>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 K

6884

-1971

四ふっ化エチレン樹脂普通寸法

許容差(削り加工)

General Tolerance for Polytetrafluoroethylene (Machine Cut)

1.

適用範囲  この規格は,四ふっ化エチレン樹脂を削り加工したものの普通寸法許容差(以下許容差と

いう。

)について規定する。

備考  ここでいう四ふっ化エチレン樹脂とは慣用名であり,その化学名はポリテトラフルオロエチレ

ンという。

2.

測定条件  測定は 25±2℃のふん囲気中で 4 時間以上静置したのち,その温度で行なう。

3.

許容差  許容差は 1 級および 2 級とし,その値はつぎの表による。

 

単位 mm

許容差

呼び寸法の区分

1

  級

2

  級

1

以上 16 以下

±0.1

±0.3

16

をこえ 40 以下

±0.2

±0.6

40

をこえ 63 以下

±0.3

±0.8

63

をこえ 100 以下

±0.4

±1.0

100

をこえ 160 以下

±0.5

±1.2

160

をこえ 250 以下

±0.6

±1.4

250

をこえ 400 以下

±0.7

±1.7

400

をこえ 630 以下

±1.0

±2.0

630

をこえ 1000 以下

±1.5

±2.5


2

K 6884-1971

高分子部会  4F 寸法差専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

堀      三  陽

東邦大学

太  田  清  水

ブリヂストンタイヤ株式会社

横  山      豊

工業技術院計量研究所

丸  田  幸  栄

通商産業省化学工業局化学第二課

赤  羽  信  久

工業技術院標準部

岸  田  周  三

防衛庁技術研究本部

吉  沢  賢  一

日本電気計測器工業会

鈴  本  作  良

社団法人日本自動車部品工業会

近  森  徳  重

株式会社阪上製作所

中  山  貞  望

日本電気株式会社

藤  井  一  正

日本ジョンクレーン株式会社

勝  見      進

日本ピラー工業株式会社

仁戸部  鞆  彦

日本バルカー工業株式会社

柿  沼  弥  一

日本ダッジファイバーズ株式会社

森  山  康  弘

日東電気工業株式会社

柳  瀬      昇

大日日本電線株式会祉

田  中  年  男

日本アスベスト株式会社

野間口  兼  良

日本弗素化学協会

(事務局)

遠  山  雄  一

工業技術院標準部繊維化学規格課

伊  藤  定  義

工業技術院標準部繊維化学規格課