>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 7314-2 : 1999 (ISO 14910-2 : 1997)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。

今回の制定は,国際規格に整合させるために,ISO 14910-2 : 1997 を基礎として用いた。

JIS K 7314 : 1999

は,一般名称を“プラスチック−熱可塑性ポリエステル/エステルエラストマー及び

ポリエーテル/エステルエラストマー成形用及び押出用材料”として,次の各部によって構成する。

第 1 部:呼び方のシステム及び仕様表記の基礎

第 2 部:試験片の作り方及び諸性質の求め方


日本工業規格

JIS

 K

7314-2

 : 1999

 (ISO

14910-2

 : 1997

)

プラスチック−熱可塑性

ポリエステル/エステルエラストマー

及びポリエーテル/エステルエラストマー

成形用及び押出用材料−

第 2 部:試験片の作り方及び諸性質の求め方

Plastics

−Thermoplastic polyester/ester and polyether/ester elastomers for

moulding and extrusion

Part 2 : Preparation of test specimens and determination of properties

序文  この規格は,1997 年に第 1 版として発行された ISO 14910-2, Plastics−Thermoplastic polyester/ester and

Polyether/ester elastomer sfor moulding and extrusion

−Part 2 : Preparation of test specimens and determination of

properties

を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。

1.

適用範囲  この規格は,成形用及び押出用熱可塑性ポリエステル/エステル及びポリエーテル/エス

テル材料の試験片の作り方及び諸性質の求め方について規定する。この規格では,試験材料の取扱い,成

形前の試験材料及び試験前の試験片の状態調節についての要求事項を規定する。

この規格は,試験片を作る手順及び条件,並びに成形された試験片を用いて,その材料の諸性質を求め

る手順を示す。成形用及び押出用熱可塑性ポリエステル/エステル並びにポリエーテル/エステル材料の

特徴を知るための適切,かつ,必要な諸性質及び求め方について規定する。

諸性質は,JIS K 7140 に規定する一般的な試験方法から選んだ。これらの成形用及び押出用材料に対し

て広範囲に使われている試験方法,及び特殊で重要な他の試験方法,並びに JIS K 7314-1 に規定する区分

用の性質:硬さ,融点及び引張/曲げ弾性率も,この規格に含む。

再現性があり,他と比較できる試験結果を得るためには,ここに規定する試験片の作り方,状態調節方

法,試験片寸法及び試験手順を採用する。

寸法の異なる試験片及び異なった手順で得られた試験結果は,必ずしも一致するとは限らない。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。記載された発効年又は発行年の版だけがこの規格の規定を構成するものであって,その後の改正版・

追補には適用しない。

JIS C 2134 : 1996

  湿潤状態での固体電気絶縁材料の比較トラッキング指数及び保証トラッキング指

数を決定する試験方法


2

K 7314-2 : 1999 (ISO 14910-2 : 1997)

備考  IEC 60112 : 1979  Method for determining comparative and the proof tracking indices of solid

insulating materials under moist conditions

が,この規格と一致している。

JIS K 7111 : 1996

  プラスチック−シャルピー衝撃強さの試験方法

備考  ISO 179 : 1993  Plastics−Determination of Charpy impact strength が,この規格と一致している。

JIS K 7139 : 1996

  プラスチック−多目的試験片

備考  ISO 3167 : 1993  Plastics−Preparation and use of multipurpose test specimens が,この規格と一

致している。

JIS K 7140 : 1995

  プラスチック−比較可能なシングルポイントデータの取得と提示

備考  ISO 10350 : 1993  Plastics−Acquisition and presentation of comparable single-point data が,この

規格と一致している。

JIS K 7152-1 : 1999

  プラスチック−熱可塑性プラスチック材料の射出成形試験片−第 1 部:通則並び

に多目的試験片及び短冊形試験片の成形

備考  ISO 294-1 : 1996  Plastics−Injection moulding test specimens of thermoplastic materials−Part 1 :

