>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 
 

 

1

 

B

 4

6

0

9

 : 

1

9

9

8

 


 

 

解説付表1 JISと対応する国際規格との対比表 

JIS B 4609 : 1998 ねじ回し−すりわり付きねじ用 

ISO/DIS 2380-1 : 1996 ねじ回しの先端部,ISO 2380-2 : 1992 ねじ回しの一般的な要求事項,本体の長さ及び表示 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内容 

(II) 国際規格

番号 

(III) 国際規格の規定内容 

(IV) JISと国際規格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

(1) 適用範囲 

○ 本体:小ねじ,木ねじ,タッピ

ンねじの取付け又は取外しに用
いる一般用ねじ回し。 

ISO 2380-1 
ISO 2380-2 

○ 手動式及び機械式ねじ回しの先

端部手動式ねじ回し要求事項,本
体の長さ及び表示。 

ADP JISには機械式ねじ回しは含

まれていない。 

 

 

○ 附属書:手動式ねじ回しの先端

部要求事項,本体の長さ及び表
示。 

 

  

  

 

(2) 種類 

○ 本体:普通形,貫通形,磁力あ

り磁力なし組合わせで4種類。 

ISO 2380-1 

○ タイプA及びタイプBの2種類。 ADP  

 

 

○ 附属書:タイプA及びタイプB

の2種類。 

 

  

  

 

(3) 等級 

○ 本体:普通級及び強力級の2等

級。 

 

−  

−  

 

(4) 品質 

○ 本体:硬さ 先端から5mm以内

は52HRC以上。 

ISO 2380-1 

○ 硬さ 全長にわたり熱処理を施

し,先端から3×bは5HRC以上。 

ADP  

先端さえ規定の硬度になっ
ていれば,ねじ回しとして十
分機能は果たす。 

 

○ 附属書:硬さ 全長にわたり熱

処理を施し,先端から3×bは
50HRC以上。 

 

 

(5) 形状及び寸

法 

○ 本体:刃幅,刃厚,本体長さに

よって8種類。 

ISO 2380-1 
ISO 2380-2 

○ 刃幅,刃厚,本体長さによって

39種類。 

ADP  

本体の先端形状の寸法,許容
差は,日本市場における消費
者の要望に合わせたもので
ある。 

 

○ 附属書:刃幅,刃厚,本体長さ

によって39種類。 

 

 

(6) 材料 

○ 本体:SWRH62A又は同等以上。  

−  

− ISOは規定なし。 

 

 

○ 附属書:機械的要求事項及びト

ルク試験を満たす鋼。 

 

  

  

 

(7) 試験方法 

○ 本体:試験棒硬さ 58HRC以

上。 

ISO 2380-1 

○ 試験棒硬さ 64HRC 

ADP  

 

 

○ 附属書:試験棒硬さ 64HRC以

上。 

 

  

  

 


 
 

 

2

 

B

 4

6

0

9

 : 

1

9

9

8

 


 

 

解説付表1 JISと対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内容 

(II) 国際規格

番号 

(III) 国際規格の規定内容 

(IV) JISと国際規格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

(8) 検査 

○ 本体:形状及び寸法並びに品質

の項目に適合。 

 

−  

− ISOは規定なし。 

JIS指定商品として必要な
規定である。 

 

○ 附属書:形状及び寸法並びに品

質の項目に適合。 

 

  

  

 

(9) 製品の呼び

方 

○ 本体:規格番号又は規格の名称,

呼び,結合方法による種類,等
級及び磁力の有無。 

ISO 2380-1 

○ 規格番号又は名称,呼び,本体長

さ,種類 

ADP 附属書によるものを“I”形と

呼ぶ。 

JIS指定商品として必要な
規定である。 

 

○ 附属書:規格番号又は規格の名

称,呼び,本体長さ,種類。 

 

  

  

 

(10) 表示 

○ 本体:等級,製造業者又はその

略号,磁力の有無。 

ISO 2380-2 

○ a,b寸法,商標,製造業者名又

はその略号。 

ADP 附属書によるものに“I”の表

示を加える。 

 

 

○ 附属書:a,b寸法,商標,製造

者名又はその略号,“I”。 

 

  

  

 

 

備考1. 表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定していないことを示す。 

2. 表中の(IV)欄にある“ADP”は,JISは国際規格を技術的に内容の変更なしで採用しているが,JISとして必要な規定内容を追加していることを示す。また,

“−”は,該当項目がない場合を示す。