>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 71

10 :

1999

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS K 7110 : 1999

  プラスチック−アイゾット衝撃強さの試験方法

ISO 180 : 1993

  プラスチック−アイゾット衝撃強さの試験方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番
号(省略)

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

〇  プラスチックのアイゾット

衝撃強さ試験方法

〇 プラスチックのアイゾット衝撃

強さ試験方法

(附属書 1)

硬質プラスチックのアイゾ

ット衝撃試験

ADP

附属書は“硬質”に限定 2004 年 6 月 30 日まで適用

(2)

引用規格

(3)

定義

(4)

原理

〇  試験片を振り子の 1 回の振り

下ろしで破壊させる。

〇 試験片を振り子の 1 回の振り下

ろしで破壊させる。

(5)

装置

〇  振り子:5 種類

〇 振り子:5 種類

基礎台:使用する最も重い振

り子の質量の 40 倍以上の
質量のものに固定

基礎台:使用する最も重い振り子

の質量の 40 倍以上の質量のも
のに固定

打撃刃先端半径:0.8±0.2mm

打撃刃先端半径:0.8±0.2mm

締付け面:0.025mm の精度で

平行

締付け面:0.025mm の精度で平行

打撃刃先端:バイスの 22.0±

0.2mm

上面

打 撃 刃 先 端 : バ イ ス の 22.0 ±

0.2mm

上面

マイクロメータ,ゲージ:

0.02mm

の精度,幅 2∼3mm

のアンビルを備えたマイ
クロメータ

マイクロメータ,ゲージ:0.02mm

の精度,幅 2∼3mm のアンビル

を備えたマイクロメータ

(附属書 1A)

ADP

従来の装置を規定 2004 年 6 月 30 日まで適用

振り子:5 種類

基礎台:強固であること(ハ

ンマ質量の 40 倍以上)

機枠:堅ろうであること

衝撃刃刃縁半径:0.8mm


 

2

K 71

10 :

1999

 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II) 国 際 規 格 番

号(省略)

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(5)

装置

締付け面:互いに平行

打撃刃先端:支持台の 22.0±

0.2mm

上面

マイクロメータ:0.01mm ま
で測定

ADP

従来の試験片を規定 2004 年 6 月 30 日まで適用

(6)

試験片

〇  4 種類の試験片(優先使用あ

り) 
圧縮成形,射出成形又は切削

加工による

ノッチ:タイプ A−45±1°,

0.25

±0.05mm

タイプ B−45±1°,

1

±0.05mm

タイプ 1 試験片:

長さ−80±2mm,
幅−10.0±0.2mm,
厚さ−4.0±0.2mm

タイプ 2∼4 も規定(附属書

A

試験片の数:10 個(条件満た

せば 5 個)

(附属書 1)

4

種類の試験片(すべてノッ

チあり)

射出成形,圧縮成形又は機械

加工

ノッチ角度:

45

±1°,0.25±0.025mm

45

±1°,1.0±0.05mm

〇 圧縮成形,射出成形又は切削加工

による 
ノッチ:タイプ A−45±1°,

0.25

±0.05mm

タイプ B−45±1°,1±

0.05mm

タイプ 1 試験片:

長さ−80±2mm, 
幅−10.0±0.2mm,

厚さ−4.0±0.2mm

タイプ 2∼4 も規定(附属書 A)
数:10 個(5 個)


 

3

K 71

10 :

1999

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II) 国 際 規 格 番

号(省略)

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

1

号 A 試験片:

長さ−80±2mm 
幅(IS では厚さ)−4.0±

0.2mm

厚 さ (IS で は 幅 ) − 10.0 ±

0.1mm

他に 1 号 B,2 号 A,2 号 B
を規定 
試験片の数:10 個(条件満た

せば 5 個)

(7)

手順

(8)

計 算 及 び 結
果の表示

〇  有効数字 2 けた

(附属書 1) 
小数第 1 位,50 超えは整数位

〇 有効数字 2 けた

ADP

従来の数値の丸め方を規定

2004

年 6 月 30 日まで適用

(9)

精度

〇  試験室間のデータがないの

で精度は不明

〇 試験室間のデータがないので精

度は不明

(10)

報告

〇  規格番号,方法の分類,破壊

タイプ等 
(附属書 1)

規格番号,衝撃方法,その他

事項等

〇 規格番号,方法の分類,破壊タイ

プ等

(附属書 1)

規格番号,衝撃方法,その他事項

ADP

従来の報告内容を規定

2004

年 6 月 30 日まで適用

(11)

その他

(附属書 A)

〇  試験片タイプ 2∼4

〇 試験片タイプ 2∼4

備考1.  対比項目(Ⅰ)及び(Ⅲ)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(Ⅳ)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。ただし,採用した部分において,JIS として必要な規定内容を追加し,

又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。