>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

B 4432

: 19

99
 解

解説表 4  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS B 4432 : 1999

  ユニファイねじ用ハンドタップ

JIS B 4432

と JIS B 4438 とを統合した規格である。

ISO 529 : 1993

  Short machine taps and hand taps(ショートマシンタップ及びハンドタップ)

ISO 8830 : 1991

  High-speed steel machine taps with ground threads−Technical specifications(高速度工具鋼研

削仕上げマシンタップ−技術仕様)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格との一致が困

難な理由及び今後の対策

○  ユニファイ並目ねじ及びユニファイ細

目ねじのねじ立てに用いるユニファイ
ねじ用ハンドタップについて規定。

ISO 529

○ ISO メートルねじとしてメートル並

目ねじ及びメートル細目ねじ,ISO 
ンチねじとしてユニファイ並目ねじ
( UNC ) 及 び ユ ニ フ ァ イ 細 目 ね じ

(UNF)のねじ立てに使用するハンド
タップの形状・寸法について規定

JIS

は,ISO 

規 定 し て い る
メ ー ト ル ね じ
用の形状・寸法

は,別規格で規

ISO 8830

○ 高速度工具鋼研削仕上げマシンタッ

プの特性について規定

(1)

適用範囲

○  J 形については,附属書に示す。

ADP

規格体系の相違。現状のままと

する。

JIS

マーク製品のため JlS 独自

規格として残す部分について

は,次回改正時までに検討し方
向性を決める。 
現時点では,ISO 規格によるユ

ニファイねじ用タップはほと
んど使用されていないので,J
形を附属書に規定する附属書

はできるだけ早く廃止するこ
とを検討する。

(2)

引用規格

○  引用される JIS 規格を記載。17 規格

− 6 規格

JIS

規格を追加 JIS 独自の規格様式

(規定項目)

として残す。

(3)

定義

○  JIS B 0101(ねじ用語)及び

JlS B 0176

(ねじ加工工具用語)による。

− ISO になし

JIS

用語規格を

追加

JIS

独自の規格様式

(規定項目)

として残す。

○  種類:

フルダイヤメータシャンクタップ,
ネック付きタップ及びレリープシャ
ンクタップの 3 種類。

○ 種類:

フルダイヤメータシャンクタップ,
ネック付きタップ及びレリーブク
タップの 3 種類。

(4)

種類・等級

○  等級:1a,1b,2 及び 3 級の 4 種類

ISO 529

− 等級:規定なし

追加

JIS

独自の規定として残す。

(5)

形状・寸法

○  寸法範囲:No.1-64∼4-4(並目)

No.0-80

∼1 1/2-12(細目)

ISO 529

○ 寸法範囲:No.1-64∼4-4(並目)

No.0-80

∼1 1/2-12(細目)


 

2

B 4432

: :1

999

 解


解説表 4  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格との一致が困

難な理由及び今後の対策

○  規定内容

フルダイヤメータ:No.1-64∼No.3-48

(並目)

シャンク No.0-80∼No.3-56

(細目)

ネック付き:No.4-40∼3/8-16(並目)

No.4-48

∼3/8-24(細目)

レリープシャンク:No5-40∼4-4(並目)

No.5-44

∼l l/2-12(細目)

規定内容

フルダイヤメータ:No.1-64∼No.3-48

(並目)

シャ ンク No.0-80 ∼No.3-56

(細目)

ネック付き:No.4-40∼3/8-16(並目)

No.4-48

∼3/8-24(細目)

レリーブシャンク:No5-40∼4-4(並
目)

No.5-44

∼l l/2-12(細目)

○  全長:基準寸法

全長の許容差:h16

○ 全長:基準寸法

全長の許容差:h16

○  ねじ部の長さ:基準寸法

ねじ部の長さの許容差:最大だけ規定

○ ねじ部の長さ:基準寸法

ねじ部の長さの許容差:最大だけ規定

○  シャンク径:基準寸法

シャンク径の許容差:h9

○ シャンク径:基準寸法

シャンク径の許容差:h9

○  シャンク四角部の幅:基準寸法

シャンク四角部の幅の許容差:h11 
(形状及び位置の偏差を含む場合 h12)

○ シャンク四角部の幅:基準寸法

シャンク四角部の幅の許容差:h11 
( 形 状 及 び 位 置 の 偏 差 を 含 む 場 合

h12

○  シャンク四角部の長さ:1 以下±0.8

                    1 1/8 以上±1.6

ISO 529 

○ シャンク四角部の長さ:1 以下±0.8

                    1 1/8 以上±1.6

(5)

形状・寸法

○  食付き部の長さ:

先;6 山以上,中;3.5∼5.5 山,上;2
山未満

ISO 8830

食付き部の長さ:直溝,スパイラル,
スパイラルポイントタップを含めて 5
種類を規定

JIS

は直溝タッ

プだけ規定

この JIS は直溝タップの規格
であるので,スパイラルタップ
及びスパイラルポイントタッ

プは適用範囲外であるため含
めない。


 

3

B 4432

: 19

99
 解

解説表 4  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格との一致が困

難な理由及び今後の対策

○  外観:

− 外観:規定なし

JIS

独自の規格様式

(規定項目)

として残す。

○  硬さ

刃部:

3mm

以下 min.61HRC

3mm

を超え 6mm 以下 min.62HRC

6mm

を超え min.63HRC

シャンク・四角部:30HRC 以上

○ 硬さ

刃部:

3mm

以下 min.61HRC

3mm

を超え 6mm 以下 min.62HRC

6mm

を超え min.63HRC

シャンク・四角部:30HRC 以上

○  ねじ部の精度:

− ねじ部の精度:規定なし

JIS

マーク指定商品のため JIS

の規定として必要。

(6)

品質

○  振れ:公差値

食付き部 0.018∼0.036mm

ねじ部 0.018∼0.026mm

シャンク 0.03 ∼0.04mm

ISO 8830

○ 振れ:公差値

食付き部 0.018∼0.036mm

ねじ部 0.018∼0.026mm

シャンク 0.03 ∼0.04mm

(7)

材料

○  JIS G 4403 に規定する SKH51 又はこれ

らと同等以上の性能をもつもの。

ISO 11054

○ 高速度工具鋼鋼材を使用したものだ

け規定し,鋼種の規定はない。

(8)

試験方法

○  硬さ,ねじ部の精度及び,振れについ

て規定。

JlS

独自の規格様式(規定項目)

として残す。

(9)

検査

○  形状・寸法,外観,硬さ,ねじ部の精

度及び振れについて行う。

JIS

独自の規格様式

(規定項目)

として残す。

(10)

製 品 の 呼 び

○  規格番号又は規格名称,種類,呼び,

等級,食付き部の長さの種類及びねじ

部の材料による。 
なお,左ねじの場合は呼びの前に“左”
を付け加える。

JIS

独自の規格様式

(規定項目)

として残す。


 

4

B 4432

: :1

999

 解


解説表 4  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格との一致が困

難な理由及び今後の対策

○  製品の表示:

左ねじの記号,呼び,ねじ部の材料
記号,製造業者名又はその略号及び
等級記号を表示。

シャンク径 3.9mm 以下は変更・省略
可。

○ 呼び,等級,高速度工具鋼のコード

(HSS 及び HSS-E)

,左ねじの記号及

び製造業者又は供給者の名称及びそ
の略号を表示

JlS

独自の規定として残す。

(11)

表示

○  包装の表示:

製品の表示事項の外に製品名称及び
食付き部の長さの種類を明記。

ISO 8830

ISO 11054

JIS

はシャンク

径 3.9mm 以下
の変更・省略を
可としている。

ISO

は 省 略 の

規定なし

JIS

独自の規格様式

(規定項目)

として残す。

附属書 1(規定)
J

(1)

適用範囲

○ No.1-64UNC∼2-41/2UNC のユニファ

イ 並 目 ね じ 及 び 呼 び No.0-80UNF ∼

11/2-12UNF

のユニファイ細目ねじの

ねじ立てに用いるユニファイねじ用ハ
ンドタップの J 形について規定。 
本体と異なる形状・寸法を規定。

ISO 529

ISO

に な い 形

状・寸法を J 形
と し て 追 加 し

た。

J

形は国内で多く使用されてい

るため

附属書 で規定した。こ

附属書 はできるだけ早く

廃止する。

(2)

形状・寸法

○  寸法範囲:

No.1-64UNC

∼2-4 1/2UNC(並目)

No.0-80UNF

∼1 1/2-12UNF(細目)

本体と異なる形状・寸法を規定。

− ISO になし

ISO

に な い 形

状・寸法を J 形
と し て 追 加 し

た。

(3)

品質

3.1

硬さ

○  合金工具鋼:58HRC 以上又は 660HV

以上 
高速度工具備:60HRC 以上又は 700HV

以上

ISO 8830

○ 硬さ

刃部:

3mm

以下 min.61HRC

3mm

を超え 6mm 以下 min.62HRC

6mm

を超え min.63HRC

シャンク・四角部:30HRC 以上


 

5

B 4432

: 19

99
 解

解説表 4  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格との一致が困

難な理由及び今後の対策

3.2

振れ

○  ねじ部及びシャンクの公差値:

1

級 0.03mm  2 級 0.04mm

3

級 0.20mm

ISO 8830

○ 振れ:公差値

食付き部 0.018∼0.036mm

ねじ部   0.018∼0.026mm

シャンク 0.03 ∼0.04mm

(4)

材料

○  JIS G 4403 に規定する SKH51 又はこれ

らと同等以上の性能をもつもの。

○ 高速度工具鋼鋼材を使用したものだ

け規定し,鋼種の規定はない。

(5)

製 品 の 呼 び

○  規格番号又は規格名称,呼び,等級,

食付き部の長さの種類及びねじ部の材
料記号による。

なお,左ねじの場合は呼びの前に“左”
を付け加える。

○  製品の表示:

左ねじの記号,呼び,ねじ部の材料
記号,製造業者名又はその略号及び

等級記号を表示。 
シャンク径 3.9mm 以下は変更・省略
可。

(6)

表示

○  包装の表示:

製品名称及び食付き部の長さの種類
及び製品の表示事項を表示。

附属書付表

○  寸法範囲:

No.1-64UNC

∼2-41/2UNC(並目)

No.0-80UNF

∼11/2-12UNF(細目)

ISO

になし