>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 6934-2

:2007

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本 ABS 樹脂工業

会(JARIA)/日本プラスチック工業連盟(JPIF)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日

本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日

本工業規格である。

これによって,JIS K 6934-2:1999 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 2580-2:2003,Plastics−Acrylonitrile-

butadiene-styrene (ABS) moulding and extrusion materials

−Part 2: Preparation of test specimens and determination

of properties

を基礎として用いた。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS K 6934-2

には,次に示す附属書がある。

附属書 A(規定)連続相中の結合アクリロニトリル含有量の測定

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 6934

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS K 6934-1

  第 1 部:呼び方のシステム及び仕様表記の基礎

JIS K 6934-2

  第 2 部:試験片の作り方及び性質の求め方


K 6934-2

:2007

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

2

3.

  試験片の作製方法

4

3.1

  一般

4

3.2

  成形前の材料の取扱い

4

3.3

  射出成形

4

3.4

  圧縮成形

4

4.

  試験片の状態調節

5

5.

  性質の求め方

5

附属書 A(規定)連続相中の結合アクリロニトリル含有量の測定

8

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

9

 


日本工業規格

JIS

 K

6934-2

:2007

プラスチック−アクリロニトリル-

ブタジエン-スチレン(ABS)

成形用及び押出用材料−

第 2 部:試験片の作り方及び性質の求め方

Plastics

−Acrylonitrile-butadiene-styrene (ABS)

moulding and extrusion materials

Part 2: Preparation of test specimens and determination of properties

序文  この規格は,2003 年に第 1 版として発行された ISO 2580-2:2003,Plastics−Acrylonitrile-butadiene-

styrene (ABS) moulding and extrusion materials

−Part 2: Preparation of test specimens and determination of

properties

を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変更の一覧

表をその説明を付けて,

附属書 1(参考)に示す。

1.

適用範囲

1.1

この規格は,成形用及び押出用 ABS 材料の試験片の作製方法及び性質の求め方について規定する。

この規格は,試験材料の取扱い並びに成形前の試験材料及び試験前の試験片の状態調節についての要求事

項を規定する。

1.2

試験片を作製する手順及び条件,並びに成形した試験片を用いてその材料の性質を求める手順を規

定する。成形用及び押出用 ABS 材料を特徴を知るための,適切,かつ,必要な性質及びその求め方につい

て規定する。

1.3

性質は,JIS K 7140-1 に規定する一般的な試験方法から選定する。これ以外にもこれらの成形用及び

押出用材料について広範囲に用いる試験方法又は特殊で重要な試験方法も JIS K 6934-1 に規定する呼び方

の分類の性質にあるように,この規格に含まれている。

1.4

再現性があり,かつ,他と比較できる試験結果を得るためには,この規格に規定する試験片の作製

方法,状態調節方法,試験片寸法及び試験手順を用いる必要がある。寸法の異なる試験片及び異なる手順

によって得られた試験結果は,必ずしも一致するとは限らない。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 2580-2:2003

,Plastics−Acrylonitrile-butadiene-styrene (ABS) moulding and extrusion materials

−Part 2: Preparation of test specimens and determination of properties (MOD)


2

K 6934-2

:2007

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構

成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規格は,その

最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 2134

  湿潤状態での固体電気絶縁材料の比較トラッキング指数及び保証トラッキング指数を決

定する試験方法

備考  IEC 60112:1979,Method for determining the comparative and the proof tracking indices of solid

insulating materials under moist conditions

が,この規格と一致している。

JIS C 60695-11-10:2006

  耐火性試験−電気・電子−第 11-10 部:試験炎−50 W 試験炎による水平及

び垂直燃焼試験方法

備考  IEC 60695-11-10:1999,Fire hazard testing−Part 11-10: Test flames−50 W horizontal and vertical

flame test methods

が,この規格と一致している。

JIS K 6869

  プラスチック−ガスクロマトグラフ法によるポリスチレン中の残留スチレンモノマーの

求め方

備考  ISO 2561:1974,Plastics−Determination of residual styrene monomer in polystyrene by gas

chromatography

が,この規格と一致している。

JIS K 6934-1

  プラスチック−アクリロニトリル-ブタジエン-スチレン(ABS)成形用及び押出用材料

−第 1 部:呼び方のシステム及び仕様表記の基礎

備考  ISO 2580-1:2002,Plastics−Acrylonitrile-butadiene-styrene (ABS) moulding and extrusion materials

