>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

4433

-1990

ナットタップ

Nut Taps

1.

適用範囲  この規格は,表 に示すめねじのねじ立てに用いるナットタップ(以下,タップという。)

について規定する。

備考1.  この規格の本体で規定するタップは,ナットねじ立て盤で使用する場合ベントシャンク又は

ストレートシャンクに接合して使用し,ニブタップともいう。

2.

ストレート形ナットタップについては,

附属書に示す。

表 1  適用するめねじの種類

ねじの種類

ねじの呼び

適用規格

メートル並目ねじ M2.5∼M24

JIS B 0205

(メートル並目ねじ)

JIS B 0209

(メートル並目ねじの許容限界寸法及び公差)

メートル細目ねじ M4×0.5∼M24×1

JIS B 0207

(メートル細目ねじ)

JIS B 0211

(メートル細目ねじの許容限界寸法及び公差)

ユニファイ並目ねじ No.3-48UNC∼1-8UNC

JIS B 0206

(ユニファイ並目ねじ)

JIS B 0210

(ユニファイ並目ねじの許容限界寸法及び公差)

ユニファイ細目ねじ No.3-56UNF∼112UNF

JIS B 0208

(ユニファイ細目ねじ)

JIS B 0212

(ユニファイ細目ねじの許容限界寸法及び公差)

2.

用語の意味  この規格で用いる主な用語の意味は,JIS B 0176(ねじ加工工具用語)及び JIS B 0101

(ねじ用語)による。

3.

種類・等級  タップの種類は,ねじ部の長さ  (l)  によって 20T,24T,28T 及び 32T の 4 種類とし,等

級は,ねじ部の精度のうち,有効径公差によって A 級及び B 級の 2 等級とする。その公差を

表 に示す。

また,公差位置を示す数字を添えて公差域の記号を

表 に示す。

備考  等級と有効径公差域の関係を図に示す。

表 2  等級及び有効径公差

単位

µm

等級

A

B

公差 10  20

                                                        

引用規格及び関連規格:26 ページに示す。


2

B 4433-1990

表 3  有効径公差域の記号

等級

A

B

記号

A5, A10, A15, A20, A25, A30, A35, A40, A45, A50,

A55, A60, A65, A70, A75, A80, A85, A90, A95,

A100. A105, A110, A115. A120, A125, A130, A135,

A140, A145, A150

B10, B20, B30, B40, B50, B60, B70, B80, B90,

B100, B110, B120, B130, B140, B150

図  等級と有効径公差域の関係


3

B 4433-1990

4.

形状・寸法  タップの形状及び寸法は,表 4による。

表 4  メートルねじ用タップの形状及び寸法

備考1.  ねじ部のセンタは,突出しセンタ又はセンタ穴とする。

2.

ベント部の は,使用機械の形式によって図に示す 2 種類がある。

単位 mm

ねじ部の長さ l

シャンク径

呼び

ピッチ

全長 L

20T 24T 28T 32T

d

d

′(参考)

L

′×R×h

(参考)

L

(

1

)

(参考)

M2.5 0.45 60 9.0

11.0

12.5

− 1.8 1.8

107

×17×22 125

M3

0.5

60  10.0 12.0 14.0

− 2.2 2.2

107

×17×22 125

M3.5

0.6

60  12.0 14.5 17.0

− 2.6 2.6

107

×17×22 125

− 165×22×28

107

×17×22

M4 0.7 60

14.0

17.0

19.5

− 3.0 3.0

185

×25×30

210

− 165×22×28

107

×17×22

M4

×0.5 0.5

60

− 12.0 14.0

16.0

3.0 3.0

185

×25×30

210

− 165×22×28

M4.5 0.75  60 15.0

18.0

21.0

− 3.4 3.4

185

×25×30

210

− 165×22×28

M4.5

×0.5 0.5

60

− 12.0

14.0 16.0

3.6 3.6

185

×25×30

210

− 165×22×28

M5 0.8 70

16.0

19.0

22.5

− 3.8 3.8

185

×25×30

210

− 165×22×28

M5

×0.5 0.5

70

− 12.0

14.0 16.0

4.0 4.0

185

×25×30

210

− 165×22×28

M5.5

×0.5 0.5

70

− 12.0

14.0 16.0

4.7 4.7

185

×25×30

210

165

×22×28

233

×30×37

185

×25×30

M6 1  76

20.0

24.0

28.0

− 4.7 4.4

245

×30×40

280

165

×22×28

233

×30×37

185

×25×30

M6

×0.75 0.75

76

− 18.0

21.0 24.0

5.0 4.6

245

×30×40

280

165

×22×28

233

×30×37

M7 1  76

20.0

24.0

28.0

− 5.6 5.3

245

×30×40

280


4

B 4433-1990

単位 mm

ねじ部の長さ l

シャンク径

呼び

ピッチ

全長 L

20T 24T 28T 32T

d

d

′(参考)

L

′×R×h

(参考)

L

(

1

)

(参考)

165

×22×28

233

×30×37

M7

×0.75 0.75

76

− 18.0

21.0 24.0

5.6 5.5

245

×30×40

280

165

×22×28

233

×30×37

M8 1.25

76

25.0

30.0

35.0

− 6.4 5.9

245

×30×40

280

165

×22×28

233

×30×37

M8

×1 1

76

− 24.0

28.0 32.0

6.6 6.1

245

×30×40

280

165

×22×28

233

×30×37

M8

×0.75 0.75

76

− 18.0

21.0 24.0

6.6 6.4

245

×30×40

280

− 233×30×37

M9 1.25

89

25.0

30.0

35.0

− 7.3 6.8

245

×30×40

280

− 233×30×37

M9

×1 1

89

− 24.0

28.0 32.0

7.6 7.0

245

×30×40

280

− 233×30×37

M9

×0.75 0.75

89

− 18.0

21.0 24.0

7.6 7.3

245

×30×40

280

− 233×30×37

M10 1.5  89

30.0

36.0

42.0

− 8.0 7.5

245

×30×40

280

− 233×30×37

M10

×1.25 1.25

89

− 30.0

35.0 40.0

8.3 7.7

245

×30×40

280

− 233×30×37

M10

×1 1

89

− 24.0

28.0 32.0

8.3 7.9

245

×30×40

280

− 233×30×37

M10

×0.75 0.75

89

− 18.0

21.0 24.0

8.8 8.2

245

×30×40

280

− 233×30×37

M11 1.5 102

30.0

36,

0

42.0

− 8.8 8.4

245

×30×40

280

− 233×30×37

M11

×1 1

102

− 24.0

28.0 32.0

9.5 8.8

245

×30×40

280

− 233×30×37

M11

×0.75

0.75 102

− 18.0

21.0 24.0

9.8 9.0

245

×30×40

280

233

×30×37

375

×45×52

245

×30×40

M12 1.75

102

35.0

42.0

49.0

− 9.5 9.0

375

×45×55

420

233

×30×37

375

×45×52

245

×30×40

M12

×1.5 1.5

102

− 36.0

42.0 48.0

9.8 9.2

375

×45×55

420

233

×30×37

375

×45×52

245

×30×40

M12

×1.25

1.25 102

− 30.0

35.0 40.0

10.0 9.5

375

×45×55

420


5

B 4433-1990

単位 mm

ねじ部の長さ l

シャンク径

呼び

ピッチ

全長 L

20T 24T 28T 32T

d

d

′(参考)

