>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 0107

:2014

(1) 

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  分類 

1

3

  用語及び定義  

1


Z 0107

:2014

(2) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本梱包工業組合

連合会(Jpa)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正す

べきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS Z 0107:1974 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


   

日本工業規格

JIS

 Z

0107

:2014

木箱用語

Glossary of terms used in wooden box for packing

序文 

この規格は,1974 年に制定され,その後 1 回の改正を経て今日に至っている。制定後,合板箱の追加な

ど木箱の材料の変化は著しく,また,輸送方法の多様化によって木箱の形態も変化してきており,現状の

木箱に合うようにするため改正を行った。

適用範囲 

この規格は,木箱,枠組箱及び関連するこん(梱)包形態に用いる主な用語について規定する。

分類 

用語の分類は,次による。

a) 

一般 

b) 

材料及びその関係 

c) 

設計 

d) 

組立及び構造 

用語及び定義 

用語及び定義は,次による。

なお,参考として対応英語を示す。

注記  用語の読みが紛らわしいものについては,用語の下に括弧書きで読みを示す。

a) 

一般 

番号

用語

定義

対応英語(参考)

101 

木箱 

木箱の包装用箱形容器全般の総称。普通木箱及び腰下付木箱をい
う(JIS Z 1402 参照)

wooden box

102 

普通木箱 

200 kg

以下の物品の包装に用いる木箱(JIS Z 1402 参照)

注記  図 参照

normal wooden box

103 

腰下 

(こしした) 

腰下付木箱,枠組箱などの底部の総称。平行な滑材 2 本以上をヘ

ッダ及び床材によって組み立てたもの。 
注記  図 参照

skid base

104 

腰下付木箱 

1 500 kg

以下の物品の包装に用いる腰下構造を付けた木箱(JIS Z 

1402

参照)

注記  図 参照

skidded wooden box


2

Z 0107

:2014

   

番号

用語

定義

対応英語(参考)

105 

腰下盤 

滑材とそれを結ぶ材とによって組み立てたもの。この上に物品を
固定し荷役,輸送の便を図るために用いる。

skid assemblies

106 

桟付き合板箱 

合板を用い,桟で補強し組み立てた箱(JIS Z 1406 参照)

cleated plywood box

107 

すかし箱 

外面を透かしてある箱。 crate,

open crate

108 

枠組箱 

枠組部材を用いて組み立てた箱。一般に内容品質量 0.5 t 以上,60 t

以下の包装に用いる(JIS Z 1403 参照)

注記  図 参照

wooden framed box,

framed box,

sheathed crate

図 1−普通木箱の名称[IA形(胴桟付き)の構造] 


3

Z 0107

:2014

図 2−腰下付木箱の名称[II形(腰下付木箱)] 


4

Z 0107

:2014

   

図 3−枠組箱の名称[1A(密閉板張り・釘付け)の構造] 


5

Z 0107

:2014

b) 

材料及びその関係 

番号

用語

定義

対応英語(参考)

201 

合くぎ 

板の接合に用いる,両端をとがらせたくぎ。

dowel

202 

アイボルト 

丸棒の一端をリング状にしたボルト。箱の適切部に取り付けて内

容品をつり上げたり,引っ張ったり,また,貨物のロープ及びフ
ックを掛けやすくするために用いる。

eye bolt

203 

当て材 

パレット包装などで,荷崩れ防止又は損傷防止のため,包装の角

などに用いる材料。

protector

204 

生節 

(いきぶし) 

節の繊維と周囲の材の繊維とが連続している節。 live

knot

205 

 

製材の断面の厚さに対する幅の比が 1 に対して 4 以上のもの。 board

206 

板目 

板の広い面で年輪(木理)が山形又は曲線になるもの。

cross grain

207 LVL 

単板の繊維方向を全て平行にして積層,接着したもの。 laminated

veneer

lumber

208 

押さえ材 

製品を腰下に固定する場合,垂直方向の移動を防止するために用

いる材料(JIS Z 1403 参照)

bracing,

covering block

209 

帯鋼 

(おびこう) 