−Part 1: Designation system and basis for specifications が,この規格と一致している。

JIS K 7111-1

  プラスチック−シャルピー衝撃特性の求め方−第 1 部:非計装化衝撃試験

備考  ISO 179-1:2000,Plastics−Determination of Charpy impact properties−Part 1: Non-instrumented

impact test

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS K 7112

  プラスチック−非発泡プラスチックの密度及び比重の測定方法

備考  ISO 1183:1987,Plastics−Methods for determining the density and relative density of non-cellular

plastics

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS K 7139

  プラスチック−多目的試験片

備考  ISO 3167:1993,Plastics−Multipurpose test specimens が,この規格と一致している。

JIS K 7140-1

  プラスチック−比較可能なシングルポイントデータの取得と提示−第 1 部:成形材料

備考  ISO 10350-1:1998,Plastics−Acquisition and presentation of comparable single-point data−Part 1:

Moulding materials

が,この規格と一致している。

参考  ISO 2580-2:2003 での引用規格では,1993 年版を引用規格にしているが,同規格は廃版とな

っており,同規格の改正版の ISO 10350-1:1998 を採用した。

JIS K 7144

  プラスチック−機械加工による試験片の調製

備考  ISO 2818:1994,Plastics−Preparation of test specimens by machining が,この規格と一致してい

る。

参考  ISO 2580-2:2003 での引用規格では,1980 年版を引用規格にしているが,内容的には,1994

年版と変わらないため,1994 年版を採用した。

JIS K 7151

  プラスチック−熱可塑性プラスチック材料の圧縮成形試験片

備考  ISO 293:1986,Plastics−Compression moulding test specimens of thermoplastic materials が,この


3

K 6934-2

:2007

規格と一致している。

JIS K 7152-1

  プラスチック−熱可塑性プラスチック材料の射出成形試験片−第 1 部:通則並びに多

目的試験片及び短冊形試験片の成形

備考  ISO 294-1: 1996,Plastics−Injection moulding of test specimens of thermoplastic materials−Part 1:

General principles

,and moulding of multipurpose and bar test specimens が,この規格と一致して

いる。

JIS K 7160

  プラスチック−引張衝撃強さの試験方法

備考  ISO 8256:1990,Plastics−Determination of tensile-impact strength が,この規格と一致している。

JIS K 7162

  プラスチック−引張特性の試験方法−第 2 部:型成形,押出成形及び注型プラスチック

の試験条件

備考  ISO 527-2:1993,Plastics−Determination of tensile properties−Part 2: Test conditions for moulding

and extrusion plastics

が,この規格と一致している。

JIS K 7171

  プラスチック−曲げ特性の試験方法

備考  ISO 178:1993,Plastics−Determination of flexural properties が,この規格と一致している。

JIS K 7191-2

  プラスチック−荷重たわみ温度の試験方法−第 2 部:プラスチック及びエボナイト

備考  ISO 75-2:1993,Plastics−Determination of temperature of deflection under load−Part 2: Plastics

and ebonite

が,この規格と一致している。

JIS K 7201-2

  プラスチック−酸素指数による燃焼性の試験方法−第 2 部:室温における試験

備考  ISO 4589-2:1996 , Plastics − Determination of burning behaviour by oxygen index − Part 2:

Ambient-temperature test

が,この規格と一致している。

参考  ISO 2580-2:2003 での引用規格では,ISO 4589:1984 を引用規格にしているが,同規格は,廃

版となっており,その改正版 ISO 4589-2:1996 を採用した。

JIS K 7209

  プラスチック−吸水率の求め方

備考  ISO 62:1999,Plastics−Determination of water absorption が,この規格と一致している。

参考  ISO 2580-2:2003 での引用規格では,1980 年版を引用規格にしているが,内容的には,1999

年版と変わらないため,1999 年版を採用した。

JIS K 7210

  プラスチック−熱可塑性プラスチックのメルトマスフローレイト(MFR)及びメルトボ

リュームフローレイト(MVR)の試験方法

備考  ISO 1133:1997,Plastics−Determination of the melt mass-flow rate (MFR) and the melt volume-flow

rate (MVR) of thermoplastics

が,この規格と一致している。

ISO 180:2000

,Plastics−Determination of Izod impact strength

参考  ISO 2580-2:2003 での引用規格では,1993 年版を引用規格にしているが,内容的には,2000

年版と変わらないため,2000 年版を採用した。

ISO 306:1994

,Plastics−Thermoplastic materials−Determination of Vicat softening temperature (VST)

