>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 4648:2008

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1  適用範囲

1

2  引用規格

1

3  形状・寸法 

2

4  機械的性質及び試験方法 

3

4.1  硬さ

3

4.2  保証トルク 

3

5  検査

5

6  製品の呼び方 

5

7  表示

6

7.1  製品の表示 

6

7.2  包装の表示 

6

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

7


 
B 4648:2008

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本ねじ研究協会

(JFRI)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出が

あり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 4648:1994 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

 


日本工業規格

JIS

 B

4648

:2008

六角棒スパナ

Hexagon socket screw keys

序文 

この規格は,2001 年に第 5 版として発行された ISO 2936 を基に作成した日本工業規格であるが,六角穴

付きねじ部品の製品規格に整合させるため,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,六角棒スパナ(以下,スパナという。

)について規定する。

この規格のスパナは,

JIS B 1051 及び JIS B 1054-1 で規定する強度区分の六角穴付きおねじ部品の締付け,

並びに JIS B 1053 及び JIS B 1054-3 に規定する強度区分の六角穴付き止めねじの締付けに用いる。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 2936:2001,Assembly tools for screws and nuts−Hexagon socket screw keys (MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引

用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 1051  炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質−第 1 部:ボルト,ねじ及び植込みボルト

注記  対応国際規格:ISO 898-1:1999,Mechanical properties of fasteners made of carbon steel and alloy

steel−Part 1: Bolts, screws and studs (IDT)

JIS B 1053  炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質−第 5 部:引張力を受けない止めねじ及び類

似のねじ部品

注記  対応国際規格:ISO 898-5:1998,Mechanical properties of fasteners made of carbon steel and alloy

steel−Part 5: Set screws and similar threaded fasteners not under tensile stresses (IDT)

JIS B 1054-1  耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質−第 1 部:ボルト,ねじ及び植込みボルト

注記  対応国際規格:ISO 3506-1,Mechanical properties of corrosion-resistant stainless-steel fasteners−Part

1: Bolts , screws and studs (IDT)

JIS B 1054-3  耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質−第 3 部:引張力を受けない止めねじ及び類

似のねじ部品

注記  対応国際規格:ISO 3506-3,Mechanical properties of corrosion-resistant stainless-steel fasteners−Part

3: Set screws and similar fasteners not under tensile stress (IDT)

JIS Z 2245  ロックウェル硬さ試験−試験方法



B 4648:2008

注記  対応国際規格:ISO 6508-1:1999,Metallic materials−Rockwell hardness test−Part 1: Test method

(scales A, B, C, D, E, F, G, H, K, N, T)(MOD)

形状・寸法 

スパナの形状・寸法は,

図 及び表 による。

a)

  スパナの端面は,面取りなし,丸面取り又は平面取りのいずれでもよいが,丸面取りの半径及び平面取りの大きさ

は,それぞれ,対角距離 の最大値と二面幅 の最小値との差の 1/2 を超えてはならない。

2

最小

最大

最大

s

e

f

=

両端面は,それぞれの軸心に対して直角で,角度許容差±1°とする。

b)

  は 1.5 mm 以上,又は r  ≧s

c)

  ≦ 17 mm の場合は,

°

+

°

°

2

1

90

> 17 mm の場合は,

°

+

°

°

3

1

90

図 1−スパナの形状 


3

B 4648:2008

表 1−スパナの寸法

単位  mm

二面幅

対角距離

a)

長柄の長さ

l

1

 

短柄の長さ

l

2

呼び

最大

最小

最大

最小

標準形

M 形

L 形

許容差

基準寸法

許容差

0.7 0.71  0.70  0.79  0.76  33

− 7

0.9 0.89  0.88  0.99  0.96  33

− 11

1.3 1.27  1.24  1.42  1.37

 41  63.5 81

13

1.5 1.50  1.48  1.68  1.63

 b)

 46.5  63.5  91.5

15.5

2 2.00 1.96 2.25  2.18

 c)

 52

77  102

0

−2

18

2.5 2.50  2.46  2.82  2.75

 c)

 58.5  87.5 114.5

20.5

3 3.00 2.96 3.39  3.31

 c)

 66

93  129

23

4 4.00 3.95 4.53  4.44

 c)

 74  104  144

29

5 5.00 4.95 5.67  5.58

d)

 85  120  165

0

−4

33

6 6.00 5.95 6.81  6.71

d)

