>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 71

12 :

1999

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS K 7112 : 1999

  プラスチック−非発泡プラスチックの密度及び比重の

測定方法

ISO 1183 : 1987 , Plastics - Methods of determining the density and relative density of non-cellular

plastics

(ブラスチック−非発泡プラスチックの密度及び相対密度の測定方法)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

〇  非発泡プラスチックの密度

と比重の測定方法について
規定

ISO 1183 : 1987 

〇 JIS に同じ

(2)

引用規格

(3)

用語の定義

(4)

試 験 の 一 般
条件

(5)

試験方法

〇  A 法:水中置換法

  B

法:ピクノメーター法

ピクノメーター法は固形樹脂の
測定法だけを規定

  C

法:浮沈法

  D

法:密度こうばい法

試験装置

〇  密度こうばい法に日本で採

用している B 法の装置追加

〇 密度こうばい法は A 法だけ規定

ピクノメーター法に,液状樹
脂の密度測定方法が含まれ
ず,別途,ISO 1675 : 1985 と

して規定されている 
基本的な測定方法は同じ

(6)

空 気 の 浮 力
補正

(7)

試験報告書

(8)

附属書 1(参
考)

〇  旧 JIS に記載の密度こうばい

管使用液の例を添付

(9)

附属書 2(規
定)

〇  ピクノメーター法による液

状樹脂の密度測定法を添付

ISO 1675 : 1985 

(10)

その他

単位

〇  主に SI 単位で記載し従来の

CGS

単位は括弧内に記載

〇 CGS 単位系

備考1.  対比項目(Ⅰ)及び(Ⅲ)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2. 

対比項目(Ⅳ)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。