>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

B 4414

: 19

98(ISO

 52
2 : 
1975)

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS B 4414 : 1998

  リーマの寸法公差の決め方

ISO 522 : 1975

  Special tolerances for reamers(リーマの特別公差)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との一致が

困難な理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

○  ハンドリーマ,マシンリーマ及

びチャッキングリーマを含むリ

ーマの直径の決め方について規
定。

ISO 522

○ 標準品以外のリーマ直径に適

用する許容差について規定。

標準在庫品は m6 公差。

(2)

形状・寸法及
び許容差

○  リーマの寸法公差の決め方

リーマ直径公差=0.35×穴径の
寸法公差

穴径の拡大代=0.15×穴径の寸
法公差 
リーマ直径最大値=(穴径の最

大値)−(穴径の拡大代) 
リーマ直径最小値=(リーマ直
径最大値)−(リーマ直径公差)

ISO 522

○ リーマの寸法公差の決め方

リーマ直径公差=0.35×穴径
の寸法公差

穴径の拡大代=0.15×穴径の
寸法公差 
リーマ直径最大値=(穴径の最

大値)−(穴径の拡大代) 
リーマ直径最小値=(リーマ直
径最大値)−(リーマ直径公差)

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。