>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1  適用範囲 

1

2  適合性及び性能仕様  

1

3  引用規格 

1

4  用語及び定義  

4

5  概念  

4

5.1  階層の概要  

4

5.2  リターナブル包装器材  

6

5.3  一意の製品包装識別  

6

5.4  その他の識別要件  

9

6  製品包装の使用例  

9

6.1  業務工程  

9

6.2  製品 ID だけを使用した場合と,製品 ID 及びロット番号又はバッチ番号を含むシリアル番号を使用

した場合との違い  

10

6.3  消費材と産業材又は政府向け製品との違い  

10

7  データ内容 

10

7.1  始めに  

10

7.2  システムデータ要素  

10

7.3  RF タグの構造  

11

7.4  プロトコル制御(PC)ビット  

14

7.5  データ要素  

15

7.6  トレーサビリティ  

15

7.7  一意の個品識別  

15

8  データセキュリティ  

16

8.1  機密性  

16

8.2  データの完全性  

16

8.3  リーダライタの認証  

16

8.4  否認防止及び監査証跡  

16

8.5  製品認証及び偽造防止  

16

9  ラベル形 RF タグを付けた物品の識別  

16

10  RF タグの障害に備えたバックアップ  

17

10.1  可読文字情報  

17

10.2  可読文字の変換  

17

10.3  データの項目名称  

17

10.4  バックアップ  

17


Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)  目次

(2)

ページ

11  RF タグの仕様  

18

11.1  データプロトコル  

18

11.2  最低性能要件(交信範囲及び交信速度)  

18

11.3  環境パラメタ  

19

11.4  RF タグの方向  

19

11.5  包装資材  

20

11.6  衝撃負荷及び摩耗  

20

11.7  RF タグの寿命  

20

11.8  システムの最低限の信頼性  

20

11.9  エアインタフェース  

20

11.10  アプリケーションのメモリ要件  

20

11.11  センサインタフェース(該当する場合)  

20

11.12  リアルタイムクロックのオプション  

20

11.13  安全性及び規制事項  

21

11.14  読取り制限付きデータ 

21

11.15  RF タグのリサイクル性  

21

11.16  RF タグの再利用性  

21

12  RF タグの取付け場所及び表示  

21

12.1  RF タグを取付け又は挿入する材料  

21

12.2  包装の形状及び RF タグの環境  

22

13  リーダライタの要件  

22

13.1  安全性及び規制上考慮する事項  

22

13.2  データのプライバシー  

22

14  相互運用性,互換性及び他の RF システムヘの不干渉  

22

附属書 A(参考)製品のライフサイクル管理に役立つデータ要素の表  

23

附属書 B(規定)符号化  

24


Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

(3)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本

工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 Z

0666

:2017

(ISO 17366

:2013

)

RFID のサプライチェーンへの適用-製品包装

Supply chain applications of RFID-Product packaging

序文 

この規格は,2013 年に第 2 版として発行された ISO 17366 を基に,技術的内容及び構成を変更すること

なく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,製品包装に適用する場合のサプライチェーン用途の電子タグ技術(RFID)の基本的仕様に

ついて規定する。

この規格は,次の事項を規定する。

-  製品包装の識別のための仕様

- RF タグの追加情報についての推奨

-  使用する意味及びデータ構文の指定

-  業務アプリケーションと RFID システムとのインタフェースに使用するデータプロトコルの指定

-  最低性能要件の指定

-  リーダライタと RF タグとの間のエアインタフェース規格の指定

- RF タグの再利用及びリサイクル性についての指定

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 17366:2013,Supply chain applications of RFID-Product packaging(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,“一致している”こ

とを示す。

適合性及び性能仕様 

この規格に従う全てのデバイス及び装置は,性能に関しては ISO/IEC 18046 規格群に,適合性に関して

は ISO/IEC 18047-6ISO/IEC 18000-63(タイプ C)]及び ISO/IEC/TR 18047-3ISO/IEC 18000-3 モード

3 の ASK インタフェース)に規定される適切なセクション及びパラメタにも適合しなければならない。

受渡当事者間の合意に基づき,その他の ISO/IEC 18000 規格群の特定のパートによるエアインタフェー

スを採用する場合(すなわち,JIS X 6351-2 及び ISO/IEC 18000-7)は,ISO/IEC 18047 規格群及び

ISO/IEC/TR 18047 規格群に対応するパートに適合しなければならない。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの


2

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS X 0301  情報交換のためのデータ要素及び交換形式-日付及び時刻の表記

注記  対応国際規格:ISO 8601,Data elements and interchange formats-Information interchange-

Representation of dates and times(MOD)

JIS X 0500-1  自動認識及びデータ取得技術-用語-第 1 部:一般

注記  対応国際規格:ISO/IEC 19762-1:2005,Information technology-Automatic identification and data

capture (AIDC) techniques-Harmonized vocabulary-Part 1: General terms relating to AIDC(IDT)

JIS X 0500-2  自動認識及びデータ取得技術-用語-第 2 部:光学的読取媒体

注記  対応国際規格:ISO/IEC 19762-2:2005,Information technology-Automatic identification and data

capture (AIDC) techniques-Harmonized vocabulary-Part 2: Optically readable media (ORM)

(IDT)

JIS X 0500-3  自動認識及びデータ取得技術-用語-第 3 部:RFID

注記  対応国際規格:ISO/IEC 19762-3:2005,Information technology-Automatic identification and data

capture (AIDC) techniques-Harmonized vocabulary-Part 3: Radio frequency identification (RFID)

(IDT)

JIS X 0504  自動認識及びデータ取得技術-バーコードシンボル体系仕様-コード 128

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15417,Information technology-Automatic identification and data capture

techniques-Code 128 bar code symbology specification(IDT)

JIS X 0507  バーコードシンボル-EAN/UPC-基本仕様

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15420,Information technology-Automatic identification and data capture

techniques-EAN/UPC bar code symbology specification(IDT)

JIS X 0510  二次元コードシンボル-QR コード-基本仕様

注記  対応国際規格:ISO/IEC 18004,Information technology-Automatic identification and data capture

techniques-QR Code bar code symbology specification(MOD)

JIS X 0512  情報技術-自動認識及びデータ取得技術-バーコードシンボル体系仕様-データマトリ

ックス

注記  対応国際規格:ISO/IEC 16022,Information technology-Automatic identification and data capture

techniques-Data Matrix bar code symbology specification(MOD)

JIS X 0531  情報技術-EAN/UCC アプリケーション識別子と FACT データ識別子,及びその管理

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15418:1999,Information technology-EAN/UCC Application Identifiers

and Fact Data Identifiers and Maintenance(IDT)

JIS X 0533  情報技術-大容量自動認識情報媒体のための転送構文

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15434:1999,Information technology-Transfer syntax for high capacity

ADC media(IDT)

JIS Z 0106  パレット用語

注記  対応国際規格:ISO 445,Pallets for materials handling-Vocabulary(MOD)

JIS Z 0108  包装-用語

注記  対応国際規格:ISO 21067,Packaging-Vocabulary(MOD)

JIS Z 0663  RFID のサプライチェーンへの適用-貨物コンテナ

注記  対応国際規格:ISO 17363,Supply chain applications of RFID-Freight containers(IDT)


3

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

JIS Z 0664  RFID のサプライチェーンへの適用-リターナブル輸送器材(RTI)及びリターナブル包

装器材(RPI)

注記  対応国際規格:ISO 17364,Supply chain applications of RFID-Returnable transport items (RTIs)

and Returnable packaging items (RPIs)(IDT)

JIS Z 0665  RFID のサプライチェーンへの適用-輸送単位

注記  対応国際規格:ISO 17365,Supply chain applications of RFID-Transport units(IDT)

JIS Z 0667  RFID のサプライチェーンへの適用-製品タグ付け

注記  対応国際規格:ISO 17367,Supply chain applications of RFID-Product tagging(IDT)

ISO 830,Freight containers-Vocabulary

ISO/IEC/IEEE 8802-15-4,Information technology-Telecommunications and information exchange between

systems-Local and metropolitan area networks-Specific requirements Part 15.4: Wireless Medium

Access Control (MAC) and Physical Layer (PHY) Specifications for Low-Rate Wireless Personal Area

Networks (WPANs)

ISO/IEC 15459 (all parts),Information technology-Automatic identification and data capture techniques-

Unique identification

ISO/IEC 15961,Information technology-Radio frequency identification (RFID) for item management-Data

protocol: application interface

ISO/IEC 15962,Information technology-Radio frequency identification (RFID) for item management-Data

protocol: data encoding rules and logical memory functions

ISO/IEC 15963,Information technology-Radio frequency identification for item management-Unique

identification for RF tags

ISO/IEC 18000-3,Information technology-Radio frequency identification for item management-Part 3:

Parameters for air interface communications at 13,56 MHz

ISO/IEC 18000-63,Information technology-Radio frequency identification for item management-Part 63:

Parameters for air interface communications at 860 MHz to 960 MHz Type C

ISO/IEC 18046 (all parts),Information technology-Radio frequency identification device performance test

methods

ISO/IEC/TR 18047-3,Information technology-Radio frequency identification device conformance test

methods-Part 3: Test methods for air interface communications at 13,56 MHz

ISO/IEC 18047-6,Information technology-Radio frequency identification device conformance test methods

-Part 6: Test methods for air interface communications at 860 MHz to 960 MHz

ISO/IEC/IEEE 21451-7,Information technology-Smart transducer interface for sensors and actuators-Part

7: Transducer to radio frequency identification (RFID) systems communication protocols and Transducer

Electronic Data Sheet (TEDS) formats

ISO/IEC/TR 24729-1,Information technology-Radio frequency identification for item management-

Implementation guidelines-Part 1: RFID-enabled labels and packaging supporting ISO/IEC 18000-6C

ISO/IEC/TR 24729-2,Information technology-Radio frequency identification for item management-

Implementation guidelines-Part 2: Recycling and RFID tags

ANS MH 10.8.2,Data Identifiers and Application Identifiers

GS1 EPC Tag Data Standard,Version 1.6


4

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

GS1 総合仕様書(GS1 General Specifications)

ICNIRP Guidelines,Guidelines for limiting exposure to time-varying electric, magnetic, and electromagnetic

fields (up to 300 GHz)

IEEE C95-1,IEEE Standard for Safety Levels with Respect to Human Exposure to Radio Frequency

Electromagnetic Fields, 3 kHz to 300 GHz

IEEE 1451.5,Information technology-Smart Transducer Interface for Sensors and Actuators-Wireless

Communication Protocols and Transducer Electronic Data Sheet (TEDS) Formats

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS X 0500-1JIS X 0500-3JIS Z 0106JIS Z 0108JIS Z 0664

