>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 7314-1 : 1999 (ISO 14910-1 : 1997)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。

今回の制定は,国際規格に整合させるために,ISO 14910-1 : 1997 を基礎として用いた。

JIS K 7314-1 : 1999

には,次に示す附属書がある。

附属書 A(規定)  熱可塑性ポリエステル/エステル及びポリエーテル/エステル共重合体エラスト

マーの定義及び呼び方

JIS K 7314 : 1999

は,一般名称を“プラスチック−熱可塑性ポリエステル/エステルエラストマー及び

ポリエーテル/エステルエラストマー成形用及び押出用材料”として,次の各部によって構成する。

第 1 部:呼び方のシステム及び仕様表記の基礎

第 2 部:試験片の作り方及び諸性質の求め方


日本工業規格

JIS

 K

7314-1

: 1999

 (I

14910-1

: 1997

)

プラスチック−熱可塑性

ポリエステル/エステルエラストマー

及びポリエーテル/エステルエラストマー

成形用及び押出用材料−

第 1 部:呼び方のシステム及び仕様表記の基礎

Plastics

−Thermoplastic polyester/ester and polyether/ester elastomers for

moulding

and extrusion

−Part 1 : Designation system and basis for specifications

序文  この規格は,1997 年に第 1 版として発行された ISO 14910-1, Plastics−Thermoplastic polyester/ester and

polyether/ester elastomers for moulding and extrusion

−Part 1 : Designation system and basis for specifications を翻

訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。

  なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲

1.1

この規格は,熱可塑性材料ポリエステル/エステルエラストマー及びポリエーテル/エステルエラ

ストマーの呼び方について規定する。この呼び方は,仕様表記の基礎として用いることができる。

1.2

ポリエステル/エステルエラストマー及びポリエーテル/エステルエラストマーを次の性質の適切

なレベル,ポリマーの基本パラメータ,用途及び/又は加工方法,重要な性質,添加剤,着色剤,充てん

材及び強化材に基づいて区分する。

a)

硬さ

b)

融点

c)

引張/曲げ弾性率

1.3

この規格は,すべてのポリエステル/エステルエラストマー及びポリエーテル/エステルエラスト

マーに適用する。

この規格は,粉状,か粒状又はペレット状で使用する材料及び着色剤,添加剤,充てん材などの添加又

は無添加の材料に適用する。

1.4

この規格の呼び方が同じ材料であっても,必ずしも同一の性能を示すとは限らない。したがって,

この呼び方は,特定の用途及び/又は加工方法に必要な材料を特定するものではない。この規格は,エン

ジニアリングデータ,性能データ又は加工条件に関するデータを提供するものでもない。

そのような追加データが必要な場合は,この規格の第 2 部に規定する試験方法が適用できるならば,そ


2

K 7314-1 : 1999 (ISO 14910-1 : 1997)

れによって測定する。

1.5

特定の用途向けに材料を規定するため,又は成形加工を再現性あるものにするための要求事項をデ

ータブロック 5 として追加してもよい(3.の最初の段落参照)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。記載された発効年の版だけがこの規格の規定を構成するものであって,その後の改正版・追補には適

用しない。

JIS K 6899-2 : 1996

  プラスチック−記号−第 2 部:充てん材及び強化材

備考  ISO 1043-2 : 1988  Plastics-Symbols−Part 2 : Fillers and reinforcing materials が,この規格と一

致している。

JIS K 7314-2 : 1999

  プラスチック−熱可塑性ポリエステル/エステルエラストマー及びポリエーテ

ル/エステルエラストマー成形用及び押出用材料−第 2 部:試験片の作り方及び諸性質の求め方

備考  ISO 14910-2 : 1997  Plastics−Thermoplastic polyester/ester and polyether/ester elastomers for

moulding and extrusion

−Part 2 : Preparation of test specimens and determination of properties

が,この規格と一致している。

ISO 1043-1 : 1997

  Plastics-Symbols and abbreviated terms−Part 1 : Basic polymers and their

special characteristics

3.

