>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 K

6373

-1995

軽負荷用歯付ベルト

Synchronous belts for light duty power transmission

1.

適用範囲  この規格は,軽負荷の伝動に用いる継ぎ目のない輪形の歯付ベルト(以下,ベルトという。)

について規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 7507

  ノギス

2.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 5296-2 : 1989 Synchronous belt drives

−Belts−Part 2:Pitch codes MXL and XXL−Metric

dimensions

2.

種類  ベルトの種類は,図 に示す歯形寸法によって分け,MXL 及び XXL の 2 種類とする。

3.

品質

3.1

外観  ベルトの外観は,平形ベルトに等間隔で左右対称の台形状の歯をもち,ねじれ,傷,その他

使用上有害な欠点がないものでなければならない。

3.2

性能  ベルトの性能は,7.3 によって試験し,表 に適合しなければならない。

表 1  性能

幅 mm

種類

試験項目

3.2 4.8 6.4

1

本当たりの引張強さ

N {kgf}

118

以上

196

以上

275

以上

MXL

XXL




験  伸び(

1

)

  % 4.0 以下

4.0

以下

4.0

以下

(

1

)

伸びは,7.

4に示す力における伸びとする。

4.

構造  ベルトの構造は,6.の材料を用い,ピッチ線(

2

)

の位置に心線を置き,ゴムを塗布した布で歯を

覆った構造のもの,又は歯がゴムだけからなるものとする。

(

2

)

ピッチ線とは,ベルトが曲げられたとき,伸縮しない面(ピッチ面)が,ベルトの側面と交わ

ってできる線である(

2参照)。

5.

寸法

5.1

歯形の形状及び基準寸法  ベルトの歯形の形状及び基準寸法は,図 によるものとし,7.1 に規定す

る歯付プーリ(以下,プーリという。

)に適合しなければならない。


2

K 6373-1995

図 1  歯形の形状及び基準寸法

単位 mm

基準寸法

種類

P

2

β

l

r

h

t

h

r

r

r

a

MXL 2.032 40

°

1.14

0.51

1.14

0.13

0.13

XXL 3.175 50

°

1.73

0.76

1.52

0.20

0.30

5.2

ベルトの長さ及び歯数  ベルトの長さは,ピッチ線に沿うベルトの長さ(以下,長さという。)で表

し,7.1 によって測定する。ベルトの長さとその許容差及び歯数は,

表 による。

表 2  ベルトの長さとその許容差及び歯数

歯数

長さ  mm

MXL

XXL

長さの許容差

mm

 91.44

 45

±0.41

101.60

50

111.76

55

121.92

60

127.00

40

142.24

70

152.40

 75

 48

162.56

80

177.80

56

182.88

90

203.20 100

64

223.52 110

228.60

72

254.00 125

80

279.40

88

±0.46

284.48 140

304.80

96

314.96 155

330.20

− 104

355.60 175

112

381.00

− 120

406.40 200

128

±0.51

457.20 225

144

508.00 250

160

558.00

− 176  ±0.61

5.3

幅  ベルトの幅は 7.2 によって測定し,その許容差は表 による。


3

K 6373-1995

表 3  幅及びその許容差

単位 mm

種類

幅の許容差

3.2

4.8

MXL

XXL

6.4

+0.5 
−0.8

6.

材料

6.1

ゴム  ゴムは,すべて使用目的に適合するように配合したものを用いる。

6.2

布  布は,合成繊維を素材とし,使用目的に適合したものを用いる。

6.3

心線  心線は,スチールワイヤ,ガラス繊維,合成繊維その他使用目的に適合したものを用いる。

7.

試験方法

7.1

長さの測定  ベルトの長さは,図 のような装置によって測定する。

図 に示す長さ測定用プーリ 2 個にベルトを掛け,これに図 に示す規定の力を加えた後,ベルトを少

なくとも 2 回以上回してプーリの軸間距離を測定し,次の式(1)によってベルトの長さを算出する。

L

p

=2C

π

d

p

                                                    (1)

ここに,

L

p

ベルトの長さ (mm)

C

軸間距離 (mm)

d

p

プーリのピッチ円直径(

3

) (mm)

(

3

)

    プーリのピッチ円直径は,次の式で表される。

π

n

P

d

p

=

ここに,

d

p

プーリのピッチ円直径

P

歯のピッチ(

図 参照)

n

プーリの歯数

図 2  長さの測定装置の一例

力 N

mm

MXL

XXL

3.2 13  14


4

K 6373-1995

力 N

mm

MXL

XXL

4.8 20  22

6.4 27  31

図 3  長さ測定用プーリ

振れ許容差

 T. I. R(

4

)