及び ISO 830 による。

なお,この規格では,16 進法文字は 0xnn と表す(“nn”は 16 進数)。

注記 1  2 進数は nnb と表す(“nn”は 0 又は 1 の 2 進数)。

注記 2 RS,EOT,GS などの制御文字は<RS>,<EOT>,<GS>などと表す。

概念 

5.1 

階層の概要 

製品包装をはじめとする“包装”のレベルを図 に,“サプライチェーン階層”を図 に示す。これら

の図は,物理的対象を一対一に表現したものではなく,想定されるサプライチェーンでの概念モデルであ

る。図 の幾つかの階層は,明確に物理的な対象と対応しているが,サプライチェーンにおける一部の物

品は,使用例によっては複数の階層に当てはまる。例えば,所有者が変わらずに繰り返し使用するパレッ

トは,リターナブル輸送器材(RTI)として JIS Z 0664 の対象となる。ユニットロードの一部であるパレ

ットは,輸送単位として JIS Z 0665 の対象となる。単一の物品と一体をなすパレットは,製品包装として

この規格の対象となる。

“サプライチェーン階層”は,最終販売地点までの輸送,使用及び保守並びに場合によっては処分及び

返却された商品までを含み,原料から製品までの全ての側面を対象とする階層的な概念である。これらの

各階層は,製品を取り扱う多くの側面を対象とし,各レベルの業務工程は固有であるとともに,その他の

階層と重複している。

“物品レベル”から“貨物コンテナレベル”までの階層は,JIS Z 0663JIS Z 0667 の一連の規格で扱わ

れており,サプライチェーンの可視性を高めることを目的としている。最上位の階層 5 の“輸送モードレ

ベル”でトラックを使用する場合は,ISO/TC 204/WG7 の作業範囲内に入る。

図 の階層 1 の製品包装レベル,特に製品包装[JIS Z 0664 の 4.2(製品包装)を参照]を,この規格の

対象とする。

製品包装レベルの RF タグは,リーダライタに含まれる“選択読取り”方式の適用によって,他の階層

の RF タグと区別することができる。この選択読取り機能によって,リーダライタ及びサポートする自動

情報システム(AIS)は,製品包装レベル用の RF タグを迅速に識別することができる。


5

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

1

一次包装  -  消費者包装  -  (製品)

2

二次包装  -  外装  -  (製品包装)

3

三次包装  -  輸送包装  -  (輸送単位)

4

三次包装  -  ユニット化された輸送包装  -  (輸送単位)

5

パレット  -  (リターナブル輸送器材  -  RTI)

図 1-包装 

1

2

3

4

5


6

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

階層 5
輸送モードレベル
輸送モードによる定義
(輸送モード)

製品
包装

製品
包装

製品
包装

製品
包装

製品
包装

輸送
単位

輸送
単位

輸送
単位

リターナブル

輸送器材(

RTI

リターナブル

輸送器材(

RTI

コンテナ

20/40 フィート海上コンテナ及び マルチモーダルコンテナ

輸送モード

(トラック、船舶、鉄道、航空機)

RPI

RPI

構成要素,部品,資材,サブアセンブリ等

リターナブル包装器材(RPI

RPI

RPI

物品

物品

物品

物品

物品

物品

物品

製品
包装

物品

物品

製品
包装

物品

物品

物品

物品

輸送
単位

製品
包装

物品

物品

階層4
貨物コンテナレベル
JIS Z 0663
433MHz又は2.45GHz

(8802-15-4又は18000-7 TPA)

(貨物コンテナ)

階層3
RTIレベル
JIS Z 0664
860MHz~960MHz
(様々な18000 TPA)
(三次包装)

階層2
輸送単位レベル
JIS Z 0665
(様々な18000 TPA)
(三次包装)

階層1
製品包装レベル
JIS Z 0666
( 860MHz~960MHz TPA)
(13.56MHz TPA)
(二次包装)

階層0
物品レベル
JIS Z 0667
( 860MHz~960MHz TPA)
(13.56MHz TPA)
(一次包装)

物品

注記 TPA:受渡当事者間の合意がある場合(Trading Partner Agreement)

図 2-サプライチェーンの階層 

5.2 

リターナブル包装器材 

サプライチェーン内の全ての階層には,その資材が供給者に確実に返却されることを期待して顧客に発

送されるものがある。これらのリターナブル包装器材(RPI)は,潜在的に物理的な輸送単位と同様に価

値のある資産である。RPI 及びその識別については,JIS Z 0664 の附属書 A(リターナブル包装器材)に

よる。

5.3 

一意の製品包装識別 

5.3.1 

概要 

一意の製品包装識別とは,個々の包装,この規格の場合には製品包装に関連付けられる RF タグに,一

意のデータ文字列を割り当てるプロセスのことである。この一意のデータ文字列は,一意の製品包装識別

子という。製品包装の一意の物品識別によって,個体単位にデータを収集し,管理することができる。個

体単位のデータ活用の利点は,製品の保守及び保証並びに記録の電子的な取り交わしの実現に,顕著に現

れる。この個別化は,各 RF タグ付けした物品に,一意の物品識別子がある場合にだけ可能となる。

製品包装階層の RF タグは,同一品種の製品包装と別の品種の製品包装とを区別する手段として,製品

を一意に識別することができる。製品包装階層の RF タグは,同一品種の製品包装間では区別する必要が

ない場合に,別の品種の製品包装と,同種の製品包装とを区別する使い方にも利用できる。これは,個体

単位の区別が実用的でない,又は必要のない物品に適用する。


7

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

一意の製品包装識別子は,ISO/IEC 15459-4 に規定されている。RF タグによって識別する一意の物品識

別子(UII)は,同様な物品を個々に区別する。一意のタグ ID(ISO/IEC 15963 によって定義される。)は,

RF タグを一意に識別するための仕組みであり,この規格に定義する一意の製品包装識別子ではない。

一意の識別に最低限必要なデータ要素は,企業を識別する番号及びその企業内でのシリアル番号である。

通常,一意の識別を実現するためには,部品又はモデル番号も必要となる。

この規格は,一意の製品包装識別のために次の識別方式を適用する。

-  サプライチェーン物品の一意の識別子(ISO/IEC 15459-4 参照)

- SGTIN

注記 SGTIN:Serialized Global Trade Item Number

5.3.2 

国際的な製品包装の一意の識別 

ISO/IEC 15459 規格群の一意の識別子は,階層 0(物品レベル)

1)

~階層 4(貨物コンテナレベル)

1)

のサ

プライチェーンの様々な階層に対する識別スキームを示す。製品包装の一意の識別は,アプリケーション

ファミリ識別子(AFI)及びデータ識別子(DI)に続く次のコンポーネントによる。

a)  発番機関コード(IAC)

b)  企業コード(CIN)

c)

シリアル番号(SN)

1)

  対応国際規格では,物品レベルは階層 1 としているが,階層 0 の誤りである。また,階層 4 は

RTI レベルとしているが,貨物コンテナレベルの誤りである。

サプライチェーン階層は,表 の AFI コード割当て表にある AFI によって識別する。

すなわち,製品は 0xA1,輸送容器は 0xA2,リターナブル輸送器材は 0xA3,製品包装は 0xA5 となる。

データ識別子は,“25S”とする。発番機関コードは,ISO/IEC 15459 規格群の登録機関によって割り当

てられる。企業コードは発行機関によって割り当てられる。発行機関に登録された企業がシリアル番号を

割り当てる。シリアル番号は英数字で 20 文字以下とする。

表 1JIS Z 066X アプリケーションファミリ識別子(AFI)の割当て 

AFI

割当て

0xA1

JIS Z 0667  製品タグ付け

0xA2

JIS Z 0665  輸送単位

0xA3

JIS Z 0664  リターナブル輸送器材(RTI)及びリターナブル包装器材(RPI)

0xA4

JIS Z 0667  製品タグ付け(有害物質を含む場合)

0xA5

JIS Z 0666  製品包装

0xA6

JIS Z 0666  製品包装(有害物質を含む場合)

0xA7

JIS Z 0665  RFID のサプライチェーン適用-輸送単位(有害物質を含む場合)

0xA8

JIS Z 0664  リターナブル輸送器材(RTI)及びリターナブル包装器材(RPI)

(有害物質を含む場合)

0xA9

JIS Z 0663  貨物コンテナ

0xAA

JIS Z 0663  貨物コンテナ(有害物質を含む場合)

AFI を適用する技術によって RF タグに記憶される場合,一意の識別子は AFI に対応している。EPC は

AFI を使用しない。この結果,EPC の製品包装では AFI を使用しない。EPC 以外の製品包装には,AFI に

0xA5 を使用する。符号化は,附属書 による。

ISO/IEC 15459 規格群に沿って製品包装を識別するには,一意の識別子として,データ識別子“25S”を


8

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

使用する。この規格では,製品包装の一意の識別子の長さは,データ識別子を含めずに,英数字で 35 文字

以下とする(an3+an..35)(表 参照)。受渡当事者間での合意がある場合には,この長さを 50 文字(an3

+an..50)まで拡張することができる。

表 2ISO UII 要素文字列 

ライセンスプレートのフォーマット

データ識別子(DI)

発番機関コード(IAC),企業コード(CIN),シリアル番号(SN)

25S N

1

 N

2

 N

3

 N

4

 N

5

 N

6

 N

7

 N

8

 N

9

 N

10

 N

11

 N

12

 N

13

 N

14

 N

15

 N

16

 N

17

 . . . N

35

注記  “25S”が an3 を,“N

1

~N

35

”が an..35 を示している。

5.3.3 SGTIN 

GS1 EPC の SGTIN(SGTIN-96)は,製品包装の一意の個体識別を提供できる一意の個体識別番号(UII)

である。SGTIN-96 要素文字列を表 に示す。

表 3SGTIN-96 要素文字列 

ヘッダ

フィルタ

パーティ

ション

GS1 事業者

コード

商品アイテム

コード

シリアル番号

ビット数 8

3

3

20~40 24~4 38

参考 0011

0000b

a)

b)

b)

 999

999~

999 999 999 999

c)

9 999 999~9

c)

274 877 906 943

d)

注記 GS1 事業者コード及び商品アイテムコードの 10 進数表記の切り分けの桁数に基づいて,パーティショ

ンの値が変わる。

a)

  2 進数値

b)

  値については,GS1 EPC TDS 1.6(Tag Data Standard Version 1.6)を参照

c)

 10 進数表記での範囲

d)

 10 進数表記での最大値

SGTIN は,次の情報要素で構成する。

a)

GS1 EPC TDS 1.6 で定義している“ヘッダ”

。ヘッダは 8 ビットで,SGTIN-96 では 0x30 である。こ

の規格では SGTIN-96 について規定しているが,GS1 EPC TDS 1.6 には,より長いシリアル番号の規

定がある。

b)  GS1 EPC TDS 1.6 で定義している“フィルタ値”

。フィルタ値は 3 ビットで,EPC の対象が小売商品

(POS trade item),標準商品グループ(Full Case for Transport),単一発送(single shipping)又は消費者

商品(consumer trade item)のいずれであるかを識別する。

c)

GS1 EPC TDS 1.6 で定義している“パーティション”

。パーティションは 3 ビットで,七つの値のいず

れかを保持し,後続の事業者コードと商品アイテムコードとの分割位置を指定する。

d) GS1 が団体に割り当てる“GS1 事業者コード”

。GS1 事業者コードは,GS1 GTIN の企業プレフィクス

(10 進数)の数値と同じである。GS1 事業者コードと商品アイテムコードとの組合せは,44 ビット

である(10 進数で 13 桁)。

e)

“企業”が特定の製品包装に割り当てる“商品アイテムコード”。企業プレフィクスと商品アイテムコ

ードとの組合せは,44 ビットである(10 進数で 13 桁)。

f)

