>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 K7205

-1995

研磨材によるプラスチックの

摩耗試験方法

Testing method for abrasion resistance of plastics by abrasive

1.

適用範囲  この規格は,プラスチックの摩耗試験のうち研磨材を用いて試験片を摩耗させる試験方法

について規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 7502

  マイクロメータ

JIS B 7503

  ダイヤルゲージ

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS K 6900

  プラスチック−用語

JIS K 7112

  プラスチックの密度と比重の測定方法

JIS R 6001

  研磨材の粒度

JIS R 6111

  人造研削材

JIS Z 8401

  数値の丸め方

2.

この規格の中で{  }を付けて示してある単位は,従来単位によるものであって,参考とし

て併記したものである。

2.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS K 6900 によるほかは,次のとおりとする。

2.1

摩耗  摩耗とは,摩擦,研磨,侵食などの機械的作用によって材料がその表面から漸次離脱してい

くことをいう。

2.2

摩耗試験  摩耗試験とは,所定の摩耗試験機を用いて試験片を摩耗させ,摩耗量を測定することを

いう。

2.3

研磨材  研磨材とは,プラスチック材料を摩耗させるために使用する高硬度物質で,JIS R 6111 

規定するものをいう。

2.4

摩耗量  摩耗量とは,摩耗試験によって離脱した試験片の体積 (mm

3

)

をいう。

2.5

摩耗質量  摩耗質量とは,摩耗試験によって離脱した試験片の質量 (mg) をいう。

3.

試験機及び附属品

3.1

試験機  試験機は,図 に示すように水平に回転する円板とそれに平行に回転しながら上下に間欠

運動をする試験片取付け板及び研磨材落下装置からなり,回転する円板上に所定の研磨材を落下させ,試

験片取付け板に取り付けた試験片を,規定の荷重で円板に平均に圧着させ,試験片と円板の間に研磨材を

介在させながら試験片を摩耗させる試験機(以下,試験機という。

)をいう。


2

K7205-1995

3.2

試験機の基本構造

3.2.1

試験機の主要部分の回転速度  試験機の主要部分の回転速度は,次のとおりとする。

(1)

円板の回転速度  円板の回転速度は,23.5±1min

1

 {23.5

±1rpm}  とする。

(2)

試験片の回転速度  試験片の回転速度は,32.5±1min

1

 {32.5

±1rpm}  とする。

(3)

円板及び試験片の回転方向  円板及び試験片の回転方向は,同一とする。

3.2.2

円板の中心と試験片回転軸の中心との距離  円板の中心と試験片回転軸の中心との距離(図 に示

す R)は,127±0.5mm とする。

3.2.3

試験片が円板に接触する時間及び上昇時のすきま

(1)

試験片の接触時間  試験片は,試験片それ自身が 1 回転する間に回転円板と 2 回接触し,その 1 回ご

との接触時間は

3

2

秒とする。

(2)

上昇時のすきま  試験片の最大上昇点における円板と試験片とのすきまは,1.6±0.1mm とする。

3.2.4

円板の材質  円板の材質は,JIS G 3101 の SS330 とする。

3.2.5

研磨材の落下質量,落下位置及び落下高さ  研磨材の落下質量,落下位置及び落下高さは,次のと

おりとする。

(1)

研磨材の落下質量  研磨材の落下質量は,4.に規定する研磨材を用いて 30∼50g/min とする。

(2)

落下位置及び落下高さ  研磨材の落下位置は,図 に示す。図 に示す落下高さ  (h)  は 35±1mm と

する。


3

K7205-1995

図 1

3.2.6

試験片に加える荷重  試験片に加える荷重は,44.1±0.49N {4 500±50gf}  とする。

3.2.7

回転円板の振れ  回転円板の上下の振れは,中心から 127mm 離れた点において±0.25mm 以下と

する。

3.3

附属品

3.3.1

おもり  おもりの質量は,2 260g とする。

3.3.2

すきまゲージ  すきまゲージの厚さは,1.60±0.02mm とする。

3.3.3

試験片取付け板  試験片取付け板は,アルミニウム製とし,その寸法は,図 に示すとおりとする。


4

K7205-1995

図 3

3.4

試験機の検査

3.4.1

円板の回転速度  円板の回転速度は,試験機に備えられたカウンターによって,47 回転する時間

を測定して求める。

3.4.2

試験片の回転速度  試験片の回転速度は,65 回転する時間を測定して求める。

3.4.3

試験片に加える荷重  試験片に加える荷重は,あらかじめ実荷重で検定したはかりを用いて測定す

る。

3.4.4

すきまゲージの厚さ  すきまゲージの厚さは,JIS B 7502 に規定する外側マイクロメータ又はこれ

と同等以上の精度をもつマイクロメータを用いて測定する。

3.4.5

回転円板の振れ  回転円板の上下の振れは,JIS B 7503 に規定する目量 0.01mm のダイヤルゲージ

又はこれと同等以上の精度をもつダイヤルゲージを用いて測定する。

4.

研磨材  研磨材の材質及び種類は,JIS R 6111 の白色アルミナ質研削材 WA とし,粒度は JIS R 6001

の#80 又は相当品とする。

5.

試験片

5.1

試験片の寸法  試験片は,縦 50mm,横 76mm 及び厚さ 2mm 以上とする。

5.2

試験片の作製  試験片は,関連規格又は当事者間の協定による条件に従って射出又は圧縮成形して

作る。又は,成形した板から機械加工によって切り取る。ただし,試験片の両面は,平行,かつ,平滑で

なければならない。

5.3

試験片の数  試験片の数は,3 枚とする。

6.