L

′×R×h

(参考)

L

(

1

)

(参考)

233

×30×37

375

×45×52

245

×30×40

M12

×1 1

102

− 24.0

28.0 32.0

10.5 9.7

375

×45×55

420

233

×30×37

375

×45×52

M14 2  114

40.0

48.0

56.0

− 11.0 10.6

375

×45×55

420

233

×30×37

375

×45×52

M14

×1.5 1.5

114

− 36.0

42.0 48.0

11.5 11.0

375

×45×55

420

233

×30×37

375

×45×52

M14

×1 1

114

− 24.0

28.0 32.0

12.0 11.5

375

×45×55

420

− 375×45×52

480

×65×80

M15

×1.5 1.5

114

− 36.0

42.0

48.0

12.5 11.9

375

×45×55

540

− 375×45×52

480

×65×80

M15

×1 1

114

− 24.0

28.0

32.0

13.0 12.4

375

×45×55

540

− 375×45×52

375

×45×55

M16 2  127

40.0

48.0

56.0

− 13.0  12.4

480

×65×80

540

− 375×45×52

480

×65×80

M16

×1.5 1.5

127

− 36.0

42.0

48.0

13.5 12.8

375

×45×55

540

− 375×45×52

480

×65×80

M16

×1 1

127

− 24.0

28.0

32.0

14.0 13.3

375

×45×55

540

− 375×45×52

480

×65×80

M17

×1.5 1.5

127

− 36.0

42.0

48.0

14.5 13.7

375

×45×55

540

− 375×45×52

480

×65×80

M17

×1 1

127

− 24.0

28.0

32.0

15.0 14.2

375

×45×55

540

− 375×45×52

375

×45×55

M18 2.5 133

50.0

60.0

70.0

− 14.5  13.7

480

×65×80

540

− 375×45×52

480

×65×80

M18

×2 2

133

− 48.0

56.0

64.0

15.0 14.1

375

×45×55

540

− 375×45×52

480

×65×80

M18

×1.5 1.5

133

− 36.0

42.0

48.0

15.5 14.6

375

×45×55

540

− 375×45×52

480

×65×80

M18

×1 1

133

− 24.0

28.0

32.0

16.0 15.1

375

×45×55

540


6

B 4433-1990

単位 mm

ねじ部の長さ l

シャンク径

呼び

ピッチ

全長 L

20T 24T 28T 32T

d

d

′(参考)

L

′×R×h

(参考)

L

(

1

)

(参考)

− 375×45×52

375

×45×55

50.0

480

×65×80

M20 2.5 133

60.0

70.0

− 16.5  15.4

520

×65×75

580

− 375×45×52

480

×65×80

375

×45×55

M20

×2 2

133

− 48.0

56.0

64.0

17.0 15.9

520

×65×75

580

− 375×45×52

480

×65×80

375

×45×55

M20

×1.5 1.5

133

− 36.0

42.0

48.0

17.5 16.4

520

×65×75

580

− 375×45×52

480

×65×80

375

×45×55

M20

×1 1

133

− 24.0

28.0

32.0

18.0 16.8

520

×65×75

585

50.0 480

×65×80

M22 2.5 146

60.0 70.0

− 18.5  17.2

520

×65×75

585

− 480×65×80

M22

×2 2

146

− 48.0 56.0

64.0

19.0 17.7

520

×65×75

585

− 480×65×80

M22

×1.5 1.5

146

− 36.0 42.0

48.0

19.5 18.1

520

×65×75

585

− 480×65×80

M22

×1 1

146

− 24.0 28.0

32.0

20.0 18.6

520

×65×75

585

60.0 480

×65×80

M24 3  165

72.0 84.0

− 20.0  18.5

520

×65×75

585

− 480×65×80

M24

×2 2

165

− 48.0 56.0

64.0

21.0 19.4

520

×65×75

585

− 480×65×80

M24

×1.5 1.5

165

− 36.0 42.0

48.0

21.5 19.9

520

×65×75

585

− 480×65×80

M24

×1 1

165

− 24.0 28.0

32.0

22.0 20.4

520

×65×75

585

(

1

)

ストレートシャンクの L″は,使用者側でベントシャンクに加工して使用する場合のものを示す。

備考1.  の許容差は,JIS B 0401(寸法公差及び  はめあい)に規定する js 17とする。

2.  d

の許容差は,JIS B 0401 に規定する,h 12 とする。

3.

食付き部の長さ lc

,原則として の 70%とする。

4.

食付き部の面取り長さ は,原則として 2 山とする。

5.

溝数は,呼び,使用条件などによって 3,4,5 又は 6 とする。

6.

全長 は受渡当事者間の協定によって,表に示すものと異なる寸法とすることができる。


7

B 4433-1990

表 5  ユニファイねじ用タップの形状及び寸法

備考1.  ねじ部のセンタは,突出しセンタ又はセンタ穴とする。

2.

ベント部の は,使用機械の形式によって 2 種類ある。

単位 mm

ねじ部の長さ l

シャンク径

呼  び

ピッチ  全  長 L

20T 24T 28T 32T

d

d

′(参考)

L

′×R×h

(参考)

L

(

1

)

(参考)