種類

歯数

π

d

p

mm

歯先円直径

mm

歯先円周

mm

側面

mm

最小バック

ラッシ

l

c

mm

h

r

mm

r

b

mm

r

t

mm

φ

(

゚)

2a

mm

MXL 20 40.64  12.428

±0.013

0.013 0.025

0.30

0.65

±0.10

0.25

±0.05

0.13

±0.05

      20

±1.5

0.508

XXL 16 50.80  15.662

±0.013

0.013 0.025

0.30

0.89

±0.10

0.55

±0.05

0.23

±0.05

      25

±1.5

0.508

(

4

)  T. I. R

とは Total Indicator Reading の略で,振れの測定における最大値と最小値の読みの差をいう。

7.2

幅の測定  ベルトの幅は,JIS B 7507 に規定するノギス又はこれと同等以上の精度をもつものを用

いて,ベルトの任意の箇所を 3 か所測定し,その平均値を算出する。

7.3

引張試験  ベルトの引張試験は,同一ロットの 2 本以上の試料から原形のまま,長さ 250mm 以上(

5

)

の試験片を 3 個採り,温度

7
3

23

+

℃で引張試験機によって引張強さ及び

表 に示す力を加えたときの伸びを

測定し,伸びは次の式(2)によって算出する。この場合,引張速さは毎分 25∼50mm とし,つかみの部分で

切断した場合は試験片を追加して再試験を行い,3 個の測定値の平均値を取り整数位に丸める。伸びの測

定は,原則として標線間距離 100mm について行う。つかみは,試験片を完全につかめるような構造のも

のを使用しなければならない。

(

5

)

長さが250mm 以下の場合は,そのままの長さで行う。

表 4  伸びの測定時に加える力

単位 N

幅 mm

種類

3.2 4.8 6.4

MXL

XXL

98 157 216


5

K 6373-1995

100

×

=

l

l

ε

ここに,

ε

伸び (%)

l

標線間距離 (mm)

l

標線間距離の伸び (mm)

8.

製品の呼び方  製品の呼び方は,名称,メートルシリーズのベルトの略号,歯数,種類及び幅の順と

する。

9.

表示  ベルトには,次の事項を表示する。

ベルトに全項目を表示できない場合は,原則としてメートルシリーズのベルトの略号,歯数及び種類を

ベルトに表示し,他の項目は包装(箱,袋など)に表示する。

(1)

ベルトの名称

(2)

メートルシリーズのベルトの略号

(3)

ベルトの歯数

(4)

ベルトの種類

(5)

ベルトの幅

(6)

製造年月又はその略号

(7)

製造業者名又はその略号

関連規格  JIS B 1856  歯付プーリ

JIS K 6372

  一般用歯付ベルト

ISO 5295 :

 1987 Synchronous belts

−Calculation of power rating and drive center distance

ISO 5296-1 :

 1989 Synchronous belt drives

−Belts−Part 1:Pitch codes MXL, XL, L, H, XH and XXH

−Metric and inch dimensions


6

K 6373-1995

参考  軽負荷用歯付ベルトの使い方

1.

まえがき  この参考は,軽負荷用歯付ベルト(以下,ベルトという。)を使用する伝動装置を適正かつ

経済的に設計するため及び適切に使用するためのものである。

2.

軽負荷用歯付プーリ

2.1

軽負荷用歯付プーリの呼び方  軽負荷用歯付プーリ(以下,プーリという。)は,名称,メートルシ

リーズのプーリの略号,歯数,種類及び呼び幅(

1

)

によって,次のように呼ぶ。

(

1

)

プーリの呼び幅とは,対応するベルトの幅をいう。

2.2

歯数,ピッチ円直径及び歯先円直径  プーリの歯数,ピッチ円直径及び歯先円直径を参考表 に,

歯先円直径の許容差を

参考表 に示す。

参考表 1  プーリの歯数,ピッチ円直径及び歯先円直径

単位 mm

種類 MXL

XXL

直径

プーリの歯数

ピッチ円値径

歯先円直径

ピッチ円直径

歯先円値径

(10) 6.47

5.96

10.11

9.60

(11) 7.11

6.61

11.12

10.61

12 7.76

7.25

12.13

11.62

(13) 8.41

7.90

13.14

12.63

14 9.06

8.55

14.15

13.64

15 9.70

9.19

15.16

14.65

16 10.35

9.84

16.17

15.66

(17)