管理者が任意に割り当てる“シリアル番号”。EPC では,GS1 総合仕様書で許可するシリアル番号の

サブセットだけを使用できる。特に,先頭に 0 がなく,1 ビット以上の数値で構成するシリアル番号

だけが使用できる。シリアル番号の長さは,38 ビットである。


9

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

5.4 

その他の識別要件 

この規格は,適用する安全上又は規制上の表示又はラベル要件を無効にしたり,それらに取って代わる

ものではない。

この規格は,多数の用途及び産業界の最低限の製品包装識別要件を満たすことを意図している。このた

め,その適用範囲は幅広い業界にわたり,各業界は,この規格に対する特定の実施ガイドラインを定める

ことができる。この規格は,その他の義務付けられたラベル要件に加えて,適用する。

製品包装の使用例 

6.1 

業務工程 

次の業務工程は,この規格で想定している運用を表している。

-  調達  発注仕様及び/又は購買の要件を含んだ注文プロセスは,RF タグの一意の ID をキーとして元

の購買情報をデータベースから参照することで,作業が容易になる。

注記  一意の ID とは,表 に示すコードをいう。

-  出荷  物品が,例えば,コンピュータ・ソフトウェアなどに関し,構成又は能力は異なっているが,

その他の点では同一の形状,適合度及び機能を備えた物品を区別した積荷は,RF タグを読み取ること

で,出荷確定番号を発番し,出荷することができ,適切な物品を出荷したことの保証ができる。この

(個品)レベルのスムーズな貨物追跡機能は,この規格群の他の規格の上位階層で実現する貨物の可

視化システムの基礎となるものである。

-  荷受け  在庫管理システムをもっていれば,スムーズな受入データの収集は,受入時間を大幅に短縮

できるとともに,このプロセスの電子取引データを早い時期に提供できる。手持ち(フリー)在庫が

早い段階で把握できるため,在庫切れを減らし,緊急輸送による物流費を削減することが可能である。

-  クロスドッキング  入荷受付,出荷の荷出しを記録する以外に,タグ付けした製品はクロスドッキン

グに使用することができる。多くの物品は,個々の製品タグを読む代わりに,

(こん包上の)外装マー

ク(タギング)をもっている。

-  工程管理  個々の構成部品及び最終組立品(部品構成表)のトラッキング又は製作・製造プロセスの

モニタリング(進捗管理)に使うことができる。

-  非定常業務  工程中の作業と関連するが,実際の作業の前後を補助するような別業務であり,不良要

因の分析・確認,製品包装,こん包の準備作業などが相当する。

-  在庫調整  個品レベルのシリアル化によって,製品個々の管理を可能にするための(在庫の)詳細な

可視化ができる。これによって,個品のデータ収集,トラッキング,トレーシング及び伝票に従った

選択が行える。

-  廃棄  リサイクル又はその他の廃棄要件に適合した物品の識別

-  格納作業  適した保管設備若しくは物品の条件にあった保管設備が設置してある特定の倉庫,又は他

の保管場所の棚へ物品を移動するために,こん包単位又は輸送単位の中から選択する。

-  庫内移動  製造又は組立工程のために,適した保管設備若しくは物品の条件にあった保管設備が設置

してある特定の倉庫,又は他の保管場所の棚から適した設備へ物品を移動するために選択する。

-  仕分け  特定の個品を何らかの基準に基づきグループ分けするプロセス。高速で行われることが多い。

-  識別  識別とは,“調達”から“仕分け”までの業務工程における各機能の実現に必要な本質的位置

付けのプロセス。これによって,業務工程において物品が明確に区別できる。識別は,シリアル化さ

れた製品では個別の物品レベルで,シリアル化されない製品では品種ごとに行うことができる。識別


10

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

は,RF タグのその他の使用を可能にする基本プロセスとなることが多い。

-  ネットワーク・トポロジ  ネットワーク上の個別のノード又は場所を識別するために使用できる。

-  構成部品管理  より大きな組立品を構成する個々の部品を個別に識別し,この部品データは,複数レ

ベルの各構成に対応した階層にすることができる(例えば,航空機の一連の通信機器に搭載した無線

内の集積回路)。

サプライチェーンに含まれる各種の業務工程は,

“調達”から“構成部品管理”において,概要を示した

明確に異なる機能及びプロセスのグループを利用する。RF タグのデータの読取り,書込み又は消去は,関

係する製品及び手続きに関する識別及びデータ取得のために行い,業務責任者の必要に応じて,業務工程

に整合するように組み込まなくてはならない。

6.2 

製品 ID だけを使用した場合と,製品 ID 及びロット番号又はバッチ番号を含むシリアル番号を使用

した場合との違い 

業務工程によってデータ要求事項が異なるように,物品によって識別要求事項は異なる。構造化又は高

機能なシリアル番号のふり方スキームを用いると,パーツ番号,ロット番号などの追加のデータがシリア

ル番号に含まれることになる。これはシリアル化が企業内で固有であることを意味する。

最低レベルの識別は,製品 ID だけである。ロット及びバッチタイプの物品には,物品の製品 ID 及びそ

の物品が属するロット又はバッチを表示しなければならない。シリアル化する物品には,一意の識別を実

現する様々なシリアル化の方法について規定している ISO/IEC 15459 規格群の適切な項目に従って,固有

のシリアル番号を表示しなければならない。

医薬品は,ロットレベルで生産し,管理するが,物品レベルで販売し,使用する物品タイプの典型であ

る。このため,特定の投薬量の医薬品では,その投薬量の一意の識別及び元の生産ロットに遡って確認す

る機能が要求されることがある。この確認は,情報システム上で関連情報を調べることで行うことができ

る。

6.3 

消費材と産業材又は政府向け製品との違い 

産業用又は政府管轄下だけで使用される製品とは対照的に,消費材では個人のプライバシーの問題にか

かわる固有の検討事項がある。消費者のプライバシーに関する規制は,全ての消費材レベルの製品包装シ

ナリオの設計及び運営において考慮しなければならない。暗号化及びデータセキュリティについては,箇

条 による。

データ内容 

7.1 

始めに 

7.27.7 で,製品包装階層での RF タグのデータ内容について説明する。これらは,特に次の事項を明確

にする。

- RF タグの必須又は任意のデータ要素

-  データ要素を識別する方法(データの意味)

- RF タグのメモリ内データ要素の表現

- RF タグのメモリ内データ要素の配置

7.2 

システムデータ要素 

7.2.1 

一意の製品包装識別 

適合する RF タグの最初のデータ要素は,ISO/IEC 15459-4 で規定される一意の識別でなければならない。

ここで使用する一意の識別のデータ長及び性質は,この規格のデータ要素で定義する。ISO/IEC 18000-63


11

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 モード 3 に適合する RF タグでは,一意の識別データ要素はメモリア

ーキテクチャによって追加の要素(ユーザデータ)から区別される。一意の識別データ要素は,UII メモ

リ(MB01)に格納し,追加のデータは USER メモリ(MB11)に格納する。この規格では,製品包装の一

意の識別子は,データ識別子を含めずに,英数字で最大 35 文字の長さにすることができる(an3+an..35)。

受渡当事者間の合意がある場合には,この長さは 50 文字(an3+an..50)まで拡張することができる。符

号化は,附属書 による。

7.2.2 

データの意味 

単に製品識別をコード化する場合の RF タグは,ISO/IEC 15961 規格群に適合することが望ましい。この

データ構造は,附属書 による。複雑なデータ構造又は比較的大きいデータセットを含む RF タグは,JIS 

X 0531 及び附属書 に適合するデータの意味を含むものとする。

7.2.3 

データ構文 

製品包装だけを識別するコードをもつ RF タグは,構文をもたないとみなす。複雑なデータ構造又は大

きなデータセットを含む RF タグは,附属書 に従わなければならない。

注記  複雑なデータ構造又は大きなデータセットを含む場合(構文をもつ場合)は,JIS X 0533 によ

る。

7.2.4 RF タグの文字セット 

データ識別子を用いる RF タグは,表 B.1 によって,次の文字セットの文字とスペースとを用いなけれ

ばならない。

0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,A,B,C,D,E,F,G,H,I,J,K,L,M,N,O,P,Q,R,S,

T,U,V,W,X,Y,Z,[, \ ,],:,;,<,=,>,?,@,(,),*,+,-,.,/,<GS>,<RS>,<FS>,

<US>,<EOT>

7.3 RF タグの構造 

7.3.1 RF タグヘッダ

2)

製品包装の用途の場合,UII メモリ(MB01)には ISO/IEC で定義された AFI 又は GS1 EPC TDS 1.6 

定義されたアトリビュート・ビットを含まなければならない。製品包装のための ISO/IEC 15961 規格群に

よる AFI は,表 及び表 で規定するように,ビット 0x18~0x1F が 0xA5

3)

となる。ビット 0x17 を 1b に

設定している場合には,

(AFI を含む)国際規格に対応していることを示し,ビット 0x17 を 0b に設定して

いる場合には,GS1 EPC TDS 1.6 の規定に従って GS1 EPC 標準に対応していることを示している。

注記 96 ビットの SGTIN を表す RF タグには,EPC ヘッダ値として 0x30 を書き込んでいる。

2)

  対応国際規格では,一意の製品包装識別子となっているが,JIS Z 0664 では,RF タグヘッダと

なっているため,表現を統一した。

3)

  対応国際規格では,0xA2 となっているが,誤りのため修正した。

7.3.2 RF タグメモリ 

RF タグのメモリマップを図 に示す。


12

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

メモ リ バンク定義

2進表記

MB00

RESERVED

MB01

UII

MB10

TID

MB11

USER

USER

TID

UII

RESERVED


デ ー タバイト数インジケータ

[7:0]

DSFID[7:0] プレカーソル[15:8]


TID

[15:0]

TID

[31:16]


XPCオプション_W2   [15:0]

XPCオプション_W1   [15:0]


UII

[15:0]


UII

[N:N-15]

PCビット格納

[15:0]

CRC-16格納

[15:0]


アクセスパスワード

[15:0]

アクセスパスワード [31:16]

無効化パスワード

[15:0]

無効化パスワード

[31:16]

メモリ バンク

• DSFID
• プ レカーソル, [OID],

デ ー タ長オブジェクト

<追加 ア ク セス方式,

センサ,バッテリ補助

• ISO/IEC 15961及び

ISO/IEC 15962参照

• MDID

(タグマスクデザイナ識別子)

• タグモ デル番号
• シ リア ル番号
• 恒久ロックとしてIC製造時に

焼付け又は書込み

UII (ISO又はEPC必須)

• PC (プ ロトコル制御)ビット,

UII デ ー タ長インジケータ

• UIIメ モ リのCRC 確認を含む

•全ての書込みのロック及び

無効化のパスワードを含む

メ モリ位置

詳しいメモリ位置を

左右に16進数で表記

2進表記

MB11

MB10

MB01

MB00

0x10

0x00

0x10

0x00

0x220

0x210

0x20

0x10

0x00

0x30

0x20

0x10

0x00

0x1F

0x0F

0x1F

0x0F

0x22F

0x21F

0x2F

0x1F

0x0F

0x3F

0x2F

0x1F

0x0F

上 位

下 位

上 位

下 位

上 位

下 位

上 位

下 位

注記  JIS X 0533 フォーマットヘッダのフォーマット識別番号“06”(“06”はデータ識別子を用いたデータを示す。)

との互換性を保つため,この図の USER メモリ構造(データバイト数インジケータ)は,JIS Z 066X 規格群固
有の使用方法を想定している。

図 3RF タグのメモリマップ 

7.3.3 RF タグメモリバンク 

RF タグメモリは,四つの個別のバンクに論理的に分かれている。各バンクは,一つ以上のメモリワード

によって構成する。論理メモリマップは,図 3

4)

に示すとおりとする。各メモリバンクは,次による。

4)

  対応国際規格では図 となっているが,誤りのため図 とした。

a)

RESERVED メモリ(MB00) RF タグ無効化パスワード及びアクセスパスワードを格納する。RF タ

グ無効化パスワードは,メモリアドレス 0x00~0x1F に格納する。アクセスパスワードは,メモリア

ドレス 0x20~0x3F に格納する。RF タグが無効化パスワード及び/又はアクセスパスワード機能を実

装していない場合,値 0 のパスワードで永久的に固定された形となり,RESERVED メモリ(MB00)

