>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 Z

0607

-1995

シートパレット

Sheet pallets

1.

適用範囲  この規格は,物品をユニットロードにまとめ,主としてプッシュプル装置付きフォークリ

フトトラックによって荷役し,輸送・保管するためのシートパレット(以下,シートという。

)について規

定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS D 6201

  フォークリフトトラック用語

JIS K 7113

  プラスチックの引張試験方法

JIS P 8113

  紙及び板紙の引張強さ試験方法

JIS Z 0106

  パレット用語

2.

この規格の中で  {  }  を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考として併記したものである。

2.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS D 6201 の規定及び JIS Z 0106 の規定によるほ

か,次による(

図 参照)。

(1)

最大積載質量  パレットの使用時に積載できる最大の質量。

(2)

積載面  物品を積載する面。

(3)

長さと幅  積載面の長い辺を長さといい,短い辺を幅という。

(4)

タブ  プッシュプル装置による荷役を容易にするために設けられたシートの部分。

(5)

けい線  タブを折り曲げやすくするために,積載面とタブの境目に施した折り目。

3.

各部の名称  シートの各部の名称は,図 のとおりとする。


2

Z 0607-1995

図 1  各部の名称

備考  形状は一例を示す。

4.

形式,種類,最大積載質量及び大きさ

4.1

形式  シートの形式は,表 のとおりとする(参考図 参照)。

表 1  形式

形式

備考

1

タブが 1 辺にあるもの

2A

タブが互いに隣接する 2 辺にあるもの

2B

タブが相対する 2 辺にあるもの

3

タブが 3 辺にあるもの

4

タブが 4 辺にあるもの

参考図 1

形式

1

2A

2B

3

4

4.2

種類及び記号  シートの種類及び記号は,表 のとおりとする。


3

Z 0607-1995

表 2  種類及び記号

種類

記号

備考

段ボールシート C

段ボールを主な使用材料としたもの

ソリッドファイバーボードシート F ソリッドファイバーボードを主な使用材料としたもの

プラスチックシート P

プラスチックを主な使用材料としたもの

4.3

最大積載質量  シートの最大積載質量は,0.5t,1t,1.5t 及び 2t とする。

4.4

大きさ  シートの大きさは,積載面の長さ×幅 (mm) によって表し,次のとおりとする。

(1)

基本サイズ  シートの基本サイズは,表 のとおりとする。

表 3  基本サイズ

単位 mm

長さ

備考

1 100

800

1 100

900

1 100

1 100

1 300

1 100

1 400

1 100

1

辺を 1 100 とするもの

1 200

800

1 200

1 000

1

辺を 1 200 とするもの

(2)

ラージサイズ  シートの基本サイズにそれぞれ 40mm 又は 50mm を加えたものとする。

(3)

シートの長さ及び幅の寸法許容差は,±5mm とする。

5.

強度  シートの強度については,けい線部を積載面に対して 90°上又は下方向へ曲げた後,積載面と

水平,かつ,けい線部に直角な方向に引張荷重を加えて試験を行う。

プラスチックシートの試験方法は,JIS K 7113 の規定による。段ボールシート及びソリッドファイバー

ボードシートの試験方法は,JIS P 8113 の規定によって行い,それぞれのけい線部の引張強さは,

表 

とおりとする。

表 4  けい線部の引張強さ

最大積載質量 t

引張強さ N/mm {kgf/mm}

 0.5

7.355 {0.75 }

以上

1

14.71

{1.5 }

以上

 1.5

22.065  {2.25 }

以上

2

29.420

{3

}

以上

6.

構成  シートの構成は,次による。

(1)

シートは,積載面とタブをもち,タブ幅は原則として 75mm とし,最小 60mm とする。

(2)

シートには,けい線を付け,けい線部分は,容易に裂けないものとする。

(3)

シートには,使用上有害な反り,きずなどがあってはならない。

(4)

シートの厚さは最小 0.6mm とし,使用上障害にならない程度の剛性をもつものとする。

(5)

タブは,必要に応じて,

図 のようなコーナカットを施すものとする。

(6)

シートの切断面及び角には,必要に応じて面取りを施すものとする。


4

Z 0607-1995

図 2  コーナカット

7.

使用材料  シートに使用する材料は,再生資源として利用できるものとし,段ボール,ソリッドファ

イバーボード及びプラスチックを主とし,それらの組合せのものでもよい。

8.

検査  シートの検査は,大きさ,強度,構成,使用材料について行い,4.7.の規定に適合しなければ

ならない。

9.

製品の呼び方  製品の呼び方は,名称又は規格番号,形式,種類又は記号,最大積載質量,大きさ及

びタブ幅による。

1

シートパレット  1段ボールシートパレット  1t (1100+75)  ×1100

2

JIS Z 0607 2B P 1t (75

+1140+75)  ×1140

10.

表示  シートには,上面の見やすい箇所に容易に消えない方法で次の事項を表示する。

(1)

形式,種類,最大積載質量,大きさ及びタブ幅又はそれらの記号

(2)

製造業者名又はその略号

(3)

製造年月又はその略号


5

Z 0607-1995

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

高  森  秀  夫

株式会社日通総合研究所

上  野      裕

通商産業省生活産業局

山  村  修  蔵

通商産業省工業技術院標準部

三  宅      巌

農林水産省食糧庁

加  山  英  男

財団法人日本規格協会

岩  橋  俊  彦

社団法人日本産業車両協会

森  口  武  俊

全国農業協同組合連合会

小田嶋  秋  雄

東京青果株式会社

雨  宮  康  夫

全国通運株式会社

北  原  靖  史

富士フイルム株式会社

小  林  孝  司

コープケミカル株式会社

大  鮫  久  夫

神鋼電機株式会社

星  野  健  史

日石シートパレットシステム株式会社

関  根  昭  義

日本紙業株式会社

橋  本  真  一

旭化成商事サービス株式会社

横  田      博

王子製袋株式会社

斉  藤  秀  人

昭和電工株式会社

樽  谷  恵  蔵

樽谷包装産業株式会社

福  本  博  二

社団法人日本パレット協会

(事務局)

菊  池  榮  一

社団法人日本パレット協会

原案作成分科会  構成表

氏名

所属

(分科会長)

星  野  健  史

日石シートパレットシステム株式会社

関  根  昭  義

日本紙業株式会社

横  田      博

王子製袋株式会社

斉  藤  秀  人

昭和電工株式会社

樽  谷  恵  蔵

樽谷包装産業株式会社

橋  本  真  一

旭化成商事サービス株式会社

佐々木      毅

丸紅プラックス株式会社

大  鮫  久  夫

神綱電機株式会社

福  本  博  二

財団法人日本パレット協会

(事務局)

菊  池  榮  一

財団法人日本パレット協会