>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 C

5583

-1992

(IEC 843

-1987

)

8mm

ビデオ−8mm 磁気テープ

ヘリカル走査ビデオカセットシステム

Helical-scan video tape cassette system using 8mm magnetic tape

8mm Video

日本工業規格としてのまえがき 

この規格は,1987 年第一版として発行された IEC 843 (Helical-scan video tape cassette system using 8mm

magnetic tape

−Video 8) を翻訳し,技術的な内容及び規格票の様式を変更することなく作成日本工業規格

である。

第 章  一般 

1.

適用範囲

この規格は,8mm ビデオカセットと 2 ヘッドヘリカル走査ビデオカセットレコーダとによって,モノク

ローム及びカラーのテレビジョン信号の記録及び/又は再生をする,磁気的なビデオの記録及び/又は再

生に適用する。

2.

目的

この規格の目的は,機器の電気的及び機械的な特性を規定し,記録したカセットの互換性を保つことに

ある。

この規格は,

第 章に規定する二つのタイプの磁気テープに対して,記録及び/又は再生の機能を原則

として備えているものとする。

各項目は,525 ライン−60 フィールド又は 625 ライン−50 フィールドのシステム,NTSC 方式及び PAL

方式について,それぞれ規定するものとする。

3.

環境条件

この規格で要求する各項目を確認するときの試験及び測定は,次の条件による。

温度 20±1℃

相対湿度 48∼52%

気圧 86∼106kPa

試験前放置時間 24h


2

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

第 章  ビデオテープ 

4.

磁気テープの種類

8mm

ビデオテープには,タイプ A 及びタイプ B の二つのタイプがある。

タイプ A は,メタルパウダーテープ又はメタルパウダーテープと同等品で,その特性は,タイプ A のリ

ファレンステープ(

附属書 A,ページ 44 参照)に整合していること。

タイプ B は,メタル蒸着テープ又はメタル蒸着テープと同等品で,その特性は,タイプ B のリファレン

ステープ(

附属書 参照)に整合していること。

リファレンステープは,7.(ページ 2)に規定するビデオ及びオーディオの特性に限ってその基準とする

ものである。

5.

テープの物理的特性

5.1

磁気テープの幅

磁気テープの幅は,8.000±0.010mm とする。

5.2

磁気テープの幅変動

磁気テープの幅変動は,P−P 値で,0.006mm 以下とする。

5.3

磁気テープの厚さ

磁気テープの厚さは,次のとおりとする。

13.0

±1.0

μm

(10.0

±0.8

μm)審議未了

5.4

磁気テープの光透過率

磁気テープの光透過率は,波長 800∼900nm の光で,5%以下とする。

6.

テープの磁気的特性

磁気テープの抗磁力,残留磁束,磁性配向などの磁気的特性は,規定しないものとする。

同じ種類のテープの互換性は,7.に規定するテープの記録特性によって保つものとする。

7.

テープの記録特性

すべての測定は,4.(ページ 2)に示すリファレンステープを基準値 0dB として,このリファレンステ

ープと比較する。

7.1

ビデオ特性

7.1.1

RF

最適記録電流

RF

最適記録電流は,5MHz において,0±2dB とする。

RF

最適記録電流は,再生したときに,最大出力レベルを得るために必要な RF 記録電流である。RF 基

準記録電流に対する比をとって dB で表す。

RF

基準記録電流は,リファレンステープの RF 最適記録電流である。


3

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

7.1.2

RF

出力レベル

RF

出力レベルは,次のとおりとする。

輝度信号 5MHz において,−3dB 以上。

色信号 0.75MHz において,−2dB 以上。

 3.5MHz

スプリアスレベルは,5MHz 信号の再生出力レベルに対して,−20dB 以下。

(a)

輝度信号出力

輝度信号出力は,RF 基準記録電流で記録した 5MHz 信号の再生出力レベルである。

輝度信号出力は,

リファレンステープの輝度信号の再生出力レベルに対する比をとって dB で表す。

(b)

色信号出力

色信号出力は,5MHz 信号と 0.75MHz 信号とを重畳して記録したテープを再生したときの 0.75MHz

信号の再生出力レベルで,次のようにして測定する。

5MHz

の記録電流  5MHz の RF 基準記録電流。

0.75MHz

の記録電流  3.5MHz スプリアスレベルが,5MHz 信号の再生出力レベルに対して,−22dB

になるリファレンステープの記録電流。

色信号出力は,リファレンステープの 0.75MHz 信号の再生出力レベルに対する試験テープの

0.75MHz

信号の再生出力レベルの比をとって dB で表す。

7.1.3

RF

周波数特性

ビデオ信号の RF 周波数特性  (D)  は,

3

2

+

量 dB とする。

2MHz

信号の再生出力レベル及び 5MHz 信号の再生出力レベルは,それぞれの周波数を RF 基準記録電

流で記録して,その再生出力レベルを測定する。

RF

周波数特性  (D)  は,次のようにして求める。

D

dd

0

ここに,

d

:  試験テープの 2MHz 信号の再生出力レベルに対する 5MHz 信

号の再生出力レベルの比をとって dB で表したもの。

d

0

:  リファレンステープの 2MHz 信号の再生出力レベルに対する

5MHz

信号の再生出力レベルの比をとって dB で表したもの。

7.2

AUX (Auxiliary) 

オーディオ特性

7.2.1

感度

23.

(ページ 35)に規定する状態で,AUX オーディオ信号の感度は,1kHz において,−3dB 以上とする。

1kHz

信号の再生出力レベルは,基準記録レベル及び基準バイアス電流で記録したテープを再生して測定

する。

AUX

オーディオ信号の感度は,リファレンステープの 1kHz 信号の再生出力レベルに対する試験テープ

の 1kHz 信号の再生出力レベルの比をとって dB で表す。

基準バイアス電流  基準バイアス電流は,リファレンステープに,1kHz 信号を基準記録レベルよりも低

い一定レベルで記録したときに,最大再生出力レベルを得るために必要なバイアス電流。

基準記録レベル  基準記録レベルは,リファレンステープに,基準バイアス電流で,1kHz 信号を記録し

て再生したときに,第三高調波ひずみが 3%になる入力レベル。


4

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

7.2.2

消去率

AUX

オーディオ信号の消去率は,1kHz において,55dB 以上とする。

1kHz

信号を試験テープに基準バイアス電流で,基準記録レベルよりも 10dB 高いレベルで記録する。

前記の 1kHz 信号を試験テープに基準バイアス電流で,基準記録レベルよりも 10dB 高いレベルで記録し

た一部を消去する。

消去電流は,リファレンステープで,55dB の消去率を得るために必要な消去電流よりも 2dB 高くする。

消去率は,消去した部分の残留再生出力レベルに対する消去しない部分の再生出力レベルの比をとって

dB

で表す。

第 章  ビデオカセット 

8.

