>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 6815-2

:2002 (ISO 6259-2:1997)

(1)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,塩化ビニル管・継手協会(JPPFA)/日本プラ

スチック工業連盟(JPIF)/財団法人  日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定す

べきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 6259-2:1997,Thermoplastics pipes

−Determination of tensile properties−Part 2:Pipes made of unplasticized poly(vinyl chloride)(PVC-U),chlorinated

poly(vinyl chloride)(PVC-C) and high-impact poly(vinyl chloride)(PVC-HI)

を基礎として用いた。

JIS K 6815-2

には,次に示す附属書がある。

附属書 A(参考)硬質塩化ビニル(PVC-U)管−基本仕様

附属書 B(参考)耐熱性硬質塩化ビニル(PVC-C)管及び硬質塩化ビニル・耐熱性硬質塩化ビニルの

混合物(PVC-U/PVC-C)から製造された管−基本仕様

附属書 C(参考)耐衝撃性硬質塩化ビニル(PVC-HI)管−基本仕様

附属書 D(参考)関連規格

JIS K 6815

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS K 6815-1 

第 1 部:一般試験方法

JIS K 6815-2 

第 2 部:硬質塩化ビニル(PVC-U)管,耐熱性硬質塩化ビニル(PVC-C)管及び耐衝撃

性硬質塩化ビニル(PVC-HI)管

JIS K 6815-3 

第 3 部:ポリオレフィン管

このファイルは、MS-Word Version2000 で作成されています。


K 6815-2

:2002 (ISO 6259-2:1997)

(2)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

2

3.

  原理

2

4.

  装置

2

5.

  試験片

2

5.1

  試験片の形状及び寸法(Nature of the test pieces)

2

5.1.1

  一般

2

5.1.2

  試験片の寸法

2

5.2

  試験片の作製

2

5.3

  打抜方法

3

5.4

  機械加工方法

3

6.

  状態調節

4

7.

  試験速度

4

8.

  手順

4

9.

  結果の表し方

4

10.

  試験報告

4

附属書 A(参考)硬質塩化ビニル(PVC-U)管−基本仕様

5

附属書 B(参考)耐熱性硬質塩化ビニル(PVC-C)管及び  硬質塩化ビニル・耐熱性硬質塩化ビニルの

混合物(PVC-U/PVC-C)から  製造された管−基本仕様

6

附属書 C(参考)耐衝撃性硬質塩化ビニル(PVC-HI)管−基本仕様

7

附属書 D(参考)関連規格

8

解  説

9

 


著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

日本工業規格

JIS

 K

6815-2

:2002

(ISO 6259-2

:1997

)

熱可塑性プラスチック管―引張特性の求め方―

第 2 部:硬質塩化ビニル(PVC-U)管,

耐熱性硬質塩化ビニル(PVC-C)管及び

耐衝撃性硬質塩化ビニル(PVC-HI)管

Thermoplastics pipes

―Determination of tensile properties―

Part 2

:Pipes made of unplasticized poly(vinyl chloride)(PVC-U),chlorinated

poly(vinyl chloride)(PVC-C) and high-impact poly(vinyl chloride)(PVC-HI)

序文  この規格は,1997 年に第 1 版として発行された ISO 6259-2,Thermoplastics pipes−Determination of

tensile properties

−Part 2:Pipes made of unplasticized poly(vinyl chloride)(PVC-U),chlorinated poly(vinyl

chloride)(PVC-C) and high-impact poly(vinyl chloride)(PVC-HI)

を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更

することなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある“参考”は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,硬質塩化ビニル(PVC-U)管,耐熱性硬質塩化ビニル(PVC-C)管及び耐衝

撃性硬質塩化ビニル(PVC-HI)管の引張特性を求める方法について規定する。特に次の特性を含んでいる。

−  引張降伏強さ

−  引張破断伸び

この規格には,参考情報として,

附属書 A(参考),附属書 B(参考)及び附属書 C(参考)に基本仕様

を記載する。

備考1.    熱可塑性プラスチック管の引張特性を求める一般試験方法は,JIS K 6815-1 による。

2.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 6259-2

:1997,Thermoplastics pipes−Determination of tensile properties−Part 2:Pipes made

of unplasticized poly(vinyl chloride)(PVC-U)

, chlorinated poly(vinyl chloride)(PVC-C) and

high-impact poly(vinyl chloride)(PVC-HI) (IDT)


2

K 6815-2

:2002 (ISO 6259-2:1997)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構

成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規格は,その

最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 6815-1

  熱可塑性プラスチック管−引張特性の求め方−第 1 部:一般試験方法

備考  ISO 6259-1:1997,Thermoplastics pipes−Determination of tensile properties−Part 1:General test

method

が,この規格と一致している。

3.

