>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  適合性及び性能仕様  

1

3

  引用規格  

2

4

  用語及び定義  

4

5

  概念 

7

5.1

  階層の概要  

7

5.2

  一意の RTIRPI 識別  

9

5.3

  その他の識別要件  

11

6

  RTIRPI の使用例  

11

6.1

  RTIRPI 階層の特徴  

11

6.2

  RTIRPI の管理及び物流の関与者  

12

6.3

  一つの企業が複数の機能を果たす例  

12

6.4

  業務工程の例  

13

7

  データ内容  

14

7.1

  はじめに  

14

7.2

  システムデータ要素  

14

7.3

  RF タグの構造  

14

7.4

  プロトコル制御(PC)ビット  

17

7.5

  データ要素  

18

7.6

  トレーサビリティ  

19

7.7

  RTIRPI 及び輸送単位の統合データ  

19

7.8

  一意の RTI 又は RPI の識別  

20

8

  データセキュリティ  

20

8.1

  機密性  

20

8.2

  データの完全性  

20

8.3

  データ保持  

20

8.4

  リーダライタの認証  

20

8.5

  否認防止及び監査証跡  

21

9

  ラベル形 RF タグを付けた物品の識別  

21

10

  可読情報  

21

10.1

  可読文字情報  

21

10.2

  可読文字の変換  

22

10.3

  データの項目名称  

22

10.4

  バックアップ  

22


Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)  目次

(2)

ページ

11

  RF タグの仕様  

22

11.1

  データプロトコル  

22

11.2

  最低性能要件(交信範囲及び交信速度)  

23

11.3

  環境パラメタ  

23

11.4

  RF タグの方向  

24

11.5

  包装器材  

24

11.6

  衝撃負荷及び摩耗  

24

11.7

  RF タグの寿命  

24

11.8

  システムの最低限の信頼性  

24

11.9

  エアインタフェース  

24

11.10

  アプリケーションのメモリ要件  

24

11.11

  センサインタフェース(該当する場合)  

25

11.12

  リアルタイムクロックのオプション  

25

11.13

  安全性及び規制事項  

25

11.14

  RF タグの再利用性  

25

12

  RF タグの取付場所及び表示  

25

12.1

  RF タグを取り付け又は挿入する材料  

25

12.2

  包装の形状及び RF タグの環境 

26

12.3

  作業環境  

26

13

  リーダライタの要件  

26

13.1

  安全性及び規制上考慮する事項  

26

13.2

  データのプライバシ  

26

14

  相互運用性,互換性,及び他の RF システムヘの不干渉  

26

附属書 A(参考)リターナブル包装器材  

27

附属書 B(規定)符号化  

37

附属書 C(参考)製品のライフサイクル管理に役立つデータ要素の表  

47


Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

(3)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本

工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 Z

0664

:2015

(ISO 17364

:2013

)

RFID

のサプライチェーンへの適用−リターナブル

輸送器材(RTI)及びリターナブル包装器材(RPI)

Supply chain applications of RFID-

Returnable transport items (RTIs) and returnable packaging items (RPIs)

序文 

この規格は,2013 年に第 2 版として発行された ISO 17364 を基に,技術的内容及び構成を変更すること

なく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,次の事項をリターナブル輸送器材に適用する場合のサプライチェーン用途の RFID の仕様

について規定する。

−  業務アプリケーション及び RFID システムとのインタフェースに使用するデータプロトコルを規定す

る。

−  最低性能要件を指定する。

−  リーダライタと RF タグとの間のエアインタフェース規格を規定する。

− RF タグの再利用及びリサイクル性について指定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 17364:2013

,Supply chain applications of RFID−Returnable transport items (RTIs) and returnable

packaging items (RPIs)

(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

適合性及び性能仕様 

この規格に従う全てのデバイス及び装置は,性能に関しては ISO/IEC 18046(全パート)に,適合性に

関しては ISO/IEC 18047-6ISO/IEC 18000-63,タイプ C について)及び ISO/IEC TR 18047-3ISO/IEC 

18000-3

モード 3 の ASK インタフェースについて)に規定される適切なセクション及びパラメタにも適合

しなければならない。

受渡当事者間の合意に基づき,その他の特定の ISO/IEC 18000 規格群のエアインタフェースを採用する

場合[すなわち,JIS X 6351-2ISO/IEC 18000-2,タイプ A)及び ISO/IEC 18000-7]は ISO/IEC 18047

規格群の対応するパートに適合しなければならない。


2

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS X 0301

  情報交換のためのデータ要素及び交換形式−日付及び時刻の表記

注記  対応国際規格:ISO 8601,Data elements and interchange formats−Information interchange−

Representation of dates and times

(MOD)

JIS X 0500-1

  自動認識及びデータ取得技術−用語−第 1 部:一般

注記  対応国際規格:ISO/IEC 19762-1:2005,Information technology−Automatic identification and data

capture (AIDC) techniques

−Harmonized vocabulary−Part 1: General terms relating to AIDC(IDT)

JIS X 0500-2

  自動認識及びデータ取得技術−用語−第 2 部:光学的読取媒体

注記  対応国際規格:ISO/IEC 19762-2:2005,Information technology−Automatic identification and data

capture (AIDC) techniques

−Harmonized vocabulary−Part 2: Optically readable media (ORM)

(IDT)

JIS X 0500-3

  自動認識及びデータ取得技術−用語−第 3 部:RFID

注記  対応国際規格:ISO/IEC 19762-3:2005,Information technology−Automatic identification and data

capture (AIDC) techniques

−Harmonized vocabulary−Part 3: Radio frequency identification (RFID)

(IDT)

JIS X 0504

  自動認識及びデータ取得技術−バーコードシンボル体系仕様−コード 128

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15417,Information technology−Automatic identification and data capture

techniques

−Code 128 bar code symbology specification(IDT)

JIS X 0510

  二次元コードシンボル−QR コード−基本仕様

注記  対応国際規格:ISO/IEC 18004,Information technology −Automatic identification and data

capture techniques

−QR Code 2005 bar code symbology specification(MOD)

JIS X 0515

  出荷,輸送及び荷受用ラベルのための一次元シンボル及び二次元シンボル

注記  対応国際規格:ISO 15394,Packaging−Bar code and two-dimensional symbols for shipping,

transport and receiving labels

(IDT)

JIS X 0516

  製品包装用 1 次元シンボル及び 2 次元シンボル

注記  対応国際規格:ISO 22742:2010,Packaging−Linear bar code and two-dimensional symbols for

product packaging

(IDT)

JIS X 0531

  情報技術−EAN/UCC アプリケーション識別子と FACT データ識別子,及びその管理

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15418:1999,Information technology−EAN/UCC Application Identifiers

and Fact Data Identifiers and Maintenance

(IDT)

JIS X 0533

  情報技術−大容量自動認識情報媒体のための転送構文

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15434,Information technology−Automatic identification and data capture

techniques

−Syntax for high-capacity ADC media(IDT)

JIS X 6351-2

  物品管理用 RFID−第 2 部:135 kHz 未満のエアインタフェース通信パラメタ

注記  対応国際規格:ISO/IEC 18000-2,Information technology−Radio frequency identification for item

management

−Part 2: Parameters for air interface communications below 135 kHz(IDT)

JIS X 6351-3

  物品管理用 RFID−第 3 部:13.56 MHz エアインタフェース通信パラメタ

注記  対応国際規格:ISO/IEC 18000-3,Information technology−Radio frequency identification for item


3

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

management

−Part 3: Parameters for air interface communications at 13,56 MHz(IDT)

JIS Z 0106

  パレット用語

注記  対応国際規格:ISO 445,Pallets for materials handling−Vocabulary(MOD)

JIS Z 0108

  包装−用語

注記  対応国際規格:ISO 21067,Packaging−Vocabulary(MOD)

JIS Z 0111

  物流用語

ISO 830

,Freight containers−Vocabulary

ISO 6346

,Freight containers−Coding, identification and marking

ISO/IEC/IEEE 8802-15-4

,Information technology−Telecommunications and information exchange between

systems

−Local and metropolitan area networks−Specific requirements−Part 15-4: Wireless medium

access control (MAC) and physical layer (PHY) specifications for low-rate wireless personal area networks

(WPANs)

ISO/IEC 15459-3

,Information technology−Unique identifiers−Part 3: Common rules for unique identifiers

ISO/IEC 15459-5

,Information technology−Unique identifiers−Part 5: Unique identifier for returnable

transport items (RTIs)

ISO/IEC 15961 (all parts)

, Information technology − Radio frequency identification (RFID) for item

management: Data protocol

ISO/IEC 15962

,Information technology−Radio frequency identification (RFID) for item management−Data

protocol: data encoding rules and logical memory functions

ISO/IEC 15963

,Information technology−Radio frequency identification for item management−Unique

identification for RF tags

ISO/IEC 16022

,Information technology−Automatic identification and data capture techniques−Data Matrix

bar code symbology specification

ISO 17363

,Supply chain applications of RFID−Freight containers

ISO 17365

,Supply chain applications of RFID−Transport units

ISO 17366

,Supply chain applications of RFID−Product packaging

ISO 17367

,Supply chain applications of RFID−Product tagging

ISO/IEC 18000-7

,Information technology−Radio frequency identification for item management−Part 7:

Parameters for active air interface communications at 433 MHz

ISO/IEC 18000-63

,Information technology−Radio frequency identification for item management−Part 63:

Parameters for air interface communications at 860 MHz to 960 MHz Type C

ISO/IEC 18046 (all parts)

,Information technology−Automatic identification and data capture techniques−

Radio frequency identification device performance test methods

ISO/IEC 18047-2

,Information technology−Radio frequency identification device conformance test methods

−Part 2: Test methods for air interface communications below 135 kHz

ISO/IEC TR 18047-3

,Information technology−Radio frequency identification device conformance test

methods

−Part 3: Test methods for air interface communications at 13,56 MHz

ISO/IEC 18047-6

,Information technology−Radio frequency identification device conformance test methods

−Part 6: Test methods for air interface communications at 860 MHz to 960 MHz

ISO/IEC 18047-7

,Information technology−Radio frequency identification device conformance test methods


4

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

−Part 7: Test methods for active air interface communications at 433 MHz

ISO/IEC/IEEE 21451-7

,Information technology−Smart transducer interface for sensors and actuators−Part

7: Transducer to radio frequency identification (RFID) systems communication protocols and Transducer

Electronic Data Sheet (TEDS) formats

ISO/IEC TR 24729-1

,Information technology−Radio frequency identification for item management−

Implementation guidelines

−Part 1: RFID-enabled labels and packaging supporting ISO/IEC 18000-6C

ISO 28219

,Packaging−Labelling and direct product marking with linear bar code and two-dimensional

symbols

ISO/IEC 29160

,Information technology−Radio frequency identification for item management−RFID

Emblem

ANS MH10.8.2

,Data Identifier and Application Identifier Standerd

GS1 EPC Tag Data Standard

,Version 1.6

GS1 General Specifications

ICNIRP Guidelines

,Guidelines for limiting exposure to time-varying electric, magnetic, and electromagnetic

fields (up to 300 GHz)

IEEE C95.1

,IEEE Standard for Safety Levels with Respect to Human Exposure to Radio Frequency

Electromagnetic Fields, 3 kHz to 300 GHz

IEEE 1451.5

,Smart Transducer Interface for Sensors and Actuators−Wireless Communication Protocols and

Transducer Electronic Data Sheet (TEDS) Formats

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS X 0500-1JIS X 0500-3JIS Z 0106JIS Z 0108 及び ISO 830

によるほか,次による。この規格では,16 進法文字は 0xnn と表す(

“nn”は 16 進数)

注記 1  2 進数は nnb と表す(“nn”は 0 又は 1 の 2 進数)。

注記 2 RS,EOT,GS などの制御文字は<RS>,<EOT>,<GS>と表す。

4.1

製品(product)

パッケージ内の使用可能な内容物。

注記  使用可能な内容物がいかなる形式の包装内にも入れられていない特殊なケースが存在する。

4.2

製品包装(product package)

単数又は複数の製品(同一のもの,又は異なるもの)を格納する包装。荷扱い,保管,輸送などを容易

にするために必要な場合には何らかの保護用又はその他の器材を伴う。

注記 1  製品包装は,単独包装されている一つの個品,まとめて包装された複数の同一個品,又はま

とめて包装されたひとかたまりの個品である場合がある。

注記 2  JIS X 0516 の 3.32 参照。

4.3

リターナブル輸送器材,RTI(returnable transport item)

単数又は複数の製品又は製品包装の輸送,荷扱い及び/又は流通のためのあらゆる製品であって,再利

用するために返却されるもの。


5

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

例  キャッシュ・デポジットが必要又は不要なパレット,及び全ての形態の再利用可能な木箱,トレ

イ,箱,ロールパレット,樽,カートなど。

注記 1  “リターナブル輸送器材”という用語は,例えば,パレットのような器材の所有権がその所

有者(荷送人)の下にとどまるという意味を含み,このような場合に,この規格が適用され

る。例えば,パレットのような器材の所有権が,ユニットロードの一部として顧客に移転さ

れる場合には,この器材は,そのユニットロードの一要素とみなされ,適用される国際規格

は ISO 17365 となる。

注記 2  貨物コンテナ,トレーラ及びその他の類似の封入モジュールは,“リターナブル輸送器材”と

いう用語には含まれない。

注記 3  “リターナブル輸送機材(returnable transport equipment)”という用語は,電子データ交換(EDI)

環境においては“リターナブル輸送器材”と同義とみなされる。

注記 4  リターナブル輸送器材の所有権は,積載物品の購入時又は納入時に変更されない。

4.4

貨物コンテナ(freight container)

次の輸送容器。

a)

長時間反復使用に耐える十分な強度をもつこと。

b)

途中で内部の貨物を積み替えないで,各種輸送機関にまたがって貨物を輸送できるように特別に設計

されていること。

c)

一つの輸送機関から他の輸送機関への積替えを容易にする装置を備えていること。

d)

貨物の積込み及び取出しが容易であるように設計されていること。

e)

内容積が 1 m

3

以上であること。

ISO 830 の 3.1 参照)

4.5

包装(packaging)

製品の格納,保護,荷扱い,配送,保管,輸送及び展示のために使用される器材。

注記 1  所有権は,製品などの購入時又は納入時に変更される。

注記 2  JIS Z 0111 における包装の定義は,“物品の輸送,保管,取引,使用などに当たって,その価

値及び状態を維持するために,適切な材料,容器などに物品を収納すること及びそれらを施

す技術,又は施した状態。これを個装,内装及び外装の 3 種類に大別する。パッケージング

ともいう(JIS Z 0108 参照)

”となっている。

4.6

輸送包装(transport package, transport packaging)

単数又は複数の製品,又は製品包装の輸送,荷扱い及び/又は流通のために使用される器材。

注記 1  所有権は,製品などの購入時又は納入時に変更される。

注記 2  JIS Z 0108 における輸送包装の定義は,“輸送を目的として物品に施す包装。こん包と呼ぶこ

ともある。

”となっている。

4.7

輸送単位(transport unit)