機械的特性

8.1

カセットの寸法

カセットの互換性を保つために必要な各部寸法は,

図 117(ページ 8∼19)及び表 1(ページ 19)のと

おりとする。

8.2

基準面 X,基準面 及び基準面 Z

基準面 Z は,基準部 A,基準部 B 及び基準部 C で定める面とする(

図 1,ページ 8 及び図 のハッチ部,

ページ 10 参照)

基準面 X は,基準面 Z に直交し基準穴 A 及び基準穴 B の中心をとおる面とする(

図 参照)。

基準面 Y は,基準面 X 及び基準面 Z に直交し基準穴 A の中心をとおる面とする(

図 参照)。

8.3

テープの巻き方

テープの磁性面が,カセットの外側になるように巻き取る。

テープの走行方向は,左側から右側,すなわち,供給リールから巻取リールのハブの上に,外側から巻

き取る方向とする(

図 4,ページ 11 参照)。

8.4

窓及びラベル

リールの一部が

図 のクロスハッチ部(窓の領域)のどこかの部分で見えるものとする。

リールの一部が見える窓は,カセットの規定の高さを越えないこと。

ラベルは,カセットの規定の高さを越えないこと。

8.5

引張強さ

リーダテープ及びトレーラテープのハブへの取付けは,10N の張力に耐えるものとする。取付方法は,

製造業者の,それぞれの裁量に任せる。

8.6

支持部 A,支持部 B,支持部 及び支持部 D

図 に示す,支持部 A,支持部 B 及び支持部 C は,それぞれ基準部 A,基準部 B 及び基準部 C の面に

対して,±0.1mm の平面,支持部 D は,基準面 Z に対して,±0.15mm の平面とする。

支持部は,カセットの縁(周辺)から 0.5mm を除いたものとする。

8.7

カセット保持部

カセットは,レコーダ及び/又はプレーヤに,

図 のハッチ部(保持部)で保持するものとする。

8.8

誤挿入防止

カセットには,三つの方向の誤挿入を防止するために,

図 1(ページ 8)に示す溝 [X−X],こう配 [Y

−Y]  及び切込み [Z−Z]  を設ける。


5

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

8.9

誤消去防止

カセットには,必要に応じて,使用者が開閉できる機構の誤消去防止穴を設ける。

誤消去防止穴が開いているときは,

カセットに記録ができないこと,

誤消去防止穴が閉じているときは,

カセットに記録ができること。

その誤消去防止の機構は,0.5N の力に耐える構造とする(

図 2,ページ 9 参照)。

上部シェルの誤消去防止穴は,製造業者の裁量によって,閉じたまま,又は開けてもよい。

8.10

識別穴

カセットには,下部シェルに五つの識別穴を設ける(

図 参照)。

識別穴 1 は,テープのタイプ A 及びタイプ B を区別する。

穴が閉じているときは,タイプ A,穴が開いているときは,タイプ B を示す。

識別穴 2 及び識別穴 3 は,テープの厚さを区別する。

識別穴 2 が閉じているときは,13

μm の厚さ,識別穴 2 が開いているときは,10μm の厚さを示す。識別

穴 3 の用い方の詳細は,未定である。

識別穴 4 及び識別穴 5 の用い方は,審議未了である。

これらの 3,4 及び 5 の識別穴は,その用い方が決まるまでは,閉じたままとする。

上部シェルの五つの識別穴は,製造業者の裁量によって,閉じたまま,又は開けてもよい。

閉じた識別穴は,0.5N の力に耐える構造とする。

8.11

チェンジャグリップ

カセットには,自動交換装置のために,

図 に示す,二つのチェンジャグリップを設ける。

8.12

リッド

8.12.1

リッドの構造

リッドの構造は,次のとおりとする。

(a)

リッドは,主リッド及び副リッドの二つの部分からなっている。

(b)

主リッドの支点 A は,基準面 X から 0.55mm,基準面 Z から 7.5mm の位置にあること(

図 10,ペー

ジ 15 参照)

(c)

主リッドは,支点 A を中心として回転する。

副リッドは,カムに沿ってスライドし,支点 B を中心として回転する。

リッドを開いたときに,開いた主リッド及び副リッドの上部のどの面も,基準面 Z に平行な面で,

基準面 Z から最大 22.3mm であること(

図 11,ページ 15 参照)。

(d)

副リッドの支点 B は,主リッドの支点 A から [X−X]  方向に 10.1mm,基準面 Z から 7.0mm の主リッ

ド内側の受穴の位置にあること(

図 10 参照)。

主リッドの受穴は,リッドを閉じたときに,

図 12(ページ 16)の平面 D の外側であれば,[Y−Y]  方

向のどこに位置していてもよい。

(e)

リッドが開くときの最大許容回転半径は,14.9mm とする。

このときに,リッドを開くときの最大許容高さは,22.5mm である(

図 11 参照)。

(f)

リッドを開いたときに,主リッドの外面 D は,基準面 X に平行な面から 5°

°

+

°

2
1

にあること(

図 13

ページ 17 参照)

(g)

副リッドの上側の長さは,規定しない。

(h)

主リッドの光窓は,リッドを開いたときにシェルの光窓と同じ線上で合致すること。


6

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

8.12.2

自動ロック

リッドは,カセットをレコーダ及び/又はプレーヤに挿入したときに自動的にロックが外れ,取り出し

たときに自動的にロックするものとする。

8.12.3

リッドロックを外す力

リッドは,

図 8(ページ 13)に示す解除レバーの [X−X]  方向,[Y−Y]  方向又は [Z−Z]  方向の動作

によってロックが外れるものとする。

リッドロックを外すために必要な力は,[X−X]  方向で,0.25N 以下とする(

図 16,ページ 18 参照)。

8.12.4

リッドを開く力

リッドを開くために必要な力は,1.0N 以下とする(

図 17,ページ 18 参照)。

8.13

リール

8.13.1

リールの寸法

リールの寸法及びリールとリール台との関係位置は,

図 5(ページ 12)及び図 6(ページ 12)による。

ストッパーの高さは,最大 0.7mm の範囲内で,製造業者のそれぞれの裁量に任せる。

8.13.2

リールロック

リールは,保管中及び輸送中のテープのたるみを防止するために,カセットをレコーダ及び/又はプレ

ーヤから取り出したときにロックするものとする。

カセットをレコーダ及び/又はプレーヤに挿入したときにリールは,リールロックの解除ピンによって

自動的にロックが外れるものとする(

図 7,ページ 13 参照)。

リールロックを外すために必要な力は,[X−X]  方向で,1.0N 以下とする(

図 15,ページ 18 参照)。

8.14

リールスプリング

リールは,0.4∼0.8N の力のリールスプリングで,カセットの定めた位置に保持する(

図 参照)。

9.