原理  この規格に包含される熱可塑性プラスチックに適用し,JIS K 6815-1 の 3.を参照する。

4.

装置  JIS K 6815-1 の 4.を参照する。

5.

試験片  JIS K 6815-1 の 5.を参照する。

5.1

試験片の形状及び寸法(Nature of the test pieces)

5.1.1

一般  JIS K 6815-1 の 5.を参照する。

5.1.2

試験片の寸法  試験片の形状及び寸法は,試験片の作製方法(5.2 参照)によって,表 及び図 1

又は

表 及び図 に適合しなければならない。

5.2

試験片の作製

5.2.1

試験片は,JIS K 6815-1 の 5.2.1 及びこの規格の 5.2.2 又は 5.2.3 によって,管から切り取った短冊

の中央部から採取する。

  1  機械加工による試験片(タイプ 1

  1  機械加工による試験片の寸法

記号

名称

寸法

mm

全長(最小) 115

端部の幅

≧15

幅の狭い平行部分の長さ 33±2

狭い平行部分の幅

0.4

0

6

+

半径 14±1

標線間距離 25±1

つかみ具間の初めの間隔 80±5

厚さ

管の厚さ


3

K 6815-2

:2002 (ISO 6259-2:1997)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

  2  打抜きによる試験片(タイプ 2

  2  打抜きによる試験片の寸法

記号

名称

寸法

mm

全長(最小)

115

端部の幅

25

±1

幅の狭い平行部分の長さ

33

±2

狭い平行部分の幅

0.4

0

6

+

半径(小)

14

±1

半径(大)

25

±2

標線間距離

25

±1

つかみ具間の初めの間隔

80

±5

厚さ

管の厚さ

5.2.2

硬質塩化ビニル(

PVC-U

)管及び耐衝撃性硬質塩化ビニル(

PVC-HI

)管の試験片は,a)又は b)

よって作製する。

a)

厚さが 12mm 以下の管  試験片は,打抜き(図 参照)又は機械加工(図 参照)によって作製する。

ただし,試験所間の比較及び参照試験に用いる試験片は,機械加工によって作製する。

b)

厚さが 12mm を超える管  試験片は,機械加工(図 参照)によって作製する。

5.2.3

耐熱 性 硬 質 塩 化 ビ ニ ル (

PVC-C

) 管 及 び 硬 質 塩 化 ビ ニ ル ・ 耐 熱 性 硬 質 塩 化 ビ ニ ル の 混 合 物

PVC-U/PVC-C

)から製造された管の試験片は,厚さに関係なく,機械加工によって作製する。

5.3

打抜方法(JIS K 6815-1 の 5.2.2.2 参照)  図 に示す形状の打抜刃(JIS K 6815-1 の 4.6)を用いる。

厚さ

1mm

当たり

1

分間,

125

130

℃の温度に維持したオーブン内で短冊を加熱する。短冊をオーブンか

ら取り出し,すぐに短冊の内面に打抜刃を当て,一定の圧力を連続的に加え,試験片を打ち抜く。その後,

試験片を空気中で周囲温度になるまで冷却する。

備考

抜打刃を加熱してもよい。

5.4

機械加工方法(JIS K 6815-1 の 5.2.2.3 参照)  呼び外径

110mm

を超える管の場合,切り取ったまま

の短冊を機械加工する。呼び外径

110mm

以下の管の場合,次の条件下で平板にした後,短冊を機械加工す

る。

参考

呼び外径とは,管外径の最小基準値又は中心基準値のことである。


4

K 6815-2

:2002 (ISO 6259-2:1997)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

a)