General principles, and moulding of multipurpose and bar test

が,この規格と一致している。

JIS K 7160 : 1996

  プラスチック−引張衝撃強さの試験方法

備考  ISO 8256 : 1990  Plastics−Determination of tensile impact strength が,この規格と一致している。

JIS K 7161 : 1994

  プラスチック−引張特性の試験方法  第 1 部:通則

備考  ISO 527-1 : 1993  Plastics−Determination of tensile properties−Part 1 : General Principles が,こ

の規格と一致している。

JIS K 7162 : 1994

  プラスチック−引張特性の試験方法  第 2 部:型成形,押出成形及び注型プラスチ

ックの試験条件

備考  ISO 527-2 : 1993  Plastics−Determination of tensile properties−Part 2 : Test conditions for

moulding and extrusion plastics

が,この規格と一致している。

JIS K 7171 : 1994

  プラスチック−曲げ特性の試験方法

備考  ISO 178 : 1993  Plastics−Determination of flexural properties が,この規格と一致している。

JIS K 7191-1 : 1996

  プラスチック−荷重たわみ温度の試験方法−第 1 部:通則

備考  ISO 75-1 : 1993  Plastics−Determination of temperature of deflection under load−Part 1 : General

test method

が,この規格と一致している。

JIS K 7191-2 : 1996

  プラスチック−荷重たわみ温度の試験方法−第 2 部:プラスチック及びエボナイ

備考  ISO 75-2 : 1993  Plastics−Determination of temperature of deflection under load−Part 2 : Plastics

and ebonite

が,この規格と一致している。

ISO 34-1 : 1994

  Rubber, vulcanized or thermoplastics−Determination of tear strength−Part 1 : trouser,

angle and crescent test pieces

ISO 62 : 1980

  Plastics−Determination of water absorption

ISO 291 : 1977

  Plastics−Standard atmospheres for conditioning and testing

ISO 306 : 1994

  Plastics−Thermoplastic materials−Determination of Vicat softening temperature (VST)

ISO 868 : 1985

  Plastics and ebonite−Determination of indentation hardness by means of a durometer

(Shorehardness)

ISO 899-1 : 1993

  Plastics−Determination of creep behaviour−Part 1 : Tensile creep


3

K 7314-2 : 1999 (ISO 14910-2 : 1997)

ISO 1133 : 1997

  Plastics−Determination of the melt mass-flow rate (MFR) and the melt volume-flow rate

(MVR) of thermoplastics

ISO 1183 : 1987

  Plastics−Methods for determining the density and relative density of non-cellular plastics

ISO 1210 : 1992

  Plastics−Determination of the burning behaviour of horizontal and vertical specimens in

contact with a small-flame ignition source

ISO 3146 : 1985

  Plastics−Determination of melting behaviour (melting temperature or melting range) of

semicrystalline polymers

ISO 3451-2 : 1984

  Plastics−Determination of ash−Part 2 : Poly (alkylene terephthalate) plastics

IEC 60093 : 1980

  Methods of test for volume resistivity and surface resistivity of solid electrical insulating

materials

IEC 60243-1 : 1988

  Methods of test for electric strength of solid insulating materials−Part 1 : Test at power

frequencies

IEC 60250 : 1969

  Recommended methods for the determination of the permittivity and dielectric dissipation

factor of electrical insulating materials at power, audio and radio frequencies including metrewave lengths

IEC 60296 : 1982

  Specification for unused mineral insulating oils for transformers and switchgear

IEC 61006 : 1991

  Methods of test for the determination of the glass transition temperature of electrical

insulating materials

3.

