>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 5952-3

:2008

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

2

4

  分類

2

5

  光トランシーバ仕様

2

5.1

  光コネクタインタフェース

2

6

  電気インタフェース仕様

2

6.1

  一般事項

2

6.2

  電気端子番号

2

6.3

  電気端子配置

3

7

  きょう(筐)体外形及びフットプリント

4

7.1

  きょう(筐)体外形図

4

7.2

  MT-RJ 形光レセプタクル

5

7.3

  フットプリント図

5

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

8


C 5952-3

:2008

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人光産業技術振興協会 (OITDA) 及び

財団法人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日

本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS C 5952

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

C

5952-1

第 1 部:総則

JIS

C

5952-2

第 2 部:MT-RJ(F19 形)コネクタ付 10 ピン SFF 形光トランシーバ

JIS

C

5952-3

第 3 部:MT-RJ(F19 形)コネクタ付 20 ピン SFF 形光トランシーバ

JIS

C

5952-4

第 4 部:PN コネクタ付 1×9 ピンプラスチック光ファイバ光トランシーバ

JIS

C

5952-5

第 5 部:SC(F04 形)コネクタ付 1×9 ピン光送信・受信モジュール及び光トランシーバ

JIS

C

5952-6

第 6 部:ATM-PON 用光トランシーバ

JIS

C

5952-7

第 7 部:LC コネクタ付 10 ピン SFF 形光トランシーバ

JIS

C

5952-8

第 8 部:LC コネクタ付 20 ピン SFF 形光トランシーバ

JIS

C

5952-9

第 9 部:MU(F14 形)コネクタ付 10 ピン SFF 形光トランシーバ

JIS

C

5952-10

第 10 部:MU(F14 形)コネクタ付 20 ピン SFF 形光トランシーバ

JIS

C

5952-11

第 11 部:14 ピン変調器集積形半導体レーザ送信モジュール

JIS

C

5952-12

第 12 部:同軸形高周波コネクタ付半導体レーザ送信モジュール


日本工業規格

JIS

 C

5952-3

:2008

光伝送用能動部品−

パッケージ及びインタフェース標準− 
第 3 部:MT-RJ(F19 形)コネクタ付

20

ピン SFF 形光トランシーバ

Fibre optic active components and devices-Package and interface standards-

Part 3 : SFF MT-RJ 20-pin transceivers

序文

この規格は,2003 年に第 1 版として発行された IEC 62148-3 を基に作成した日本工業規格であるが,技

術的内容を一部変更して作成した日本工業規格である。

光トランシーバは,電気信号を光信号に,又は光信号を電気信号に変換するために使用する。この規格

は,20 ピン SFF (Small Form Factor)  形光トランシーバの物理インタフェースに関するものである。ここで

規定する光トランシーバは,MT-RJ2 心コネクタに対応するものであり,また,貫通穴をもつプリント配

線板上で使用される。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

1

適用範囲

この規格は,MT-RJ コネクタ付 20 ピン SFF 形光トランシーバの物理インタフェース仕様について規定

する。この規格は,光トランシーバの物理インタフェース仕様を適切に規定することで,この規格に適合

する光トランシーバを,プリント配線板及びパネルマウントに実装する場合の機械的互換性を確保するこ

とを目的とする。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 62148-3 : 2003

,Fibre optic active components and devices−Package and interface standards−

Part 3 : SFF MT-RJ 20-pin transceivers (MOD)

なお,対応の程度を表す記号 (MOD) は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを

示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 5952-1

  光伝送用能動部品−パッケージ及びインタフェース標準−第 1 部:総則


2

C 5952-3

:2008

注記  対応国際規格:IEC 62148-1 : 2002  Fibre optic active components and devices−Package and

interface standards

−Part 1 : General and guidance (IDT)

JIS C 5988

  F19 形光ファイバコネクタ

注記  対応国際規格:IEC 61754-18 : 2001  Fibre optic connector interfaces−Part 18 : Type MT-RJ

connector family (MOD)

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語の定義は,JIS C 5952-1 の箇条 3(用語及び定義)によるほか,次による。

3.1

SFF

形光トランシーバ  (small form factor optical transceiver)