No.3-48UNC

0.529 2

60

10.5

12, 5

15.0

− 1.8  1.8

107

×17×22

125

No.3-56UNF 0.453

6  60

−  11.0 12.5 14.5

1.8

1.8  107

×17×22

125

No.4-40UNC 0.635

0  60  12.5 15.0 18.0

− 2.0  2.0

107

×17×22

125

No.4-48UNF 0.529

2  60

− 12.5 15.0 17.0  2.0

2.0 107

×17×22

125

No.5-40UNC 0.635

0  60  12.5 15.0 18.0

− 2.2  2.2

107

×17×22

125

No.5-44UNF 0.577

3  60

− 14.0 16.0 18.0  2.2

2.2 107

×17×22

125

No.6-32UNC 0.793

8  60  16.0 19.0 22.0

− 2.4  2.4

107

×17×22

125

No.6-40UNF 0.635

0  60

− 15.0 18.0 20.5  2.6

2.6 107

×17×22

125

− 165×22×28

107

×17×22

No.8-32UNC 0.793

8  60  16.0  19.0

22.0

− 3.0  3.0

185

×25×30

210

− 165×22×28

107

×17×22

No.8-36UNF 0.705

6  60

− 17.0

20.0 22.5

3.0 3.0

185

×25×30

210

− 165×22×28

No.10-24UNC 1.058

3

70

21.0  25.0

30.0

− 3.4  3.4

185

×25×30

210

− 165×22×28

No.10-32UNF 0.793

8

70

− 19.0

22.0 25.5

3.6 3.6

185

×25×30

210

− 165×22×28

No.12-24UNC 1.058

3

70

21.0  25.0

30.0

− 4.0  4.0

185

×25×30

210

− 165×22×28

No.12-28UNF 0.907

1

70

− 22.0

25.5 29.0

4.0 4.0

185

×25×30

210

165

×22×28

233

×30×37

185

×25×30

4

1

-20UNC 1.270

0  76  25.0 30.0

36.0

− 4.7  4.4

245

×30×40

280

165

×22×28

233

×30×37

185

×25×30

4

1

-28UNF 0.907

1  76

− 22.0

25.0 29.0

5.0 4.7

245

×30×40

280


8

B 4433-1990

単位 mm

ねじ部の長さ l

シャンク径

呼  び

ピッチ  全  長 L

20T 24T 28T 32T

d

d

′(参考)

L

′×R×h

(参考)

L

(

1

)

(参考)

165

×22×28

233

×30×37

16

5

-18UNC 1.411

1  76  28.0 34.0

40.0

− 6.0  5.7

245

×30×40

280

165

×22×28

233

×30×37

16

5

-24UNF

1, 058 3

76

− 25.0

30.0 34.0

6.4 6.0

245

×30×40

280

− 233×30×37

8

3

-16UNC 1.587

5  89  32.0 38.0

44.0

− 7.3  6.9

245

×30×40

280

− 233×30×37

8

3

-24UNF 1.058

3  89

− 25.0

30.0 34.0

8.0 7.4

245

×30×40

280

− 233×30×37

16

7

-14UNC 1.814

3 102  36.0 44.0

51.0

− 8.8  8.1

245

×30×40

280

− 233×30×37

16

7

-20UNF 1.270

0 102

− 30.0

36.0 41.0

9.3 8.6

245

×30×40

280

233

×30×37

375

×45×52

245

×30×40

2

1

-13UNC 1.953

8 114  39.0 47.0

55.0

− 10.0  9.4

375

×45×55

420

233

×30×37

375

×45×52

245

×30×40

2

1

-20UNF 1.270

0 114

− 30.0

36.0 41.0

10.5 10.1

375

×45×55

420

233

×30×37

375

×45×52

16

9

-12UNC 2.116

7 114  42.0 51.0

59.0

− 11.5  10.7

375

×45×55

420

233

×30×37

375

×45×52

16

9

-18UNF 1.411

1 114

− 34.0

40.0 45.0

12.0 11.3

375

×45×55

420

− 375×45×52

375

×45×55

8

5

-11UNC 2.309

1 127  46.0 55.0

65.0

− 12.5  11.9

480

×65×80

540

− 375×45×52

480

×65×80

8

5

-18UNF 1.411

1 127

− 34.0

40.0

45.0

13.5 12.8

375

×45×55

540

− 375×45×52

375

×45×55

51.0

480

×65×80

4

3

-10UNC 2.540

0 133

61.0

71.0

− 15.5  14.5

520

×65×75

580

− 375×45×52

480

×65×80

375

×45×55

4

3

-16UNF 1.587

5 133

− 38.0

44.0

51.0

16.5 15.4

520

×65×75

580

56.0 480

×65×80

8

7

-9UNC 2.822

2 146

68.0 79.0

− 18.5  17.1

520

×65×75

585


9

B 4433-1990

単位 mm

ねじ部の長さ l

シャンク径

呼  び

ピッチ  全  長 L

20T 24T 28T 32T

d

d

′(参考)

L

′×R×h

(参考)

L

(

1

)

(参考)

− 480×65×80

8

7

-14UNF 1.814

3 146

− 44.0 51.0

58.0

19.5 18.0

520

×65×75

585

64.0 480

×65×80

1-8UNC 3.175

0

165

76.0 89.0

− 21.0  19.6

520

×65×75

585

− 480×65×80

1-12UNF 2.116

7 165

− 44.0 51.0

58.0

22.0 20.6

520

×65×75

585

(

1

)

ストレートシャンクの L″は,使用者側でベントシャンクに加工して使用する場合のものを示す。

備考1.  の許容差は,JIS B 0401に規定する js 17とする。

2.  d

の許容差は,JIS B 0401 に規定する h 12 とする。

3.

食付き部の長さ lc は原則として の 70%とする。

4.

食付き部の面取り長さ は,原則として 2 山とする。

5.

溝数は,呼び,使用条件などによって 3,4,5 又は 6 とする。

6.

全長 は受渡当事者間の協定によって表に示すものと異なる寸法とすることができる。

5.