11.00 10.49 17.18 16.67

18 11.64

11.13

18.19

17.68

(19) 12.29

11.78

19.20

18.69

20

12.94 12.43 20.21 19.70

(21)

13.58 13.07 21.22 20.72

22

14.23 13.72 22.23 21.73

(23)

14.88 14.37 23.24 22.74

24

15.52 15.02 24.26 23.75

25

16.17 15.66 25.27 24.76

26

16.82 16.31 26.28 25.77

(27)

17.46 16.96 27.29 26.78

28 18.11

17.60

28.30

27.79

30

19.40 18.90 30.32 29.81

32

20.70 20.19 32.34 31.83

36

23.29 22.78 36.38 35.87


7

K 6373-1995

単位 mm

種類 MXL

XXL

直径

プーリの歯数

ピッチ円値径

歯先円直径

ピッチ円直径

歯先円値径

40

25.87 25.36 40.43 39.92

48

31.05 30.54 48.51 48.00

60

38.81 38.30 60.64 60.13

72

46.57 46.06 72.77 72.26

備考  (  )内の歯数のものは,なるべく用いないことが望ましい。

参考表 2  プーリ歯先円直径の許容差

単位 mm

プーリ歯先円直径

許容差

 25.40

以下

05

.

0

0

+

25.40

を超え 50.80 以下

08

.

0

0

+

50.80

を超え 72.26 以下

10

.

0

0

+

2.3

歯幅  プーリの歯幅は,呼び幅ごとにフランジの有無によって 3 種類とし,その最小値を参考図 1

に示す。

参考図 1  プーリの最小歯幅

単位 mm

最小歯幅

種類

プーリの呼び幅

b

f

(両フランジ) b

f

''

(片フランジ) b

f

'

(フランジなし)

3.2 3.8  4.7  5.6

4.8 5.3  6.2  7.1

MXL

XXL

6.4 7.1  8.0  8.9

2.4

フランジの形状  プーリのフランジ形状を参考図 に示す。


8

K 6373-1995

参考図 2  プーリのフランジ形状

単位 mm

種類

k

(最小値)

t

MXL

0.5

XXL

0.8

0.5

∼1.5

3.

ベルトの選定  ベルトは,次の手順によって,その種類,長さ及び幅を決定することが望ましい。

(1)

ベルトの種類の選定

(a)

設計動力及びプーリの回転数によって選定

(2)

ベルト長さの決定

(a)

速比によって,適切なプーリ歯数の選定

(b)

ベルト長さ及び軸間距離の決定

(3)

ベルト幅の決定

(a)

ベルトの基準伝動容量の算出

(b)

設計動力とその他使用条件に適するベルト幅の決定

3.1

ベルトの種類の選定  ベルトの種類は,次に規定する設計動力及び小プーリの回転数によって,参

考図 から選定する。もし,2 種類の境界線近くになった場合には,両方のベルトについて検討し,適正

なベルトを選ぶ。


9

K 6373-1995

参考図 3  ベルトの種類の選定図

3.1.1

設計動力  設計動力は,次の式(1)によって算出する。

P

d

P

N

×  (K

O

K

i

K

r

)

                                            (1)

ここに,

P

d

:  設計動力 (W)

P

N

:  負荷動力 (W)

K

O

:  負荷補正係数(

2

)

参考表 による。)

K

i

:  アイドラ補正係数(

参考表 による。)

K

r

:  速比補正係数(

参考表 による。)

(

2

)

参考表3のベルトを使用する機械は一例を示してあり,これ以外
の使用機械については,この表を参考として負荷補正係数を決
める。

参考表 3  ベルトを使用する機械の一例及び負荷補正係数  (K

O

)

原動機

最大出力が定格の 300%以下のもの

最大出力が定格の 300%を超えるもの

交流モータ(標準モータ,同期モータ)
直流モータ(分巻)

特殊モータ(高トルク) 
直流モータ(直流)

運転時間

運転時間

ベルトを使用する機械の一例

断続使用

1

3

∼5 時間

普通使用

1

8

∼10 時間

連続使用

1

16

∼24 時間

断続使用

1

3

∼5 時間

普通使用

1

8

∼10 時間

連続使用

1

16

∼24 時間

展示器具,映写機,計測機器,

医療機器

1.0 1.2 1.4 1.2 1.4 1.6

掃除機,ミシン,事務機  1.2 1.4 1.6 1.4 1.6 1.8

参考表 4  アイドラ補正係数  (K

i

)

