>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 4116 : 1998 (ISO 10911 : 1994)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって,JIS B 4116 : 1987 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,国際規格との整合化を図るため,ISO 10911 : 1994, Solid hardmetal end mills with parallel

shank

−Dimensions を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更することなく採用したものである。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。通商産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 4116

には,旧規格である JIS B 4116 : 1987 の一部を記述した附属書がある。

附属書(参考)  J 形超硬質合金ソリッドストレートシャンクエンドミル


日本工業規格

JIS

 B

4116

: 1998

(ISO 10911 :

 1994

)

超硬質合金ソリッド

ストレートシャンクエンドミル

Solid hardmetal end mills with parallel shank

−Dimensions

序文  この規格の本体は,1994 年に発行された ISO 10911, Solid hardmetal end mills with parallel shank−

Dimensions

を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格の本体の中で,点線の下線を施してある“備考”及び“参考”は,原国際規格にはない

事項である。また,この規格には原国際規格にはない

附属書(参考)として,JIS B 4116 : 1987 の一部を

記述したものがある。

1.

適用範囲  この規格は,超硬質合金ソリッドストレートシャンクエンドミル(以下,エンドミルとい

う。

)の形状及び寸法について規定する。

備考  超硬質合金とは,超硬合金,サーメット,超微粒子超硬合金,及びそれらに炭化物,窒化物,

酸化物などを被覆した合金の総称。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。この引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 4005

  フライス用ストレートシャンク部−形状・寸法

備考  ISO 3338-1 : 1996, Cylindrical shanks for milling cutters−Part 1 : Dimensional characteristics of

plain cylindrical shanks

及び ISO 3338-2 : 1996, Cylindrical shanks for milling cutters−Part 2 :

Dimensional characteristics of flatted cylindrical shanks

からの引用事項は,この規格の該当

事項と同等である。

3.

形状・寸法  エンドミルの形状及び寸法は,表 による。

表 のシャンクは,プレインストレートシャンクの例を示すが,フラット付きストレートシャンクにも

適用できる。

表 1  エンドミルの形状及び寸法


2

B 4116 : 1998 (ISO 10911 : 1994)

表 1  エンドミルの形状及び寸法(続き)

単位 mm

外径 D

全長 L

刃長 l

基準寸法

許容差 h10

シャンク径 d

基準寸法

許容差

基準寸法

許容差

 3

 38

1

 4

 43

 3

 3

 38

1.5

 4

 43

 4

 3

 38

2

 4

 43

 7

 3

 38

2.5

0

−0.040

 4

 43

 3

 38

3

 6

 57

 8

 4

 43

3.5

 6

 57

10

+1

0

 4

 43

4

 6

 57

11

 5

 47

5

0

−0.048

6

 6

 57

13

7

16

8

 8

 63

9

0

−0.058

19

10

10

72

 76

22

+1.5

0

12 12

14 14

 83

+2

0

26

16

0

−0.070

16

89

18 18

92

32

20

0

−0.084

20 101

+3

0

38

+2

0

備考1.  プレインストレートシャンクの形状,寸法及び許容差は,JIS B 40055.形状・寸法の表1における R 形によ

る。

2.

フラット付きストレートシャンクの形状,寸法及び許容差は,JIS B 4005 の 5.

形状・寸法の表 による。

参考1.  外径 の許容差は,JIS B 0401-2による。

2.

量記号は,ISO 10911 では,外径 を d

1

,シャンク径 を d

2

,全長 を l

1

,刃長 を l

2

と表示している。

4.

底刃の形状  2 枚刃のエンドミルの底刃は,センタカット刃とする。刃数が 3 枚以上のエンドミルに

おいても,底刃をセンタカット刃としてもよい。

関連規格  JIS B 0170 : 1993  切削工具用語(基本)

JIS B 0172 : 1993

  フライス用語

JIS B 0401-2 : 1998

  寸法公差及びはめあいの方式−第 2 部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許

容差の表


3

B 4116 : 1998 (ISO 10911 : 1994)

附属書(参考)  形超硬質合金ソリッド 

ストレートシャンクエンドミル

序文  この附属書(参考)は,本体に規定されていない項目について記述するものであり,規定の一部で

はない。

1.