呼び方及び仕様の基礎  熱可塑性プラスチックの呼び方は,次の標準様式による。

呼び方

識別項目ブロック

個別項目ブロック

種類ブロック

(記載任意)

規格番号 
ブロック

データ

ブロック

1

データ

ブロック

2

データ

ブロック

3

データ

ブロック

4

データ

ブロック

5

この呼び方は,記載任意な種類ブロック(熱可塑性プラスチックと記す。

)及び識別項目ブロックによっ

て構成し,さらに,識別項目ブロックは,規格番号ブロック及び個別項目ブロックによって構成する。

規格番号ブロックには,この規格の規格番号  “JIS K 7314-1”  及び括弧内に入れた国際規格番号  “ISO 

14910-1

の両者を記す。

あいまいな表示を避けるため,個別項目ブロックを,更に次の五つのデータブロックに細分する。

データブロック 1:

ISO 1043-1

に従った記号で,ポリエステル/エステルエラストマー及びポリエーテ

ル/エステルエラストマーを識別(3.1 参照)

データブロック 2:

位置 1:用途又は加工方法(3.2 参照)

位置 2∼8:重要な性質,添加剤及びその他補足情報(3.2 参照)

データブロック 3:

区分用の性質(3.3 参照) 

データブロック 4:

充てん材又は強化材,及びそれらの公称含有率(3.4 参照)

データブロック 5:

ここでは,規格に必要な情報を記載する。データブロック 5 を使って分類を規格に

転換する。データブロック 5 に記載した情報だけが,規格の要求項目の一部となり

得る。

個別項目ブロックの最初の文字は,ハイフンとする。それぞれのデータブロックは,互いにコンマで区

切る。


3

K 7314-1 : 1999 (ISO 14910-1 : 1997)

使わないデータブロックがある場合は,そのデータブロックを二つ続きの分離記号,すなわち,二つの

コンマ  “, , ”  によって示す。

3.1

データブロック 1  このデータブロックでは,ハイフンの後に,表 又は附属書 に記載した記号

及び呼び方で,ポリエステル/エステルエラストマー及びポリエーテル/エステルエラストマーを識別す

る。

表 1  データブロック に使用する共重合ポリエステル/エステル及び 

共重合ポリエーテル/エステルの記号及び化学構造(例)

記号

化学構造

TP 4T/PTMEGT

ブタンジオール,ポリ(テトラメチレンエーテル)グリコールとテレフ

タル酸からなる共重合ポリエーテル/エステル

TP CL/4T

カプロラクトン,ブタンジオールとテレフタル酸からなる共重合ポリエ

ステル/エステル

TP 4T/PPEGT

ブタンジオール,ポリ(プロピレンエーテル)グリコールとテレフタル
酸からなる共重合ポリエーテル/エステル

TP 4T/BDT/PTMEGT

ブタンジオール,ブテンジオール,ポリ(テトラメチレンエーテル)グ
リコールとテレフタル酸からなる共重合ポリエーテル/エステル

3.2

データブロック 2  このデータブロックでは,位置 1 に用途及び/又は加工方法についての情報を,

位置 2∼8 に重要な性質,添加剤及び着色剤についての情報を,

表 に示すコードを用いて表示する。位置

2

∼8 の情報があり,位置 1 の情報がない場合には,位置 1 にコード “X” を挿入する。

表 2  データブロック に使用するコード

コード

位置 1

コード

位置 2∼8

A

接着剤用 A

加工安定処方

B

ブロー成形用 B

ブロッキング防止処方

C

カレンダ加工用 C

着色品

D

ディスク製造用 D

粉末

E

押出用 E

伸長性

F

フィルム押出用 F

特殊燃焼特性処方

G

一般用 G

か粒

H

コーティング用 H

熱老化安定処方

K

ケーブル,ワイヤーコーティング用

L

モノフィラメント押出用 L

耐光及び耐候処方

M

成形用 M

造核剤処方

N

自然色(非着色品)

P

耐衝撃処方

R

回転成形用 R

離型剤処方

S

焼結用 S

滑剤処方

T

透明

W

耐加水分解処方

X

表示なし

Z

帯電防止処方

3.3

データブロック 3  このデータブロックでは,硬さを 2 けたのコード(数字)で表し(3.3.1 参照),

融点を 2 けたのコード(数字)で表し(3.3.2 参照)

,また,引張/曲げ弾性率を 3 けたのコード(数字)

で表す(3.3.3 参照)

。三つのコードの間には,ハイフンを入れる。

硬さ,融点及び引張/曲げ弾性率の値が範囲の境界上にあるか,又はそれに近い場合,製造業者は,そ

の材料がどちらの範囲に入るかを決める。その後,その材料の個々の試験値が,仮にその範囲から外れて

も製造許容範囲にあるならば,そのコードを変える必要はない。


4

K 7314-1 : 1999 (ISO 14910-1 : 1997)

備考  硬さ,融点及び引張/曲げ弾性率のコードのすべての組合せのポリマーが,現在入手できると

は限らない。

3.3.1

硬さ  硬さは,JIS K 7314-2 によって測定する。表 で規定するように,硬さの値を 11 の範囲に

分割し,それぞれ 2 けたのコード番号で表示する。

表 3  データブロック の硬さに使用するコード

コード

硬さの範囲

30

≦32

35 32

<∼≦37

40 37

<∼≦42

45 42

<∼≦47

50 47

<∼≦52

55 52

<∼≦57

60 57

<∼≦62

65 62

<∼≦67

70 67

<∼≦72

75 72

<∼≦77

80 77

3.3.2

融点  融点は,JIS K 7314-2 に従って,C 法,加熱速度 10℃/min で測定する。表 で規定するよう

に,融点の値を 10 の範囲に分割し,それぞれ 2 けたのコード番号で表示する。

表 4  データブロック の融点に使用するコード

コード

融点の範囲  (℃)