磁気テープの長さ

磁気テープの長さは,次の式で求めた値とする。

×

+

×

+

000

1

60

)

2

(

)

005

.

0

1

(

T

V

L

t

m

2

0

+

ここに,  V

t

:  テープ送り速度 (mm/s)

T

:  再生時間(分)

10.

リーダテープ及びトレーラテープ

10.1

自動停止

リーダテープ又はトレーラテープがカセットの光窓(

図 13,ページ 17 参照)の裏側を走行(通過)し

たときにレコーダ及び/又はプレーヤは,自動的に停止するものとする(光経路は

図 4,ページ 11 参照)。

10.2

リーダテープ及びトレーラテープの寸法

リーダテープ及びトレーラテープの長さは,80±10mm とする(

図 14,ページ 17 参照)。

リーダテープ及びトレーラテープの幅は,8.00±0.02mm とする。

リーダテープ及びトレーラテープの厚さは,10N の張力に,テープが十分に耐えるものとする。

10.3

リーダテープ及びトレーラテープの光透過率

リーダテープ及びトレーラテープの光透過率は,5.4(ページ 2)磁気テープの光透過率と同じ方法で測

定して,60%以上とする。


7

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

10.4

接合

接合した部分は,10N の張力に耐えるものとする。

接合テープは,長さ 13mm 以下とする。

11.

カセットの呼び方

8mm

ビデオカセットでは,統一して,次の呼び方を用いる。

磁気テープのタイ  プ

タイプ A

タイプ B

テレビ  ジョンのシステム

525

ライン−60 フィールド

P6-T

E6-T

625

ライン−50 フィールド

P5-T

E5-T

備考  は,再生時間(分)。


8

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 1  ビデオカセットの外形(上面及び側面)

(

1

)

窓の一部は,クロスハッチ部の内側にあること。窓は,カセットの規定の高さを越えないこと。

(

2

)

カセットは,ハッチ部(保持部)で,レコーダ及び/又はプレーヤに保持する。

(

3

)

誤消去防止の表示は,製造業者の裁量によるが,この部分とすることが望ましい。

(

4

)

背部ラベルは,このくぼみの部分(オプション:任意)に取り付けることが望ましい。

(

5

)

リッドを開けるときに,リッドオープナが,上部シェルの D 点に接触しないようにするために,寸法 は,図
のように,基準面 X から 8.4mm 以下とすること。


9

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 2  ビデオカセットの外形(底面)

(

1

)

誤消去防止の機構は,矢印の方向に加わる0.5N の力に耐える構造とする。


10

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 3  基準部及び支持部


11

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 4  内部構造,テープ経路及び光経路(上面図)

(

1

)  *

の寸法は,テープ経路の公称値。

(

2

)

リーダテープ及びトレーラテープを含めた,巻き取った磁気テープの最大直径。

(

3

)

光経路の高さは,

図 13(ページ 17)参照。

(

4

)

形状は,タイプ 1 又はタイプ 2 のいずれでもよい。


12

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 5  カセットのリール

(

1

)

リール上部のリールロックのラチェットは,製造業者の裁量に任せる。

(

2

)

直径 6.50

08

.

0

0

+

mm

のリール駆動穴の深さは,min.9.4mm とする。

図 6  リールとリール台の関係位置

(

1

)

リール台の高さ。

(

2

)

シェル内のリールすべり防止ストッパ。

(

3

)

基準面 Z からリール台支持部までの高さを,0.6±0.2mm としたとき,リールスプリングの圧力は,0.4∼0.8N
であること。


13

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 7  リールのロック及び解除

(

1

)

リールロックとシェルの内側とのすき間は,解除ピンを基準面 X から41.75mm の位置にしたとき,min. 0.5mm
であること。

(

2

)

リールロックの先端は,解除ピンを基準面 X から 41.75mm の位置にしたとき,直径 46.3mm のリール領域の外

側にあること。


14

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 8  リッドのロック及び解除

(

1

)

解除レバーがハッチ部に入ったとき,リッドロックが外れること。

(

2

)

解除レバーをカセットの側面から [Y−Y]  方向に挿入し,[X−X]  方向に動かしたとき,リッドロックが外れる
こと。

(

3

)

リッドロック解除レバー挿入部。

(

4

)  *

の寸法は,公称値。


15

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 9  リッドの最大寸法(側面図)

注  *の寸法は,公称値。

図 10  リッドの構造

図 11  回転中と開いたときのリッドの断面(構成)


16

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 12  レコーダ及び/又はプレーヤのテープローディング機構のための最少空間

注  *の寸法は,公称値。


17

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 13  光経路及び光窓

(光経路とリッドの光窓との関係)

図 14  リーダテープ及びトレーラテープ


18

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 15  リールロックを外す力

図 16  リッドロックを外す力

図 17  リッドを開く力

表 

ビデオカセットの一般寸法許容差 

(特に,ほかに規定がないとき)

単位  mm

寸法

許容差

長さ  (L)

0

30

±0.1

30

50

±0.15

50

100

±0.2

角度

±1°

第 章  ビデオカセットレコーダ 

12.

テープ速度

12.1

  525

ライン−60 フィールドシステム

テープ速度は,14.345±0.072mm/s とする。

12.2

  625

ライン−50 フィールドシステム

テープ速度は,20.051±0.100mm/s とする。


19

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

13.

ドラム直径

ドラム直径は,40.00±0.01mm とする。

14.

テープ張力

記録及び/又は再生のときに,ドラムの入口で測定したテープ張力は,0.10∼0.15N とする。

15.

アジマス角度の傾き

ビデオヘッドのギャップラインは,

図 18 のように傾ける。

図 18  ビデオヘッドのアジマス角度(ギャップの正面から見たとき)

16.