ISO 527-4:1997

,Plastics−Determination of tensile properties−Part 4: Test conditions for isotropic and

orthotropic fibre-reinforced plastics composites

ISO 899-1:2003

,Plastics−Determination of creep behaviour−Part 1: Tensile creep

参考  ISO 2580-2:2003 での引用規格では,1993 年版を引用規格にしているが,内容的には,2003

年版と変わらないため,2003 年版を採用した。

ISO 1656:1996

,Rubber,raw natural,and rubber latex,natural−Determination of nitrogen content


4

K 6934-2

:2007

ISO 4581:1994

,Plastics−Styrene/acrylonitrile copolymers−Determination of residual acrylonitrile monomer

content

−Gas chromatography method

ISO 11357-2:1999

, Plastics− Differential scanning calorimetry (DSC) − Part 2: Determination of glass

transition temperature

IEC 60093:1980

,Methods of test for volume resistivity and surface resistivity of solid electrical insulating

materials

IEC 60243-1:1998

, Electrical strength of insulating materials− Test methods− Part 1: Tests at power

frequencies

IEC 60250:1969

,Recommended methods for the determination of the permittivity and dielectric dissipation

factor of electrical insulating materials at power

,audio and radio frequencies including metre wavelengths

IEC 60296:1982

,Specification for unused mineral insulating oils for transformers and switchgear

3.

試験片の作製方法

3.1

一般  すべての試験片は,それぞれの成形方法について,射出成形又は圧縮成形のいずれも表 

表 に示す同一の成形条件で作製しなければならない。各試験法に使用する手順は,表 及び表 に示

す。

材料は,使用するまで防湿容器に保存する。充てん材又は強化材入りの材料の水分質量分率は,コンパ

ウンドの全質量当たりの百分率で表す。

3.2

成形前の材料の取扱い  試験片にスプレーマークのような表面欠陥が生じないように,成形前に材

料を適切な条件で乾燥する。

参考1.  スプレーマークは,銀条(シルバーストリークス)ともいう。

2.

材料の乾燥条件は,70∼80

℃で 2∼12 時間の範囲が望ましい。

3.3

射出成形  射出試験片は,JIS K 7152-1 に従い,表 に規定する条件で作製する。表 の温度は目標

値で,その許容値は JIS K 7152-1 による。

  1  試験片の射出成形条件

材料

溶融温度

金型温度

平均射出速度

mm/s

難燃グレード 220

60

200

±100

一般及び耐熱グレ−ド 250

60

200

±100

3.4

圧縮成形  圧縮成形試験片は,JIS K 7151 の規定に従って,表 に規定する条件で作製する。性質

の測定に必要な試験片は,JIS K 7144 の規定に従って切削するか又は打ち抜いて作製する。温度は目標値

とし,その許容値は JIS K 7151 による。

  2  試験片の圧縮成形条件

材料

成形温度

平均冷却速度

℃/min

成形品取出温度

全圧

MPa

加圧時間

min

予熱時間

min

難燃グレード 200

10

≦60 4±0.5

5

±1 5±1

一般及び耐熱グレード 220

10

≦60 4±0.5

5

±1 5±1


5

K 6934-2

:2007

4.

試験片の状態調節  レオロジー的性質及び熱的特性の測定に用いる試験片は,試験の開始前まで温度

23

±2

℃のデシケータ内で保存する。それ以外の試験片は,温度 23±2

℃で,相対湿度(50±10)%の条件

下で,少なくとも 16 時間状態調節をする。

5.

性質の求め方  性質の求め方及びデータの提示は,JIS K 7140-1 による。すべての試験は,表 及び

表 に特に規定がなければ,標準状態の,温度 23±2

℃,相対湿度(50±10)%の条件下で行う。

表 に,JIS K 7140-1 に規定するものの中から,射出成形用及び押出成形用の ABS 材料に適切な性質を

示す。これらの特性は,他の熱可塑性プラスチックのデータと比較するのに有用である。これらの性質を

用いて異なる材料と比較できるのは,同じ系統の熱可塑性プラスチックに限る。

表 には,表 に規定していない性質で,射出成形用及び押出成形用の ABS 材料を特徴付けるのに重要

な特性又は一般に広く用いられている性質を示す。


6

K 6934-2

:2007

  3  一般的性質及びその試験条件(JIS K 7140-1 から抜粋)

性質

単位

規格

試験片のタイ

プ及び寸法

mm

試験片の

調製法

試験条件及び補足説明

レオロジー的性質

メルトマスフローレイ

g/10 min

メルトボリュームフロ
ーレイト

cm

3

/10min

JIS K 7210 

成形材料

− 220

℃,10 kg (

1

)

