>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

B 4651

: 19

98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS B 4651 : 1998

  コンビネーションスパナ ISO/DIS 691 : 1996  二面幅許容差,ISO 1703 : 1983  工具一覧表,ISO 1711 : 1983  技術仕様,

ISO 3318 : 1990

  頭部の最大外幅,ISO 7738 : 1990  コンビネーションスパナ

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違

(V)  JIS

と国際規格との

整合が困難な理由及
び今後の対策

(1)

適用範囲.

○  本体:主にボルト,ナットの組付け又

は,その取外しに用いるスパナ及び
めがねレンチを組み合わせたコン
ビネーションスパナについて規定。

附属書:コンビネーションスパナの寸

法及び技術仕様について規定。

ISO 7738

○ コンビネーションスパナの

寸法及び技術仕様につい
て規定。

ADP

国内の使用実憩を考慮

して附属書方式を採
用したが,次回の見
直し時に具体的な統

一方法を検討する。

(2)

種類・等級

−  規定なし。

− 規定なし。

(3)

形状・寸法

①形状

○  本体:原則として図による。

附属書:図は,例としてだけ示してい

るものであり,必ずしも,コンビネ

ーションスパナの当該形状を示し
ているわけではない。

ISO 1703

7738

○ 図は,例としてだけ示してい

るものであり,必ずしも,
コンビネーションスパナ

の当該形状を示している
わけではない。

ADP

②二面幅

○  本体:呼び寸法 5.5∼55 の 32 種を規

定。

附属書:呼び寸法 3.2∼50 の 29 種を

規定。

ISO/DIS 691

○ 呼び寸法 3.2∼50 の 29 種を

規定。

ADP

③寸法

○  本体:外幅 S

1

最大,外径 D 最大,厚

さ T

1

T

2

最大,全長 L

参考)を規

定。

附属書:外幅 b

1

最大,外径 b

2

最大,

厚さ T

1

T

2

最大,全長 最小を規

定。

ISO 3318

7738

○ 外幅 b

1

最大,外径 b

2

最大,

厚さ T

1

T

2

最大,全長 L

最小を規定。

ADP


 

2

B 4651

: 19

98
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違

(V)  JIS

と国際規格との

整合が困難な理由及
び今後の対策

(4)

品質

①外観

○  使用上有害な欠陥がなく,仕上げの程

度は良好でなければならない。

− 規定なし。

JIS

は,外観を包括的

に規定している

②硬さ

○  本体:39HRC 以上。

附属書:二面幅 32mm 以下のものは,

最小 39HRC,32∼60mm のものは,
最小 35HRC とする。

ISO 1711

○ 二面幅 32mm 以下のものは,

最小 39HRC,32∼60mm の

ものは,最小 35HRC とす
る。

ADP

③強さ

○  試験を行った後,使用性能に影響する

ような永久変形,その他の損傷を示
してはならない。

ISO 1711

○ 試験を行った後,使用性能に

影響するような永久変形,
その他の損傷を示してい
てはならない。

(5)

材料

−  規定なし。

− 規定なし。

(6)

試験方法

○  本体:口及びソケット部に六角の試験

棒をくわえ,規定の試験トル久を加

える。 
試験捧の二面幅寸法は,S の最小寸
法を基準とし,硬さは 50HRC 以上。

試験棒は,ISO によるものを使用し
てもよい。

附属書:ISO 1711 のトルク試験を箇条

にして規定。

ISO 1711

○ 口及びソケット部に六角の

試験棒をくわえ,規定の最

小試験トルクを加える。口
及びソケット部の両方向
に 1 回ずつ荷重を加える。

試験棒の二面幅寸法は,S
の基準寸法を基準とし,硬
さは 55HRC 以上。

ADP

(7)

検査

○  本体・附属書:形状,寸法及び品質に

ついて行い,それぞれ 3.及び 4.の規
定に適合しなければならない。

− 規定なし。

ISO

には,検査の規定

がない。

JIS

指定商品として必

要 な 規 定 項 目 で あ
る。


 

3

B 4651

: 19

98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違

(V)  JIS

と国際規格との

整合が困難な理由及
び今後の対策

(8)

製品の呼び方

○  規格番号又は規格名称及び呼びによ

る。

− 規定なし。

ISO

には,製品の呼び

方の規定がない。

ISO/DIS 2725

:1996 に

規定されているため
将来規定の可能性が

ある。JIS 指定商品と
して必要な規定項目
である。

(9)

表示

○  本体:適切な箇所に,次の事項を表示

する。1)呼び,2)製造業者又はその

略号

附属書:適切な箇所に,呼び寸法及び

製造業者の商標又はその略語を表

示する。

− 規定なし。

ISO

には,表示の規定

がない。

ISO/DIS 2725

:1996 に

規定されているため

将来規定の可能性が
ある。JIS 指定商品と
して必要な規定項目

である。

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定していないことを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“≡”は,JIS と国際規格との技術的内容が一致,

“ADP”は,JIS は国際規格を技術的内容の変更なしで採用しているが,JIS として必要

な規定内容を追加していることを示す。

“−”は,該当項目がないことを示す。