品質

5.1

外観  タップの外観は,地きず及び割れ並びに有害なまくれ,きず,さびなどの欠点がなく,仕上

げは良好でなければならない。

5.2

硬さ  タップの刃部の硬さは,7.1 による試験を行ったとき HRC60 (HV 700)  以上とする。

5.3

シャンク及びねじ部の精度  タップのシャンク及びねじ部の精度は,7.2 による試験を行ったとき,

次のとおりとする。シャンク径の精度は,

表 4による。ねじ部の精度のうち,ねじ部の外径,有効径及

び谷の径の基準寸法は

表 6によって,その許容差及び公差並びにピッチ及び山の半角の許容差は,表 8

11 による。

シャンク及びねじ部の振れの公差値は,

表 12 による。

表 6  メートルねじ用タップのねじ部の基準寸法

単位 mm

外径

有効径

谷の径

呼  び

ピッチ

P

基準寸法

D

基準寸法

d

2

基準寸法

d

1

M2.5 0.45

2.500

2.208

2.013

M3 0.5

3.000

2.675

2.459

M3.5

0.6

3.500 3.110 2.850

M4 0.7

4.000

3.545

3.242

M4

×0.5 0.5  4.000 3.675 3.459

M4.5 0.75

4.500

4.013

3.688


10

B 4433-1990

単位 mm

外径

有効径

谷の径

呼  び

ピッチ

P

基準寸法

D

基準寸法

d

2

基準寸法

d

1

M4.5

×0.5 0.5

4.500  4.175  3.959

M5 0.8

5.000

4.480

4.134

M5

×0.5 0.5  5.000 4.675 4.459

M5.5

×0.5 0.5

5.500  5.175  4.959

M6 1

6.000

5.350

4.917

M6

×0.75 0.75  6.000 5.513 5.188

M7 1

7.000

6.350

5.917

M7

×0.75 0.75  7.000 6.513 6.188

M8 1.25

8.000

7.188

6.647

M8

×1 1  8.000

7.350

6.917

M8

×0.75 0.75  8.000 7.513 7.188

M9 1.25

9.000

8.188

7.647

M9

×1 1  9.000

8.350

7.917

M9

×0.75 0.75  9.000 8.513 8.188

M10 1.5

10.000

9.026

8.376

M10

×1.25

1.25 10.000 9.188 8.647

M10

×1 1  10.000

9.350

8.917

M10

×0.75

0.75 10.000 9.513 9.188

M11 1.5

11.000

10.026

9.376

M11

×1 1  11.000

10.350

9.917

M11

×0.75 0.75  11.000 10.513 10.188

M12 1.75

12.000

10.863

10.106

M12

×1.5 1.5  12.000 11.026 10.376

M12

×1.25 1.25  12.000 11.188  10.647

M12

×1 1  12.000

11.350

10.917

M14 2

14.000

12.701

11.835

M14

×1.5 1.5  14.000 13.026 12.376

M14

×1 1  14.000

13.350

12.917

M15

×1.5 1.5  15.000 14.026 13.376

M15

×1 1  15.000

14.350

13.917

M16 2

16.000

14.701

13.835

M16

×1.5 1.5  16.000 15.026 14.376

M16

×1 1  16.000

15.350

14.917

M17

×1.5 1.5  17.000 16.026 15.376

M17

×1 1  17.000

16.350

15.917

M18 2.5

18.000

16.376

15.294

M18

×2 2  18.000

16.701

15.835

M18

×1.5 1.5  18.000 17.026 16.376

M18

×1 1  18.000

17.350

16.917

M20 2.5

20.000

18.376

17.294

M20

×2 2  20.000

18.701

17.835

M20

×1.5 1.5  20.000 19.026 18.376

M20

×1 1  20.000

19.350

18.917

M22 2.5

22.000

20.376

19.294

M22

×2 2  22.000

20.701

19.835

M22

×1.5 1.5  22.000 21.026 20.376

M22

×1 1  22.000

21.350

20.917

M24 3

24.000

22.051

20.752


11

B 4433-1990

単位 mm

外径

有効径

谷の径

呼  び

ピッチ

P

基準寸法

D

基準寸法

d

2

基準寸法

d

1

M24

×2 2  24.000

22.701

21.835

M24

×1.5 1.5  24.000 23.026 22.376

M24

×1 1  24.000

23.350

22.917


12

B 4433-1990

表 7  ユニファイねじ用タップのねじ部の基準寸法 

単位 mm

外径

有効径

谷の径

呼び

ピッチ

P

基準寸法

D

基準寸法

d

2

基準寸法

d

1

No.3-48UNC 0.529

2  2.515

2.172

1.941

No.3-56UNF 0.453

6  2.515  2.220  2.024

No.4-40UNC 0.635

0  2.845

2.433

2.156

No.4-48UNF 0.529

2  2.845  2.502  2.271

No.5-40UNC 0.635

0  3.175

2.764

2.487

No.5-44UNF 0.577

3  3.175  2.799  2.550

No.6-32UNC 0.793

8  3.505

2.990

2.647

No.6-40UNF 0.635

0  3.505  3.094  2.817

No.8-32UNC 0.793

8  4.166

3.650

3.307

No.8-36UNF 0.705

6  4.166  3.708  3.401

No.10-24UNC 1.058

3

4.826

4.138

3.680

No.10-32UNF 0.793

8

4.826

4.310

3.967

No.12-24UNC 1.058

3

5.486

4.798

4.341

No.12-28UNF 0.907

1

5.486

4.897

4.503

4

1

-20UNC 1.270

0 6.350 5.524 4.976

4

1

-28UNF 0.907

1 6.350 5.761 5.367

16

5

-18UNC 1.411

1  7.938  7.021  6.411

16

5

-24UNF 1.058

3 7.938  7.249 6.792

8

3

-16UNC 1.587

5 9.525 8.494 7.805

8

3

-24UNF 1.058

3 9.525 8.837 8.379

16

7

-14UNC 1.814

3 11.112  9.934  9.149

16

7

-20UNF 1.270

0 11.112 10.287  9.738

2

1

-13UNC 1.953

8

12.700 11.430

10.584

2

1

-20UNF 1.270

0

12.700

11.874

11.326

16

9

-12UNC 2.116

7 14.288 12.913 11.996

16

9

-18UNF 1.411

1

14.288 13.374 12.761

8

5

-11UNC 2.309

1

15.875

14.376

13.376

8

5

-18UNF 1.411

1

15.875

14.958

14.348

4

3

-10UNC 2.540

0

19.050 17.399

16.299

4

3

-16UNF 1.587

5

19.050

18.019

17.330

8

7

-9UNC 2.822

2

22.225

20.391

19.169

8

7

-14UNF 1.814

3

22.225

21.046

20.262

1-8UNC 3.175

0

25.400

23.338

21.963

1-12UNF 2.116

7

25.400

24.026

23.109


13

B 4433-1990

表 8  メートルねじ用タップ及びユニファイねじ用タップの 級の有効径の許容差及び公差

備考  この図の太い実線は基準山形を,また斜線を施した部分は,タップの公差域を示す。

単位

µm

有効径(

2

)

公差域の記号

上の許容差

es

下の許容差

em

公差

T

d2

A5 10

0

10

A10 15 5

10

A15 20

10

10

A20 25

15

10

A25 30

20

10

A30 35

25

10

A35 40

30

10

A40 45

35

10

A45 50

40

10

A50 55

45

10

A55 60

50

10

A60 65

55

10

A65 70

60

10

A70 75

65

10

A75 80

70

10

A80 85

75

10

A85 90

80

10

A90 95

85

10

A95 100 90 10

A100 105  95  10

A105 110 100  10

A110 115 105  10

A115 120 110  10

A120 125 115  10

A125 130 120  10

A130 135 125  10

A135 140 130  10

A140 145 135  10

A145 150 140  10

A150 155 145  10

(

2

)

この表の有効径は単独有効径とする。


14

B 4433-1990

表 9  メートルねじ用タップ及びユニファイねじ用タップの 級の有効径の許容差及び公差

備考  この図の太い実線は基準山形を,また斜線を施した部分はタップの公差域を示す。

単位

µm

有効径(

2

)

公差域の記号

上の許容差

es

下の許容差

em

公差

T

d2

B10 20 0

20

B20 30

10

20

B30 40

20

20

B40 50

30

20

B50 60

40

20

B60 70

50

20

B70 80

60

20

B80 90

70

20

B90 100 80 20

B100 110  90  20

B110 120 100  20

B120 130 110  20

B130 140 120  20

B140 150 130  20

B150 160 140  20

(

2

)

この表の有効径は,単独有効径とする。


15

B 4433-1990

表 10  メートルねじ用タップの外径,谷の径,ピッチ及び山の半角の許容差

備考  この図の太い実線は基準山形を,また斜線を施した部分はタップの公差域を示す。

単位

µm

外  径

谷  の  径

ピッチ

P

(mm)

