>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 4354

:2013

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

2

4

  種類・等級  

2

5

  形状・寸法  

2

6

  品質 

7

6.1

  外観  

7

6.2

  表面粗さ  

7

6.3

  硬さ  

8

6.4

  精度  

8

7

  材料 

8

8

  試験方法  

8

8.1

  表面粗さ  

8

8.2

  硬さ  

8

8.3

  精度  

8

9

  検査 

8

10

  製品の呼び方  

8

11

  表示  

8

11.1

  製品の表示  

8

11.2

  包装の表示  

9

附属書 JA(規定)ホブの端面キー溝の形状及び寸法  

10

附属書 JB(参考)JIS と対応する国際規格との対比表  

12


B 4354

:2013

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本工具工業会

(JSCTA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべ

きとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。こ

れによって,JIS B 4354:1998 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

4354

:2013

歯車用ホブ−第 1 部:むくホブの形状・寸法

Gear hobs-Part 1: Dimensions of solid hobs

序文 

この規格は,2007 年に第 3 版として発行された ISO 2490 を基に,対応する部分(形状及び寸法)につ

いては,対応国際規格を翻訳し,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格であるが,対応国

際規格には規定されていない規定項目及び規定内容を追加している。

この規格でホブの端面キー溝の形状及び寸法は,対応国際規格にない規定で,

附属書 JA に示す。

なお,この規格で点線の下線又は側線を施してある箇所は対応国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JB に示す。

適用範囲 

この規格は,モジュール が 0.1∼40 mm,基準圧力角 α(PA)が 20°の,インボリュート平歯車及び

はすば歯車の歯切りに用いる歯車用ホブ(以下,ホブという。

)について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 2490:2007

,Solid (monobloc) gear hobs with tenon drive or axial keyway, 0,5 to 40 module−

Nominal dimensions(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0102-1

  歯車用語−第 1 部:幾何形状に関する定義

JIS B 0102-2

  歯車用語−第 2 部:ウォームギヤの幾何形状に関する定義

JIS B 0172

  フライス用語

JIS B 0174

  歯切工具用語

JIS B 0405

  普通公差−第 1 部:個々に公差の指示がない長さ寸法及び角度寸法に対する公差

注記  対応国際規格:ISO 2768-1:1989,General tolerances−Part 1: Tolerances for linear and angular

dimensions without individual tolerance indications(IDT)

JIS B 0601

  製品の幾何特性仕様(GPS)

−表面性状:輪郭曲線方式−用語,定義及び表面性状パラメ

ータ

JIS B 0659-1

  製品の幾何特性仕様(GPS)

−表面性状:輪郭曲線方式;測定標準−第 1 部:標準片

JIS B 1701-2

  円筒歯車−インボリュート歯車歯形    第 2 部:モジュール


2

B 4354

:2013

注記  対応国際規格:ISO 54:1996,Cylindrical gears for general engineering and for heavy engineering

−Modules(MOD)

JIS B 4201

  フライス穴及びフライスアーバ部

注記  対応国際規格:ISO 240:1994,Milling cutters−Interchangeability dimensions for cutter arbors or

cutter mandrels(MOD)

JIS B 4350

  歯切工具−歯形及び寸法

JIS B 4355

  歯車用ホブ−第 2 部:歯車用ホブの精度

JIS B 7725

  ビッカース硬さ試験−試験機の検証及び校正

JIS B 7726

  ロックウェル硬さ試験−試験機の検証及び校正

JIS G 4403

  高速度工具鋼鋼材

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験−試験方法

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0102-1JIS B 0102-2JIS B 0172 及び JIS B 0174 による。

種類・等級 

ホブの種類は,用途によって,小形歯車用ホブ及び歯車用(汎用)ホブ

1)

 の 2 種類とする。小形歯車用

ホブは,穴径によって,1 形,2 形及び 3 形の 3 種類とし,歯車用(汎用)ホブは,形状及び寸法によって,

I 形及び J 形の 2 種類とする。ホブの等級は JIS B 4355 による。

1)

  “(汎用)”は,省略してもよい。

形状・寸法 

ホブの形状及び寸法は,

表 1,表 及び表 による。溝の形状には,直線溝及びねじれ溝があり,進み

角 6°以下のホブは,直線溝としてもよい。

なお,ホブの歯形は,JIS B 4350 による。キー溝寸法は,穴キーについては JIS B 4201,端面キーにつ

いては

附属書 JA による。端面キー溝は,片側端面キーとしてもよい。ただし,片側端面キー溝付きホブ

の全長は次の式による。

(

)