14

≦145

15 145

<∼≦155

16 155

<∼≦165

17 165

<∼≦175

18 175

<∼≦185

19 185

<∼≦195

20 195

<∼≦205

21 205

<∼≦215

22 215

<∼≦225

23 225

3.3.3

引張/曲げ弾性率  引張/曲げ弾性率は,JIS K 7314-2 に従って,測定する。

それらの値は

表 で規定するように,引張/曲げ弾性率の値を 10 の範囲に分割し,それぞれ 3 けたのコ

ード番号で表示する。

表 5  データブロック の引張/曲げ弾性率に使用するコード

コード

弾性率の範囲

MPa

002

≦30

004 30

<∼≦50

006 50

<∼≦70

008 70

<∼≦90

010 90

<∼≦110

015 110

<∼≦200

025 200

<∼≦300

040 300

<∼≦500

075

500

<∼≦1 000

100 1

000

<∼


5

K 7314-1 : 1999 (ISO 14910-1 : 1997)

3.4

データブロック 4  このデータブロックでは,位置 1 に充てん材及び/又は強化材の種類を 1 けたの

コード(文字)で表示し,位置 2 にその物理的形状を,2 番目のコード(文字)で表示する。それらのコ

ードは,

表 に示すとおりとする。このコードに続いて(空白なしで),その含有率% (m/m) を,位置 3

及び位置 4 に 2 けたの数字で表示する。

表 6  データブロック に使用する充てん材及び強化材のコード

コード

物質

コード

形状

B

ボロン B

ビーズ,球,ボール

C

カーボン

1)

D

粉末

F

繊維

G

ガラス G

粉砕品

H

ウィスカ

K

炭酸カルシウム

M

鉱物,金属

2)

S

有機物

1)

:合成物

T

タルク

X

指定なし X

指定なし

Z

その他

1)

 Z

その他

1)

これらの物質は,例えば,それらの化学記号又は関連規

格に定められた略号又はコードで詳しく表示してもよ
い。

2)

金属充てん材は,含有率% (m/m)  の後に,金属の種類を

化学記号で表示する。

3.5

データブロック 5  このデータブロックには,特定用途の材料仕様書を作成するために必要な場合,

追加事項を表示する。例えば,適切な国家規格又は一般に用いられている標準的な仕様を引用する。

4.

呼び方の例

4.1

ブタンジオール (4) /テレフタル酸 (T) 及びポリテトラメチレンエーテルグリコール (PTMEG) /

テレフタル酸 (T) とからなり,成形用 (M),自然色(非着色品) (N) で,硬さ 35 (35),融点 156℃ (16),

引張弾性率 32MPa (004)  である熱可塑性ポリエーテル/エステル共重合体 (TP) は,次のように表示する。


6

K 7314-1 : 1999 (ISO 14910-1 : 1997)

呼び方:

(熱可塑性プラスチック)JIS K 7314-1 (ISO 14910-1)  −TP 4T/PTMEGT, MN, 35-16-004

4.2

ブタンジオール (4) /テレフタル酸 (T) 及びカプロラクトン (CL) とからなり成形用 (M),自然色

(非着色品) (N) で,熱安定剤 (H) を含有し,硬さ 48 (50),融点 200℃ (20),引張弾性率 127MPa (015)  で

ある熱可塑性ポリエステル/エステル共重合体は,次のように表示する。


7

K 7314-1 : 1999 (ISO 14910-1 : 1997)

呼び方:

(熱可塑性プラスチック)JIS K 7314-1 (ISO 14910-1)  −TP 4T/CL, MNH, 50-20-015


8

K 7314-1 : 1999 (ISO 14910-1 : 1997)

附属書 A(規定)  熱可塑性ポリエステル/エステル及びポリエーテル/ 

エステル共重合体エラストマーの定義及び呼び方

エステル基,−CO−O−,を線状の高分子鎖中に規則正しい間隔で含有する熱可塑性ポリエステル化合

物。

ポリエステル/エステル共重合体の一つの繰り返し単位は,水酸基  (−OH)  を含有する化合物(ジオー

ル)と,カルボキシル基  (−COOH)  を含有する化合物(ジカルボン酸)

