては,公称動作周波数は

FCC Part 15.247 に適合した 902 MHz~928 MHz である。欧州では,公称動

作周波数は

865 MHz~868 MHz であり,EN 302 208-1 に適合している(この規格は,単に各国が汎ヨーロ

ッパ推奨事項の指導を受けた国内規則をもつという推奨である。

)。日本での公称周波数は,日本の電波法

に適合した

915 MHz~930 MHz の範囲にある。UHF RFID リーダライタの購入・配置をする前に,使用地

域の規則を確認する必要がある。

注記

  日本では 2012 年 7 月の電波法改正によって,RFID リーダライタ用の周波数割当ては 915 MHz


31

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

930 MHz となった。

RF タグは,タイヤ内に埋め込む,又はタイヤの内壁に取り付ける場合には,大半の国々で使用が認めら

れている

UHF 帯 RFID 周波数,すなわち,860 MHz~960 MHz の範囲全体において動作しなければならな

い。

RF タグの読取り性能は,異なった規制環境においては異なってもよいことが認められている。必須の

最低読取りレンジは,工場での使用環境において乗用車用タイヤで

0.6 m とする。

A.7.3 

初期設計の参考のための RF タグのアンテナ設計に関する検討事項 

RF タグの構成方法は,その技術的性能,動作寿命及び環境適合性並びにコストに影響を与える。タイヤ

用途については,幾つかの特別な検討事項が適用される。

UHF 帯 RF タグのアンテナは,様々な方法で製造することができる。それぞれのプロセスで製造したア

ンテナの電気的及び機械的特性は異なっている。

アンテナは,タイヤの予想寿命の期間中,及び環境条件の全範囲にわたって導性劣化又は破壊が生じて

はならず,ばね鋼コイル又は同様の材料製の

2 個の放射構造を備えたダイポール構成でなければならない。

アンテナの調整は,主要タイヤ販売地域又は目的となる用途に応じて最適化してもよいが,いずれの場合

にも,

RF タグは 860 MHz~960 MHz の読取りレンジで機能しなければならない。

図 A.4 は,基本となる部品の概念的配置を示すものである。

1  タイヤの別の層 
2  タイヤの一つの層 
3  パッケージ及びサポート 
4  RFID MSOP 
5  アンテナ 
6  埋込み

注記

  性能規格は適用されるが,この規格ではどのような特定の形状又は寸法も要求していないことを示すため,

“パッケージ及びサポート”も“埋込み用ゴム”も意図的に“曖昧”に描かれている。

図 A.4-タイヤ用 RF タグの部品の基本となる概念的配置 

A.7.4 RF タグアセンブリのサイズ及び形状 

乗用車用タイヤ及びそれよりも大きいタイヤについては,パッケージとサポートとを備えた(ただし,

アンテナは入れない。)