が存在する意味がなくなる。


13

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

b)  UII メモリ(MB01)  メモリアドレス 0x00~0x0F に CRC-16,メモリアドレス 0x10~0x1F にプロト

コル制御(PC)ビット,メモリアドレス 0x20 以降に,RF タグを添付している又は RF タグを今後添

付する物品を識別するコード(UII)を格納する。プロトコル制御(PC)ビットは,細分化されてい

る(表 及び図 B.2 参照)。CRC-16,PC,及び UII では,MSB(最上位ビット)を初めに格納する(CRC-16

の MSB はメモリアドレス 0x00,PC の MSB はメモリアドレス 0x10,UII の MSB はメモリアドレス

0x20 となる。

)。

c)

TID メモリ(MB10)  メモリアドレス 0x00~0x07 に,8 ビットの ISO/IEC 15963 による割当てクラス

識別子を格納する。TID メモリは,リーダライタが RF タグで対応しているカスタムコマンド及び/

又はオプション機能を一意に識別するために,0x07 より上位に十分な識別情報を格納する。

ISO/IEC 15963 による割当てクラス識別子が 11100010b(0xE2)である EPC タグでは,この識別情

報は,メモリアドレス 0x08~0x13 の 12 ビットのタグマスクデザイナ識別子(MDID)とメモリアド

レス 0x14~0x1F の 12 ビットのタグモデル番号とで構成する。RF タグは,0x1F より上位の TID メモ

リに(タグシリアル番号などの)タグ固有データ及び IC 製造業者固有データを含むことがある。

ISO/IEC 18000-63(タイプ C)に適合して動作し,ISO/IEC 15963 による割当てクラス識別子が

11100000b(0xE0)である ISO/IEC 15459-4 に適合した RF タグでは,この識別情報は,メモリアドレ

ス 0x08~0x0F の 8 ビットの IC 製造業者登録番号と IC 製造業者がメモリアドレス 0x10~0x3F に割り

当てる 48 ビットのシリアル番号とで構成する。

ISO/IEC 18000-3 モード 3 に適合して動作し,

ISO/IEC 15963 による割当てクラス識別子が 11100000b

(0xE0)である ISO/IEC 15459-4 に適合した RF タグでは,この識別情報は,メモリアドレス 0x08~

0x0F の 8 ビットの IC 製造業者登録番号と IC 製造業者がメモリアドレス 0x10~0x3F に割り当てる 48

ビットのシリアル番号とで構成する。

ISO/IEC 18000-63(タイプ C)又は ISO/IEC 18000-3 モード 3 に適合して動作し,ISO/IEC 15963

による割当てクラス識別子が 11100011b(0xE3)である ISO/IEC 15459-4 に適合した RF タグでは,こ

の識別情報は,メモリアドレス 0x08~0x0F の 8 ビットの IC 製造業者登録番号とメモリアドレス 0x10

〜0x1F の ISO/IEC 15963 に従った 16 ビットの USER メモリ及びサイズの定義とメモリアドレス 0x20

~0x4F に IC 製造業者が割り当てる 48 ビットのシリアル番号とで構成する。

ISO/IEC 18000-7 に適合して動作し,ISO/IEC 15963 による割当てクラス識別子が 00010001b(0x11)

である ISO/IEC 15459-4 に適合した RF タグでは,この識別情報は,メモリアドレス 0x08~0x0F の 8

ビットのタグマスクデザイナ識別子とメモリアドレス 0x16~0x1F の 32 ビットのタグシリアル番号と

で構成する。

JIS X 6351-2(タイプ A)に適合して動作し,ISO/IEC 15963 による割当てクラス識別子が 11100000b

(0xE0)である ISO/IEC 15459-4 に適合した RF タグでは,この識別情報は,メモリアドレス 0x08~

0x0F の 8 ビットのタグ製造業者識別子とメモリアドレス 0x10~0x3F の 48 ビットのタグシリアル番号

とで構成する。

d)  USER メモリ(MB11)  ユーザ固有のデータを格納できる。ISO/IEC 15961 及び ISO/IEC 15962 で規

定される格納フォーマットに,メモリ構成を定義している。MB11 の USER メモリにデータが存在す

る場合,PC ビット 0x15(UMI:User-memory indicator)を 1b とする。PC ビット 0x15 が 0b の場合は,

MB11 に USER メモリがないこと又は MB11 内にデータがないことを示す。USER メモリ(MB11)の

詳細情報は,附属書 による。

注記  ユーザ固有のデータとは,JIS X 0531 で規定されている識別子及びそのデータを意味する。


14

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

ユーザが全く自由にデータ構造を決められるものではない。ユーザが固有に決定できるのは,

DI の選択だけである。

7.4 

プロトコル制御(PC)ビット 

PC ビットの情報は,インベントリコマンドの応答として UII と共に返信される。PC ビットは,UII メモ

リ(MB01)のアドレス 0x10~0x1F に格納する 16 ビットである。ビットの値は,次のとおり定義する。

-  ビット 0x10~0x14:RF タグ返信(PC+UII)のワード単位のデータ長

- 00000b:1 ワード[UII メモリ(MB01)のアドレス 0x10~0x1F]

- 00001b:2 ワード[UII メモリ(MB01)のアドレス 0x10~0x2F]

- 00010b:3 ワード[UII メモリ(MB01)のアドレス 0x10~0x3F]

- 11111b:32 ワード[UII メモリ(MB01)のアドレス 0x10~0x20F]

-  ビット 0x15(UMI):USER メモリ(MB11)にデータのないタグ又は USER メモリのないタグは 0b

に設定し,USER メモリにデータのあるタグは 1b に設定する。

-  ビット 0x16(XI:XPC indicator):拡張 PC(XPC)ビットのない場合は,XI を 0b に設定し,PC が追

加の 16 ビットで拡張されている場合は,XI を 1b に設定する。

注記 1 RF タグが XPC ビットを実装する場合,PC ビット 0x16(XI)は XPC ビット内容の論理

OR とならなければならない。RF タグはこの論理 OR を計算し,その結果を起動時に PC

ビット 0x16(XI)内にマップする。リーダライタはこのビットを選択することができ,RF

タグはそれを返信する。

注記 2 XPC ビットは,UII メモリ(MB01)の 32 ワード目(0x210)及び 33 ワード目(0x220)に

位置する。リーダライタが XPC ビットを選択したい場合,リーダライタはこのメモリアド

レスをターゲットとするセレクトコマンドを発行する。

注記 3  インベントリコマンドでは,XPC オプション情報は返信しない。

-  ビット 0x17:ビット 0x18~0x1F を,EPC アトリビュート・ビットとして使用する場合は,0b に設定

し,ISO/IEC 15961 による AFI として使用する場合は 1b に設定する。

-  ビット 0x18~0x1F:デフォルト値が 00000000b の EPC アトリビュート・ビット。ISO 規格に従って

RF タグを符号化する場合は,ISO/IEC 15961 で定義される AFI となる。EPC アトリビュート・ビット

の MSB は,メモリアドレス 0x18 に格納する。ビット 0x1F は,GS1 EPC で,製品包装が有害物を含

んでいることの指標として用いるように指定している。

注記 4  GS1 EPC TDS 1.6 において,ビット 0x1F の有害物品を示す部分も EPC アトリビュート・

ビットの一部と規定されている。

データ内容の概要を表 に示す。

表 4PC ビットのメモリマップ 

プロトコル制御(PC)ビット(0x10~0x1F)

10 11 12 13 14  0/1  0/1

0/1

18

19

1A

1B

1C 1D 1E 1F

15 16  17

データ長インジケータ UMI XI

ISO/EPC

ISO アプリケーションファミリ識別子(AFI)

データ長インジケータ UMI XI

ISO/EPC

EPC アトリビュート・ビット

有害
物品


15

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

7.5 

データ要素 

7.5.1 

一意の製品包装識別子 

全ての製品包装適合 RF タグには,UII-製品包装(一意の製品包装識別子)が存在しなければならない。

小売用以外の RF タグの一意の製品包装識別子は,ISO/IEC 15459-4 に適合させ,5.3.2 に従って適用しな

ければならない。小売用の RF タグの一意の製品包装識別子は,GS1 EPC TDS 1.6 の SGTIN-96 に適合さ

せ,5.3.3 に従って適用しなければならない。

7.5.2 

有害物品 

保管,輸送又は使用に関して有害であるとして分類する製品包装の RF タグには,その物品が有害であ

ることを示すビットを含まなければならない。これに加えて,RF タグ自体が,規制又は法律によって,有

害の詳細な分類を要求されることがある。このビットを 1b に設定することによって,取扱者に対して,添

付する化学物質安全性データシート(SDS)に注意を向けさせる。規制権限者によって別途認可されたデ

ータの提供を要求される場合を除き,この追加の分類は必須要件としてはならない。

特定の有害物コードには,適切なデータ識別子及び修飾子を含み,USER メモリ(MB11)に反映させな

ければならない。有害物の存在を EPC 形式で表す場合には,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 

18000-3 モード 3 に定めるとおり,UII メモリ(MB01)の 0x1F ビットで示すことができる。有害物の存在

を ISO 形式で表す場合には,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 モード 3 に定めるとお

り,UII メモリ(MB01)の 0x18~0x1F ビットによる AFI の値を 0xA5 とすることで示すことができる。

この規格は,該当する安全,規制上の表示又はラベル要件を無効にしたり,それらに代わるものではな

い。この規格は,多くの用途及び業界の最低限の製品包装識別要件を満たすことを意図している。このた

め,この規格は幅広い業界にわたり適用可能であり,各業界はこの規格に対する特定の実施ガイドライン

を定めることができる。この規格は,その他の必須ラベル要件に加えて,適用する。

7.5.3 

オプションデータ 

RF タグの種類及び容量によっては,オプションデータを必要に応じて RF タグの USER メモリ(MB11)