2

0

0

L

L

L


3

B 4354

:2013

表 1−小形歯車用ホブの形状及び寸法

注記  図は,右ねじれ 1 条のホブを例として示す。

種類

モジュール m

mm

外径

D

c

c)

mm

全長

穴径

d

b)

mm

ハブ幅

1

mm

溝数

参考

系列

a)

L

c)

mm

L

0

c)

mm

ハブ径

d

1

 mm

軸受部長さ

2

 mm

1 2 3

1 形 0.1  −

− 24  8 − 8  1  12 16

− 0.15  −

0.2

− 0.25  −

0.3

− 10

− 3

− 0.35  −

0.4

− 0.45  −

0.5

− 0.55  −

0.6

4

− 0.65

− 0.7  −

− 0.75  − 12

0.8

− 0.9  −

1.0


4

B 4354

:2013

表 1−小形歯車用ホブの形状及び寸法(続き)

種類

モジュール m

mm

外径

D

c

c)

mm

全長

穴径

d

b)

mm

ハブ幅

1

mm

溝数

参考

系列

a)

L

c)

mm

L

0

c)

mm

ハブ径

d

1

 mm

軸受部長さ

2

 mm

1 2 3

2 形

0.2

32 12 22 10  2  12  22

4

− 0.25  −

0.3

− 0.35  −

0.4

15 25

5

− 0.45  −

0.5

20 30

7

− 0.55  −

0.6

− 0.65

− 0.7  −

− 0.75  −

0.8

− 0.9  −

1.0

− 1.125 −

1.25

40 25 35

10  24

8

− 1.375 −

1.5

− 1.75  −

30 40

10

2.0

3 形

0.2

32 12 22 13  2  12  22

4

− 0.25  −

0.3

− 0.35  −

0.4

15 25

5

− 0.45  −

0.5

20 30

7

− 0.55  −

0.6

− 0.65

− 0.7  −

− 0.75  −

0.8

− 0.9  −

1.0

− 1.125 −

1.25

40 25 35

10  25

8

− 1.375 −

1.5

− 1.75  −

30 40

10

2.0

a)

  モジュールの系列 1 及び系列 2 は,JIS B 1701-2 による。モジュールの系列 3 は国際規格にないモジュールで

ある。

b)

  穴径 の許容差の数値は,JIS B 4355 による。

c)

  外径 D

c

及び全長 LL

0

の許容差は,JIS B 0405 に規定する公差等級 c(粗級)とする。


5

B 4354

:2013

表 2形歯車用ホブの形状及び寸法

注記  図は,右ねじれ 1 条のホブを例として示す。

モジュール m

mm

外径

D

c

b)

mm

全長

穴径

d

a)

mm

参考

系列

L

b)

mm

L

0

b)

mm

ハブ

c)

  幅

1

 mm

溝数

1 2 
1

− 50 50 65

22  4  14

− 1.125

1.25

− 1.375

1.5

− 55 55 70

− 1.75

2

− 65 60 75

27

− 2.25

2.5

− 70 65 80

− 2.75

3

− 75 70 85

32

− 3.5 80 75 90

4

− 85 80 95

− 4.5 90 85

100

5

− 95 90

105

− 5.5 100 95 110

5  12

6

− 105 100 115

− 6.5 110 110

125

− 7  115 115

130


6

B 4354

:2013

表 2形歯車用ホブの形状及び寸法(続き)

モジュール m

mm

外径

D

c

b)

mm

全長

穴径

d

a)

mm

参考

系列

L

b)

mm

L

0

b)

mm

ハブ

c)

  幅

1

 mm

溝数

1 2 
8

− 120 140 160 32

5  10

− 9  125

10

− 130 170 190

− 11  150

40

6

9

12

− 160 200 220

− 14  180 
16

− 200 250 275 50

− 18  220 
20

− 240 300 325 60

− 22  250 
25

− 280 360 385

− 28  320 400 430  80 
32

− 350 450 480

− 36  380 
40

− 400 480 510

a)

  穴径 の許容差の数値は,JIS B 4355 による。

b)

  外径 D

c

及び全長 LL

0

の許容差は,JIS B 0405 に規定する公差等級 c(粗

級)とする。

c)