単一の製品・製品包装又は製品・製品包装群(同一のもの又は異なるもの)を格納する輸送包装で,輸

送に当たって,荷扱い,保管などの単位となるもの。


6

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

注記  輸送包装又はユニットロード。

4.8

ユニット化(unitized)

一つの単位として取り扱うことができるようにまとめること。

4.9

ユニットロード(unit load)

一つ又は複数の輸送包装,パレット,スリップシート,ひも掛け,連結,接着剤,シュリンク包装,ネ

ット掛けなどを用いて,輪送,積載,及び保管に適した一つの単位にまとめたもの。

注記  JIS Z 0111 におけるユニットロードの定義は,“複数の物品又は包装貨物を,機械及び器具によ

る取扱いに適するように,パレット,コンテナなどを使って一つの単位にまとめた貨物。この

目的に合致する 1 個の大形の物品に対しても適用する。貨物をユニットロードにすることによ

って,荷役を機械化し,輸送,保管などを一貫して効率化する仕組みをユニットロードシステ

ムという。

”となっている。

4.10

リターナブル包装器材,RPI(returnable packaging item)

荷扱い,配送,保管及び輸送時の製品の“保護”のために用いられる包装器材で,再利用可能なもの。

注記 1  附属書 参照。

注記 2  所有権は,製品などの購入時又は納入時に変更されない。

4.11

データの完全性(integrity)

電子的に保管されている情報の変更を,適切な権限なしには行われないように設計されていること。

4.12

ISO

タグ(ISO tag,international unique identification tag)

国際的な一意の識別タグ。

プロトコル制御ビット 17

(0x17)

が 1b に設定された ISO/IEC 18000-63 タイプ C タグ又は ISO/IEC 18000-3

モード 3 タグ。後続のビットがアプリケーションファミリ識別子(AFI)であることを示す。

注記  JIS X 6351-3 には ISO/IEC 18000-3 モード 3 が含まれていない。

4.13

EPC

タグ(EPC tag)

プロトコル制御ビット 17

(0x17)

が 0b に設定された ISO/IEC 18000-63 タイプ C タグ又は ISO/IEC 18000-3

モード 3 タグ。このビットを含む後続のビットが EPC ヘッダであることを示す。

4.14

モノリシックメモリ構造(monolithic memory structure)

単一のアドレッシング要素によってアドレス指定可能なメモリ構造。

注記  例えば,JIS X 6351-2 タイプ A を指す。

4.15

セグメント化メモリ構造(segmented memory structure)

個別の要素に分かれており,アクセスのために複数のアドレッシング要素を必要とするメモリ構造。

4.16

コンベヤ搬送可能(conveyable)


7

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

固定搬送ラインを通じて物資を移動するために使用する取扱装置によって,物品が効率的かつ安全に移

動することができること。

注記  このような物品取扱装置又は搬送機は,この規格に関して,あらかじめ既定された経路でパッ

ケージ又は対象物を移動し,荷積み又は荷下ろしのための仕分け機能をもつベルト式システム

とみなす。ベルトの幅,施設内で許容される高さ及びベルトの積載重量能力によって,物品が

輸送可能であるかどうかが決まることがある。

4.17

コンベヤ搬送不可(non-conveyable)

幅,高さ又は重量の点で物品がコンベヤシステムでの移動ができないこと。

4.18

使用例(use case)

データの入力と出力,性能/タイミング要件,エラー条件の取扱い及び外部アプリケーションとのイン

タフェースを識別する業務プロセスにおける活動について詳細に記述された例。

概念 

5.1 

階層の概要 

図 及び図 は,サプライチェーンを示すものである。これらの図は,物理的対象を一対一に表現した

ものではなく,想定されるサプライチェーンでの概念モデルである。

図 の幾つかの階層は明確に物理的

な対象と対応しているが,サプライチェーンにおける一部の物品は,使用例によっては複数の階層に当て

はまる。例えば,所有者が変わらずに繰り返し使用するパレットは,RTI としてこの規格の対象となる。

ユニットロードの一部であるパレットは,輸送単位として ISO 17365 の対象となる。単一の物品と一体を

なすパレットは,製品包装として ISO 17366 の対象となる。

“サプライチェーン階層”という用語は,最終販売地点までの輸送,使用,保守並びに場合によっては

処分及び返却された商品を含み,原料から製品までの全ての側面を対象とする階層的な概念である。これ

らの各階層は,製品を取り扱う多くの側面を対象とし,各レベルのビジネスプロセスは固有であるととも

に,その他の階層と重複している。

“個品レベル”から“貨物コンテナレベル”までの階層は,ISO 17363ISO 17367 の一連の規格で扱わ

れており,サプライチェーンの可視性を高めることを目的としている。最上位階層の“輸送モードレベル”

でトラックを使用する場合は,ISO TC 204/WG 7 の作業範囲内に入る。

図 の“RTI レベル”及び RPI(4.10 で定義されている。)が,この規格の対象である。

RTI

及び RPI 用の RF タグは,リーダライタに含まれる“選択読取り”方式の使用によって,他の階層

の RF タグと区別することができる。この選択読取り機能によって,リーダライタ及びサポートされる自

動情報システム(AIS)は,RTI 又は RPI 階層用の RF タグを迅速に識別することができる。5.2.2 に示され

ているように,この選択読取り方式については,ISO/IEC 15961-1 で詳述されている。


8

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

1

一次包装  −  消費者包装  −  (製品)

2

二次包装  −  外装  −  (製品包装)

3

三次包装  −  輸送包装  −  (輸送単位)

4

三次包装  −  ユニット化された輸送包装  −  (輸送単位)

5

パレット  −  (リターナブル輸送器材  −  RTI)

図 1−包装 


9

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

階層 5
輸送モードレベル
輸送モードによる定義
(輸送モード)

製品
包装

製品
包装

製品
包装

製品
包装

製品
包装

輸送
単位

輸送
単位

輸送
単位

リターナブル

輸送器材(

RTI

リターナブル

輸送器材(

RTI

コンテナ

20/40 フィート海上コンテナ及び マルチモーダルコンテナ

輸送モード

(トラック、船舶、鉄道、航空機)

RPI

RPI

構成要素,部品,資材,サブアセンブリ等

リターナブル包装器材(RPI

RPI

RPI

物品

物品

物品

物品

物品

物品

物品

物品

製品
包装

物品

物品

製品
包装

物品

物品

物品

物品

輸送
単位

製品
包装

物品

物品

階層4
貨物コンテナレベル
ISO 17363
433MHz又は2.45GHz

(8802-15-4又は18000-7 TPA)

(貨物コンテナ)

階層3
RTIレベル
この規格
860MHz~960MHz
(様々な18000 TPA)
(三次包装)

階層2
輸送単位レベル
ISO 17365
(様々な18000 TPA)
(三次包装)

階層1
製品包装レベル
ISO 17366
( 860MHz~960MHz TPA)
(13.56MHz TPA)
(二次包装)

階層0
物品レベル
ISO 17367
( 860MHz~960MHz TPA)
(13.56MHz TPA)
(一次包装)

注記 TPA:受渡当事者間の合意がある場合(Trading Partner Agreement)。

図 2−サプライチェーンの階層 

5.2 

一意の RTIRPI 識別 

5.2.1 

概要 

一意の RTI・RPI 識別とは,個々の RTI 又は RPI,この規格の場合には RTI 又は RPI に関連付けられる

RF

タグに,一意のデータ文字列を割り当てるプロセスのことである。この一意のデータ文字列は,一意の

RTI

又は RPI 識別子と呼ばれる。RTI 又は RPI の一意の識別によって,個体単位にデータを収集し,管理

することができる。個体単位のデータ活用の利点は,製品の保守,保証及び記録の電子的な取り交わしの

実現に,顕著に現れる。この個別化は,各 RF タグ付けされた物品に,一意の個体識別子がある場合にだ

け可能となる。

サプライチェーンでの物品に関する情報は,多くの場合,コンピュータシステムに保管され,電子デー

タ交換(EDI)及び XML スキーマを介して,関係当事者間で交換することができる。一意の個体識別子は,

この情報にアクセスするためのキーとして使用することが望ましい。

上記の一意の RTI 又は RPI 識別子は,

ISO/IEC 15459-5

に記述された一意の識別子でなければならない。

RF

タグによって識別される一意の個体識別子(UII)は,同様な物品を個々に区別する。一意のタグ ID

ISO/IEC 15963 によって定義される。

)は,RF タグを一意に識別するための仕組みであり,この規格に

定義される一意の RTI 又は RPI 識別子ではない。

RTI

又は RPI へ RF タグ付けをすることで,RTI 又は RPI の一意の識別が可能になる。一意の識別に最低


10

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

限必要なデータ要素は,企業を識別する番号及びその企業内でのシリアル番号である。

この規格では,一意の RTI 又は RPI 識別のために次の識別方式を使用する。

− RTI の一意の識別子(ISO/IEC 15459-5

− GRAI

注記 1  ISO/IEC 15459-5:2007 では,RTI の規定は存在するが RPI の規定はないため追加改訂中であ

る。

注記 2  GRAI: Grobal Returnable Asset Identifier

5.2.2 

国際的な RTI 又は RPI の一意の識別 

ISO/IEC 15459

規格群で定義している一意の識別子は,階層 0(製品)から階層 4(貨物コンテナ)まで

のサプライチェーンの様々な階層に対する識別スキームを提供する。RTI 又は RPI の一意の識別には,

ISO/IEC 15459-5

を使用する。一意の識別は,AFI 及びデータ識別子(DI)に続く次の三つのコンポーネ

ントによって可能になる。

a)

発番機関コード(IAC)

b)

企業コード(CIN)

c)

シリアル番号(SN)

ISO/IEC 15961-3

の“データ構造レジスタ”に含まれ,かつ,

表 に示す AFI コード割当て表にある AFI

によって,サプライチェーン階層を識別することができる。

すなわち,製品は 0xA1,輸送容器は 0xA2,リターナブル輸送器材は 0xA3,製品包装は 0xA5 である。

表 11736x AFI 割当て 

AFI 

割当て 

0xA1

ISO 17367

  製品タグ付け

0xA2

ISO 17365

  輸送ユニット

0xA3

この規格[ISO 17364 リターナブル輸送器材(RTI)及びリターナブル包装器材(RPI)

0xA4

ISO 17367

  製品タグ付け(有害物質を含む場合)

0xA5

ISO 17366

  製品包装

0xA6

ISO 17366

  製品包装(有害物質を含む場合)

0xA7

ISO 17365

  RFID のサプライチェーン適用−輸送ユニット(有害物質を含む場合)

0xA8

この規格[ISO 17364 リターナブル輸送器材(RTI)及びリターナブル包装器材(RPI)

(有害物質を含む

場合)

0xA9

ISO 17363

  貨物コンテナ

0xAA

ISO 17363

  貨物コンテナ(有害物質を含む場合)

EPC

は AFI を使用しない。この結果,EPC の RTI では AFI を使用しない。EPC 以外の RTI には,AFI 0xA3

を使用する。

附属書 に,符号化に対する考え方を詳細に示す。

ISO/IEC 15459

規格群に従って RTI を識別するには,一意の識別子として,データ識別子“25B”を使用

する。箇条 では,RTI の一意の識別子のデータ内容を規定する。RTI の一意の識別子の長さは,データ

識別子を含めずに,英数字で 35 文字以下とする(an3+an..35)

表 参照)。受渡当事者間での相互合意が

ある場合には,この長さを 50 文字(an3+an..50)まで拡張することができる。RPI の一意の識別子“55B”

の長さは,データ識別子を含めずに,英数字で最大 50 文字とすることができる(an3+an..50)

表 参照)。

注記 1  現在及び将来の食品の安全に関する法律を考慮に入れて,必要に応じて食品と食品以外のア

プリケーションを区別すると役に立つことがある。特に,二次汚染のリスク分析に有効な場

合がある。


11

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

注記 2 EPC の詳細については引用規格にある GS1 EPC TDS (Tag Data Standard)  を参照。

表 2ISO RTI UII 要素文字列 

ライセンスプレートのフォーマット

データ識別子

発番機関コード(IAC)

,企業コード(CIN)

,シリアル番号

25B N

1

 N

2

 N

3

 N

4

 N

5

 N

6

 N

7

 N

8

 N

9

 N

10

 N

11

 N

12

 N

13

 N

14

 N

15

 N

16

 N

17

 . . . N

35

注記  “25B”が an3 を,“N

1

∼N

35

”が an..35 を示す。

表 3ISO RPI UII 要素文字列 

ライセンスプレートのフォーマット

データ識別子

発番機関コード(IAC)

,企業コード(CIN)

,シリアル番号

55B N

1

 N

2

 N

3

 N

4

 N

5

 N

6

 N

7

 N

8

 N

9

 N

10

 N

11

 N

12

 N

13

 N

14

 N

15

 N

16

 N

17

 . . . N

35

注記  “55B”が an3 を,“N

1

∼N

35

”が an..35 を示す。

5.2.3 GRAI 

GRAI

は,RTI の一意の個体識別を提供できる識別番号である。

GRAI

は,

表 に示すように,次の情報要素で構成する。

− GS1 によって経営主体に割り当てられる“GS1 事業者コード”

。GS1 事業者コードは,GS1 GRAI 十進

コードの企業プレフィクスの数値と同じである。

−  管理者が任意に割り当てる“資産タイプ”

−  管理者が任意に割り当てる“シリアル番号”

。EPC では,GS1 総合仕様書で規定されるシリアル番号

のサブセットだけを使用できる。特に,先頭に 0 がなく,1 ビット以上の数値から構成されるシリア

ル番号だけが許可されている。

表 4GRAI 要素文字列 

要素文字列のフォーマット

アプリケーション

識別子

GRAI

シリアル番号

 GS1

事業者コード/資産タイプ

チェックデジット

8003 0

N

1

 N

2

 N

3

 N

4

 N

5

 N

6

 N

7

 N

8

 N

9

 N

10

 N

11

 N

12

N

13

X

1

から X

16

まで可変

EPC

タグで RTI 用であることを示すために,アプリケーション識別子(AI)