温度  硬質塩化ビニル(

PVC-U

)管又は耐衝撃性硬質塩化ビニル(

PVC-HI

)管は

125

130

℃,耐熱

性硬質塩化ビニル(

PVC-C

)管及び硬質塩化ビニル・耐熱性硬質塩化ビニルの混合物(

PVC-U / PVC-C

から製造された管は

135

140

℃とする。

b)

加熱時間  厚さ

1 mm

当たり

1

分とする。

c)

平板にする圧力  板の厚さが減少しないような圧力値とする。空気中で周囲温度になるまで冷却する。

6.

状態調節  JIS K 6815-1 の 6.を参照する。

7.

試験速度  試験速度,すなわち,つかみ具が分離する速度は,厚さに関係なくすべての試験片に対し

て,

5

±

0.5mm/min

とする。

8.

手順  JIS K 6815-1 の 8.を参照する。

9.

結果の表し方  JIS K 6815-1 の 9.を参照する。

10.

試験報告  JIS K 6815-1 の 10.を参照する。


5

K 6815-2

:2002 (ISO 6259-2:1997)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

附属書 A(参考)硬質塩化ビニル(PVC-U)管−基本仕様

硬質塩化ビニル(

PVC-U

)管の最小引張特性は,JIS K 6815-1 の試験条件で測定した場合,次によるこ

とが望ましい。

a)

引張降伏強さ

σ

45MPa

b)

引張破断伸び

ε

80


6

K 6815-2

:2002 (ISO 6259-2:1997)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

附属書 B(参考)耐熱性硬質塩化ビニル(PVC-C)管及び

硬質塩化ビニル・耐熱性硬質塩化ビニルの混合物

(PVC-U/PVC-C)  から製造された管−基本仕様

耐熱性硬質塩化ビニル(

PVC-C

)管及び硬質塩化ビニル・耐熱性硬質塩化ビニルの混合物(

PVC-U /

PVC-C

)から製造された管の最小引張特性は,JIS K 6815-1 の試験条件で測定した場合,次によることが

望ましい。

a)

圧力用途の管

引張降伏強さ:

σ

50MPa

引張破断伸び:

ε

40

b)

無圧用途の管

引張降伏強さ:

σ

45MPa

引張破断伸び:

ε

70


7

K 6815-2

:2002 (ISO 6259-2:1997)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

附属書 C(参考)耐衝撃性硬質塩化ビニル(PVC-HI)管−基本仕様

耐衝撃性硬質塩化ビニル(

PVC-HI

)管の最小引張特性は,JIS K 6815-1 の試験条件で測定した場合,次

によることが望ましい。

a)

引張降伏強さ

σ

40MPa

b)

引張破断伸び

ε

80

 


8

K 6815-2

:2002 (ISO 6259-2:1997)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

附属書 D(参考)関連規格

[1]

JIS K 7162

  プラスチック−引張特性の試験方法  第

2

部:型成形,押出成形及び注型プラスチック

の試験条件

備考

ISO 527-2

1993

Plastics

Determination of tensile properties

Part 2

Test conditions for moulding

and extrusion plastics

が,この規格と一致する。

日本工業標準調査会標準部会  化学製品技術専門委員会

構成表

氏名

所属

(委員会長)

宮  入  裕  夫

東京医科歯科大学生体材料工学研究所

(委    員)

大  久  泰  照

昭和シェル石油株式会社中央研究所

堀      友  繁

財団法人バイオインダストリー協会

奥  山  通  夫

社団法人日本ゴム協会

笠  野  英  秋

拓殖大学工学部機械システム工学科

加  茂      徹

独立行政法人産業技術総合研究所

木  原  幸  弘

社団法人日本化学工業協会

桐  村  勝  也

社団法人日本塗料工業会

髙  野  忠  夫

財団法人化学技術戦略推進機構

高  橋  信  弘

東京農工大学農学部

西  川  輝  彦

石油連盟技術環境部

西  本  右  子

神奈川大学理学部

古  川  哲  夫

財団法人日本消費者協会

槇          宏

日本プラスチック工業連盟