アイドラの位置

K

i

ベルトの緩み側で,ベルトの内側から使用する場合

0

ベルトの緩み側で,ベルトの外側から使用する場合

0.1

ベルトの張り側で,ベルトの内側から使用する場合

0.1

ベルトの張り側で,ベルトの外側から使用する場合

0.2

参考表 5  速比補正係数  (K

r

)

増速比

K

r

1.00

以上 1.25 未満

0

1.25

以上 1.75 未満

0.1

1.75

以上 2.50 未満

0.2

2.50

以上 3.50 未満

0.3


10

K 6373-1995

増速比

K

r

3.50

以上 0.4

3.2

ベルト長さの決定

3.2.1

プーリ歯数の選定  小プーリ歯数は,回転数によって参考表 に示す歯数以上とし,参考表 から

選定する。

参考表 6  プーリ最小許容歯数

小プーリ回転数  rpm

最小許容歯数

1 200

以下

12

1 200

を超え  1 800 以下

14

1 800

を超え  3 600 以下

16

3 600

を超え  4 800 以下

18

4 800

を超え 10 000 以下

20

3.2.2

ベルトの長さと軸間距離  ベルトの長さは,選定されたプーリのピッチ円直径と軸間距離によって

概算長さを次の式(2)によって求め,これから規格本体

表 に示すベルト長さを選定し,式(3)によって軸間

距離を算出する。

(1)

ベルトの概算長さ(

3

)

(

) (

)

C

d

d

d

d

C

L

p

p

p

p

p

4

57

.

1

2

'

2

1

2

2

1

+

+

+

=

                              (1)

(2)

軸間距離(

3

)

(

)

4

2

2

1

2

2

p

p

d

d

B

B

C

+

=

                                       (2)

ここに,  L

p

'

:  ベルトの概算長さ (mm)

C

:  軸間距離 (mm)

d

p1

:  小プーリのピッチ円直径 (mm)

d

p2

:  大プーリのピッチ円直径 (mm)

B

:  L

p

−1.57 (d

p1

d

p2

) (mm)

L

p

:  ベルトの長さ (mm)

(

3

)

(2)及び式(3)は近似式である。

3.2.3

軸間距離の最小アジャストしろ  ベルトの取付け及び張りしろを考慮し,軸間距離の最小アジャス

トしろは,

参考表 から求める。

参考表 7  軸間距離の最小アジャストしろ

単位 mm

種類

ベルト歯数

C

s

(外側への最小アジャストしろ)

C

i

(内側への最小アジャストしろ)

MXL

 45

以上 250 以下

3 4

 40

以上 160 以下

3

XXL

161

以上

5

4


11

K 6373-1995

3.3

ベルト幅の決定  ベルト幅は,次の式(4)によって決定する。

1

m

b

r

d

K

K

P

P

×

×

                                                (4)

ここに,

P

d

:  設計動力 (W)

P

r

:  ベルト基準伝動容量

(

4

)

 (W)

K

b

:  ベルト幅の補正係数(

参考表 8

による。

K

m

:  小プーリにおけるベルトのかみ合い歯数 Z

m

によるかみ合い

補正係数(

参考表 9

による。

°

×

=

360

θ

Z

Z

m

                                                  (5)

(

)

C

d

d

p

p

1

2

57

180

°

°

θ

                                          (6)

(

5

)

ここに,  Z

m

:  小プーリとベルトのかみ合い歯数

Z

:  小プーリの歯数

θ:  小プーリとベルトの接触角  (゚)(

参考表 4

参照)

(

4

)

ベルト幅6.4mm のときに式(7)から求めた伝動容量をいう。

(

5

)

(6)は,近似式である。

参考表 8  幅補正係数  (K

b

)

ベルト幅  mm

3.2

4.8

6.4

幅補正係数  K

b

0.45

0.72

1.00

参考表 9  かみ合い補正係数  (K

m

)

かみ合い歯数 Z

m

かみ合い補正係数 K

m

6

以上 1.0

 5

0.8

 4

0.6

 3

0.4

3.3.1

ベルトの基準伝動容量

  ベルトの基準伝動容量は,次の式

(7)

及び式

(8)

によって算出する。

また,主な小プーリ歯数とその回転数に対するベルトの基準伝動容量を,

参考表 11

及び

参考表 12

に示

す。

P

r

=0.523 6d

p1

n・  (F

a

F

c

)

×10

-4

                                   (7)

F

c

mV

2

                                                        (8)

