>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

このページは K6793:2009 の追補 1 です。K6793:2010 の追補 2 は 5 枚目以降となります。

K 6793

:2009

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS K 6793:2004 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 K

6793

:2009

水道用ポリブテン管継手

(追補 1)

Polybutene (PB) pipe fittings for water supply

(Amendment 1)

JIS K 6793:2004

を,次のように改正する。

5.

(性能)の

表 2(継手の性能)を,次の表に置き換える。

表 2  継手の性能 

性能項目

性能

継手の種類

適用試験箇条

気密性  (

1

)

漏れその他の異常があってはならない。

9.3 

水密性

漏れその他の異常があってはならない。

9.4 

耐圧性

漏れその他の異常があってはならない。

9.5 

負圧性

空気(又は水)の吸込みその他の異常があっては
ならない。

9.6 

熱間内圧クリープ性

漏れその他の異常があってはならない。

9.7 

引抜性

抜け出しその他の異常があってはならない。

M

E

H

9.8 

圧縮はく離性

融着接合部のはく離長さ率が 15  %以下である。

E

9.9 

濁度

2

度以下

色度

5

度以下

有機物[全有機炭素

(TOC)の量]

3 mg/L

以下

残留塩素の減量  (

3

) 0.7

mg/L

以下

臭気

異常があってはならない。

異常があってはならない。

ポリブテン成形

部 分 に 適 用 す
る。


(

2

)

附属書 の 5.2 による。 附属書 による。

接水部がポリブ
テン以外の部分

に適用する。

9.10 

注(

1

)

気密性は,連続鋳造以外の砂型鋳造等で製造したものに適用する。

(

2

)

浸出性の試験温度は,常温とする。また,臭気及び味以外は,空試験値との差から求める。有機物[全有機
炭素(TOC)の量]は,2009 年 3 月 31 日までは 5 mg/L 以下とし,2009 年 4 月 1 日からは 3 mg/L 以下とす

る。

(

3

)

残留塩素の減量は,接水部がポリブテン以外の樹脂及びゴムの材料部分にも適用する。


2

K 6793

:2009

   

附属書 1(水道用ポリブテン管継手の浸出試験方法)の 5.1(ポリブテン成形部分)の c) [全有機炭素(TOC)

及び過マンガン酸カリウム消費量]を,次の文に置き換える。

c) 

有機物[全有機炭素(TOC)の量]  有機物[全有機炭素(TOC)の量]は,JIS S 3200-7 の附属書 14

〔有機物[全有機炭素(TOC)の量]及び有機物等(過マンガン酸カリウム消費量)の分析方法〕に

よる。

附属書 2(水道用ポリブテン管継手の選択項目の浸出性能)の 2.(性能)の附属書 表 1(浸出性能の判

定基準)を,次に置き換える。

附属書 表 1  浸出性能の判定基準 

項目

性能

カドミウム及びその化合物

カドミウムの量に関して,0.01 mg/L 以下

水銀及びその化合物

水銀の量に関して,0.000 5 mg/L 以下

セレン及びその化合物

セレンの量に関して,0.01 mg/L 以下

鉛及びその化合物

鉛の量に関して,0.01 mg/L 以下

ひ素及びその化合物

ひ素の量に関して,0.01 mg/L 以下

六価クロム化合物

六価クロムの量に関して,0.05 mg/L 以下

シアン化物イオン及び塩化シアン

シアンの量に関して,0.01 mg/L 以下

硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素 10

mg/L

以下

ふっ素及びその化合物

ふっ素の量に関して,0.8 mg/L 以下

ほう素及びその化合物

ほう素の量に関して,1.0 mg/L 以下

四塩化炭素 0.002

mg/L

以下

1,4-

ジオキサン 0.05

mg/L

以下

1,2-

ジクロロエタン 0.004

mg/L

以下

1,1-

ジクロロエチレン  (*) 0.02

mg/L

以下

ジクロロメタン 0.02

mg/L

以下

シス-1,2-ジクロロエチレン  (**) 0.04

mg/L

以下

シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス

-1,2-

ジクロロエチレン  (***)

0.04 mg/L

以下

テトラクロロエチレン 0.01

mg/L

以下

1,1,2-

トリクロロエタン 0.006

mg/L

以下

トリクロロエチレン 0.03

mg/L

以下

ベンゼン 0.01

mg/L

以下

亜鉛及びその化合物

亜鉛の量に関して,1.0 mg/L 以下

アルミニウム及びその化合物

アルミニウムの量に関して,0.2 mg/L 以下

鉄及びその化合物

鉄の量に関して,0.3 mg/L 以下

銅及びその化合物

銅の量に関して,1.0 mg/L 以下

ナトリウム及びその化合物

ナトリウムの量に関して,200 mg/L 以下

マンガン及びその化合物

マンガンの量に関して,0.05 mg/L 以下

塩化物イオン 200

mg/L

以下

蒸発残留物 500

mg/L

以下

陰イオン界面活性剤 0.2

mg/L

以下

非イオン界面活性剤 0.02

mg/L

以下

フェノール類

フェノールの量に換算して,0.005 mg/L 以下

有機物[全有機炭素(TOC)の量](****)

3  mg/L

以下

異常でないこと。


3

K 6793

:2009

附属書 表 1  浸出性能の判定基準(続き) 

