>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

JIS K 6346 : 1999 解説 

解説表1 JISと対応する国際規格との対比表 

JIS K 6346 : 1999 送吸油用ゴムホース 

ISO 1823-1 : 1997 陸上用送吸油用ゴムホース及びホースアセ
ンブリ 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内

容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規

格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

(1) 適用範囲 

○ 標準状態で

液体の石油
製品を輸送
する船と陸
上間で−
20℃〜80℃
の温度で使
用する送吸
油用ホース。
金属フレキ
シブル管を
内面に入れ
たホース及
び海上用ホ
ースには適
用しない。 

ISO 1823-1 

○ JISと同等 

≡  

 

(2) 引用規格 

○ JIS K 6250, 

JIS K 6258, 
JIS K 6264,  
JIS K 6330-2, 
JIS K 6330-3, 
JIS K 6330-4, 
JIS K 6330-5, 
JIS K 6330-6, 
JIS K 6330-7, 
ISO 1307 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

(3.1) タイプ 

○ タイプR:内

面平滑タイ
プS:内面蛇
腹 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

(3.2) クラス 

○ クラス1:オ

イル及びガ
ソリン用(芳
香族50%以
下) 
クラス2:芳
香族油用(芳
香族100%) 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

(3.3) グレード 

○ グレードA:

0.7MPaグレ
ードB: 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 


JIS K 6346 : 1999 解説 

解説表1 JISと対応する国際規格との対比表(続き) 

JIS K 6346 : 1999 送吸油用ゴムホース 

ISO 1823-1 : 1997 陸上用送吸油用ゴムホース及びホースアセ
ンブリ 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内

容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規

格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

 

 1.0MPa 

グレードC:
1.5MPaグレ
ード

D:

2.0MPa 

 

  

  

 

(4.1) 呼び径(内

径) 

○ 50,75,80,

100,125,
150,160,
200,205,
250,255,
315,400,500
(許容差は
ISO 1307に
よる) 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

(4.2) 長さ 

○ 5m以下±

50mm,5mを
超えるもの
±1%長さの
測定は,ホー
スに0.07MPa
の水圧をか
けた状態で
行う。 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

(5.1.1) 耐圧性試

験 

○ 0.07MPaから

加圧して,最
高使用圧力
で10分後,
異状があっ
てはならな
い。 
0.07MPaから
加圧して,最
高使用圧力
で10分後,
加圧時の長
さ変化率が
7.5%以下 
放圧後15分
後,0.07MPa
まで加圧し
て,放任後 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 


JIS K 6346 : 1999 解説 

解説表1 JISと対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内

容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規

格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

 

 の長さ変化

率が2.5%以
下 

 

  

  

 

(5.1.2) 負圧試験 

○ −0.07MPaで

5分後,異状
があっては
ならない 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

(5.1.3) 曲げ試験 

○ 無圧時及び

最高使用圧
力時に,表に
規定された
曲げ半径に
曲げたとき,
異状があっ
てはならな
い 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

(5.1.4) 電気試験 

○ 耐圧性試験

中及び試験
後2×106 圀一

以下 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

(5.2.2) 破裂試験 

○ 15分以上か

けて,最高使
用圧力の4倍
まで加圧後
15分保持し
異状があっ
てはならな
い。破裂圧力
を記録する 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

(5.2.3) 外面ゴム 

○ 体積変化率

試験用燃料
油B,標準温
度,70hで
80%以下及び
No.3試験油,
100℃,70hで
100%以下 
耐オゾン性
50pphm

40℃,72hで
異状があっ
てはならな
い 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 


JIS K 6346 : 1999 解説 

解説表1 JISと対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内

容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規

格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

 

 耐摩耗性 

摩耗減量が
200mm3以下 

 

  

  

 

(5.2.4) 内面ゴム 

○ クラス1 試

験用燃料油C 
(イソオク
タン50:トル
エン50),標
準温度,70h
で体積変化
率が50%以下 
クラス2 試
験用燃料油E
(トルエン
100),標準温
度,70hで体
積変化率が
50%以下 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

(5.2.5) 接着試験 

○ 各クラス 

各層間4kN/m
以上 
クラス1 試
験用燃料油
C,標準温度,
48h浸せき後
の各層間
2kN/m以上 
クラス2 試
験用燃料油
E,標準温度,
48h浸せき後
の各層間
1.1kN/m以上 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

(5.2.6) 低温曲げ

試験 

○ −25℃±3℃

で5時間保持
後,呼び径の
12倍の外径
をもつ円筒
に沿って曲
げたとき,異
状があって
はならない 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 


JIS K 6346 : 1999 解説 

解説表1 JISと対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内

容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規

格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

(6) 発注 

○ 発注者は,呼

び径,長さ,
タイプ,クラ
ス,グレー
ド,継手の種
類,必要な試
験を発注書
で指定する 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

(7) 表示 

○ 製造業者名

又はその略
号,対応規格
番号,タイ
プ,クラス,
グレード,呼
び径,製造年
月,最高使用
圧力 (MPa) 
をホースに
表示する 

同上 

○ JISと同等 

≡  

 

附属書 

○ クラスJ−低

芳香族油用
ゴムホース
(芳香族25%
以下) 

同上 

− クラス1 

クラス2 

ADP 用途要求性

能の異なる
低芳香族用
を追加 

JIS規格品が市場で定着。 
JISとして当面この用途が
必要。 
次回の改正時までに,廃止
又は附属書(参考)とする 

 

備考1. 表中の(I)及び(II)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。 

2. 表中の(III)欄にある“≡”は,JISと国際規格との技術的内容が一致であることを示す。“ADP”は,JIS

は国際規格を技術的内容の変更なしで採用しているが,JISとして必要な規定内容を追加していることを
示す。