>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

B 4631

: 19

98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS B 4631 : 1998

  ラジオペンチ

ISO 5743 : 1988

  プライヤ及びニッパ一般的な技術要求事項,ISO 5744 : 1988  ペンチ及びニッパ試験方法,ISO 5745 : 1988,ペンチ及びニ

ッパ寸法及び試験値

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  主に電子機器などの組立に

用いるラジオペンチについ
て規定。 
国際規格による I 形ラジオペ

ンチについては,附属書に規

ISO 5743

ISO 5744

ISO 5745

○ 一般的な技術要求事項について

規定。 
試壌方法について規定。 
寸法及び試験値について規定。

ADP

旧 JIS を本体に,三つの国際

規格のうちラジオペンチに
関するものを一つにし,I 形
ラジオペンチとして附属書

に規定。

JIS

はユーザの使いやすさ

を考慮して,一つの規格とし
た。また,国内の使用実態を
考慮して,附属書方式を採用

したが,次回の見直し時に具
体的な統一方法を検討する。

(2)

形 状 及 び 寸

○  本体:長さ 160 の 1 種類につ

いて規定。 
附属書:長さ 140,160,200

の 3 種類について規定。

ISO 5745

ADP

寸法及び許容差が異なる。

(3)

品質

ADP

(3.1)

切れ味

本体:試険用鉄線及び切断力
を規定。 
附属書:試験用鋼線及び切断

力を規定。鋼線切断後の軟ワ
イヤ切断試験を規定。

ISO 5743

ISO 5745

一般的な技術要求事項について

規定。 
寸法及び試験値について規定。

試験用線材及び切断力が異
なる。

硬線用と軟線用とは別の刃

にするのが通常で,ISO 規定
のように両方とも切れるよ
うに刃を調整するのは困難

である。

(4)

材料

○  本体:SK7,S15CK 及び規定

する品質と同等以上と規定
附属書:規定なし。

− ISO は規定なし。

(5)

試験方法

ISO 5744

ADP

具体的試験方法が異なる。

本体:試験用鉄線を挟み,柄

部に規定荷重を 1 分間加え,
試験前後の差を測定。

(5.1)

変形試険

附層書:試験片を挟み,規定

荷重を 4 回加え,試験前後の
差を測定。

ADP

具体的試験方法が異なる。

(5.2)

ね じ り 試

本体:参考に記載。

附属書:規定なし


 

2

B 4631

: 19

98
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(6)

検査

○  本体及び附属書に規定。

− ISO は規定なし。

JIS

指定商品として必要な

規定項目である。

(7)

製 品 の 呼 び

○  本体及び附属書に規定。

− ISO は規定なし。

JIS

指定商品として必要な

規定項目である。

(8)

表示

○  本体及び附属書に規定。

− ISO は規定なし。

JIS

指定商品として必要な

規定項目である。

備考1.  表中の(I)及び(II1)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定していないことを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“ADP”は,JIS は国際規格を技術的内容の変更なしで採用しているが,JIS として必要な規定内容を追加していることを示す。また,

“−”

は,該当項目がない場合を示す。