項目

性能

臭気

異常でないこと。

色度

5

度以下

濁度

2

度以下

エピクロロヒドリン 0.01

mg/L

以下

アミン類

トリエチレンテトラミンとして,0.01 mg/L 以下

2,4-

トルエンジアミン 0.002

mg/L

以下

2,6-

トルエンジアミン 0.001

mg/L

以下

ホルムアルデヒド 0.08

mg/L

以下

酢酸ビニル 0.01

mg/L

以下

スチレン 0.002

mg/L

以下

1,2-

ブタジエン 0.001

mg/L

以下

1,3-

ブタジエン 0.001

mg/L

以下

注(*) 1,1-ジクロロエチレンは,2009 年 3 月 31 日まで適用する。 
(**)

シス-1,2-ジクロロエチレンは,2009 年 3 月 31 日まで適用する。

(***)

シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレンは,2009 年 4 月 1

日から適用する。

(****)

有機物[全有機炭素(TOC)の量]は,2009 年 3 月 31 日までは 5 mg/L 以下とし,

2009

年 4 月 1 日からは 3 mg/L 以下とする。


このページは K6793:2010 の追補 2 です。K6793:2009 の追補 1 はこの前になります。

K6793

:2010

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS K 6793:2009 は改正され,一部が置き換えられた。


   

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

日本工業規格

JIS

 K

6793

:2010

水道用ポリブテン管継手

追補 2)

Polybutene (PB) pipe fittings for water supply

(Amendment 2)

JIS K 6793:2009

を,次のように改正する。

5.

(性能)の

表 2(継手の性能)の注(

2

)

の“浸出性の試験温度は,常温とする。また,臭気及び味以外は,

空試験値との差から求める。有機物[全有機炭素(TOC)の量]は,2009 年 3 月 31 日までは 5 mg/L 以下

とし,2009 年 4 月 1 日からは 3 mg/L 以下とする。

”を,

“浸出性の試験温度は,常温とする。また,臭気

及び味以外は,空試験値との差から求める。

”に置き換える。

附属書 2(水道用ポリブテン管継手の選択項目の浸出性能)の 2.(性能)の附属書 表 1(浸出性能の判

定基準)を,次に置き換える。

附属書 表 1  浸出性能の判定基準 

性能項目

性能

カドミウム及びその化合物(*)

カドミウムの量に関して,0.003 mg/L 以下

水銀及びその化合物

水銀の量に関して,0.000 5 mg/L 以下

セレン及びその化合物

セレンの量に関して,0.01 mg/L 以下

鉛及びその化合物

鉛の量に関して,0.01 mg/L 以下

ひ素及びその化合物

ひ素の量に関して,0.01 mg/L 以下

六価クロム化合物

六価クロムの量に関して,0.05 mg/L 以下

シアン化物イオン及び塩化シアン

シアンの量に関して,0.01 mg/L 以下

硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素 10

mg/L

以下

ふっ素及びその化合物

ふっ素の量に関して,0.8 mg/L 以下

ほう素及びその化合物

ほう素の量に関して,1.0 mg/L 以下

四塩化炭素 0.002

mg/L

以下

1,4-

ジオキサン 0.05

mg/L

以下

1,2-

ジクロロエタン 0.004

mg/L

以下

ジクロロメタン 0.02

mg/L

以下

シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス

-1,2-

ジクロロエチレン

0.04 mg/L

以下

テトラクロロエチレン 0.01

mg/L

以下

1,1,2-

トリクロロエタン(**) 0.006

mg/L

以下

トリクロロエチレン 0.03

mg/L

以下


2

K6793

:2010

   

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

附属書 表 1  浸出性能の判定基準(続き) 

性能項目

性能

ベンゼン 0.01

mg/L

以下

亜鉛及びその化合物

亜鉛の量に関して,1.0 mg/L 以下

アルミニウム及びその化合物

アルミニウムの量に関して,0.2 mg/L 以下

鉄及びその化合物

鉄の量に関して,0.3 mg/L 以下

銅及びその化合物

銅の量に関して,1.0 mg/L 以下

ナトリウム及びその化合物

ナトリウムの量に関して,200 mg/L 以下

マンガン及びその化合物

マンガンの量に関して,0.05 mg/L 以下

塩化物イオン 200

mg/L

以下

蒸発残留物 500

mg/L

以下

陰イオン界面活性剤 0.2

mg/L

以下

非イオン界面活性剤 0.02

mg/L

以下

フェノール類

フェノールの量に換算して,0.005 mg/L 以下

有機物[全有機炭素(TOC)の量] 3

mg/L

以下

異常でないこと。

臭気

異常でないこと。

色度

5

度以下

濁度

2

度以下

エピクロロヒドリン 0.01

mg/L

以下

アミン類

トリエチレンテトラミンとして,0.01 mg/L 以下

2,4-

トルエンジアミン 0.002

mg/L

以下

2,6-

トルエンジアミン 0.001

mg/L

以下

ホルムアルデヒド 0.08

mg/L

以下

酢酸ビニル 0.01

mg/L

以下

スチレン 0.002

mg/L

以下

1,2-

ブタジエン 0.001

mg/L

以下

1,3-

ブタジエン 0.001

mg/L

以下

注(*)  カドミウム及びその化合物は,2010 年 3 月 31 日までは 0.01 mg/L 以下とし,2010 年 4

月 1 日からは 0.003 mg/L 以下とする。

(**) 1,1,2-

トリクロロエタンは,2010 年 3 月 31 日まで適用する。