IC チップは,12 mm×6 mm×2 mm を超えない大きさの“ボックス”に入れ剛性の

高い構造を形成する。鋭利な角は,周囲のゴムに応力を集中させるため,避けなければならない。大半の

場合,強度及びアンテナとのインタフェースに関する他の要求事項を満たすことのできる最小の構造が最

良の構造である。また,剛性の高いコアを,一つ又は二つの寸法において指定されたボックスよりも大き

い柔軟な拡張構造によって取り囲むことができるとも考えられる。


32

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

A.7.5 RF タグ及びアンテナの屈曲 

タイヤ内に取り付けた

RF タグは,次の 3 種類の屈曲を受ける。

  タイヤの出荷時,取扱い時及び取付け時の屈曲

  タイヤ回転時の連続的な周期的屈曲

  タイヤが段差,くぼみ又は路上の破片に対して,これらの上で回転した場合,又はこれらに当たった

場合に生じる衝撃による屈曲

アンテナは,取り付ける特定のタイヤに適した屈曲の反復サイクルへの耐性をもっていなければならな

い。屈曲には,伸長,圧縮,たわみ及びねじれが含まれる。このサイクルの回数及び過酷度は,対象とな

る特定のタイヤによって異なる。

RF タグアンテナの製造に用いる材料及び方法,並びに IC チップ接合方法に応じて,それぞれの RF タ

グは,最小許容曲げ半径をもつ。

RF タグの完成品に,タイヤへの取付け工程又は使用中に最小許容曲げ半

径よりも小さい半径の曲げ又は屈曲を与えると,アンテナ,

IC チップ,又は IC チップとアンテナの接合

の破壊によって

RF タグが故障する可能性がある。

柔軟なアンテナが剛性の高い

RF タグパッケージとサポートアセンブリに近接する箇所は,アンテナの

疲労故障が特に懸念される部分である。応力の集中を管理するための適切な設計特性を採用しなければな

らない。

A.7.6 IC チップアセンブリの強度 

どのような場合でも満足できるような機械的強度について単一の仕様を示すことは不可能である。

RF

タグ製造業者は,特定の情報について顧客と調整を行う必要がある。例えば,ゴムの加硫サイクル中に,

IC チップ並びに付随するパッケージ及びサポート部品は,パッチ製造業者又はタイヤ製造業者の要求によ

って決まる圧力,熱及び時間の複合的な影響を受ける。アプリケーションによっては,加硫中にゴムの流

れ又は変形がアセンブリの表面に応力を及ぼし,パッケージ及びサポートからアンテナを引き剝がそうと

する場合がある。

RF タグは,使用時にタイヤの変形から生じる機械的応力を受ける。使用中の変形につい

ては,統計的要素がある。すなわち,基本的な変形は,タイヤの回転ごとに生じ,より深刻な変形はタイ

ヤが段差上を通るときに生じるというものである。銅製部品のリード線は,ごく僅かなひずみ又はたわみ

の繰り返しにも耐えることができず,疲労破壊を起こす。

A.7.7 

アンテナの電気的特性 

アンテナは,

IC チップと組み合わせて,少なくとも特定のアプリケーションに必要な最低読取りレンジ

が得られるように構成しなければならない。これは一般的に,

RF タグを対象環境内で共振するよう調整し

なければならないこと,及びアプリケーションの要求との関連において大幅な抵抗損失があってはならな

いことを意味する。また,アンテナは,対象環境に設置されるまでは,動作周波数で共振しないことに注

意しなければならない。

RF タグ供給者は,顧客が特定の環境でアンテナの長さを調整できるよう,必要以

上の長さのアンテナ部品を出荷してもよい。

この規格では特定事項の記載を示すことはないが,次の項目にも留意する。

  誘電体に囲まれた共振アンテナは,空気中のアンテナよりも短い。

  らせん状の導線はインダクタンスをもち,これによって最大利得が得られるアンテナの長さが更に短

くなる。

  鋼は,UHF 周波数において非常に不良な導体であるが,導体金属でめっき処理することができる。

 UHF 周波数における導体金属の“表皮深さ”は,ミクロン単位で表す。

A.7.8 

タイヤゴムからの RF タグの絶縁 


33

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

ダイポールアンテナが正常に動作するためには,導体ゴムとの接触から絶縁していなければならない。

タイヤに使用するゴム化合物の大半は“導体”である。すなわち,そのカーボンブラック濃度は“浸透限

界”を超えている。一般的に,アンテナはタイヤに使用する大半の通常ゴム化合物との電気接触から絶縁

していなければならない。このため,通常の方式では,

RF タグに最も近い部分については,炭素含有量を

かなり減らした(一般的に

30~60 %減らす)タグと類似の組成のゴムだけを使用する。

一般的に,ゴムの絶縁層を設けることは,

RF タグ製造業者ではなく,RF タグアセンブリを購入するタ

イヤ又はパッチ製造業者の責任である。適切な絶縁層はユニットの性能にとって極めて重要であり,タイ

ヤ又はパッチ製造業者は,不適切な絶縁によって生じた不具合は

RF タグ製造業者の責任ではないことを

理解しておく必要がある。特定の化合物の場合は異なるが,一般的に,絶縁ゴムは抵抗率が

10

5

 Ω-cm を超

えるゴムと定義することができる。しかしながら,候補となるゴム化合物を評価するための最良の方法は,

誘電率(

ε')及び誘電損失(ε'')を測定することである。より高い値でも問題ないであろうが,良好な RF

タグは,

915 MHz で ε'<5 で ε"<0.2 の特性をもつ材料を用いて製造されている。

A.7.9 

ゴム又はエラストマに対する接合部品 

RF タグのパッケージ,サポートアセンブリ及びアンテナは全て,これらを取り囲む埋込み用ゴムに接合

されなければならない。この接合は,ゴムの加硫サイクル中に作用する適切な接着システムを用いて行う

ことができる。このような要求事項の理由の一つは,

RF タグアセンブリが“タイヤに害を及ぼしてはなら

ない”ということであり,もう一つの理由は,アセンブリの長寿命を達成するということである。

RF タグ

製造業者,パッチ製造業者又はタイヤ製造業者のいずれかが,特定の必要性に応じて接着システムを使用

することができる。製造において,少なくとも一つの適切な接着システムをアセンブリに使用することが

できる。これは,乾燥すると非粘着性のペンキのような膜状になり,丁寧に取り扱う場合には比較的安定

している。

A.7.10 

パッチの取付け 

RF タグをタイヤへ取り付けるためにパッチ内に組み込む場合には,パッチ製造業者は,パッチをタイヤ

に取り付ける接着技術を確実に修得しなければならない。タイヤ修理業者は,候補となる接着システムを

供給することができる。

A.8 RF タグの試験及び適合性確認 

最終顧客は,良好な製品を指定するために必要な数値基準を決定する。一連の最低基準は,次について

の仕様を含む。

  読取りレンジ又は実際の使用条件における読取り成功率

  タイヤの通常の動作条件を想定して走行距離数で表した予想寿命

注記 1  直接試験することは現実的ではない場合があるが,実験室試験又は道路上での走行試験を

指標として用いることができる。

  次のような実験室試験条件での必要最低動作寿命

  低圧耐久性(高屈曲,高温試験)

  高速耐久性(タイヤ内高温,高応力試験)

  突起乗越し耐久性(高屈曲,常温試験)

  該当する場合には,再生作業に耐える能力

  対象用途における製造可能性の検証

  ゴム部品の接着など,製造後の完全性の検証


34

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

注記 2  一般的に,良好な接合は“ゴム引き裂き型”接合である。部品をゴムから引き離すために

必要な力より破損する力の方が小さな値となる。

これに加えて,ユーザは供給者に対して,原材料が仕様を満たしていることの証明,完成品では容易に

非破壊試験のできないプロセス段階についての管理など,他の品質管理の実施を要求することができる。

A.8.1 

環境に関する検討事項 

極限環境条件と環境変化のサイクルとの双方が

RF タグの動作寿命を短縮させる可能性がある。故障モ

ードには,

IC チップ接合の不具合,アンテナの破壊,アンテナの腐食及び静電放電による IC チップの損

傷が含まれる。特異な環境条件が予測される場合には,配置する前に加速寿命試験を行って,取り付けら

れた状態での

RF タグの動作寿命に対する何らかの制限事項を定めることが推奨される。これらの条件に

は,屋外での保管,砂漠の暑さ,極地の寒さ,放射線又は電磁波への暴露,水中での使用,化学洗浄など

が含まれる。

A.8.1.1  温度範囲 

軍事及び商業用途の全範囲については,次の推奨事項が適用される。

  読取り温度範囲:-40  ℃~+70  ℃

  保管温度範囲(読取りなし):-51  ℃~+95  ℃

  タイヤ製造温度範囲(読取りなし)

A.8.1.1.1  タイヤ製造条件 

RF タグは,次の条件に耐えなければならない。

 175 ℃で 20 分間,又は 160  ℃で 45 分間

  最大成形圧力>5 000 kPa

A.8.1.1.2  タイヤの動作条件 

RF タグは,-40  ℃~85  ℃の範囲の温度で動作しなければならない。

RF タグは,-40  ℃~110  ℃の範囲の温度に時間制限なしで耐えなければならない。

RF タグは,110  ℃~125  ℃の範囲の温度に 8 時間まで耐えなければならない。

RF タグは,タイヤ最大空気注入圧力において,413 kPa まで動作しなければならない(例として乗用車

及び/又は小形トラックの場合)。

A.8.1.2  湿度,水中での使用など 

RF タグは,タイヤ内に埋め込むか,タイヤに取り付けることを前提としている。したがって,湿度及び

水,又は化学物質との接触が問題になることは予想していない。タイヤ自体に影響を与えることが分かっ

ている熱及び湿度の極端なケースは,電子部品にも同様の影響を及ぼす可能性がある。しかし,

RF タグは,

取り付けられているタイヤの一部が水,雪,泥,軟らかい砂,砂利などの中にあるときには,介在する異

物によってリーダライタの無線信号が吸収され,読取りできない可能性があることに注意する必要がある。

A.8.2 

静電放電(ESD)に関する適合 

タイヤの屈曲を含む多くのプロセスは,容易に静電気を発生する可能性がある。静電気は,砂漠,冬季

及び高地条件において見られるような湿度の低い環境において特に問題となる。

RF タグのアンテナを通し

ての

IC チップへの静電放電(ESD)は,IC チップの故障,格納されているデータの消失又は破損の原因

となる可能性がある。アンテナの設計で,

ESD の影響を軽減することができる。

自由大気中での

RF タグの ESD 耐性は,2 kV 以上でなければならない。適合については,MIL-STD-331

のような標準試験,又は単に

500 Ω の抵抗器を介して 2 kV DC まで充電した 500 pF のコンデンサを放電さ

せる手法によって,検証しなければならない。


35

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

この

500 pF のコンデンサ及び 500 Ω の抵抗器は,人体の放電特性のシミュレーションを行うものである。

試験中の回路インダクタンスは,

5 μH に制限しなければならない。

放電は,

RF タグのアンテナの両端部で行うのと同じく,RF タグ対応ラベル上の様々な点において両極

共に行われなければならない。

要求事項を満たしていると結論付けるための科学的根拠を示すためには,少なくとも

5 個の RF タグを

試験しなければならない。

A.8.3 

欠陥のある RF タグの取扱い 

システムは,

RF タグが機能しているか,及びデータが適切にコード化されているかを確認するため,そ

れぞれの埋込み

RF タグを試験しなければならない。欠陥のある RF タグをもつタイヤには,パッチとして

機能する

RF タグを欠陥のある RF タグから 10 cm 以上離れた位置で内側の側壁上に加硫して取り付け,埋

込み

RF タグ内にプログラムされたであろうデータと同一のデータをプログラムしなければならない。

A.8.4 

一時的なラベル形 RF タグ-固有の検討事項 

ラベル形

RF タグとは,ロール状の剝離紙に取り付けた接着性のラベル素材にラミネートした RF タグと

定義する。ラベル形

RF タグについての重要な要求事項を次に示す。

ラベルは,タイヤ製造業者の情報及び識別情報を保存するために使用する。購入者も,出荷情報又は一

意の個品識別情報(すなわち,

UII 又は EPC)を要求する場合がある。

インサートをラベルに接着し,次にこのラベルをタイヤに接着する。

注記

  ここでいう“インサート”は,タイヤ用 RF タグとして,タイヤ内へ組み込む,パッチへ内蔵,

又はラベル下に接着する構成物を指す。

ラベルとタイヤとの組合せは,次の全期間を通じて,損傷を受けないことが求められる。

  検査,出荷及び保管のタイヤ製造工程,車両組立工場,タイヤ卸業者又は直接小売販売店への輸送の

ためのトレーラーへの積込み

  タイヤ製造業者から自動車製造業者,卸業者又は直接小売販売店への輸送

  受入検査,タイヤとホイールとの組立,ホイールの車両への取付け,ホイールバランス及び回転の最

終組立,最終組立検査,データ収集などを含む,車両工場又は同様の施設における加工

A.8.5 

タイヤ用ラベル形 RF タグの試験要求事項 

永続的な

RF タグ付けを必要としないタイヤのアプリケーションには,ラベル形 RF タグの使用が予測さ

れる。これらのラベルは,

“タイヤの寿命”と同じ耐久性は求められていないが,タイヤの製造,物流及び

タイヤ取付け工程に耐えることが求められる。これらの使用上の要求事項を次に記載する。

注記 1  この段落は,対応国際規格では A.8.4 に記載されていたが,A.8.5 への記載が適切と判断し移

動した。

a)