,又はそのエステルからなり,他

の繰り返し単位は,ヒドロキシカルボン酸又はそのラクトンからなり,いずれも重縮合反応によって生成

する。

ポリエーテル/エステル共重合体の一つの繰り返し単位は,ジオールとジカルボン酸又はそのエステル

からなり,他の繰り返し単位はポリアルキレンエーテルグリコール及びジカルボン酸からなり,いずれも

重縮合反応によって生成する。

脂肪族ポリエステル成分は,ジオールとジカルボン酸又はそのエステルからなり,2 けた又はそれ以上

のけたの数値で示す。最初のけたの数値(又は最初と 2 けた目の数値)は,線状ジオールに含まれる炭素

数を表す(

表 A.1 参照)。また,2 けた目の数値(又は 2 けた目と 3 けた目又は 3 けた目と 4 けた目の数値)

は,線状ジカルボン酸に含まれる炭素数を表す(

表 A.2 参照)。

ポリエステル鎖中でモノマー単位として用いる,非線状脂肪族,脂環式,及び芳香族のものは,文字記

号で示す(

表 A.1,表 A.2 及び表 A.3 参照)。

共重合ポリエステルであることは,共重合ポリエステルに含まれる成分の間を斜線で区切ることで示す

ISO 1043-1 

附属書 の A.6 を参照)。同じ数値又は文字記号で表す共重合ポリエステルであっても,

出発物質の量比によって全く異なった性質を示す場合がある。したがって,表示の末尾に,補足的にポリ

マー中の含有率% (m/m)  を示す。

これらの呼び方の例を,

表 に示す。

表 A.1  ジオール成分の表示記号(けた目)

記号

構成モノマー単位 CA No.

2

エチレングリコール 107-21-1

3 1,

3

−プロパンジオール 504-63-2

4 1,

4

−ブタンジオール 110-63-4

6 1,

6

−ヘキサンジオール 629-11-8

14 1,

14

−テトラデカンジオール 19812-64-7

BD 2

−ブテン−1, 4 ジオール 110-64-5

CH

シクロヘキサンジメタノール(1, 4−シクロヘキサンジメタノール) 105-08-8

NG

ネオペンチルグリコール(2, 2−ジメチル−1, 3−プロパンジオール)

 126-30-7

PEEG

ポリ(エチレンエーテル)グリコール 25322-68-3

PPEG

ポリ(プロピレンエーテル)グリコール 25322-69-4

EOPPG

エチレンオキシドポリプロピレングリコール 91858-59-2

PTMEG

ポリ(テトラメチレンエーテル)グリコール 25190-06-1

XX

指定なし


9

K 7314-1 : 1999 (ISO 14910-1 : 1997)

表 A.2  カルボン酸成分の表示記号(けた目)

記号

構成モノマー単位 CA No.

6

アジピン酸 124-04-9

9

アゼライン酸 123-99-9

10

セバシン酸 111-20-6

12

ドデカン二酸 143-07-7

36

ダイマー酸水添物 68783-41-5

T

テレフタル酸 100-21-0

I

イソフタル酸 121-91-5

M

トリメリット酸 528-44-9

N 2,

6

−ナフタレンジカルボン酸 1141-38-4

P

フタル酸 88-99-3

X

指定なし

表 A.3  ヒドロキシカルボン酸成分の表示記号

記号

構成モノマー単位 CA No.

CL

カプロラクトン 502-44-3

HB P

−ドロキシ安息香酸 99-96-7

HV 4

−ヒドロキシバレロラクトン 108-29-2

XX

指定なし

JIS K 7314-1

  原案作成委員会  構成表

氏名

所属

本委員会

分科会

植  村      勝

工学院大学

◎委員長

八  田      勲

工業技術院標準部

西  出  徹  雄

通商産業省基礎産業局

橋  本      進

財団法人日本規格協会

高  杉  和  徳

株式会社東芝

吉  川  高  雄

財団法人鉄道総合技術研究所

浅  田  正  博

鐘淵化学工業株式会社

高  石  信  爾

カネボウ合繊株式会社

田  村  恒太郎

大日本インキ化学工業株式会社

森  川      武

帝人株式会社

○主査

光  本      明

デュポン株式会社

松  山  雄二郎

東洋紡績株式会社

菅      尚  彦

東レ株式会社

内  藤  永  祥

東レ・デュポン株式会社

早乙女      忠

日本ジーイープラスチックス株式会社

木  村  博  文

ポリプラスチックス株式会社

桜  井  正  憲

三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社

豊  岡      豊

三菱レイヨン株式会社

山  口  泰  彦

ユニチカ株式会社

木  庭  道  夫

工業用熱可塑性樹脂技術連絡会

酒  井  昌  利

日本プラスチック工業連盟

事務局

事務局