上の許容差

下の許容差

js

上の許容差

ピッチの許容差(

3

)

(25mm に付き)

±

山の半角
の許容差

(分)

±

0.45 16

+  (em)

10 35

0.5 18

+  (em)

10 35

0.6 22

+  (em)

10 35

0.7 25

+  (em)

10 35

0.75 27

+  (em)

10 30

0.8 29

+  (em)

10 30

1 36

+  (em)

10 30

1.25 45

+  (em)

10 30

1.5 54

+  (em)

10 25

1.75 63

+  (em)

10 25

2 72

+  (em)

10 25

2.5 90

+  (em)

10 25

3

規定しない。

108

+  (em)

規定しない。

10 25

(

3

)

この表のピッチの許容差は,長さ25mm 離れた任意の二つの山と山との間の

ピッチ合計に対するものをいう。ただし,測定することができるねじ部の長
さ  (lmm)  が25mm より短いときは,ピッチの許容差は表中の数値に0.2

l

乗じた値とする。

備考  タップの谷底は,一般に丸みを付け,谷底の丸みとフランクとが接する点が,

原則として基準山形の谷の径に相当する直線 AB より軸心側になければなら
ない。


16

B 4433-1990

表 11  ユニファイねじ用タップの外径,谷の径,ピッチ及び山の半角の許容差

備考  この図の太い実線は基準山形を,また斜線を施した部分はタップの公差域を示す。

単位

µm

外径

谷の径

山数

ピッチ

P

(mm)

上の許容差

下の許容差

js

上の許容差

ピッチの許容差  (

4

)

(25.4mm に付き)

±

山の半角
の許容差

(分)

±

56 0.453

6

16

+  (em)

10 35

48 0.529

2

19

+  (em)

10 35

44 0.577

3

21

+  (em)

10 35

40 0.635

0

23

+  (em)

10 35

36 0.705

6

25

+  (em)

10 35

32 0.793

8

29

+  (em)

10 30

28 0.907

1

33

+  (em)

10 30

24 1.058

3

38

+  (em)

10 30

20 1.270

0

46

+  (em)

10 30

18 1.411

1

51

+  (em)

10 30

16 1.587

5

57

+  (em)

10 25

14 1.814

3

65

+  (em)

10 25

13 1.953

8

71

+  (em)

10 25

12 2.116

7

76

+  (em)

10 25

11 2.309

1

83

+  (em)

10 25

10 2.540

0

92

+  (em)

10 25

9 2.822

2

102

+  (em)

10 25

8 3.175

0

規定しない。

115

+  (em)

規定しない。

10 25

(

4

)

この表のピッチの許容差は,長さ25.4mm 離れた任意の二つの山と山との間のピッチ合
計に対するものをいう。ただし,測定することができるねじ部の長さ  (lmm)  が25.4mm

より短いときは,ピッチの許容差は表中の数値に0.2

l

を乗じた値とする。

備考  タップの谷底は,一般に丸みを付け,谷底の丸みとフランクとが接する点が,原則と

して基準山形の谷の径に相当する直線 AB より軸心側になければならない。


17

B 4433-1990

表 12  シャンク及びねじ部の振れの公差値

単位 mm

外径の基準寸法

D

シャンクの振

れの公差値 t

1

ねじ部の振れ

の公差値 t

2

10

未満 0.04  0.03

10

以上 0.04  0.04

備考  図示方法は,JIS B 0021(幾何公差の図示方

法)による。

6.

材料  タップのねじ部の材料は,JIS G 4403(高速度工具鋼鋼材)に規定する SKH51 又はこれと同等

以上の性能をもつものとする。

ねじ部とシャンクとの材料が異なるもののシャンクの材料は,JIS G 4051(機械構造用炭素鋼鋼材)に

規定する S55C 又はこれと同等以上の性能をもつものとする。

7.

試験方法

7.1

硬さ  タップの刃部の硬さは,JIS B 7726(ロックウェル硬さ試験機)に規定する試験機を用いて,

JIS Z 2245

(ロックウェル硬さ試験方法)に規定する試験方法によって測定する。ただし,ロックウェル

硬さ試験機によって測定できない場合は,JIS B 7734(微小硬さ試験機)に規定する試験機を用い,JIS Z 

2251

(微小硬さ試験方法)に規定する試験方法によって測定してもよい。

また,試験機による測定が困難な場合は,やすりによる比較測定を行ってもよい。

7.2

シャンク及びねじ部の精度  タップのシャンク及びねじ部の精度は,表 13 によって測定する。


18

B 4433-1990

表 13  タップの測定方法

番号

項目

測定方法

測定方法図

測定器具

1

シャンク径

外側マイクロメータで測定す

る。

2

食付き部に近い完全山部の切れ
刃側を外側マイクロメータで測

定する。

JIS B 7502

(外側マイクロメ

ータ)に規定する外側マイ
クロメータ。

3

有 効 径

ねじ部の長さの先端からほぼ

60%

の位置の切れ刃側をねじ測

定用三針を用いて外側マイクロ

メータで測定するか,ねじ有効
径測定機又はねじ有効径比較測
定器で測定する。

4

ピ ッ チ

ねじ山の軸線を,測定テーブル
の移動方向と一致させ,工具顕
微鏡の鏡筒をリート角だけ傾

け,ねじ山 A と 60°細線又はね
じ山形細線とを一致させて,マ
イクロメータの目盛を読む。次

に必要山数だけ離れたねじ山 B
まで移動テーブルを動かして

60

°細線又はねじ山形細線とね

じ山 B を一致させ,マイクロメ
ータの目盛を読む。このときの

A

,B の読みの差が実測値であ

る。

5

ねじ部の精度

山 の 半 角

ねじ山の軸線を測定テーブルの

移動方向と一致させ,工具顕微
鏡の鏡筒をリード角だけ傾け,
ねじ山のフランク面に顕微鏡の

十字線を合わせ,その回転角

2

1

a

を測角顕微鏡で読み取る。同様
にして

2

2

a

を測定する。

JIS B 0271

(ねじ測定用三

針)に規定するねじ測定用
三針。

JIS B 7502

に規定する外側

マイクロメータ。 
ねじ有効径測定機は,JIS B 

7519

(指針測微器)及び JIS 

B 7504

(マイクロメータヘ

ッド)を装備したもの。

ねじ有効径比較測定器は,
指針測微器又は JIS B 7509
(0.001mm 目盛ダイヤルゲ

ージ)に規定する 0.001mm
目盛ダイヤルゲージを装備
したもの。

JIS B 7153

(工具顕微鏡)に

規定する工具顕微鏡。

ね じ 部

6

シ ャ ン ク

振れは,両センタを基準にして
回転し,ねじ部及びシャンクに
ついてダイヤルゲージによって

測定する。

JIS B 7503

(0.01mm 目盛ダ

イヤルゲージ)に規定する

0.01mm

目盛ダイヤルゲー

ジ。

備考  測定方法及び測定器具は,一般的な例を示したものである。

8.

