>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

K 6751-3 : 1999

  解説

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 6751-3 : 1999

フタル酸エステル試験方法− 
第 3 部:エステル分測定−けん化
後滴定法

ISO 1385-5 : 1977

工業用フタル酸エステル試験方法− 
第 5 部:エステル分測定−けん化後滴定法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  工業用フタル酸エ

ステルのけん化後

滴定法によるエス
テル分の測定につ
いて規定する。

(2)

原理

○  過剰の水酸化カリ

ウムエタノール溶

液にて,試料中の
エステルをけん化
後,指示薬として

フェノールフタレ
インを使用して塩
酸標準液で逆滴定

する。

(3)

試薬

○  水酸化カリウムエ

タノール溶液,塩
酸,フェノールフ
タレイン,蒸留水

又は同等の純度の

= 試 薬 は 同 等

の JIS を引用

(4)

器具

○  三 角 フ ラ ス コ

(300ml)

還流冷却器 
定量ピペット

(5)

操作

○  水酸化カリウムエ

タノール溶液 50ml

をとり,水 5ml を
加え,規定量の試
料を入れる。

1

時間加熱し,冷

却後,水 20ml で 2
回洗浄し,フェノ

ールフタレイン溶
液を加え,塩酸標
準液でピンク色が

消えるまで滴定す
る。空試験も同様
に行う。

(6)

測 定 値 の 算

○  与えられた式で計

算される。

備考1.  表中の(I)及び(II)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。

2.

表中(IV)にある“≡”は,国際規格が一致であることを示す。

“=”は,JIS と国際規格との技術的内容が

同等であることを示す。