木箱,内容品の補強又は固定などに用いる帯状の鋼。 
注記  図 参照

steel strapping

210 

かい木 

(かいぎ) 

製品を高さ方向に固定するために左右から支える木材(JIS Z 

1403

参照)

blocking,

support,

spacers

211 

角材 

製材の断面が正方形又は正方形に近い材。 square

timber

212 

滑材保護金具 

滑材を保護するための,ワイヤ受け金具。 sling

protector

213 

かすがい 

二つの材木などをつなぎとめるために打ち込むコの字形の接合
材。

clamp

214 

かど金 

木箱を補強するために使用する L 形の金具。

edge protector,

closure plate

215 

含水率 

木材の全乾質量に対する含有水分の質量を百分率で表したもの。 moisture

content


6

Z 0107

:2014

   

番号

用語

定義

対応英語(参考)

216 

木節 

枝が幹に巻き込まれてできたもの。

knot

217 

木節群 

木材の繊維方向に対し,板幅の 2 倍以上連なって群をなしている

もの。

knot cluster

218 

ケミカルエッ

チドネイル 

保持力を増すために化学処理をしたくぎ。

chemically etched nail

219 

合板 

単板を 2 枚以上接着剤で貼り合わせた木材製品。 plywood

220 

木口 

(こぐち) 

木材の繊維方向に対して直角に切った断面。

end of lumber

221 

木端 

(こば) 

木材の繊維方向の板厚面。

edge of lumber

222 

仕組材 

組み立てれば,箱となる制作寸法にそろえた一組の木箱構成部

材。

prepared set of timbers

for box

223 

死節 

(しにぶし) 

節の繊維と周辺の繊維とがつながっていない節。 death

knot

224 

シール金具 

帯鋼を機械絞めするときに,封かん(緘)に用いる金具。

seal metal

225 

ステープル 

帯鋼又は鉄線を止めるときに用いる,U 字形のくぎ。 staple

226 

すみ金 

木箱を補強するため,角に用いる 3 角すい(錐)形の金具。

corner protector

227 

セメントコー

テッドネイ
 

くぎの保持力を増すため表面に塗被加工を施したくぎ。

cement coated nail

228 

単板 

(たんばん) 

ロータリレース,スライサ又はベニヤソーを用いて製造された木

材の薄板で,合板に使用するもの。

veneer

229 

通気孔カバー 

雨水が木箱の内部に入らないように通気口に取り付けた覆い。 ventilation

cover

230 

つっぱり 

製品が輸送又は荷役中に生じる回転モーメントによって,転倒し

ないようにするために施す押さえ材。一般的には,腰下に力が分

散するように水平面に対し角度を付けて取り付ける(JIS Z 1403
参照)

bracing,

shores

231 

つり上げ金具 

荷役を容易にするために,木箱に取り付けた,つり上げ用の金具。

 sling

fitting


7

Z 0107

:2014

番号

用語

定義

対応英語(参考)

232 

定尺 

(ていじゃく) 

木材流通の習慣,使用実績などを考慮し集約化した市販標準寸
法。厚さ,幅及び長さによって表示する。

standard measure,

standard gauge

233 

波くぎ 

板の接合に用いる波形を付けた長方形鋼片で,片側の先端をとが

らせたもの。

corrugated fastener

234 

抜け節 

死節が抜けた状態。 through

knot

235 

根止め 

製品を腰下又は箱の底部に固定する場合,水平方向の移動を防止

するために用いる材料(JIS Z 1403 参照)

blocking,

chock block,

anchor block

236 

羽子板ボルト 

羽子板状の固定ボルト。組立式の枠組箱などの接合ボルトとして
用いられる。

battledore bolt,

strap bolt

237 

ひき(挽)材 

製材機によって,原木から一定寸法に裁断された木材。木箱材料
として単板,合板又は他の木材製品と区別する必要がある場合に

用いる。

timber,

lumber

238 

平割材 

(ひらわりざ

い) 