トラックの配置及び寸法

(a)

トラックの配置及び寸法は,

図 19(ページ 20)のとおりとする。


20

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 19  トラックの配置及び寸法(テープの磁性面側から見たとき)

(

1

)  X

は CH-2の180°走査の終わりからオーディオ・キューヘッドのギャップまでのテープ上の長さ。

(

2

)  TPS (Tracking Pilot Signal)

=トラッキングパイロット信号

(

3

)

トラック上の信号の詳細配列は,16.(b)ビデオトラック領域の配列(ページ 20)参照。

単位  mm

項目 525 ライン−60 フィールド

625

ライン−50 フィールド

1. (A)

テープ幅

5.1

(ページ 2)参照

5.1

参照

2. (P)

ビデオトラックピッチ

0.020 5

0.034 4

3. (W)

ビデオ幅 (180°) 5.351

5.351

4. (L)

ビデオトラック中心(テ

ープの基準縁から)

4.461 4.461

5. (T)

ビデオトラック幅

0.020 5

0.034 4

6. (F)

補助トラックの基準線 7.40±0.05 7.40±0.05

7. (C)

キュー補助トラック幅 0.60±0.05 0.60±0.05

8. (R)

オーディオ補助トラック

[テープ縁ガード 0.1

(オ

プション)を含む]

0.60

±0.05 0.60±0.05

9. (

θ

0

)

ビデオトラック角度(テ

ープ停止のとき)

4

゚ 53'06" 4 ゚ 53'06 ゚

10. (

θ

)

ビデオトラック角度(テ

ープ走行のとき)

4

゚ 54'13.2" 4 ゚ 54'58.8"

11. (X)

オーディオ・キューヘッ

ドの位置

31.00

±0.24 31.00±0.241

備考  許容差がない値は,公称値。

(b)

ビデオトラック領域の配列及びテープの巻付角度は,

図 20 のとおりとする。


21

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 20  ビデオトラック領域の配列及びテープの巻付角度(テープの磁性面側から見たとき)

(

1

)

ビデオ全幅に対するテープ巻付角度で,公称値。

信号の内容 525 ライン−60 フィールド

625

ライン−50 フィールド

備考

a

クロックランイン

2

°04'

(3.0H)

2

°05'

(3.6H)

(

1

)

b

PCM

データ領域 26°19'

(38.4H)

26

°18'

(45.6H)

(

2

)

c

アフタレコードマージン,f

5

を含む

26.

,ページ 40 参照)

2

°04'

(3.0H)

2

°05'

(3.6H)

d

ビデオオーバラップ

2

°37'

(3.8H)

2

°37'

(4.5H)

e

垂直同期信号の前縁位置

6H

7H

(

1

)

最小値

(

2

)

ヘッドの切換位置に対するトラック上の記録位置の許容差は,次のとおりとする。

525

ライン−60 フィールドシステム  ±1.5H

625

ライン−50 フィールドシステム  ±1.8H

H

は,水平同期期間

ここで,ab及び の四つの記録位置の許容差は,いずれも,トラック上で,同じ

方向に同時に起きるものとする。

(c)

垂直同期信号,すなわち,垂直同期パルスの前縁は,正規のヘッド切換位置の後の次に示す位置とす

る。

525

ライン−60 フィールドシステム  6.0±1.5H

625

ライン−50 フィールドシステム  7.0±1.8H

第 章  ビデオ信号の記録特性 

17.

ビデオ記録システム

このビデオ記録システムでは,低域変換色信号方式を適用する。

17.1

ビデオ記録系のブロック線図

NTSC

方式又は PAL 方式のカラービデオ信号記録系のブロック線図を,

図 21 に示す。


22

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 21  ビデオ記録系のブロック線図

17.2

記録信号の周波数スペクトルアロケーション

記録信号の周波数スペクトルアロケーションは,

図 22(ページ 23)による。


23

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 22  記録信号の周波数スペクトルアロケーション

18.

輝度信号の記録

18.1

輝度信号フィルタ

複合カラーテレビジョン信号の輝度信号成分は,色副搬送波周波数の減衰量が,26dB 以上のローパスフ

ィルタ,コムフィルタなどで分離する。

18.2

プレエンファシス及びクリップ

輝度信号は,サブプレエンファシス*及びメインプレエンファシス**の回路で,プレエンファシスし,

FM

変調する前で,クリップする。

クリップを含めたプレエンファシスの総合特性は,

表 2(ページ 24)に示すとおりとする。信号は,ク

リップ回路で AC クリップする。

クリップレベルは,シンクチップからピークホワイトまでを 100%として,

次のとおりとする。

ホワイトクリップレベル  シンクチップから測定して,220%

ダーククリップレベル    シンクチップから測定して,100%

*

及び

**

は,18.2.1(ページ 24)及び 18.2.2(ページ 24)参照。


24

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

表 2  プレニンファシス(サブ+メイン+AC クリップ)総合特性

単位  dB

周波数

(MH

0.05 0.1 0.2 0.5 1.0 2.0 4.0

入力(dB)

− 3

0.9

±0.4 2.6±0.4 6.4±0.4 11.2±0.5

13.1

±1.0

13.8

±2.0 (13.9±3)

− 6

0.9

±0.4 2.8±0.4 6.9±0.4 12.3±0.5

14.4

±1.0

15.1

±2.0 (15.3±3)

−10 0.9±0.4 2.9±0.4 7.4±0.4 13.8±0.5

16.2

±1.0

17.0

±2.0 (17.2±3)

−15 0.9±0.4 3.0±0.4 7.8±0.5 15.4±1.0

18.6

±1.5

19.7

±3.0 (20.0±3)

−20 09±0.4 3.1±0.4 8.0±1.0 16.6±1.5

20.8

±1.5

22.5

±3.0 (23.0±3)

備考1.  入力の0dB は,シンクチップからピークホワイトまでのレベル。

2.

基準値 0dB は,10kHz の値。

3.

測定は,スペクトル分析器による。

4. 4.0MHz

の値は,単に,測定の参考とする最大値。

18.2.1

サブプレエンファシス回路の一例を,

図 23 及び表 に示す。

図 23  サブプレエンファシス回路の一例

表 3  サブプレエンファシス特性の基準値単位 dB

単位  dB

周波数

(MH

)

0.05

0.1 0.2 0.5 1.0 2.0

入力(dB)

− 3

0.03

0.75

1.9

3.5

41.3

4.8

−10 0.35

1.0

2.4

5.0

6.5

7.4

−20 0.35

1.1

3.0

7.3

9.8

11.0

18.2.2

代表的なメインプレエンファシスの回路を,

図 24 に示す。

図 24  代表的なメインプレニンファシスの回路


25

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

18.3

変調特性

基準ビデオ信号レベルと FM 搬送波周波数との相対的な関係は,次のとおりとする。

シンクチップレベル 4.2±0.1MHz 
ピークホワイトレベル 5.40±0.05MHz 
シンクチップとピークホワイト間の FM 周波数偏移 1.2±0.1MHz 
周波数オフセット

CH-1

の周波数は,CH-2 の周波数よりも

2

1

f

H

高い周波数とする。

ここで,CH-1 は,時計回り方向のアジマスギャップのビデオヘッド(15.,ページ 19 参照)

f

H

は,水平同期周波数。 

18.4

  FM

ハイパスフィルタ

FM

輝度信号は,その帯域幅の低い側の周波数をハイパスフィルタで制限する。

ハイパスフィルタの減衰量は,1.6MHz で,15dB 以上とする。

18.5

記録電流

記録電流は,18.3 に規定する範囲の FM 搬送波中心周波数の RF 最適記録電流とする。

全 FM 輝度信号帯域(17.2

,ページ 22 参照)の記録電流周波数特性は,FM 搬送波中心周波数の RF 最

適記録電流(7.1.1

,ページ 2 参照)に対して,±1dB とする。

19.