ここに,

P

r

:  基準伝動容量 (W)

d

p1

:  小プーリのピッチ円直径 (mm)


12

K 6373-1995

n

:  小プーリの回転数 (rpm)

F

a

:  ベルト 6.4mm 幅の許容張力 (N) (

参考表 10

による。

F

c

:  ベルト 6.4mm 幅の遠心力 (N)

m

:  ベルト 6.4mm 幅,長さ 1m の質量 (kg/m) (

参考表 10

による。

V

:  ベルト速度 (m/s)

参考表 10  Fa と の値

種類

F

a

 (N)

m (kg/m)

MXL 23.4

0.008

4

XXL 25.4

0.009

3

参考表 11  MXL の基準伝動容量 P

r

単位

  W

12 14 15 16 18 20 22 24 25 26 28 30 32 36 40

小プーリ歯数

ピッチ円直径 (mm)

小プーリ回転数 (rpm)

7.76 9.06 9.70

10.35

11.64

12.94

14.23

15.52

16.17

16.82

18.11 19.40 20.70 23.29

25.97

  950

  9.0   10.5   11.3   12.0  13.5  15.0  16.5  18.0  18.8  19.6  21.1   22.6   24.1   27.1  30.1

1 160

 11.0  12.8   13.8   14.7  16.5  18.4  20.2  22.0  23.0  23.9  25.7   27.6   29.4   33.1  36.7

1 425

 15.8   16.9   18.0  20.3  22.6  24.8  27.1  28.2  29.3  31.6   33.9   36.1   40.6  45.1

1 750

 19.4   20.8   22.2  24.9  27.7  30.5  33.3  34.7  36.0  38.8   41.6   44.3   49.9  55.4

2 850

 33.9   36.1  40.6  45.1

49.6  54.1  56.4  58.6  63.1   67.6   72.1   81.0  90.0

3 450

 41.0   43.7  49.2  54.6  60.1  65.5  68.2  70.9  76.3   81.7   87.1   97.9

108.6

  100

  0.9    1.1    1.1    1.2   1.4   1.5   1.7   1.9   1.9   2.0   2.2    2.3    2.5    2.8   3.1

  200

  1.9    2.2    2.3    2.5   2.8   3.1   3.4   3.8   3.9   4.1   4.4    4.7    5.0    5.7   6.3

  300

  2.8    3.3    3.5    3.8   4.2   4.7   5.2   5.7   5.9   6.1   6.6    7.1    7.6    8.5   9.5

  400

  3.8    4.4    4.7    5.0   5.7   6.3   6.9   7.6   7.9   8.2   8.8    9.5   10.1   11.4  12.6

  500

  4.7    5.5    5.9    6.3   7.1   7.9   8.7   9.5   9.9  10.3  11.1   11.9   12.6   14.2  15.8

  600

  5.7    6.6    7.1    7.6   8.5   9.5  10.4  11.4  11.9  12.3  13.3   14.2   15.2   17.1  19.0

  700

  6.6    7.7    8.3    8.8  10.0  11.1  12.2  13.3  13.8  14.4  15.5   16.6   17.7   19.9  22.2

  800

  7.6    8.8    9.5   10.1  11.4  12.6  13.9  15.2  15.8  16.5  17.7   19.0   20.3   22.8  25.3

  900

  8.5   10.0   10.7   11.4  12.8  14.2  15.7  17.1  17.8  18.5  19.9   21.4   22.8   25.7  28.5

1 000

  9.5   11.1   11.9   12.6  14.2  15.8  17.4  19.0  19.8  20.6  22.2   23.8   25.3   28.5  31.7

1 100

 10.4  12.2   13.0   13.9  15.7  17.4  19.2  20.9  21.8  22.6  24.4   26.1   27.9   31.4  34.8

1 200

 11.4  13.3   14.2   15.2  17.1  19.0  20.9  22.8  23.8  24.7  26.6   28.5   30.4   34.2  38.0

1 300

 14.4   15.4   16.5  18.5  20.6  22.6  24.7  25.7  26.8  28.8   30.9   32.9   37.1  41.2

1 400

 15.5   16.6   17.7  19.9  22.2  24.4  26.6  27.7  28.8  31.0   33.3   35.5   39.9  44.3

1 500

 16.6   17.8   19.0  21.4  23.8  26.1  28.5  29.7  30.9  33.3   35.6   38.0   42.8  47.5

1 600

 17.7   19.0   20.3  22.8  25.3  27.9  30.4  31.7  32.9  35.5   38.0   40.5   45.6  50.7