に書き込むことができる。受渡当事者間の合意は必要ない。オプションデータは,RF タグユーザの指示で,

暗号化又はその他の方法によってセキュリティ保護することができる。暗号化された又はセキュリティで

保護されたデータは,他のアプリケーション又はユーザには読み取ることができない場合がある。リード

オンリー形式で書き込むか,又は書換え禁止としない限り,任意のデータはアプリケーションによって削

除又は変更される場合がある。オプションデータは,ISO/IEC 15962 を使用して,JIS X 0533 のエンベロ

ープ及び JIS X 0531 による(附属書 参照)。

注記  暗号化を行うことは推奨しない。また,行う場合であっても,JIS X 0533 の構文を使用し,暗

号化が行える範囲は識別子に続くデータ部だけとなる。ヘッダ,DI,セパレータ,ターミネー

タなどは暗号化できない。

7.6 

トレーサビリティ 

一意性のある識別によって追跡が可能となる。トレーサビリティは,特定の個品を類似する個品から区

別することができ,また,類似する個品グループに関連付けすることができる。

シリアル化方式は,ISO/IEC 15459-4 に従わなければならない。

個品のトレーサビリティは,製造業者を表すデータ項目,部品番号又はモデル番号,及び製造業者によ

って割り当てられたロット番号又はバッチ番号にシリアル番号を連結することによって実現できる。

7.7 

一意の個品識別 

一意の個品識別は,三つのデータ要素の連結によって確保することができる。これらのデータ要素は,


16

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

発番機関コード(IAC),

(発番機関が規定した)企業コード及び ISO/IEC 15459-3 の規定に基づく ISO/IEC 

15459-4 に規定されている一意のシリアル番号とする。

製品包装 RF タグのデータ形式は,ビット 0x18~0x1F 内の AFI を用い,ビット 0x17 は 1b とする。有効

な AFI のリストを表 に示す。

データセキュリティ 

8.1 

機密性 

権限をもつユーザだけが RF タグの読取りを可能としたい場合,RF タグに書き込むデータをセキュリテ

ィで保護できるようにしなければならない。RF タグは設計又は構造上において,セキュリティで保護され

たデータの書込み及び読取りを妨げてはならない。この機能を使うことは,ユーザの自己判断による。利

用するセキュリティ及び保護の種類は,RF タグのデータに関連するリスク及びぜい(脆)弱性の程度に見

合ったものにし,RF タグに書き込む企業と,データの読取り及び利用を許可される全ての関係者との間で

合意しなければならない。

8.2 

データの完全性 

RF タグは,データの変更又は消去を防止することができなければならない。これは,一般的にデータの

書換え禁止と呼ばれる。データの書換え禁止は,ユーザの自己判断によらなければならない。ただし,TID

メモリ(MB10)は例外で,これについては,製造業者が書換え禁止としなければならない。CRC-16 は,

データの完全性を強化するために要求する。保管する CRC-16 の場所は,図 のメモリマップによる。

8.3 

リーダライタの認証 

RF タグのデータ格納及び転送プロトコルでは,RF タグのデータを読み取る場合にリーダライタの認証

を要求するため,ユーザが有効にするオプションを規定する。

8.4 

否認防止及び監査証跡 

RF タグを用いたシステムでは,

特定の操作が発生したという偽造できない証拠を提供するようにプログ

ラムしたときは,必ずその証拠となる情報を提供できなければならない。

8.5 

製品認証及び偽造防止 

RFID 装置自体は,偽造を防止できない。製品のシリアル化及び真正な所有権移転履歴は,偽造防止の

助けとなる。TID メモリ(MB10)については,RF タグ製造業者がシリアル化し,書換え禁止としなけれ

ばならない。書換えができないようにシリアル化した TID は,偽造防止に役立つ。

ラベル形 RF タグを付けた物品の識別 

RF タグ及びラベル形の RF タグのインレイには,一つ以上の国際的に受け入れられた RFID エンブレム

を含まなければならない。図 に示す承認済みエンブレムは,ISO/IEC 29160 に規定された RFID エンブ

レム及び EPC マークの例である。


17

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

注記 1  これらのエンブレムは,このアプリケーション規格では 860 MHz~960 MHz エアインタフェ

ースを表す。その他のエアインタフェースの表示は,ISO/IEC 29160 に規定されている。

注記 2  これらの図形は,適切なサイズに拡大又は縮小することができ,白地に黒又は黒地に白のい

ずれも利用することができる。

図 4ISO 及び EPC RFID 適合エンブレム 

10 RF タグの障害に備えたバックアップ 

一意の個品識別子の可読文字表示又は可読文字表示の変換のいずれかとする。

注記  この規定は,対応国際規格の誤りのため 10.1 から箇条 10 に移動した。

10.1  可読文字情報 

ISO/IEC/TR 24729-1 に RF タグ内の全ての情報を二次元シンボル内に符号化する方法を示す。しかし,

最も必要なことは,同じデータを二次元シンボル及び RF タグ内に符号化して,媒体に関係なく,ホスト

コンピュータが同じ情報を受け取れるようにすることである。これは,附属書 に示す手段によって達成

する。

ISO 規格の二次元シンボル,すなわち,JIS X 0531 及び JIS X 0533 によって符号化するデータマトリッ

クス ECC200,QR コード又は受渡当事者間協定書 PDF417 は,製品に関して RF タグの一次バックアップ

とみなすのがよい。可読文字情報で追加のバックアップとしてもよい。

ISO タグ又は EPC タグの可読文字は,

附属書 に規定する符号化したデータの大文字の英字及び数字に

よる表現とする。

注記  上記の最後の段落は,対応国際規格では 10.2 に記載されているが,誤りのため 10.1 へ移動した。

10.2  可読文字の変換 

RF タグ上のデータの可読文字は,全てのデータではなく,選択したデータであり,データの記号論を含

むかどうかは任意である。可読文字表示の変換は,印字領域の制約又はプライバシー上の配慮から,可読

文字表示の使用が許されない場合に用いることが望ましい。

10.3  データの項目名称 

データの項目名称の適用は,ANS MH 10.8.2 又は GS1 総合仕様書の規定による。

注記  例えば,AI が“00”の項目名称は,SSCC である。

10.4  バックアップ 

人間に解読可能な情報の適用は,物品の使用のために不可欠なデータに対して強く推奨し,RF タグが何

らかの理由のために読み取ることができなくなるか,又は誤解を生じるおそれがある場合には,最初のバ

ックアップとしての役割を果たさなければならない。製品包装レベルにおいて,受渡当事者間で,JIS X 

0504 に規定されたコード 128 又は JIS X 0507 に規定された EAN/UPC などの一次元シンボルの適用に合意

しなければならない。さらに,JIS X 0512 に規定されたデータマトリックス又は JIS X 0510 に規定された

QR コードなどの二次元シンボルの適用に合意しなければならない。

光学的読取媒体を用いる場合には,図 の左端に示すそれぞれの JIS 及び ISO 規格を用いる。


18

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

階層 5
輸送モードレベル
(輸送モード)

製品
包装

製品
包装

製品
包装

製品
包装

製品
包装

輸送
単位

輸送
単位

輸送
単位

リターナブル

輸送器材(

RTI

リターナブル

輸送器材(

RTI

コンテナ

20/40 フィート海上コンテナ及び マルチモーダルコンテナ

輸送モード

(トラック、船舶、鉄道、航空機)

RPI

RPI

構成要素,部品,資材,サブアセンブリ等

リターナブル包装器材(RPI

RPI

RPI

物品

物品

物品

物品

物品

物品

物品

製品
包装

物品

物品

製品
包装

物品

物品

物品

物品

輸送
単位

製品
包装

物品

物品

階層4
貨物コンテナレベル
ISO 6346 (OCR)
(貨物コンテナ)

階層3
RTIレベル
JIS X 0515
GS1 総合仕様書 (GRAI)
(三次包装)

階層1
製品包装レベル
JIS X 0516
GS1 総合仕様書 (GTIN)
(二次包装)

階層0
物品レベル
ISO 28219
GS1 総合仕様書 (GTIN)
(一次包装)

階層2
輸送単位レベル
JIS X 0515
GS1 総合仕様書 (SSCC)
(三次包装)

物品

図 5-バーコード及び 次元シンボルについてのサプライチェーン規格 

11 RF タグの仕様 

11.1  データプロトコル 

データプロトコルは,附属書 の要件に適合しなければならない。

11.2  最低性能要件(交信範囲及び交信速度) 

RF タグの性能は,ISO/IEC 18046-3 によって測定しなければならない。最低性能要件は,RFID の機能

用途によって異なる。表 に,256 ビットまでの RF タグのデータ読取りのためのパッシブ(受動形)RF

タグの一般的な性能要件を示す。これらの仕様は,RF タグの書込みにも関係する。RF タグへの書込みに

比べて,RF タグの読取りの方が,長い距離を達成できる

5)

。リーダライタの性能は,ISO/IEC 18046-2 

よって測定するものとする。システムの性能は,ISO/IEC 18046-1 によって測定しなければならない。

5)

  規制による制限で,使用環境中に存在するリーダライタの数よりも少ないチャネルしか使えな

い場合,この性能は他のリーダライタに対する適切なシールドを施さなければ達成できない。


19

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

表 5-パッシブ(受動形)RF タグの一般的な性能 

パラメタ 860

MHz~960 MHz

ISO/IEC 18000-63(タイプ C)

13,56 MHz

ISO/IEC 18000-3 モード 3

最小読取り距離

m

3 0.7

読取り可能な物品移動速度

km/h

16 16

最小同時有効読取り数

個/秒

200

a)

又は 500

b)

 200

a)

  帯域幅 200 kHz の場合

b)

  帯域幅 500 kHz の場合

11.3  環境パラメタ 

動作環境は,場所によって大きく変動する。RFID に関連する各種環境要因の詳細は,ISO/IEC/TR 18001

に示されている。次の一般的なパラメタ一式は,製品包装の利用者団体から得られる意見を考慮する。

-  製品包装の RF タグは,-40  ℃~+70  ℃の温度範囲で正常に機能しなければならない。また,-50  ℃

~+85  ℃のより過酷な条件にも規定時間の耐性をもたなければならない。

-  相対湿度が 95 %の動作環境

-  棚を含む倉庫構造

-  輸送モード

-  リーダライタ(アンテナ)に対する RF タグの移動速度及び方向

-  リーダライタ(アンテナ)に対する RF タグの方向(すなわち,一定方向に制御するか,ランダムか)

-  読取り距離

-  書込み距離(該当する場合)

-  モータ,蛍光灯及びその他の周波数帯を用いる機器からの電磁障害

- RF タグを付ける物品の電磁特性

-  リーダライタのアンテナの形状及びサイズの制約並びに RF タグ付き物品のアンテナを無効化する要

-  サイズ,形状,耐圧性,温度,湿度,洗浄及び汚染物質[ほこり,油(自然食品,石油及び合成),酸

並びにアルカリ]の面での形態要因の制約

-  耐性改善方法

-  熱,湿気及び衝撃に対するリーダライタ(アンテナ)の耐性

-  健康及び安全に関する規制

RFID に関連する各種環境要因の詳細は,ISO/IEC/TR 18001 にも記載されている。

パッシブ(受動形)RFID の性能(交信範囲及び交信速度)は,コンテナ,輸送単位又は(包装)製品

内に金属及び/又は液体があると低下することがある。干渉を低減するための適切なシールドを用いるこ

とができるものとする。

工程で連続して 200 タグ/秒を超える読取り速度が要求される場合,並列読取りを検討することが望ま

しい。

11.4 RF タグの方向 

取扱い作業では,より上位階層における包装及び輸送における個々の(包装)製品の方向を予測するこ

とはできないと考えるのがよい。このため,施設内の及び/又は配送中のリーダライタの効果的な使用が


20

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

妨げられることがある。

11.5  包装資材 

一次包装,小形の製品包装及び大形の製品包装では,様々な資材(木材,金属,プラスチック,ガラス,

紙,繊維など)が利用される。さらに,ブランド表示及び法律で要求される情報を表示するために,符号

化及び識別のためのプレートなどの資材も追加で用いる。これらの資材は RFID 装置と干渉するおそれが

ある。

11.6  衝撃負荷及び摩耗 

一般に,各種の製品包装は,物理的な取扱い中に様々な衝撃力を受ける。これによって,故意又は過失

によって RF タグを損傷することがある。RF タグの配置及び挿入は,衝撃による損傷を最小限にとどめる

方法で行うことが望ましい。

11.7 RF タグの寿命 

製品包装に添付する RF タグは,製品包装の寿命を通じて継続的に使用する。製品包装 RF タグは,製品

包装の寿命を通じて支障なく継続して使用することができる。

11.8  システムの最低限の信頼性 

11.3 及び ISO/IEC 18046 規格群の規定によって RF タグを配置し,プログラムし,リーダライタに提示

するシステムは,99.99 %以上の読取り信頼性(10 000 回の読取り当たり,不読回数が 1 回)及び 99.998 %

の読取り精度

(100 000 回の読取り当たり,検出されない不正確な読取りが 2 回)を備えなければならない。

11.9  エアインタフェース 

製品包装用の RF タグは,二つの周波数範囲のいずれかで動作し,ISO/IEC 18000 規格群の適切な項目に

従わなければならない。受渡当事者間の合意によって,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)又は ISO/IEC 18000-3