製品の呼び方  タップの呼び方は,規格番号又は規格名称,種類,呼び,等級の記号及びねじ部の材

料記号(

5

)

による。

なお,左ねじの場合は,呼びの前に“左”を付け加える。

例: JIS B 4433  20T M 10 A 25 SKH 51

ナットタップ  24T M 10×1.25 A 30 SKH 51

JIS B 4433

  左 28T

16

5

-24UNF B 20 HSS


19

B 4433-1990

(

5

)

使用材料が高速度工具鋼鋼材の場合は,HS 又は HSS と呼んでもよい。

9.

表示

9.1

製品の表示  タップにはシャンクに次の事項を表示する。ただし,シャンク径 3.9mm 以下のタップ

には,左ねじの記号,呼び及び有効径公差域の記号以外は省略してもよい。

(1) 

左ねじの記号

:  L(右ねじの場合は付けない。

(2) 

呼び

: M10×1.5(メートル並目ねじの場合は,ピッチを付ける。

(3) 

ねじ部の材料記号(

6

)

: SKH51

(4) 

製造業者名又はその略号  :

(5) 

有効径公差域の記号

: A25

(

6

)

使用材料が高速度工具鋼鋼材の場合には HS 又は HSS と表示してもよい。

9.2

包装の表示  タップの包装には,規格名称及び 9.1 に規定する(1)(5)の事項並びにねじ部の長さの

種類及び溝数を表示する。


20

B 4433-1990

附属書  ストレート形ナットタップ

1.

適用範囲  この附属書は,JIS B 0205 に規定するねじの呼び M2.5∼30 のねじ立てに用いるストレート

形ナットタップ(以下,タップという。

)について規定する。

なお,この

附属書で規定する以外の事項は,この規格の本体による。

備考  このタップは,JIS B 0209-1982 の本体及び附属書に規定するねじのいずれにも選択によって使

用できる。

2.

種類・等級  タップの種類は,形状によって,長タップ及び短タップの 2 種類とし,等級は,ねじ部

の精度(

附属書表 35)及び振れの公差値(附属書表 6)によって,2 級及び 3 級の 2 等級とする。

なお,2 級は,許容差のとり方によって,a 及び b の二つとする。

等級の記号は,

附属書表 による。

附属書表 1  等級の記号

2

等  級

2a

級 2b 級

3

  級

記  号 IIa  IIb

III

3.

形状・寸法  タップの形状及び寸法は,附属書表 による。

附属書表 2  形状及び寸法 

備考  呼び M4 以下は突出しセンタ,M4 を超え M10 以下に突出しセンタ又はセンタ穴とし,M10 を

超えるものはセンタ穴とする。


21

B 4433-1990

単位 mm

全長 L

長タップ

短タップ

ねじ部の長さ

l

シャンク径

d

シャンク四角部

の幅 K(

1

)

シャンク

四角部の

長さ l

κ

 (

1

)

参  考

呼  び

外 径 の 基

準寸法

D

ピッチ

基準寸法 許容差 基準寸法 許容差 基準寸法 許容差 基準寸法 許容差 基準寸法 許容差 基準寸法

溝数

M2.5 2.500 0.45

85

±1.2 50

±0.7

15

±1.0

2

0

1

.

0

3

M2.6 2.600 0.45

85

±1.2 50

±0.7

15

±1.0

2

0

1

.

0

3

M3 3.000

0.5

90

±1.2 55

±0.7

20

±1.4

2.1

0

1

.

0

3

M3.5 3.500 0.6

95

±1.2 55

±0.7

20

±1.4

2.6

0

1

.

0

3

M4 4.000

0.7 100

±1.2 60

±0.7

25

±1.4

2.8

0

1

.

0

3

M4.5 4.500 0.75  105

±1.2 60

±0.7

25

±1.4

3.3

0

1

.

0

2.5

0

1

.

0

 5

3

M5 5.000

0.8  110

±1.2 70

±1.2

30

±1.4

3.6

0

1

.

0

2.8

0

1

.

0

 6

3

M6 6.000

1  120

±1.2 75

±1.2

35

±1.4

4.5

0

13

.

0

3.5

0

1

.

0

 6 3

又は 4

M7 7.000

1  130

±1.2 75

±1.2

35

±1.4

5.5

0

13

.

0

4.5

0

1

.

0

 7 3

又は 4

M8 8.000

1.25 140

±1.2 85

±1.2

40

±1.4

6.2

0

13

.

0

5

0

1

.

0

 8 3

又は 4

M9 9.000

1.25 150

±1.2 90

±1.2

45

±1.4

7.2

0

13

.

0

5.5

0

1

.

0

 8 3

又は 4

M10 10.000 1.5

160

±1.2 100 ±1.2

50

±1.4

7.8

0

13

.

0

6

0

1

.

0

 9 3

又は 4

M11 11.000 1.5

165

±1.2 110 ±1.2

55

±1.4

8.8

0

13

.

0

7

0

1

.

0

 10  3

又は 4

M12 12.000 1.75  170

±1.2 115 ±1.2

60

±1.4

9

0

13

.

0

7

0

1

.

0

 10  3

又は 4

M14 14.000 2

190

±1.2 125 ±1.2

65

±2.4

11

0

16

.

0

9

0

1

.

0

 12  3

又は 4

M16 16.000 2

200

±1.2 135 ±1.2

70

±2.4

13

0

16

.

0

10

0

15

.

0

 13  3

又は 4

M18 18.000 2.5

220

±1.2 145 ±1.2

80

±2.4

14

0

16

.

0

11

0

15

.

0

 14  3

又は 4

M20 20.000 2.5

230

±1.2 155 ±1.2

85

±2.4

16

0

16

.

0

12

0

15

.

0

 15  3

又は 4

M22 22,

000 2.5

250

±1.2 165 ±1.2

90

±2.4

18

0

16

.

0

14

0

15

.

0

 17  3

又は 4

M24 24.000 3

260

±2.0 175 ±1.2

100

±2.4

19

0

16

.

0

15

0

15

.

0

 18  3

又は 4

M27 27.000 3

280

±2.0 190 ±1.2

110

±2.4

22

0

16

.

0

17

0

15

.

0

 20  3

又は 4

M30 30.000 3.5

300

±2.0 210 ±1.2

120

±2.4

24

0

16

.

0

19

0

15

.

0

 22  3

又は 4

(

1

)

JIS B 4002

(工具のシャンク四角部)による。

備考1.  食付き部の長さ l

c

は,原則として の75%とする。

2.

食付き部の面取り長さ

αは,原則として 2 山とする。

4.

