>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

B 4634 : 1998

  解説

解説表 1  改正規格と対応する ISO 規格の対比 

JIS B 4634 : 1998

  ドリルチャック

ISO 239 : 1974

  ドリルチャックテーパ

対比項目

規定項目

(1)  JIS

の規定内容 (2)

国 際 規 格 の 規 定 内

(3) JIS

と国際規格との相

違点

(4)  JIS

と国際規格と

の一致が困難な理
由及び今後の対策

1.

適用範囲

○  ドリルチャック及び

そのハンドルについ
て規定。

○ ドリルチャックのテ

ーパの寸法について
だけ規定。

ADP ISO

はテーパ部だけ

を規定している寸法
規格であり,JIS は製
品規格である。

ISO

をすべて採用す

るが,JIS はマーク品
の製品規格であるた
め,従来の JIS の規定

を残し,製品規格とし
て存続させる。

2.

引用規格

○  JIS B 0208 などを引

用することと規定。

3.

種 類 及 び 記

○  ドリルチャックの種

類及び記号について
規定。

4.

形 状 及 び 寸

○  ドリルチャック及び

そのハンドルの形状
及び寸法について規

定。

附属書

○  ジャコブス及びモー

ルステーパの寸法,ジ
ャコブス及びモール
ステーパゲージの許

容差及びユニファイ
細目ねじ部の寸法に
ついて規定。

○ ジャコブス及びモー

ルステーパの寸法に
ついて規定。

ADP JIS

は各部詳細寸法に

ついて規定し,テーパ
の寸法,テーパゲージ

の許容差及びユニフ
ァイ細目ねじ部の寸
法については,附属書

に規定している点が
相違している。

ISO

を従来の JIS と同

様に,附属書にすべて
採用するが,JIS は製

品規格であるため,各
部詳細寸法について
の規定も残した。

5.

品質

○  外観,機能,硬さ,テ

ーパ大径部の寸法許
容差と穴部の当たり,

ユニファイ細目ねじ
部の寸法,把握力及び
円周振れについて規

定。

6.

試験方法

○  硬さ,テーパ穴部の当

たり,ユニファイ細目
ねじ部の寸法,把握力
及び円周振れの試験

方法を規定。

7.

検査

○  形状・寸法及び品質に

ついて,それぞれの項

目に適合することと
規定。

9.

製 品 の 呼 び

○  チャックの呼び方に

ついて規定。

10.

表示

○  チャックの表示方法

について規定。

備考1.  表中の(1)及び(2)欄にある“○”印は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定して

いないことを示す。

2.

表中の(3)欄にある“ADP”は,国際規格を JIS として技術的内容の変更なしに採用したほか,さらに JIS
として必要な規定内容を追加していることを示す。