>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 4142

:2009

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS B 4142:2002 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 B

4142

:2009

ダイヤモンド/CBN 工具−安全性要求事項

追補 1)

Diamond/CBN products-Safety requirements

(Amendment 1)

JIS B 4142:2002

を,次のように改正する。

5.2.5.3

を,次に置き換える。

5.2.5.3

メタルボンドの一体形リムの切断ホイールの最小曲げモーメント  一体形リムの切断ホイールに

ついては,メタルボンドと基板との接合部は,次の式によって求めた曲げモーメント(M

b

)に耐えるよう

に設計しなければならない。

3

b

10

2

×

×

=

D

F

M

ここに,

M

b

曲げモーメント(Nm)

D

切断ホイールの外径(mm)

F

125

(N)

[全厚さ(と粒層の厚さ)の寸法が 2.0 mm 以

上の場合の曲げモーメント]

主たる用途:アスファルト,コンクリート,天然及び

人造石材

25

(N)

[全厚さ(と粒層の厚さ)の寸法が 2.0 mm 未満

の場合の曲げモーメント]

主たる用途:陶磁器質タイル及びかわら