試験片の作り方  試験片は,常に同一の手順で,同一の成形条件で作らなければならない。

試験片は,射出成形で作る。

材料は,使用するまでは防湿された容器に保管しておく。

充てん又は補強された材料の水分率は,その材料の総量に対する百分率で表示する。

3.1

成形前の材料の取扱い  成形の前に,試料の水分率は 0.05% (m/m)  を超えてはならない。

水分率を確実に低く保つために,射出成形機のホッパーの中の材料を,乾燥空気,窒素,又はアルゴン

で覆うようにすることを推奨する。また,脱湿ホッパードライヤーを使うと,よりよい結果が得られる。

3.2

射出成形  射出成形試験片は,JIS K 7152-1 に従い,表 に規定した条件で作らなければならない。

表 1  試験片の射出成形条件

融点

ショアD 硬さ  試験片厚さ

mm

金型温度

溶融温度

平均射出速度

mm/s

≦160

− 2

20

融点より 30℃高い温度 200±100

>160

≦50 2 40

融点より 30℃高い温度 200+100

>160

>50 2 50

融点より 30℃高い温度 200+100

− 4

20

融点より 30℃高い温度 200±100

4.

試験片の状態調節  機械的性質,電気的性質,及び密度を測定する試験片は,ISO 291 に従って,23℃

±2℃,(50±5) %RH の条件下で,少なくとも 16 時間状態調節をしなければならない。

5.

諸性質の求め方  諸性質の求め方及びデータの提示は,JIS K 7140 に規定した規格,補足説明及び備

考に従う。すべての試験は,次の

表に特に規定がなければ,23℃±2℃,(50±5) %RH の標準状態で行う。

表 に,JIS K 7140 に規定するものの中から,成形用及び押出用熱可塑性ポリエステル/エステル並び

にポリエーテル/エステル材料に適切な性質を規定した。これらの性質は,他の熱可塑性プラスチックの


4

K 7314-2 : 1999 (ISO 14910-2 : 1997)

データと比較するのに有用である。

表 2  一般的性質及びその試験条件(JIS K 7140 から抜粋)

性質

単位

規格

試験片のタイ

プ及び寸法

mm

試験片の作

り方

1

)

試験条件及び

補足説明

レオロジー的性質

メルトマスフローレイト

 (MFR)

g/10min

メルトボリュームレイト

 (MVR)

cm

3

/10min

ISO 1133

成形材料

温度

2

)

,荷重 2.16kg

機械的性質

曲げ弾性率 MPa

JIS K 7171

(ISO 178)

80

×10×4 M

試験速度 2mm/min

シャルピー衝撃強さ

(ノッチなし)

kJ/m

2

JIS K 7111

(ISO 179)

80

×10×4 M

方法 1eU

(エッジワイズ衝撃)

シャルピー衝撃強さ 
(ノッチ付き)

kJ/m

2

JIS K 7111

(ISO 179)

80

×10×4 M

方法 1eA 
(エッジワイズ衝撃)

引張衝撃強さ 
(ノッチ付き)

kJ/m

2

JIS K 7160

(ISO 8256)

80

×10×4

機械加工ダブル V ノッ

チ,r=1

M

ノッチ付きシャルピー試験で破

壊 しなかっ た場合だ け適用 す

る。

熱的性質

融点

ISO 3146

成形材料

C

法(DSC 又は DTA)10℃

/min

を使用する。

ガラス転移点

IEC 61006

成形材料

A

法(DSC 又は DTA)10℃

/min

を使用する。

荷重たわみ温度

JIS K 7191-1

(ISO 75-1)

JIS K 7191-2

(ISO 75-2)

80

×10×4

3

)

  又は

110

×10×4

M 0.45MPa

及び 1.8MPa

ビカット軟化温度

ISO 306 10

×10×4 M

加熱速度 50℃/h 
荷重 50N

流 れ 方 向 に 平

線膨張係数

-1

 TMA

[JIS K 7140

(ISO 10350)]

JIS K 7139

(

ISO 3167

)

による

M

流 れ 方 向 に 直

23

∼ 55 ℃ の 温

度 範 囲 で の セ

カ ン ト 値 を 記

録する。

mm/min

125

×13×3

追 加 試 験 片 の 厚 さ <

3mm

M

A

法:試験片の水平燃焼速度

燃焼性

s

ISO 1210

125

×13×3

追 加 試 験 片 の 厚 さ <

3mm

M B

法:垂直試験片の

      a)火炎燃焼時間 
      b)赤熱燃焼時間


5

K 7314-2 : 1999 (ISO 14910-2 : 1997)