 96  141  186

38

8 8.00 7.94 9.09  8.97

108 158 208

44

10 10.00 9.94 11.37 11.23 122  180 234

50

12 12.00 11.89 13.65  13.44 137  202  262

0

−6

57

0

−2 

14 14.00 13.89 15.93  15.70 154  229  294

70

17 17.00 16.89 19.35  19.09 177  262  337

80

19 19.00 18.87 21.63  21.32 199

0

−7

89

0

−3 

22 22.00 21.87 25.05  24.71 222

− 102

24 24.00 23.87 27.33  26.97 248

− 114

27 27.00 26.87 30.75  30.36 277

− 127

32 32.00 31.84 36.45  35.98 347

− 157

36 36.00 35.84 41.01  40.50 391

− 176

41 41.00 40.84 46.71 46.15 435

− 195

46 46.00 45.84 52.41 51.80 480

0

−12

215

0

−5 

a)

  e

最大

=1.14s

最大

−0.03(1.5≦s≦46)

e

最小

=1.13s

最小

(8≦s≦46)

b)

  e

最小

=1.13s

最小

−0.04

c)

  e

最小

=1.13s

最小

−0.03

d)

  e

最小

=1.13s

最小

−0.02

機械的性質及び試験方法 

4.1 

硬さ 

スパナの硬さは,JIS Z 2245 に規定する試験方法によって行い,

表 による。

4.2 

保証トルク 

図 に示すように,スパナの短い方の柄を六角穴付きアダプタに挿入する。アダプタの六角穴の寸法及び

ロックウェル硬さは,

表 による。表 で規定する最小保証トルクに達するまで,長い柄の端から mm

(

l

1

/3)

±

2 mm

]の位置に滑らかに力を負荷する。そのとき,力のかけ始めから最後まで,負荷フォルダとスパナの

柄とは,

表 に示す力点の幅 の全領域にわたって固定されていなければならない。力は柄の軸に対して直

角に負荷し,トルクは力の作用点と六角穴付きアダプタの軸線との距離によって計算する。

表 の最小保証

トルク以下で,スパナの使用を損なう損傷又は変形が生じてはならない。

二面幅が

14 mm

以下のスパナは,少なくとも

60

°のねじり角度までにねじり破断せず,そして破断する

前に永久変形が生じなければならない。



B 4648:2008

a)

  六角穴付きアダプタ

b)

  m=( l

1

/ 3)±2 mm

c)

  負荷フォルダ

図 2−保証トルク試験 

表 2−負荷フォルダ 

単位  mm

二面幅

s

呼び

力点の幅(

図 参照)

±1

0.7≦s≦5 10

     5<s≦17 20 
           s>17 50


5

B 4648:2008

表 3−スパナのロックウェル硬さ及び保証トルク 

スパナ

保証トルク試験用六角穴付きアダプタ

c)

穴の二面幅

mm

はめあい長さ t

d)

mm

二面幅の呼び

mm

最小

ロックウェル硬さ

a)

HRC

最小保証トルク

b)

M

d

N・m

最大

最小

基準寸法

許容差

0.7

     0.08

0.724

0.711

    1.5

0.9

     0.18

0.902

0.889

    1.7

1.3

     0.53

1.295

1.270

    2

1.5

     0.82

1.545

1.520

    2

        2

     1.9

2.045

2.020

    2.5

2.5

     3.8

2.560

2.520

    3

        3

     6.6

3.080

3.020

    3.5

        4

    16

4.095

4.020

    5

        5

    30

5.095

5.020

    6

        6

    52

6.095

6.020

    8

        8

52

   120

8.115

8.025

   10

1

0

+

      10

   220

  10.115

 10.025

   12

      12

   370

  12.142

 12.032

   15

      14

48

   590

  14.142

 14.032

   17

      17

   980

  17.230

 17.050

   20

      19

1 360

  19.275

 19.065

   23

      22

2 110

  22.275

 22.065

   26

      24

2 750

  24.275

 24.065

   29

      27

3 910

  27.275

 27.065

   32

      32

4 000

  32.330

 32.080

   38

      36

4 000

  36.330

 36.080

   43

41 4

000 41.330 41.080 48

46

45

4 000 46.330 46.080 53

2
0

+

a)

  スパナは,全長にわたって軸の心部まで硬化させる。

b)

  s=27 mm 以下の M

d

は,M

d

=0.85(0.7R

m

)(0.224 5

3

)によって算出した値である。ただし,R

m

はスパナの最小ロッ

クウェル硬さから近似した引張強さである。

c)

  保証トルク試験用六角穴付きアダプタの最小硬さは,次による。

    s≦17 mm の場合:60HRC  
    s>17 mm の場合:55HRC  
六角穴付きアダプタの対角は,e

最小

e

最大(表

1

+0.05

d)