製材の断面が長方形で,通常厚さに対する幅の比が 1 に対して 4

未満のもの。

rectangular timber

239 

平衡含水率 

木材の細胞膜中の水分がそのときの湿度の下で平衡し一定にな
った含水率。

equilibrium moisture

content

240 

ボルト 

丸鋼で作って頭部は 4 角又は 6 角形で先端をねじ切りしてあるも

の。

bolt

241 

まくら木 

製品を腰下又はパレットの負荷床材にボルトで固定する場合,必

要なボルトの長さを確保するために,床材と直角方向に取り付け

た補強の木材(JIS Z 1403 参照)

sleeper

242 

まさ目 

板の広い面で年輪(木理)が平行に近い直線になるもの。 straight

grain

243 

丸み 

製材品で,りょう線上に幹の外周部を含んでいるもの。 roundness

244 

木理 

(もくり) 

木材組織の性状によって,木材の表面に現れた年輪。一般に木目

という。

grain

245 

木理の傾斜 

製材品のこば(木端)面に現れた木理の傾斜。

slope of grain

246 

ラグスクリュ

 

頭部は 4 角又は 6 角形で,先端がとがり,ねじ切りしてあるもの。
普通スクリューボルト又はコーチスクリューともいう。

lag screw,

coach screw


8

Z 0107

:2014

   

c) 

設計 

番号

用語

定義

対応英語(参考)

301 

天井荷重 

木箱の天井面にかかる荷重。主として天井のはりが支えるものを

いう。

top load

302 

積上げ荷重 

木箱の天井の上に積み上げられる荷重。主として側及びつまで支
えるものをいう。

superimposed load

303 

隙間 

内容品又は包装した表面と木箱の内壁との間隔。 clearance

304 

内のり寸法 

木箱の内面の寸法。長さ,幅,高さの順序で表す。 inner

dimension,

internal dimension

305 

外のり寸法 

木箱の外側の寸法。長さ,幅,高さの順序で表す。 outer

dimension,

external dimension

306 

呼び寸法 

慣習,使用実績などを考慮し,集約化した木箱用木材の標準寸法

JIS Z 1402 及び JIS Z 1403 参照)

nominal dimension

307 

すかし比率 

すかし箱において,総幅とすかし幅との比率を百分率で表した

値。

space ratio

308 

密閉比率 

すかし箱において,総幅と密閉幅との比率を百分率で表した値。 sheathing

ratio

d) 

組立及び構造 

番号

用語

定義

対応英語(参考)

401 

一重張り天井 

天井が一層の板で張ってある形式。

single layer sheathed

top

402 

内桟 

普通木箱の内側に取り付けられる桟。 interior

cleat

403 

上かまち 

(うわかまち) 

枠組箱の側,つまの内面上部の水平方向の枠組部材。 
注記  図 参照

upper frame member

404 

滑材 

(かつざい) 

腰下,腰下盤の底部に用いられる主要部材。 
注記  図 及び図 参照

skid

405 

 

(がわ) 

木箱の長さと高さとで囲まれた二つの対向する面。 
注記  図 1,図 及び図 参照

side

406 

側桟 

腰下付木箱の側の外面に,縦方向にくぎ付けする桟。 
注記  図 参照

side batten

407 

切込み額桟 

普通木箱のつま面を補強した,つま桟の形式の一種。 
注記  図 参照

notched full cleat

408 

クリンチ 

2

枚の薄板をくぎで接合するとき,くぎの長さを板厚合計より数

ミリメートル長くして突き出させ,突出し部を 90°以上折り曲げ

て,くぎの引抜き強さを増大させること。

clinch

409 

けた 

枠組箱で B 形の組立天井に用いる部材で,はりを接合する部材。 
注記  図 参照

joist stringer

410 

剣桟 

木箱の側及びつまに斜めに補強した桟。 
注記  図 参照

diagonal cleat

411 

さねはぎ 

板の接合方法の一種で木端面を凹凸に加工した構造。

tongue and groove

joint

412 

下かまち 

枠組箱の側,つまの内面下部の水平方向の枠組部材。 
注記  図 参照

lower frame member

413 

支柱 

枠組箱の側,つまの内面に用いる縦方向の枠組部材。 
注記  図 参照

strut

414 

水平部材 

枠組箱の側,つまの上下かまち間に並行して取り付ける,枠組部

材。

horizontal bracing


9

Z 0107

:2014

番号

用語

定義

対応英語(参考)