ラベルは,タイヤに取り付け,

71.5  ℃のオーブンに 6 週間入れた後(タイヤは試験前に 1 時間冷却す

ることが認められる。)

,元の強度の

20 %以上が失われてはならない(ラベルを 1 時間取り付けた後に

90°引張試験を行う。)。

b)  ラベルは,タイヤに取り付け,-40  ℃の冷凍室に 1 週間入れた後(タイヤは試験前に 1 時間暖めるこ

とが認められる。),元の強度の

20 %以上が失われてはならない(ラベルを 1 時間取り付けた後に 90°

引張試験を行う。)。

c)

ラベルの元の強度は,

AIAG B-11 規格のアプリケーションに使用されている現行の 2D ラベルの強度

を上回っていなければならない。

d)  タイヤに取り付け,片道 3 500 km 以上を往復輸送後,自動機によるリムへのタイヤ取付けシミュレー


36

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

タ(最大条件とされる。)を通した後に,ラベル形

RF タグの 99.6 %が読取り可能でなければならない。

e)

タイヤに取り付け,

0.61 m/s の速度で動くコンベヤに載せた(ラベルは上向き)状態で,ラベル形 RF

タグの

99.6 %が読取り可能でなければならない。タイヤは,コンベヤ(幅 1 m)上にあらゆる向きで

載せなければならず,コンベヤの上部

1 m の位置に取り付けられた単一のアンテナによって読み取る

ことができなければならない。

f)

停止したコンベヤ上に載せた(ラベルは上向き)状態で,コンベヤの上部

1 m の位置に取り付けた単

一のアンテナによって,ラベル形

RF タグの 99.6 %が 5 秒間以内に(128 文字を)書込み可能でなけ

ればならない。

g)  搬送及び出荷は,少なくとも 1 000 個のタイヤを積み重ねた高密度こん(梱)包形態を取り,ラベル

を損失することなく長距離出荷できなければならない。

h)  f)  のタイヤ上のラベルは,ホイールの組立及び取付け工程を通過しても失われないものとする。

i)

最後に f)  及び g)  のタイヤ上の同じラベルは,車両組立施設を通して,車両へのタイヤ取付けまでの

輸送に耐えなければならない。

j)

状況に応じて,車両の最終出荷準備時又は車両配送の荷揚げ地でラベルを剝がさなければならない。

注記 2  対応国際規格では,A.8.5 b)  及び A.8.5 d)  の要求試験事項に固有のタイヤ商品名及び国外の

特定地点が記載されていたが,不適切なため一般的な表現とした。

A.8.6 

接着剤の残留物(取付け後に剝がすように設計されたラベル) 

