>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

B 4636-

1 : 1

998

 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS B 4636-1 : 1998

  ソケットレンチ−12.7 角ドライブ

B 4636 : 1994

  ソケットレンチ−ソケット

B 4637 : 1994

  ソケットレンチ−エクステンションパー

B 4638 : 1994

  ソケットレンチ−スピンナハンドル

B 4639 : 1994

  ソケットレンチ−ユニバーサルジョイント

B 4640 : 1994

  ソケットレンチ−T 形スライドハンドル

B 4641 : 1994

  ソケットレンチ−ラチェットハンドル

ISO/DIS 691

ISO 1174-1 : 1996

ISO 1711-1 : 1996

ISO 2725-1 : 1996

ISO 3315 : 1996

ISO 3316 : 1996

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相

違点

(V)  JIS

と国際規格との整合が困難な

理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

①角ドライブ  ○  角ドライブは呼び 12.7(

1

)

の 1

種類。

ISO 1174-1

2725-1

○ 角ドライブは呼び 12.5(

1

)

を含み 5 種類。

ADP JIS<ISO

②品目

○  対象製品は 6 品目。

ISO 3315

3316

○ 対象製品ほ 10 品目。

ADP JIS<ISO

(2)

種類・等級

(3)

形状・寸法

○  本体:凸角ドライブ部には.

脱落防止用鋼球を取り付
ける。

附属書:凸角ドライブ部に

は,脱落防止用鋼球又はプ
ランジャを取り付ける。

ISO 1174-1

2725-1

ISO 3315

3316

○ 凸角ドライブには,脱落

防止用球又けプランジ
ャをを取り付ける。

ADP

本体,ソケットには,ハン
ドル類からの脱落防止の
ため,溝又は小径の穴を付

ける。

○ ソケットの図には,脱落

防止用溝の記載がある。

ADP

小径の穴を追加

旧 JIS のアイテムで整合させた。

ISO

にありこの JIS にないもの

は JIS B 4636-2 で規定する。国
内の使用実態を考慮して附属書
方式を採用したが,次回の見直

し時に具体的な統一方法を検討
する。

(

1

)

  本体の呼び 12.7 は附属書の

呼び 12.5 のことをいい,互
換性がある。

(4)

品質

①外観

○  使用上有害な欠点がなく,仕

上げの程度は良好でなく
てはならない。

ISO 1174-1

2725-1

ISO 3315

3316

②機能

○  回転部は円滑に回転しなけ

ればならない。

③ 角 ド ラ イ ブ

の硬さ

○  本 体 : 品 目 に よ っ て 36 ∼

39HRC

以上。

附属書:39HRC 以上

○ 39HRC 以上。

ADP


 

2

B 4636-

1 : 1

998

 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相

違点

(V)  JIS

と国際規格との整合が困難な

理由及び今後の対策

(5)

材料

(6)

試 験 方 法 強

さ試験

○  本体:ラチェットハンドルは

柄の端に荷重を加え約 10
秒間保持する。

ISO 1171-1

ISO 3315

3316

○ ラチェットハンドルは,

柄 の 端 に 荷 重 を 加 え
る。

ADP ISO

にはトルク保持時

間の規定がない。

○  附属書:両側式ラチェットハ

ンドルは,両側とも試験す
る。ただし,左右対称のも
のは,片方だけでもよい。

○ 両側式ラチェットハンド

ルは,両側とも試験す
る。

ADP

左右対称のものは片側

だけでもよい。

(7)

検査

○  形状・寸法と品質が規定に適

合しなければならない。

JIS

指定面品として必要な規定項

目である。

(8)

製 品 の 呼 び

○  規格各号,名称。

ISO 2725-1

33153316 

ADP

(9)

表示

○  製造業者又は略号。

ISO 2725-1

33153316 

ADP

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定していないことを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“ADP”は,JIS は国際規格を技術的内容の変更なしで採用しているが,JIS として必要な規定内容を追加していることを示す。

“−”は,

該当項目がないことを示す。