  ハブ径 d

1

は,受渡当事者間の協定によって決める。

表 3形歯車用ホブの形状及び寸法

注記  図は,右ねじれ 1 条のホブを例として示す。


7

B 4354

:2013

表 3形歯車用ホブの形状及び寸法(続き)

モジュール m

mm

外径

D

c

c)

mm

全長

穴径 d

b)

 mm

ハブ幅

1

mm

溝数

参考

系列

a)

L

c)

mm

L

0

c)

mm

A 式

B 式

ハブ径

d)

d

1

 mm

軸受部長さ

2

 mm

1 2 3 
1

−  50 50 65 22

22.225

4  12  34

12

1.25

1.5

−  55 55 70

36

14

− 1.75

2

−  60 60 75

10  38

15

− 2.25

2.5

−  65 65 80

16

− 2.75

3

−  70 70 85 27

26.988

42

18

− 3.25

− 3.5

−  75 75 90

45

20

− 3.75  80

4

−  85 80 95

50

− 4.5

− 90 85

100

22

5

− 95 90

105

− 5.5

− 100  95 110 32

31.75  5

9

55

24

6

− 105 100 115

25

− 6.5

− 110 110 125

28

− 7 − 115 115 130

8

−  120 130 145  32 31.75  5

9

60

32

− 9 −  125 145 160

36

10

−  130 160 175

40

− 11  −  150 175 195  40 38.1

6

65

44

12

−  160 190 210

48

− 14  −  180 210 230

8

70

52

16

−  200 230 250

58

− 18  −  220 250 270  50 50.8

80

62

20

−  240 270 290

68

− 22  −  250 300 320

75

25

−  270 320 340

80

a)

  モジュールの系列 1 及び系列 2 は,JIS B 1701-2 による。モジュールの系列 3 は国際規格にないモジュールで

ある。

b)

  穴径 の許容差の数値は,JIS B 4355 による。

c)

  外径 D

c

及び全長 LL

0

の許容差は,JIS B 0405 に規定する公差等級 c(粗級)とする。

d)

  ハブ径 d

1

は,受渡当事者間の協定によって決める。

品質 

6.1 

外観 

ホブの外観は,地きず,割れ,有害なきず,さびなどの欠点がなく,仕上げは良好でなければならない。

6.2 

表面粗さ 

ホブの刃部の表面粗さは,8.1 の試験を行ったとき,すくい面で JIS B 0601 に規定する

0.80  μmRa

3.2

μmRz

)とする。


8

B 4354

:2013

6.3 

硬さ 

ホブの刃部の硬さは,8.2 による試験を行ったとき,

63 HRC

又は

772 HV

以上とする。

6.4 

精度 

ホブの精度は,JIS B 4355 による。

材料 

ホブの材料は,JIS G 4403 に規定する

SKH51

,又はこれと同等以上のものとする。

試験方法 

8.1 

表面粗さ 

ホブの表面粗さは,目視によって JIS B 0659-1 

附属書 1(比較用表面粗さ標準片)に記載する比較用

表面粗さ標準片を用いて比較測定する。

8.2 

硬さ 

ホブの刃部の硬さは,JIS B 7726 に規定するロックウェル試験機を用いて JIS Z 2245 に規定する試験方

法によって測定する。ただし,ロックウェル硬さ試験機による測定ができない場合は,JIS B 7725 に規定

するビッカース試験機を用いて,JIS Z 2244 に規定する試験方法によって測定してもよい。

8.3 

精度 

ホブの精度は,JIS B 4355 の精度の試験方法によって測定する。

検査 

ホブの検査は,形状・寸法,外観,表面粗さ,硬さ及び精度について行い,それぞれ箇条 及び箇条 6

の規定に適合しなければならない。

10 

製品の呼び方 

ホブの呼び方は,規格番号又は規格名称・種類,モジュール,基準圧力角,穴径,条数,進み角の方向

(左の場合だけ

LH

又は

L

と表記)

,等級及び材料記号

2)

の順番とする。

例 1

JIS B 4354

m5

α

3)

 20

°

27

1

A

SKH51

例 2

歯車用ホブ

J

m5

α

3)

 20

°

27

2 LH A

SKH51

2)

使用材料が

SKH51

又はこれと同等の場合は

HSS

と,また,

SKH55

又はこれと同等の場合は

HSS-Co

と呼んでもよい。

3)

基準圧力角の表記は,

α

の代わりに

PA

を用いてもよい。

11 

表示 

11.1 

製品の表示 

ホブには,取付面に次の事項を横書きに表示する。ただし,h)i),及び j)は反対面に表示してもよい。

例 1

例 2

a)