ラベルを取り外した後のタイヤ上の接着剤の残留物は,可能な限り最小限でなければならず(目標は,

10 %未満),また,ヘプタン溶媒又はクエン酸系クリーナで容易に除去することができなければならない。

A.8.7 

タイヤ用ラベル形 RF タグの設置に関する仕様 

A.8.7.1  誘電値の変化 

この仕様の鍵となる最後の重要な特性は,タイヤが炭素を含有しており,一般的にゴムの誘電値の損失

が非常に大きいということ,及びほとんど全てのタイヤの一部又は大部分に金属が含まれていることであ

る。炭素含有量及びタイヤのトレッドスチールのような金属への近接度によって,タイヤの読取り距離が

大きく変化する可能性がある。例えば,乗用車用タイヤ向けに設計したラベルの場合,

0.76 m の距離で読

取りができるが,同じラベルを建設機械のタイヤに取り付けた場合には,読取り距離は僅か

0.127 m にな

る。この例は,炭素の影響を明白に示すものである。さらに,トレッドの浅いタイヤの場合には,ベルト

内の鋼の干渉が大きくなる。同一の乗用車用タイヤにおいても,同じラベルをスチールコードのない側壁

から大量のスチールコードを含むトレッドに移動した場合には,同様の性能低下が生じる可能性がある。

最後に,トレッドが設計上特徴のある一連のブロック又はベルトをもっているということは,この部分に

異なる誘電性をもつ空隙があり,結果として調整にばらつきをもたらすことを意味している。側壁部分は

鋼がない,又はスチールコードの密度が低い(トラック用タイヤ)傾向にあるため,一つの干渉源が減少

又は排除される。本来,側壁部分はトレッド部分よりも炭素含有量が少なく,したがって,

RF タグが動作

しやすい。

A.8.7.2  ラベル形 RF タグの位置 

ラベル形

RF タグは,タイヤの側壁に取り付けなければならない。工場の自動化によって,タイヤを特

別に方向付けすることなく,側壁の読取りを可能にする必要がある。例えば,タイヤがコンベヤ上を移動

している場合,又はフックにつ(吊)り下げられている場合,ラベルは側壁から読み取れる。トレッドの

ラベルは,特定の向きがあるため,

RF タグを探す上で過度なコストが生じる場合がある。

また,ホイール組立及び車両組立では,側壁のラベルから,製造ライン上でタイヤ,タイヤとホイール


37

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

との組立,及びタイヤと車両との組合せが読み取れるよう配慮する必要がある。

側壁タグ付きのタイヤは,タイヤとタイヤとの間に

25.4 mm の空隙がある場合,小売展示において読み

取ることができる。これには,希望どおりの正しいタイヤを読み取っていることが保証されるという利点

がある。トレッドのラベルの課題は,すぐ横のタイヤではなく,特定のタイヤを読み取っていることを確

信できないという点にある。トレッド側から読み取れる側壁ラベルは,読み取りたいタイヤを容易に分離

でき,高品質の読取り信頼性を保証する。

A.8.7.3  ラベルサイズの仕様 

ラベルの最小サイズは,横

101.6 mm,縦 35.56 mm とする。最大サイズは,横 190.5 mm,縦 50.8 mm と

する。横

101.6 mm~190.5 mm,縦 35.56 mm~50.8 mm の範囲で変動が認められる。ラベル形状は,最大長

さを限度として,湾曲形状,く(矩)形,だ(楕)円形又は他の形状であってよい。

RF タグは,ラベル全体(RF タグ及びオーバーラベル)の面積の 60 %を超えてはならない。

A.8.7.4  ラベルの読取り距離 

ラベルの読取り距離は,

AIAG B-11 タイヤ・ホイール識別規格による規定と同様であり,乗用車用タイ

ヤ向けの場合,最短距離は

609.6 mm(タイヤ表面とリーダアンテナ間の測定)となっている。側壁にスチ

ールコードをもち,製造業者によって設計が異なる場合のある大形トラックの場合は,最短距離は

304.8

mm とする。

A.8.7.5  インサートの仕様 

インサートは,出荷及び取扱い上の要求事項を継続的に満たすよう設計しなければならない。ガイドラ

インの一例を表 A.1 に示す。

表 A.1-インサート仕様のガイドライン 

基材

 IC チップ取付け部は 0.050 8 mm(代表値)の積層 PEN フレキシブル基板に印刷する。

物理特性

ラベルは,インサートとカバー層としてのソルダーマスクの薄層を含む。インサートは,適
切なパッケージ基板と,パッケージに取り付けたアンテナ及び

ASIC を含む。

ASIC パッケージ

ワイヤボンディングし,エポキシ樹脂などで覆い,保護した集積回路のパッケージ。

カバー層

公称厚さ

0.025 4 mm(代表値)でめっきした銅の上,IC チップ取付け部を除く部分へカバー

層を作る。それは,露光による皮膜形成又はスクリーン印刷で形成でき,透明とすることも
可能。

最大パッケージ厚

パッケージ全体の厚みは

1.27 mm(最大値)とする。

屈曲性

インサートは,両端で

10°~180°のねじれに耐えなければならない。

注記

 ASIC(application specific integrated circuit)特定用途向け集積回路

A.8.7.6  接着剤の種類 

一般的に,感圧接着剤又はヒートシール性接着剤が用いられる。ゴム系のものが望ましい。ヒートシー

ル性接着剤を使用する場合には,加硫時にラベルを定位置に保持しなければならない。

ラベル及びタイヤ表面における適用時最低周囲温度は

4.4  ℃以上でなければならない。

A.8.7.7  曲げ半径 

ラベル形

RF タグは,劣化することなく,最低 12 mm の曲げ半径に耐えなければならない。

A.8.7.8  静電放電(ESD)限界 

ラベルは,

2 kV の空中静電放電に耐えなければならない。

A.8.7.9  残存率 


38

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

定められたプロセス全体を通じたラベルの残存率は,

99.9 %を超えるものとする。

A.8.7.10 

動作寿命(タイヤ上のラベル) 

タイヤの側壁に取り付けたラベル形

RF タグの予想寿命は,動作温度及び動作湿度で保管された場合,1

年である。

A.8.7.11 

動作温度 

ラベル形

RF タグは,-40  ℃~71.1  ℃の温度範囲で動作しなければならない。

A.8.7.12 

動作湿度 

ラベル形

RF タグは,5 %~95 %(結露なし)の相対湿度範囲で動作しなければならない。

A.8.7.13 

表面相互作用 

ラベルは,タイヤの機能的性能に影響を及ぼすようないかなる表面クラックも損傷痕跡も側壁上にもた

らさないものとする。

A.8.7.14 

ラベルの色及びマーキング 

自動車組立工場における光学式スキャナにおいて妨害が生じないことを保証し,また,可視性を確保す

るため,ラベルの色は主としてシアンでなければならない。

商用タイヤ向けラベルについては,色はプロセスブラックでもよい。

A.9 RF タグの試験方法 

ラベル形

RF タグの取付けを指示するには,目視検査法を用いることもできるが,結果の確認,リーダ

ライタ性能において最良の

RF タグの選定,偏波及び輸送包装への取付け位置などの決定において,より

定量的な方法の方が有効である。この方法の使用は,ラベル付けした輸送包装又はユニットロードが最低

読取りレンジ要求事項を満たす上で役立つ。

ここで示す方法は,最低限の装置を要するものであり,同じ試験機関で測定された

RF タグとラベル付

き輸送包装との間で容易に比較できる読取りレンジ性能(適合性ではない。)の相対的(絶対的ではない。

測定値を提供する。複数の試験機関で同一の

RF タグ及び輸送包装の試験を行うことによって,各試験機

関の結果について有意義な相関関係を得ることができる。

標準化された性能測定のためには,ISO/IEC 18046 の方法に従わなければならない。適合性の測定は,

ISO/IEC 18047-6 の方法を用いて実施しなければならない。

A.9.1 

装置 

A.9.1.1  施設 

RFID リーダライタシステムと被試験デバイスとの間の定められた距離について固定した関係を維持で

きる屋内又は屋外の施設が用いる。被試験デバイス(

DUT:device under test)とリーダライタの送信アン

テナとは,直線距離で

1 m の範囲に置くことを推奨するが,パッケージのサイズが原因でこの距離では難

しい場合には,

2 m まで伸ばすことができる。しかし,反射を抑制するために DUT とリーダライタシステ

ムとの間に吸収体材料を設置するよう要求される場合がある。送信アンテナの中心は,床上約

1.5 m の位

置に置かなければならない。屋内の場合には,天井は可能な限り高く,床は非金属製でなければならない。

使用可能な場合には,電波暗室を使用する。電波暗室を使用できない場合,適切な電波吸収体パネルを用

いることによって,周囲反射を抑制することができる。

A.9.1.2 RFID リーダライタ及びアンテナの取付け 

UHF 帯 RFID リーダライタは,固定取付け用途向けに設計した適切な周波数をもち,垂直・水平偏波さ

れるように設計したタグ装置測定のためにアンテナを

90°回転させる設備をもち,直線偏波の固定取付け


39

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

UHF 帯 RFID アンテナとともに使用する。アンテナはパッチタイプで,ピーク放射方向が被試験デバイ

スを向くように方向付けられていなければならない。オペレータは,試験中常にアンテナの後方又は試験

システムから

4 m 以上離れた場所に位置していなければならない。

A.9.1.3 RFID リーダライタ及びアンテナの種類の承認 

リーダライタ及びアンテナは,適切な電波規則に適合していなければならない。

リーダライタは,プログラミング可能な,又は手動で段階的に出力調整可能な機能をもっていなければ

ならず,出力は

0.25 dB 以下の段階で制御可能であることが望ましい。

シングルポート式,すなわち,同一のコネクタ上で送受信を行う方式,又はデュアルポート式,すなわ

ち,受信と送信とが別個の方式のリーダライタも使用可能である。デュアルポートシステムの場合には,

送信経路に外部アッテネータを設け,図 A.5 のように DUT は送信アンテナに対して直線上に位置してい

ることが望ましい。

一体型アンテナをもつリーダライタも使用することができる。

A.9.1.4  コンピュータ 

適切なリーダライタ用ドライバソフトウェアを搭載したコンピュータをリーダライタに接続する。コン

ピュータが無線

LAN 通信機能をもつ場合には,これを無効にすることが望ましい。

A.9.1.5  アンテナのセットアップ 

1 m の試験範囲の場合,送信アンテナの中心点は床上 1.5 m に位置することが望ましい。

試験中の輸送包装は,プラスチック製又は木製のテーブル上に設置しなければならない。テーブルは,

最も重い輸送パッケージ(

24.6 kg)を支持するのに十分な強度がなければならない。成形プラスチック又

は発泡構造のテーブルは,適切な選択である。あらゆる金属製の留め具は,ナイロン製に取り替えること

が望ましい。

A.9.1.6  ケーブル 

セットアップには,要求に応じてコンピュータ及び

RF 同軸ケーブルが含まれていなければならない。

A.9.1.7  施設のセットアップ 

ISO/IEC 18046:2006 の附属書 に理想的な試験環境が示されている。正確な絶対的測定にはこのような

設備が必要であるのに対し,ここで説明する簡素化された方法は,コストがはるかに低く,

RF タグの選択

及び設置のガイドラインの目的に適している。

提案する構造を次に示す。この構造の一つの実施方法についての詳細が,現在この試験を実施するため

に使用されている。

このシステムは,床上

1.5 m の位置に設置したアンテナを支持する適切な強度をもつフレーム,リーダ

ライタ機器を置くためにアンテナの後方に取り付けた棚,外部アッテネータ(使用する場合)及びコンピ

ュータシステムで構成する。オプションとして,オペレータ,コンピュータ機器及び

DUT の間の反射を

抑制する吸収体材料の層をアンテナシステムの後方に設置してもよい。

DUT は,適切な低誘電性マウントで保持する。

介在する壁,天井又は床がある場合にも,あらゆる方向において,試験箇所から

30 m 以内に動作状態

RFID リーダライタが存在しないようにしなければならない。一般的慣行として,携帯電話,コードレ

ス電話,コードレスイヤホン又はスピーカー,ブルートゥース接続式装置及び無線

LAN 装置は,同じ半

30 m 以内で使用してはならない。これは,RF タグのアンテナの中には複数の周波数で共振するものが

あり,これによって試験用リーダライタ及びアンテナではなく,外部の

RF 発生源によって IC チップが動

作してしまい,その結果として試験中の

RF タグの起動電力しきい値の誤読が生じるためである。


40

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

1  適切なソフトウェアを備えたホストコンピュータ 
2  出力電力を制御可能なリーダシステム 
3  送信経路上 1 m に照準した DUT 
4  低誘電率の支持材 
a  設定距離:1 m