“8003”に相当することを

示すヘッダバリュを使用する。箇条 では GRAI のデータ内容について扱う。

注記  上記は AI が“8003”のフォーマットを示す。

5.3 

その他の識別要件 

この規格は,適用する安全又は規制上の表示又はラベル要件を無効にしたり,それらに取って代わるも

のではない。

この規格は,多数の用途及び産業界の最低限の RTI 及び RPI 識別要件を満たすことを意図している。こ

のため,その適用範囲は幅広い業界にわたり,各業界は,この規格に対する特定の実施ガイドラインを定

めることができる。この規格は,その他の義務付けられたラベル要件に加えて,適用する。

6 RTI

RPI

の使用例 

6.1 RTI

RPI

階層の特徴 

RTI

・RPI によって表現される階層は,次の特有な側面によって特徴付けられる。


12

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

− RTI・RPI は,繰り返し使用できる。

−  異なるユーザ及び/又は異なる時点における,異なる又は複数の輸送において,同一の RTI・RPI を

使用できる。

− RTI・RPI には,RF タグ付きの(包装)製品及び/又は RF タグのない(包装)製品を積載すること

ができる。

− RTI・RPI には,積載している製品にかかわらず,それ自身に資産価値がある。

− RTI・RPI 用の RF タグに格納され,及び/又は書き込まれたデータへの選択的なアクセス機能が要求

される。

− RTI・RPI の物理的取扱いには,清掃,保管,修理,保守,輸送などの特定の手順が含まれる。

典型的な RTI・RPI プールシステムは,次のように説明できる。

a)

製造業者が,製品を生産する。

b)

一次包装が行われる場合,例えば,濃縮ジュース,水,又はビール用の容器及び袋の場合には,これ

も RTI・RPI となることがある。

c)

包装された製品は RTI 内に包装される

(複数の異なる製品も,

一つの RTI に積載することができる。

小形 RTI(木枠,トレイ,箱,樽)は,大形の RTI(パレット及び/又はロールコンテナ)で保管さ

れる。RPI によって保護,固定又は被覆される場合がある。

d) RTI

は,取引先への直接輸送又は(小売向け)流通センター経由での再仕分け輸送のために,輸送用

手段(トラック,船舶,鉄道,航空機)に積載される。RPI によって保護又は固定又は被覆される場

合がある。

e) RTI

・RPI は,流通センターで仕向け地を変更し,

(部分的に)中身を取り出し,詰め替えることがで

きる。

f) RTI

・RPI は,取引先又は小売店で荷降ろしされて,空きになる。

g)

空きの RTI・RPI は(入れ子にするか,積み上げて)保管され,所有者によって回収されるか,又は

包装された製品の製造業者に返送する。

h)

空きの RTI・RPI は,

(包装)製品の新しい輸送のために洗浄,保管及び修理を経て再利用する。

6.2 RTI

RPI

の管理及び物流の関与者 

RTI

・RPI の管理及び物流の関与者には,RTI・RPI 供給者,発送人,受取人及び RTI・RPI のサービスプ

ロバイダがある。

− RTI・RPI 供給者は RTI・RPI を所有し,RTI・RPI プールを管理し,発送人が利用するのに提供する[RTI・

RPI

供給者とプールオペレータ(pool operator)は,同義語として使用する。

−  発送人は,その商品の流通において RTI・RPI を使用する。発送人は,空きの RTI・RPI に商品を詰め,

その RTI・RPI を受取人に渡す。荷役業者,製造業者,流通センター,集配センターなどが,発送人

となることがある。

−  受取人は,発送人から RTI・RPI を受け取り,サービスプロバイダによる回収のために RTI を提供す

る。小売店,流通センター,集配センターなどが,受取人となることがある。

−  サービスプロバイダは受取人から RTI・RPI を回収し,返却補償金の対象となる RTI の場合には,こ

の返却補償金の返金に責任を負い,仕分けした RTI・RPI を RTI・RPI 供給者又は発送人に提供する。

6.3 

一つの企業が複数の機能を果たす例 

一つの企業が複数の機能を果たすことがある。幾つかの例を,次に示す。

−  飲料製造業者は,ボトル用の自社の箱を使用できる。この場合,この製造業者は RTI・RPI 供給者及


13

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

び発送人としての役割を果たす。

−  小売業の流通センター(RDC)は,受け取ったユニットを小売店に送る。この場合,RDC は,受取人

及び発送人としての役割を果たす。

− RDC は,使用後の空き箱を仕分けし,回収することができる。この場合,RDC は受取人及びサービ

スプロバイダとしての役割を果たす。

−  プールオペレータは空き箱を回収し,仕分けする。この場合,プールオペレータは,RTI・RPI 供給者

及びサービスプロバイダとしての役割を果たす。

6.4 

業務工程の例 

次に説明するような業務工程は,この規格で想定される運用を示している。

−  荷受:積替え,保管,販売,データの記録,回収,仕分け,修復などに引き続き利用するために,商

品(空きの又は積載済みの RTI・RPI)ユニットロードを受け取る。

−  荷下ろし:輸送手段からのユニットロードの物理的な移動をする。

−  受領:互いに区別するために,番号付けシステムに関するこの規格に従って対象物を体系的に判断及

び登録する(測定を含む。

。これには,電子識別(スキャニング)も含まれることがある。

−  検査:商品が空きの又は積載済みの RTI・RPI・ユニットロードの完全性の検査。商品が空きの又は積

載済みの RTI・RPI・ユニットロードが特定の定義された品質基準を満たしているかどうかを検査する。

−  オーダピッキング:注文(リスト)に従って商品を集めて,ユニットロードにまとめる。

−  固縛:輸送中のユニットロードの安全を保証するためにひもなどで固定する。

−  荷積み:ユニットロードの輸送手段への物理的な移動をする。

−  保管:商品が空きの又は積載済みの RTI・RPI・ユニットロードの在庫を倉庫に維持する。これには,

倉庫内の移動作業が含まれる。

−  積替え・クロスドッキング:注文に従って,輸送の過程で一つの輸送手段から別の輸送手段に替える

ために,商品を空きの又は積載済みの RTI・RPI・ユニットロードに移動する。

−  出荷:データの記録を含み,商品を空きの又は積載済みの RTI・RPI・ユニットロードで送り出す。

−  ラベル付け:物流データなどに関して,ラベルへ表示又は RF タグへデータを書き込む。

−  輸送:ある地点から別の地点への輸送手段による商品が空きの又は積載済みの RTI・RPI・ユニットロ

ードを移動する。

−  倉庫作業:商品が空きの又は積載済みの RTI・RPI・ユニットロードで受け取り,保持し,荷扱い,発

送などの作業をする。

−  回収:注文に従って,ある場所から空の RTI・RPI を,データの記録を含め,取り戻す(返却物流)

−  分別:継続して使用できるように,データの記録を含めて,異なる種類の RTI・RPI を分ける。

−  修復:修理,洗浄など,RTI・RPI の再利用を可能にする全ての物理的作業をする。

サプライチェーン内の異なる業務工程では,上に概要を示したとおり,明らかに異なる機能・手順が用

いられる。RF タグのデータの読取り,書込み,又は消去は,関係する製品及び手続きに関する識別及びデ

ータ取得のために行い,業務責任者の必要に応じて,工程に整合するように組み込まなくてはならない。

RTI

とそれを利用するシステムは密接に関係している。さらに,RPI とその活用方法の性質上,他のサ

プライチェーン階層で生じ得る全てのバリエーションが,RPI にはある。


14

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

データ内容 

7.1 

はじめに 

7.2

7.8 で,RTI 階層での RF タグのデータ内容について説明する。これらは,特に次の点を明確にする。

− RF タグの必須又は任意のデータ要素

−  データ要素を識別する方法(データの意味)

− RF タグのメモリ内データ要素の表現

− RF タグのメモリ内データ要素の配置

注記 1  この規格の他の箇条で規定されているように,ISO/IEC 18000-63 タイプ C 及び ISO/IEC 

18000-3

モード 3 の RF タグを使用する。必要に応じて,この RF タグの特定の(メモリ)用

語を使用する。

注記 2 RTI に使用する RF タグでは,読取り及び書込みが可能な RF タグだけを使用する。これは,

RTI

(プール)所有者が,その RTI に固有かつ恒久的な UII を割り当てることができるように

するためである。

7.2 

システムデータ要素 

7.2.1 

一意の RTIRPI 識別 

適合する RF タグの最初のデータ要素は,

ISO/IEC 15459-5

で規定される一意の識別でなければならない。

ここで使用する一意の識別のデータ長及び性質は,この規格のデータ要素で定義する。ISO/IEC 18000-63

タイプ C に適合する RF タグでは,一意の識別データ要素はメモリアーキテクチャによって追加の要素(ユ

ーザデータ)から区別する。一意の識別データ要素は,UII メモリ(バンク 01)に格納し,追加のデータ

はユーザメモリ(バンク 11)に格納する。

リターナブル輸送器材の一意の識別データ要素は,データ識別子を含めずに,英数字で最大 35 文字の長

さにすることができる(an3+an..35)。受渡当事者間の相互合意がある場合には,この長さは 50 文字

(an3+an..50)まで拡張することができる。リターナブル包装器材の一意の識別データ要素は,データ識別

子を含めずに,英数字で最大 50 文字(an3+an..50)の長さにすることができる。

附属書 に符号化の詳細

を記載する。

7.2.2 

データの意味 

単に RTI 識別を符号化する場合の RF タグは,ISO/IEC 15961 に適合することが望ましい。このデータ

構造は

附属書 に示す。複雑なデータ構造又は比較的大きいデータセットを含む RF タグは,JIS X 0531

及びこの規格の

附属書 に適合するデータの意味を含むものとする。

7.2.3 

データ構文 

RTI

だけを識別するコードをもつ RF タグは,構文をもたないとみなされる。複雑なデータ構造又は大

きなデータセットを含む RF タグは,この規格の

附属書 に従わなければならない。

注記  複雑なデータ構造をもつ場合については JIS X 0533 に規定がある。

7.2.4 RF

タグの文字セット 

データ識別子を用いる RF タグは,

表 B.1 に示すように,次の文字セットの文字とスペースとを用いな

ければならない。0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, A, B,C, D, E, F, G, H, I, J, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, U, V, W, X, Y, Z,

[,  \, ], :, ;, <, =, >, ?, @, (, ), *, +, -, ., /, <GS>, <RS>, <FS>, <US>, <EOT>

7.3 RF

タグの構造 

7.3.1 RF

タグヘッダ 

RF

タグヘッダは,ISO/IEC で定義された AFI 又は EPC で定義されたアトリビュートビットを含まなけ


15

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

ればならない。リターナブル輸送器材に関する ISO/IEC 15961 の AFI は,この規格の

表 及び表 に示し

ているように,ビット 0x18∼0x1F が 0xA3 となる。ビット 0x17 が 1b に設定されている場合は,

(AFI を

含む)ISO 規格に対応していることを示している。又は,RF タグヘッダは,GS1 EPC TDS の記述に従っ

て,EPC ヘッダを格納することができる。ビット 0x17 が 0b に設定されている場合は,EPC 標準に対応し

ていることを示している。

注記 96 ビットの GRAI を表す RF タグには,EPC ヘッダ値として 0x33 が書き込まれている。

7.3.2 RF

タグメモリ 

図 は,RF タグメモリを図式化したものである。

メモリ バンク定義

2進表記

00

RESERVED

01

UII

10

TID

11

USER

USER

TID

UII

RESERVED


デ ー タバイト数インジケータ

[7 :0]

DSFID[7:0] プレカーソル[15:8]


TID

[15:0]

TID

[31:16]


XPCオプション_W2   [15:0]

XPCオプション_W1   [15:0]


UII

[15:0]


UII

[N:N-15]

PCビット格納

[15:0]

CRC-16格納

[15:0]


アクセスパスワード

[15:0]

アクセスパスワード [3 1:16]

無効化パスワード

[15:0]

無効化パスワード

[3 1:16]

メモリ バンク

• DSFID
• プ レカーソル, [OID],

デ ー タ長オブジェクト

<追加 アク セス方式,

センサ,バッテリ補助

• ISO/IEC 15961及び

ISO/IEC 15962参照

• MDID

(タグマスクデザイナ識別子)

• タグモデル番号
• シ リアル番号
• 恒久ロックとしてIC製造時に

焼付け又は書込み

UII (ISO又はEPC必須)

• PC (プ ロトコル制御)ビット,

UII デ ー タ長インジケータ

• UIIメ モ リのCRC 確認を含む

•全ての書込みのロック及び

無効化のパスワードを含む

メ モリ位置

詳しいメモリ位置を

左右に16進数で表記

2進表記

バンク

11

バンク

10

バンク

01

バンク

00

0x10

0x00

0x10

0x00

0x220

0x210

0x20

0x10

0x00

0x30

0x20

0x10

0x00

0x1F

0x0F

0x1F

0x0F

0x22F

0x21F

0x2F

0x1F

0x0F

0x3F

0x2F

0x1F

0x0F

上 位

下 位

上 位

下 位

上 位

下 位

上 位

下 位

注記  JIS X 0533 フォーマットヘッダのフォーマット識別番号“06”データ識別子を用いたデータとの互換性を保つ

ため,上の図のユーザメモリ構造(データバイト数インジケータ)は,ISO 1736x シリーズ固有の使用方法であ

る。

図 3−セグメント化メモリマップ 


16

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

7.3.3 RF

タグメモリバンク 

RF

タグメモリは,四つの個別のバンクに論理的に分かれている。各バンクは,一つ以上のメモリワード

から構成される。論理メモリマップは,

図 に示したとおりである。次に,各メモリバンクについて説明

する。

a) RESERVED

メモリ(MB00)

:RF タグ無効化パスワード及びアクセスパスワードを格納する。RF タグ

無効化パスワードは,メモリアドレス 0x00∼0x1F に格納する。アクセスパスワードは,メモリアド

レス 0x20∼0x3F に格納する。RF タグで無効化パスワード及び/又はアクセスパスワードを使用しな

い場合,値 0 のパスワードをもつ形となり,RESERVED メモリが存在する意味はない。

b) UII

メモリ(MB01)

:メモリアドレス 0x00∼0x0F に CRC-16,メモリアドレス 0x10∼0x1F に,プロト

コル制御(PC)ビット,メモリアドレス 0x20 以降に,RF タグが添付されている又は RF タグが今後

添付される物品を識別するコード(UII)を格納する。プロトコル制御(PC)ビットは,メモリ位置

0x10

∼0x14 の UII メモリ長さ表示,メモリ位置 0x15 の USER メモリ(MB11)の有無表示,メモリ位

置 0x16 の PC 拡張インジケータビット,メモリ位置 0x17 の ISO/EPC 識別ビット及びメモリ位置 0x18

∼0x1F の ISO における AFI/EPC アトリビュートビットに分割される。CRC-16,PC 及び UII では,

MSB

(最上位ビット)がはじめに格納される(CRC-16 の MSB はメモリ位置 0x00,PC の MSB はメ

モリ位置 0x10,UII の MSB はメモリ位置 0x20 となる。

c) TID

メモリ(MB10)

:メモリ位置 0x00∼0x07 に,8 ビットの ISO/IEC 15963 割当てクラス識別子を格

納する。TID メモリは,リーダライタが RF タグで対応しているカスタムコマンド及び/又はオプシ

ョン機能を一意に識別するために,0x07 より上位に十分な識別情報を格納する。

ISO/IEC 15963

割当てクラス識別子が 11100010b (0xE2)である EPC タグでは,この識別情報は,メ

モリ位置 0x08∼0x13 の 12 ビットのタグマスクデザイナ識別子(MDID)と,メモリ位置 0x14∼0x1F

の 12 ビットのタグモデル番号とで構成する。RF タグは,0x1F より上位の TID メモリ(MB10)に(タ

グシリアル番号などの)タグ固有データ及び IC 製造業者固有データを含むことがある。

ISO/IEC 18000-63

タイプ C に適合して動作し,ISO/IEC 15963 割当てクラス識別子が 11100000b

(0xE0)