色信号の記録

19.1

記録方法

分離した色信号は,色副搬送波周波数よりも高い局部発振周波数で,低い周波数帯域に変換し,バイア

スとして働く FM 輝度信号とともに記録する。

19.2

プレエンファシス

色信号は,周波数を変換する前に,プレエンファシスする。プレエンファシス特性は,

表 4(ページ 25)

のとおりとする。

表 4  色信号のプレエンファシス特性

単位  dB

周波数

(MH

)

±50

±100

±200

±300

±400

±500

入力(dB)

0 0.1

±0.2 0.3±0.4

0.5

±0.4

0.5

±0.5

0.5

±1.0

0.6

±2.0

−10 0.4±0.2 1.4±0.4

2.8

±0.5

3.2

±1.0

3.4

±1.5

3.4

±2.0

−20 0.4±0.2 1.4±0.4

3.7

±1.0

4.9

±1.5

5.7

±2.0

6.1

±2.0

備考1.  入力の0dB は,75%カラーバー信号の赤色レベル。

2.

表 の値は,色信号の中心周波数に対する相対値 (dB) 。

(NTSC 3.579 545MHz)

(PAL  4.433 619MHz)

3.

中心周波数の精度は,±0.5%とする。

4.

測定は,スペクトル分析器による。

19.3

変換方式

19.3.1

  NTSC

CH-1

トラックの色信号は,連続した位相(0°のまま)とする。CH-2 トラックの色信号は,水平同期期

間ごとに位相を反転 (180°)  する。位相反転は,カラーバーストの前で完了する。

低域変換色搬送波周波数は,水平同期周波数の 47.25 倍 (743.444kHz) とする。

19.3.2

  PAL


26

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

CH-1

トラックの色信号は,連続した位相(0°のまま)とする。CH-2 トラックの色信号は,水平同期期

間ごとに,連続して位相を 90°遅らせる。位相推移  (−90°)  は,カラーバーストの前で完了する(

図 25

位相推移回路の例参照)。

低域変換色搬送波周波数は,水平同期周波数の 46.875 倍 (732.422kHz) とする。

図 25  位相推移回路の例

19.4

記録等化

代表的な等化回路を,

図 26 に示す。

図 26  代表的な等化回路

19.5

記緑電流

記録電流は,周波数特性が平たんな増幅器の出力で,輝度信号の FM 搬送波中心周波数の再生信号レベ

ルに対して f

Y

−2f

C

の周波数の混変調成分が,22±2dB 低くなるレベルに設定する。

ここに,f

Y

:輝度信号の FM 搬送波中心周波数

f

C

:低域変換色搬送波周波数

19.6

カラーバーストの振幅

カラーバーストの振幅は,記録する前に,6.0±0.5dB の増幅をする。

19.7

輝度信号と色信号との時間差

テープ上の輝度信号と色信号との時間差は,規定の走査速度で,0.05

μs 以下とする。

第 章  オーディオ信号の記録特性 

20.

オーディオ記録システム

オーディオ記録システムは,

表 に示すオーディオチャネルの構成による。記録トラック領域は,図 19

(ページ 20)及び

図 20(ページ 21)による。


27

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

表 5  オーディオチャネルの構成

項目

チャネル数

機器

ノイズリダクション

FM

オーディオ 1

マンデトリー[必す(須)

] マンデトリー[必す(須)

PCM

オーディオ 2

オプション(任意)

マンデトリー[必す(須)

AUX

オーディオ 1 オプション(任意)

オプション(任意)

21.

  FM

オーディオ信号記録

21.1

搬送波周波数

中心搬送波周波数は,1.50±0.02MHz とする。

21.2

基準 FM 周波数偏移

記録基準 FM 周波数偏移は,基準周波数 400Hz において,±60kHz とする。

21.3

最大 FM 周波数偏移

最大 FM 周波数偏移は,±100kHz を超えないものとする。

21.4

  FM

信号のチャネルバンド幅

記録 FM 信号のチャネルバンド幅は,1.50±0.15MHz とする。この周波数帯域幅の中に,全パワースペ

クトルの 99%以上を含むものとする。

21.5

記録電流

記録電流は,19.5(ページ 26)に規定する色信号の記録電流に対して,13.0±2.0dB 低い電流とする。

21.6

ノイズリダクション

24.1

(ページ 35)参照。

22.

  PCM

オーディオ信号記録

22.1

オーディオ信号フォーマット

22.1.1

チャネル数

使用できるチャネル数は,2 チャネル,すなわち,CH-1L(左)及び CH-2R(右)とする。

22.1.2

基準レベル

A

−D 変換器の入力で測定した基準レベルは,400Hz で,A−D 変換器のフルスケールレベルに対して,

6dB

低いレベルとする。

22.2

  PCM

信号フォーマット

22.2.1

サンプリング

チャネルごとのサンプリング周波数は,テレビジョンの水平同期周波数の 2 倍とする。

サンプリング順序は,CH-1 及び CH-2 を交互に行うものとし,CH-1 からスタートする。

22.2.2

コーディング

オーディオ信号の量子化は,10 ビット直線で行い,テープには,8 ビット非直線にディジタル変換して

記録する。

コーディングには,2 の補数の 2 進コードを使用する。

10

ビット直線から 8 ビット非直線への PCM 変換アルゴリズムは,

表 6(ページ 28)による。


28

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

表 6  PCM 変換アルゴリズム

(1) Y

=INT

8

X

+64

(  320   511)

(2) Y

=INT

4

X

+24

(   64   319)

(3) Y

=INT

2

X

+8

(   16    63)

(4) Y

X

(    0    15)

(5) Y

X

(

−1   −16)

(6) Y

=INT

2

X

−8

(

−17   −64)

(7) Y

=INT

4

X

−24

(

−65 −320)

(8) Y

=INT

8

X

−64

(

−320 −512)

X

:入力値  Y:出力値

22.2.3

フィールドデータの内容

フィールドデータの内容は,次のとおりとする。

(a)

フィールドごとのデータワード数

2

)

625

(

525

×2 サンプル×2 チャンネル=1 050 (1 250)  ワード

(b)

フィールドごとの CRC (Cyclic Redundancy Check)  ブロック数

ワード

ワード

データワード

8

ID

6

)

250

1

(

050

1

+

=132 (157)  ブロック

(c)

ブロックごとに,二つのパリティワード,16 ビット CRC コード,8 ビットアドレスコード及び 3 ビッ

ト同期コード


29

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

8

ビット×8 ワード+16+16+8+3=107 ビット

(d)