試験片の状態調節,試験温度及び湿度

6.1

試験片は,特に規定がなければ,試験前に試験片の表面を清浄(

1

)

にした後,原則として温度 23±2℃,

相対湿度 (50±5) %に保った室内又は恒温恒湿槽中に 48 時間以上放置し,清浄剤を蒸発させて,状態調節

を行う。


5

K7205-1995

(

1

)

試験片の表面は,アルコールなどの溶剤で,汚れ及び異物を除去する。

6.2

試験は 6.1 と同じ温度 23±2℃,相対湿度 (50±5) %の室内で行う。

7.

操作

7.1

試験片取付け軸の上部に,3.3.1 に規定するおもりを載せる。

7.2

4.

の研磨材を,ホッパーに必要量(約 7kg)入れ,その落下質量を 30∼50g/min に調節する。

7.3

試験片を試験片取付け板に接着・固定する。この場合,試験片が試験中にはく離などを生じないよ

う,適当な接着方法で行わなければならない。

7.4

試験片と回転円板の間隔を,ローラーがカムの最上部にあるとき 1.6±0.1mm になるように,3.3.2

に規定するすきまゲージを挿入して調整した後,試験機を始動させる。

7.5

摩耗試験は,1 枚の試験片に対して,連続 1 000 回ずつ 3 回行うこととし,第 1 回目,第 2 回目及び

第 3 回目の測定は,

表 に示すように,それぞれ回転円板の積算回数が 1 000 回,2 000 回及び 3 000 回の

ときとする。

表 1

試験回数

試験片番号

第 1 回目

(1∼1 000 回)

第 2 回目

(1 001∼2 000 回)

第 3 回目

(2 001∼3 000 回)

No.1 1

2

3

No.2 2

3

1

No.3 3

1

2

備考  表中の数字は,研磨材の使用回数を示す。すなわち,1 は 1 回目使

用,2 は 2 回目使用,3 は 3 回目使用のもの。

7.6

試験機から試験片を取り外して,清浄な布で研磨材,摩耗粉などの異物を試験片から除去し,試験

片の質量を 1mg まで正確に測定し,各試験直前の質量との差から摩耗質量を求める。

7.7

他の 2 枚の試験片に対しても同様に,7.1

7.6 までの操作を繰り返し,それぞれの摩耗質量を求める。

研磨材は,原則として,その度に新しいものを使用する。ただし,研磨材を繰り返し使用する場合は,使

用回数は 3 回以内にとどめるのが望ましい。

なお,研磨材を繰り返し使用する際には,いずれの試験片にも研磨材の使用回数が同じになるよう,組

合せを考慮しなければならない。組合せの一例を

表 に示す。

8.

計算

8.1

3

枚の試験片の摩耗質量について,第 1 回目,第 2 回目及び第 3 回目ごとの平均値並びにそれらの総

平均値を求める。

8.2

試験結果は,摩耗質量 (mg) を密度(

2

)

で除した摩耗量 (mm

3

)

で表すことを原則とするが,摩耗質量

をもって表すこともできる。

(

2

)

試料の密度は,JIS K 7112によって測定する。

8.3

試験結果は,JIS Z 8401 によって有効数字 2 けたに丸める。

9.

報告  報告には,次の事項を含ませる。

(1)

試験した材料の種類,等級


6

K7205-1995

(2)

試験片の作製方法

(3)

試験片の状態調節

(4)

試験室の雰囲気状態

(5)

試験した試験片の数

(6)

研磨材の種類及び落下質量 (g/min)

(7)

摩耗量(又は摩耗質量)は,第 1 回目,第 2 回目及び第 3 回目ごとの平均値並びに総平均値

(8)

試験年月日

(9)

その他必要と思われる事項

高分子部会  プラスチックの摩耗試験方法専門委員会  構成表(昭和 49 年 4 月 1 日制定のとき)

氏名

所属

(委員会長)

山  口  章三郎

工学院大学生産機械工学科

赤  羽  信  久

通商産業省基礎産業局

菊  地  邦  雄

工業技術院標準部

松  原      清

工業技術院機械技術研究所

大  出      譲

財団法人日本プラスチック検査協会

野  村      博

茨城電気通信研究所成形部品研究室

小  山  俊  吉

硬質塩化ビニール板協会技術部

福  見      順

合成樹脂工業協会

松  見  成  俊

株式会社上島製作所試験機部

広  瀬  三  郎

日本ビニル工業会

森  山  寛  厚

帝人株式会社プラスチック研究所商品材料研究室

山  田      毅

旭ダウ株式会社プラスチック加工研究所

野  中  矩  仁

三菱樹脂株式会社平塚研究所

村  井  真三次

住友ベークライト株式会社技術部

伊  沢  秀  治

日本プラスチック工業連盟

鹿  毛  紀久雄

プラスチック標準試験方法研究会

(事務局)

鎌  田  矩  夫

工業技術院標準部繊維化学規格課

石  川  哲之介

工業技術院標準部繊維化学規格課

(事務局)

青  木  誠  治

工業技術院標準部繊維化学規格課(昭和 52 年 5 月 1 日改正のとき)

石  川  哲之介

工業技術院標準部繊維化学規格課(昭和 52 年 5 月 1 日改正のとき)

(事務局)

小  林      勝

工業技術院標準部繊維化学規格課(平成 7 年 5 月 1 日改正のとき)

砂  川  輝  美

工業技術院標準部繊維化学規格課(平成 7 年 5 月 1 日改正のとき)