である ISO/IEC 15459-5 に適合した RF タグでは,この識別情報は,メモリ位置 0x08∼0x0F の

8

ビットの IC 製造業者登録番号と,IC 製造業者がメモリ位置 0x10∼0x3F に割り当てる 48 ビットの

シリアル番号とで構成する。

ISO/IEC 18000-3

モード 3 に適合して動作し,

ISO/IEC 15963

割当てクラス識別子が 11100000b (0xE0)

である ISO/IEC 15459-5 に適合した RF タグでは,この識別情報は,メモリ位置 0x08〜0x0F の 8 ビッ

トの IC 製造業者登録番号と,IC 製造業者がメモリ位置 0x10〜0x3F に割り当てる 48 ビットのシリア

ル番号とで構成する。

ISO/IEC 18000-63

タイプ C 又は ISO/IEC18000-3 モード 3 に適合して動作し,ISO/IEC 15963 割当

てクラス識別子が 11100011b (0xE3)である ISO/IEC 15459-5 に適合した RF タグでは,

この識別情報は,

メモリ位置 0x08〜0x0F の 8 ビットの IC 製造業者登録番号,メモリ位置 0x10〜0x1F の ISO/IEC 15963

に従った 16 ビットの USER メモリ(MB11)及びサイズの定義並びに IC 製造業者がメモリ位置 0x20

∼0x4F に割り当てる 48 ビットのシリアル番号とで構成する。

ISO/IEC 18000-7

に適合して動作し,ISO/IEC 15963 割当てクラス識別子が 00010001b (0x11)である

ISO/IEC 15459-5

に適合した RF タグでは,この識別情報は,メモリ位置 0x08∼0x0F の 8 ビットのタ

グマスクデザイナ識別子と,メモリ位置 0x10∼0x2F の 32 ビットのタグシリアル番号とで構成する。

JIS X 6351-2

タイプ A に適合して動作し,ISO/IEC 15963 割当てクラス識別子が 11100000b (0xE0)


17

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

である ISO/IEC 15459-5 に適合した RF タグでは,この識別情報は,メモリ位置 0x08〜0x0F の 8 ビッ

トのタグ製造業者識別子と,メモリ位置 0x10〜0x3F の 48 ビットのタグシリアル番号とで構成する。

d) USER

メモリ(MB11)

:ユーザ固有のデータを格納できる。ISO/IEC 15961 及び ISO/IEC 15962 で規

定される格納フォーマットに,メモリ構成を定義している。MB11 の USER メモリにデータが存在す

る場合,PC ビット 0x15 を 1b とする。PC ビット 0x15 が 0b の場合は,MB11 に USER メモリがない

又は MB11 内にデータがないことを示す。USER メモリ(MB11)の詳しい情報は,

附属書 に記載し

ている。

注記  ユーザ固有データとは,JIS X 0531 で規定される識別子及びそのデータを意味する。ユーザ

が全く自由にデータ構造を決められるものではない。ユーザが固有に決定できるのは,DI の

選択だけである。

7.4 

プロトコル制御(PC)ビット 

PC

ビットの情報はインベントリコマンドの応答として UII と共に返信される。PC ビットは,UII メモリ

(MB01)のアドレス 0x10∼0x1F に格納され 16 ビットである。ビット値は,次のように定義されている。

−  ビット 0x10∼0x14:RF タグ返信(PC+UII)のワード単位のデータ長:

− 00000b:1 ワード[UII メモリ(MB01)のアドレス 0x10∼0x1F]

− 00001b:2 ワード[UII メモリ(MB01)のアドレス 0x10∼0x2F]

− 00010b:3 ワード[UII メモリ(MB01)のアドレス 0x10∼0x3F]

− 11111b:32 ワード[UII メモリ(MB01)のアドレス 0x10∼0x20F]

−  ビット 0x15:USER メモリ;USER メモリ(MB11)にデータのない RF タグ又は USER メモリのない

RF

タグは 0b に設定し,USER メモリにデータのある RF タグは 1b に設定する。

−  ビット 0x16:拡張 PC(XPC)ビットのない場合は 0b に設定し,PC ビットが追加の 16 ビットで拡張

されている場合は 1b に設定する。

注記 1 RF タグが XPC ビットを実装する場合,PC ビット 0x16 は XPC ビット内容の論理 OR とな

らなければならない。RF タグはこの論理 OR を計算し,その結果をパワーアップ時に PC

ビット 0x16 内にマップする。リーダライタはこのビットを選択することができ,RF タグ

はそれを返信する。

注記 2 XPC は UII メモリの 32 ワード目(0x210)に位置する。リーダライタが XPC ビットを選択

したい場合,リーダライタはこのメモリ位置をターゲットとするセレクトコマンドを発行

する。

注記 3  インベントリコマンドでは,XPC オプション情報は返信されない。

−  ビット 0x17:ビット 0x18∼0x1F で EPC アトリビュートビットとして使用する場合は 0b に設定し,

ISO/IEC 15961 AFI

として使用する場合は 1b に設定する。

−  ビット 0x18∼0x1F:デフォルト値が 00000000b の EPC アトリビュートビット。ISO 規格に従って RF

タグを符号化する場合は,ISO/IEC 15961 で定義される AFI となる。EPC アトリビュートビットの

MSB

は,メモリ位置 0x18 に格納される。ビット 0x1F は,GS1 EPC システム内で,RTI が有害物を含

んでいることの指標として用いる。

注記 4 GS1

EPC

TDS

において,ビット 0x1F の有害物品を示す部分も EPC アトリビュートビット

の一部と規定されている。

デフォルトの(プログラムされない)PC 値は,0x0000 である。

表 では,データ内容の概要を示す。


18

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

表 5−セグメント化メモリ−メモリバンク“01 

プロトコル制御(PC)ビット(0x10∼0x1F)

10 11 12 13 14  0/1

0/1

0/1  18

19

1A

1B

1C 1D 1E  1F

15 16 17

データ長インジケータ USER

メモリ

XPC

ビット

ISO/EPC

ISO

アプリケーションファミリ識別子(AFI)

データ長インジケータ USER

メモリ

XPC

ビット

ISO/EPC

EPC

アトリビュートビット

有害

物品

7.5 

データ要素 

7.5.1 

一意の RTIRPI 識別子 

全ての RTI 適合タグには UII-RTI(一意の RTI 識別子)が存在しなければならない。流通用途以外の RF

タグの一意の RTI 識別子は,ISO/IEC 15459-5 に適合させ,5.2.2 に従って使用しなければならない。流通

用途の RF タグの一意の RTI 識別子は,GS1 EPC TDS の GRAI-96 に適合させ,5.2.2 に従って使用しなけ

ればならない。

注記 1  GS1 EPC TDS 1.6 では,GRAI-96 だけではなく GRAI-170 も規定されておりこれも利用できる。

(RTI の識別と輸送の識別が必要な場合)一つの RF タグで一意の RTI 識別と輸送単位の一意の識別を

表す。

輸送単位の一意の識別については,ISO 17365 に詳述される。読み書き可能形の RF タグでは,追加デー

タに適切な ISO/IEC 15459-5 の一意の識別データが含まれなければならない。RF タグに書き込まれる必須

データは,RF タグの種類及び用途によって異なる。この規格の必須データ要素は,UII-RTI 識別データで

あるが,実用上,UII-RTI 及び UII-輸送単位識別子の両方が ISO/IEC 15961JIS X 0533 の構文,並びに JIS 

X 0531

及び ISO/IEC 15962 の意味論に従って符号化される。

UII-RTI

はパスワードを設定し,書き換え禁止にしなければならない。

注記 2  製品のライフサイクル管理に役立つデータ要素を,附属書 に示す。

7.5.2 

有害物品 

保管,輸送,又は使用に関して有害であるとして分類される物品用の RF タグには,その物品が有害で

あることを示すビットを含まなければならない。これに加えて RF タグ自体,規制及び法律によって,有

害の詳細な分類を要求されることがある。このビットを 1b に設定することによって,取扱者に添付される

化学物質安全性データシート(SDS)に注意を向けさせる。規制権限者によって別途認可されたデータの

提供を要求される場合を除き,この追加の分類は必須要件としてはならない。

特定の有害物コードには,適切なデータ識別子及び修飾子を含み,USER メモリ(MB11)に反映させな

ければならない。有害物の存在を EPC RTI で表す場合には,ISO/IEC 18000-63 タイプ C 及び ISO/IEC 

18000-3

モード 3 に定めるとおり,UII メモリ(MB01)バンクの 0x1F ビットを 1b とすることで示すこと

ができる。有害物の存在を ISO RTI で表す場合には,ISO/IEC 18000-63 タイプ C 及び ISO/IEC 18000-3 

ード 3 に定めるとおり,UII メモリ(MB01)バンクの 0x18∼0x1F ビットによる AFI を 0xA8 とすること

で示すことができる。

この規格は,該当する安全,規制上の表示又はラベル要件を無効にしたり,それらに代わるものではな

い。この規格は,多くの用途及び業界の最低限の RTI 識別要件を満たすことを意図している。このため,

この規格は幅広い業界にわたり適用可能であり,各業界はこの規格に対する特定の実施ガイドラインを定

めることができる。この規格は,その他の必須ラベル要件に加えて,適用する。


19

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

7.5.3 

オプションデータ 

RF

タグの種類及び容量によっては,

オプションデータを必要に応じて RF タグに書き込むことができる。

受渡当事者間の合意は必要ない。オプションデータは,RF タグ使用者の指示で,暗号化,その他の方法に

よってセキュリティ保護することができる。その他のユーザデータの意味は

附属書 に従う。その他のユ

ーザデータの構文は

附属書 に従う。JIS X 0515 は,JIS X 0531 のデータの意味及び JIS X 0533 の構文を

使用して,その他のデータ要素の特定の例を示している。

注記  暗号化を行うことは推奨しない。また,行う場合であっても,JIS X 0533 の構文を使用し,暗

号化が行える範囲は識別子に続くデータ部だけとなる。ヘッダ,DI,セパレータ,ターミネー

タなどは暗号化できない。

7.6 

トレーサビリティ 

一意性のある識別によって追跡が可能となる。トレーサビリティは,特定の個品を類似個品から区別す

ることができ,また,類似個品グループに関連付けすることができる。

シリアル化方式は,ISO/IEC 15459-5 に従わなければなければならない。

7.7 RTI

RPI

及び輸送単位の統合データ 

7.7.1 

概要 

RF

タグは,様々な形式のものが入手可能である。リードオンリー形(Real only)

,ワーム形(Write Once

Read Many, WORM

,読込み/書込み可能形(full read/write)がある。全ての RF タグは,ISO/IEC 15963

に従って IC 製造業者が書き込んだ TID をもっていて,書換えが禁止されていなければならない。リード

オンリー形又はワーム形 RF タグを使用する場合には,二つの RF タグを使用しなければならない。一方の

RF

タグは一意の輸送単位識別を表し,他方の RF タグは一意の RTI を表す。一意の輸送単位識別は,ISO 

17365

で詳述されているものでなければならない。

7.7.2 ISO

データ構造 

資産 ID(この規格)及び輸送 ID 又はライセンスプレート(ISO 17365)の両方を符号化するアプリケー

ション要件がある場合,一つ又は二つの RF タグで,このような一意の ID を符号化することができる。ISO

システムで二つの RF タグを使用する場合,各 RF タグはこれに固有の一意の AFI を含む。つまり,ライ

センスプレート(輸送識別)では“0xA2”

,RTI AFI では“0xA3”である。AFI の後には,JIS X 0531 で指

定されているようなそれぞれの ASC MH10 データ識別子(DI)が続く。RTI の場合には,この DI は“25B”

であり,RPI の場合には,この DI は“55B”である。輸送単位の場合には,この DI は適切な“J”データ

識別子である。

モノリシックメモリ構造をもつ単一の RF タグで両方のデータ構造を符号化する場合(例えば,JIS X 

6351-2

タイプ A)

,最初のデータ構造は DI の“25B”に続く UII-RTI として書換え禁止にしなければなら

ない。2 番目のデータ構造は DI の“J”に続き,RTI の輸送ごとに変化する UII-輸送単位とする。

セグメント化メモリ構造をもつ RF タグ(ISO/IEC 18000-63 タイプ C,ISO/IEC 18000-3 モード 3 など)

では,UII-RTI は UII メモリ(MB01)に書き込んで書換え禁止にしなければならない。UII-輸送単位(ISO 

17365

)は,DI の“J”に続き,任意の追加データ(適切な DI をもつもの)とともに,USER メモリ(MB01)

に書き込んで書換え禁止にしなければならない。複数のデータ構造を組み合わせる場合,データの構文は

JIS X 0533

に従う。ISO/IEC 18000-7 の RF タグに関しては,メモリのセグメント化は,その国際規格に記

載される。

7.7.3 GS1 

EPC

データ構造 

データベースに対して資産 ID(GRAI)及び別の一意の ID 両方を符号化するアプリケーション要件があ


20

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

る場合[輸送 ID 又は GS1 シリアル・シッピング・コンテナ・コード(SSCC)など]

,一つ又は二つの RF

タグで,このような複数の一意の ID を符号化することができる。EPC システムで二つの RF タグを使用す

る場合,各 RF タグは独自の一意のヘッダを含む。すなわち,96 ビットの SSCC では“31”

,GRAI では“33”

である。単一の RF タグで両方のデータ構造を符号化する場合,最初のデータ構造(96 ビット)は GRAI

としてロックし,2 番目のデータ構造(96 ビット)は RTI の輸送ごとに変化する SSCC とする。両方のデ

ータフィールドが固定長であるため,データ要素をセパレータで区切る必要はない。

GS1

は,会員企業に GS1 事業者コードを割り当てている(GS1 総合仕様書参照)

。SSCC は世界中で一

意のものとなるが,その荷物の原産地は特定できない。

7.8 

一意の RTI 又は RPI の識別 

一意の RTI 又は RPI の識別は,三つのデータ要素の連結によって確保することができる。これらのデー

タ要素は,発番機関コード(IAC)

(発番機関が規定した)企業コード及び ISO/IEC 15459-3 の規則を用

いて ISO/IEC 15459-5 に規定されている一意のシリアル番号である。

注記  一意のシリアル番号とは,企業が任意に指定した品番(種別番号)及びシリアル番号である。

RTI-RF

タグデータ形式では,ISO(AFI)又は EPC を示す 9 番目(

表 の 17 番目の位置)のビットに

加えて,RF タグの先行 8 ビットによって,一意の RTI 識別とその内容とを明確に区別する。

RTI

又は RPI を識別するデータ構造は書換え禁止とする。この情報は,所有者が変わった場合にだけ変

更する。モノリシックメモリ構造をもつ RF タグの場合,輸送単位を識別するデータ構造は一意の RTI 又

は RPI 識別番号に連結し,新しい輸送単位のために再書込み可能とする。

セグメント化メモリ構造をもつ RF タグでは,資産ライセンスプレートは個品ライセンスプレート専用

のメモリセグメント[UII メモリ(MB01)