冗長度

フィールドごとの総ビット数=14 124 (16 799)  ビット

フィールドごとのデータビット数=8 400 (10 000)  ビット

総ビット数

データビット数

総ビット数

=40.5 (40.5) %

625

ライン−50 フィールドシステムの数値は,括弧内の数値とする。

CRC

コードを含むワードのビット配列は,LSB (Least Significant Bit)  から MSB (Most Significant Bit)

の順序とする。

CRC

ブロックのフォーマットは,

図 27

による。

図 27  CRC ブロックの内容

(

1

)

アドレスコード 

525

ライン−60 フィールドシステム      0→131  2 進

625

ライン−50 フィールドシステム      0→156  2 進


30

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

22.2.4

データ配列

データ配列は,用いるテレビジョンシステムによって,

図 28

及び

図 29

のとおりとする。

図 28  525 ライン−60 フィールドシステムのデータ配列

図 29  625 ライン−50 フィールドシステムのデータ配列


31

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

22.2.5

ID

ワードの割当て

ID (Identification)

ワードの割当ては,次の

表 7

による。

表 7  ID ワードの内容

ユーティリティワード(オプション)

(9)

コントロールワード

ID0

ID1 ID2 ID3 ID4

ID5

B7

モードコード

(

モード番号)

データコード

B7 1

複製禁止

B6 B5

,B6 10

記録スタートポイント

(

5

)

 01

記録エンドポイント

(

6

)

 11

記録期間

(

7

)

 00

無視ビット

(

8

)

B5

B4 B4

1

オーディオ

(CH-1) 0

その他

B3 B3

1

オーディオ

(CH-2) 0

その他

B2 B1

,B2 00

モノラル

(

1

)

 01

ステレオ

(

2

)

 10

バイリンガル

(

3

)

 11

その他

B1

B0 B0

1

有効

 0

無効(すべて“0”

(

4

)

(

1

)

モノラル音声のときは,両方のチャネルに記録する。

(

2

) CH-1

を L(左)

,CH-2 を R(右)にする。

(

3

) CH-1

を主音声,CH-2 を副音声とする。

(

4

) ID5

の B0 は,続く B1∼B7 の有効/無効ビットである。

有効の“1”は,少なくとも 1 秒ごとに書き込むことが望ましい。

(

5

)

記録スタートポイントの記録の長さは,少なくとも 30 フィールドとし,60 フィールドまで増や
すことができる(次の図参照)

(

6

)

記録エンドポイントの記録の長さは,少なくとも 1 フィールドとする(次の図参照)

(

7

)

記録期間のビットは,記録スタートポイントと記録エンドポイントとの間に記録する(次の図参
照)

(

8

)

これらのビットは,使用しないことがある(次の図参照)

(

9

) ID0

は,ID1∼ID4 のデータの種類を表すモードコード(モード番号)

,ID1∼ID4 は,データコー

ドとして一括して使用する。

2

8

種類まで,アプリケーションモードの割当てができる。

ID5

の B5 及び B6 


32

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

22.2.6

ユーティリティワード(オプション)

次の六つのモードを規定する。ここで使用する数字(10 進)コード,月コード及び曜日コードは,

表 8

10

(ページ 35)に示すとおりとする。

モード 1.

テープカウンタ  テープの初めからの時,分,秒及びフレーム番号。

B0

  B1  B2  B3

B4

  B5  B6  B7

コード

ID0

モード番号

1

    0    0   0

0

    0    0   0

2

進コード

ID1

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼2) 10 進コード

ID2

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼5) 10 進コード

ID3

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼5) 10 進コード

ID4

フレーム番号*

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼3) 10 進コード

*

525

ライン−60 フィールドシステム  01∼30

 625

ライン−50 フィールドシステム  01∼25

モード 2.

プログラム番号 1  プログラム番号,カット番号,各カットの初めからの分及び秒。

B0

  B1  B2  B3

B4

  B5  B6  B7

コード

ID0

モード番号

0

    1    0   0

0

    0    0   0

2

進コード

ID1

プログラム番号

(01-99)

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼9) 10 進コード

ID2

カット番号

(01-99)

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼9) 10 進コード

ID3

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼5) 10 進コード

ID4

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼5) 10 進コード

モード 3.

日付  記録したときの年,月,日及び曜日。

B0

  B1  B2  B3

B4

  B5  B6  B7

コード

ID0

モード番号

1

    1    0   0

0

    0    0   0

2

進コード

ID1

年* (00-99)

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼9) 10 進コード

ID2

(1 月∼12 月)

月コード

ID3

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼3) 10 進コード

ID4

曜日

(日曜∼土曜)

曜日コード

*

カレンダ年の下 2 けた。

モード 4.

時刻  記録したときの時,分,秒及びフレーム番号。

B0

  B1  B2  B3

B4

  B5  B6  B7

コード

ID0

モード番号

0

    0    1   0

0

    0    0   0

2

進コード

ID1

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼2) 10 進コード

ID2

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼5) 10 進コード

ID3

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼5) 10 進コード

ID4

フレーム番号* 1 の位 (0∼9) 10 の位 (0∼3) 10 進コード

*

 525

ライン−60 フィールドシステム      01∼30

 625

ライン−50 フィールドシステム      01∼25

モード 5.

プログラム番号 2  プログラム番号,プログラムの初めからの時,分及び秒。

B0

  B1  B2  B3

B4

  B5  B6  B7

コード

ID0

モード番号

1

    0    1   0

0

    0    0   0

2

進コード

ID1

プログラム番号

(01-99)

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼9) 10 進コード

ID2

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼2) 10 進コード

ID3

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼5) 10 進コード

ID4

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼5) 10 進コード


33

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

モード 6.

インデックス  プログラム番号,テープの初めからの時,分及び秒。これらは,各プログラ

ムのスタート位置を示す。

B0

  B1  B2  B3

B4

  B5  B6  B7

コード

ID0

モード番号

0

    1    1   0

0

    0    0   0

2

進コード

ID1

プログラム番号

(01-99)

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼9) 10 進コード

ID2

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼2) 10 進コード

ID3

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼5) 10 進コード

ID4

1

の位 (0∼9) 10 の位 (0∼5) 10 進コード

表 8  数字(10 進)コード

        B7

0 0 1 1 1 1 1 1 1 1

        B6 1 1 0 0 0 0 1 1 1 1

        B5 1 1 0 0 1 1 0 0 1 1

B

0

1

0

1

0

1

0

1

B3

B2

B1

B0   9 8 7 6 5 4 3 2 1 0

0 1 1 0 9 99

89

79

69

59

49

39

29

19

09

0 1 1 1 8 98

88

78

68

58

48

38

28

18

08

1 0 0 0 7 97

87

77

67

57

47

37

27

17

07

1 0 0 1 6 96

86

76

66

56

46

36

26

16

06

1 0 1 0 5 95

85

75

65

55

45

35

25'