1 700

 18.8   20.2   21.5  24.2  26.9  29.6  32.3  33.7  35.0  37.7   40.4   43.1   48.5  53.8

1 800

 19.9   21.4   22.8  25.7  28.5  31.4  34.2  35.6  37.1  39.9   42.8   45.6   51.3  57.0

2 000

 23.8   25.3  28.5  31.7  34.8  38.0  39.6  41.2  44.3   47.5   50.7   57.0  63.3

2 200

 26.1   27.9  31.4  34.8  38.3  41.8  43.6  45.3  48.8   52.2   55.7   62.7  69.6

2 400

 28.5   30.4  34.2  38.0  41.8  45.6  47.5  49.4  53.2   57.0   60.8   68.3  75.9

2 600

 30.9   32.9  37.1  41.2  45.3  49.4  51.5  53.5  57.6   61.7   65.8   74.0  82.1

2 800

 35.5  39.9  44.3  48.8  53.2  55.4  57.6  62.0   66.4   70.8   79.6  88.4


13

K 6373-1995

単位

  W

12 14 15 16 18 20 22 24 25 26 28 30 32 36 40

小プーリ歯数

ピッチ円直径 (mm)

小プーリ回転数 (rpm)

7.76 9.06 9.70

10.35

11.64

12.94

14.23

15.52

16.17

16.82

18.11 19.40 20.70 23.29

25.97

3 000

 38.0  42.8  47.5  52.2  57.0  59.3  61.7

 66.4

 71.2   75.9   85.3  94.6

3 200

 40.5  45.6  50.7  55.7  60.8  63.3  65.8  70.8   75.9   80.9   90.9 100.9

3 400

 43.1  48.5  53.8  59.2  64.5  67.2  69.9  75.2   80.6   85.9   96.5 107.1

3 600

 45.6  51.3  57.0  62.7  68.3  71.2  74.0  79.6   85.3   90.9  102.1 113.3

3 800

 54.1  60.1  66.1  72.1  75.1  78.1  84.0   90.0   95.9  107.7 119.5

4 000

 57.0  63.3  69.6  75.9  79.0  82.1  88.4   94.6  100.9  113.3 125.6

4 200

 59.8  66.4  73.0  79.6  82.9  86.2  92.8   99.3  105.8  118.8 131.8

4 400

 62.7  69.6  76.5  83.4  86.8  90.3  97.1  104.0  110.8  124.4 137.9

4 600

 65.5  72.7  79.9  87.1  90.7  94.3 101.5  108.6  115.8  129.9 144.0

4 800

 68.3  75.9  83.4  90.9  94.6  98.4 105.8  113.3  120.7  135.4 150.0

備考  小プーリ回転数がこの表で規定している回転数を超えた高速回転数での使用の場合は,ベルトメーカと相談する

ことが望ましい。

参考表 12  XXL の基準伝動容量 P

r

単位

  W

12 14 15 16 18 20 22 24 25 26 28 30 32 36 40

小プーリ歯数

ピッチ円直径 (mm)

小プーリ回転数 (rpm)

12.13 14.15 15.16 16.17

18.19

20.21

22.23

24.26

25.27

26.28

28.30 30.32 32.34 36.38

40.43

  950

 15.3   17.8   19.1   20.4  22.9  25.5  28.0  30.6  31.9  33.1  35.7   38.2   40.8   45.9  51.0

1 160

 18.7   21.8   23.3   24.9  28.0  31.1  34.2  37.3  38.9  40.5  43.6   46.7   49.8   56.0  62.2

1 425

 26.8   28.7   30.6  34.4  38.2  42.0  45.9  47.8  49.7  53.5   57.3   61.1   68.7  76.3

1 750

 32.9   35.2   37.6  42.2  46.9  51.6  56.3  58.6  61.0  65.6   70.3   75.0   84.3  93.6

2 850

 57.3   61.1  68.7  76.3  83.9  91.4  95.2  99.0 106.5  114.0  121.5  136.4 151.1

3 450

 69.3   73.9  83.1  92.2 101.4 110.5 115.0 119.5 128.5  137.5  146.5  164.2 181.8

  100

  1.6    1.8    2.0    2.1   2.4   2.6   2.9   3.2   3.3   3.4   3.7    4.0    4.3    4.8   5.3

  200

  3.2    3.7    4.0    4.3   4.8   5.3   5.9   6.4   6.7   6.9   7.5    8.0    8.6    9.6  10.7