品質

4.1

硬さ  タップの刃部の硬さは,本体 7.1 による試験を行ったとき,合金工具鋼のタップは HRC 58 (HV

660)

以上とし,高速度工具鋼のタップは HRC 60 (HV 700)  以上とする。シャンクは有害な変形,損傷を起

こさないような適切な熱処理を施さなければならない。

4.2

シャンク及びねじ部の精度  タップのシャンク及びねじ部の精度は,本体 7.2 による試験を行ったと

き,次のとおりとする。シャンク径の精度は

附属書表 による。ねじ部の精度は附属書表 3による。

シャンク及びねじ部の振れの公差値は,

附属書表 による。


22

B 4433-1990

附属書表 3  2a 級のねじ部の精度

備考  この図の太い実線は基準山形を,また斜線を施した部分はタップの公差

域を示す。

単位

µm

外  径

有  効  径  (

2

)

谷  の  径

呼  び

ピッチ

(mm)

基準寸法

(mm)

上 の 許
容差

下 の 許
容差

基準寸法

(mm)

上 の 許
容差

下 の 許
容差

公  差

基準寸法

(mm)

上 の 許
容差

下 の 許
容差

ピ ッ チ の

許 容 差 (

3

)

(25mm に
付き)

±

山の半角

の許容差

(分)

±

M2.5 0.45  2.500

15  2.208

5  10  15  2.013

65

10

35

M2.6 0.45  2.600

15  2.308

5  10  15  2.113

65

10

35

M3 0.5  3.000

20

2.675

5 10 15 2.459

72

10  35

M3.5 0.6

3.500

20  3.110

5  10  15  2.850

86

10

35

M4 0.7  4.000

25

3.545

5 15 20 3.242

101

10  30

M4.5 0.75  4.500

25  4.013

5  15  20  3.688

108

10

30

M5 0.8  5.000

35

4.480

5 15 20 4.134

115

10  30

M6 1.0  6.000

40

5.350

5 15 20 4.917

144

10  30

M7 1.0  7.000

40

6.350

5 15 20 5.917

144

10  30

M8 1.25  8.000

50

7.188

5 20 25 6.647

181

10  30

M9 1.25  9.000

50

8.188

5 20 25 7.647

181

10  30

M10 1.5  10.000

60 9.026

5  20  25  8.376

216

10

25

M11 1.5  11.000

60

10.026

5  20  25  9.376

216

10

25

M12 1.75  12.000

70

10.863

5  25  30 10.106

253

10

25

M14 2.0  14.000

85

12.701

5  25  30 11.835

289

10

25

M16 2.0  16.000

85

14.701

5  25  30 13.835

289

10

25

M18 2.5  18.000

105

16.376

5  30  35 15.294

361

10

25

M20 2.5  20.000

105

18.376

5  30  35 17.294

361

10

25

M22 2.5  22.000

105

20.376

5  30  35 19.294

361

10

25

M24 3.0  24.000

125

22.051

5  35  40 20.752

433

10

25

M27 3.0  27.000

125

25.051

5  35  40 23.752

433

10

25

M30 3.5  30.000

規定しない。

155 27.727

5

35  40  26.211

505

規定しない。

10 25

(

2

)

この表の有効径は,単独有効径とする。

(

3

)

この表のピッチの許容差は,長さ 25mm 離れた任意の二つの山と山との間のピッチ合計に対するものをいう。た

だし,測定することができる完全山部の長さ  (limm)  が 25mm より短いときは,ピッチの許容差は,表中の数値に

0.2

li

を乗じた値とする。

備考  山頂の形状は,原則として平らにし,また谷底の形状は,上の許容差を超えない範囲内で,丸みが付いていても,

平らであっても,いずれでもよい。


23

B 4433-1990

附属書表 4  2b 級のねじ部の精度

備考  この図の太い実線は基準山形を,また斜線を施した部分はタップの公差

域を示す。

単位

µm

外  径

有  効  径  (

2

)

谷  の  径

呼  び

ピッチ

(mm)

基準寸法

(mm)

上の許

容差

下 の 許

容差

基準寸法

(mm)

上 の 許

容差

下 の 許

容差

公  差

基準寸法

(mm)

上 の 許

容差

下 の 許

容差

ピッチの許

(

3

)

(25mm に

付き)

±

山の半角
の許容差

(分)

±

M2.5

0.45 2.500

30

2.208

20 5 15 2.013

65

10  35

M2.6

0.45 2.600

30

2.308

20 5 15 2.113

65

10  35

M3 0.5 3.000

35

2.675

20 5 15 2.459

72

10  35

M3.5

0.6 3.500

35

3.110

20 5 15 2.850

86

10  35

M4 0.7 4.000

45

3.545

25 5 20 3.242

101

10  30

M4.5

0.75 4.500

45

4.013

25 5 20 3.688

108

10  30

M5 0.8 5.000

55

4.480

25 5 20 4.134

115

10  30

M6 1.0 6.000

60

5.350

25 5 20 4.917

144

10  30

M7 1.0 7.000

60

6.350

25 5 20 5.917

144

10  30

M8 1.25 8.000

75

7.188

30 5 25 6.647

181

10  30

M9 1.25 9.000

75

8.188

30 5 25 7.647

181

10  30

M10 1.5 10.000

85 9.026

30  5  25  8.376

216

10

25

M11 1.5 11.000

85

10.026

30 5 25 9.376

216

10  25

M12 1.75

12.000

100

10.863

35 5 30

10.106

253

10  25

M14 2.0 14.000

115

12.701

35  5  30 11.835

289

10

25

M16 2.0 16.000

115

14.701

35  5  30 13.835

289

10

25

M18 2.5 18.000

140

16.376

40  5  35 15.294

361

10

25

M20 2.5 20.000

140

18.376

40  5  35 17.294

361

10

25

M22 2.5 22.000

140

20.376

40  5  35 19.294

361

10

25

M24 3.0 24.000

165

22.051

45  5  40 20.752

433

10

25

M27 3.0 27.000

165

25.051

45  5  40 23.752

433

10

25

M30 3.5 30.000

規定しない。

195

27.727

45 5 40

26.211

505

規定しない。

10 25

(

2

)

この表の有効径は,単独有効径とする。

(

3

)

この表のピッチの許容差は,長さ 25mm 離れた任意の二つの山と山との間のピッチ合計に対するものをいう。た
だし,測定することができる完全山部の長さ  (limm)  が 25mm より短いときは,ピッチの許容差は,表中の数値に

0.2

li

を乗じた値とする。

備考  山頂の形状は,原則として平らにし,また谷底の形状は,上の許容差を超えない範囲内で,丸みが付いていても,

平らであっても,いずれでもよい。


24

B 4433-1990

附属書表 5  級のねじ部の精度

備考  この図の太い実線は基準山形を,また斜線を施した部分はタップの公差

域を示す。

単位

µm

外  径

有  効  径  (

2

)

谷  の  径

呼  び

ピッチ

(mm)

基準寸法

(mm)

上 の 許

容差

下 の 許

容差

基準寸法

(mm)

上 の 許

容差

下 の 許

容差

公  差

基準寸法

(mm)

