>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

Z 0212 : 1998

  解説

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS Z 0212 : 1998

  包装貨物及び容器−圧縮試験方法 ISO 12048 : 1994

包装−包装貨物試験方法−圧縮試験を使う圧縮及
び積重ね試験

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  圧 縮 試 験 機

を 使 用 す る
包 装 貨 物 及

び 容 器 の 圧
縮試験

ISO 12048 

○ 圧 縮 試 験 機

を 使 用 す る
包 装 貨 物 の

圧縮試験

ADP JIS

には,包

装 貨 物 の ほ
か に 空 容 器

の 試 験 を 規
定している。

JIS

は,従来から段ボール

箱など空容 器の圧 縮試験
に利用されている。

(2)

装置

○  試 験 機 の 能

力を規定。

同上

○ JIS と同等

(3)

供試品

○  記号表示,個

数,包装状態
を規定。

同上

○ 個数,包装状

態を規定。

ADP

国 際 規 格 で
は,空箱は対
象 と し て い

ない。

JIS

は,段ボール箱などの

圧縮強度を 求める 試験法
として,空箱の試験を規定

している。

(4)

前処置

○  JIS Z 0203 

よる。

同上

○ ISO 2233 

よる。

(5)

試験方法

○  方法 A(包装

貨物の試験)

及 び 方 法 B
(空箱)の試
験を規定。

積 重 ね 荷 重
試験は,

附属

書(規定)に
規定。

同上

○ 包 装 貨 物 の

圧 縮 試 験 及

び 積 重 ね 荷
重 試 験 を 規
定。

= 積 量 ね 荷 重

試 験 用 の 試

験機は,日本
で は 普 及 し
ておらず,試

験 法 の 規 定

附属書(規

定)としてい

る。

積量ね荷重 試験用 の試験
機の普及を待ち,本体に組

み入れる予定。

(6)

試験報告

○  試 験 報 告 の

記 載 事 項 を

規定。

同上

○ JIS と同等。 = 表 現 の 差 異

は 若 干 あ る

が,基本的に
は 整 合 し て
いる。

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格との技術的内容が同等であることを示す。

“ADP”は,JIS

は国際規格を技術的内容の変更なしで採用しているが,JIS として必要な規定内容を追加していることを

示す。