モジュール

m3

m0.5

b)

基準圧力角

α

3)

 20

α

3)

 20

°

c)

切込み歯たけ

4)

D

f

6.75 D

f

1.125

d)

進み角

5

°

6

1

°

16


9

B 4354

:2013

e)

条数(

1

条の場合省略できる)

5)

2

f)

進み角の方向(左の場合だけ)

5)

LH LH

g)

溝のリード

:∞

h)

種類及び等級

I/A 1/A

i)

材料記号

6)

SKH51 SKH51

j)

製造業者名又はその略号

4)

JIS B 4350

に規定するトッピング形の場合は,省略してもよい。

5)

e)

と f)

とを合わせて

2LH

又は

2L

と表示してもよい。

6)

使用材料が

SKH51

又はこれと同等の場合は

HSS

と,また,

SKH55

又はこれと同等の場合は

HSS-Co

と表示してもよい。

11.2 

包装の表示 

ホブの包装は,種類及び 11.1 に規定する事項を表示する。

参考文献

JIS B 0170

  切削工具用語(基本)

JIS B 0401-2

  寸法公差及びはめあいの方式−第

2

部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許容差の

JIS B 1701-1

  円筒歯車−インボリュート歯車歯形−第

1

部:標準基準ラック歯形

注記

対応国際規格:ISO 53

:1998

Cylindrical gears for general and heavy engineering

Standard

basic rack tooth profile

IDT


10

B 4354

:2013

附属書 JA

(規定)

ホブの端面キー溝の形状及び寸法

JA.1 

適用範囲 

この附属書は,ホブの穴径 8∼80 mm に対する端面キー溝の形状及び寸法について規定する。

JA.2 

形状・寸法 

ホブの端面キー溝の形状及び寸法は,

表 JA.1 による。

表 JA.1−ホブの端面キー溝の形状及び寸法

10

B 43

54

201

3


11

B 4354

:2013

表 JA.1−ホブの端面キー溝の形状及び寸法(続き)

穴径

d

mm

端面キー溝の幅

F

mm

端面キー溝の

深さ

E

mm

端面キー溝の

丸み

r

mm

端面キー溝の

面取り寸法

C

mm

偏心公差

Z

b)

mm

参考(アーバ)

キー幅

F

1

mm

キー長さ

E

1

mm

丸み最大

r

1

mm

面取り寸法

C

1

mm

A 式

B 式

基準

寸法

許容差等級

a)

基準

寸法

許容差

H13

基準

寸法

許容差

基準

寸法

許容差

許容差等級

a)

A 級

H9

B 級

H11

A 級

B 級

8

− 5.4

+0.03

0

+0.075

0

4

+0.18

0

0.6

0

−0.2

0.4

+0.1

0

0.04 0.1

5

3.5  0.4

0.4

10

− 6.4

+0.036

0

+0.09

0

4.5

0.8

0.5

6 4 0.5 0.5

13

− 8.4

5

1.0

8

4.5

22 22.225

10.4

+0.043

0

+0.11

0

6.3

+0.22

0

1.2

0

−0.3

0.6

+0.2

0

10 5.5

0.6 0.6

25.4

27 26.988

12.4

7

0.8

12

6.3

0.8

0.8

32 31.75  14.4

8

1.6

0

−0.4

14 7

40 38.1  16.4

9

2

0

−0.5

1

+0.3

0

16 8 1  1

50 50.8  18.4

+0.052

0

+0.13

0

10

18 9

60 63.6  20.5

11.2

+0.27

0

0.05 0.125

20

10

80 76.2  24.5

14

2.5

1.2

24

12.5

1.2

1.2

注記 1  寸法 及び の許容差は,JIS B 0401-2 による。 
注記 2  穴径 の B 式は,なるべく使用しない。 

a)

  A 級はホブ精度の AAA 級及び AA 級に適用し,B 級はホブ精度の A 級,B 級及び C 級に適用する(JIS B 4355 による。)。

b)

  穴径 の軸線と端面キーの中心面との偏心の許容値を示す。

11

B 43

54

201

3


12

B 4354

:2013

附属書 JB

(参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS B 4354:2013

  歯車用ホブ−第 1 部:むくホブの形状・寸法

ISO 2490:2007

  Solid (monobloc) gear hobs with tenon drive or axial keyway, 0,5 to 40

module−Nominal dimensions 

(I)JIS の規定

(II) 
国際

規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の
箇条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

