>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

B 4410

: 19

98
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS B 4410 : 1998

  テーパピンリーマ

ISO 3465 : 1975 Hand taper pin reamers

(ハンドテ−パピンリーマ)

ISO 3467 : 1975 Machine taper pin reamers with Morse taper shanks

(モールステーパシャンクマシンテーパピンリーマ)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との一致が

困難な理由及び今後の対策

ISO 3465

○ ISO 2339 のテーパピンに対応する呼

び寸法が 0.6∼50mm のハンドテーパ

ピンリーマを規定。

(1)

適用範囲

○  JIS B 1352 のテーパピンに対応する

呼び寸法が 0.6∼50mm のテーパピン

リーマについて規定。 
附属書として J 形がある。

ISO 3467

○ ISO 2339 のテーパピンに対応する呼

び寸法が 6∼50mm の機械用テーパピ
ンリーマを規定。

ADP

J

形は,JIS 独自の規定として

移す。関係者と協議し,今後 5

年以内に整合化の方向で見直
す。

(2)

引用規格

○ 22 規格

ISO 2339

ISO 237

ISO 286

ISO 3466

(3)

定義

○  JIS B 017(リーマ用語)による

(4)

種類・等級  ○  ハンドテーパピンリーマ及び機械用

テーパピンリーマの 2 種類,ねじれは

直刃とねじれ刃の 2 種類を規定。

− 規定なし。

○  寸法範囲

ハンドテーパピンリーマ 0.6∼50mm

機械用テーパピンリーマ  5∼50mm

ISO 3465

ISO 3467

○ 寸法範囲

ハンドテーパピンリーマ 0.6∼50mm

機械用テーパピンリーマ    5∼50mm

(5)

形状・寸法

○  直径許容差  ±0.02mm

テーパ角度公差  AT10

規定なし。

規定なし。

JIS

独自の規定として残す。今

後,5 年以内に ISO に提案す
る方向で検討する。

(6)

品質

○  外観・表面粗さ・硬さ・振れを規定。

− 規定なし。

(7)

材料・原料  ○  JIS G 4403 で定める SKH51 又はこれ

と同等以上の性能をもつもの。

− 規定なし。

(8)

試験方法

○  表面粗さ・硬さ・振れを測定。

− 規定なし。

(9)

検査

形状・寸法,外観,表面粗さ,硬さ及

び振れを検査。

− 規定なし。

(10)

呼び方

種類,呼び寸法及ぴ刃部の材料記号に
よる。

− 規定なし。


 

2

B 4410

: 19

98
 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規

格 と の 相 違

(V)  JIS

と国際規格との一致が

困難な理由及び今後の対策

(11)

表示

○  呼び寸法,刃部の材料記号,製造業者

名又はその略号を表示。

− 規定なし。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“ADP”

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。ただし,採用した部分において,JIS として必要な規定内容を追加し,

又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。