図 A.5-パッケージ試験設備のレイアウト 

A.9.1.8  機器のセットアップ 

A.9.1.8.1  同軸ケーブルに関する検討事項 

リーダライタを外部アッテネータ(使用する場合)及びリーダライタのアンテナに接続するために使用

する同軸ケーブルは,良質のものでなければならず,同軸コネクタは製造業者の推奨事項に従って定めら

れたトルクで締め付けなければならない。使用するケーブルは,試験結果に変化をもたらすことを防止す

るために,試験システム専用とし,移動させたり他の目的に使用したりしないことを推奨する。

A.9.1.8.2  リーダライタのセットアップ 

理想的には,使用する試験用ソフトウェアは,リーダライタの周波数及びリーダライタの出力の両方の

直接制御が可能なものが望ましい。

このようなものが入手できない場合には,幾つかの会社が,出力調整可能な自社製品用ユーティリティ

ソフトウェアを提供している。

理想的には,出力はリーダライタの出力周波数範囲内の各チャンネルについて,リアルタイムスペクト

ラムアナライザを用いて測定すべきであり,又は校正された

RF タグを用いた校正技術を使用するのがよ

い。

これを行うことができない場合には,定められたコマンドシーケンスを実行し,リーダライタが全ての

チャンネルを完全に実行できるよう十分な時間をかけて統合された平均出力測定値を用いて,システムの

相対的性能が変化したかどうかを示すことができる。

A.9.1.8.3  経験的試験 

RF タグには,仕様として公称 1 m 以下という読取り距離があるため,経験的試験の方法及び手順の確立

が可能であり,便利でもある。

この手順は,部屋の中心のすぐ近くに干渉源のない

4.57 m×4.57 m 以上の空間を見つけるものである。

試験するタイヤを地面から約

0.61 m~0.91 m 上方に位置するスペーサ(木製テーブルが理想的)上に置

く。タイヤがリーダライタに対して横向き又は直立した状態で,読み取るべき区域が

12 時の方向になるよ

うにタイヤを回転させる。


41

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

間に障害物のない空間で,アンテナをタイヤに対して垂直に保持又は設置する。読取り距離を測定する

場合には,必ず非金属製の定規を用いなければならない。

これらの経験的技術によって,適切なベースラインと方向性のある情報を得ることができる。


42

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

附属書 B

(参考)

製品のライフサイクル管理に役立つデータ要素の表

RF タグの各メモリバンクに格納する製品ライフサイクル管理用のデータ要素例を表 B.1 に示す。

表 B.1-製品のライフサイクル管理に役立つデータ要素例 

メモリ

バンク

分類

項目

説明

バイト

TID TID

TID

タグ識別番号

ISO/IEC 15963

32 ビット)

UII UII

EPC

SGTIN)

96 ビット)

製 造 業 者 に よ る 製
品識別子

ISO/IEC 15459-4

データ識別子(

DI)

シリアル化された製品番号(

25S”)

3+50

発番機関コード(

IAC)

製造業者コード

製品コード

CF-L2M8WAXS

シリアル番号

3AKSB01019

USER  製 造 業 者 用 内 部 コ

ード

30

危険物

危険物フラグ

危険物フラグ

 1

製品変更経歴

製品の経歴識別子

 5

保守用データ

( こ の デ ー タ は 保
守 担 当 が 利 用 者 の
事 業 所 又 は 家 庭 で
使 用 す る た め の も
の)

保守契約日

保守会社と利用者との間の保守契約期日

YYMMDD)

6

部品交換フラグ

部分の幾つかを新しい部分と交換したこと
を示すフラグ

1

消耗品フラグ

消耗品フラグ

 1

消耗品交換日

消耗品の使用開始日(

YYMMDD) 6

使用期間

消耗品の使用可能時間

 1

リ サ イ ク ル 用 デ ー

(このデータは,リ
サ イ ク ル 時 又 は 再
販時に使われる。

リサイクル申込み日

リサイクル申込用紙を作成した日付(使用
者がリサイクル製品をリサイクル会社又は
運送会社に送る日付)

YYMMDD

6

リサイクル券番号

リサイクル製品を個々に識別するための番

11

製品分類

製品分類フラグ

(分類例:デスクトップ

PC,ラップトップ)

このフラグはリサイクル処理を行う前に荒
仕分けするためのもの

2

製造日

製造日

YYYYMMDD 8

耐用年数

製造日からの耐用年数(使用可能期間)

 2

再販日

製品の再販日付(

YYMMDD)

製造業者の保証対象外

6

再販者

再販業者の識別子

 10

合計

 155 バイト


43

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

附属書 C 
(規定)

符号化

C.1 

概要 

この規格では,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 モード 3 のタグ用に,次の三つの

可能な符号化形式を推奨している。

 UII メモリ(MB01)内の一意の個体識別子(UII)若しくは USER メモリ(MB11)内のユーザ固有の

データのいずれか又は双方のための

GS1 EPC 準拠形式。ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 

18000-3 モード 3 の RF タグのセグメント化を,図 C.1 に示す。EPC の符号化は,GS1 EPC TDS 1.6 

よる。

  ISO/IEC 15962 フォーマット 13 を用いた構造(相対 OID)

