>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 6867 : 1999 (ISO 10354 : 1992)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。

参考  こ の 規 格 は , ISO 10354 : 1992,   Adhesives − Characterization of durability of

structural-adhesive-bonded assemblies

−Wedge rupture test を基礎としている。


日本工業規格

JIS

 K

6867

: 1999

 (I

10354

: 1992

)

接着剤−構造接着接合品の

耐久性試験方法−くさび破壊法

Adhesives

−Characterization of durability of structural-

adhesive-bonded assemblies

−Wedge rupture test

序文  この規格は,1992 年第 1 版として発行された,ISO 10354, Adhesives−Characterization of durability of

structural-adhesive-bonded assemblies

−Wedge rupture test を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更する

ことなく作成した日本工業規格である。

1.

適用範囲  この規格は,金属接着剤とプライマーとの界面における接着接合部の強さと効力を定量的

方法で推量するものである。

またこの規格は,基材の表面処理のチェック方法として利用することができる。

この方法は,現在アルミニウムとチタン合金との接着に適用するが,被着材の厚さと硬さを考慮したう

えで,他の金属及びプラスチックの表面処理の評価に使用してもよい。

2.

引用規格  次の規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。こ

の規格の発行時点では,ここに示す版が有効である。すべての規格は改正されることがあるので,この規

格の使用者は,引用規格の最新版を適用できるかどうか検討するのが望ましい。

ISO 4588 : 1989,

  Adhesives−Preparation of metal surfaces for adhesive bonding

ISO 9142 : 1990,

  Adhesives−Guide to the selection of standard laboratory ageing conditions for

testing bonded joints

ISO 10365 : 1992,

  Adhesives−Designation of main failure patterns

3.

原理  この試験方法は,接着剤で互いに接合された 2 枚の板の間に挿入したくさびが試験中に進むこ

とによる。これによって発生したき裂の長さを,試験条件下で生じたき裂の進行として測定される。

4.

装置

4.1

くさび  試験用試料の被着材と化学的に相互作用(電気的腐食)しない組成のもの。

ステンレス鋼製くさびは,被着材の多くをよく動かそうとすることが分かっており,非常に耐久性があ

り再使用可能である(

図 参照)。


2

K 6867 : 1999 (ISO 10354 : 1992)

図 1  くさびの寸法

4.2

くさび打ち込み装置  ゆっくりと一定に進入する(毎分 30mm±5mm)ように適した設計のもの。

しかし,くさびが斜めに進入したり斜めに動くおそれがあるものは除く。

4.3

双眼拡大鏡  10 倍∼40 倍拡大するもの。

4.4

ストップウォッチ  最小目盛 1 秒の精確さのもの。

4.5

厚さ測定器具  最小目盛 0.01mm の精確さのもの。

5.

手順

5.1

試験片の作製  試験片は図 に示すように接着した,寸法 130mm×150mm× (3±0.1) mm の 2 枚の

板から作製しなければならない。

板を接着する前に,必要部分以外が接着しないように,薄い(0.1mm 以下)接着防止テープを張る(

2

参照)

。テープの材質は普通ポリテトラフルオロエチレンを使用する。


3

K 6867 : 1999 (ISO 10354 : 1992)

図 2  試験片を切断する接着板の寸法

板は表面処理し,試験する接着剤の製造業者の指示によって板を接着する。必要ならば接着した板を

23

℃±2℃に置く。中央線から始めて,接着した板から幅 27mm,長さ 150mm の 4 枚をのこぎりで切る。

この細長い板の切断したへりを試験片が幅 25mm±0.1mm になるように,機械で仕上げる。代わりに寸法

150mm

×27mm× (3±0.1) mm

の試験片を個別に作製し接着後幅 25mm±0.1mm に機械で仕上げてもよい。

個々の試験片について,

接着剤層の平均厚みを測る。

このためには,

個々の試験片について正確に 0.01mm

まで測定し平均値を計算する。

5.2

試験片の数  10 個以上の試験片で試験を行う。


4

K 6867 : 1999 (ISO 10354 : 1992)