1  適用範囲

モジュール 0.1∼40 mm

1

モジュール 0.5∼40 mm

追加

JIS

が ISO 規格の規定を包

含。

技術的差異はない。

2  引用規格

3  用語及び
定義

用語規格を引用

追加

利便性を図り,JIS では用語
規格を引用した。

技術的差異はない。

4  種類・等

小形歯車用ホブは,穴径

によって 1 形,2 形及び
3 形の 3 種類 
歯車用ホブは,形状及び

寸法によって I 形及び J

形の 2 種類

小形歯車用ホブは,穴径に

よって 1 形,2 形,3 形の 3

種類。 
歯車用ホブは,形状及び寸

法によって I 形だけ規定。

追加

JIS

が ISO 規格の規定を包

含。

国内の実情によって追加。

5  形状・寸

1 形,2 形,3 形モジュ
ール 0.1∼2.0 mm,外径

φ24∼40 mm,全長 8∼
40 mm,溝数 10∼12

 3

Table

1−Type 1,Type 2,

Type 3 モジュール 0.5∼2 
mm,外径φ24∼40 mm,全
長 10∼40 mm,溝数 10∼12

追加

JIS

が ISO 規格の規定を包

含。

国内の実情によって追加。

Annex A 
(informative)

多条ホブの寸法を規定。

削除

ISO

規格では,多条ホブの

寸法を規定。

次回の ISO 規格の見直し時に削
除の提案を検討。

I 形 
モジュール 1∼40 mm,

外径φ50∼400 mm,全
長 50∼510 mm,溝数 9

∼14

 3

Table

2

一致

Annex A 
(informative)

多条ホブの寸法を規定。

削除

ISO

規格では,多条ホブの

寸法を規定。

次回の ISO 規格の見直し時に削

除の提案を検討。

12

B 43

54

201

3


13

B 4354

:2013

(I)JIS の規定

(II) 
国際

規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の
箇条ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

5  形状・寸
法(続き)

J 形 
モジュール 1∼25 mm,
外径φ50∼270 mm,全

長 50∼340 mm,溝数 8

∼12

追加

国内で流通しているものを
J 形として規定した。

国内の実情によって追加。

ホブ歯形は,JIS B 4350
による。

 3

ISO 53

による。

追加

JIS

が ISO 規格の規定を包

含。

国内の実情によって追加。

穴径の許容差の数値は

JIS B 4355

(歯車用ホブ

−第 2 部:歯車用ホブの
精度)による。

 3

ISO 4468

による。

追加

JIS

が ISO 規格の規定を包

含,ただし等級 D の記述が

ない。

等級 D の記述を除く。

端面キー溝−寸法は附

属書 JA による。

 3

ISO 240

による。

追加

JIS

が ISO 規格の規定を包

含。

国内の実情によって追加。

6  品質

外観,表面粗さ,硬さ,

精度

追加

JIS

では,品質を規定した。 JIS では製品規格として必要な

内容を追加した。

7  材料

JIS G 4403

に規定する

SKH51 又は同等以上の
性能をもつもの

追加

JIS

では,材料を規定した。 JIS では製品規格として必要な

内容を追加した。

8  試験方法

表面粗さ,硬さ,精度を

規定。

追加

JIS

では,試験方法を規定し

た。

JIS

では製品規格として必要な

内容を追加した。

9  検査

形状・寸法,外観,表面
粗さ,硬さ及び精度

追加

JIS

では,検査を規定した。 JIS では製品規格として必要な

内容を追加した。

10  製 品 の
呼び方

規格番号又は規格名称・

種類,モジュール,基準

圧力角など

追加

JIS

では,製品の呼び方を規

定した。

JIS

では製品規格として必要な

内容を追加した。

11  表示

表示は,ホブの取付面に
規定した 10 項目を横書

きにする。包装にも上記

を表示する。

追加

JIS

では,表示を規定した。 JIS では製品規格として必要な

内容を追加した。

附属書 JA 
(規定)

ホブの端面キー溝の形状 
及び寸法について規定。

追加

JIS

では,ホブの端面キー溝

−寸法について規定した。

国内の実情によって追加。

13

B 43

54

201

3


14

B 4354

:2013

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 2490:2007,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

−  一致  技術的差異がない。

−  削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

−  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

−  MOD  国際規格を修正している。

14

B 43

54

201

3