機械的性質

引張弾性率

試験速度 1 mm/min

引張降伏応力

MPa

試験速度 50 mm/min

引張降伏ひずみ

試験速度 50 mm/min

引張破壊呼びひずみ

試験速度 50 mm/min

50

%ひずみ時引張応力

MPa

JIS K 7162

及び

ISO 527-4 

試験速度 50 mm/min。50

%ひずみま

で降伏しない場合xだけ適用する。

1

時間

引張クリープ弾性率

MPa

ISO 899-1 

JIS K 7139 

1 000

時間

ひずみ≦ 0.5

曲げ弾性率

曲げ強さ

MPa

JIS K 7171 

80

×10×4

試験速度 2 mm/min

シャルピー衝撃強さ 80×10×4

ノッチ付きシャルピー

衝撃強さ

JIS K 7111-1

80

×10×4

V-

ノッチ,

r

=0.25

エッジワイズ衝撃 
破壊形状を記録

ノッチ付き引張衝撃強

kJ/m

2

JIS K 7160 

80

×10×4

ダブル V-ノッ
チ,r=1

射出成形

ノッチ付きシャルピー試験で破壊し

ない場合だけに適用。

熱的性質

ガラス転移点

ISO 11357-2

成形材料

中点の温度を記録。10

℃/min を使用。

荷重たわみ温度

JIS K 7191-2 80

×10×4 0.45

MPa

及び 1.8 MPa

ビカット軟化温度

ISO 306 

10

×10×4

加熱速度 50

℃/h  荷重 50 N

燃焼性 mm/min

JIS C

60695-11-10

125

×13×3 V-0,V-1,HB40,HB75 の区分を記録

着火性

JIS K 7201-2 80

×10×4

射出成形

手順 A−上面着火

注(

1

)  N-

フェニルマレイミドの質量分率が少ない耐熱グレードにおいて,220

℃,10 kg で,シリンダ壁にポリマーが

付着する場合,又は MFR/MVR 値の再現性が悪い場合は,240

℃,10 kg を推奨する。さらに,N-フェニルマレ

イミドの質量分率が多い耐熱グレードにおいて,240

℃,10 kg で,シリンダ壁にポリマーが付着する場合,又

は,MFR/MVR 値の再現性が悪い場合は,265

℃,10 kg を推奨する。


7

K 6934-2

:2007

  3  一般的性質及びその試験条件(JIS K 7140-1 から抜粋)(続き)

性質

単位

規格

試験片の

タイプ及び寸法

mm

試験片の

調整法

試験条件及び補足説明

電気的性質

100 Hz

比誘電率

1 MHz

100 Hz

誘電圧接

IEC 60250 

1 MHz

電極のエッジの影響を補正

体積抵抗率

Ω・m 1 分値

表面抵抗率

Ω

IEC 60093 

≧80×≧80×1

圧縮成形

電圧

500 V

電極

(

2

)

≧80×≧80×1

耐電圧 kV/mm

IEC 60243-1 

≧80×≧80×3

射出成形

25 mm/75 mm

の同軸シリンダ形の電極を使

用。IEC 60296 の変圧器油に浸す。20 秒の
迅速昇圧法を使用。

耐トラッキン
グ性

JIS C 2134 

≧15×≧15×4

射出成形

溶液 A を使用

その他の性質

23

℃の水中での飽和値

吸水率

JIS K 7209 

厚さ  ≧1

圧縮成形

23

℃,相対湿度 50

%での飽和値

密度 kg/m

3

JIS K 7112 

多目的試験片の中
央部を使用

射出成形

注(

2

)