モード 3 の ASK インタフェースを使用することができる。ISO/IEC 18000-63(タイプ C)に対応する RF

タグは,ISO/IEC 18000-3 モード 3 にも対応できることが望ましい。

11.10 

アプリケーションのメモリ要件 

製品包装用 RF タグのメモリ要件は,96 ビット,256 ビット及び 256 ビット超えの三つの基本区分に分

類する。産業分野の調査結果から,RF タグ IC 製造業者に対し,2 キロビット及び 4 キロビットのメモリ

容量製品が望ましい。この規格に別途指定がない限り,アプリケーションからのメモリ要件によって,そ

れぞれの形式又は RF タグデータ構造の最低及び必須データ要素を変更してはならない。附属書 に,製

品ライフサイクル管理に役立つ合計 152 バイト(1 216 ビット)のデータフィールド・リストを示す。

11.11 

センサインタフェース(該当する場合) 

センサ及びバッテリ一体型 RF タグに対する操作又は管理の手段が,この規格で要求している RF タグの

動作を妨げることがあってはならない。

センサを取り付けた製品包装用 RF タグは,有線又は無線インタフェースに対する ISO/IEC/IEEE 

21451-7 に適合しなければならない。

RF タグ又はアクセスポイントとセンサとの間の無線インタフェースには,ISO/IEC/IEEE 8802-15-4 

び IEEE 1451.5 の 2.45 GHz O-QPSK オプションを適用しなければならない。

11.12 

リアルタイムクロックのオプション 

センサを取り付け,アプリケーションによってタイムスタンプを要求する場合は,製品包装用 RF タグ

にリアルタイムクロックを搭載するものとする。協定世界時(UTC:Coordinated Universal Time)に対する

時間の精度は,1 日当たり±5 秒間の許容差を超えないものとする。時間表示は UTC("Z" - Zulu)とし,

JIS X 0301 の規定によった形式,すなわち,yyyy-mm-ddThh:ssZ,例えば,2012-01-01T14:55Z とする。時


21

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

間表示の際には,文字“T”が“dd”と“hh”との間の区切り文字の役割を果たす。

11.13 

安全性及び規制事項 

この規格に対応する全ての RF タグ,リーダライタ及びアンテナは,使用する国の安全性及び規制の要

件を満たさなければならない。パッシブ形及びセミパッシブ形(バッテリ補助)の RF タグの使用も,爆

発物又は可燃性ガスの近く又は周辺が危険な環境においては制限される。ただし,これらの装置が,適切

な機関によって安全であることが証明されている場合は,この限りではない。

この規格に対応する全ての RF タグは,電力,デューティサイクル及び電磁放射を含め,国内の安全及

び規制要件を満たさなければならない。

11.14 

読取り制限付きデータ 

読取り制限付きデータの本質は,RF タグ内の個々のデータフィールドがリーダライタのコマンドによっ

て保護されている場合,そのコマンドは選択した全ての保護手段を実行できるというものである。ただし,

その保護手段が,サプライチェーン内のその他の RF タグの動作に影響を与えたり,干渉したり又は悪化

を招いたりしないことを条件とする。

11.15 RF タグのリサイクル性 

製品包装に貼付又は内蔵された全ての RF タグは,製品,包装及び RF タグ自体のリサイクルを促進する

ために利用することができる。この点に関して,サプライチェーンのデータ構造を損なわないことを条件

として,再プログラミング後に RF タグを再利用することも可能である。実行は,RF タグのコスト並びに

再利用及び/又はリサイクルによる環境への影響に左右される。RF タグを“無効化(kill)”する場合には,

RF タグを再利用することはできない。

製品包装用 RF タグのリサイクル性は,個々の RF タグに使用する部品の原材料に依存する。RF タグの

製造業者は,RF タグの適切な処分を支援するために,リサイクル指示又は適切なロゴを製品の RF タグに

明確に表示する。RF タグのリサイクル性に関するガイドラインは,ISO/IEC/TR 24729-2 による。

注記  消費者向けに販売される包装容器では,リサイクルが義務化されているものがある(容器包装

リサイクル法)。回収する容器へ RF タグが混入し容器のリサイクル性を損なう場合は,容器と

分別廃棄できるようにし,分別の指示を明確に表示することが望ましい。

11.16 RF タグの再利用性 

全ての RF タグは,理論的にも技術的にも再利用可能である。製品包装の一意の識別特性,RF タグの恒

久的な取付けの性質,RF タグ自体が低コストなことを理由に,小売商品及び物品に関する製品包装レベル

の RF タグは一般に再利用されていない。

高価値で重要な役割を担う物品には,より高機能な RF タグ(読み書き機能,大容量のメモリ及び場合

によってはセンサ付き)を使用することができ,そのコストによって再利用するのがよい。再利用する RF

タグには,識別,再生及び返却を行うことができるように,適切な可読文字又はロゴを明確に表示しなけ

ればならない。再利用に先立って,再利用可能な RF タグは,データの完全性に関してヘッダを確認し,

USER メモリを消去するものとする。

注記  ここでいうヘッダとは UII 及び TID を指す。

12 RF タグの取付け場所及び表示 

RF タグの取付け場所及び表示に関するガイドラインは,ISO/IEC/TR 24729-1 による。

12.1 RF タグを取付け又は挿入する材料 

製品包装内の金属又はその他の反射性材料,液体及びその他の吸収性材料が,無線信号に対する妨害を


22

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

最小限にするような設計をしなければならない。

12.2  包装の形状及び RF タグの環境 

RF タグは,無線信号に対する妨害をできる限り抑えられる方法で製品包装に貼付しなければならない。

これは製品包装及びその中に含まれる製品の両方に関わるものである(ISO/IEC/TR 24729-1 参照)。

13  リーダライタの要件 

13.1  安全性及び規制上考慮する事項 

全ての RF タグ及びリーダライタは IEEE C95-1 及び ICNIRP Guidelines に従わなければならない。

全てのリーダライタは,使用する場所の全ての現地の無線周波数規制に加えて,特定の電力,帯域幅及

びデューティサイクルの要求事項に従わなければならない。また,危険な環境で用いられる予定の全ての

リーダライタは,適切な特定の情報を備えていなければならない。

13.2  データのプライバシー 

13.2.1  集積データ 

集積データのセキュリティは,集積者の責任とする。データ集積者及びデータ格納オペレータは,個人

情報の収集,格納及び配布に関する全ての個人プライバシーの規制及び規則に従わなければならない。RF

タグの読取りによって,又はそれに付随して収集した個人情報には,他の手段によって収集する個人情報

と同じ保護及びセキュリティを付与しなければならない。

13.2.2  特定企業専用データ 

製品包装用 RF タグの読取りによって,又はそれに付随して収集する製品包装データのセキュリティは,

データを収集する企業の責任である。製品用 RF タグから企業専用データの収集の制限を希望する企業は,

適切な形式のデータセキュリティを使用しなければならない。RF タグデータのセキュリティ及び保護は侵

害されるおそれがあるため,秘密,機密又は専用データを格納するための製品包装の使用は制限するのが

よい。

14  相互運用性,互換性及び他の RF システムヘの不干渉 

RF タグ,リーダライタを含む全ての RFID システムは,同じ周波数帯で動作しているその他の全ての無

線システムに干渉しないという厳格な基準に基づいて動作しなければならない。この規格に対応する RF

タグ及びリーダライタを含む全ての RFID システムは,特定の周波数で相互運用性及び互換性を確保しな

ければならない。

注記 RFID システムは,まず使用する国の電波法への適合を優先する。


23

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

附属書 A

(参考)

製品のライフサイクル管理に役立つデータ要素の表

RF タグの各メモリバンクに格納する製品ライフサイクル管理用のデータ要素例を表 A.1 に示す。

表 A.1-製品のライフサイクル管理に役立つデータ要素例 

メモリ
バンク

分類

項目

説明

バイト

TID TID

TID

タグ識別番号 
ISO/IEC 15963

(32 ビット)

UII UII

EPC

(SGTIN)

(96 ビット)

製造業者による製品識
別子 
ISO/IEC 15459-4

データ識別子(DI)

シリアル化された製品番号(

“25S”)

3+50

発番機関コード(IAC)  
製造業者コード

製品コード

例  CF-L2M8WAXS

シリアル番号

例  3AKSB01019

USER

製造業者用内部コード

30

危険物

危険物フラグ

危険物フラグ 1

製品変更経歴

製品の経歴識別子 5

保守用データ 
(このデータは保守担
当が利用者の事業所又
は家庭で使用するため
のもの)

保守契約日

保守会社と利用者との間の保守契約期日
(YYMMDD)

6

部品交換フラグ

部分の幾つかを新しい部分と交換したこ
とを示すフラグ

1

消耗品フラグ

消耗品フラグ 1

消耗品交換日

消耗品の使用開始日(YYMMDD) 6

使用期間

消耗品の使用可能時間 1

リサイクル用データ 
(このデータは,リサ
イクル時,又は再販時
に使われる。

リサイクル申込み日

リサイクル申込用紙を作成した日付(使用
者がリサイクル製品をリサイクル会社又
は運送会社に送る日付)YYMMDD

6

リサイクル券番号

リサイクル製品を個々に識別するための
番号

11

製品分類

製品分類フラグ 
(分類例:デスクトップ PC,ラップトッ
プ)このフラグはリサイクル処理を行う前
に荒仕分けするためのもの

2

製造日

製造日 YYYYMMDD 8

耐用年数

製造日からの耐用年数(使用可能期間) 2

再販日

製品の再販日付(YYMMDD) 
製造業者の保証対象外

6

再販者

再販業者の識別子 10

合計 155 バイト


24

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

附属書 B

(規定)

符号化

B.1 

概要 

この規格では,ISO/IEC 18000-63(タイプ C),ISO/IEC 18000-3 モード 3 の RF タグ用に,次の三つの

可能な符号化形式を推奨している。

- UII メモリ(MB01)内の一意の個体識別子(UII)若しくは USER メモリ(MB11)内のユーザー固有

のデータのいずれか又は双方のための GS1 EPC 準拠形式。タイプ C 及びモード 3 の RF タグのセグメ

ント化を,図 B.1 に示す。EPC の符号化は,GS1 EPC TDS 1.6 による。

-  ISO/IEC 15962 を用いた構造

-  この附属書中に記載しているように,JIS X 0533 のメッセージ全体をユニットとして符号化し,ディ

レクトリなしで,ISO/IEC 15962 に定義されている 6 ビットの符号化を行う単純化された構造。

B.2 

基本原則 

これらの符号化形式は,図 B.2 に示すとおり UII メモリ(MB01)のビット 0x17 から 0x1F までの内容に

よって,また,USER メモリ(MB11)のビット 0x00~0x1F の内容によって,それぞれを明確に区別する

ことができる。

JIS X 0533 の制定時では,この規格は,RFID を含む全ての AIDC(自動認識及びデータ取得技術)メデ

ィアをサポートすることを意図していた。RFID の発達によって,一連の規格,すなわち,ISO/IEC 15961

及び ISO/IEC 15962 で完全に異なった符号化方式セットが開発された。


25

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

メモ リ バンク定義

2進表記

MB00

RESERVED

MB01

UII

MB10

TID

MB11

USER

USER

TID

UII

RESERVED


デ ー タバイト数インジケータ

[7:0]

DSFID[7:0] プレカーソル[15:8]


TID

[15:0]

TID

[3 1:16]


XPCオプション_W2   [15:0]

XPCオプション_W1   [15:0]


UII

[15:0]


UII

[N:N-15]

PCビット格納

[15:0]

CRC-16格納

[15:0]


アクセスパスワード

[15:0]