性質

単位

規格

試験片のタイ

プ及び寸法

mm

試験片の作

り方

1

)

試験条件及び

補足説明

電気的性質

比誘電率

誘電正接

IEC 60250 M

周波数:100Hz 及び 1MHz,電

極のエッジの影響を補償する。

体積抵抗率

Ω・m

表面抵抗率

IEC 60093

≧80×≧80×1

M

電圧 100V

≧80×≧80×1

耐電圧 kV/mm

IEC 60243-1

≧80×≧80×3

M 25mm/75mm

の同軸シリンダ

ー形の電極を使用する。

IEC 60296

の変圧器油に浸

せきする。 
短時間試験法(迅速昇圧法)

を使用。

耐トラッキング性

JIS C 2134  (IEC 

60112)

≧15×≧15×4 M

溶液 A を使用する。

その他の性質

50

×50×3 又は

50

φ×3

M

23

℃水中に 24 時間浸せきする。

吸水率 %

ISO 62

厚さ≦1 M

M

23

℃水中飽和

23

℃50%RH 飽和

密度 kg/m3

ISO 1183 10

×10×4 M

1

)

M

:射出成形

2

) 190

℃−融点≦175℃

220

℃−175℃<融点≦210℃

240

℃−融点≧210℃;すべてブロー成形材料

3

) 80

×10×4 の短冊状試験片を判定試験として使う。

表 には,表 に記載していない性質で,成形用及び押出用熱可塑性ポリエステル/エステル並びにポ

リエーテル/エステル材料を特徴付けるのに重要な性質,

又は一般に広く用いられている性質を記載する。

これらの性質を用いて異なる材料と比較できるのは,同じ系統の熱可塑性プラスチックに限られる。


6

K 7314-2 : 1999 (ISO 14910-2 : 1997)

表 3  追加の諸性質及び試験条件

性質

単位

規格

試験片のタイプ

及び寸法

mm

試験片の

作り方

試験条件及び

補足説明

その他の性質

引張弾性率

試験速度 1mm/min

引張降伏応力

MPa

引張降伏ひずみ

引張破壊呼びひずみ

%

50%

ひずみ時引張応力 MPa

JIS K 7161

(ISO 527-1)

JIS K 7162

(ISO 527-2)

1BA M

試験速度 50mm/min

1

時間

引張クリープ弾性率 MPa

ISO 899-1 1BA

M

1000

時間

ひずみ 

0.5%

引裂強さ kN/m

ISO 34-1

B

法:

手順(a)

角度付き試験片 
厚さ 2mm

M

試験速度 500mm/min

硬さ

ISO 868

≧80×≧80×≧6 M

試験速度 1mm/min

最低厚みを得るために試験片

を重ねてもよい。

灰分 %

ISO 3451-2

成形材料

充てん,及び/又は補強グレ

ードだけに適用。

JIS K 7314-2

  原案作成委員会  構成表

氏名

所属

本委員会

分科会

植  村      勝

工学院大学

◎委員長

八  田      勲

工業技術院標準部

西  出  徹  雄

通商産業省基礎産業局

橋  本      進

財団法人日本規格協会

高  杉  和  徳

株式会社東芝

吉  川  高  雄

財団法人鉄道総合技術研究所

浅  田  正  博

鐘淵化学工業株式会社

高  石  信  爾

カネボウ合繊株式会社

田  村  恒太郎

大日本インキ化学工業株式会社

森  川      武

帝人株式会社

○主査

光  本      明

デュポン株式会社

松  山  雄二郎

東洋紡績株式会社

菅      尚  彦

東レ株式会社

内  藤  永  祥

東レ・デュポン株式会社

早乙女      忠

日本イージープラスチックス株式会社

木  村  博  文

ポリプラスチックス株式会社

桜  井  正  憲

三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社

豊  岡      豊

三菱レイヨン株式会社

山  口  泰  彦

ユニチカ株式会社

木  庭  道  夫

工業用熱可塑性樹脂技術連絡会

酒  井  昌  利

日本プラスチック工業連盟

事務局

事務局