]に格納する。輸送を識別するデータ構造は,追加データ専用

のメモリセグメント[USER メモリ(MB11)

]に格納し,再書込み可能とする。

データセキュリティ 

8.1 

機密性 

権限をもつユーザだけが RF タグの読取りを可能としたい場合,RF タグに書き込むデータをセキュリテ

ィで保護できるようにしなければならない。RF タグは設計又は構造上,セキュリティで保護されたデータ

の書込み及び読取りを妨げてはならない。この機能を使うことは,ユーザの自己判断による。

8.2 

データの完全性 

RF

タグは,データの変更又は消去を防止することができなければならない。これは,一般的にデータの

書換え禁止と呼ばれる。データの書換え禁止は,ユーザの自己判断によらなければならない。ただし,TID

(MB10)は例外で,これについては,製造業者がシリアル化し書換え禁止としなければならない。CRC-16

は,データの完全性を強化するために要求される。保管される CRC-16 の場所は,

図 のメモリマップに

従う。

8.3 

データ保持 

サプライチェーンの中で RTI は,

(包装)製品の販売時点で,

“kill コマンド”などによる RF タグの無効

化が決して生じないようにしなければならない。RF タグの無効化が生じないようにすることについての理

論的根拠は,RTI の所有権が消費者に変更されず,RTI のデータによって個人のプライバシが影響を受け

る可能性は非常に低いからである。

8.4 

リーダライタの認証 

RF

タグのデータ格納及び転送プロトコルでは,RF タグデータを読み取る場合にリーダライタの認証を


21

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

要求するために,ユーザが有効にするオプションを規定する。

8.5 

否認防止及び監査証跡 

RF

タグを用いたシステムでは,特定の操作が発生したという偽造できない証拠を提供するようにプログ

ラムしたときは,必ずその証拠となる情報を提供できなければならない。

ラベル形 RF タグを付けた物品の識別 

この規格に適合する RTI,RF タグ及びラベル形 RF タグのインレイには,1 以上の国際的に受け入れら

れた RFID エンブレムを含まなければならない。

図 に示す承認済みエンブレムは,ISO/IEC 29160 に規

定する RFID エンブレム及び EPC マークの例である。

注記 1  上記のエンブレムは,このアプリケーション規格では 860 MHz∼960 MHz エアインタフェースを

表す。その他のエアインタフェースの表示は ISO/IEC 29160 に示されている。

注記 2  これらの図形は,適切なサイズに拡大又は縮小することができ,白地に黒又は黒地に白のいずれ

も利用することができる。

図 4ISO 及び EPC RFID 適合エンブレム 

10 

可読情報 

10.1 

可読文字情報 

可読文字情報とは,情報の意味を含む RF タグ上の全てのデータの中から文字によって表現されたもの

である。可読文字情報を使用する場合,この箇条の別の細別箇条の規定に従って RTI の外面に配置する。

RF

タグ内に 2 進法で符号化し,格納している必須情報(UII)を用いる場合には,ISO/IEC TR 24729-1 

規定する 8 進法又は 16 進法に相当する数字で表現する。JIS X 0531 及び JIS X 0533 に従って符号化する

QR

コードモデル 2,データマトリックス ECC 200 又は PDF417 などの JIS 又は ISO 規格の二次元シンボ

ルは,RTI 上の RF タグの一次バックアップとみなすのがよい。可読文字情報で追加のバックアップとし

てもよい。

ISO/IEC TR 24729-1

に RF タグ内の全ての情報を二次元シンボル内に符号化する方法を示す。しかしな

がら,最も必要なことは,同じデータを二次元シンボルと RF タグ内に符号化して,媒体に関係なく,ホ

ストコンピュータが同じ情報を受け取れるようにすることである。これは,

附属書 に示す手段によって

達成される。

ISO

タグ又は EPC タグの可読文字は,ISO/IEC TR 24729-1 及び

附属書 に規定する符号化されたデー

タの大文字の英字及び数字による表現とする。

注記  直前の段落は原文では 10.2 に記載されているが,対応国際規格が誤っていると判断して 10.1

へ移動した。

規則又は法律によって要求される場合を除き,RTI RF タグ上のデータについての可読文字情報の表示は

任意である。


22

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

10.2 

可読文字の変換 

RF

タグ上のデータの可読文字は,全てのデータではなく,選択されたデータであり,情報の意味を含む

かどうかは任意である。可読文字の変換は,印字領域の制約又はプライバシ上の配慮から,可読文字情報

の使用が許されない場合に用いることが望ましい。

10.3 

データの項目名称 

データの項目名称の使用は,ANS MH 10.8.2 又は GS1 総合仕様書の規定に従う。

注記  例えば,AI が“00”の項目名称は SSCC である。

10.4 

バックアップ 

物品の使用時に,RF タグが何らかの理由のために読み取ることができなくなるか,誤読を生じるおそれ

がある場合,不可欠なデータについては,

“文字情報”又は“変換した可読文字”が,最初の読取りのバッ

クアップとしての役割を果たさなければならない。光学的読取媒体を用いる場合には,受渡当事者間で,

JIS X 0504

に規定するコード 128 などの一次元シンボル,ISO/IEC 16022 に規定するデータマトリックス

又は JIS X 0510 に規定する QR コードなどの二次元シンボルの使用に合意しなければならない。

光学的読取媒体を用いる場合には,

図 の左端に示す JIS 及び国際規格を用いる。

階層 5
輸送モードレベル
(輸送モード)

製品
包装

製品
包装

製品
包装

製品
包装

製品
包装

輸送
単位

輸送
単位

輸送
単位

リターナブル

輸送器材(

RTI

リターナブル

輸送器材(

RTI

コンテナ

20/40 フィート海上コンテナ及び マルチモーダルコンテナ

輸送モード

(トラック、船舶、鉄道、航空機)

RPI

RPI

構成要素,部品,資材,サブアセンブリ等

リターナブル包装器材(RPI

RPI

RPI

物品

物品

物品

物品

物品

物品

物品

物品

製品
包装

物品

物品

製品
包装

物品

物品

物品

物品

輸送
単位

製品
包装

物品

物品

階層4
貨物コンテナレベル
ISO 6346 (OCR)
(貨物コンテナ)

階層3
RTIレベル
JIS X 0515
GS1 総合仕様書 (GRAI)
(三次包装)

階層1
製品包装レベル
JIS X 0516
GS1 総合仕様書 (GTIN)
(二次包装)

階層0
物品レベル
ISO 28219
GS1 総合仕様書 (GTIN)
(一次包装)

階層2
輸送単位レベル
JIS X 0515
GS1 総合仕様書 (SSCC)
(三次包装)

図 5−バーコード及び二次元シンボルについてのサプライチェーン規格 

11 RF

タグの仕様 

11.1 

データプロトコル 

この規格のデータプロトコルは,

附属書 の要件に適合しなければならない。


23

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

11.2 

最低性能要件(交信範囲及び交信速度) 

RF

タグの性能は,ISO/IEC 18046-3 に従って測定しなければならない。最低性能要件は,RFID の機能

用途によって異なる。

表 に,256 ビットのタグデータ転送のためのパッシブ(受動形)タグの標準的な

性能要件を示す。これらの仕様は,RF タグの書込みにも適用する。RF タグへの書込みに比べて,RF タグ

の読取りの方が,長い距離を達成できる

1)

。リーダライタの性能は,ISO/IEC 18046-2 に従って測定するも

のとする。システムの性能は,ISO/IEC 18046-1 に従って測定しなければならない。

1)

規制による制限で,使用環境中に存在するリーダライタの数よりも少ないチャネルしか使えな

い場合,この性能は他のリーダライタに対する適切なシールドを施さなければ達成できない。

表 6RF タグの一般的な性能 

パラメタ 860

MHz

∼960 MHz

ISO/IEC 18000-63

タイプ C

13,56 MHz

ISO/IEC 18000-3

モード 3

<135 kHz

JIS X 6351-2

タイプ A

433,92 MHz

ISO/IEC 18000-7

最小読取り距離 m

3

0.7  0.7  30

読取り可能な物品移動速度

 km/h

16 16 0 16

最小同時有効読取り数

個/秒 200

a)

又は 500

b)

 200

1

1

a)

帯域幅 200 kHz の場合

b)

帯域幅 500 kHz の場合

11.3 

環境パラメタ 

動作環境は,場所によって大きく変動する。RFID に関連する各種環境要因の詳細は,ISO/IEC TR 18001

に示されている。次の一般的なパラメタ一式は,RTI の利用者団体から得られる意見を考慮する。

− RTI の RF タグは,−40  ℃〜+70  ℃の温度範囲で正常に機能しなければならない。また,−50  ℃〜

+85  ℃の,より過酷な条件にも規定時間の耐性をもたなければならない。

−  相対湿度が 95 %の動作環境

−  棚を含む倉庫構造

−  輸送モード

−  リーダライタ(アンテナ)に対する RF タグの移動速度及び方向

−  リーダライタ(アンテナ)に対する RF タグの方向(すなわち,一定方向に制御するか,ランダムか)

−  読取り距離

−  書込み距離(該当する場合)

−  モータ,蛍光灯及びその他の周波数帯を用いる機器からの電磁波障害

− RF タグを付ける物品の包装及び内容物の電磁特性

−  リーダライタのアンテナの形状及びサイズの制約並びに RF タグ付き物品のアンテナを無効化する要

−  サイズ,形状,耐圧性,温度,湿度,洗浄及び汚染物質[ほこり,油(自然食品,石油及び合成)

,酸

及びアルカリ]の面での形態要因の制約

−  耐性改善方法

−  熱,湿気及び衝撃に対するリーダライタの耐性

−  健康及び安全に関する規制

RTI

の動作パラメタは,RTI 内の(包装)製品の種類及び RTI が用いられるサプライチェーンの種類(法


24

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

人向けか一般消費者向けか及び/又は高付加価値か大量生産品か)によって大きく異なる。物理環境とデ

ータ処理とのそれぞれに関連する二つの主な分野に区別することができる。

パッシブ(受動形)RFID の性能(交信範囲及び交信速度)は,コンテナ,輸送単位又は(包装)製品

内に金属及び/又は液体があると低下することがある。干渉を低減するための適切なシールドを用いるこ

とができるものとする。

工程で連続して 200 タグ/秒を超える読取り速度が要求される場合,並列読取りを検討することが望ま

しい。

11.4 RF

タグの方向 

取扱い作業では,RTI 内の個々の(包装)製品の方向及び大きな RTI(ロールコンテナ,パレットなど)

内の個々の小さな RTI(木枠,箱など)の方向を予測することはできないと考えるのがよい。このため,

施設内の及び/又は配送中のリーダライタの効果的な使用が妨げられることがある。

11.5 

包装器材 

一次包装,小形の RTI 及び大形の RTI では,様々な資材(木材,金属,プラスチック,ガラス,紙,繊

維など)が利用される。さらに,ブランド表示及び法律で要求される情報を表示するために,符号化及び

識別のためのプレートなどの資材も追加で用いる。これらの資材は RFID 装置と干渉するおそれがある。

11.6 

衝撃負荷及び摩耗 

一般に,各種の RTI は,物理的取扱い中に様々な衝撃荷重を受ける。これによって,故意又は過失によ

って RF タグが損傷することがある。RF タグの配置及び挿入は,衝撃及び/又は清掃による損傷を最小限

にとどめる方法で行うことが望ましい。

11.7 RF

タグの寿命 

RTI

に添付する RF タグは,RTI の寿命を通じて継続的に使用する。

RTI

に添付する全ての RF タグは,例えば,プラスチックの種類に関する情報を保持することによって,

RTI

及び RF タグ自体のリサイクルを容易にするために用いることができる。この点に関して,サプライ

チェーンのデータ構造を損なわないことを条件として,再プログラミング後に RF タグを再使用すること

も可能である。実際に RF タグを使用するかは,RF タグのコスト及び再使用/リサイクルの環境への影響

によって異なる。

11.8 

システムの最低限の信頼性 

11.3

及び ISO/IEC 18046(全パート)の規定に従って RF タグを配置し,プログラムし,リーダライタに

提示するシステムは,99.99 %の以上の読取り信頼性(10 000 回の読取り当たり,不読回数が 1 回)及び

99.998 %

の読取り精度(100 000 回の読取り当たり,検出されない不正確な読取りが 2 回)を備えなければ

ならない。

11.9 

エアインタフェース 

この規格で推奨するエアインタフェース仕様は,ISO/IEC 18000-63 タイプ C である。受渡当事者間の合

意がある場合,JIS X 6351-2 タイプ A,ISO/IEC 18000-3 モード 3 の ASK エアインタフェース及び ISO/IEC 

18000-7

も使用することができる。ISO/IEC 18000-63 タイプ C に対応する RF タグは,ISO/IEC 18000-3 

ード 3 にも対応できることが推奨される。

注記  JIS X 6351-2 タイプ A 及び ISO/IEC 18000-7 は,EPC タグ又はデータ構造には対応しない。

11.10 

アプリケーションのメモリ要件 

RTI RF

タグのメモリ要件は,96 ビット,256 ビット,256 ビット超えの三つの基本区分に分類される。

産業分野の調査結果から,RF タグ IC 製造業者に対し,2 キロビット及び 4 キロビットのメモリ容量製品


25

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

が推奨されている。この規格に別途指定がない限り,アプリケーションからのメモリ要件によって,それ

ぞれの形式又は RF タグデータ構造の最低及び必須データ要素を変更してはならない。

11.11 

センサインタフェース(該当する場合) 