レセプタクル部の外形が,RJ-45 電気コネクタと同一である小形の光伝送用トランシーバ。

4

分類

この規格で扱うトランシーバは,JIS C 5952-1 の箇条 4(光能動部品又はデバイスの分類)で規定する分

類のタイプ 1 に属する。

5

光トランシーバ仕様

5.1

光コネクタインタフェース

この規格は,MT-RJ 形光コネクタインタフェースに適用する。レセプタクル部の詳細寸法は,箇条 

よる。

送受信光学ポートは,送受信電気端子と同一列に整列する。モジュールの片側が送信側,もう一方が受

信側となる。その配列は,

図 による。

6

電気インタフェース仕様

6.1

一般事項

この規格における電気インタフェース仕様は,各端子の基本的な機能についてだけ規定する。

6.2

電気端子番号

電気端子配置番号は,

図 による。図は,モジュール上面図であり,端子は下方に向けて配置する。

図 1−電気端子番号


3

C 5952-3

:2008

6.3

電気端子配置

受信側の電気端子配置は,

表 に,送信側の電気端子配置は,表 による。

表 1−受信側電気端子配置

端子番号

記号

機能

MS

a)

 MS

マウンティング  スタッド。 
プリント配線板への機械的な取付け用途に用いる。機器
のきょう(筐)体接地に対して,電気的に接続すること

もある。

HL

HL

ハウジングリード。光トランシーバの信号接地を強化し

て放射雑音特性や環境雑音耐性を高めるために用いる。
(オプション)

1

受光素子バイアスモニタ

受光素子バイアス電圧モニタ(オプション)

2 Vee

r

受信器信号接地

3 Vee

r

受信器信号接地

4

b)

 Clk

-

再生クロック信号逆相出力(オプション)

5

 b)

 Clk

+

再生クロック信号正相出力(オプション)

6 Vee

r

受信器信号接地

7 Vcc

r

受信器電源

8 SD

信号検知出力

9 RD

-

逆相信号出力

10 RD

+

正相信号出力

a)

プリント配線板の取付穴は,きょう(筐)体接地に接続しなければならない。

b)

この機能を使用しない場合は,接続してはならない。

表 2−送信側電気端子配置

端子番号

記号

機能

MS

 c)

 MS

マウンティング  スタッド。 
プリント配線板への機械的な取付け用途に用いる。機器のきょう

(筐)体接地に対して,電気的に接続することもある。

HL

HL

ハウジングリード。光トランシーバの信号接地を強化して放射雑音

特性や環境雑音耐性を高めるために用いる。

(オプション)

11 Vcc

t

送信器電源

12 Vee

t

送信器信号接地

13

d)

 TDis

送信器ディスエイブル(オプション)

14 TD+

正相信号入力

15 TD

-

逆相信号入力

16 Vee

t

送信器信号接地

17

e)

 Bmon

(

-)

低電位側半導体レーザ・バイアス電流モニタ(オプション)

18

e)

 Bmon

(+)

高電位側半導体レーザ・バイアス電流モニタ(オプション)

19

e)

 Pmon

(

-)

低電位側光出力モニタ(オプション)

20

e)

 Pmon

(+)

高電位側光出力モニタ(オプション)

c)

プリント配線板の取付穴は,きょう(筐)体接地に接続しなければならない。

d)

半導体レーザ使用品に限る。

e)

この機能を使用しない場合は,接続してはならない。


4

C 5952-3

:2008

7

きょう(筐)体外形及びフットプリント

7.1

きょう(筐)体外形図

きょう(筐)体外形図及び寸法は,

図 による。図は,モジュール上面図であり,端子は下方に向けて

配置する。

図 2−きょう(筐)体外形図

b)

e)

e)

f)

EE

T

Y

X

A

C

D

E

H

F

G

J

K

FF

R

S

Z

0.36        Z    X

φ0.1  M   Z

20×φJ

6×φK

0.36        Z   X

φ0.2  M   Z

M

N

P

HH

V

U

UU

a)

W

B

9 x B


5

C 5952-3

:2008

単位  mm

参照箇所

寸法

説明

最小値

最大値

10.16

理論的に正確な寸法

 1.78

理論的に正確な寸法

 7.59

理論的に正確な寸法

 8.89

理論的に正確な寸法

− 13.59  −

9.80

− 49.56

参考寸法

H

 g)

 

 1.90

J

 c)

 

0.41

 0.61

丸型ピンの場合の直径

K

 d)

 

0.97

 1.07

丸型ピンの場合の直径

 3.56

理論的に正確な寸法

13.34

理論的に正確な寸法

 7.11

理論的に正確な寸法

2.92

 37.56

 12.00

U

 h)

 

0.30

 4.57

理論的に正確な寸法

1.70

 2.30

EE 

9.60

FF 

9.30

HH

 g)