  この附属書中に記載しているように,JIS X 0533 のメッセージ全体をユニットとして符号化し,ディ

レクトリなしで ISO/IEC 15962 に定義されている 6 ビットの符号化を行う単純化された構造。

C.2 

基本原則 

これらの符号化形式は,図 C.2 に示すとおり UII メモリ(MB01)のビット 0x17 から 0x1F までの内容に

よって,また

USER メモリ(MB11)のビット 0x00~0x61F の内容によって,それぞれを明確に区別する

ことができる。

JIS X 0533 の制定時では,この規格は,RFID を含む全ての AIDC(自動認識及びデータ取得技術)メデ

ィアをサポートすることを意図していた。

RFID の発達によって,一連の規格,すなわち,ISO/IEC 15961

及び ISO/IEC 15962 で完全に異なった符号化方式セットが開発された。


44

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

図 C.1ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 モード の論理メモリ構造 

UII メモリ(MB01)及び USER メモリ(MB11)における単純化した符号化形式の主要な概念は,表 C.1

に示す

6 ビット符号化を使用する。


45

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

表 C.1ビット符号化 

Space 

100000b

110000b

000000b

010000b

<EOT> 

100001b

110001b

000001b

010001b

<Reserved> 

100010b

110010b

000010b

010010b

<FS> 

100011b

110011b

000011b

010011b

<US> 

100100b

110100b

000100b

010100b

<Reserved> 

100101b

110101b

000101b

010101b

<Reserved> 

100110b

110110b

000110b

010110b

<Reserved> 

100111b

110111b

000111b

010111b

101000b

111000b

001000b

011000b

101001b

111001b

001001b

011001b

101010b

111010b

001010b

011010b

101011b

111011b

001011b

011011b

101100b

111100b

001100b

011100b

101101b

111101b

001101b

011101b

101110b

111110b

001110b

<GS> 

011110b

101111b

111111b

001111b

<RS> 

011111b

注記

  この表に示すものは,網掛け部分の値を除き,JIS X 0201 の 8 ビット ASCII 文字セットから二つの高位

ビットを単に取り除くことによって生成された

6 ビット符号化である。網掛け部分の値は,JIS X 0533

によるエンベロープを使用するときにビット数を最低限にするために,再割当てしたものである。

表 C.1 内の“予備<Reserved>”値は,定義した値及び機能を反映するこの規格が改正されるまでは使用

してはならない。一例として,この符号化規則を用いることについての

GS1 の決定又は ECI 符号化に対す

る要請が挙げられる。さらに,これらの一つ以上の文字列は,複合において異なる挙動を示す可能性があ

る。これら“予備

<Reserved>”値は,この規格では使用しないが,この規格によって定められた目的以外

には使用しないのがよい。


46

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

注記 1 USER メモリ(MB11)インジケータ(UMI) 
注記 2 XPC インジケータ(XI) 
注記 3  0=バイナリフラグ,1=ISO AFI フラグ 
注記 4 ISO の AFI,GS1 EPC TDS 1.6(Tag Data Standard Version 1.6)定義指定 
注記 5 ISO の AFI,EPC の有害物フラグ 
注記 6  図 C.2 は,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 モード 3 のメモリ構造である。

図 C.2UII メモリ(MB01)の ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 モード での 

メモリ構造 

C.3 UII メモリ(MB01)の一意の個体識別子の符号化 

ビット

0x17 は,ISO 形式と EPC 形式とを区別するためのビットである。ビット 0x17 を 0b に設定する

と,

UII 符号化は,GS1 EPC TDS 1.6 に従ったものとなる。ビット 0x17 を 1b に設定すると,UII 符号化は,

ISO/IEC 15961 のアプリケーションファミリ識別子(AFI)の基礎となる ISO/IEC 15459 規格群に従ったも

のとなる。JIS Z 066X 規格群のために定められた特別な AFI を表 C.2 に示す。

表 C.2JIS Z 066X のアプリケーションファミリ識別子(AFI 

AFI

JIS

0xA1

JIS Z 0667  RFID のサプライチェーンへの適用-製品タグ付け

0xA2

JIS Z 0665  RFID のサプライチェーンへの適用-輸送単位

0xA3

JIS Z 0664  RFID のサプライチェーンへの適用-リターナブル輸送器材(RTI)及びリター
ナブル包装器材(

RPI)

0xA4

JIS Z 0667  RFID のサプライチェーンへの適用-製品タグ付け(有害物質を含む場合)

0xA5

JIS Z 0666  RFID のサプライチェーンへの適用-製品包装

0xA6

JIS Z 0666  RFID のサプライチェーンへの適用-製品包装(有害物質を含む場合)

0xA7

JIS Z 0665  RFID のサプライチェーンへの適用-輸送単位(有害物質を含む場合)

0xA8

JIS Z 0664  RFID のサプライチェーンへの適用-リターナブル輸送器材(RTI)及びリター
ナブル包装器材(

RPI)(有害物質を含む場合)

0xA9

JIS Z 0663  RFID のサプライチェーンへの適用-貨物コンテナ

0xAA

JIS Z 0663  RFID のサプライチェーンへの適用-貨物コンテナ(有害物質を含む場合)


47

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

説明のために,製品の符号化を示す。輸送単位も,

AFI 及び DI を除き同様に符号化する。一意の個品識

別を提供するデータを符号化する一次元シンボルは,データ識別子(

DI),発番機関コード(IAC),企業

コード(

CIN)及びシリアル番号(SN)で構成する。このような一意の個品識別用一次元シンボルである

コード

128 では,図 C.3 に示すように表す。

 DI  = 25S

 IAC = UN (DUNS)

 CIN = 043325711

 SN = MH8031200000000001

図 C.3-コード 128 の符号化“25SUN043325711MH8031200000000001 

RFID 用の構造に AFI を付加することによって,次のようになる。

 AFI = 0xA1

 DI  = 25S

 IAC = UN (DUNS)

 CIN = 043325711

 SN = MH8031200000000001

表 C.1 に規定した符号化を用い,発番機関コード(IAC)に DUNS を用いて完成したデータ構造を検討

すると,製品の符号化のときに,このデータ構造は,

25SUN043325711MH8031200000000001 となり,UII

メモリ(

MB01)内で表 C.3 のように表す。

表 C.3ビット符号化を用いた AFI 及び UIIDUNS)の UII メモリ(MB01)構造 

AFI 

0xA1 

2 5 S U N 0 4 3 3 2 5 7 1 

1010

0001b

110010b

110101b 010011b 010101b

001110b

110000b

110100b

110011b

110011b

110010b 110101b 110111b

110001b

1 M H 8 0 3 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 

110001b 001101b 001000b 111000b

110000b 110011b 110001b

110010b

110000b

110000b

110000b

110000b

110000b 110000b 110000b

110000b

0 0 1  

110000b

110000b

110001b

         

さらに,表 C.1 に規定した符号化を用い,発番機関コード(IAC)に ODETTE を用いたデータ構造は,

製品の符号化のときに

UII メモリ(MB01)は,次のような構造となる。

 AFI = 0xA1

 DI  = 25S

 IAC = OD (ODETTE)

 CIN = CIN1

 SN = 0000000RTIA1B2C3DOSN12345(この例は,RTI の種別とシリアル番号とで構成する。)

UII メモリ(MB 01)の構造は,表 C.4 に示すとおりとする。


48

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

表 C.4ビット符号化を用いた AFI 及び UIIODETTE)の UII メモリ(MB01)構造 

AFI 

0xA1 

2 5 S O D C I N 1 0 0 0 0 

1010

0001b

110010b

110101b 010011b 001111b

000100b

000011b

001001b

001110b

110001b

110000b 110000b 110000b

110000b

0  0  0 R T I A 1 B 2 C 3 D O S N 

110000b 110000b 110000b 010010b

010100b 001001b 000001b

110001b

000010b

110010b

000011b

110011b

000100b 001111b 010011b

001110b

1 2 3 4 5  

110001b

110010b

110011b

110100b

110101b

       

このいずれの場合でも,

AFI をメッセージから除くと,リーダライタの出力は一次元シンボルの場合と

同じになる。

C.4 USER メモリ(MB11)の符号化 

USER メモリ(MB11)内にデータが存在することを示すためには,UII メモリ(MB01)のビット 0x15

1b に設定する。また,小売店が UII メモリ(MB01)を読み取り,消費者が USER メモリ(MB11)を

読み取る場合などに,ユーザによっては,

UII メモリ(MB01)へ EPC フォーマットでデータを格納し,

USER メモリ(MB11)へ ISO(DI)フォーマットでデータを格納することがあるため,UII メモリ(MB01)