センサ及びバッテリ一体形 RF タグに対する操作又は管理の手段が,この規格で要求されている RF タグ

の動作を妨げることがあってはならない。

センサを取り付けた RTI RF タグは,有線又は無線インタフェースに対する ISO/IEC/IEEE 21451-7 に適

合しなければならない。

RF

タグ/アクセスポイントとセンサとの間の無線インタフェースには,ISO/IEC/IEEE 8802-15-4 及び

IEEE 1451.5

の 2.45 GHz O-QPSK オプションを使用しなければならない。

11.12 

リアルタイムクロックのオプション 

センサが取り付けられ,アプリケーションによってタイムスタンプが要求される場合は,RTI RF タグに

リアルタイムクロックを搭載するものとする。協定世界時(UTC: Coordinated Universal Time)に対する時

間の精度は,1 日当たり±5 秒間の誤差を超えないものとする。時間表示は UTC(“Z”−Zulu)とし,JIS X 

0301

の記述に従った形式,すなわち,yyyy-mm-ddThh:ssZ,例えば,2012-01-01T14:55Z とする。時間表示

の際には,文字“T”が“dd”と“hh”との間の区切り文字の役割を果たす。

11.13 

安全性及び規制事項 

この規格に適合している全ての RF タグ,リーダライタ及びアンテナは,使用する国の安全性及び規制

の要件を満たさなければならない。バッテリ補助式パッシブ形 RF タグの使用も,爆発物又は可燃性ガス

の近く又は周辺が危険な環境においては制限される。ただし,これらの装置が,適切な機関によって安全

であることが証明されている場合は,この限りではない。

11.14 RF

タグの再利用性 

全ての RF タグは,理論的にも技術的にも再利用可能である。RTI の一意の識別特性,RF タグの恒久的

な取付けの性質,RF タグ自体が低コストなことを理由に,小売商品及び日用品に関する RTI レベルの RF

タグは一般に再利用されていない。

高価値で重要な役割を担う個品には,より高機能な RF タグ(読み書き機能,大容量のメモリ及び場合

によってはセンサ付き)を使用することができ,そのコストによって再利用するべきである。再利用する

RF

タグには,識別,再生及び返却を行うことができるように,適切な可読文字又はロゴを明確に表示しな

ければならない。再利用に先立って,再利用可能な RF タグは,データの完全性に関してヘッダをチェッ

クし,ユーザメモリを消去するものとする。

注記  ここでいうヘッダとは UII と TID とを指す。

12 RF

タグの取付場所及び表示 

RF

タグの取付場所及び表示に関するガイドラインは,ISO/IEC TR 24729-1 にある。

RF

タグの取付場所及び表示は,RTI 及び RTI に積まれている商品に対して,

(ゲートで)全方向からの

読取り及び一括読取りを同時に実行することを可能にするものでなければならない。損傷を最小限にする

ために,RF タグの取付場所は RTI の外側の奥まった場所又は RTI の内側でなければならない。

12.1 RF

タグを取り付け又は挿入する材料 

RTI

内の金属,又はその他の反射性材料,液体及びその他の吸収性材料が,無線信号に対する妨害を最

小限にするような設計をしなければならない。


26

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

12.2 

包装の形状及び RF タグの環境 

製品,製品包装及び RTI は無線信号に対する妨害をできるだけ抑えられる方法で RTI の中に配置されな

ければならない。これは RTI 及びその中に含まれる商品の両方に関わるものである(ISO/IEC TR 24729-1

参照)

12.3 

作業環境 

RTI

の寿命内で,RTI タグに損傷を与えずに,RTI タグを複数回洗浄できるようにする。RTI 及び/又は

RF

タグに損傷を与えずに,RTI を屋外で保管できるようにする。これには,雨,ほこり,紫外線,その他

の気候条件にさらされることが含まれる。

13 

リーダライタの要件 

13.1 

安全性及び規制上考慮する事項 

全ての RF タグ及びリーダライタは,IEEE C95.1 及び ICNIRP Guidelines に従わなければならない。

この規格に適合している全ての RF タグ,リーダライタ及びアンテナは,使用する国の安全及び規制要

件を満たさなければならない。パッシブ形及びセミパッシブ形(バッテリ補助)RF タグの使用は,爆発物

又は可燃性ガスの近く又は周辺が危険な環境においては制限される。ただし,これらの装置が,適切な機

関によって安全であることが証明されている場合は,この限りではない。

13.2 

データのプライバシ 

13.2.1 

集積データ 

集積データのセキュリティは,集積者の責任とする。データ集積者及びデータ格納オペレータは,個人

情報の収集,格納及び配布に関する全ての個人プライバシの規制及び規則に従わなければならない。RF

タグの読取りによって,又はそれに付随して収集された個人情報には,他の手段によって収集される個人

情報と同じ保護及びセキュリティを付与しなければならない。

13.2.2 

特定企業専用データ 

企業の専用データは事前に特定しなければならない。また,RTI RF タグから企業専用データの収集の制

限を希望する企業は,適切な形式のデータセキュリティを使用する。RF タグデータのセキュリティ/保護

は侵害されるおそれがあるため,秘密,機密又は専用データを格納するための RTI RF タグの使用は制限

するべきである。

14 

相互運用性,互換性,及び他の RF システムヘの不干渉 

RF

タグ,リーダライタを含む全ての RFID システムは,同じ周波数帯で動作しているその他の全ての無

線システムに干渉しないという厳格な基準に基づいて動作しなければならない。この規格に適合する RF

タグ,リーダライタを含む全ての RFID システムは,特定の周波数で相互運用性及び互換性を確保しなけ

ればならない。

注記 RFID システムは,まず使用する国の電波法への適合が優先される。


27

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

附属書 A

(参考)

リターナブル包装器材

A.1 

概要 

基本概念として,所有権の考え方の違いがある。リターナブル器材の場合には元の所有権が保たれるの

に対し,再利用可能及びリサイクル可能器材の場合には所有権が当事者間で移転される。

図 A.1 に,この

違いを説明する器材のライフサイクルを示す。

返却

(

再利用

)

再利用

リサイクル

再利用

(

返却

)

廃棄物

顧客

小売店

製造業者

再生原料

リターナブル
輸送器材

輸送単位

包装器材

商品

(

物品

製品

)

リサイクル工場

輸送器材

リサイクル

包装器材

リターナブル
包装器材

包装器材

包装器材

製品包装

別のRPIの付加

注記  上記の図は,対応国際規格に対し,理解を容易にするために RTI 及び RPI の実物例を追加している。

図 A.1−“リターナブル”,“再利用可能”及び“リサイクル可能”器材のライフサイクル 

A.2 

リサイクル可能な器材 

リサイクル可能器材の場合には,器材の所有権は器材の売却時に移転する。一般的に使用するリサイク

ル可能器材はプラスチックボトルなどであり,プラスチックボトルはリサイクル施設で処分し,新しいプ

ラスチックボトルの一部としてリサイクルする。

A.2.1 

識別 

個々のリサイクル可能器材(製品)についての一意の識別については,ISO/IEC 15459-4 で規定されて

いる。


28

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

A.3 

再利用可能な器材 

再利用可能な器材の場合には,器材の所有権は商品の売渡時に移転される。管轄する地域によっては,

購入時に再利用可能な容器を返却するための奨励策が定められている。例えば,器材を購入した場所に器

材を返却したときに回収することのできる保証金(デポジット)である。

一般的に使用する再利用が可能な器材は,硬質プラスチック製のボトルなどであり,これは,その構成

部品が再利用可能か(洗浄して再充塡できるかどうか)

,又はリサイクルして新しいボトルの“製造”に使

用することができるかどうかによって,ユーザがリユース(ボトルを洗浄した後に再充塡する。

)したり,

リサイクル施設で処理することができる。

A.3.1 

識別 

個々の再利用可能器材(製品)についての一意の識別については,ISO/IEC 15459-4 で規定されている。

A.4 

リターナブル器材 

リターナブル器材の場合には,器材が顧客に渡った場合にも,器材の所有権は器材を提供する当事者に

ある。供給者は,その資産が一旦,その元来の目的を果たした時点で,顧客がその資産を返却するという

ことを期待して,その資産の所有権をもち続ける。

リターナブル器材の一般的な使用用途は,

商品の輸送であり,

輸送品及び運搬者が変わる場合があるが,

リターナブル器材の所有権は変わらない。

A.4.1 

識別 

リターナブル器材についての一意の識別については,ISO/IEC 15459-5 で規定されている。

A.5 

リターナブル輸送器材及びリターナブル包装器材 

A.5.1 

パーティション 

パレット及び通い箱には,輸送及び荷役過程で生じ得る損傷から積載物品を保護するための衝撃吸収材

を備えているものがある。効果的な方法の一つは,仕切り又は仕分け板を用いて,内容物を適切な幾つか

のグループに分けて,多数のパーティションを単一のパレット又は通い箱に設置することができるように

することである。パレット又は通い箱用のこの種の附属品は,

“仕切り”と呼ばれる。この典型例は,ポス

トパレットとともに用いられる角当てタイプの仕切りである。このグループには,角当て間に内容物を設

置又は配置するために使用する包装器材,又は通い箱の内部を幾つかのより小さな区域に分けるための包

装器材も含まれる。

A.5.2 

角当て 

図 A.2 に,包装器材又は通い箱をパレット上にしっかりと固定するために通常使用する角当てを示す。

これらの角当ての大半は,プラスチック又は金属のような耐久性の高い物質でできている。


29

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

図 A.2−角当て 

A.5.3 

こん(梱)包器材 

輸送中に生じ得る衝撃又は振動から物品を保護するため,又はこれらの物品が置かれているパレット又

は通い箱が,これらの物品に接触又は衝突しないように保護するために何らかの種類のこん包器材を提供

することがある。これらのこん包器材の大半は,プラスチック,ウレタン及び発泡スチロールのような高

弾性の柔軟な物質でできている。この規格は,これらの種類のこん包器材に適用するものである(

図 A.3

及び

図 A.4 参照)。

図 A.3−こん包器材 

図 A.4−こん包器材 


30

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

A.5.4 

識別 

この規格は,全てのリターナブル輸送器材を一つのセット(RTI セット)として管理する場合と,各リ

ターナブル輸送器材を個別に管理する場合とで,それぞれの識別管理パターンを設けている。受渡当事者

間での相互の合意によって,いずれの管理パターンを使用するかを定めなければならない。

A.5.4.1 

リターナブル輸送器材セットとして管理されるリターナブル輸送器材 

輸送単位の構成品として使用されるリターナブル輸送器材(例えば,パレット,通い箱,緩衝材など)

を管理するためには,輸送単位内に含まれている全ての RTI 及び RPI を表すリターナブル輸送器材セット

[RTI(セット)

]のための一意の識別情報を採用し,各 RTI の識別情報をそのリターナブル輸送器材セッ

トの構成品として関連付けることが望ましい。輸送単位に製品と同こん(梱)された RTI を管理する場合

には,リターナブル輸送器材セットはそれぞれの輸送単位の構成品として識別されることが望ましい。

A.5.4.1.1 

セットとして管理するリターナブル輸送器材(例 1 

図 A.5 において,ベースパレット,成形プラスチック層及び角当てが実際の RTI である。この例におい

て,リターナブル輸送器材セットは,全てのリターナブル輸送器材を代表するものであり,一意の識別番

号“25BUN043325711O000001”をもつことができる。パレット,4 本の角当て及び 6 枚のプラスチック層

は,RTI だけの管理又は製品を伴う RTI の管理としての次に示す二つのパターンの階層図内(

図 A.6 及び

図 A.7)に記述されている一意の識別番号をもつことができる。

図 A.5−セットとして管理するリターナブル輸送器材(例 1 

A.5.4.1.1.1 

例 のリターナブル輸送器材セットの識別番号 

図 A.6−例 のリターナブル輸送器材セットの識別番号 


31

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

A.5.4.1.1.2 

例 の出荷製品を伴うリターナブル輸送器材セットの識別番号 

図 A.7−例 の出荷製品を伴うリターナブル輸送器材セットの識別番号 

A.5.4.1.2 

セットとして管理するリターナブル輸送器材(例 2 

図 A.8 において,ベースパレット,シートパレット,通い箱,箱の蓋,包装器材が実際の RTI である。

この例において,リターナブル輸送器材セットは,リターナブル輸送器材の全てを表すものであり,一意

の識別番号“25BUN043325711O000001”をもつ。ベースパレット,シートパレット,通い箱,箱の蓋及び

包装器材は,RTI だけとしての管理又は製品を伴う RTI としての管理の次に示す二つのパターンの階層図

図 A.9 及び図 A.10)に記載されている一意の識別番号をもつ。

図 A.8−セットとして管理するリターナブル輸送器材(例 2 


32

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

A.5.4.1.2.1 

例 のリターナブル輸送器材セットの識別番号 

図 A.9−例 のリターナブル輸送器材セットの識別番号 

A.5.4.1.2.2 

例 の出荷製品を伴うリターナブル輸送器材セットの識別番号 

図 A.10−例 の出荷製品を伴うリターナブル輸送器材セットの識別番号 

A.5.4.2 

個別に管理するリターナブル輸送器材 

RTI

間に階層構造をもたせずに輸送単位内に含まれる全ての RTI を管理する場合には,全ての RTI,RPI

(パレット,通い箱,緩衝材など)は個別に扱われる。

輸送単位及び製品と同こんされた RTI を管理する場合には,全ての RTI,RPI は輸送単位の直接の構成

品として表現され,製品と同じ階層に記載される。

A.5.4.2.1 

個別に管理するリターナブル輸送器材(例 3 

図 A.11 において,ベースパレット,成形プラスチック層及び角当てが実際の RTI,RPI である。この例

において,パレット,4 本の角当て及び 6 個のプラスチック層は,RTI,RPI だけの管理又は製品を伴う RTI,


33

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

RPI

の管理で分けられる,次に示す二つのパターンの階層図内(

図 A.12 及び図 A.13)に記述されている

一意の識別番号をもつことができる場合がある。

図 A.11−個別に管理するリターナブル輸送器材(例 3 

A.5.4.2.1.1 

例 のリターナブル輸送器材の識別番号 

図 A.12−例 のリターナブル輸送器材の識別番号 

A.5.4.2.1.2 

例 の出荷製品を伴うリターナブル輸送器材の識別番号 

図 A.13−例 の出荷製品を伴うリターナブル輸送器材の識別番号 

A.5.4.2.2 

個別に管理するリターナブル輸送器材(例 4 

図 A.14 において,ベースパレット,シートパレット,通い箱,箱の蓋及び包装器材が実際の RTI,RPI

である。この例において,ベースパレット,シートパレット,通い箱,箱の蓋及び包装器材は,RTI,RPI

だけの管理,又は製品を伴う RTI,RPI の管理で分けられる,次に示す二つのパターンの階層図(

図 A.15

及び

図 A.16)に記述されている一意の識別番号をもつことができる。


34

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

図 A.14−個別に管理するリターナブル輸送器材(例 4 

A.5.4.2.2.1 

例 のリターナブル輸送器材の識別番号 

図 A.15−例 のリターナブル輸送器材の識別番号 


35

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

A.5.4.2.2.2 

例 の出荷製品を伴うリターナブル輸送器材の識別番号 

図 A.16−例 の出荷製品を伴うリターナブル輸送器材の識別番号 

A.5.4.3 

個別に管理するリターナブル輸送器材の識別 

RTI

(パレット)及び RPI(パレット,通い箱,緩衝材など)間に階層構造をもたせずに輸送単位内に含

まれるリターナブル輸送器材を管理するためには,ユーザは,個別の識別番号を個別に認識するプログラ

ムを採用することが望ましい。

輸送単位及び製品と同こんされたものとして RTI を管理する場合には,全ての RTI は,輸送単位それぞ

れの構成品として表現され,製品と同じ階層内に記載される。

図 A.11 においては,ベースパレットが実際の RTI であり,成形プラスチック層及び角当てが RPI であ

る。RPI それぞれを個体識別している場合には,構成品となっている RPI とリターナブル輸送器材セット

との関連付けを行うことが重要となることがある。この例では,RTI は,

“25BUN043325711R000001”の

一意の識別番号をもつことができる。4 本の角当ては,次のような RPI データ識別子“55B”を用いた一意

の識別番号をもつことができる。

“55BUN043325711P000001”