 

1.90

UU

 h)

 

 0.30

a)

 MT-RJ

光コネクタの収納が可能なスペース。

b)

端子,マウンティング  スタッド及びハウジングリードからなる計 26 本のピン配置は単一パターンとし

て扱う。

c)

寸法 “J” を直径とする円に内接する四角形よりも小さな断面積をもつ角形ピンも使用可能。

d)

寸法 “K” を直径とする円に内接する四角形よりも小さな断面積をもつ角形ピンも使用可能。

e)

  4

本のハウジングリードは,光トランシーバの信号接地を強化して,放射雑音特性や環境雑音耐性向上

に用いる。

(オプション)

f)

  2

本のマウンティング  スタッドは,電気的には光トランシーバきょう(筐)体へ接地することが推奨さ

れる。

g)

  H+HH

は 3.63 未満である。

h)

  U+UU

は 0.45 未満である。

図 2−きょう(筐)体外形図(続き)

b)

7.2

MT-RJ

形光レセプタクル

JIS C 5988

による。

7.3

フットプリント図

フットプリント図及び寸法は,

図 による。


6

C 5952-3

:2008

注記  この図は,最小間隔でトランシーバを配置する場合の推奨レイアウトである。

図 3−フットプリント図

a)

φ0.0  M  Z

6 x  φk

Z

j

k

20 x  φj

s

h

f

a

d

b)

φ0.0  M  Z

u

w

t

e

g

r

p

m

n

v

b

9 x b


7

C 5952-3

:2008

単位  mm

参照箇所

寸法

説明

最小値

最大値

10.16

理論的に正確な寸法

 1.78

理論的に正確な寸法

 8.89

理論的に正確な寸法

 1.90

2.10

13.97

二つのトランシーバの最小間隔

 3.08

 5.90

6.10

 0.71

0.91

 

 1.30

1.50

 3.56

理論的に正確な寸法

13.34

理論的に正確な寸法

 7.11

理論的に正確な寸法

 7.49

7.69

 2.90

3.10

 1.90

2.10

 9.49

9.69

 4.57

理論的に正確な寸法

 2.90

3.10

a)

影線の領域は,ハウジングのスタンドオフ用の退避領域である。この領域には,いかなる金属部品及び接
地への接続があってはならない。

b)

a)

の退避領域から最大直径 2.29 mm の領域を除外する。

図 3−フットプリント図(続き)

a)


附属書 JA

参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS C 5952-3 : 2008

  光伝送用能動部品−パッケージ及びインタフェース標準−第 3

部:MT-RJ(F19 形)コネクタ付 20 ピン SFF 形光トランシーバ

IEC 62148-3 : 2003

,Fibre optic active components and devices−Package and interface

standards

−Part 3 : SFF MT-RJ 20-pin transceivers

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅱ)

国際規格
番号

(

Ⅲ) 国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

(

Ⅴ) JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

箇 条 番 号
及び名称

内容

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

6

電 気 イ

ン タ フ ェ
ース仕様

6.2

電気端子番号

6.2

電気端子番号

追加

ハウジングリード (HL) の追
加。

業界標準である SFF MSA (Multi

Source Agreement)

の最新版には追

加されており,市場に流通している

製品の多くに使用されている。

IEC

規格の改訂に合わせて修正提

案を行う。

6.3

電気端子配置 6.3

電気端子配置

追加

ハウジングリード (HL) の追
加。

同上

7

き ょ う

(筐)体外
形 及 び フ

ッ ト プ リ
ント

7.1

きょう(筐)体

外形図

7.1

きょう(筐)体外形図

追加

変更

削除

ハウジングリードに関する寸
法の追加。

基準点,公差に関する表記の変
更。

間隔を外形図で示すべきでな

く,削除

電気端子配置にハウジングリード
を追加したため,寸法に関しても追
加が必要となった。

IEC

規格では不明確であった基準

点,公差などについて明確化を図っ
た。

IEC

規格の改訂に合わせて修正提

案を行う。

IEC

規格の改訂に合わせて修正提

案を行う。

7.3

フットプリント

7.3

フットプリント図

変更

基準点,公差に関する表記の変

更。

IEC

規格では不明確であった基準

点,公差などについて明確化を図っ
た。

IEC

規格の改訂に合わせて修正提

案を行う。

8

C

 5952-3


20
08

8

C

 5952-3


20
08


JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:IEC 62148-3 : 2003,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

9

C

 5952-3


20
08

9

C

 5952-3


20
08