内の

AFI で,USER メモリ(MB11)の形式を宣言することはできない。さらに,ここで定める構造と,ISO/IEC 

15962 で規定されている構造との間で混乱が生じないようにするほうが望ましい。したがって,USER メ

モリ(

MB11)は,そのアクセス方式及び形式を宣言しなければならない。

C.4.1 DSFID 

データの符号化は,アクセス方式及びデータ形式を符号化する

DSFID(データ記憶形式識別子)で開始

する。JIS X 0533 の符号化をそのまま使用する場合には,DSFID の値は 0x03 となる。DSFID がどのよう

に配列されるかについては,図 C.4 を参照する。

C.4.1.1  プレカーソル 

データ符号化では,

DSFID の後にプレカーソルが続き,このプレカーソルは,拡張ビット(0 ビット目),

圧縮タイプ(

1~3 ビット目)及び JIS X 0533 のフォーマット情報(4~7 ビット目)の符号化を行う。ISO/TC 

122 のアプリケーションのプレカーソルの値は 0100 0110b,すなわち,0x46 だけである(つまり,センサ

又はバッテリ補助がない場合の拡張ビットは

0b であり,圧縮タイプは 4:100b,これは,この附属書で規

定されている特殊な

6 ビットテーブルを使用していることを示しており,JIS X 0533 のフォーマット情報

06:0110b である。)。プレカーソルがどのように配列されるかについては,図 C.4 を参照する。

C.4.1.2  データバイト数インジケータ 

幾つかのエアインタフェースプロトコルは,送信ごとに送られるバイト数を変化させることによって,

ノイズの多い環境での最適化を可能としている。したがって,最初に,データを含む

RF タグメモリ内の

バイト数を知ることが有益である。多くの JIS X 0533 の DI データ符号化アプリケーションでは,データ

を符号化するために必要なバイト数は

127 未満であり,したがって,1 バイトで処理される。より大きな

メッセージの場合には,ISO/IEC 15962 の D.2(符号化したデータのデータ長)のように,2 バイト用いら

れ,

1 バイト目は 1b で始まり,2 バイト目は 0b で始まる。バイト数は,残りの 14 ビットで符号化される

(例

200 バイトは,10000001 01001000b と符号化され,各先頭ビットを除いた残り 14 ビットを連結する

00000011001000b=0xC8=200 となる。)。

例えば,メッセージが

6 ビット文字 51 個の場合,このメッセージは 39 バイトで符号化される(すなわ


49

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

ち,最後の文字の最終ビットが

39 番目のバイト内に位置し,この場合,パディングが必要なビットが 6

個存在する。

。したがって,データバイト数インジケータは

0x27 となる。データバイト数インジケータが

どのように配列されるかについては,図 C.4 による。

注記 1

アクセス方法(ISO/IEC 15962 の表 に記載)。

注記 1A  原文は“表 7”と記載されているが,誤りであるため“表 8”と訂正。 
注記 2

拡張構文:ビットを

1 にすることで DSFID のバイト数を追加(この例では 0)

注記 3

データフォーマット

03(JIS X 0533

注記 4

拡張ビット:この例では指定していない。

注記 5

ビット圧縮(

6 ビットテーブルを示す)

注記 6

フォーマット情報[専用

DI 0x6(JIS X 0533 のフォーマット情報)]

注記 7

データバイト数インジケータスイッチ(バイト数インジケータの最終バイトを示す

0b に設定)

注記 8

データバイト数インジケータのビット数(データ長によって可変)

注記 9

メモリアドレス(

0x00,0x07,0x08,0x0F,0x10 及び 0x17)

注記 10  図 C.4 はバッテリ補助及びセンサがない場合となる。

図 C.4ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 モード  

USER メモリ(MB11)の先頭 24 ビットのメモリ構造 

C.5 

符号化及び復号 

C.5.1 

符号化プロセス 

符号化プロセスは,次による。

1.

まず始めに,JIS X 0533 の DI メッセージから,先頭“[ ) > <RS> 06 <GS>”及び最終“<RS> <EOT>”

を削除する。

2.

表 C.1 を用いて,全てのデータ文字をそのコード値に変換する。

3.

複数の“

06”フォーマット情報を符号化する場合(例えば,複雑な部品のサブアセンブリを記載する

ために同じデータ形式の複数の“レコード”を含むメッセージを表すなど)には,新しい“レコード”

を示すそれぞれの JIS X 0533 で規定している“<RS> 06 <GS>”を節減して,単一の“<RS>”文字(表

C.1 によって,011111b と符号化される。

)にする。

4.

最後の符号化したデータ文字の後に,“

<EOT>”パターンを符号化する。

5.

6 ビット文字をビットとして配置し,これらを 8 ビットバイトにまとめる。

6.

最後のバイトに符号化していないビットがある場合には,これを埋めるために,パディングビットと

して,“

<EOT>”文字の最初の 2 ビット又は 4 ビット(すなわち,10b 又は 1000b)又は“<EOT>”文

字の全体(すなわち,

6 ビット文字セットの 100001b)を追加する。

7.

<EOT>”文字の最後のビットを含むバイト番号を定め,10 進数を 2 進数に変換し,データバイト数


50

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

インジケータとして符号化する。

8.

メモリ内に,

DSFID,プレカーソル,データバイト数インジケータ,データ,“<EOT>”及びパディン

グビット(存在する場合)を符号化する。

注記

  単一の RF タグ内で符号化を許されるのは一つの JIS X 0533 によるメッセージだけであるた

め,最後のデータバイトの後に終端パターンとしてゼロバイトを符号化する必要はない。

C.5.2 

復号プロセス 

復号プロセスは,次による。

1. DSFID 及びプレカーソルを調べ,これらが 0x03 0x46 であることを確認する。

2.

次の

8 ビットを処理し,得られたデータバイト数インジケータを 10 進数に変換して,データを含むバ

イト数を定める。

3.

次のビットから始めて,その後のビットを

6 ビットコードテーブルから文字ビットセットにまとめ,

データを含むバイト数の解読が終わるまで続ける。

4.

表 C.1 に基づいてデータ文字を割り当て,最後の“<EOT>”文字(ビットパディングされた文字の場

合もある。)を削除する。

5.

直後に“

06”及び“<GS>”文字が続かない符号化されたあらゆる“<RS>”文字については,“<RS>”

を拡張して“

<RS> 06 <GS>”にする。

6.

送信の先頭に“

[ ) > <RS> 06 <GS>”を,最後に“<RS> <EOT>”を追加する。

7.

JIS X 0533 によるメッセージの全体を送信する。オプションとして,受信側では,単一のデータオブ

ジェクトとして JIS X 0533 によるメッセージを OID 形式でラップすることができる。このオプション

を用いる場合には,メッセージの完全な

OID は{1 0 15434 06}である。

注記

 OID(Object Identifier):オブジェクト識別子については,ISO/IEC 15961-1 を参照する。

C.6 

符号化及び復号の例 

C.6.1 JIS 

0533 データからアクセスメソッド データ形式 へ符号化の手順 

ISO/IEC 15962 のアクセスメソッド 0 データ形式 3 を用いて符号化するために JIS X 0533 による形式で

一般的な

DI インプットメッセージを作成するためには,次の手順を実施する。

  インプットメッセージが,有効な JIS X 0533 による DI メッセージであることを確認する。

  アクセスメソッド 0 及びデータ形式 3 を示す DSFID を符号化する。

  先頭のメッセージエンベロープ文字“[ ) > <RS> 06 <GS>”及び最後の“<RS> <EOT>”を削除する。

  表 C.1 に基づいて,データを 6 ビットコード語に符号化する。

  一つの“<EOT>”文字を追加する。

  必要に応じ,最後のデータバイトを埋めるために,パディングビットとして,“<EOT>”文字の最初

2 ビット又は 4 ビット(すなわち,10b 又は 1000b)又は“<EOT>”文字の全体(すなわち,6 ビッ

ト文字セットの

100001b)を追加する。

  メモリ内に,DSFID,プレカーソル,データバイト数インジケータ,データ,“<EOT>”及びパディン

グを符号化する。

C.6.2 

アクセスメソッド データ形式 から JIS X 0533 データへの復号の手順 

システムは,

DSFID バイトを読み取ることによって,この情報を JIS X 0533 の 6 ビット DI データであ

るとみなす。

  システムは,最初に,DSFID,プレカーソル及びデータバイト数インジケータを削除する。


51

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

  パディングビット及び符号化された“<EOT>”文字を削除して符号化されたバイトを解析し,6 ビッ

トコードにし,次に,表 C.1 に基づいてデータ文字を割り当てる。

  システムは,送信の先頭に“[ ) > <RS> 06 <GS>”を,最後に“<RS> <EOT>”を追加する。

  システムは,JIS X 0533 によるメッセージの全体を送信する。

  オプションとして,受信側は,単一のデータオブジェクトとして,JIS X 0533 によるメッセージの全

体を

OID 形式でラップすることができる。

C.6.3 

データの符号化及び復号の例 

次の例は,JIS X 0533 の DI データを,“<EOT>”が必須条件であるアプリケーションで符号化するもの

である。

開始データ:

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001<GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT>

上記のメッセージの

RF タグ上のデータは,次のようなものである(DI を太字フォントで示している。)。

25SUN043325711MH8031200000000001 <GS> 1T110780 <GS> Q21 <GS> 4LUS <EOT>

データの項目:

UII

  25SUN043325711MH8031200000000001

LOT  =  1T110780

QTY  =  Q21

CoO

  4LUS

データからビットへの変換:

51 個の 6 ビット文字は(50 個+“<EOT>”),39 バイトに変換される。バイトの配置のために最後の 6

個のビットを埋める必要があるため,この場合には,

1 個の“<EOT>”文字全体を符号化する(表 C.5 

照)。

表 C.5ISO/IEC 18000-63(タイプ C),ISO/IEC 18000-3 モード  

USER メモリ(MB11)の先頭 16 ビットのメモリ構造 

DSFID 

=0x03 

プレカ
ーソル 

=0x46 

データバ

イト数 

=0x27 

2 5 S U N 0 4 3 3 2 5 

00000011b 01000110b  00100111b  110010b 110101b 010011b

010101b

001110b

110000b

110100b

110011b 110011b 110010b

110101b

7  1 

1  M H 8 0 3 1 2 0 0 0 0 

110111b

110001b

110001b  001101b 001000b 111000b

110000b

110011b

110001b

110010b

110000b 110000b 110000b

110000b

0  0 

0  0 0 0 1 

<GS>

1 T 1 1 0 7 

110000b  110000b

110000b  110000b 110000b 110000b

110001b

011110b

110001b

010100b

110001b 110001b 110000b

110111b

8 0 

<GS> 

<GS>

<EOT> 

pad

111000b 110000b  011110b

010001b 110010b 110001b

011110b

110100b

001100b

010101b

010011b 100001b 100001b

C.6.3.1 RF タグメモリの完全な内容 

DSFID,JIS X 0533 によるプレカーソル,39 バイトのデータ(“<EOT>”を含む 51 個の 6 ビット文字を

圧縮)及び

6 個のパティングビットを含み,アクセスメソッド 0 形式 3 の符号化を用いると,最終的な 16

進法での

RF タグの符号化は,次のようなものとなる。

03 46 27 CB 54 D5 3B 0D 33 CF 2D 77 C7 13 48 E3 0C F1 CB 0C 30 C3 0C 30 C3 0C 31 7B 15 31 C7 0D F8


52

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

C1 E4 72 C5 ED 0C 55 38 61

C.6.3.2  送信されるデータ 

ヘッダ文字及び“

<RS> <EOT>”を,メッセージ中に再び挿入する。次のデータ文字列が,リーダライ

タから送信される。

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001<GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT>

C.6.3.3  結論 

DI だけの直接 6 ビット符号化”アプローチを用いると,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)又は ISO/IEC 

18000-3 モード 3 の RF タグの MB01 の符号化は,図 C.3(一次元シンボル)と同じアウトプットとなる。

DI だけの直接 6 ビット符号化”アプローチを用いると,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)又は ISO/IEC 

18000-3 モード 3 の RF タグの MB11 の符号化は,図 C.5(二次元シンボル:QR コード)又は図 C.6(二次

元シンボル:データマトリックス)と同じアウトプットとなる。この方法には,データの符号化プロセス

を単純化するという利点もある。二次元シンボルで符号化した場合も,アウトプットは同じ結果となる。

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001<GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT>

図 C.5USER メモリ(MB11)の内容を符号化した QR コード 

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001<GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT> 

図 C.6USER メモリ(MB11)の内容を符号化したデータマトリックス 

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001<GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT> 

参考文献   

[1]  JIS D 4202  自動車用タイヤ-呼び方及び諸元

注記

  対応国際規格:ISO 4000-1,Passenger car tyres and rims-Part 1: Tyres (metric series)(MOD)


53

Z 0667:2017 (ISO 17367:2013)

[2]  JIS Q 9000  品質マネジメントシステム-基本及び用語

注記

  対応国際規格:ISO 9000,Quality management systems-Fundamentals and vocabulary(IDT)

[3]  JIS Q 9001  品質マネジメントシステム-要求事項

注記

  対応国際規格:ISO 9001,Quality management systems-Requirements(IDT)

[4]  JIS Q 9004  組織の持続的成功のための運営管理-品質マネジメントアプローチ

注記

  対応国際規格:ISO 9004,Managing for the sustained success of an organization-A quality

management approach(IDT)

[5]  JIS Q 14001  環境マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引

注記

  対応国際規格:ISO 14001,Environmental management systems-Requirements with guidance for

use(IDT)

[6]  JIS Q 19011  マネジメントシステム監査のための指針

注記

  対応国際規格:ISO 19011,Guidelines for auditing management systems(IDT)

[7]  JIS X 0304:2011  国名コード

注記

  対応国際規格:ISO 3166-1,Codes for the representation of names of countries and their subdivisions

Part 1: Country codes(IDT)

[8]  JIS X 0508  バーコードシンボル体系仕様-PDF417

注記

  対応国際規格:ISO/IEC 15438,Information technology-Automatic identification and data capture

techniques-PDF417 bar code symbology specification(IDT)

[9]  JIS X 0515  出荷,輸送及び荷受用ラベルのための一次元シンボル及び二次元シンボル

注記

  対応国際規格:ISO 15394,Packaging-Bar code and two-dimensional symbols for shipping,

transport and receiving labels(IDT)

[10]  ISO/IEC/TR 18001,Information technology-Radio frequency identification for item management-

Application requirements profiles

[11]  ISO 21849,Aircraft and space-Industrial data-Product identification and traceability

[12]  ISO 28219,Packaging-Labelling and direct product marking with linear bar code and two-dimensional

symbols

[13]  EN 302 208-1,Electromagnetic compatibility and Radio spectrum Matters (ERM); Radio Frequency

Identification Equipment operating in the band 865 MHz to 868 MHz with power levels up to 2 W; Part 1:

Technical requirements and methods of measurement

[14]  IEEE 1451.7,Smart Transducer Interface for Sensors and Actuators-Transducers to Radio Frequency

Identification (RFID) Systems Communication Protocols and Transducer Electronic Data Sheet Formats

[15] EPC

TM

 Radio-Frequency Identity Protocols Class-1 Generation-2 UHF RFID Protocol for Communications

at 860 MHz-960 MHz Version 1.0.9

[16]  RoHS (2002/95/EC) on the restriction of the use of certain hazardous substances in electrical and electronic

equipment (RoHS) and WEEE (2002/96/EC) On waste electrical and electronic equipment directive(WEEE)

[17]  MIL-STD-331 - Department Of Defense, Environmental and Performance Tests for Fuze and Fuze

Components

[18]  AIM Global Standard for the use of the AIM RFID Emblem and index to identify RFID-enabled labels

[19]  MIL-STD-129-Department of Defense Standard Practice Military Marking for Shipment and Storage

[20]  ASTM F538-03:-, Standard Terminology Relating to the Characteristics and Performance of Tires