電極形状は,IEC 規格の許容範囲であれば,種々の大きさの電極が使用できる。表面抵抗の電極として,JIS 

K 7140-1

で,長さ 50 mm のライン電極を規定しているが,一般的でない。

  4  成形及び押出用 ABS に特に有用な追加の性質と試験条件

性質

単位

規格

試験片の

タイプ及び寸法

mm

試験片の

調製法

試験条件及び補足説明

機械的性質

アイゾット衝撃強さ kJ/m

2

ISO 180 

80

×10×4

射出成形

破壊形状を記録

その他の性質

残留スチレンモノマー含有量

JIS K 6869 

残留アクリロニトリル含有量

ISO 4581 

成形材料

結合アクリロニトリル含有量

ISO 1656 

附属書 による。 


8

K 6934-2

:2007

附属書 A(規定)連続相中の結合アクリロニトリル含有量の測定

A.1

  原理  連続相中の非結合樹脂を分散エラストマ相から分離し,樹脂中の窒素含有量を測定し,連続相

中のアクリロニトリル含有量を算出する。

A.2

  操作手順

A.2.1

  ヘキサンによる予備抽出  乾燥した粒状物(およそ 3 mm×3 mm×3 mm)を,ヘキサンを用いてソ

クスレー抽出装置で約 80 時間抽出する。この間,酸化防止剤,滑剤などの添加剤を除く。抽出残留物を,

60

℃で少なくとも 2 時間,真空状態で乾燥する。

A.2.2

  アセトン抽出  A.2.1 で得られた抽出残留物 1.2 g をとり,アセトン 50 cm

3

を使用し,室温で時々か

き混ぜ 24 時間抽出する。分散溶液を遠心分離にかけ,不溶の残留物と透明な樹脂の溶液とに分離する(毎

分 2 万回転,40 分間の操作で十分である。

。残留物をアセトンで数回洗い出し,遠心分離する。

アセトン抽出物を合わせたものは,非結合の樹脂を全量含み,−10

℃で,メタノール 10 倍量中に注いで

沈殿させる。沈殿した樹脂を,60

℃で真空乾燥する。

A.2.3

  アクリロニトリル含有量  ISO 1656 に規定するケルダールミクロ法によって,沈殿した樹脂の窒素

含有量を測定する。窒素含有量から,アクリロニトリル含有量を,次の式によって計算で求める。

AN

=3.79 N

ここに,

AN

: アクリロニトリルの含有量(質量分率  %)

N

: 窒素の含有量(質量分率  %)

3.79

: アクリロニトリル(C

2

H

3

CN

)と窒素との分子量の比

A.3

  その他の方法  アクリロニトリル含有量の比率は,熱分解・熱伝導度法によって求めることができ

る。


9

K 6934-2

:2007

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 6934-2

:2007  プラスチック−アクリロニトリル-ブタジエン-スチレン

(ABS)成形用及び押出用材料−第 2 部:試験片の作り方及び性質の求め方

ISO 2580-2

:2003  プラスチック−アクリロニトリル-ブタジエン-スチレン(ABS)成

形用及び押出用材料−第 2 部:試験片の作り方及び性質の求め方

(

Ⅰ)  JIS の規定

(

Ⅱ)

国際規
格番号

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容 
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の

理由及び今後の対策

項目

番号

内容

項目

番号

内容

項目ごと

の評価

技術的差異の内容

1.

適用範囲

JIS K 7140-1 

ISO 

2580-2 

1

ISO 10350 

MOD/

変更

引用規格 ISO 10350 を JIS K 

7140-1

に変更。

理由及び対応は,5.

性質の求め方の箇

条と同じ。

2.

引用規格 29 件

JIS K 7140-1

JIS K 7201-2 

2 29

ISO 10350

ISO 4589 

MOD/

変更

変更 2 件

他の箇条で,引用規格の変更があった
ため。

3.

試験片の作り方

3

IDT

4.

試験片の状態調節

4

IDT

5.

性質の求め方

JIS K 7140-1 

5

ISO 10350 

MOD/

変更

引用規格 ISO 10350 を JIS K 

7140-1

に変更。そのため表 3 中

の規格を,次のように変更した。
・着火性の規格を JIS K 7201-2

ISO 4589-2)へ変更。

・体積抵抗率及び表面抵抗率の

測定電圧を,500 V へ変更。ま
た,電極形状を実態に合わせ

たものを使用可とした。

・吸水率の寸法を JIS K 7140-1

のとおり,厚さ≧1 とした。

引用規格の ISO 10350 は,廃止され,

ISO 10350-1

及び ISO 10350-2 に分割し

て制定された。 
  この JIS では,引用規格が ISO 10350 

-1

となるので,これの一致規格である

JIS K 7140-1

を対応 ISO 規格に先行し

て引用。 
  また,体積抵抗率及び表面抵抗率に

使用する電極形状は,線状電極の日本
での使用実態なく,引用 IEC 規格内で
の形状を使用可とした。

  吸水率の寸法が ISO 10366-2 では誤
記入されている。 
本体対応 ISO 規格を改訂予定。

附属書 A

Annex A

IDT

2

K 6934-2


2007


10

K 6934-2

:2007

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  IDT………………  技術的差異がない。 
    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。 

2

K 6934-2


2007