  300

  4.8    5.6    6.0    6.4   7.2   8.0   8.8   9.6  10.0  10.4  11.2   12.0   12.9   14.5  16.1

  400

  6.4    7.5    8.0    8.6   9.6  10.7  11.8  12.9  13.4  13.9  15.0   16.1   17.2   19.3  21.5

  500

  8.0    9.4   10.0   10.7  12.0  13.4  14.7  16.1  16.7  17.4  18.8   20.1   21.5   24.1  26.8

  600

  9.6   11.2   12.0   12.9  14.5  16.1  17.7  19.3  20.1  20.9  22.5   24.1   25.7   29.0  32.2

  700

 11.2   13.1   14.1   15.0  16.9  18.8  20.6  22.5  23.5  24.4  26.3   28.2   30.0   33.8  37.6

  800

 12.9   15.0   16.1   17.2  19.3  21.5  23.6  25.7  26.8  27.9  30.0   32.2   34.3   38.6  42.9

  900

 14.5   16.9   18.1   19.3  21.7  24.1  26.6  29.0  30.2  31.4  33.8   36.2   38.6   43.5  48.3

1 000

 16.1   18.8   20.1   21.5  24.1  26.8  29.5  32.2  33.5  34.9  37.6   40.2   42.9   48.3  53.6

1 100

 17.7   20.6   22.1   23.6  26.6  29.5  32.5  35.4  36.9  38.4  41.3   44.3   47.2   53.1  59.0

1 200

 19.3   22.5   24.1   25.7  29.0  32.2  35.4  38.6  40.2  41.8  45.1   48.3   51.5   57.9  64.3

1 300

 24.4   26.1   27.9  31.4  34.9  38.4  41.8  43.6  45.3  48.8   52.3   55.8   62.7  69.6

1 400

 26.3   28.2   30.0  33.8  37.6  41.3  45.1  46.9  48.8  52.6   56.3   60.0   67.5  75.0

1 500

 28.2   30.2   32.2  36.2  40.2  44.3  48.3  50.3  52.3  56.3   60.3   64.3   72.3  80.3

1 600

 30.0   32.2   34.3  38.6  42.9  47.2  51.5  53.6  55.8  60.0   64.3   68.6   77.1  85.6

1 700

 31.9   34.2   36.5  41.0  45.6  50.1  54.7  57.0  59.2  63.8   68.3   72.8   81.9  90.9


14

K 6373-1995

単位

  W

12 14 15 16 18 20 22 24 25 26 28 30 32 36 40

小プーリ歯数

ピッチ円直径 (mm)

小プーリ回転数 (rpm)

12.13 14.15 15.16 16.17

18.19

20.21

22.23

24.26

25.27

26.28

28.30 30.32 32.34 36.38

40.43

1 800

 33.8   36.2   38.6  43.5  48.3  53.1  57.9  60.3  62.7  67.5   72.3   77.1   86.7  96.2

2 000

 40.2   42.9  48.3  53.6  59.0  64.3  67.0  69.6  75.0   80.3   85.6   96.2 106.8

2 200

 44.3   47.2  53.1  59.0  64.8  70.7  73.6  76.6  82.4   88.3   94.1  105.7 117.3

2 400

 48.3   51.5  57.9  64.3  70.7  77.1  80.3  83.5  89.9   96.2  102.6  115.2 127.8

2 600

 52.3   55.8  62.7  69.6  76.6  83.5  86.9  90.4  97.3  104.1  111.0  124.6 138.2

2 800

 60.0  67.5  75.0  82.4  89.9  93.6

97.3

104.7  112.0  119.4  134.0 148.6

3 000

 64.3  72.3  80.3  88.3  96.2 100.2 104.1 112.0  119.9  127.8  143.4 158.9

3 200

 68.6  77.1  85.6  94.1 102.6 106.8 111.0 119.4  127.8  136.1  152.7 169.1

3 400

 72.8  81.9  90.9  99.9 108.9 113.4 117.8 126.7  135.6  144.4  161.9 179.3

3 600

 77.1  86.7  96.2 105.7 115.2 119.9 124.6 134.0  143.4  152.7  171.1 189.4

3

800

91.4 101.5 111.5 121.5 126.5 131.4 141.3

151.1

160.9

180.3 199.4

4

000

96.2 106.8 117.3 127.8 133.0 138.2 148.6

158.9

169.1

189.4 209.4

4

200

101.0 112.0 123.1 134.0 139.5 144.9 155.8

166.5

177.3

198.4 219.2

4

400

105.7 117.3 128.8 140.3 146.0 151.7 163.0

174.2

185.4

207.4 229.0

4

600

110.5 122.5 134.5 146.5 152.4 158.3 170.1

181.8

193.4

216.3 238.7

4

800

115.2 127.8 140.3 152.7 158.9 165.0 177.3

189.4

201.4

225.1 248.3

備考  小プーリ回転数がこの表で規定している回転数を超えた高速回転数での使用の場合は,ベルトメーカと相談する

ことが望ましい。

4.

