>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 4414 : 1998 (ISO 522 : 1975)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって,JIS B 4414-1990 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,国際整合化を図るため,ISO 522 : 1975, Special tolerances for reamers(リーマの寸法公

差の決め方)を翻訳し基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。通商産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

4414

 : 1998

(ISO 522

 : 1975

)

リーマの寸法公差の決め方

Reamers

−Special tolerances for reamers

序文  この規格は,1975 年に発行された ISO 522, Special tolerances for reamers を翻訳し,技術的内容及び

規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格の中で,点線の下線を施してある箇所は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,ハンドリーマ  (JIS B 4405)  ,マシンリーマ  (JIS B 4413)  及びチャッキング

リーマ  (JIS B 4402)  を含むリーマの直径の公差の決め方について規定する。

参考  JIS B 4402JIS B 4405JIS B 4406 及び JIS B 4413 では,m5 を A 級,m6 を B 級と規定して

いるが,これらの対応国際規格では,m6 だけを規定している。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 4402

  チャッキングリーマ

備考  ISO 521 : 1975, Machine chucking reamers with parallel shanks or Morse taper shanks からの引用

事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS B 4405

  ハンドリーマ

備考  ISO 236/I : 1976, Hand reamers からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS B 4406

  シェルリーマ

備考  ISO 2402 : 1972, Shell reamers with taper bore (taper bore 1: 30 (included))with slot drive and arbors

for shell reamers

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS B 4413

  マシンリーマ

備考  ISO 236/II : 1976, Long fluted machine reamers, Morse taper shanks からの引用事項は,この規格

の該当事項と同等である。

3. 

寸法公差の決め方  JIS B 4402JIS B 4405JIS B 4406 及び JIS B 4413 において,リーマの直径の許

容差を m5(A 級)又は m6(B 級)と規定しているが,これらのリーマが保証する穴径公差を前もって推

察することは不可能である。

リーマ仕上げされる穴の実寸法は,現実には非常に多くの要因に左右される。これらの要因として次の

ようなものがあげられる。

a)

被削材の材質とリーマ代

b)

リーマの食付き角

c)

使用時のリーマの状態


2

B 4414 : 1998 (ISO 522 : 1975)

d)

取付け方法及び加工方法

e)

切削油剤

ある公差の穴を仕上げるリーマの製作寸法を決定するときに,これらの様々な要因を考慮するのが望ま

しい。

したがって,すべての条件において,加工精度を保証できる標準的な“特別”な公差を設定することは

不可能である。

しかしながら,

画一性を得るため,

加工される穴径公差に対応したリーマの寸法公差を決定するために,

次に示す方法を採用することが望ましい。

3.1

リーマの寸法公差の決め方

IT

公差の穴の場合 

−  リーマ直径の最大許容寸法は,穴径の最大許容寸法から 0.15×IT を引いたものに等しい。

0.15

×IT の値はすべて 0.001mm 単位で切り上げて丸める。

−  リーマ直径の最小許容寸法は,リーマの最大許容寸法から 0.35×IT を引いたものに等しい。

0.35

×IT の値はすべて 0.001mm 単位で切り上げて丸める。

図 1  リーマの寸法公差

3.2 

備考  3.1 で決められた寸法公差以内であれば,この規格よりも厳しい精度のリーマを製作してもよ

い。

3.3

具体例

3.3.1

12H7

の穴の場合

IT7

=0.018mm

穴の大きさ:最大  12.018mm  最小  12.000mm

リーマ直径の最大許容寸法は,穴の最大許容寸法より 0.15×IT 小さい値である。

0.15

×0.018mm=0.002 7mm

これは,0.003mm に丸められる。


3

B 4414 : 1998 (ISO 522 : 1975)

リーマ直径の最大許容寸法=12.018mm−0.003mm=12.015mm

リーマ直径の最小許容寸法は,穴の最大許容寸法より 0.35×IT 小さい値である。

0.35

×0.018mm=0.0063mm

これは,0.007mm に丸められる。

リーマ直径の最小許容寸法=12.015mm−0.007mm=12.008mm

参考 1T7 及び IT8 公差の穴を加工するリーマの寸法公差を,主要寸法について計算し参考表 及び

参考表 に示す。IT7 公差の穴を加工するリーマの公差は,m5 にほぼ一致する。

参考表 1  IT7 公差の穴を加工するリーマの寸法公差

単位 mm

穴径 IT7 公差

リーマの最小許容寸法 リーマの最大許容寸法

参考  m5 許容差

3 0.010 3.004 3.008

3.002

∼ 3.006

6 0.012 6.005 6.010

6.004

∼ 6.009

10 0.015 10.006 10.012

10.006

∼ 10.012

18 0.018 18.008 18.015

18.007

∼ 18.015

30 0.021 30.009 30.017

30.008

∼ 30.017

参考表 2  IT8 公差の穴を加工するリーマの寸法公差

単位 mm

穴径 IT8 公差

リーマの最小許容寸法 リーマの最大許容寸法

参考  m6 許容差

3 0.014 3.006 3.011

3.002

∼ 3.008

6 0.018 6.008 6.015

6.004

∼ 6.012

10 0.022 10.010 10.018

10.006

∼ 10.015

18 0.027 18.012 18.022

18.007

∼ 18.018

30 0.033 30.016 30.028

30.008

∼ 30.021


4

B 4414 : 1998 (ISO 522 : 1975)

国際整合化調査研究委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

村  田  良  司

東京理科大学理工学部

中  嶋      誠

通商産業省機械情報産業局

本  間      清

工業技術院標準部

伊  藤      哲

工業技術院機械技術研究所

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

野  上      彰

株式会社不二越

羽  山  隆  貫

日立ツール株式会社

片  桐  泰  典

株式会社不二越

日下部  祐  次

神鋼コベルコツール株式会社

宮  林  光  行

株式会社彌満和製作所

倉  持      建

日本高周波鋼業株式会社

舞  田  靖  司

社団法人日本機械工業連合会

岡  安  英  雄

社団法人日本工作機械工業会

西  村  欣  也

社団法人日本歯車工業会

石  川  侑  男

社団法人日本金型工業会

安  武  昭  彦

社団法人日本工作機器工業会

手  取  正  輝

いすゞ自動車株式会社川崎工場

小  峰  武  夫

コベルコツールエンジニアリング株式会社

  秀  明

オーエスジー株式会社

佐  藤  直  彦

理研製鋼株式会社

木  村  育  夫

株式会社三興製作所

(事務局)

平  野  武  治

日本工具工業会

西  垣  吉麻呂

日本工具工業会