適用範囲  この附属書(参考)は,旧規格である JIS B 4116 : 1987 に規定された超硬質合金ソリッド

ストレートシャンクエンドミルで,センタカット刃付(以下,J 形エンドミルという。

)について記述する。

2.

引用規格  この附属書(参考)では,本体で引用している規格のほか,次の規格を引用している。こ

れらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0021

  製品の幾何特性仕様 (GPS) −幾何公差表示方式−形状,姿勢,位置及び振れの公差表示

方式

JIS B 0401-2

  寸法公差及びはめあいの方式−第 2 部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許容差の表

JIS B 0405

  普通公差−第 1 部:個々に公差の指示がない長さ寸法及び角度寸法に対する公差

JIS B 0601

  表面粗さ−定義及び表示

JIS B 0659

  比較用表面粗さ標準片

JIS B 1501

  玉軸受用鋼球

JIS B 4053

  切削用超硬質工具材料の使用分類及び呼び記号の付け方

JIS B 7153

  測定顕微鏡

JIS B 7502

  マイクロメータ

JIS B 7503

  ダイヤルゲージ

JIS B 7507

  ノギス

JIS B 7513

  精密定盤

JIS B 7517

  ハイトゲージ

JIS B 7526

  直角定規

JIS B 7540

  V ブロック

3.

種類  J 形エンドミルの種類は,刃数によって,2 枚刃及び 4 枚刃の 2 種類とする。

4.

形状・寸法  J 形エンドミルの形状及び寸法は,附属書表 による。


4

B 4116 : 1998 (ISO 10911 : 1994)

附属書表 1  形エンドミルの形状及び寸法

備考  図示方法は,JIS B 0021 による。

単位 mm

外径  D

刃数  Z

シャンク径  d

基準寸法

許容差

2

4

基準寸法

許容差 h7

全長  L

刃長  l

      1

3

   1.5

4

      2

6

   2.5

 4

40

 8

      3

   3.5

10

      4

45

12

      5

      6

 6

      0

−0.012

50 15

      7

      8

 8

60

18

      9

    10

10

      0

−0.015

71 22

    11

    12

12 75

25

    14

    16

16

      0

−0.018

90 32

    18

    20

        0

−0.05

20

   0

−0.021

106 40

備考1.  シャンク径 の許容差は,JIS B 0401-2による。

2.

全長 及び刃長 の許容差は,JIS B 0405 に規定する公差等級 c(粗級)による。

3.

外周刃のねじれは右ねじれとし,ねじれ角は 30°±3°とする。

4.

底刃は原則として,コーナ部が最も高く,中凸があってはならない。

5.

外周刃のマージン幅は,0.05mm 以下とする。

6.

刃数は○印のあるものを対象とする。 

5.

品質

5.1

J

形エンドミルの外観は,6.2 の試験を行ったとき

附属書表 による。


5

B 4116 : 1998 (ISO 10911 : 1994)

附属書表 2  形エンドミルの外観

区分

品質項目

条件

きず,割れ

使用上,有害な欠点があってはならない。

切れ刃部

切れ刃部の仕上げ

切れ刃部は,研削仕上げとする。 
表面粗さは,0.40

µmR

a

 (1.6

µmR

y

)

とし,切れ刃に有害

なだれ,刃こぼれがあってはならない。

きず,割れ

使用上,有害な欠点があってはならない。

シャンク部

仕上げ

シャンクの外周部は研削仕上げとし,表面粗さは,0.80 
µmR

a

 (3.2

µmR

y

)

とする。

備考  表面粗さは,JIS B 0601 による。 

5.2

J

形エンドミルの刃部の振れは,6.3 の試験を行ったとき

附属書表 による。

附属書表 3  形エンドミルの刃部の振れの公差

単位 mm

項目

公差

外周刃の振れ 0.025

底刃の振れ 0.032

5.3

J

形エンドミルのシャンク部及び外周刃の円筒度は,6.4 の試験を行ったとき

附属書表 による。

附属書表 4  形エンドミルのシャンク部及び外周刃の円筒度

単位  mm

項目

公差

シャンク部の円筒度 0.010

外周刃の円筒度 0.025

6.