“55BUN043325711P000002”

“55BUN043325711P000003”

“55BUN043325711P000004”

また,6 層のプラスチック層は,次のようなそれぞれ一意の識別番号をもつことができる。

“55BUN043325711L000001”

“55BUN043325711L000002”

“55BUN043325711L000003”

“55BUN043325711L000004”

“55BUN043325711L000005”

“55BUN043325711L000006”


36

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

A.5.4.4 

リターナブル輸送器材セットの構成品の表記法 

(私の親は…である)

構成品となる RPI をリターナブル輸送器材セットと関連付けるための一つの可能性は,

“ある構成品の

リターナブル輸送器材セットは…である”と宣言するデータ識別子“1F”を使用することによるものであ

る。A.5.4.3 における 3 番目のプラスチック層は,次のように符号化される。

55BUN043325711L000003<GS>1F25BUN043325711R000001

その他の層の器材及び角当ても,同様に符号化される。

A.5.4.5 

リターナブル輸送器材セットとして管理する場合の親 RTI の表記法 

(私には___人の子供がおり,彼らの名前は…である)

もう一つの可能性は,

“あるリターナブル輸送器材セットは___個の構成品を含み,それらの識別番号は

…である”と宣言するデータ識別子“5F”を用いて単に親 RTI と関連付けられている RPI を識別するもの

である。同じ例において,ベースパレットは次のように符号化される。

25BUN043325711R000001<GS>5F10<GS>55BUN043325711L000001<GS>55BUN043325711L000002<GS>5

5BUN043325711L000003<GS>55BUN043325711L000004<GS>55BUN043325711L000005<GS>55BUN0433257

11L000006<GS>55BUN043325711P000001<GS>55BUN043325711P000002<GS>55BUN043325711P000003<G

S>55BUN043325711P000004

A.5.4.6 

リターナブル輸送器材セットとして管理する場合の親 RTI の表記法 

(私には___人の子供がある)

もう一つの可能性は,

“___個の構成品がある”と宣言するデータ識別子“3F”を用いて単にリターナブ

ル輸送器材セットと関連付けられている RPI の数を識別する。

この場合,ベースパレットは次のように符号化される。

25BUN043325711O000001<GS>3F10

また,これらの三つの関連付けデータ識別子は,組み合わせて使用することができる。


37

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

附属書 B

(規定)

符号化

この規格では,ISO/IEC 18000-63 タイプ C 及び ISO/IEC 18000-3 モード 3 の RF タグ用に,次の三つの

可能な符号化形式を推奨している。

−  メモリバンク“01”内の一意の個体識別子(UII)とメモリバンク“11”内のユーザメモリのいずれか

又は双方のための EPC GS1 準拠形式。タイプ C 及びモード 3 の RF タグのセグメント化を,

図 B.1 

示す。EPC の符号化は,GS1 EPC TDS 1.6 を参照のこと。

−  ISO/IEC 15962 を用いた構造。

−  この附属書中の次の部分に記載しているように,JIS X 0533 のメッセージ全体をユニットとして符号

化し,ディレクトリなしで,ISO/IEC 15962 に定義されている 6 ビットの符号化を行う単純化された

構造。

B.1 

基本原則 

これらの符号化形式は,

図 B.2 に示しているようにメモリバンク“01”のビット 0x17 から 0x1F までの

内容によって,また,メモリバンク“11”のビット 0x00 から 0x1F までの内容によって,それぞれを明確

に区別することができる。

JIS X 0533

の作成時点では,この規格は,RFID を含む全ての AIDC(自動認識及びデータ取得技術)メ

ディアをサポートすることを意図していた。RFID の発達により,一連の規格,すなわち,ISO/IEC 15961

及び ISO/IEC 15962 で完全に異なった符号化方式セットが開発された。


38

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

メモリ バンク定義

2進表記

00

RESERVED

01

UII

10

TID

11

USER

USER

TID

UII

RESERVED


デ ー タバイト数インジケータ

[7 :0]

DSFID[7:0] プレカーソル[15:8]


TID

[15:0]

TID

[31:16]


XPCオプション_W2   [15:0]

XPCオプション_W1   [15:0]


UII

[15:0]


UII

[N:N-15]

PCビット格納

[15:0]

CRC-16格納

[15:0]


アクセスパスワード

[15:0]

アクセスパスワード [3 1:16]

無効化パスワード

[15:0]

無効化パスワード

[3 1:16]

メモリ バンク

• DSFID
• プ レカーソル, [OID],

デ ー タ長オブジェクト

<追加 アク セス方式,

センサ,バッテリ補助

• ISO/IEC 15961及び

ISO/IEC 15962参照

• MDID

(タグマスクデザイナ識別子)

• タグモデル番号
• シ リアル番号
• 恒久ロックとしてIC製造時に

焼付け又は書込み

UII (ISO又はEPC必須)

• PC (プ ロトコル制御)ビット,

UII デ ー タ長インジケータ

• UIIメ モ リのCRC 確認を含む

•全ての書込みのロック及び

無効化のパスワードを含む

メ モリ位置

詳しいメモリ位置を

左右に16進数で表記

2進表記

バンク

11

バンク

10

バンク

01

バンク

00

0x10

0x00

0x10

0x00

0x220

0x210

0x20

0x10

0x00

0x30

0x20

0x10

0x00

0x1F

0x0F

0x1F

0x0F

0x22F

0x21F

0x2F

0x1F

0x0F

0x3F

0x2F

0x1F

0x0F

上 位

下 位

上 位

下 位

上 位

下 位

上 位

下 位

図 B.1ISO/IEC 18000-63 タイプ CISO/IEC 18000-3 モード の論理メモリ構造 

MB01

及び MB11 における単純化された符号化形式の主要な概念は,

表 B.1 に示されている 6 ビット符

号化を使用する。


39

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

表 B.1ビット符号化 

Space 

100000b

110000b

000000b

010000b

<EOT> 

100001b

110001b

000001b

010001b

<Reserved> 

100010b

110010b

000010b

010010b

<FS> 

100011b

110011b

000011b

010011b

<US> 

100100b

110100b

000100b

010100b

<Reserved> 

100101b

110101b

000101b

010101b

<Reserved> 

100110b

110110b

000110b

010110b

<Reserved> 

100111b

110111b

000111b

010111b

101000b

111000b

001000b

011000b

101001b

111001b

001001b

011001b

101010b

111010b

001010b

011010b

101011b

111011b

001011b

011011b

101100b

111100b

001100b

011100b

101101b

111101b

001101b

011101b

101110b

111110b

001110b

<GS> 

011110b

101111b

111111b

001111b

<RS> 

011111b

注記  上記の表 B.1 に示すものは,網掛けの値を除き,JIS X 0201 の 8 ビット ASCII 文字セットから

二つの高位ビットを単に取り除くことによって生成された 6 ビット符号化である。網掛けの値

は,JIS X 0533 エンベロープを使用する際にビット数を最低限にするために,規定に従って再

割当てされたものである。

表 B.1 内の“予備<Reserved>”値は,定義された値及び機能を反映するこの規格が改正されるまでは使

用してはならない。一例として,この符号化規則を用いることについての GS1 の決定又は ECI 符号化に対

する要請が挙げられる。さらに,これらの一つ以上の文字列は,複合において異なる挙動を示す可能性が

ある。これら予備<Reserved>値は,この規格では使用されないが,この規格によって定められた目的以外

には使用するべきではない。


40

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

注記 1 USER メモリ(MB11)インジケータ(UMI) 
注記 2 XPC インジケータ(XPI) 
注記 3 0

=

バイナリフラグ,1 = ISO AFI フラグ

注記 4  ISO の AFI,EPC の TDS(Tag Data Standard)定義指定 
注記 5  ISO の AFI,EPC の有害物フラグ 
注記 6  上の図は,ISO/IEC 18000-63 タイプ C 及び ISO/IEC 18000-3 モード 3 のメモリ構造である。

図 B.2UII メモリ(MB01)バンクのタイプ 及びモード でのメモリ構造 

B.2 

メモリバンク“01”の一意の個品識別子の符号化 

ビット 0x17 は,ISO 形式と EPC 形式とを区別するためのビットである。ビット 0x17 を 0b に設定する

と,UII 符号化は,1.6 版以降の GS1 EPC TDS に従ったものとなる。ビット 0x17 を 1b に設定すると,UII

符号化は,ISO/IEC 15961 のアプリケーションファミリ識別子(AFI)の基礎となる ISO/IEC 15459 規格群

に従ったものとなる。ISO 1736x 規格群の国際規格のために定められた特別な AFI を

表 B.2 に示す。

表 B.21736x のアプリケーションファミリ識別子(AFI 

AFI 

割当て 

0xA1

ISO 17367

  製品タグ付け

0xA2

ISO 17365

  輸送ユニット

0xA3

この規格[ISO 17364 リターナブル輸送器材(RTI)及びリターナブル包装器材(RPI)

0xA4

ISO 17367

  製品タグ付け(有害物質を含む場合)

0xA5

ISO 17366

  製品包装

0xA6

ISO 17366

  製品包装(有害物質を含む場合)

0xA7

ISO 17365

  RFID のサプライチェーン適用−輸送ユニット(有害物質を含む場合)

0xA8

この規格[ISO 17364 リターナブル輸送器材(RTI)及びリターナブル包装器材(RPI)

(有害物質を含む。

0xA9

ISO 17363

  貨物コンテナ

0xAA

ISO 17363

  貨物コンテナ(有害物質を含む場合)

説明のために,製品の符号化を示す。輸送単位も,AFI と DI とを除き,同様に符号化される。一意の個

品識別を提供するデータを符号化する一次元シンボルは,データ識別子(DI)

,発番機関コード(IAC)

企業コード(CIN)及びシリアル番号(SN)で構成する。このような一意の個品識別用一次元シンボルで

あるコード 128 では,

図 B.3 に示すように表される。


41

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

− DI

=

25S

−  IAC = UN (DUNS)

− CIN

=

043325711

−  SN = MH8031200000000001

図 B.3−コード 128 の符号化“25SUN043325711MH8031200000000001” 

RFID

用の構造に AFI を付加することによって,次のようになる。

−  AFI = 0xA1

− DI

=

25S

−  IAC = UN (DUNS)

− CIN

=

043325711

−  SN = MH8031200000000001

上記で定めた符号化を用い,発番機関コード(IAC)に DUNS を用いて完成したデータ構造を検討する

と,製品の符号化の際に,このデータ構造は,25SUN043325711MH8031200000000001 となり,MB01 内で

次のように表される(

表 B.3)。

表 B.3ビット符号化を用いた AFI 及び UII (DUNS)の MB01 構造 

AFI 

0xA1 

2 5 S U N 0 4 3 3 2 5 7 1 

1010

0001b

110010b 110101b 010011b 010101b

001110b

110000b

110100b

110011b

110011b

110010b 110101b 110111b

110001b

1 M H 8 0 3 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 

110001b 001101b 001000b 111000b 110000b 110011b 110001b

110010b

110000b

110000b

110000b

110000b

110000b 110000b 110000b

110000b

0 0 1  

110000b

110000b

110001b

           

また,上記で定めた符号化を用い,発番機関コード(IAC)に ODETTE を用いたデータ構造は,製品の

符号化の際には MB01 は次のような構造となる。

−  AFI = 0xA1

− DI

=

25S

−  IAC = OD (ODETTE)

−  CIN = CIN1

− SN

=

0000000RTIA1B2C3DOSN12345

(この例は,RTI の種別とシリアル番号とで構成する。

MB01

の構造は,

表 B.4 に示すとおりとなる。


42

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

表 B.4ビット符号化を用いた AFI 及び UII (ODETTE)の MB01 構造 

AFI 

0xA1 

2 5 S O D C I N 1 0 0 0 0 

1010

0001b

110010b 110101b 010011b 001111b

000100b

000011b

001001b

001110b

110001b

110000b 110000b 110000b

110000b

0  0  0 R T I A 1 B 2 C 3 D O S N 

110000b 110000b 110000b 010010b 010100b 001001b 000001b

110001b

000010b

110010b

000011b

110011b

000100b 001111b 010011b

001110b

1 2 3 4 5  

110001b 110010b 110011b 110100b 110101b

このいずれの場合でも,AFI をメッセージから除くと,リーダライタの出力は一次元シンボルの場合と

同じになる。

B.3 USER

メモリ(MB11)バンクの符号化 

USER

メモリ(MB11)内にデータが存在することを示すためには,UII メモリ(MB01)のビット 0x15

を 1b に設定する。また,販売店が UII メモリ(MB01)を読み取り,消費者が USER メモリ(MB11)を

読み取る場合などに,ユーザによっては,UII メモリ(MB01)へ EPC フォーマットでデータを格納し,

USER

メモリ(MB11)へ ISO(DI)フォーマットでデータを格納することがあるため,UII メモリ(MB01)

内の AFI で,

USER

メモリ

(MB11)

の形式を宣言することはできない。

さらに,

ここで定める構造と,

ISO/IEC 

15962

で定められている構造との間で混乱が生じないようにする方が望ましい。したがって,USER メモ

リ(MB11)は,そのアクセス方式と形式とを宣言しなければならない。

B.3.1 DSFID 

データの符号化は,アクセス方式及びデータ形式を符号化する DSFID(データ記憶形式識別子)で開始

される。JIS X 0533 の符号化をそのまま使用する場合には,DSFID は“0x03”である。DSFID がどのよう

に配列されるかについては,

図 B.4 を参照。

B.3.1.1 

プレカーソル 

データ符号化では,DSFID の後にプレカーソルが続き,このプレカーソルは,拡張ビット(0 ビット目)

圧縮タイプ(1∼3 ビット目)及び JIS X 0533 のフォーマット情報(4∼7 ビット目)の符号化を行う。ISO/TC 

122

のアプリケーションのプレカーソルは 0100 0110b,すなわち 0x46 だけである(すなわち,センサ又は

バッテリ補助がない場合の拡張ビットは 0 であり,圧縮タイプは 4 : 100b,これは,この附属書で定めら

れている特殊な 6 ビットテーブルが使用されていることを示しており,JIS X 0533 のフォーマット情報は

06 : 0110b

である。

。プレカーソルがどのように配列されるかについては,

図 B.4 を参照。

B.3.1.2 

データバイト数インジケータ 

幾つかのエアインタフェースプロトコルは,送信ごとに送られるバイト数を変化させることによって,

ノイズの多い環境での最適化を可能としている。したがって,最初に,データを含む RF タグメモリ内の

バイト数を知ることが有益である。多くの JIS X 0533 の DI データ符号化アプリケーションでは,データ

を符号化するために必要なバイト数は 127 未満であり,したがって,1 バイトで処理される。より大きな

メッセージの場合には,ISO/IEC 15962 の D.2 のように,2 バイト用いられ,1 バイト目は 1b で始まり,2

バイト目は 0b で始まる。バイト数は,残りの 14 ビットで符号化される(

例:200 バイトは,10000001

01001000b

と符号化され,

各先頭ビットを除いた残り 14 ビットを連結すると 00000011001000b = 0xC8 = 200

となる。

例えば,メッセージが 6 ビット文字 51 個の場合,このメッセージは 39 バイトで符号化される(すなわ


43

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

ち,最後の文字の最終ビットが 39 番目のバイト内に位置し,この場合,パディングが必要なビットが 6

個存在する。

。したがって,データバイト数インジケータは 0x27 である。データバイト数インジケータが

どのように配列されるかについては,

図 B.4 を参照。

注記 1  アクセス方法(ISO/IEC 15962 の表 に記載) 
注記 1A 原文は“表 7”と記載されているが,誤りであるため“表 8”と訂正。 
注記 2  拡張構文:ビットを 1 にすることで DSFID のバイト数を追加(この例では 0) 
注記 3  データフォーマット 03(JIS X 0533) 
注記 4  拡張ビット:この例では指定していない。 
注記 5  ビット圧縮(6 ビットテーブルを示す) 
注記 6  フォーマット情報[専用 DI 0x6(JIS X 0533 のフォーマット情報)] 
注記 7  データバイト数インジケータスイッチ(バイト数インジケータの最終バイトを示す 0b に設定) 
注記 8  データバイト数インジケータのビット数(データ長により可変) 
注記 9  メモリアドレス(0x00,0x07,0x08,0x0F,0x10 及び 0x17) 
注記 10  図 B.4 はバッテリ補助及びセンサがない場合となる。

図 B.4ISO/IEC 18000-63 タイプ 及び ISO/IEC 18000-3 モード  

USER

メモリ(MB11)の先頭 24 ビットのメモリ構造 

B.4 

符号化及び復号 

B.4.1 

符号化プロセス 

1.