415 

水平補強材 

腰下付木箱のつまに用いる水平方向の補強材。 horizontal

reinforcement

member

416 

すじかい 

枠組箱の側,つまの内面に斜めに用いる枠組部材。 
注記  図 参照

diagonal

417 

すり材 

滑材下部に取り付ける部材。 
注記  図 及び図 参照

rubbing strip

418 

相互はぎ 

板の接合方法の一種で,木端面を 1/2 ずつ切り欠き,接合する構
造。一般に相じゃくり,又は相はぎともいう。

ship-lap joint,

rabbet joint

419 

そえ柱 

側支柱又は側桟の補強として内側に取り付け,上部荷重を支える

部材。 
注記  図 参照

auxiliary strut

420 

台木 

滑材の下部に直角に取り付け,フォークリフト荷役を容易にする

部材。

wooden base block

421 

中間滑材 

腰下付木箱,枠組箱の滑材で,規定間隔以上のときに用いる部材。

注記  図 参照

intermediate skid

422 

つき合せはぎ 

板の接合方法の一種で木端面を突き合わせて接合する構造。

butt joint

423 

つま 

木箱の幅と高さとで囲まれた二つの対向する面。 
注記  図 1,図 及び図 参照

end

424 

天井上板 

(てんじょうう

わいた) 

枠組箱の天井を二重張りする場合の上板。 
注記  図 参照

upper layer top

sheathing

425 

天井下板 

枠組箱の天井を二重張りする場合の下板。 
注記  図 参照

lower layer top

sheathing

426 

胴桟 

普通木箱の側,底,蓋に回して補強する胴回りの桟。 
注記  図 参照

girthwise batten

427 

留め額桟 

普通木箱のつまの桟を額ぶち状にして,その桟の木口を 45°に結

合したもの。 
注記  図 参照

mitred full cleat

428 

二重張り天井 

枠組箱の天井で上板,下板からなり,その間に防水材料を入れた

構造。 
注記  図 参照

double layer sheathed

top

429 

ばちはぎ 

板の寄せ加工の一種で,板材を有効に利用するために斜めに接合

する方法。

tapered piece joint

430 

はり 

天井を支える主要な部材。 
注記  図 参照

top joist

431 

はり受け 

はりを支えるため,側上かまちにそって取り付ける部材。 
注記  図 参照

joist support


10

Z 0107

:2014

   

番号

用語

定義

対応英語(参考)

432 

負荷床材 

内容品の荷重を支える床材。 
注記  図 参照

load bearing floor

member (board)

433 

振れ止め 

はりとはりとの間を直角につないで,はり材のゆがみ,振れなど

を止める補強部材。 
注記  図 参照

bridging

434 

べた額桟 

普通木箱のつま面に縦桟,横桟を額状につき合わせた補強桟。 
注記  図 参照

butt-joint full cleat

435 

ヘッダ 

腰下の滑材の両端をつなぐ部材。 
注記  図 参照

header

436 

無負荷床材 

内容品の荷重を支えない床材。 
注記  図 参照

non-load bearing floor

member (board)

437 

やといさねは

 

木端面に溝加工を施して突き合わせ,その間にやとい材を差し込

み,接合する構造のもの。板の接合方法の一種。

key joint

図 4−普通木箱の名称(形別のつま面形) 

参考文献  JIS Z 0108  包装−用語

JIS Z 1402

  木箱の構造

JIS Z 1403

  枠組箱の構造

JIS Z 1406

  さん付き合板箱