試験方法

6.1

形状・寸法  J 形エンドミルの形状及び寸法は,附属書表 に示す方法で測定する。


6

B 4116 : 1998 (ISO 10911 : 1994)

附属書表 5  形エンドミルの形状及び寸法の測定方法

番号

項目

測定方法

測定方位図

測定器具

1

外径 D

対向する外周刃間の距離をマ

イクロメータなどで測定する。

JIS B 7502

に規定する

マイクロメータ

2

シャンク径 d

シャンク部をマイクロメータ
などで測定する。

JIS B 7502

に規定する

マイクロメータ

3

全長 L

ハイトゲージ,ノギスなどで測

定する。

JIS B 7517

に規定する

ハイトゲージ

JIS B 7507

に規定する

ノギス

4

底刃の中低

精密定盤上に V ブロックを載
せ,V ブロック上にエンドミル

のシャンク部を載せて,コーナ
部が最下点になるように保持
し,定盤上に直角定規を置いて

コーナ部に軽く当て,底刃のコ
ーナ部と中間部のすきまを観
察する。

JIS B 7513

に規定する 1

級の精密定盤

JIS B 7526

に規定する 2

級の直角定規

JIS B 7540

に規定する 1

級の V ブロック

5

外周刃のマージ
ン幅  t

m

外周刃のマージン幅を測定顕
微鏡又はアイゲージで測定す
る。

JIS B 7153

に規定する

測定顕微鏡

6.2

外観  J 形エンドミルの外観は,附属書表 によって測定する。

附属書表 6  形エンドミルの外観の測定方法

番号

項目

測定方法

測定器具

1

きず,割れ

目視又は拡大鏡によって観察する。 10 倍程度の拡大鏡

2

切れ刃部

切れ刃部の仕上げ

粗さ標準片との比較によって測定する。

JIS B 0659

に規定する比較用

表面粗さ標準片

3

きず,割れ

目視又は拡大鏡によって観察する。 10 倍程度の拡大鏡

4

シャンク部

仕上げ

粗さ標準片との比較によって測定する。

JIS B 0659

に規定する比較用

表面粗さ標準片

6.3

振れ  J 形エンドミルの刃部の振れは,附属書図 のように精密定盤に置いた V ブロック上にエン

ドミルのシャンク部を載せ,固定板とエンドミル端面との中心線上に鋼球を保持し,鋼球に押し付けるよ

うにしながらエンドミルのシャンクを静かに回転させ,外周刃及び底刃にほぼ直角にダイヤルゲージを当

て,各刃におけるダイヤルゲージの値を読み取り,その最大値と最小値との差を測定値とする。

備考1.  精密定盤は,JIS B 7513に規定する1級とする。

2.

ダイヤルゲージは,JIS B 7503 に規定する目量 0.01mm ダイヤルゲージとする。

3.

V

ブロックは,JIS B 7540 に規定する 1 級とする。

4.

鋼球は,JIS B 1501 に規定する等級 20 とする。


7

B 4116 : 1998 (ISO 10911 : 1994)

附属書図 1  形エンドミルの刃部の振れの測定方法

6.4

円筒度

a)

シャンク部の円筒度  J 形エンドミルのシャンク部の円筒度は,附属書図 のようにシャンク部の直

径をマイクロメータで 方向及び 方向についてそれぞれ 3 か所測定する。ただし,両端から 3mm

の範囲を除く。

備考  マイクロメータは,JIS B 7502 の規定による。

附属書図 2  形エンドミルのシャンク部の円筒度の測定方法

b)

外周刃の円筒度  J 形エンドミルの外周刃の円筒度は,附属書図 のように測定顕微鏡の測定台に V

ブロックを載せ,エンドミル中心軸と測定顕微鏡測定台の移動軸とを平行にさせた後,刃部の直径を

3

か所測定する。ただし,外周刃端面から刃長の

10

1

の範囲を除く。

備考1.  測定顕微鏡は,JIS B 7153の規定による。

2.