上 の 許

容差

下 の 許

容差

ピッチの許

(

3

)

(25mm に

付き)

±

山の半角
の許容差

(分)

±

M3  0.5  3.000

45 2.675

40 15 25 2.459

69

30

55

M3.5 0.6  3.500

45 3.110

40 15 25 2.850

86

30

55

M4  0.7  4.000

55 3.545

40 15 25 3.242

101

30

55

M4.5 0.75 4.500

55 4.013

40 15 25 3.688

108

30

55

M5  0.8  5.000

65 4.480

45 15 30 4.134

115

30

50

M6  1.0  6.000

75 5.350

50 20 30 4.917

144

30

50

M7  1.0  7.000

75 6.350

50 20 30 5.917

144

30

50

M8  1.25 8.000

90 7.188

55 20 35 6.647

181

30

45

M9  1.25 9.000

90 8.188

55 20 35 7.647

181

30

45

M10 1.5 10.000

100 9.026

55  20  35  8.376

216

30

45

M11 1.5 11.000

100

10.026

55  20  35  9.376

216

30

45

M12 1.75

12.000

115

10.863

60 20 40

10.106

253

30

45

M14 2.0 14.000

130

12.701

60  20  40 11.835

289

30

45

M16 2.0 16.000

130

14.701

60  20  40 13.835

289

30

45

M18 2.5 18.000

165

16.376

75 30 45

15.294

361

30

40

M20 2.5 20.000

165

18.376

75 30 45

17.294

361

30

40

M22 2.5 22.000

165

20.376

75 30 45

19.294

361

30

40

M24 3.0 24.000

190

22.051

80 30 50

20.752

433

30

40

M27 3.0 27.000

190

25.051

80 30 50

23.752

433

30

40

M30 3.5  30.000

規定しない。

220

27.727

85 30 55

26.211

505

規定しない。

30 40

(

2

)

この表の有効径は,単独有効径とする。

(

3

)

この表のピッチの許容差は,長さ 25mm 離れた任意の二つの山と山との間のピッチ合計に対するものをいう。た
だし,測定することができる完全山部の長さ  (limm)  が 25mm より短いときは,ピッチの許容差は,表中の数値に

0.2

li

を乗じた値とする。

備考  山頂の形状は,原則として平らにし,また谷底の形状は,上の許容差を超えない範囲内で,丸みが付いていても,

平らであっても,いずれでもよい。


25

B 4433-1990

附属書表 6  シャンク及びねじ部の振れの公差値

単位 mm

等  級

2

  級

3

  級

シャンクの振れの公差値

t

1

(

4

)

ねじ部の振れの公差値 t

2

0.04 0.12

(

4

)

長タップの場合は,シャンク端面から
短タップのシャンクまでの長さの範囲
に適用する。

備考  図示方法は,JIS B 0021 による。

5.

材料  タップのねじ部の材料は,JIS G 4404(合金工具鋼鋼材)に規定する SKS 2 若しくは,JIS G 4403

に規定する SKH 51 又はこれらと同等以上の性能をもつものとする。

ねじ部とシャンクとの材料が異なるもののシャンクの材料は,JIS G 4051 に規定する S55C 又はこれと

同等以上の性能をもつものとする。

6.

製品の呼び方  タップの呼び方は,規格番号又は規格名称,種類,呼び,等級及びねじ部の材料記号

(

5

)

による。

なお,左ねじの場合は,呼びの前に“左”を付け加える。

例: JIS B 4433  短  M8  3 級 SKS 2

JIS B 4433

  長  M3  2b 級 SKH 51

ストレート形  ナットタップ  長左  M 8  2a  級 HSS

(

5

)

使用材料が高速度工具鋼鋼材の場合は HS 又は HSS と呼んでもよい。

7.

表示

7.1

製品の表示  タップにはシャンクに次の事項を表示する。ただし,シャンク径 3.9mm 以下のタップ

には,左ねじの記号,呼び及び等級の記号以外は省略してもよい。

(1) 

左ねじの記号

:  L(右ねじの場合は付けない。

(2) 

呼び×ピッチ

: M8×1.25

(3) 

ねじ部の材料記号(6)

: SKH

51

(4) 

製造業者名又はその略号  :

(5) 

等級の記号

: IIb

(

6

)

使用材料が高速度工具鋼鋼材の場合は,HS 又は HSS と表示してもよい。

7.2

包装の表示  タップの包装には,規格名称及び 7.1 に規定する(1)(5)の事項を表示する。


26

B 4433-1990

引用規格: 

JIS B 0021

  幾何公差の図示方法

JIS B 0101

  ねじ用語

JIS B 0176

  ねじ加工工具用語

JIS B 0205

  メートル並目ねじ

JIS B 0206

  ユニファイ並目ねじ

JIS B 0207

  メートル細目ねじ

JIS B 0208

  ユニファイ細目ねじ

JIS B 0209

  メートル並目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0210

  ユニファイ並目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0211

  メートル細目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0212

  ユニファイ細目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0271

  ねじ測定用三針

JIS B 0401

  寸法公差及びはめあい

JIS B 4002

  工具のシャンク四角部

JIS B 7153

  工具顕微鏡

JIS B 7502

  外側マイクロメータ

JIS B 7503

  0.01mm 目盛ダイヤルゲージ

JIS B 7504

  マイクロメータヘッド

JIS B 7509

  0.001mm 目盛ダイヤルゲージ

JIS B 7519

  指針測微器

JIS B 7726

  ロックウェル硬さ試験機

JIS B 7734

  微小硬さ試験機

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 4403

  高速度工具鋼鋼材

JIS G 4404

  合金工具鋼鋼材

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験方法

JIS Z 2251

  微小硬さ試験方法

関連規格:JIS B 0123  ねじの表し方


27

B 4433-1990

機械要素部会  ねじ加工工具専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

吉  本      勇

拓殖大学

大  橋  宣  俊

相模工業大学

丸  山  弘  志

東京理科大学

中  村  智  男

日本ねじ研究協会

伊佐山  建  志

通商産業省機械情報産業局

吉  田  藤  夫

工業技術院標準部

松  井      博

株式会社彌満和製作所

八  馬  厚  雄

酒井精工株式会社

大  村      進

株式会社野村工具製作所

竹  川  日出夫

オーエスジー株式会社

山  口  允  也

株式会社田野井製作所

大  岡  吉  郎

株式会社大岡製作所

野  上      彰

株式会社不二越

飯  島  武  彦

神鋼ボルト株式会社

石  井  清  志

株式会社サトーラシ嵐山工場

尾  形      卓

株式会社桂川精螺製作所

中  村  正  美

株式会社杉浦製作所

室  原  達  也

ミネベア株式会社藤沢製作所

山  田  輝  一

株式会社フセラン

(専門委員)

竹  井  辰  男

日本工具工業会

(事務局)

畠  山      孝

工業技術院標準部機械規格課