まず始めに,JIS X 0533 DI メッセージから,先頭“[) > <RS> 06 <GS>”及び最終“<RS> <EOT>”を

削除する。

2.

表 B.1 を用いて,全てのデータ文字をそのコード値に変換する。

3.

複数の“06”フォーマット情報を符号化する場合(例えば,複雑な部品のサブアセンブリを記述する

ために同じデータ形式の複数の“レコード”を含むメッセージを表すなど)には,新しい“レコード”

を示すそれぞれの内部 JIS X 0533 配列“<RS> 06 <GS>”を節減して,単一の<RS>文字(

表 B.1 によ

って,011111b と符号化される。

)にする。

4.

最後の符号化されたデータ文字の後に,<EOT>パターンを符号化する。

5. 6

ビット文字をビットとして配置し,これらを 8 ビットバイトにまとめる。

6.

最後のバイトに符号化されていないビットがある場合には,これを埋めるために,パディングビット

として,<EOT>文字の最初の 2 ビット又は 4 ビット(すなわち,10b 又は 1000b)又は<EOT>文字の

全体(すなわち,6 ビット文字セットの 100001b)を追加する。

7. <EOT>

文字の最後のビットを含むバイト番号を定め,10 進数を 2 進数に変換し,データバイト数イン

ジケータとして符号化する。

8.

メモリ内に,DSFID,プレカーソル,データバイト数インジケータ,データ,<EOT>及びパディング


44

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

ビット(存在する場合)を符号化する。

注記  単一の RF タグ内で符号化を許されるのは一つの JIS X 0533 メッセージだけであるため,最後

のデータバイトの後に終端パターンとしてゼロバイトを符号化する必要はない。

B.4.2 

復号プロセス 

1. DSFID

及びプレカーソルを調べ,これらが 0x03 0x46 であることを確認する。

2.

次の 8 ビットを処理し,10 進数に変換して,データを含むバイト数を定める。

3.

次のビットから始めて,その後のビットを 6 ビットコードテーブルから文字ビットセットにまとめ,

データを含むバイト数の解読が終わるまで続ける。

4.

表 B.1 に基づいてデータ文字を割り当て,最後の<EOT>文字(ビットパディングされた文字の場合も

ある。

)を削除する。

5.

直後に“06”及び<GS>文字が続かない符号化されたあらゆる<RS>文字については,<RS>を拡張して

“<RS> 06 <GS>”にする。

6.

送信の先頭に“[) > <RS> 06 <GS>”を,最後に“<RS> <EOT>”を追加する。

7.

JIS X 0533

メッセージの全体を送信する。オプションとして,受信側では,単一のデータオブジェク

トとして JIS X 0533 メッセージを OID 形式でラップすることができる。このオプションを用いる場合

には,メッセージの完全な OID は{1 0 15434 06}である。

注記 OID(Object Identifier):オブジェクト識別子については,ISO/IEC 15961-1 を参照のこと。

B.5 

符号化及び復号の例 

B.5.1 JIS 

0533

データからアクセスメソッド データ形式 への符号化の手順 

ISO/IEC 15962

のアクセスメソッド 0 データ形式 3 を用いて符号化するために JIS X 0533 形式で一般的

な DI インプットメッセージを作成するためには,次の手順を実施する。

−  インプットメッセージが,有効な JIS X 0533 の DI メッセージであることを確認する。

−  アクセスメソッド 0 及びデータ形式 3 を示す DSFID を符号化する。

−  先頭のメッセージエンベロープ文字“[) > <RS> 06 <GS>”及び最後の“<RS> <EOT>”を削除する。

表 B.1 に基づいて,データを 6 ビットコード語に符号化する。

−  一つの<EOT>文字を追加する。

−  必要に応じ,最後のデータバイトを埋めるために,パディングビットとして,<EOT>文字の最初の 2

ビット又は 4 ビット(すなわち,10b 又は 1000b)又は<EOT>文字の全体(すなわち,6 ビット文字セ

ットの 100001b)を追加する。

−  メモリ内に,DSFID,プレカーソル,データバイト数インジケータ,データ,<EOT>及びパディング

を符号化する。

B.5.2 

アクセスメソッド データ形式 から JIS X 0533 データへの復号の手順 

システムは,DSFID バイトを読み取ることによって,この情報を JIS X 0533 の 6 ビット DI データであ

るとみなす。

−  システムは,最初に,DSFID,プレカーソル及びデータバイト数インジケータを削除する。

−  パディングビット及び符号化された<EOT>文字を削除して符号化されたバイトを解析し,6 ビットコ

ードにし,次に,

表 B.1 に基づいてデータ文字を割り当てる。

−  システムは,送信の先頭に“[) > <RS> 06 <GS>”を,最後に“<RS> <EOT>”を追加する。

−  システムは,JIS X 0533 メッセージの全体を送信する。


45

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

−  オプションとして,受信側は,単一のデータオブジェクトとして,JIS X 0533 メッセージの全体を OID

形式でラップすることができる。

B.5.3 

データの符号化と復号の例 

次の例は,JIS X 0533 の DI データを,<EOT>が必須条件であるアプリケーションで符号化するもので

ある。

開始データ:

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001<GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT>

上記のメッセージの RF タグ上のデータは,次のようなものである(DI を太字フォントで示している。

25SUN043325711MH8031200000000001 <GS> 1T110780 <GS> Q21 <GS> 4LUS <EOT>

ここにおいて:

UII = 25SUN043325711MH8031200000000001

LOT = 1T110780

QTY = Q21

CoO = 4LUS

データからビットへの変換:

51

個の 6 ビット文字は(50 個+ <EOT>)

,39 バイトに変換される。バイトの配置のために最後の 6 個の

ビットを埋める必要があるため,この場合には,1 個の<EOT>文字全体を符号化する(

表 B.5 参照)。

表 B.5ISO/IEC 18000-63 タイプ 及び ISO/IEC 18000-3 モード  

メモリバンク“11”の先頭 16 ビットのメモリ構造 

DSFID

=0x03 

プレ

カーソル

=0x46 

データ

バイト数

=0x27

2 5 S U N 0 4 3 3 2 5 

00000011b  01000110b  00100111b  110010b  110101b 010011b 010101b 001110b 110000b 110100b 110011b  110011b  110010b  110101b

1  M H 8 0 3 1 2 0 0 0 0 

110111b

110001b

110001b  001101b  001000b 111000b 110000b 110011b 110001b 110010b 110000b  110000b  110000b  110000b

0  0 0 0 1 

<GS>

1 T 1 1 0 7 

110000b

110000b

110000b  110000b  110000b 110000b 110001b 011110b 110001b 010100b 110001b  110001b  110000b  110111b

0  <GS>

Q 2  1 

<GS>

4 L U S 

<EOT>

pad 

111000b

110000b

011110b  010001b  110010b 110001b 011110b 110100b 001100b 010101b 010011b  100001b  100001b

B.5.3.1 RF

タグメモリの完全な内容 

DSFID

JIS X 0533 プレカーソル,39 バイトのデータ(<EOT>を含む 51 個の 6 ビット文字を圧縮)及

び 6 個のパティングビットを含み,アクセスメソッド 0 形式 3 の符号化を用いると,最終的な 16 進法での

RF

タグの符号化は,次のようなものとなる:

03 46 27 CB 54 D5 3B 0D 33 CF 2D 77 C7 13 48 E3 0C F1 CB 0C 30 C3 0C 30 C3 0C 31 7B 15 31 C7 0D F8

C1 E4 72 C5 ED 0C 55 38 61

B.5.3.2 

送信されるデータ 

ヘッダ文字及び“<RS> <EOT>”が,メッセージ中に再び挿入される。次のデータ文字列が,リーダラ

イタから送信される。

[)>< RS> 06<GS> 25SUN043325711MH8031200000000001<GS> 1T110780 <GS> Q21 <GS> 4LUS <RS>

<EOT>


46

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

B.5.3.3 

結論 

“DI だけの直接 6 ビット符号化”アプローチを用いると,ISO/IEC 18000-63 タイプ C 又は ISO/IEC 

18000-3

モード 3 の RF タグの MB01 の符号化は,

図 B.3(一次元シンボル)と同じアウトプットとなる。

“DI だけの直接 6 ビット符号化”

アプローチを用いると,

ISO/IEC 18000-63

タイプ C 又は ISO/IEC 18000-3

モード 3 の RF タグの MB11 の符号化は,次に示す

図 B.5(二次元シンボル:QR コード)又は図 B.6(二

次元シンボル:データマトリックス)と同じアウトプットとなる。この方法には,データの符号化プロセ

スを単純化するという利点もある。二次元シンボルで符号化された場合も,アウトプットは同じ結果とな

る。

図 B.5MB11 の内容を符号化した QR コード

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001<GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT> 

図 B.6MB11 の内容を符号化するデータマトリックス

[)><RS>06<GS>25SUN043325711MH8031200000000001<GS>1T110780<GS>Q21<GS>4LUS<RS><EOT> 


47

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

附属書 C 
(参考)

製品のライフサイクル管理に役立つデータ要素の表

表 C.1−製品のライフサイクル管理に役立つデータ要素 

名称

分類

項目

説明

バイト

TID TID

TID

タグ識別番号

ISO/IEC 15963

(32 ビット)

UII UII

EPC

(SGTIN)

(96 ビット)

製造業者による製

品識別子

ISO/IEC 15459-4

データ識別子(DI)

シリアライズされた製品番号(“25S”) 3+50

発番機関コード(IAC)

製造業者コード

製品コード

例:CF-L2M8WAXS

シリアル番号

例:3AKSB01019

ユーザ

メモリ

製造業者用内部コ

ード

30

危険物

危険物フラグ

危険物フラグ 1

製品変更経歴

製品の経歴識別子 5

保守用データ

(このデータは保

守担当が利用者の
事業所又は家庭で

使用するためのも

の。

保守契約日

保 守 会 社 と 利 用 者 と の 間 の 保 守 契 約 期 日

(YYMMDD)

6

部品交換フラグ

部分の幾つかが新しい部分と交換されたこと

を示すフラグ

1

消耗品フラグ

消耗品フラグ 1

消耗品交換日

消耗品の使用開始日(YYMMDD) 6

使用期間

消耗品の使用可能時間 1

リサイクル用デー

(このデータは,
リサイクル時,又

は再販時に使われ

る。

リサイクル申込み日

リサイクル申込用紙が作成された日付(使用者

がリサイクル製品をリサイクル会社又は運送

会社に送る日付)YYMMDD

6

リサイクル券番号

リサイクル製品を個々に識別するための番号 11

製品分類

製品分類フラグ

(分類例:デスクトップ PC,ラップトップ)
このフラグはリサイクル処理を行う前に荒仕

分けするため

2

製造日

製造日 YYYYMMDD 8

耐用年数

製造日からの耐用年数(使用可能期間) 2

再販日

製品の再販日付(YYMMDD) 
製造業者の保証対象外

6

再販者

再販業者の識別子 10

合計 155 バイト


48

Z 0664

:2015 (ISO 17364:2013)

参考文献

[1]  JIS X 0201

  7 ビット及び 8 ビットの情報交換用符号化文字集合

注記  対応国際規格:ISO/IEC 646,Information technology−ISO 7-bit coded character set for information

interchange

(MOD)

[2]  JIS X 0304:2011

  国名コード

注記  対応国際規格:ISO 3166-1,Codes for the representation of names of countries and their subdivisions

−Part 1: Country codes(IDT)

[3]  ISO/IEC/IEEE 8802 (all parts)

,Information technology−Telecommunications and information exchange

between systems

−Local and metropolitan area networks−Specific requirements

[4]  JIS X 0532-1:2003

  情報技術−固有の輸送単位識別子−パート 1:総論

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15459-1,Information technology−Unique identifiers−Part 1: Unique

identifiers for transport units

(IDT)

[5]  JIS X 0532-2:2003

  情報技術−固有の輸送単位識別子−パート 2:登録手順

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15459-2,Information technology−Unique identifiers−Part 2: Registration

procedures

(IDT)

[6]  ISO/IEC 15459-4

,Information technology−Unique identifiers−Part 4: Individual items

[7]  ISO/IEC 18000 (all parts)

,Information technology−Radio frequency identification for item management

[8]  ISO/IEC TR 18001

, Information technology− Radio frequency identification for item management −

Application requirements profiles

[9]  ISO 18185 (all parts)

,Freight containers−Electronic seals

[10] ISO/IEC TR 24729-2

,Information technology−Radio frequency identification for item management−

Implementation guidelines

−Part 2: Recycling and RFID tags

[11]  AIM Global Standard for the use of the AIM RFID Emblem and index to identify RFID-enabled labels

[12] EIA 802

,Product Marking Standard

[13] EPC

TM

, Radio-Frequency Identity Protocols Class-1 Generation-2 UHF RFID Protocol for Communications at

860 MHz

−960 MHz, Version 1.0.9

[14] EPC, Tag Notification Brand Guidelines