V

ブロックは,JIS B 7540 に規定する 1 級とする。


8

B 4116 : 1998 (ISO 10911 : 1994)

附属書図 3  形エンドミルの外周刃の円筒度の測定方法

7.

検査  エンドミルの検査は,形状・寸法,外観,振れ及び円筒度について行い,それぞれ 4.5.15.3

の記述に適合しなければならない。

8.

製品の呼び方  J 形エンドミルの呼び方は,規格名称と刃数 とを組み合わせたもの,記号 J,外径 D

シャンク径 d,材料記号(

1

)

及び使用分類記号(

2

)

による。

なお,使用分類記号には,材種記号(

3

)

を追加してもよい。

例  超硬質合金ソリッドストレートシャンク 2 枚刃エンドミル  J  11×12  HW-K10

(

1

)  JIS B 4053

に規定する材料を表す記号をいう。ただし,超硬合金を表す記号 HW を省略しても

よい。

(

2

)  JIS B 4053

に規定する使用分類記号をいう。

(

3

)

材料の製造業者が定める材種記号をいう。

9.

表示

9.1

製品の表示  J 形エンドミルには,原則として次の事項を表示する。

a)

記号 J

b)

外径 D

c)

使用分類記号(

2

)

又は材種記号(

3

)

d)

製造業者名又はその略号

9.2

包装の表示  J 形エンドミルの包装には,名称及び 9.1 に記述する事項を表示する。


9

B 4116 : 1998 (ISO 10911 : 1994)

超硬工具 JIS 原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

竹  山  秀  彦

東京農工大学名誉教授

村  田  良  司

東京理科大学

佐  藤      素

技術士

中  島      誠

通商産業省機械情報産業局

本  間      清

工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会技術部

手  取  正  輝

いすゞ自動車株式会社川崎工場

吉  村  博  仁

トヨタ自動車株式会社第一生技部

向  井      稔

オークマ株式会社製造部

岡  安  英  雄

社団法人日本工作機械工業会

上  垣  健  一

三菱電機株式会社系統変電・交通システム事業所

安  武  昭  彦

社団法人日本工作機器工業会

羽  山  隆  貫

日本工具工業会

嶋  野  高  正

三菱マテリアル株式会社技術開発センター

藤  本  勝  廣

ダイジェット工業株式会社技術部

矢  野  幸  平

日立ツール株式会社技術本部

高  木  伸  興

京セラ株式会社機械工具事業部

絹  川  達  治

日本特殊陶業株式会社機械工具事業部

吉  田  裕  三

東芝タンガロイ株式会社技術本部

福  田  雅  秀

冨士ダイス株式会社生産本部

御  園  一  郎

超硬工具協会

木  村  良  彦

三菱マテリアル株式会社加工事業本部超硬製品部

宇和川  成  人

マコトロイ工業株式会社工具部

沖  野  捷  男

東京タングステン株式会社粉末製品事業部

前  田      淳

住友電気工業株式会社粉末合金事業部開発部

(事務局)

関  口  紳一郎

超硬工具協会

超硬工具 JIS 原案作成分科会  構成表

氏名

所属

(主査)

嶋  野  高  正

三菱マテリアル株式会社技術開発センター

藤  本  勝  廣

ダイジェット工業株式会社技術部

福  田  雅  秀

冨士ダイス株式会社生産本部

矢  野  幸  平

日立ツール株式会社技術本部

高  木  伸  興

京セラ株式会社機械工具事業部

宇和川  成  人

マコトロイ工業株式会社工具部

木  村  良  彦

三菱マテリアル株式会社加工事業本部超硬製品部

絹  川  達  治

日本特殊陶業株式会社機械工具事業部

吉  田  裕  三

東芝タンガロイ株式会社技術本部

前  田      淳

住友電気工業株式会社粉末合金事業部開発部

沖  野  捷  男

東京タングステン株式会社粉末製品事業部

御  園  一  郎

超硬工具協会

(事務局)

関  口  紳一郎

超硬工具協会