>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

Z 0205 : 1998

  解説

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS Z 0205 : 1998

  包装−水平衝撃試験方法

ISO 2244 : 1985

包装−包装貨物−水平衝撃試験(水平又は傾斜板試
験:振子試験)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  包 装 貨 物 の

水 平 衝 撃 試
験(水平面試

験,傾斜面試
験 及 び 振 子
試 験 ) を 規

定。

ISO 2244 

○ JIS と同等

= 国 際 規 格 に

整合

(2)

装置

○  衝突面,傾斜

面試験機,水
平 面 試 験 機
及 び 振 子 試

験 装 置 の 条
件を規定。

同上

○ JIS と同時

ADP JIS

には,傾

斜 衝 撃 試 験
機 の 滑 走 車
引上げ設備,

自 動 け ん 引
装 置 及 び 滑
走 車 の 車 輪

直 径 を 規 定
している。

追加した内容は,一般的に

我が国で行 われて いる試
験内容を想 定した もので
あるが,参考的な部分もあ

り,次回改正時には削除す
る。

(3)

供試品

○  記号表示,個

数 , 包 装 状
態,前処置を

規定。

同上

○ 包装状態,前

処置を規定。

ADP JIS

には,記

号表示,個数
を 規 定 し て

いる。

同上

(4)

試験方法

○  ・衝突速度及

び回数

・供試品の姿

・傾斜面試験

の手順

・水平面試験

の手順

・振子試験の

手 順 を 規
定。

同上

○ ・供試品の姿

・傾斜面試験

の手順

・水平面試験

の手順

・振子試験の

手 順 を 規

定。

ADP JIS

には,衝

突 速 度 及 び

回 数 を 規 定
している(試
験 の 目 的 に

よ っ て 定 め
る と い う 規
定)

同上

(5)

試験報告

○  記 載 事 項 を

規定。

同上

○ JIS と同等

= 表 現 の 差 異

は 若 干 あ る

が,基本的に
は 整 合 し て
いる。

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格との技術的内容が同等であることを示す。

“ADP”は,JIS

は国際規格を技術的内容の変更なしで採用しているが,JIS として必要な規定内容を追加していることを
示す。