15

05

1 0 1 1 4 94

84

74

64

54

44

34

24

14

04

1 1 0 0 3 93

83

73

63

53

43

33

23

13

03

1 1 0 1 2 92

82

72

62

52

42

32

22

12

02

1 1 1 0 1 91

81

71

61

51

41

31

21

11

01

1 1 1 1 0 90

80

70

60

50

40

30

20

10

00

表 9  月コード

     B7

1

1

     B6

1

1

     B5

1

1

4

1

B3 B2 B1 B0

1

0

0 1 1 0 9

9

0 1 1 1 8

8

1 0 0 0 7

7

1 0 0 1 6

6

1 0 1 0 5

5

1 0 1 1 4

4

1 1 0 0 3

3

1 1 0 1 2

12

2

1 1 1 0 1

11

1

1 1 1 1 0

10

表 10  曜日コード

B

B

B

B

1

B3

B2

B1

B0

0

1 0 0 1 6

土曜

1 0 1 0 5

金曜

1 0 1 1 4

木曜

1 1 0 0 3

水曜

1 1 0 1 2

火曜

1 1 1 0 1

月曜

1 1 1 1 0

日曜

22.2.7

伝送レート

伝送レートは,テレビジョンの水平同期周波数の 368 倍とする。

525

ライン−60 フィールドシステム        5.79Mbit/s

625

ライン−50 フィールドシステム        5.75Mbit/s


34

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

22.3

PCM

信号トレイン

PCM

信号トレインは,

16.

(ページ 19)に規定するとおりとする。

クロックランイン及びアフタレコードマージンのデータサインは,すべて“1”とする。

22.4

誤り訂正

誤り訂正方式は,P 及び Q の偶数パリティによるクロスインタリーブコードを基本とする。

パリティワードは,使用するテレビジョンシステムによって,

図 30

又は

図 31

(ページ 34)に従って生

成する。

図 30  インタリーブフォーマット(525 ライン−60 フィールドシステム)

図 31  インタリーブフォーマット(625 ライン−50 フィールドシステム)

備考

図 30

(ページ 34)及び

図 31

の黒のドット及び白のドットは,P 及び Q の生成の方法を示す。

D

及び

d

は,それぞれ P 及び Q のインタリーブ長である。


35

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

22.5

誤り検出

誤り検出のシステムは,CRC 方式を基本とする。

CRC

コードは,16 ビットからなり,生成多項式 G (

x

)

は,次のとおりとする。

G

χ)=χ

16

χ

12

χ

5

+1  (プリセットは,すべて“1”

22.6

変調

変調は,同期コードの部分を除いて,バイフェーズマーク方式とする。

22.7

記録条件

22.7.1

記録特性

記録特性は,できる限り平たんとする。すなわち,8.7MHz(伝送レートに相当する周波数の 1.5 倍)に

おける振幅特性は,なるべく−3dB 以下とし,5.8MHz(伝送レートに相当する周波数)までの位相特性は,

なるべく直線的とすることが望ましい。

22.7.2

記録電流

記録電流は,5.8MHz における最適記録電流とする。

22.8

ノイズリダクション

24.1

(ページ 35)参照。

23.

オーディオ補助トラックのオーディオ信号記録

23.1

基準レベル

基準レベルは,基準周波数 315Hz において,次のとおりとする。

タイプ A のテープ      80nWb/m

タイプ B のテープ      16nWb/m

23.2

再生等化

再生等化の時定数は,次のとおりとする。

525

ライン−60 フィールドシステム

タイプ A のテープ      3 180

μs 及び 140μs

タイプ B のテープ      3 180

μs 及び 70μs

625

ライン−50 フィールドシステム

タイプ A のテープ      3 180

μs 及び 100μs

タイプ B のテープ      3 180

μs 及び 50μs

23.3

ノイズリダクション

24.2

(ページ 37)参照。

24.

ノイズリダクションシステム

24.1

FM

オーディオ及び PCM オーディオ

24.1.1

圧縮比

圧縮比は,対数比で,2 : 1 とする。


36

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

24.1.2

過渡応答特性

アタックタイム      3.0±0.6ms

リカバリタイム      40±8ms

ホールドタイム      15±3ms

圧縮器の測定方法は,

図 32

による。

図 32  過渡応答特性の測定方法

24.1.3

周波数特性

基準入力レベルにおける圧縮器の周波数特性は,

表 11

による。

表 11  FM オーディオ及び PCM オーディオの周波数特性

周波数

(Hz) 50 100 200 400 700  1k  2k  4k  7k  10k 14k

特性

(dB)  0 0 0 0

±0.1

+0.3

+1.2

+2.7

±4.1

+4.8

+5.3

許容差:±1.5dB


37

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

24.1.1.4

直線性

直線性は,

図 33

による。

図 33  FM オーディオ及び PCM オーディオの直線性 

24.1.5

システムの形態

システムの形態は,規定しない。

図 34

(ページ 37)に参考例を示す。

図 34  FM オーディオ及び PCM オーディオのノイズリダクション回路の例

24.2

AUX

オーディオ

24.2.1

圧縮比

圧縮比は,対数比で,4 : 3 とする。


38

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

24.2.2

過渡応答特性

アタックタイム      2.0±0.4ms

リカバリタイム      30±6ms

ホールドタイム      15±3ms

圧縮器の測定方法は,

図 32

(ページ 36)による。

24.2.3

周波数特性

基準入力レベルにおける圧縮器の周波数特性は,

表 12

による。

表 12  AUX オーディオの周波数特性

周波数

(Hz) 50 100 200 315 700  1k  2k  4k  7k  10k 14k

特性

(dB)  0 0 0 0

+0.6

+1.2

+2.4

+3.3

+3.4

+3.4

+3.4

許容差:±1.5dB

24.2.4

直線性

直線性は,

図 35

による。

図 35  AUX オーディオの直線性

24.2.5

システムの形態

システムの形態は,規定しない。

図 36

に,システムの参考例を示す。


39

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

図 36  AUX オーディオのノイズリダクション回路の例

第 章  トラッキングシステムの特性 

25.