ベルト及びプーリの使用上の注意

4.1

ベルトの張り方

  ベルトの取付け張力が過大な場合は寿命を低下させ,過小な場合は起動トルク又

は衝撃負荷によって,ベルトの歯がプーリの溝から飛び出すことがあるので,適正な取付け張力にする必

要がある。ベルトの取付け張力を数値的に管理する場合は,ベルトの種類,幅及びスパン長さに応じて,

次の式(9)によって適正なたわみ力

(

6

)

を求めて張りを与える(

参考図 4

参照)

(

6

)

ベルト張力をたわみ量によって測定するときに,ベルトを押す力。

参考図 4  ベルトの張り方


15

K 6373-1995

16

Y

L

L

F

F

p

s

i

×

+

=

δ

(9)

ここに,

F

δ

たわみ力

 (N)

F

i

取付け張力

 (N)

参考表 13

による。

Y

係数

 (N)

参考表 13

による。

δ: たわみ

 (mm)

δ

0.016Ls

L

s

スパン長さ

 (mm)

(

)

4

2

1

2

2

p

p

s

d

d

C

L

=

C

軸間距離

 (mm)

d

p1

小プーリのピッチ円直径

 (mm)

d

p2

大プーリのピッチ円直径

 (mm)

L

p

ベルトの長さ

 (mm)

参考表 13  取付け張力  (F

i

と係数  (Y)

単位  N

ベルトの幅

種類

F

i

Y

3.2mm

4.8mm

6.4mm

F

i

最大値

6.4 9.8

13.7

N

推奨値

2.9 5.1 7.6

MXL

YN

0.6 1.0 1.4

F

i

最大値

6.9 10.8 15.7

N

推奨値

3.2 5.6 8.8

XXL

YN

0.7 1.1 1.6

4.2

プーリアライメント

  プーリアライメントが不良の場合,運転中にベルトはフランジに強く押し付

けられて著しくベルト側面が摩耗破損するだけでなく,

フランジに乗り上がって切断することがあるので,

プーリアライメントは,

参考図 5

θ

m

20'

以下に調整することが望ましい。

参考図 5  プーリアライメント

4.3

アイドラの取付け位置

  軸間距離が固定の場合,又は小プーリのかみ合い歯数を増す必要がある場

合に,アイドラを取り付ける。

4.3.1

外側からの取付け

  アイドラには,クラウン(中高)のない平プーリを用い,その外径は最小許容

歯数(

参考表 6

)の歯先円直径以上とし,緩み側に取り付けることが望ましい(

参考図 6

参照)

参考図 6  外側からの取付け例


16

K 6373-1995

4.3.2

内側からの取付け

  かみ合い歯数の減少に注意して,最小許容歯数(

参考表 6

)以上のプーリを緩

み側へ取り付けることが望ましい(

参考図 7

参照)

参考図 7  内側からの取付け例

JIS

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

寺  田  利  邦

早稲田大学

小  山  富  夫

大阪工業大学

阿  部  巳喜雄

通商産業省基礎産業局

桜  井  俊  彦

工業技術院標準部

鈴  木      守

社団法人日本ゴム協会

田  村  高  志

コニカ株式会社複写機事業部設計部

渡  部  延  夫

日本電気株式会社プリンタ事業部

池  田      博

シチズン時計株式会社プリンタ事業部設計部

渡  辺  晧  一

蛇の目ミシン工業株式会社

瀬  底  信  一

富士ゼロックス株式会社技術管理部

木  村  哲  雄

キヤノン株式会社

B

プロジェクト第一開発グループ

池  村  征四郎

バンドー化学株式会社第三事業部自動車農機開発部

生  田  陽  伸

三ツ星ベルト株式会社ベルト事業部技術部

西  岡  正  雄

ユニッタ株式会社技術部

木  村  和  雄

椿本チェイン株式会社自動車部品事業部

今  井  清  吾

ISO/TC 41

国内審議委員会事務局

(事務局)

加  藤  明  弘

ゴムベルト工業会