  はめあい長さ は,約 1.2s,ただし,s<1.5 mm の場合は,約 1.5sの値は,保証トルク試験だけのもので,実

際のねじ締付けには適用しない。

検査 

スパナの検査は,合理的な抜取りによって形状・寸法及び機械的性質について行い,箇条 及び箇条 

規定に適合しなければならない。

製品の呼び方 

スパナの呼び方は,次による。

a)  規格名称

b)  規格番号

c)  二面幅の呼び



B 4648:2008

d)  長柄の長さの記号(

M

形及び

L

形の場合)

例 1  二面幅 

=10 mm

,長柄の長さが標準形のスパナの製品の呼び方

六角棒スパナ

JIS B 4648

10

例 2  二面幅 

=10 mm

,長柄の長さが

M

形のスパナの製品の呼び方

六角棒スパナ

JIS B 4648

10 M

例 3  二面幅 

=10 mm

,長柄の長さが

L

形のスパナの製品の呼び方

六角棒スパナ

JIS B 4648

10 L

表示 

7.1 

製品の表示 

二面幅 

3 mm

以上のスパナには,見やすい箇所に二面幅の呼び及び製造業者名又はその略号を,刻印

などによって表示しなければならない。

7.2 

包装の表示 

包装には,外面に次の事項を表示しなければならない。

a)  規格番号又は規格名称

b)  二面幅の呼び

c)  長柄の長さの記号(

M

形及び

L

形の場合)

d)  材料

e)  数量

f)  製造業者名又はその略号

注記

略号には,できるだけ登録商標を用いるのがよい。


附属書 JA

(参考)

JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 4648:0000  六角棒スパナ

ISO 2936

:2001,Assembly tools for screws and nuts−Hexagon socket screw keys

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご

との評価及びその内容

箇条番号

及び名称

内容

(Ⅱ)

国際規
格番号

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的

差異の理由及び今後の対策

1  適用範囲

六 角 棒 ス パ ナ の 特 性
について規定

1  適用範囲

鋼 製 の 六 角 棒 ス
パ ナ の 特 性 に つ

いて規定

追加

鋼製に加えステンレス鋼製を追
加。

棒スパナは,鋼製のねじ部品だ
けではなく,ステンレス製のね

じ部品にも使用されることか
ら追加した。

2  引用規格

JIS B 1051, 
JIS B 1053, 
JIS B 1054-1, 
JIS B 1054-3 
を引用。

 2

引用規格

ISO 898-1 
ISO 898-5 
を 引
用。

追加

JIS では,ISO 規格が引用してい
ないステンレス製ボルトの機械
的性質の規格も引用。

棒スパナは,鋼製のねじ部品だ
けではなく,ステンレス製のね
じ部品にも使用されることか

ら追加した。

3  形状・寸法

二面幅の呼び 0.7∼46
の形状・寸法を規定 
 

 3

寸法 0.7∼36 の寸法を

規定

削除 
及び

追加

JIS 及び ISO 規格の六角穴付きお
ねじ部品の製品規格で使用して

い な い 二 面 幅 の サ イ ズ
0.5,4.5,7,9,11, 
13,15,16,18,21,23,29,30 は削除し,
おねじ部品の製品規格で使用し
ている 41 及び 46 を追加規定。

JIS は,対応する ISO 規格のす
べてを変更することなく必要

に応じた規格を規定した。

4  機械的性質及
び試験方法

硬 さ 及 び 保 証 ト ル ク
を規定

 4

試験方法

保 証 ト ル ク の 試
験方法を規定

追加

JIS では,ISO 規格に規定されて
いない硬さの試験方法の箇条を
追加した。

JIS は,対応する ISO 規格に規
定がない条項を追加した。

5  検査

検査について規定

追加

JIS では ISO 規格に規定されてい
ない検査の箇条を追加した。 

JIS は,対応する ISO 規格に規
定がない事項を追加した。 

6  製品の呼び方

製品の呼び方を規定

5

製 品 の 呼

び方

一致

6

B 464

8

0

000

6

B 464

8

00
0

0


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号

及び名称

内容

(Ⅱ)

国際規
格番号

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

7  表示

製 品 の 表 示 及 び 包 装

の表示を規定

 6

表示

製 品 の 表 示 だ け

規定

追加

JIS 認証において包装表示が必要
であるために追加した。

JIS は,対応する ISO 規格に規
定がない条項を追加した。

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 2936:2001,MOD 
 
注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致  技術的差異がない。

    −  削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD 国際規格を修正している。

6

B 464

8

0

000

6

B 464

8

0

000