>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

B 4231-

2 : 1

999

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS B 4231-2 : 1999

,面取りフライス  第 2 部:テーパシャンク面取

りフライス

ISO 3293 : 1975

,  Morse taper shank countersinks for angles 60°,9O°and 120°inclusive

(角度 60°,90°及び 120°のストレートシャンク面取りフライス)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との

一致が困難な理由及
び今後の対策

(1)

適用範囲

○  外径が 16∼80mm,角度が 60°,

90

°及び 120°の面取りフライス

について規定。

ISO 3293

○ 外径が 16∼80mm,角度が 60°,

90

°及び 120°のモールステーパ

シャンク面取りフライスについ
て規定。

JIS B 4003

ISO 296 

(2)

引用規格

JIS B 4231-1

ISO 3293

ISO 3294

○  外径の寸法範囲

テーパシャンク 16∼80mm

ISO 3293

○ 外径の寸法範囲

テーパシャンク 16∼80mm

  外径,先端径,全長,ボディ長さ

の許容差は JIS B 0405 に規定する

公差等級 C(粗級)を参考で記載。

− 規定なし。

(3)

形状・寸法

○  角度の許容差は 0

              −1°

○ 角度の許容差は 0

              −1°

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2. 

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。