トラッキングパイロット信号の記録

25.1

トラッキングパイロット信号周波数

ATF (Automatic Track Finding)

及び DTF (Dynamic Track Following) を行うための TPS (Tracking Pilot

Signal)

は,周波数多重して,FM 輝度信号,低域変換色信号及び FM オーディオ信号とともに記録する。

ビデオトラック領域における TPS 周波数とその切換え順序は,次のとおりとする。

 525

ライン−60 フィールドシステム 625 ライン−50 フィールドシステム

CH-1 102

544

±100Hz (

f

1

) 101

024

±100Hz (

f

1

)

CH-2 118

951

±100Hz (

f

2

) 117

188

±100Hz (

f

2

)

CH-1 165

210

±100Hz (

f

3

) 162

760

±100Hz (

f

3

)

CH-2 148

689

±100Hz (

f

4

) 146

484

±100Hz (

f

4

)

以下繰り返し。

備考

前記の周波数は,

58

OSC

f

  (

f

1

)

50

OSC

f

  (

f

2

)

36

OSC

f

  (

f

3

)

40

OSC

f

  (

f

4

)

の関係になっている。

ここで,525 ライン−60 フィールドシステム

f

osc

=378

f

H

=5 947 552Hz

625

ライン−50 フィールドシステム

f

osc

=375

f

H

=5 859 375Hz

水平同期周波数  (

f

H

)

と TPS 周波数との位相の関連は,規定しない。

TPS

は,垂直同期信号の前縁より前の次のところで,切り換える。

525

ライン−60 フィールドシステム    6.0±1.5

H

625

ライン−50 フィールドシステム    7.0±1.8

H


40

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

25.2

記録電流

記録電流は,色信号の記録電流レベルよりも 14±2dB 低くする。色信号の記録電流は,

19.5

(ページ 26)

による。同じヘッドで記録した二つの TPS のレベル差は,1dB 以内とする。

PCM

領域における TPS は,PCM 信号をバイアスとして,同じ時刻のビデオ領域の TPS と同じ電流及び

同じ周波数で記録する。

26.

記録ヘッド位置規正バーストパイロット信号の記録(オプション)

同じトラック幅を確保するための,記録ヘッド位置規正バーストパイロット信号  (

f

5

)

は,次の条件で用

いてもよいものとする。

26.1

バーストパイロット信号の書込み及び読出しの領域

バーストパイロット信号の書込み及び読出しの領域は,

16.

(ページ 19)に示すアフターレコードマージ

ン内とする。

バーストパイロット信号の用い方の例を,

図 37

(ページ 40)に示す。

図 37  バーストパイロット信号の配列

26.2

バーストパイロット信号周波数

バーストパイロット信号周波数  (

f

5

)

は,230kHz を超えないものとする。

26.3

記録電流

バーストパイロット信号の記録電流は,色信号の記録電流レベルに対して,+3dB 以下とする。

バーストパイロット信号は,バイアス信号とともに記録する。実際には,PCM 信号トレインのアフタレ

コードマージン(すべて“1”

)部分又は FM 輝度信号搬送波がバイアスの働きをする。

第 章  キュー補助トラック 

27.

キュー補助トラックのキュー信号記録

キューヘッドの位置は,

16.

(ページ 19)に示す

X

の値の位置に固定する。

その用い方は,規定しないが,トラッキングの補助として用いることを推奨する。


41

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

附属書 A(参考) 

リファレンステープ及びサブリファレンステープ

A.1

リファレンステープ

次の 13 社が,それぞれ,長さ 100m のタイプ A 及びタイプ B のリファレンステープを所有する。

(1)

アグフア  ゲバルト (Agfa−Gevaert)

(2)

ビーエーエスエフ (BASF)

(3)

富士写真フイルム

(4)

日立製作所及び日立マクセル

(5)

日本ビクター

(6)

コニカ及びコニカマグネプロダクツ

(7)

松下電器産業

(8)

オリンパス光学工業

(9)

フィリップス及び PD マグネティックス  (Philips and PD Magnetics)

(10)

ソニー

(11)

スリーエム及び住友スリーエム

(12)

太陽誘電

(13)

 TDK

参考

タイプ A (MP) のリファレンステープは,新しい

IEC

規格が 1991 年 12 月に

IEC 1105 

: First

edition 1991 (Reference tapes for video tape recorder systems)

として発行されている。

A2.

サブリファレンステープ

サブリファレンステープは,

第 

に規定するビデオ及びオーディオの特性を,リファレンステープと

比較して校正したテープである。サブリファレンステープには,校正データを添付する。


42

C 5583-1992 (IEC 843-1987)

ビデオ

JIS

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

中  村  慶  久

東北大学電気通信研究所

(幹事)

沼  田  仁太郎

クラリオン株式会社技術本部

吉  川  昭吉郎

神奈川工業大学電気工学科

菅  谷      汎

九州芸術工科大学音響設計学科

弓  手  康  史

帝京技術科学大学情報学部

斎  藤  有  常

日本百貨店協会

青  柳  桂  一

通商産業省機械情報産業局電気機器課

稲  葉  裕  俊

工業技術院標準部

板  谷  洋  右

株式会社東京放送技術局

伊  藤  友  恒

日本テレビ放送網株式会社製作技術局

牧  田  通  宣

テレビ朝日株式会社技術局

大  場  吉  延

日本放送協会放送技術研究所記録機構研究部

臼  田  元  大

社団法人日本レコード協会技術部

佐  藤      晃

社団法人日本ビデオ協会技術委員会

矢  野  孟  彦

松下電器産業株式会社オーディオビデオ研究所第三部

山  村  方  人

日本ビクター株式会社ビデオ研究所技術管理室

渡  辺  良  美

ソニー株式会社技術推進本部

岩  沢      嵩

パイオニア株式会社技術担当専務室

平  林  憲  二 TDK 株式会社(社団法人日本磁気メディア工業会代表)

平  川      卓

富士写真フィルム株式会社(社団法人日本磁気メディア工業会代表)

(事務局)

湯  本  昌  俊

社団法人日本電子機械工業会技術部

貴  田  富  雄

社団法人日本電子機械工業会技術部

設  楽      哲

社団法人日本電子機械工業会技術部

ビデオ

JIS

原案作成委員会分科会  構成表

氏名

所属

(主査)

沼  田  仁太郎

クラリオン株式会社技術本部

鈴  木  捷  士

キャノン株式会社電子映像第 2 技術開発室

中  村  正  明

三洋電機株式会社ビデオ事業部第 1 技術部

佐  藤  絖  琉

住友スリーエム株式会社磁気製品品質保証部

渡  辺  良  美

ソニー株式会社技術推進本部

館  下  恒  男

株式会社東芝ビデオ技術第 1 部

宮  川  英  次

日本電気ホームエレクトロニクス株式会社開発研究所

山  村  方  人

日本ビクター株式会社ビデオ研究所技術管理室

三  鴨  克  己

株式会社日立製作所開発部

矢  野  孟  彦

松下電器産業株式会社オーディオビデオ研究所第三部

照  内  善  文

松下電器産業株式会社ビデオ事業部機器開発グループ

平  林  憲  二 TDK 株式会社(社団法人日本磁気メディア工業会代表)

平  川      卓

富士写真フィルム株式会社(社団法人日本磁気メディア工業会代表)

(事務局)

湯  本  昌  俊

社団法人日本電子機械工業会技術部

貴  田  富  雄

社団法人日本電子機械工業会技術部

設  楽      哲

社団法人日本電子機械工業会技術部