アクセスパスワード [3 1:16]

無効化パスワード

[15:0]

無効化パスワード

[3 1:16]

メモリ バンク

• DSFID
• プ レカーソル, [OID],

デ ー タ長オブジェクト

<追加 アク セス方式,

センサ,バッテリ補助

• ISO/IEC 15961及び

ISO/IEC 15962参照

• MDID

(タグマ スクデザイナ識別子)

• タグモデル番号
• シリアル番号
• 恒久ロックとしてIC製造時に

焼付け又は書込み

UII (ISO又はEPC必須)

• PC (プ ロト コル制御)ビット,

UII デ ー タ長インジケータ

• UIIメ モリのCRC 確認を含む

•全ての書込みのロック及び

無効化のパスワードを含む

メ モリ位置

詳しいメモリ位置を

左右に16進数で表記

2進表記

MB11

MB10

MB01

MB00

0x10

0x00

0x10

0x00

0x220

0x210

0x20

0x10

0x00

0x30

0x20

0x10

0x00

0x1F

0x0F

0x1F

0x0F

0x22F

0x21F

0x2F

0x1F

0x0F

0x3F

0x2F

0x1F

0x0F

上 位

下 位

上 位

下 位

上 位

下 位

上 位

下 位

図 B.1ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 モード の論理メモリ構造 

UII メモリ(MB01)及び USER メモリ(MB11)における単純化した符号化形式の主要な概念は,表 B.1

に示す 6 ビット符号化を使用する。


26

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

表 B.1ビット符号化 

Space 

100000b

110000b

000000b

010000b

<EOT> 

100001b

110001b

000001b

010001b

<Reserved> 

100010b

110010b

000010b

010010b

<FS> 

100011b

110011b

000011b

010011b

<US> 

100100b

110100b

000100b

010100b

<Reserved> 

100101b

110101b

000101b

010101b

<Reserved> 

100110b

110110b

000110b

010110b

<Reserved> 

100111b

110111b

000111b

010111b

101000b

111000b

001000b

011000b

101001b

111001b

001001b

011001b

101010b

111010b

001010b

011010b

101011b

111011b

001011b

011011b

101100b

111100b

001100b

\  

011100b

101101b

111101b

001101b

011101b

101110b

111110b

001110b

<GS> 

011110b

101111b

111111b

001111b

<RS> 

011111b

注記  この表に示すものは,網掛け部分の値を除き,JIS X 0201 の 8 ビット ASCII 文字セットから二つの高

位ビットを単に取り除くことによって生成された 6 ビット符号化である。網掛け部分の値は,JIS X 

0533 によるエンベロープを使用するときにビット数を最低限にするために,再割当てしたものであ
る。

表 B.1 内の“予備<Reserved>”値は,定義した値及び機能を反映するこの規格が改訂されるまでは使用

してはならない。一例として,この符号化規則を用いることについての GS1 の決定又は ECI 符号化に対す

る要請が挙げられる。また,これらの一つ以上の文字列は,復号において異なる挙動を示す可能性がある。

これら“予備<Reserved>”値は,この規格では使用しないが,この規格によって定められた目的以外には

使用しないのがよい。


27

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

注記 1 USER メモリ(MB11)インジケータ(UMI) 
注記 2 XPC インジケータ(XI) 
注記 3 0

=

バイナリフラグ,1 = AFI+ISO/IEC 15459 フラグ

注記 4  ISO の AFI,GS1 EPC TDS 1.6(Tag Data Standard Version 1.6)定義指定,ISO 29161 バイナリ表記
注記 5  ISO の AFI,EPC の有害物フラグ 
注記 6  図 B.2 は,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 モード 3 のメモリ構造である。

図 B.2UII メモリ(MB01)のタイプ 及びモード でのメモリ構造 

B.3 UII メモリ(MB01)の一意の個体識別子の符号化 

ビット 0x17 は,ISO 形式と EPC 形式とを区別するためのビットである。ビット 0x17 を 0b に設定する

と,UII 符号化は,1.6 版以降の GS1 EPC TDS 1.6 に従ったものとなる。ビット 0x17 を 1b に設定すると,

UII 符号化は,ISO/IEC 15961 のアプリケーションファミリ識別子(AFI)の基礎となる ISO/IEC 15459 

格群に従ったものとなる。JIS Z 066X 規格群のために定められた特別な AFI を表 B.2 に示す。

表 B.2JIS Z 066X のアプリケーションファミリ識別子(AFI)の割当て 

AFI

割当て

0xA1

JIS Z 0667  製品タグ付け

0xA2

JIS Z 0665  輸送単位

0xA3

JIS Z 0664  リターナブル輸送器材(RTI)及びリターナブル包装器材(RPI)

0xA4

JIS Z 0667  製品タグ付け(有害物質を含む場合)

0xA5

JIS Z 0666  製品包装

0xA6

JIS Z 0666  製品包装(有害物質を含む場合)

0xA7

JIS Z 0665  RFID のサプライチェーン適用-輸送単位(有害物質を含む場合)

0xA8

JIS Z 0664  リターナブル輸送器材(RTI)及びリターナブル包装器材(RPI)

(有害物質を含む場合)

0xA9

JIS Z 0663  貨物コンテナ

0xAA

JIS Z 0663  貨物コンテナ(有害物質を含む場合)

説明のために,製品の符号化を示す。輸送単位も,AFI 及び DI を除き,同様に符号化する。一意の個品

識別を提供するデータを符号化する一次元シンボルは,データ識別子(DI),発番機関コード(IAC),企

業コード(CIN)及びシリアル番号(SN)で構成する。このような一意の個品識別用一次元シンボルであ

るコード 128 では,図 B.3 に示すように表す。


28

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

- DI

=

25S

-  IAC = UN (DUNS)

- CIN

=

043325711

-  SN = MH8031200000000001

図 B.3-コード 128 の符号化“25SUN043325711MH8031200000000001 

RFID 用の構造に AFI を付加することによって,次のようになる。

- AFI

=

0xA1

- DI

=

25S

-  IAC = UN (DUNS)

- CIN

=

043325711

-  SN = MH8031200000000001

表 B.1 に規定した符号化を用い,発番機関コード(IAC)に DUNS を用いて完成したデータ構造を検討

すると,製品の符号化のときに,このデータ構造は,25SUN043325711MH8031200000000001 となり,UII

メモリ(MB01)内で表 B.3 のように表す。

表 B.3ビット符号化を用いた AFI 及び UIIDUNS)の UII メモリ(MB01)構造 

AFI 

0xA1 

2 5 S U N 0 4 3 3 2 5 7 1 

1010

0001b

110010b 110101b 010011b 010101b

001110b

110000b

110100b

110011b

110011b

110010b 110101b 110111b

110001b

1 M H 8 0 3 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 

110001b 001101b 001000b 111000b 110000b 110011b 110001b

110010b

110000b

110000b

110000b

110000b

110000b 110000b 110000b

110000b

110000b

110000b

110001b

           

さらに,表 B.1 に規定した符号化を用い,発番機関コード(IAC)に ODETTE を用いたデータ構造は,

製品の符号化のときに UII メモリ(MB01)は,次のような構造となる。

- AFI

=

0xA1

- DI

=

25S

-  IAC = OD (ODETTE)

-  CIN = CIN1

- SN

=

0000000RTIA1B2C3DOSN12345(この例は,製品包装の種別とシリアル番号とで構成する。

UII メモリ(MB01)の構造は,表 B.4 に示すとおりとする。


29

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

表 B.4ビット符号化を用いた AFI 及び UIIODETTE)の UII メモリ(MB01)構造 

AFI 

0xA1 

2 5 S O D C I N 1 0 0 0 0 

1010

0001b

110010b 110101b 010011b 001111b

000100b

000011b

001001b

001110b

110001b

110000b 110000b 110000b

110000b

0  0  0 R T I A 1 B 2 C 3 D O S N 

110000b 110000b 110000b 010010b 010100b 001001b 000001b

110001b

000010b

110010b

000011b

110011b

000100b 001111b 010011b

001110b

5            

110001b

110010b

110011b

110100b

110101b

         

このいずれの場合でも,AFI をメッセージから除くと,リーダライタの出力は一次元シンボルの場合と

同じになる。

B.4 USER メモリ(MB11)の符号化 

USER メモリ(MB11)内にデータが存在することを示すためには,UII メモリ(MB01)のビット 0x15

を 1b に設定する。また,小売店が UII メモリ(MB01)を読み取り,消費者が USER メモリ(MB11)を

読み取る場合などに,ユーザによっては,UII メモリ(MB01)へ EPC フォーマットでデータを格納し,

USER メモリ(MB11)へ ISO(DI)フォーマットでデータを格納することがあるため,UII メモリ(MB01)

内の AFI で,USER メモリ(MB11)の形式を宣言することはできない。さらに,ここで定める構造と,ISO/IEC 

15962 で規定されている構造との間で混乱が生じないようにするほうが望ましい。したがって,USER メ

モリ(MB11)は,そのアクセス方式と形式とを宣言しなければならない。

B.4.1 DSFID 

データの符号化は,アクセス方式及びデータ形式を符号化する DSFID(データ記憶形式識別子)で開始

する。JIS X 0533 の符号化をそのまま使用する場合には,DSFID の値は 0x03 となる。DSFID がどのよう

に配列されるかについては,図 B.4 を参照する。

B.4.1.1 

プレカーソル 

データ符号化では,DSFID の後にプレカーソルが続き,このプレカーソルは,拡張ビット(0 ビット目),

圧縮タイプ(1~3 ビット目)及び JIS X 0533 のフォーマット情報(4~7 ビット目)の符号化を行う。ISO/TC 

122 のアプリケーションのプレカーソルの値は 0100 0110b,すなわち,0x46 だけである(つまり,センサ

又はバッテリ補助がない場合の拡張ビットは 0b であり,圧縮タイプは 4 : 100b,これは,この附属書で規

定されている特殊な 6 ビットテーブルを使用していることを示しており,JIS X 0533 のフォーマット情報

は 06 : 0110b である。)。プレカーソルがどのように配列されるかについては,図 B.4 を参照する。

B.4.1.2 

データバイト数インジケータ 

幾つかのエアインタフェースプロトコルは,送信ごとに送られるバイト数を変化させることによって,

ノイズの多い環境での最適化を可能としている。したがって,最初に,データを含む RF タグメモリ内の

バイト数を知ることが有益である。多くの JIS X 0533 の DI データ符号化アプリケーションでは,データ

を符号化するために必要なバイト数は 127 未満であり,したがって,1 バイトで処理される。より大きな

メッセージの場合には,ISO/IEC 15962 の D.2(符号化したデータのデータ長)のように,2 バイト用いら

れ,1 バイト目は 1b で始まり,2 バイト目は 0b で始まる。バイト数は,残りの 14 ビットで符号化される。

例 200 バイトは,10000001 01001000b と符号化され,各先頭ビットを除いた残り 14 ビットを連結す

ると 00000011001000b=0xC8=200 となる。

例えば,メッセージが 6 ビット文字 51 個の場合,このメッセージは 39 バイトで符号化される(すなわ

ち,最後の文字の最終ビットが 39 番目のバイト内に位置し,この場合,パディングが必要なビットが 6


30

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

個存在する。

。したがって,データバイト数インジケータは 0x27 となる。データバイト数インジケータが

どのように配列されるかについては,図 B.4 による。

注記 1  アクセス方法(ISO/IEC 15962 の表 に記載) 
注記 1A 対応国際規格は“表 7”と記載されているが,誤りであるため“表 8”と訂正。 
注記 2  拡張構文:ビットを 1 にすることで DSFID のバイト数を追加(この例では 0) 
注記 3  データフォーマット 03(JIS X 0533) 
注記 4  拡張ビット:この例では指定していない。 
注記 5  ビット圧縮(6 ビットテーブルを示す) 
注記 6  フォーマット情報[専用 DI 0x6(JIS X 0533 のフォーマット情報)] 
注記 7  データバイト数インジケータスイッチ(バイト数インジケータの最終バイトを示す 0b に設定) 
注記 8  データバイト数インジケータのビット数(データ長によって可変) 
注記 9  メモリアドレス(0x00,0x07,0x08,0x0F,0x10 及び 0x17) 
注記 10  図 B.4 はバッテリ補助及びセンサがない場合となる。

図 B.4ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 モード  

USER メモリ(MB11)の先頭 24 ビットのメモリ構造 

B.5 

符号化及び復号 

B.5.1 

符号化プロセス 

符号化プロセスは,次による。

1.

