>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

k 71

45 :

2000

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS K 7145

  プラスチック−アミノ樹脂成形材料−揮発分の求め方

ISO 3671 : 1976

  プラスチック−アミノ樹脂成形材料の揮発分の測定方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

1.

適用範囲

2.

引用規格

3.

装 置 及 び 器

3.1

はかり瓶

○ 50mm×30mm の平形はかり

瓶又は 45mm×35mm の密閉

できるふた付きのもの。

○ 45mm×35mm の密閉できるふた

付きのもの。

= 50mm×30mm の平形はかり

瓶を使用してもよいことと

した。

結果に影響がないので,JIS
で規定しているものを追加

した。

3.2

恒温槽

3.3

はかり

4.

試料の保管

5.

手順

6.

結果の表示

○  小数点 1 けたまで計算し,数

値の丸め方は JIS による。

○ けた数は規定していない。

けた数をそろえるために規

定した。

7.

試験報告書

備考1.  対比項目(Ⅰ)及び(Ⅲ)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(Ⅳ)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。