>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

B 4201

: 19

98
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS B 4201 : 1998

,  フライス穴及びフライスアー

バ部

ISO 240 : 1994

  Milling cutters−Interchangeability dimensions for cutter arbors or cutter mandrels

(フライス−カッタアーバ及びカッタマンドレルの互換寸法)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格

番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致が

困難な理由及び今後の対策

名称

フライス穴及びフライスア

ーパ部

ISO 240

○ フライス及びフライスアーバ部

(1)

適用範囲

○  フライス穴及びこれに類似

しているもの,並びにフライ
スアーバ部について規定す
る。

ISO 240

○ カッタアーバとカッタマンドレル

の直径及び駆動部(穴キー及び端面
キー)の寸法を規定する。

(2)

引用規格

○  4 規格

(3)

定義

○  JIS B 0172(フライス用語)

による。

(4)

種類・等級

○  取付け位置によって,キー溝

付き及び端面キー溝付きの 2
種類。穴径は A 式,B 式の 2
種類。

ISO 240

○ キー溝付きと,端面キー溝付きの 2

種類。

ADP JIS

は取付け位置で 2 種類,

単位系で 2 種類の規定。

ISO

の単位系はメートルだ

けの規定。

B

式は JIS 独自の規定として

残す。関係者と協議し,今後

5

年以内に整合化の方向で見

直す。

○  外径範囲

キー溝付き

8

∼100mm

端面キー溝付き 5∼100mm

ISO 240

○ 外径範囲

キー溝付き

8

∼100mm

端面キー溝付き  5∼ 60mm

ADP

端面キー溝付きの寸法範
囲が相違

関係者と協議し,今後 5 年以
内に整合化の方向で見直す。

○  キー溝幅の許容差  C12

○ キー溝幅の許容差  C11 ADP キー溝の寸法許容差が相

関係者と協議し,今後 5 年以
内に整合化の方向で見直す。

(5)

形状・寸法及
び 寸 法 許 容

○  端面キー漸付きの丸みに許

容差範囲あり。

○ 端面キー溝付きの丸みの許容差は

最大値で指示

JIS

は丸みの許容差を規定 JIS 独自の規定として残す。

関係者と協議し,今後 5 年以
内に整合化の方向で見直す。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”

(ADOPTION の略)

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。