まず始めに,JIS X 0533 の DI メッセージから,先頭“[) > <RS> 06 <GS>”及び最終“<RS> <EOT>”

を削除する。

2.

表 B.1 を用いて,全てのデータ文字をそのコード値に変換する。

3.

複数の“06”フォーマット情報を符号化する場合(例えば,複雑な部品のサブアセンブリを記述する

ために同じデータ形式の複数の“レコード”を含むメッセージを表すなど)には,新しい“レコード”

を示すそれぞれの JIS X 0533 で規定している“<RS> 06 <GS>”を節減して,単一の“<RS>”文字(表

B.1 によって,011111b と符号化される。

)にする。

4.

最後の符号化したデータ文字の後に,“<EOT>”パターンを符号化する。

5.

6 ビット文字をビットとして配置し,これらを 8 ビットバイトにまとめる。

6.

最後のバイトに符号化していないビットがある場合には,これを埋めるために,パディングビットと

して,

“<EOT>”文字の最初の 2 ビット又は 4 ビット(すなわち,10b 又は 1000b)又は“<EOT>”文

字の全体(すなわち,6 ビット文字セットの 100001b)を追加する。

7.

“<EOT>”文字の最後のビットを含むバイト番号を定め,10 進数を 2 進数に変換し,データバイト数

インジケータとして符号化する。

8.

メモリ内に,DSFID,プレカーソル,データバイト数インジケータ,データ,

“<EOT>”及びパディン


31

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

グビット(存在する場合)を符号化する。

注記  単一の RF タグ内で符号化を許されるのは一つの JIS X 0533 によるメッセージだけであるた

め,最後のデータバイトの後に終端パターンとしてゼロバイトを符号化する必要はない。

B.5.2 

復号プロセス 

復号プロセスは,次による。

1. DSFID 及びプレカーソルを調べ,これらが 0x03 0x46 であることを確認する。

2.

次の 8 ビットを処理し,10 進数に変換して,データを含むバイト数を定める。

3.

次のビットから始めて,その後のビットを 6 ビットコードテーブルから文字ビットセットにまとめ,

データを含むバイト数の解読が終わるまで続ける。

4.

表 B.1 に基づいてデータ文字を割り当て,最後の“<EOT>”文字(ビットパディングされた文字の場

合もある。)を削除する。

5.

直後に“06”及び“<GS>”文字が続かない符号化されたあらゆる“<RS>”文字については,“<RS>”

を拡張して“<RS> 06 <GS>”にする。

6.

送信の先頭に“[) > <RS> 06 <GS>”を,最後に“<RS> <EOT>”を追加する。

7.

JIS X 0533 によるメッセージの全体を送信する。オプションとして,受信側では,単一のデータオブ

ジェクトとして JIS X 0533 によるメッセージを OID 形式でラップすることができる。このオプション

を用いる場合には,メッセージの完全な OID は{1 0 15434 06}である。

注記 OID(Object Identifier):オブジェクト識別子については,ISO/IEC 15961-1 を参照する。

B.6 

符号化及び復号の例 

B.6.1 JIS 

X 0533 データからアクセスメソッド データ形式 への符号化の手順 

ISO/IEC 15962 のアクセスメソッド 0 データ形式 3 を用いて符号化するために JIS X 0533 による形式で

一般的な DI インプットメッセージを作成するためには,次の手順を実施する。

-  インプットメッセージが,有効な JIS X 0533 による DI メッセージであることを確認する。

-  アクセスメソッド 0 とデータ形式 3 を示す DSFID を符号化する。

-  先頭のメッセージエンベロープ文字“[) > <RS> 06 <GS>”及び最後の“<RS><EOT>”を削除する。

-  表 B.1 に基づいて,データを 6 ビットコード語に符号化する。

-  一つの“<EOT>”文字を追加する。

-  必要に応じ,最後のデータバイトを埋めるために,パディングビットとして,“<EOT>”文字の最初

の 2 ビット若しくは 4 ビット(すなわち,10b 若しくは 1000b),又は“<EOT>”文字の全体(すなわ

ち,6 ビット文字セットの 100001b)を追加する。

-  メモリ内に,DSFID,プレカーソル,データバイト数インジケータ,データ,

“<EOT>”及びパディン

グを符号化する。

B.6.2 

アクセスメソッド データ形式 から JIS X 0533 データへの復号の手順 

システムは,DSFID バイトを読み取ることによって,この情報を JIS X 0533 の 6 ビット DI データであ

るとみなす。

-  システムは,最初に,DSFID,プレカーソル及びデータバイト数インジケータを削除する。

-  パディングビット及び符号化された“<EOT>”文字を削除して符号化されたバイトを解析し,6 ビッ

トコードにし,次に,表 B.1 に基づいてデータ文字を割り当てる。

-  システムは,送信の先頭に“[) >< RS> 06 <GS>”を,最後に“<RS><EOT>”を追加する。


32

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

-  システムは,JIS X 0533 によるメッセージの全体を送信する。

-  オプションとして,受信側は,単一のデータオブジェクトとして,JIS X 0533 によるメッセージの全

体を OID 形式でラップすることができる。

B.6.3 

データの符号化及び復号の例 

次の例は,JIS X 0533 の DI データを,“<EOT>”が必須条件であるアプリケーションで符号化するもの

である。

開始データ:

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001 <GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT>

このメッセージの RF タグ上のデータは,次のようなものである(DI を太字フォントで示している。)。

25SUN043325711MH8031200000000001 <GS> 1T110780 <GS> Q21 <GS> 4LUS <EOT>

データの項目:

UII = 25SUN043325711MH8031200000000001

LOT = 1T110780

QTY = Q21

CoO = 4LUS

データからビットへの変換:

51 個の 6 ビット文字は(50 個+<EOT>)

,39 バイトに変換される。バイトの配置のために最後の 6 個の

ビットを埋める必要があるため,この場合には,1 個の<EOT>文字全体を符号化する(表 B.5 参照)。

表 B.5ISO/IEC 18000-63(タイプ C)及び ISO/IEC 18000-3 モード  

USER メモリ(MB11)の先頭 16 ビットのメモリ構造 

DSFID

=0x03 

プレ 

カーソル

=0x46 

データ 

バイト数

=0x27

2 5 S U N 0 4 3 3 2 5 

00000011b  01000110b  00100111b  110010b 110101b

010011b

010101b

001110b

110000b

110100b

110011b 110011b 110010b 110101b

1  M H 8 0 3 1 2 0 0 0 0 

110111b

110001b

110001b

001101b 001000b

111000b

110000b

110011b

110001b

110010b

110000b 110000b 110000b 110000b

0  0 0 0 1 

<GS>

1 T 1 1 0 7 

110000b 110000b 110000b

110000b

110000b

110000b

110001b

011110b

110001b

010100b

110001b 110001b 110000b 110111b

0  <GS>

Q 2  1 

<GS>

4 L U S 

<EOT>

pad  

111000b 110000b 011110b

010001b 110010b

110001b

011110b

110100b

001100b

010101b

010011b 100001b 100001b

B.6.3.1 RF タグメモリの完全な内容 

DSFID,JIS X 0533 によるプレカーソル,39 バイトのデータ(

“<EOT>”を含む 51 個の 6 ビット文字を

圧縮)及び 6 個のパティングビットを含み,アクセスメソッド 0 形式 3 の符号化を用いると,最終的な 16

進法での RF タグの符号化は,次のようなものとなる。

03 46 27 CB 54 D5 3B 0D 33 CF 2D 77 C7 13 48 E3 0C F1 CB 0C 30 C3 0C 30 C3 0C 31 7B 15 31 C7 0D F8

C1 E4 72 C5 ED 0C 55 38 61

B.6.3.2 

送信されるデータ 

ヘッダ文字及び“<RS> <EOT>”を,メッセージ中に再び挿入する。次のデータ文字列が,リーダライ

タから送信される。

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001 <GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT>


33

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

B.6.3.3 

結論 

“DI だけの直接 6 ビット符号化”アプローチを用いると,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)又は ISO/IEC 

18000-3 モード 3 の RF タグの MB01 の符号化は,図 B.3(一次元シンボル)と同じアウトプットとなる。

“DI だけの直接 6 ビット符号化”アプローチを用いると,ISO/IEC 18000-63(タイプ C)又は ISO/IEC 

18000-3 モード 3 の RF タグの MB11 の符号化は,図 B.5(二次元シンボル:QR コード)又は図 B.6(二次

元シンボル:データマトリックス)と同じアウトプットとなる。この方法には,データの符号化プロセス

を単純化するという利点もある。二次元シンボルで符号化した場合も,アウトプットは同じ結果となる。

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001 <GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT>

図 B.5USER メモリ(MB11)の内容を符号化した QR コード 

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001<GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT> 

図 B.6USER メモリ(MB11)の内容を符号化するデータマトリックス 

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001<GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT> 


34

Z 0666:2017 (ISO 17366:2013)

参考文献

[1]  JIS X 0201  7 ビット及び 8 ビットの情報交換用符号化文字集合

注記  対応国際規格:ISO/IEC 646,Information technology-ISO 7-bit coded character set for information

interchange(MOD)

[2]  JIS X 0304  国名コード

注記  対応国際規格:ISO 3166-1,Codes for the representation of names of countries and their subdivisions

-Part 1: Country codes(IDT)

[3]  JIS X 0515  出荷,輸送及び荷受用ラベルのための一次元シンボル及び二次元シンボル

注記  対応国際規格:ISO 15394,Packaging-Bar code and two-dimensional symbols for shipping,

transport and receiving labels

[4]  JIS X 0516  製品包装用 1 次元シンボル及び 2 次元シンボル

注記  対応国際規格:ISO 22742,Packaging-Linear bar code and two-dimensional symbols for product

packaging

[5]  JIS X 0532-1  情報技術-固有の輸送単位識別子-パート 1:総論

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15459-1:1999,Information technology-Unique identification of transport

units-Part 1: General(IDT)

[6]  JIS X 0532-2  情報技術-固有の輸送単位識別子-パート 2:登録手順

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15459-2:1999,Information technology-Unique identification of transport

units-Part 2: Registration procedures(IDT)

[7]  ISO/IEC 18000 (all parts),Information technology-Radio frequency identification for item management

[8]  ISO 18185 (all parts),Freight containers-Electronic seals

[9]  ISO/IEC 29160,Information technology-Radio frequency identification for item management-RFID

Emblem

[10] AIM Global Standard for the use of the AIM RFID Emblem and index to identify RFID-enabled labels

[11] EPC

TM

,Radio-Frequency Identity Protocols Class-1 Generation-2 UHF RFID Protocol for Communications at

860 MHz-960 MHz, Version 1.0.9

[12] GS1 EPC, Tag Notification Brand Guidelines