5.3

測定  各試験片について,図 に示すようにくさび(4.1)を完全に頭が入るまで装置(4.2)によって打

ち込む。このためには,接着防止テープのある試験片の端を開き,くさびを挿入する。くさびは毎分 30mm

±5mm の速度でゆっくりと一定に進入するように接着接合部の中へ押し,くさびの位置が,その端と側面

が試験片の側面とほぼ平面になるようにする。

図 3  くさびを入れた試験片

各試験片の側面のクラックの位置を双眼拡大鏡(4.3)で観察し測定する。この位置を細くて消えない線で

マークを付ける。

くさびと被着材の接点からマークまでの初期クラックの長さを,試験片のそれぞれのへりで mm 単位で

測定する。初期クラックの長さの平均値 l

0

を記録する。

試験片を ISO 9142 に規定する組合せ条件の一つで養生する。

養生後,試験片を 60 分±10 分(4.4 参照)安定した環境条件下で保持する。

試験片のそれぞれのへりの最終長さを mm 単位で測定する。

最終クラックの長さの平均値 l

F

を記録する。

試験片の 2 枚を離して ISO 10365 によって破壊様式を求める。

6.

結果の表示  各試験片について,養生後のクラック長さの平均伸長値

l(図 参照)を,次の式を用

いて mm 単位で求める。

ll

F

l

0

ここに,  l

F

及び l

0

は 5.3 で定義している。

各破壊様式について,

の算術平均値を求める。


5

K 6867 : 1999 (ISO 10354 : 1992)

図 4  クラック伝ぱ(播)の評価方法

7.

精度  この試験方法の精度は,試験室間のデータがないので不明である。精度は,そのデータが得ら

れた時点で,次の改正版に追加される。

8.

報告  試験報告には,次の事項を含むこと。

a)

この規格の番号

b)

試験した接着剤と(併用した場合は)プライマーの性質,原料,製造業者の登録番号,ロット又は混

合番号,形状などを完全に証明するのに必要なすべての資料

c)

被着材物質の確認に必要なすべての資料

d)

被着材の表面処理の詳細

e)

接着剤の適用方法,乾燥又は前処理条件(適用した場合)及び接着時間,温度と圧力を含む接着工程

の記述

f)

各試験片の接着剤層の平均厚み

g)

実施した養生条件

h)

各試験片での破壊様式の記述

i)

各試験片での初期クラックの長さ l

0

及び最終クラックの長さ l

F

 (mm)

j)

各破壊様式での l

0

の算術平均値

k)

各試験片についての養生で発生したクラック長さの平均伸長値

l (mm)

l)

各破壊様式での

の算術平均値

m)

この規格に規定した操作以外の事項,特に異なった厚さの板を使用した場合


6

K 6867 : 1999 (ISO 10354 : 1992)

JIS

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

小  野  昌  孝

実践女子大学生活科学部

増  田      優

通商産業省基礎産業局

岡  林  哲  夫

通商産業省工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

長  沢  長八郎

工業技術院物質工学工業技術研究所

天  野  晋  武

工学院大学工学部

尾  形  知  秀

ヤマハ株式会社

山  辺  秀  敏

日新製鋼株式会社

立  花  光  雄

コニシ株式会社浦和研究所

榊  原  利  盛

サンスター技研株式会社品質保証部

水  谷      壽

株式会社東洋精機製作所東京工場

松  浦  義  勝

武田薬品工業株式会社化成品研究所

若  林  一  民

ノガワケミカル株式会社

永  田  宏  二

セメダイン株式会社営業部

滝  沢      稔

日本接着剤工業会

岡  崎      久

日本接着剤工業会

田  村  正  勝

日本プラスチック工業連盟