>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 5950 :

 19
97
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS C 5950-1989

  光伝送用発光ダイオード通則

IEC 747-5747-5 Amd.1.1992

,1994  半導体デバイス−個別部品及び集積回路−第 5 部:光エレクトロニクスデバイス,同追補 1

対比項目

規定項目

(I)  JIS(

原案)の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS(

原案)と国際規格との相違

(V)  JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○ 光伝送用発光ダイオードに

適用

IEC 747-5 

○ 発光ダイオードのほか,半導体レ

ーザ,フォトダイオードなどの光
半導体デバイス全般に広く適用。

= 国際規格から光伝送用発光

ダイオードに適用できるも
のだけを抽出した。 
  なお,光伝送用半導体レー

ザは C 5940C 5941 に,再
生・記録用半導体レーザは 

5942

C 5943 に,光伝送用半

導体レーザモジュールは 

5944

C 5945 に,光伝送用フ

ォトダイオードは C 5990

5991

に規定。

(2)

用語・記号

○ 光伝送用発光ダイオードに

関する用語を規定。

IEC 747-5 

○ 発光ダイオードのほか,半導体レ

ーザ,フォトダイオードなどの光
半導体デバイス全般に広く適用。

= 国際規格から光伝送用発光

ダイオードに適用できるも
のを抽出した。

(3)

性能

○ 光伝送用発光ダイオードの

電気的・光学的特性と環境及
び耐久性に対する性能につ
いて個別規格の様式を規定。

IEC 747-5 

○ 発光ダイオードのほか,半導体レ

ーザ,フォトダイオードなどの光
半導体デバイス全般についても
個別規格の様式を規定。

= 国際規格から光伝送用発光

ダイオードに適用できるも
のを抽出した。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は.次のとおり。

=:JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。